BLOOD+ 第11話「ダンスのあとで」
皆さん、今日は12月24日。クリスマス・イブです。
当然ですが、管理人に一緒に祝う相手なんぞいません。自分、仏教徒な上にオタクですから。
が、腐ってばかりもいられません。
今まで書いた事がありませんが、管理人には小学生の弟がいます。成人式を迎えようかという人間が、プレゼントをあげない訳にもいきません。
そんなこんなで、今年はマスターでグレードなプラモを2個ほど買い与え、財布が7千円分軽くなりました。
 
きーよし、こーのよーる。サーイフは軽ーい。サーイフは軽ーい。
 
自分自身、親に養われている立場でプレゼントするのは何か不思議な気分です。
ああ、でも大学を卒業して独立したらプレゼントをあげる機会も無くなるんでしょうね。
プレゼントをあげるべき人間がいるのって、自分で今まで思っていたよりずっと幸せなことなのかもしれません。
 
何を言ってんだか自分でも分からなくなってきましたが、土曜恒例のBLOOD+感想と参りましょう。
今日は、いつもと書き方を変えてみました。

・アバン

f0029827_3275359.jpg

前回出てきた謎コンテナを、青薔薇の君が感慨深そうに眺めるシーンからスタート。
本当、何が入ってるんでしょうね。
この作品、山のようにある伏線が今んとこほぼ全て未消化状態ですが、ちゃんと解決してくれるのかな?

f0029827_3283424.jpg

一方、小夜&メガネッ娘はドレス選びに腐心中。
先週、メガネッ娘が小夜の電話を聞いて妙な反応を見せていたせいか、額面通りに受け取れないですね。
メガネッ娘が笑えば笑うほど、腹黒く見えてきます。
どうでもいいけど、デビットさん達は先週でパーティに潜入する気マンマンだったくせに小夜にドレスを与えていないって・・・・・。
先週に引き続いて放置プレイ中のカイリクコンビに見せた対応といい、この人たちは任務任務言う前に自分達が連れてきてる若年者の面倒をキチンと見るべきだと思うよ。
 
・女医さん ドレス姿フォーム
小夜にはドレス送らなかったくせに、自分達だけキッチリ盛装しているデビットさん&女医さんマジ外道。
だが、

f0029827_329571.jpg

その胸元には、満足だ。
ただただ、満足だ・・・・・・。
 
・新キャラ ソロモン登場

f0029827_3292981.jpg

f0029827_3293722.jpg

ドギー兄さん、ドギー兄さんじゃないか!!
月光号の操縦ほったらかして、女子高のパーティに出没するとはやるな。さすが僕らの兄さんだ。
本作では、弟キャラのようですが気にするな。それ以前に、彼は僕らの兄さんなんだ。
というわけで、新キャラ登場です。
出番自体は、先週にもありましたが顔が出てきたのは今週が初めてですね。
てか、厄介払いのつもりでダンスに誘ったとかマジすけこまし。登場作品が違うだけでこうも変わるものか。
一瞬、アルジャーノさんが兄なのかと思いましたが、「ヴァン」と呼んでましたし、立場的にもこっちの方が上のようだから違うみたいですね。
 
・今週のアルジャーノさん

f0029827_3303080.jpg

気まぐれな上司に振り回されるとか、アルジャーノさんの珍しい姿が見られてお腹イッパイですよ僕は。
この2人の場合、上司とか部下とかよりも友情が間にありそうですけどね。
しかし、普段人を振り回してる人が逆に振り回されるのって、こうも新鮮なんだなぁ。
 
・お呼びとあらば、即参上

f0029827_3305039.jpg

本当、この人はどこの忍者でしょうね?
小夜に呼ばれるまで、ずっと屋上にいたんでしょうか。
 
・色々スッ飛ばして VS青薔薇の君再び

f0029827_3311365.jpg

先週といい、チェロ兄さん超かませ犬。
いっそのこと、ポスト裁鬼さんでも狙ってみますか?
「さすが小夜のシュバリエ」
とか、重要ワードもこぼれ落ちましたね。
先週で予想したとおり、チェロ兄さんもシュバリエだったようです。
管理人、この番組に関しては結構予想が当たって嬉しいです。
他の予想も当たっているなら、同じくシュバリエであるドギー兄さんも体の一部が異形になってるという事か。
 
・舞え、踊れ、私のために

f0029827_3313948.jpg

ジックリと追い詰めたりとか、ドSですね青薔薇の君は。
今週の戦闘は何気に動きが多くて、僕も満足ですよ。
後は敵側がもうちょっと、殺る気あったらなぁ。
先週も今週も、やろうと思えば青薔薇の君は小夜を殺すことが出来ました。
それをせず、「君はまだ目覚めていないのか」と言っていたことから殺す気が無いのもバレバレですし。今イチ、盛り上がりきりません。
というか、最初に「触れてはならない、禁断の果実~」とも言ってましたし、シュバリエ達って小夜に関わるなという通達でも出てるんすかね?
この調子で手加減戦闘が続くのは、避けて欲しいところですが。
やっぱりね、物語の展開としてならともかく、キャラクター達としてはサーチアンドデストロイくらいでいてくれないと、緊迫感が損なわれますから。
 
・マジで驚くメガネッ娘

f0029827_332138.jpg

目の前で、傷が小夜の傷が塞がるのとかを見るこのシーン。結構、ガチで驚いていますね。
僕はメガネッ娘は敵側の人間だと思ってみていたんですが、これだけ驚いていると違うかもしれませんね。
もし、これが演技だったらデスノートでもやっていける腹黒さですよ。
 
というわけで、今週はレビューを書く時みたいに画像を多用してみました。
こっちの方が、分かりやすくていいですかね?

[PR]
# by ejison2005 | 2005-12-30 03:34
BLOOD+ 第10話「あなたに会いたい」
さよなら絶望先生の2巻 を買いました。
恒例、紙ブログの「銀魂本の和服書く資料として絶望先生が買われていた」というエピソードに絶望です。
それでは、今週も感想に参りましょう。

・アバン
なんだか、アルジャーノさんの進化系みたいな新キャラが登場しました。
同時に、これまで謎に包まれていたアルジャーノさん達の所属する組織の名前も判明。
その名もシュバリエ、調べてみたところ意味は「騎士」のようです。
また新キャラが、
「1つの意思を、5つの体で分かち合う者達」
と言っていましたが、この言葉から察するに、5人の主要メンバーはそれぞれ、右腕、左腕、右足、左足、頭が異形と化しているのでしょう。
何でそう思ったかについてですが、青薔薇の君って左腕が翼手のそれじゃないですか。
だから、他のメンバーも五体のどれかが異形となっているんじゃないかなって。
それに、そう推測すれば右腕が異形のチェロ兄さんは元々シュバリエのメンバーだったんじゃないか、という推測が成り立って楽しいですし。
この推測が正しければ「1つの意思を~」との部分から、1人の強力な翼手から体のパーツを移植したのではないか、という推測も成り立ちます。
・・・・・・自分でいうのもアレですが、妄想超特急ですね。
 
・ハノイ戦争博物館へ
「そんなの見たって、時間の無駄だと~」
って、メガネッ娘が言っていましたが、僕も同感です。
下らない戦争批判なんか入れたって、時間の無駄だと思いますよ。
特に前回とか、前回とか、前回とか。
 
・机の上に青い薔薇
これは、怖いというよりはキモイのでは。
とりあえず、青薔薇の君が立派なストーカーであることは良く分かりました。
この場面で、クラスメイト達がしきりに小夜をうらやまってますが、僕の記憶が確かなら、これ貰った人って行方不明になるんですよね?
うらやましいか?本当にうらやましいのか、アナタ方は?
 
・振り向けば奴がいる
小夜が独り言を呟けば、何処からともなくチェロ兄さん出現。・・・・・・良く考えたらチェロ兄さんもストーカーとしては相当なモンですね。
既に慣れたのか、小夜の対応もクールです。
とりあえず、チェロ兄さんは年頃の女の子のプライベートについて考え直すべきだと思います。
お助けNPCの如く大ジャンプするチェロ兄さんを見て、何となくイース のドギを思い出しました。何でだろう?困ったときには即参上というスタイルが、重なって見えたのかもしれません。
 
・721226
何の数字だろう?日付か何かでしょうか?
ここでロッテンマイヤー先生が出て来ますが、この人ってシュバリエの下っ端か何かなのでしょうか?それとも翼手なのかな。
てっきり、単なるモブキャラだと思ってました。
 
・カイとリク、どうしてますか?
お金だけ渡して放っておきました。特に動向を調べたりはしていません。
しかも、デビットさん達がアホな対応したせいで現在は拉致られ中。動向を調べたりもしていない、誰かさん達には知りようもありませんが。
まさか、先週で拉致られておいて、今週それに対する動きが無いとは思いませんでした。
先週の話を見終わった時点ではてっきり、今週でデビットさん達がその事に気づいて何らかのアクションを起こすと思っていたんですよ。
ところが、実際にはこの体たらく。見事、期待の斜め上をいかれました。
ついでに、もう各所で言われていますが、
先々週が小夜パート。
先週がカイ&リクパート。
今週でまた小夜パートって、テンポ悪すぎっす。
 
・電話に対して露骨に反応するメガネッ娘
今までは5対5くらいの確率でしたが、今回のこれで8対2くらいまで確率が上がりました。
この娘、ほぼ間違いなく敵です。
この番組は、そういう伏線をキッチリ張るのが良いところです。
 
・リセのダンスパーティ
女医さんが、チャイナに続いてドレス姿を披露してくれるという事でしょうか?
 
・新聞記者さんの取材
関西弁で話すって、何者だこのベトナム人。
つーか、この人たちは本当に何語で会話してるんだろう?
「ここのフォー」
と聞いて、ハードゲイの事を連想したのは僕だけでは無いと信じたいです。
 
・過去との邂逅
今までにも何回か出てきたこの回想シーンで、分からないのがどうして小夜は翼手を背後に引き連れているのかなんですよね。
その事前の場面では、翼手を切り殺してるし。謎だ。
村人も切り殺しているので、翼手は襲う気が無いけどバーサーカーモードの小夜が無関係に切り殺しまくった。という事でしょうか?
 
VS青薔薇の君
やっぱり、正体は理事長でした。
いやまぁ、ここに来て実は違いましたとか言われても逆に困りますけど。
過去に右腕を切り落とされたっていう推理が当たって、ちょっと嬉しかったです。
しかし、今回の戦闘シーン見て深く思ったんですけど、この番組の戦闘シーンの爽快感の無さは致命的ではないでしょうか?
チェロ兄さんが吹っ飛ばされても、
「あ~、どうせ大したケガもしてないんだろうな」
としか思いませんでしたし、小夜にいたっては力比べをしていただけです。どこのプロレスラーですか?
OPみたいな、スタイリッシュな戦闘を見てみたいのですが・・・・・・。

[PR]
# by ejison2005 | 2005-12-30 03:24
BLOOD+ 第9話「それぞれの虹」
f0029827_3132319.jpg

f0029827_3134279.jpg

f0029827_3142549.jpg

f0029827_3154961.jpg

f0029827_315594.jpg

f0029827_316941.jpg

f0029827_3161676.jpg


現在、マッタリとF.E.A.Rをプレイ中です。
それでは、今週も感想ツッコミと参りましょう。
 
・アバン
相変わらず、料理が美味しそうなアニメです。
調べてみたところ、戦車のお値段は自衛隊が使ってる90式戦車が8億前後でした。カイ&リク、この若さで人生の勝ち組です。
つーか、デビットさん達はこれを経費で落とすつもりなんだろうか?
 
・隠れて携帯電話
あー、やったやった。懐かしいなぁ。
前にも書きましたが、僕の高校は全寮制で携帯は禁止でした。
が、そんなもん本気で守る気のあるやつはいないので、よく小夜みたいに隠れて電話しましたね。
ちなみに、部屋に電気は通ってないので、充電は色んな方法を使っていました。
先生がいない間に教室で充電したり、配電盤の中にあるコンセントつかったりとか。
・・・・・・なんで、こんなに熱く語ってるのでしょうか?僕は。
 
・いくら野球好きだからって、子供に混ざるのはどうなんだ?
小夜を探さなくていいのか、という問題もありますが、それ以前に子供が野球してる所に混ざっていく高校生というのは・・・・・・。
その、何というか、ちょっと痛くないでしょうか?
 
・片足の少女、ムイ登場
真理を見たのか!?
冗談は置いておくとして、身体欠損少女ムイの登場です。
どうやら、ベトナム編では弟君にスポットを当てていくようですね。
弟君の成長物語という時点で、ムイには死亡フラグが立ったようなものですが、果たしてどう料理されるのか。
 
・女医さん チャイナ服フォーム
何ゆえのチャイナか?というツッコミは野暮かな、女性ってオシャレにはたくましいし。
で、ガリガリ君を買って来たルイスさんによると被害者は、小夜との共通点が多いとのこと。
これまでに分かった事を書くと、
①アルジャーノさんは小夜の事を知らない。知っていたとしても、刀で翼手が死んだ際に小夜を連想してないことから、刀使い=小夜であることは知らない。
②理事長は、小夜の事を何か知っている。睨んでたし。つーか、腕を押さえていたから昔に切り取られるか何かされたのではないだろうか?
③どう考えても理事長臭い青薔薇の君だが、小夜の顔を知らない。でも、小夜を仕留めようとは思っている。
こんな感じでしょうか?
青薔薇の君=理事長という管理人の説が正しければ、理事長は小夜に因縁があるけど顔を知らない。だが、いずれ自分の所に必ず来ると思っている。だから、特徴の似た娘は見境無く襲っている。
という、仮説が成り立ちます。小夜を睨んでいたのは、小夜と似た特徴の女の子を影から睨みつける癖があるという事でひとつ。
さて、果たして当たるかどうか。
 
・ムイの住んでる施設
ここって、どういう目的で作られた施設なんだろう?孤児院の割には、後でムイは簡単に実家に帰っちゃうし。そもそも、ムイは孤児じゃないし。
まぁ、後の展開からするに、アルジャーノさんの所属する会社が翼手候補を集めるのに使ってるんでしょうけど。
それにしたって、表向きの使用目的は必要なんだけどなぁ。釈然としないです。
 
・今週のアルジャーノさん
あ、フランス人だったんですね。ムッシュの時点で気づくべきだったか。
しかし、いくら遠くても娘と言われて弟君を勘定に入れるのはどうなんでしょうか?
 
・プレゼントフォーユー(金属探知機+札束+飴)
何かと物議をかもし出しそうな、今週のこのシーン。管理人は、金属探知機までならいいんじゃないかな、と思います。言葉にはしづらいんだけど、そこまでなら好意で済ませられるんじゃないかと。
ただ、その後に札束を渡してるのはいただけません。
第一に、このお金は弟君が稼いだものではなく、赤い盾の経費(笑)です。
第二に、おそらくベトナムで数ヶ月は暮らせるであろう大金を渡すのは、友情で済ませられないと思うんですね。
感情的に見ても、事実だけを見ても、このシーンは、
「金持ちが、貧乏人を哀れんで施しを与えている」
だけですから。
何となくいいシーンのようになっていますが、実際にはそんなもんです。
といっても、この場合は恋心成分も配合されているし、弟君はそういった善悪の判断をつけづらい年齢でもあるんですよね。
でも、それを差し引いても管理人には悪感情しか残りませんでした。
 
・ムイの村にて
ムイが不発弾を探している所って村から近すぎないでしょうか?というか、もはや村の中といってよい気がするんですけど。
こんな村の内部に不発弾が転がっているのが、ここのスタンダードだというのか。そりゃ、金属探知機も必要になりますね。
でもね、ここまできたら村を解散すべきだと思います。命がいくつあっても足らんぜ。
で、弟君とムイがさらわれる、と。第4話以来、置き去りにされていた弟君の人外フラグが回収されるのかな。
 
・記者さん、ベトナムへ
この人まで、過去のベトナムでの事件に因縁があったのか。
いよいよ来週は、オールキャスト揃い踏みという事でしょうか?
 
・今週の個人的総評
ここから先は、個人の意見丸出しです。注意してください。
ハッキリいって、今週はスタッフの自己満足感が高かったです。
もうね、アメリカ批判とか戦争批判とかを何で無理矢理入れるのかと。BLOOD+って、女子高生が刀を振り回して化け物と戦うアニメでしたよね?
そういう無意味な批判部分を削れば、もっと話が進んだだろうに。
さすが、アメリカ批判はキングT@KED@のお家芸ですね。
プロデューサーだけの責任ではないでしょうが、この人の関わったアニメって必ずそういう話があるからなぁ。

[PR]
# by ejison2005 | 2005-12-30 03:20
BLOOD+ 第8話「ファントム・オブ・ザ・スクール」
「どんな運命が、待っているんだろう~♪」
この番組の主題歌が、夕方の茶の間に響き渡る。
ベトナムの地に集う乙女達が、今日も天使のような無垢な笑顔で、全寮制だから門をくぐらず登校していく。汚れを知らない心身を包むのは、白い色の制服。
スカートっぽいナニカは乱さないように、翻りそうな部分は無いけどとにかくまぁ翻さないように、ゆっくりと歩くのがここでのたしなみ。もちろん、日本刀で吸血鬼を倒すような、はしたないタラコ唇など存在していようはずもない。
リセ・ドゥ・サンク・フレシュ。
創設されて日の浅いこの学校は、裏で日本のヤバげな施設にワインを送っていたりする、特に伝統は無いお嬢様学校である。
ベトナムのどこか。緑の多いというか緑だらけのこの地で、今週は出番の無いアルジャーノさんとかが悪だくみしている乙女の園。
時代が移り変わり、IT革命という言葉さえ古臭くなった今日においても、怪人がたまに乙女をさらっていく、というオカルトマニアにはたまらない仕組みが残っている貴重な学園である。

 
と、いうわけで新展開スタートです。学校名は、リセ・ドゥ・サンク・フレシュが正解でした。
ちなみに管理人、マリア様がみてる は読んだことがありません。この口上は有名だから知ってるけどね。
それでは、ちょっとはバトルが増えるといいなぁ、と期待しつつ今週も感想に参りましょう。

・カイ起床
ベトナムって、思ったより近代化が進んでるのかな?まぁ、これはアニメだから綺麗に見えるとして。
なんというか、ド田舎ってイメージが管理人の中にはありました。(苦笑
と、そのくらい日本人には馴染みの薄い土地に放り出される少年2人。デビットさん達ってばマジ外道です。
いや、物凄い大金の入ったキャッシュカード持たせればいいってもんじゃないでしょうに。
先週で、この作品の大人は子供に手を差し伸べすぎない主義なのは理解できましたが、それにしたって放置しすぎだ。

・新キャラクター、ミン登場
メガネっ娘を投入だと、そんな餌に俺はーーー!!
冗談は置いとくとして、クローズアップされた妙に親切なキャラは「実は吸血鬼でした」とかこの手の話だとありがちだからなぁ。
我ながら、うがった見方ですけどね。今更、それを変える気もないですし。

・何このお蝶夫人
いや、本当に普通の学園漫画みたいだ。
財産目当てでドロドロしたり、ピアスの空け方知らなかったり本当にお嬢様なんですね。
ちなみに、管理人の高校時代には安全ピンで空けてる人とかいました。

・B
まぁ、ブルーの略でしょうね。今週の最後で登場する、青薔薇の君の通称でしょう。
任務とはいえ、いい部屋に止まってるなぁ。
10年以内に、絶対にお金を貯めて高級ホテルに泊まろう。固く決意する管理人でした。

・ファントム伝説
今後当ブログではファントムの事を、「青薔薇の君」と呼びます。例によって深い意味はありません。
なんか、かぐや姫みたいなお話です。
しかし、ロゼって結構酷い女なのでは?真に受けて何十年も探しに行く方も、行く方ですけど。

・チェロ兄さん 庭師フォーム
デビットさん達ってば何でこんな適応力の無さそうな人を送り込んじゃったんでしょう?。面白いからいいんですけどね。
目立ちすぎるわ、全然偽装できてないわ、チェロ兄さんってばまるで007です。

・小夜は大食いキャラ
先週、鍋のスープが無くなった時には、
「ああ、元から大した量は入ってなかったんだろうな」
と思いましたが、この分ではガチで鍋一つ食いきったのかもしれませんね。

・理事長先生
肩を抑えつつ睨みつけちゃったりして、いかにも、
「昔、右腕を小夜に切り飛ばされましたよ」
ていう顔をしていますね。
こう、あからさまな態度を取ってくれると分かりやすくていいなぁ。

・「そこは生徒立ち入り禁止ですよ」
このメガネの先生、どこかで見たと思ったら・・・・・・。
 
ロッテンマイヤーさんだ!! 

知らない人は、アルプスの少女ハイジ を見てね。

・登場、青薔薇の君
どう見ても理事長先生です、本当にありがとうございました。
つーか、本当に正体を隠す気があるのでしょうか、この人?
あと、家に帰ってふと冷静になり、鏡を見た時どう思うのか地味に気になる。
折角の新しい敵出現なんですけど、今日は顔見せで終了。
早く、本格的にバトルして貰いたいものです。

・どうでもいいけど
本当、何語で会話してるんでしょう?この人達・・・・・・。

[PR]
# by ejison2005 | 2005-12-30 03:11
BLOOD+ 第7話「私がやらなきゃ」
F.E.A.Rの日本語版が12月2日に発売決定だそうです。
・・・・・・。

f0029827_335392.jpg

「グゥレイト!!」
管理人、最近FPSに目覚めつつあります。
それでは、今週も感想に参りましょう。

・アバン
いきなり国外逃亡を企てる皆さん。一瞬、弟君が身売りに出されたのかと思った。
どうでもいいけど、何でまた船なんでしょう?病院で次の目的地を決めてから飛行機で行けばいい気がするのですが。暴れすぎたからとりあえず逃亡してみました、みたいなノリなのかな。
どうでもいいけどデビットさん、そういう台詞はもうちょっと近づいてから目を見て言ってあげて下さい。少なくとも、椅子で背中見せながら話すことではないでしょうに。
女医さんのやり取り等から察するに、この赤い盾の3人組は人の死に慣れっ子ですよ。と演出したかったのでしょうか?

・小夜の心象風景
久しぶりにお城の記憶が飛び出しました。親父の死のイメージが城と重なり合ってることから、かつてこの城で似たような体験をしたのかもしれませんね。口が血で汚れてることから昔、この城で自分の父親の血を吸っちゃったことがあるとか、そんな感じかな?いやまぁ、かなり適当な推測ですけど。

・塞ぎこむ弟
カイ君は立派だなぁ。あれだけの事が起こっても、キチンと自分のやるべき事をやろうとしてるし。彼のおかげで鬱展開を回避しているので、非常に重要な役どころです。

・記者さん再び
すんごいクレーターだな。どんだけ爆薬使ったんだろう?
「うちのような全国紙じゃあ、記事になんないっすよ」
って、全然そんなことはないと思うのですが?それとも、この世界の日本では「謎の爆発事故が起きて施設が丸々と吹き飛び、巨大なクレーターが形成された」レベルの事件は日常茶飯事だとでもいうのか。それ、翼手とかいなくても滅んでるような気が・・・・・・。

・どうでもいいことですが
記者さん達のうどん食べてるシーンの音といい、小夜たちが刀や銃をガチャガチャやってる時といい、このアニメはこういう時の細かいサウンドがいい仕事してますね。見てて、うどん食べたくなってきた。
ところで、うどんに入れてた調味料って何だろう?

・女医とデビット
この2人も言ってましたが、どうやらこの作品の大人は必要以上に子供を助けない方針でいくようです。
別に手を差し伸べるだけが愛情表現ではないですし、その方がカイ君の役割が生きてくるので好印象ですね。

・ルイスさんの特技:料理
鍋がカラッポになるって、小夜はどんだけ食ったんだ(笑
そして今週、小夜でもアルジャーノさんでもなくルイスさんに萌えた。ひたすら料理し続ける後姿に、どうしょうもなく癒される。

・チェロ兄さんは黙して語らず
結局、今週も刀の扱い方を伝授するだけで小夜の過去とか翼手の情報とか何も教えてくれませんでした。
なんかこの人の場合、教えて問題の無い事もひとまとめに黙ってるような雰囲気があるんだよなぁ。

・ゴールドエクスペリエンスレクイエム
あまりにも頻繁に回想されるために、死という真実にたどり着くことは無い!!
いやまぁ、今回で見納めっぽいですけど。今回、死亡シーンが使い回されなくってホッとしました。
戦闘シーンが地味なせいで爽快感の薄いこのアニメですが、こういう人間描写は素晴らしいと思います。
やっぱり、人間関係ってドラマの基本ですからね。

・リセデ・サンクフルシュ
これで、発音あってるのかな?次回からは女学校潜入作戦か、言葉とかどうなるんだろう?
以前、小夜が暴走した時の話とかこの女学校編で明らかになりそうですね。場合によってはまた暴走したりして。

・今週のアルジャーノさん
ポストムスカは今週も絶好調。新キャラをおつきに従え、もう1人の新キャラに嫌味を飛ばしまくりです。
僕って、なんでこんなにアルジャーノさんのこと好きなんだろう?やっぱり、終盤で雑魚っぽく散ってくれることを期待してるんだろうか?「目が、目が~」

・沖縄編終了
そんなこんなで、沖縄編終了です。7話かけて話の土台部分をしっかりと作りこんだ感じかな。
次回からは、もう少しバトル要素を増やして欲しいなぁ。

[PR]
# by ejison2005 | 2005-12-30 03:07