<   2015年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
異世界料理道 レビュー
 作品ページ。

  ろくに更新もせず読みふけってたシリーズ第八弾。
 ……なんかいつの間にやら大量に更新されていたんですもの。この作者様は速筆であらせられますわ。


 「終わりある」なろう小説

 さて、本作において一番大きなポイントなのは序盤からゴールが提示されているというところですね。

 すなわち、主人公を保護してくれた現地民族達の特産食品を近場の街で認めさせ、現地民族達の地位向上を図る。

 物語はそのゴール地点へ向けて一歩一歩着実な歩みを進めていくものとなっており、これはネット小説としてはかなり異例なものです。

 たまたま僕が読んできた作品群がそういう傾向だったのかもしれないけど、基本的にネット小説というものは終わりを明確に提示されていないものですからね。
 なろうの異世界ものっていうのは、基本的に「終わらぬ異世界ライフ」を提供していくものだという固定概念が存在した。

 それが本作ではしっかりと設定されていて、登場人物や舞台もそれに沿ったものを用意されており無駄を感じない仕上がりとなっているのです。

 作品を飾り立てるテクスチャも独自性のあるものとなっていますが、まずはこの土台骨における設計の見事さこそが本作の魅力であるといえるでしょう。


 緻密な設定をされた世界観

 さて、本作の舞台設定は先にも述べた通り最終到達点へ向けて無駄なく配置されたものとなっているのですが、それが実に独自的で魅力溢れるものとなっております。

 まず、異世界転移ではあっても「ファンタジー」ではないんですよね。この作品。

 魔法の類は一切登場せず、現地住民達の泥臭い生活スタイルがこれでもかというくらい前面に押し出されている。

 そもそもが、主人公を保護する現地民族達にしたってアフリカの密林とかにいそうな狩人達であるわけで、中世ヨーロッパ風なファンタジー世界が多いなろう小説においては非常にユニークなアプローチをしかけているといえるでしょう。

 文明レベルにおいても、他のなろう小説に見られるゲーム的ですらあると感じる近代的要素は一切排除されており、実に不便で……それが故に魅力溢れる中世ライフを堪能することができます。

 据え膳下げ膳的な異世界ライフもそれはそれで面白いのですけど、中世文化ってのは不便だからこその魅力がありますからね。そこをリアリティある描写にしてくれてるのが面白い。

 現地人達の文化的側面に関しても作中で提示されたゴールに合わせた独自的なものを用意されており、例えば本作の発端部では「狩りを生業にしている現地民族が血抜きについて知らない」というおいおいそれマジか的なイベントを用意されています。
 が、読み進めるにつれてきちんとそうなるに至った歴史的経緯などが語られており、初見では納得しがたいイベントがむしろ設定面の重厚さを増す要素として転化されていくのですね。

 そうやって徐々に徐々に読者の中には既存のどんな作品とも異なる世界観が形作られていき、まさにこの作品でしか味わえない異世界料理道ワールドが確立されるのです。


 魅力溢れる登場人物たち

 これまで述べてきたとおり、本作を構成する要素にはおよそ無駄というものが見受けられずそれは登場人物にまで及んでいます。

 しかしこの登場人物たち、与えられた役柄を果たすだけには留まらぬ個性とエネルギーを有しておりキャラクター小説としてもしっかり楽しめる出来になっているのですね。

 特に僕が気に入ってるのはダン=ルティムという人物で、その強烈なパワーと個性には圧倒されることしきり。
 この人物も自分に与えられた物語上の役割はきっちりと果たしているわけですが、その際に自身のキャラクター性をこれでもかと見せつけ、印象深く記憶に刻み込まれていくのです。

 そうなるのも、登場人物たちが物語をただ進めるための操り人形になっておらず、物語上でその役割を果たすに至った経歴などをきちりと用意されているからでしょう。

 どの人物も、「人間」として描かれているのです。


 まとめ

 そのようなわけで、それこそ出来の良い料理のように厳密なレシピのもと、隙なく構成された良作です。
 一味違うネット小説を楽しみたい方にぜひ、おすすめしたいですね。

[PR]
by ejison2005 | 2015-07-30 23:15 | ノベル
艦これ戦記 80
f0029827_64284.jpg

f0029827_64333.jpg

 実は冒険の書泊地における阿武隈の勤続日数はかなり長い。

 攻略では一切使ったことのない彼女であるが、第四艦隊設立当時、新しもの好きの僕が当時新規追加されて間もなかった彼女と鬼怒を遠征用軽巡として組み込んで以来、ずっと我が泊地の資材備蓄に尽力してもらっていたのである。

 かように阿武隈を重用し、かつ、食儀を極めているこのエジソンに隙があるとでも……?

f0029827_64465.jpg

f0029827_645355.jpg

 まさか自分が妖怪イチタリナイに遭遇する日が来るとは思わなかった。

f0029827_65621.jpg

f0029827_651268.jpg

 というわけで、さっとレベルを上げて改装。

 さすがに設計図まで使うだけのことはあり、軽巡は神通・大淀・阿武隈の三強体制に突入した印象ですねー。
 純粋な戦闘力で最強を誇る神通に、サポート力の光る大淀、幅広い兵装で3-5下ならこれ一択といえる性能を誇る阿武隈という感じ。

 ふっふ、そして強化されたのは阿武隈だけではないぞ……!

f0029827_652443.jpg

 備蓄期間ゆえ3-2-1も使わず、日々の演習だけで地道に育てた妙高型の残る三姉妹……どーんと改二に衣替えだあっ!
 ……なんかこうして並べると、これから必殺技でも使いそうだな。スーパー初風バズーカとか、デンジ妙高ブーメランとか。

 しかし、これによって冒険の書泊地にはある危機が訪れようとしていたのである。


 深刻な対空餌不足

 現在、改装を終えて近代化回収が終了してない艦娘はこの通りである。

f0029827_65401.jpg

 きっかり六人。これだけの娘がお腹をすかせて待っているのだ。

 特にやばいのが対空餌で、出撃絞って遠征オンラインしている現状だと入手手段がほとんどないんですよね。

 対策としては、多少の資材消費は覚悟して入渠関連任務の消化も兼ねたオリョクルかなあ。
 その際、二~三人で戦隊を組むのが本来のオリョクルだけど、今回はドロップ狙いなのでまるゆ抜きフルメンバーで挑む感じ。
 S勝利が狙える場合は夜戦で積極的に敵を撃滅するスタイル。

 それでも全員を上げ切るのは無理だと判断して、優先順位を付けるなら、

1 阿武隈(超有用)
2 妙高型(砲戦戦力)
3 駆逐二人(うちは16駆逐が主力水雷戦隊)

 というところになるでしょうか。

 ともかく、阿武隈だけはイベント前に上げきらないとな。彼女に関しては6-3でも投入したいし。


 限定グラ

f0029827_655773.jpg

 今回の水着グラ、ちょっと路線変わりすぎてる天龍ちゃんを除くといずれもチェンジビートゥ! しちまいそうな代物なわけですが、個人的に一番胸キュンしたのがイタリアちゃんですね。
 何気に今月の4-5ボス撃破したのも彼女ですし、今夏イベントでの更なる活躍に期待したい。

 え? うちの嫁ですか? なんか手書きで名簿作ってたよ。


 夏イベについて

 現在公開されてる情報によるとざっと候補を挙げるだけで、


FS作戦 ウォッチタワー作戦 フロリダ諸島 ガダルカナル 第一次ソロモン 第二次ソロモン サボ島沖
ヘンダーソン基地艦砲射撃 南太平洋 第三次ソロモン ルンガ沖 レンネル島沖 ケ号作戦 ビスマルク海
ビラ・スタンモーア ニュージョージア島 い号作戦 ルンガ沖航空戦 クラ湾 コロンバンガラ島沖 ベラ湾
第一次ベララベラ 第二次ベララベラ ラバウル攻撃 ブーゲンビル島 ブーゲンビル島沖 ろ号作戦
ブーゲンビル島沖航空戦 セント・ジョージ岬沖 グリーン諸島


 これだけの戦いが存在するそうですね。

 うん……。

f0029827_661589.jpg

 あれだな。姑息に特定しようとか考えず、地道に練度を挙げて装備を整え、資材とバケツを備蓄するのが最強の戦略だ。こりゃ。

f0029827_662976.jpg

 そんな私の資材備蓄状況がこんな感じ。

 残り期間を考えると、やはり油断できる数字じゃないですね。油・弾・鉄が十万いってくれればよいのだが……。

 それでも掘りを考えると油断できない。今年の夏はどんな新規艦娘がくるのか……。

 ともあれ、皆さんも油断せず備蓄してまいりましょう!


 オマケ:その後の6-3

 4回目 ボスA勝利(削りなし) 泥飛鷹
 5回目 Cマス大破撤退。
 6回目 ボスD敗北
 7回目 Eマス大破撤退
 8回目 ボスA勝利(削りなし) 泥衣笠
 9回目 Eマス大破撤退
 10回目 ボスA勝利(削りなし) 泥筑摩

 あ、阿武隈の近代化回収終えてからが本番だから……(震え声)。

[PR]
by ejison2005 | 2015-07-19 06:12 | ゲーム
ラブライブ!The School Idol Movie 感想
 見てきたよー。

 ファンムービーとしては十分に楽しめる出来だけど、一つ映画としては粗が目立つ……といったところでしょうか。

 以降、ネタバレあり!

続きを読む
[PR]
by ejison2005 | 2015-07-12 05:36 | アニメ
UBS打ち切りの原因を考える
 僕も嫌いではなかったし、そう思ってる読者は多分多い。
 でもでも、案の定というか打ち切りになってしまったUltra Battle Satellite。
 今回は、その打ち切りの原因についてちょろっと考えてみましょう。


 まずは独自要素を挙げよう

 本作において特徴というか独自性として挙げられるのは、

・常在戦場というUBSのルール
・それに付随する金的急所なんでもありのレギュレーション
・現代社会でバトルを通じて金を稼げる場の提供

 このようなところでありましょうか。

 独自性というのは大事で、それこそが作品の売りともなります。
 で、僕が思うにこの売りを売りとして機能させきれなかったのが大きな敗因なんじゃないかと。

 その辺、一つずつ考察していきましょうか。


 闘え陣! 街中がリングだ!

 まず、最初の独自要素。街中至る所でファイト開始可能という設定からですが、

 ……うん、無理あるよね。これ。

 まずそんな至る所に中継カメラがあるというのも不自然でつっこみ所となっていますし、一見して思えるほどにはワクワク感のない設定なんですよね。常在戦場って。
 本当にトイレへ入ってるときでも飯屋で食事中でもいつ何時でも仕掛けられるとリアリティなさすぎな上に、作品ジャンルが格闘からスタイリッシュ暗殺アクションへと変わってしまいます。

 作者もそれを危惧したのでしょう、小道具として特製のスマホを渡してそれで勝負成立させないと戦えないように制限を課したのですが、だったら「いついつどこの裏闘技場で立ち会いましょう」という形にしてもあんまり変わらないという。

 地形を利用するという戦い方もありますしレスラー戦はそれで勝ったのですが、ぴょんぴょん障害物を飛び跳ねてる奴などいい的でしかなく、パルクールしようにも逃げたら負け……というわけであまり有効利用できる設定ではありませんでした。

 結局、裏闘技場でマッチアップし観客が賭け合う方式の方がスムーズで読者も受け入れやすい……ということで機能させられたとは言い難いです。


 実戦方式レギュレーション

 作中では主に金的として実践されていたこのレギュレーションですが、これもう~んというところ。
 まず、根本的な問題として作中に金的描写が入るのは男子として嫌だよね。
 このキャラの金的描写ならOK、というわけでもなく生理的に基本見たくないものです。だって男の子だから。

 また、作者は相手を即戦闘不能に陥れるくらいの技として認識してる感じなんですけど、基本的には目つきも金的も場合によっては関節技も相手を再起不能にする殺し技なんですよね。
 それが原因で死ぬこともあるし、綺麗に入ったら格闘者として場合によって男として死ぬこともある。

 例えばバキの死刑囚編が同様のレギュレーション(?)だったのは基本的に相手が死んでもOKというバトルだったからなので、ルールで守られてるUBSとはそりの合わないレギュレーションなわけです。

 どうしてもやりたいなら、UBSを人の生きに死にへ金をかける帝愛みたいな組織とするべきだったかな。
 その場合、やっぱり裏闘技場的な隔離施設の方が説得力も増すという……。


 マネーを稼げるファイト

 病院屋上でのしょっぱい喧嘩で、アホみたいな額の金が集まる失笑物の描写はさておき。

 どうも、大金を稼げる喜びみたいなものがこの設定に対して描けていなかったというのがあると思います。
 もしくは、大金を稼がなければならない追い詰められた感覚でしょうか。主人公、莫大な借金を気にしてるのはほんの当初だけでその後は督促すらなかったからな……。

 この辺、さっき帝愛を話に出したので引き合いにも用いるけど、福本漫画はやはり秀逸ですよね。
 借金で追い詰められる感覚ならカイジがそうですし、大金を手にする充実感も金と銀で描かれている。

 翻してUBSでは、主人公の目的も「オラ強敵と戦ってワクワクしてえぞ」にシフトしちゃったし、戦闘力の格付けくらいにしか機能しなかったよなあ……。

 それに大金を賭けちゃうなら当然それだけ試合をよく見れる&快適に観戦できる環境が望ましいわけで、やはり裏闘技場の方が舞台としてはふさわしいという……。


 結論

 これ裏闘技場でよくね?

 ……という問いかけに、最後まで納得のいく結論がもらえなかった漫画であったと思います。
 借金関連の設定を物語開始に持ってきて、適当に睡眠薬入り試供品ジュースでも飲ませて主人公をぶち込んじまえば、何としてでも生きて裏闘技場から帰るという序盤のモチベ作成にも繋がるし。
 序盤に生還させてファイトマネー渡せば、金を稼げる喜びから再び舞い戻る主人公という話にも繋げられるしね。

 ま、そんなてきとーなたらればを置いておいても、既存からの脱却を目指して付加した独自要素がことごとく中途半端にしか機能しなかったのは痛かったですね。

 ルールも何も関係ない路上格闘をしたいのか?

 はたまた、名誉と金のかかった裏ファイトをやりたいのか?

 せめてどちらかを切り捨て、またどちらかに特化していればもう少し違ったんじゃないかな、と思います。

 まあ、どちらの場合でもジャンプ受けしなくね? と言われればそれまでですが新鉱脈の探索は常にすべきですしおすし。

[PR]
by ejison2005 | 2015-07-04 06:54 | 漫画