<   2015年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
八男って、それはないでしょう! 感想
 作品ページ。

 ろくに更新もせず読みふけってたシリーズ第四弾。


 手放しでは褒められない

 まずこの作品、とてもじゃありませんが手放しで褒めることはできません。欠点だらけです。

 いちいち挙げていけばキリがなくなってしまうのですが、ぱっと思いつく限りでは、

・別に生家で「それはないでしょう!」と言うほどの扱いはうけてない
・さすがに貧弱すぎると感じられる語彙というか文章力
・ファンタジー世界の人間が「無双するなよ」と日本のゲーム由来の発言
・というか全登場人物の会話がどことなくオタっぽい
・「異世界なのに言語が日本語(文字も日本語)」に代表される、都合よすぎの世界観(猿の惑星オチは匂ってない)
・魔法と魔力が万能すぎて持たざるは人にあらず状態に近い
・ハワイの親父ばりに万能な商社時代の経験
・魔法の袋の口より圧倒的に大きいものをしまう絵が想像し難い
・ちょっとでいいから君が乗っ取る形となったオリジナルヴェル君について思いを馳せましょう
・「お待たせ! そこの畑で取ってきたよ!」と言わんばかりのヒロイン達(特に初期二人)

「(あとは()の使い方が明らかに間違ってて読みづらいよな……そもそも一人称小説で多用する意味がどこにあるんだか)しかしながら、それを覆す長所一点張りの作品でもありますね」


 貴族世界の描写が面白い

 この作品唯一の長所にして売りなわけなんですが、これがなかなか新鮮で面白いんですよね。

 主人公はある事件をきっかけにお手軽な栄達を果たすわけですが、その栄達ゆえに反強制状態で婚約させられたりとか、王国中枢部の肝入りである貴族を自爆せざるを得ないところまで遠まわしにいじめたりとか。

 なんというかチート能力で名を上げ、その上がった名が自動的に周囲(貴族社会)を巻き込んでいくシミュレーションを見てる感覚が面白いんですね。

 これはあくまでも僕の読書体験がそうだという話なんだけどこの作品みたいに、外への冒険ではなく内向きな貴族同士の人間関係や国内開発をメインとしたものを読んだことがないので、そこに食いついたんだと思う。

 欲を言うなら、領内開発について「魔法でどうにかしました」が多すぎるのでそこら辺をもっと専門的に解説したりする作品も読んでみたいかな、と思います。

[PR]
by ejison2005 | 2015-03-31 04:17 | ノベル
アニメ艦これ 大反省会
f0029827_20574980.jpg

f0029827_1322633.jpg

f0029827_2058995.jpg

f0029827_20581781.jpg

 カズミちゃん、なんて事を……。

 なんつーかなー。
 このタイミングでってことは製作期間とか考えてもアニメ放送開始前からの規定路線であるわけで、スタッフの変更や更迭は望めそうもないんだよね。はあ……。

 まあ、嘆いてばかりいても仕方ないので簡単に反省会でもやりましょうか。


 初期二話のノリでやればよかった

 まず、これは大前提。
 僕自身最初の二話に関しては特に問題を感じることなく、楽しんで視聴することができた。
 当時の感想でも書いたけど、最初の二話までは無難に無難を重ねた作りでしたからね。

 そこで深くは切り込まずとも慎重に手堅くやっていく腹積もりなのかと勘違いしたら、明後日の方向にはじけやがったわけですが……。

 その後のシリアス展開がいけなかったのは明白なわけですが、では何故いけなかったかを考えていきましょう。


 如月ちゃんの無駄死に

 最初にして最大の失敗点。
 アニメの駄目なところを凝縮したようなイベントでござった。

 何がやばいって、続く話が基本的にギャグ回だったことで如月ちゃんの死を悼む人間がほぼ皆無という「ただ死んだだけー」状態になってしまっていることですね。

 一応、吹雪が改造される回で回収した気分になってるようですがあの話は、

「マイナス通り越して絶対零度の域まで株を下げた主人公がプラマイゼロの状態へ戻る」

 という一切プラスに傾いてないお話なので、別に如月ちゃんが死んでなくとも一般常識的に忠告すればそれで事足りたと思います。
 というか、作中でも睦月ちゃんは一般常識的にしか忠告してませんしね。

 まーなんというか、ラブライブ一期終盤で「うおお! 明日は重要なライブだが私は意地でも風邪をひいてみせるぜ!」という謎展開をやらかしただけはあります。

 ラブライブ二期が改善されてたのはこりゃ監督のお仕事と考えたほうがよさそうですね。


 顔を出さなきゃいいというもんではない

 提督のことです。

 まず驚きなのは、脚本家さん達が提督に関して「顔さえ出さなきゃ何させたっていい」と考えている節があるところですね。

 もちろん、そんなわきゃありません。

 そもそも、提督の顔を出さない最大の理由は「各プレイヤーこそが提督であり艦娘の旦那である」と位置づけ、NTR臭を出さないことにあるのですがそこのところからして理解できてない。

 その結果が、「顔を出さないだけで口だけはやたらと出し、その割に一番大事なところを何故か口頭で伝えず不確実な手段に頼る瞬間移動能力者」にして「全艦娘を魅了する強力な操作系念能力者」という謎の提督像なのでしょう。
 しかも、口を出す割にその指示などは傍目に見ても無能なものでありますし。

 夢に見たって展開に関してはもはや閉口するしかありません。

 とまれ、提督の顔を出さないという手法がどういう意味を持つのか理解すらしていないんだから、なんというか本当にまあ……。

 てか、偉大な先達であるストパンにならい、長門なり大淀なりをミーナポジにすりゃいいだけなんですがそれは……。
 最近だと、香取でも可能だね。

 もしくは機動部隊にテーマを絞って赤城さんと加賀さんを隊長と副官ポジにするとか。

 ともかくまあ、先人を模倣すれば既存の艦娘だけで補えちゃう部分なのでそうしちゃえばよかったのだよ。


 世界観に関する不統一

 世界観を描いてないという感想をよく見かけましたが、僕としてはそれはちょっと違います。
 艦娘が普通に鎮守府で過ごしていれば、それはそれで艦娘の生活する様という世界観の一端を描くことになるわけですからね。

 で、問題はそれらがどうにも統一されていないところ。

 具体的には、美味しそうに食事したりカレー大会したりと「生身の少女」として艦娘を描いておきながら、「変な資材でも食べたのか?」という台詞を入れたり急に発光した後トンカンしたらパワーアップするというメカ娘描写を入れたりということです。

 うん、あのねどっちやねん?

 ゲーム中では生身の少女として感じられる台詞が多いわけだけど、アンソロの巨大艦娘漫画を受け入れてる人が一定数いることからも分かるとおり突き抜ければメカ娘と描いてもそれはそれでありなんですよ。まあ、僕はあまり好きではありませんが理解は示せます。

 それが統一されていないのは普通、「世界観をボカしている」のではなく「世界観を決められず矛盾に矛盾を重ねてる」と言いますね。


 結論

 他にも無数の問題点はありますが、上に挙げた三つを考えると問題の本質が見えてくるような気がします。
 すなわち、

・日常ギャグエピソードとかやるよ → でも人死には出すぜ!

・提督の存在はなるべく薄れさせるよ → 顔だけな! 口はバンバン出すし全艦娘から慕われてることにするぜ!

・生身の少女として世界観を描くよ → その割に原作ゲームでも重要な要素などで急に人外描写がされるぜ!

 という具合に、いちいち相反する二つの要素をぶち込みまくってるんですよね。

 多分ですけどね。

 人が普通に死ぬシリアスな世界観で海上ボトムズやってれば支持する人はいたと思うんですよ。
 いっそ提督のキャラを超濃くして描けばそれもそれで支持する人はいるでしょう。
 メカ少女として艦娘を描いた場合に関してはもう語りましたね。

 つまり、アニメ艦これは悪い意味で右にも左にも寄って無さ過ぎるのです。
 中庸、という言葉がありますがその実態は要所要所で右に寄ったり左に寄ったりってことですからね。結婚式を神社でやりつつクリスマスをきっちり祝うようなもんで。

 いつか本当に艦これをアニメ化する機会があったら、そこのところをきちんろ考えてみてほしいものですね。

 それと余談ですが、オラ、MIまで一日でいけるほど地球は小さくねえと思っぞ!

[PR]
by ejison2005 | 2015-03-29 01:36 | アニメ
異世界迷宮で奴隷ハーレムを 感想
 作品ページ。



 フ……最近めっきりはまってるなろうの上位ランク作品ならば、まさか外れということはあるまい。
 そう思いつつ奴隷買うところまで読んでみたよー!
























































f0029827_17573444.jpg

[PR]
by ejison2005 | 2015-03-22 07:58 | ノベル
謙虚、堅実をモットーに生きております! 感想
 作品ページ。

 ろくに更新もせず読みふけってたシリーズ第三弾。

 女性主人公の一人称視点ということで、過度に文章がオトメナイズされている点と背景描写が少なくていまいち状況を想像し難いという点を除けば、これまた次から次へと貪るように読みたくなる良作であります。


 やはり圧倒的な「続きを読ませる力」

 これは無職転生でも書いたことですが、ここら辺はなろう小説の人気作における特徴の一つといえるかもしれませんね。
 とにかく、一つ話の終わり部分で気になる次回への引きが必ず用意されており、それが一段落するまで詠み進める手を止めたくない……しかし読み進めたら進めたでまた新たなる「次への引き」が用意されているという仕組み。

 いやはや、ほんとよく次から次へとポンポン思い浮かぶもんだ。ジャンプ作家もかくやという目まぐるしき自転車操業っぷりです。


 登場人物の善性が心地よい

 本来なら最もあくどい行動をするはずの人物に主人公が転生しちゃったためか、全体的に登場人物が善性に満ち溢れていて読んでて心地良いのも特徴ですね。主人公の家族仲も良好ですしものすごく心地良い世界が形成されている。

 もちろん、ちょっとした学生同士の対立とかはあるのだけどそれも行き過ぎたりするようなことはなく子供同士のグループ対立程度で留まっていますし。
 主人公自身がそういった行いを影ながら正したり被害者をフォローするような立ち回りも多い(特に若葉ちゃん関連)ので、気持ちよく読んでいくことができます。


 とてつもなく残念な君ドル勢

 漫画の世界に転生したという設定の本作ですが、その漫画内における主要登場人物のほぼ全てがそこはかとない残念さを有しているのも面白ポイント。
 特に筆頭といえるのが君ドルにおけるヒーロー役を務める皇帝で、後半になって展開される「皇帝の庶民生活体験ツアー」はいずれもがユーモアに満ち溢れていてニマニマしながら読むこととなりました。

 まあ、一番残念なのは前世の記憶がミックスした結果超庶民派ロココの女王と化している主人公なのは疑う余地もないのですが。
 こちらは稀に行われる他人物視点でのエピソードで特に顕著となっていますね。


 恋愛も手を抜かれてない

 基本的に善性さとユーモアで引っ張っていくスタイルの本作ですが、そもそも少女漫画の世界に転生した設定ですし恋愛関係も手を抜かず入念に作られているのもポイント。

 ここで重要なのは、一人称視点を活かした迷彩が施されている点ですね。

 特に円城なんかは主人公に気がありそうな描写がされているのですけど、一人称視点で主人公がそれほど突っ込んで考えないところもあり(というかアウト・オブ・眼中)、そこら辺は謎に満ちていて読み手の憶測と興味をそそる構成となっています。

 他にも後半部分で主人公が皇帝と庶民体験ツアーをしたりしているのがそれを知る円城にはどう受け止められているのか、生徒会長視点で主人公はどういう存在なのか、等々、自覚は無いだけでフラグは一杯っぽい主人公回りの矢印図が知りたくなってくるところです。


 そんな中で最も気になるのは……

 やはり、主人公と皇帝の関係がどのようになるのかですね。

 主人公が行動した結果、彼にとっては小学生時代から気安く話せる唯一の異性友達(というか円城と合わせて二人しかいなさそうな友人)ポジであり、本人達の自覚がないだけでやってることは人目を忍んでのデートなわけですから。

 若葉ちゃんと主人公が友人であることを皇帝が知ったらどうなるのかや、円城の真意、いよいよ作中で君ドル終盤時期に差し掛かっていることなど、本当に続きが気になる作品です。
 なんか日付を見ると更新ペース激落ちしてるっぽいですけど、続きを期待して待ってるんだぜ。

[PR]
by ejison2005 | 2015-03-20 06:28 | ノベル
パズドラに飽いている
f0029827_544246.jpg

f0029827_5442470.jpg

 ↑直近二回のGFにおける結果である。

 ボックス内の対抗馬がウルドというアニマ君に関しちゃご愁傷様だが、これはガチャドラさん張り切りすぎというべきだろう。現在彼のトレンドはリーダーと有力サブをセット輩出することなのだろうか?

 が……その結果とはまったく正反対に心震えない僕が存在したわけで……。

 そう、ぶっちゃけ最近はほとんどパズドラやってないんですよね。スタミナも常時溢れまくりみたいな形になってしまっている。未開封の運営メールも50通以上あるよ。

 まあまず、通勤に自転車使うようになって有力なプレイ環境であった電車内という選択肢がなくなったのは大きいと思う。

f0029827_5444435.jpg

 なんつーか、大きな目標でありパズドラやってて一番楽しい時間であるはずの降臨がギミックを複雑化しすぎ、いよいよもって「難しい」から「ただただめんどくさい」にシフトしてしまったのですね。自分の中で。


 何よりもかによりも言いたいのが、「やりたいことをやらせてもらえなさすぎる」これに尽きる。

 簡単なところでは「木属性ボスのダンジョンに中ボスとして水キャラを配置」もそうですし、お邪魔ドロップやバインドの多用はもちろん。ついに最近では、リーダーチェンジやワンパンに対する謎根性といったものまで実装されました。

 特に「これは嫌だな。付き合いきれないな」と強く強く感じたのは謎根性の実装で、その存在を知った時点でグラソニにもゼウヘラにも挑んでいませんし挑むこともないでしょう。

 僕って「気持ちよくゲームを楽しみたい」人なんですよね。木属性ボスのダンジョンを火パで景気良く無双したいですし、ボスも取って置きのスキルコンボで極大ダメージ与えてワンパンしたいと思っている。

 ただ、パズドラの難易度設定は「運営の与えた課題に辛抱強く対処する」方向へ調整されており、それがリーダーチェンジや謎根性によって僕には「付き合い切れない」レベルへ傾いてしまったのです。
 簡単に言うと、「難しい課題によって与えられるストレス」が「クリアすることでの爽快感」を僕の中で上回っちゃったんですね。

 また、現実的な問題として「運営の与えた課題に辛抱強く対処する」方向へ調整されまくった結果、一回のゲーム時間がかなり長引いてしまうわけで日常の隙間時間を使って遊ぶスタイルとも噛み合わなくなってしまったのです。


 ただまあ、最近なろう小説読むのにはまってるとか上述の生活スタイル問題もあるのでそれが全部というわけじゃもちろんないんだけどね。
 ただ、一因としては間違いなく存在するなと、そういうお話でした。


 補足:既存のゲームで例えるとスパロボJが「敵は命中率ゼロの味方ユニットを決して狙わない」という思考アルゴリズムにしてしまい、えらく戦闘がつまらなくなってしまいました。回避系ユニットが活躍できないからね。

 育成ゲームという意味でパズドラもスパロボも似たようなところはあるわけで、「鍛えたキャラで気持ちよくプレイ!」というのももっと重視しなきゃいけないんじゃないかな。


 結論:俺にもっと気持ちよくデュエルさせろ!

[PR]
by ejison2005 | 2015-03-12 05:49 | ゲーム
異世界食堂 レビュー
 作品ページ。

 更新もせずにがっつり読みふけってたぜ!

 ……作中でも登場するパーティオードブルの如き、様々な味わいを含んだ良作であると思います。アレッタちゃんかわいい。


 日本の洋食屋さんSugeeeee! が心地よい。

 まず、本作における面白さの中核を占めているのがここであるんじゃないかと思います。

 や、既読の皆さんは「おいおいそうじゃねえだろう?」と思ったことでしょう。
 「料理のものすごく美味しそうな描写こそ異世界食堂の骨子じゃねえか?」そう思ったんじゃないでしょうか?

 もちろん、それは大前提なのですが本作における料理の味描写は「現代日本と比べて圧倒的に食文化が後進の中世ファンタジー住民による食レポ」なんですよね。

 作中での描写を鑑みるに店主さんは相応に腕の良い料理人(品数多すぎて食儀とか使えそうなレベル)ですが、登場人物はその腕前だけに驚いてるわけではないのです。

 ここら辺、既存の作品で例えるとテルマエ・ロマエなんかに近い作風でして単に「美味しそうな食レポが楽しい」のではなく「中世ファンタジー住民による食レポでナショナリズムを喚起されるのが楽しい」というのが正解なわけですね。

 僕らの生活圏にいくらでもある大衆向け洋食屋さんに対し、異世界人達が「っべー! まじでっべーわ! 超っべーすわ!」と言っているのに対し胸中で「どうだ日本の洋食屋さんはすごいだろう?」と鼻高々になって見せるのが楽しいわけです。オレらなんの関係もないけどな!

 ここら辺は形を変えたさすおにであるのかもしれませんね……そういやあっちもなろう出身だったか。


 一話完結式SSという特性を活かしたギミックエピソードが楽しい。

 具体的に例を挙げると、

 メンチカツ
 ビフテキ
 カレーライス

 この辺でしょうか?

 ここら辺のエピソードはあえて視点を置いた登場人物の境遇を伏せつつお話を進めることで、「こいつはこういう人物なんじゃないか……?」という推理する楽しみをお話に加えており、SSらしいギミックの楽しさが味わえるお話となっております。メンチカツは若干違いますが最終的にそんな感じ。

 メンチカツは記念すべきファーストエピソードであり上述の「日本の洋食屋さんSugeeeee!」もふんだんに盛り込まれておりますので、僕としても好きなエピソードですね。


 断片的に語られる異世界模様がまた楽しい

 さて、本作は主な舞台が洋食屋さんの店内という関係上一口に「異世界ファンタジー」と言っても登場人物がどのような世界観に住んでいるのか、特に初期はほとんど分からないわけですが回を重ねるごとに少しずつ、少しずつその辺が語られていきます。

 特に白眉といえるのが『ビーフシチュー』の主役も担ったある登場人物に関してで、この登場人物は『ビーフシチュー』単独だと「ほほう面白い客だな!」で終わってしまうのですが中盤以降に行われていく設定開示により実はそれだけに留まらない存在であることが明かされていきます。

 それ以外にも、

 主要国としてどのような国があるか
 どのような地方にどのような人々が暮らしているか
 この異世界にはどのような伝説が存在し登場人物はそれにどう関わっているか
 全く違うように思える文化圏同士にどのような繋がりがあるか
 おそらくコンビニだろうが朝っぱらから女性用下着を単独で買いに行った店長は勇者じゃないのか?

 等の要素が回を重ねるごとに明かされていき、時には異世界食堂を通じて文化圏の違う者同士が交流し新たな展開を見せることもあります。

 特に初期から登場する若者(齢121歳含)の常連客はその傾向が強く、異世界食堂を通じて徐々に変化していく彼らの状況を楽しむのも本作の面白さですね。


 個人的に好きなエピソード

 そんなわけで、やや推敲が甘く誤字の類が多い点は気になりますが、ほんと難点はそれくらいでひたすら楽しい作品であると思います。

 個人的に好きなのは、

 メンチカツ(記念すべきファーストエピ)
 エビフライ(主役が愛嬌あって好き)
 パウンドケーキ(心理描写が秀逸)
 ビフテキ(ギミック一本勝ち)
 ポークジンジャー(俺も好物だから)
 カレーライス(やはりギミックの勝利)
 チャーハン(初対面のヒロインに「シャワー浴びてこいよ」とか店長はやはりry)
 シーフードフライ(登場人物が楽しそう)
 とん汁(同上)
 クレープ(同上)
 カツ丼(同上……ここら辺から先代エピも増えるね)
 バーベキュー(あんたら仲いいな!)
 カレーライスふたたび(アレッタちゃんの次に好きな登場人物)
 ポテトチップス(コロッケの食い気が帝国を救うと信じて……!)
 ライスバーガー(この人物の高感度がぐっと上がった……別に低くはなかったが)
 お子様ランチ(説明不要ッ!)
 ロースカツ(店長の料理が世界を救うと信じて……ご愛読ありがとうございました!)
 ハンバーグふたたび(彼女を見たコロッケパパの反応が知りたい……来店するかだが)

 こんなところでしょうか。

 特にカレーライスふたたびは好きだなあ。すごく魅力のある登場人物だと思う。

[PR]
by ejison2005 | 2015-03-07 05:27 | ノベル