<   2014年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
艦これ戦記 51
 貴様ら喜べ! しばらくオリョクルは休止するぞおっ!

f0029827_2305835.jpg

f0029827_231678.jpg

f0029827_21471488.jpg

 休暇を与えるとは誰も言ってない。

f0029827_2312316.jpg

f0029827_2312911.jpg

 というわけで、6-1攻略したよー。

 マップそのものの感想としては、「絶☆対潜水艦殺すもん!」という感じでしたね。と、に、か、く、道中における潜水艦への殺意が半端じゃない。そんなにオリョール海で物資を奪われまくってるのが憎いのだろうか? あ、そりゃ憎いっすよね。

 僕も「故に、智将は務めて敵に食む。 敵に食むの一鐘は、吾が二十鐘に当る。 キ[艸己心]カン[禾干]一石は吾が二十石に当たる。」という孫子の言葉は好きなのですが(その割に今ググったけど)、潜水艦ってのはそれを部分的に体現している存在ですからね。
 深海棲艦さんがどんな風にまかなってるのかは知らないけど、ともかく物資を戦線に送るってのは莫大なコストがかかるわけでして、それを文字通りの意味で水泡に帰させるというのは、とてつもなく効果の高い戦術だと思う。ドリフターズ最新刊でオルテ首都困窮の有様が描かれてたけど、あれ多門さん大暴れが一因だからね。

 だから……僕たち提督がオリョクルをするのは戦術的にも理にかなっているし、ひいては深海棲艦後方の士気と効率を著しく低下させ、戦争を勝利に導く戦略的効果も期待できるんだ。みんなもどんどん! オリョクルしよう!

 話がそれましたが、編成の内容と装備について。


 キソー
 とにかく先制雷撃で一つでも多く敵艦艇を撃沈し、攻撃受ける機会を減らさねばならないため起用。
 装備は連撃+甲標的というオーソドックスなものとなった。

 大淀さん
 キーマンそのいち。
 装備は連撃+観測機+32号というもので、索敵値を満たしつつ連撃ができる唯一無二の軽巡洋艦である。
 メガネ秘書属性にビビッときたのでなんとなく育てていたわけだが、早くも活躍の場がきてくれた。
 というか、大淀さんマジで強いよな。システム的にもオンリーワンで、戦力としてもオンリーワンとか、さすが難関のAL作戦を突破したものへのご褒美である。秋イベでも旗艦として起用したい。

 加賀さん
 友永隊+江草隊+烈風改+整備員という構成。キーマンそのにである。
 烈風改ひとつで制空権を確保でき、二航戦から借り受けた艦載機を整備員でブーストする昼戦の要である。
 実際、上の画像でボスのヲ級を開幕スナイプで轟沈せしめたのは彼女だったりする。

 ブラック社員ズ(一名除く)
 意地でもゴーヤに隷労を強いたいので改造はしない。代わりといってはなんだが、全員に缶を装備してある。その甲斐あってか、イムヤが中破からの三連続回避というイナーシャルドリフトを見せつけてくれた。さすが7☆3☆1☆Zの一員だと褒めてやりたいところだ。


 そんなわけで、大淀さん+加賀さんという性能オンリーワンコンビを用いての超パワープレイでしたね。加賀さんは育ててる人がほとんどだろうけど、もし大淀さんに手をつけてない人がいたら最優先で育成してもいいくらいだと思う。対潜以外ならいくらでも活躍の場はありそう。


 深刻な勲章不足

f0029827_2314527.jpg

 ↑今、こんな心境になってる提督は多いことだと思う。僕もそうである。勲章……おいてけえ……!

f0029827_232058.jpg

 今現在、設計図待ちの艦娘がこれだけで、保有している勲章の数が13個だもんなあ。こればかりはいくらゴーヤを酷使しようと埋め合わせられるものではなく、必然、選捨選択を要求される。

 もう、本当に迷ってるんだよね。龍鳳ちゃんは義理の娘であり、ビス子さんはみんな大好き、僕も大好きフミカネ艦(その割にレーベマックス育ててないけど……いつか……)、扶桑姉様と山城は、かつて、昼間連撃などなく中破撤退教が蔓延していた時代に難関海域2-4を低速野郎A(アーダン)チームの一員として突破してくれた武勲艦である。

 これをどれかに絞れっていうのは、なかなか鬼畜な選択じゃないだろうか。

 龍鳳ちゃんとビス子はまだロクな実戦経験させてないから秋イベ目指していきたいけど、それを言ったら、秋イベって扶桑山城オンステージなんじゃないの? という感じするし。
 もちろん、イベントを待って先行組の報告から選択……というのもあるが、それはあまりに愛がない。やはりここは、イベント前に決然とするべきである。


 提督の決断

f0029827_2324965.jpg

 というわけで、決断的に扶桑姉様を改造。実装され次第、山城も改造するつもり。

 決め手となったのは、やはり「絆」ですね。かつての活躍、このエジソンは決して忘れてはいなかった……! KIZUNA! つなげ! 決して負けはしない! (Grouwing!! ゴドウィン!!) 別に泊地で航空戦艦が扶桑姉妹しかいないのは関係ないよ。

f0029827_2331143.jpg

 うーん、それにしても扶桑姉様、いい性能をしていらっしゃる。
 特に、艦載機スロットの数が飛躍的に向上したのは大きいよね。パッと思いつくことはないけど、ちょっとした制空値の数字マジックで色んな悪さができそうな感じはする。持ってきてくれる新型瑞雲も水上機じゃ随一の対空能力を誇るのが嬉しい。

 うむ、別にどれを選んでも不正解ということはなかったけど、この選択は正解だったと思うな。決戦能力がグッと増した感じする。

 それにしても、かつての扶桑姉さまは近寄るのがためらわれる美人という感じだったが、今度は逆にフラフラと誘因されちまいそうな美人という感じしますね。ぶっちゃけるとエロイ。覚悟完了した未亡人臭がする。放置台詞とか俺の遺影に語りかけてそう。


 現在の育成状況

f0029827_2332819.jpg

 まず、育成宣言していた面子はこんな感じ。演習育成した上四人に関しては問題なく実戦投入できるレベルへ到達し、ヒャッハーさんも無事に改二となった。ヒャッハーさんはイケイケ度がさらに増したなー。ズボン型袴でガード硬いのが逆にえろいぞ。

 下二人に関しては、演習ではなく3-2-1での育成なんだけど、ここんとこあんまり回せてないのもあってちょっと伸び悩んでいる感じ。

f0029827_2334267.jpg

 で、演習で今後育てていきたいのがこの編成。伊勢と日向に加え、専用システムが増えた明石さんの育成に着手し、ちとちよも育てていく感じですね。川内ちゃんは趣味。

 明石さんに関しては、トラック提督であるからにはいつか育てようと思っていたので当然の帰結。ちとちよもなんやかんやで軽空母としちゃ頭一つ抜けた性能だから育てるのは必然。
 で、伊勢と日向なんですが、彼女らはいつでも航空戦艦にできるわけですし、せっかくなので火力艦として育成していこうと思います。これからは、大艦巨砲主義の時代だな。

 扶桑姉様の強化によって、航空戦艦としての役割はあちらに任せりゃよさそうになりましたからねー。ポケモンも艦これも、役割を持たせることが大事らしいぞ。


 秋イベに向けて

 さて、いよいよ秋イベ開催時期が近づいてきているわけですが、ここでエジソン提督にはひとつ、悩みがあった。

f0029827_2335765.jpg

 資源貯めすぎいっ!

 いくら資源こそパワーとはいえ、これはあまりにあんまりである。無駄に溜めこみゃいいというものでもあるまい。

 ここはひとつ、秋イベとこれから挑むこととなる6-2へ向け、景気づけに大型建造といこうではないか!

f0029827_2341224.jpg

 というわけで扶桑姉様! さっそくひと仕事お願いします!

f0029827_2342511.jpg

 知 っ て た 。

f0029827_234475.jpg

 く、勲章取りで浦風は確保し、再び通常海域ドロップ制覇したから(震え声)。

[PR]
by ejison2005 | 2014-10-31 02:43 | ゲーム | Comments(10)
パズドラ冒険記 53
 エジソンVSガチャドラ……。

f0029827_2063573.jpg

 というわけで、前回の闇魔剣士に口火を切ったワンデー・ワンガチャ計画。その結果をご報告するよー。


 二日目

f0029827_2065239.jpg

 おお……魔剣士に続き、お前もきたか……。

 まーねー、こればっかりは仕方がない。覚悟していたことではある。ここはチャドーを忘れず、心を平穏に保つことこそが肝要だ。


 三日目

f0029827_207669.jpg

f0029827_2071812.jpg

 ブッダよ! 寝ておられるのですか!?

 ぐああ……ぐあああ……これはきつい……きつすぎる……。

 いや、もうね。金卵が出てきたんだからやっぱムラコレ対象の何かを期待しちゃうじゃないですか? それがエンジェルて……エンジェルて……回復娘に対する覚悟もしていたけど、これはダメージが大きすぎる……というか、出方が悪すぎる……うぐぐ……ぐああ……。


 四日目

f0029827_2073094.jpg

f0029827_2073688.jpg

 ブッダよ! まだ寝ておられるのですか!?

 ぐあああ……がああああ……!

 き……きつい……きつすぎる……。三回までならまだしも、四回連続で外れというのが精神的にうがああああ……。

 なんというんでしょうね? 射幸心との対決というか、パチンコで火がついてる時の気分(やったことないけど)というか、よっぽど縛りを破って即座に! 何らかの当たりが出るまで! 回そうかと思いましたよ……。

 幸いにもマーラとの戦いには勝てたわけですが、それもひとえにワンデー・ワンガチャを公約として掲げてたからでしょうね。それがなければ、僕はドつぼにはまっていたんじゃないかと思う。今になって思うと、完全にあかんパターンだそれ。


 五日目

f0029827_2075820.jpg

f0029827_60931.jpg

 あーイイ……遥かにイイ……。

 また火の変換枠が充実したというのもそうですが、純粋に火の回復タイプ縛りで考えたとして、

f0029827_2081920.jpg

 このような具合に、わりとカチッとはまるパーティーが組めるんですよね。いずれ役立つと思って手に入れておいた瞬さんが日の目を浴びる時がきたか。

 無論、火力と変換の充実ではミネルヴァを用いたパーティーに分があるわけですが、いかんせん、あちらは火の宿命として回復力に欠けてますからね……。光と闇が相手ならいくらでも殴り合えるが、逆にいうとそれ以外には殴り合えない。

 その点、こちらはエキドナや卑弥呼たまも使えるし、火力重視のヴァルリーダーか耐久力も考慮したチカちゃんリーダーを選択できるので、断然アリ。

 何よりも、肩の荷が下りたのがでかい。ここまで、本当に精神的に追い詰められてたからね。仮に残り二日が外れだったとしても、余裕で許せるというものです。単に当たり引いたと言うだけでなく、それで新しい型のパーティが組めるというのは大きいよな。


 六日目

f0029827_208375.jpg

f0029827_2084452.jpg

 ……なんと言えばいいんでしょうかね。

 実は今回の企画、そもそも半蔵が出てくるとは夢にも思ってなくて、「これで更新ネタひとつ確保!」とか、「みんなの同情票をもらってハカハカしよう!」とか、そんな風に考えてたんですよ。

 それが四日連続でマジ大敗北状態で、「さすがにひとつくらいは当たりを~!」と思ってたところに赤ヴァルでしょ? もうそれで満足しちゃって、「アハハ、大敗北気味だったけど赤ヴァル引けたし実質勝利だよね?」って感じで〆るところまで想像してました。

 で、ころっとこれが出てきたもんだから、リアルに十数秒硬直した後、

f0029827_20998.jpg

 ↑こんな感じの表情を浮かべていた。

 ラックさえあれば全てが手に入る! い~い時代になったものよのおっ!

 にしても……揃っちゃったな……これで……。

f0029827_2092341.jpg

 全てが……揃っちゃった……なあ……。

 無論、おそらくはコインダンジョンでくるだろう半蔵のスキラゲに備えたコイン確保などやるべきことは山積していますが、とうとう何かの扉をこじ開けてしまった感じがする。

 やべえよこのパーティの画像……俺、持ち主なのにオーラで目がつぶれそうだもん。

 ククク……クフハハハハハ。


 女の子ガチャ

f0029827_2094125.jpg

 ↑で、一回分余ってるし女の子ガチャきたからと引いた結果がこれ。

 ま、世の中そんなに甘くない。それが今回僕たちが得るべき教訓ですね。確定スキラゲに回してもいいけど、それやるくらいだったらABコラボ回すわ。


 航路周回地道に継続

f0029827_2095611.jpg

f0029827_2010321.jpg

 ↑今ココ。

 自然回復分で上げていけるのだから、やはり常設というのはありがたい。地味~にやっていけばそのうちスキルマだもんな。航路はキングやペンドラも落ちるし、そもそも経験値が膨大なのもありがたい。

 今後もコンスタントに挑戦していこう。

[PR]
by ejison2005 | 2014-10-25 20:17 | ゲーム | Comments(4)
Fate EXTRA プレイ記 6
 飽きるか面倒になったらやめるプレイ記。5回戦終了まで。ついに赤セイバーちゃんの正体(知ってた)が明らかに!


 赤セイバー、デレる

 や、元からデレていたと言えばデレていたわけですが。これ、赤セイバーやキャス狐はいいとして、アーチャーはどうなるってんだろう? ただでさえあの人、生前のファッションセンスが残念なせいで上着脱ぐと大ハードゲイみたいな格好になるのに。

 ああ、再アニメ化だからとはりきって着ていたジャージはさすがのセンスだったよ……。

 さておき、ダンジョン突入時や自室でのやり取りなどは、いかにも後半戦突入って感じで実にいい感じですね。個人的には、最終日にリターンクリスタルの使用を要求するやり取りがツボにはまった。強敵だから修行するって言ってたじゃないのwww


 慈尊君「何もないと思ってたけど、よく考えたら俺はリア充だった」

 いや、ちょっと語弊があるけど、でもこれって要するにそういうことだよねw

 自分にはなにもないんだーと思ってたけど、よくよく周りを見ていたらノーパンミニスカの錬金術師とおぱんちゅ皇帝をはべらせていた。なんだ、めっちゃ恵まれてるじゃん、というw

 うん、身も蓋もないっちゃないけど、とてつもない説得力だ。そりゃ、こんな恵まれた状況にあったなら、自分の存在理由なんかで悩んでいる暇はないでしょーよ。

 というわけで、願いについては「聖杯戦争を終わらせる」をチョイスしました。願いの内容だけだと、最終回に幼女をかばって死にそうな博愛主義的な代物ですが、慈尊君の場合はこれから先の生活空間を平和なものにするというニュアンスも含まれているわけで、そう考えると、なんだか実利的である。

 というか、アレよ。今アニメでやってる士朗がスーパー自己犠牲マンなだけに、慈尊君の考え方は余計に対照的に思えるよね。


 作戦名「俺が死ななきゃお前は死ぬ」

 さて、いよいよ宿敵? ユリウス戦となったわけですが、アサシンとの前哨戦を経ての結論がこれですね。初手で落陽→MPヒールをおこない、あとは残りのMPと大量に買い込んだ回復アイテムを使って、ひたすら回復。倒されてしまった場合には、再び落陽を使用するという。

 絵面的にはこう、車田漫画の登場人物がグシャアッ! と顔面から地面に叩きつけられても、「まだ終わっちゃいないぜ!」とうそぶきながら立ちあがってくるような、そんな感じw

 そんなわけで、何度も何度も倒れては蘇生を繰り返す赤セイバーに対し、デフを積み重ねて致命の拳を叩きこみ続けるアサシン。まるでゾンビを相手にするかのようだが、着実に赤セイバーのMPは減り続けている。このままでは、赤セイバーがジリー・プアーなのは明らかだ。

 しかし、赤セイバーにはこの状況を覆す秘策が存在したのである!


 招き蕩う黄金劇場

 セイバーが高らかに宝具の招来を告げるや否や、決戦場は荘厳にして華麗なる黄金の劇場へと生まれ変わった。

 ――固有結界!?

 相対するアサシンとユリウスの脳裏にまず浮かび上がった単語はそれであったが、否、これは別世界による上書きを行う固有結界とは似て非なる大魔術であり、自身の芸術性を信じて疑わなかった赤セイバーのみが成せる業なのだ。……具体的に固有結界と何がどう違うのかはよく分らんが。

 ――ここからどのような攻撃が!?

 身構えるアサシンとユリウスであったが、彼らは忘れていた……ここが死闘の舞台などではなく、あくまでも劇場であったことを。

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「な、なんだ!?」
「何事だ!?」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

 劇場内に響き渡る、オンドゥル語にも似た謎の奇声。狼狽する二人であったが、

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

 眼前にて剣を構えるサーヴァント相手に、まさか

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

 耳を塞

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

 ぐなどという無防備な行動にでるわけにも

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

 いかず、ただただ

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

 この状況に翻弄されるばかりであったが、

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

 赤セイバーの狙いはまさにそこに

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

 こそあったのである。

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「く……なんのマネだ!」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「マスター、今何か言ったか? うるさくて聞こえん!」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

 やがて彼らの声も、思考も、やがては存在そのものすらもかき消されていき……。

「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

(^q^)「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

(^q^)「くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

 ……こうして新たなボーイフレンド(仮)が二名、生まれることとなったのである。

 ――僕の金が、君を強くする!

 尚、アニメの出来は残念な模様。


 というわけで真名判明

「ああ、ミルキィホームズの一員の?」
「クズのことネロって呼ぶのはやめろ! というか違う!」

「ということは……志貴さん覚醒の踏み台になったあの?」
「近いけど違うねー。あれ余を元ネタにした痛い人だねー。というか、うっかり茶店とかで会ったらどんな顔して余のこと見るんだろうねー」

「わかった! MSA-007ネロだろ?」
「離れたねー。せっかく近づいたのにえらい離れたねー。重力に魂を引かれちゃったねー。というか人ですらないねー」

「パトラッシュ……」
「僕もう疲れてないねー」

「じゃあ……一体何者なんだ……?」
(#^ω^)ビキビキ

[PR]
by ejison2005 | 2014-10-24 00:21 | ゲーム | Comments(2)
パズドラ冒険記 52
 これまでのあらすじ……。

f0029827_21402650.jpg

f0029827_21403527.jpg

f0029827_21404250.jpg

f0029827_21405275.jpg

f0029827_21405993.jpg

f0029827_1139100.jpg

f0029827_21414618.jpg

f0029827_21415461.jpg

f0029827_2142074.jpg

f0029827_2142770.jpg

f0029827_21422073.jpg

f0029827_21422788.jpg

f0029827_21423480.jpg

 イイ気になっていた。

 覚醒ミネルヴァちゃんマジ半端ねえな……。これまではいけなかったダンジョンも、こなせるようになっちまった……。

 特に大きいのが、木曜&金曜というダブル鬼畜素材ダンジョンをノーコンできるようになったことで、これで進化素材に対する不安が大幅に減った。なんのかんのいっても、この二つはマジでクソ鬼畜だからね。宝玉のせいで感覚麻痺してるけど、こんなのホイホイ要求する流れに新規プレイヤーはついてこれているのだろうか?

 それを支えてるのがぎんぺーちゃんの存在で、彼女のおかげでフィニッシュブロー力が大幅に増しているため、ボス戦で戦いやすくなっている。魔人ブウなんて、属性チェンジさせての耐久狙いだったのにワンパンしちゃったからね。
 また、回復力が高めなのも場合によって耐久する覚醒ミネルヴァとよくマッチしている。ぶっちゃけ、ミネルヴァ用のサブメンとして用意された降臨キャラだと思うよ。

 まあ、木曜ダンジョンに関しては彼女をエキドナにした方が安定する(3Fで威嚇する)のですが。


 海賊王に、俺はなる!

 そんなわけで、このパーティを強化するための至上命題は航路攻略である。千代女ちゃんをスキラゲすれば、ダンジョン難易度は格段に下がるためだ。

f0029827_21425286.jpg

 というわけで、攻略した画像がこちら。意外となんとかなるもんだ。

 メンバー構成は、


・LF 二喬
 欠損をなるべく避けたいので、麒麟ではなく彼女を起用。麒麟では活かしづらいリリスを無理なく活用できるのもポイント。というか、麒麟だとワングレン相手に積みかねない。

・チカちゃん
 ミネルヴァちゃんがかつて担っていたサブポジション。道中のキング対策である。ペイツールを考えると火属性なのはあまり好ましくないが、やはりスキルマクイックボムは使い勝手が違う。

・エキドナ
 安心と信頼のエキドナ。彼女がいなければボス戦は始まらない。

・リリス
 おでんタマ対策。おでんの補佐役でもある。

・緑おでん
 クシナダも考えたが、後述のとおりワングレン相手に極めて重要な役割を担う。

・補足
 フレンド含め全員スキルマ。


 戦法ですが、パズル&パズル&パズルですね。道中も威嚇中でのボス戦も、パズルと盤面運が全て。自分のパズル力に全てをかける。

 で、ボス戦なのですが……これ戦闘中に初めて気づいたんだけど、ワングレンはガン無視していいですね。ペイツールさえ落とせば勝ったようなもん。

 と、いうのもペイツールが高ダメージなのもそうなんですが、ワングレン相手なら耐久できちゃうんですよ、このパーティ。おでんとリリスで毎ターン2500回復して、それでしのげなくなったら、槍投げと二喬のスキルで回復。それやってるうちにまた威嚇がたまるので……というループが可能。意外な発見だった。

 うん、おでんは本当にいい究極進化したな。リーダーとしての役割も強化され、それに加えて、このように多色サブとしても重要な役割を果たし得るという。

 リーダーが二喬でなくとも、何がしかの回復態勢を入れれば同じような動きはできるかもなので、緑おでん持ってる方は航路周回に役立ててもらえれば幸いですね。


 ただでさえカジュアル勢のエジソンがパンドラという翼を得て更なる高みへ昇ろうとしている

f0029827_21431294.jpg

 さっきのデビリットで究極しなおしてかーらーのー、

f0029827_21432976.jpg

 これでどうよ。

 最低限、英雄パとして機能させるための必要条件は備わったパーティーである。

 カリンパを解体するのには抵抗があるけど、しかし、リーダーとしてのカリンちゃんには若干、限界を感じていたのも事実である。ぶっちゃけ、二喬とか麒麟とかで済んじゃうし、あっちは苦手属性ないし……。

 それよりは、今をときめくパンドラパの一員として活躍させてあげたいんだな、僕は。生足もえろい。

 半蔵がいないので、ヴォイスを入れているわけだが、こっちもこっちで初期に僕を支えてくれた忠臣である。かつて重用していたキャラたちが、今、再び最強のパーティで活躍してくれようとしているわけで、これはなかなかに胸アツな展開だ。

 さー、このパーティーでどこにいけるかな~。これから先を考えるとワクテカが止まらないぜ。


 そしてムラコレへ

 それはそれとして半蔵欲しい。

 誰とは言わないが、俺のヨミ(アンケGFで引いた)あげるから貴様の半蔵をよこせというレベルである。ヨミだから被りでも許せるけど、なんで俺じゃなくてそっちに半蔵がいくねん。

 そんなわけで、今回のムラコレに課した目標はひとつ。

 ワンデー、ワンガチャ、だ。

 それで半蔵が引ければよし。引けなければ、忠臣ヴォイスにがんばってもらうというシナリオである。仮に半蔵が引けなくても、運が良ければお役立ちサブが入手できるだろう。マジで忍者とかライダーが全然いないからね、うち。

 その記念すべき第一投、いざ!

f0029827_21434976.jpg

 そ こ ま で に し て お け よ C D K !

[PR]
by ejison2005 | 2014-10-18 21:51 | ゲーム | Comments(6)
Fate EXTRA プレイ記 5
 飽きるか面倒になったらやめるプレイ記。以外と背が低いユリウスさんとの前哨戦、5回戦3日目まで。


 雑魚敵が強くなったでござるの巻

 4回戦からなんですが、雑魚敵の質が急激に上昇してきた印象ですね。スキルを使うやつも混ざり始めたし、赤セイバーいわく「希少種」という敵も出てきた。

 最悪の場合、スキルによるゴリ押しなんかもやって生き延びるわけだけど、それでも後述の通り、けっこうな数イゴる羽目になってしまった。

 そんな敵データをがんばってメモったのがこちら。


AGITATOR
1 GBAB??
2 GBGBGB

MOONDUST
1 SAGGBB
2 BGGGBB
3 BBGGAB

NEPHILIM:a
1 ABAGAB
2 GBGAGA
3 ABAAAB

GLASS RNNER
1 GGAAAA
2 GGAABB
3 BBGGAA
4 AABB??
5 GGBBBB
6 AAAAAA

MANEATER
1 GABA??
2 BABAG?
3 GAGABA
4 AAAGGA

アルク
1 BBBB??
2 GBGG??
3 BWWBAB
4 AWWGBB
※ 使用時、宝具は最後に使用?
※ 洛陽使わなきゃ乙ってた。あぶねえw
※ 空想具現化してこなくて本当によかった。

AGORRPHOBIA
1 BGGGG?
2 GBBABB
3 ABGBBB

NECROPHBIA
1 AGGGBG
2 ABGBBB
3 ABGBBB


 マーボーファイト! レディー! ゴー!

 4回戦におけるハンティング競争、通称マーボー杯なわけですが、死にまくったのが主にここの1回目ですね。2回目はマップあるからなんとかなった。

 まず、バーサーカーことアルクと遭遇しちまった場合がやばい。

 この時点だと、マトリクスが集まってないこともあり、敵の行動パターンが読めないじゃないですか? だもんで、

「よし! 防御重視だ! 全部ガードしてしのぐぞ!」→アルク「じゃ、BBBBで^^」→「^^;」

「また遭遇しちまった! だが! さっきの教訓を活かすぜ! 全部アタックだ!」→アルク「GBGGで^^」→「(#^ω^)ビキビキ」

 雑魚戦においても、
「こいつは初見だしHP満タンだし、フルアタで一回見てみよう」→AGORRPHOBIA「BGGGGで^^」→「ざけんな(゚Д゚)ゴルァ!」

 こんな感じ。

 この辺りはジャンケンゲーの悪い側面で、初見での死に方がちょっと理不尽なんですよね。運ゲーにすぎる側面がある。せめて、死んだあとは敵の蓄積データ持ち越しになるとか特典があれば、まだしも緩和されたのですが。

 でもまあ、今思えば4手目でヒール入れとくなどの保険をかけとくべきだったと思う。

 ともかく、バーサーカーに対しては「私を殺した責任、取ってもらうんだからね」と固く決意した慈尊君であったという。


 バーサーカー「俺のマスターがこんなにちょろいわけがない」

 ちょ、ちょれぇー! ラニちゃんちょっと、ちょろすぎんよー!

 なんかもう、アレですね。何らかのチャーム能力でも使ってんじゃねえのかというレベルで、ラニちゃんが慈尊君に即落ちすぎる。アメもらったら知らないおじさんでもついてっちまいそうなレベルだ。

 でもまあ、「たまにはちょろい子も悪くはないな」と思う慈尊君であったという。彼、前世で三顧どころか十顧の礼を何度も何度もこなしてきた過去があるんですよ。見逃してやってくだしゃあ。

 真面目な話をすると、ここら辺は自己投影しやすい無個性型主人公の強みですね。半端に個性持たせた主人公だと、「なんでこいつにアッサリ惚れちまうんだ?」となってしまうが、自分の分身でもあるドラクエ型主人公なら別に惚れられて悪い気はしないという。

 それにまあ、慈尊君は前世で一週目の限界範囲までステータス上げてたから、ま、多少はね。

 肉体が見当たらないというのも、彼の肉体は謎空間で変なのにアイアンクローかけられてるからでしょう。劇場作品になろうがなんだろうが、特別課外活動部だけは許さない。絶対にだ。


 そして決戦へ

 まあ、アレだ。「キャラクターはともかくプレイヤーは相手の素性を知ってる」というのはこう、むずがゆいなw

 そんなわけで、強敵なのが分かり切っている相手のため、戦闘時は相手のウェイト中にリレイズとブレイクHP吸収効果付与のバフスキルを使い、あとは遭遇時の傾向からあいこが取りやすいと思われるブレイク中心で攻撃しました。

 途中からは、どうもスキルの使用タイミングが6手目であるらしいことに気づいたので、そこはガード。それでも、アルクのHPが700になったあたりで力尽き、あわやガメオベと思われたのですが、ここでリレイズが効きましたね。念のためにかけといて、本当によかった。

 あとは、ヒールで回復して攻撃して勝利。危ういところだった。

 しっかし、ガトー……やはり、殺すにはおかしい男であった……。


 それにしてもこの真祖、やりたい放題である

 元がアルクとはいえ、自分が生み出したデッドコピーにここまでやりたい放題されるって、やっぱこの聖杯ポンコツなんじゃ……。

 アルクの発言は、よく考えたらけっこう外道な内容なんだけども、いかんせん、その対象がガトーさんだからなあ。ガトーさんじゃあ、仕方ない。それに、ここで少しでもなびいた発言しちゃったら、月姫なんだったの? という感じにもなるし。

 彼に合ってたのは、もうちょっとこう上から抑えてくれる感じのサーヴァントだったんじゃないですかね。例えば三蔵法師とか、そんな感じの。

 で、どっか言っちゃったアルクは発言内容から考えて隠しダンジョンの裏ボスやってそうだけど、さすがにそこまでは面倒だからやらんなあ。


 5回戦スタート

 マイルームにおける赤セイバーの発言から、なんかしら面倒なイベントが起こるだろうとは思ってたけど、これにはちょっと参りましたね。タイガーからのミッション期限もあるし、大急ぎで一層を攻略しなければならなくなってしまった。

 で、ラニとのバイパス繋ぎミッションでは、購買で購入した強化スパイクが大活躍でした。ひとつだけ毛色の違うアイテムだから、きっとイベントで必要になると踏んだのがよかったですね。おかげで、雑魚戦は一度だけですんだ(その一度はパラメータ低下してるのか苦戦したけど)。

 アサシンさんに関しては、Fateシリーズ通して何気に一番アサシンっぽいことしてる気がする。


 魔術回路のつなげ方

 躊躇せず覗き見を敢行する慈尊君である。この選択肢がどのような好感度低下をもたらそうと、我に後悔無し!

 ……なのだが、

f0029827_2224693.jpg

 CGはどうしたああああああああああっ!?

 それにしても、ラニちゃんはいてねえのか……すげえな……はんぱねえな……アトラス学院……。

 ……は! ということはもしや!

 ちょっと路地裏にパンツ届けてくる!


f0029827_251742.jpg

[PR]
by ejison2005 | 2014-10-13 03:11 | ゲーム | Comments(6)
Gレコ&ビルトラ ファーストインプレッション
 これから酒飲みがてら、録画しておいたGレコの三話を見るわけだけど、せっかくだからその前に更新のネタとしておこう。

 酒飲みたいんで、簡潔に書くね。


 Gレコ

 ドキ! お禿げ版リア充ライフ! (命が)ポロリもあるよ☆

 という感じでしたね。初回スペシャルはw

 ちなみに、お禿げ様の想定するリア充ライフがどういうものかに関しては、小説版のF91が詳しいです。映画だといきなりセシリーがトトカルチョにおこなところから始まるけど、小説だとミスコンに誘いかけるあたりから始まるんですよ。

 でまあ、それがどういう内容なのかについては割愛しますが、ひとつだけ。

f0029827_5501065.jpg

 ↑こんなにカッコイイ彼も、かつては学生証の裏にコンドーム仕込んでたんですよ。

 そんな彼の本名は、シー(見)ブック(本)。あのー? お禿げ様……?


 というわけで、学生証の裏にコンドーム仕込んでそうな主人公たち一同が、リア充ライフおくりながらMS戦に巻き込まれたわけですが、色んな意味でエネルギッシュな登場人物たちと、状況のシャレにならなさによって織りなされるカオシックなエネルギーが楽しいです。何が言いたいのか自分でもよく分からんが、オーガニック的な何かなんだよ。


 ともかくまー、主人公のリア充っぷりが凄まじいよな。エリート階層の出身で、本人の能力も高くて、そんな具合だから当然のごとくしたってくれるカワイイ女の子が身近にいて、挙句の果てには美少女海賊とフラグ立ってワンオフの専用機まで手に入れられそう、という。

 ……うん、こうして列挙すると、こいつそこらのラノベ主人公も真っ青などチートっぷりだな。そしてそれを、嫌みなくするりと入らせてくるお禿げ様のキャラクター造形の妙よ。

 さじ加減ひとつ間違うだけで、さすがですお兄様状態になりそうなところを回避してるのは、これもやはりキャラクターの持つエネルギーの賜物でしょうなあ。主人公はもとより、脇を固める皆さんもそれぞれがそれぞれに人生を謳歌していて、いちいち楽しそうなんだもの。

 約一名、これからなんかこじらせて仮面かぶりそうな人もいますが、まあ、EDで楽しそうに踊ってるからなあw シャアさんも小難しいこと考えずにハマーンと肩組んで踊ってればよかったんだよ、きっと。


 設定説明なんかはさすがに熟練の技で、冒頭の授業シーンを通じ最低限必要とされる情報を視聴者に渡した後は、各勢力の関係や現時代におけるMSの立ち位置などを、キャラ同士のやり取りでさらっと伝えてくれるのが嬉しいです。
 ワンシーンで視聴者への設定伝達や、キャラクター同士の関係性変動などをいくつもぶち込んでくるから、情報密度がものすごいことになってるのは、見た人なら分かってくれることだと思う。
 大体、説明シーンとしての意味合いが強い授業シーンにしたって、主人公の人となりを伝えるダブルミーニングな場面になってるんだもんなあ。こういうのさらっとやれるのって、本当にすごいことだと思うよ。


 肝心要、MS戦に関してですが、シュピーンとスライド移動するのではなく、ちゃんと滑空してるフライトユニットの描写といい、きちんとMSの「重さ」を表現してるのがいいですね。巨大兵器感出てる出てる。
 二話での海賊襲撃なんかも、建物の破壊や、主人公の足元突破を通じて、MSのスケール感と、スペシャルな戦闘力が伝わってくるもんなあ。いいよ。すごくいい。まあ、謎百烈拳はちょっと笑いましたがw


 ……うむ、お禿げ様のガンダムだ。なんかこう、白富野の集大成的な作品になってくれそうで最高ですね。


 ビルトラ

 こちらは前作の正統続編という形ですね。前作の要素を継承しつつ再構築するという感じ。

 それが顕著に表れてるのが、セカイ君とフミナちゃんの立ち位置で、要するにセイ君のポジションを分かりやすくヒロインに当てはめているわけですね。流れを受け継ぎつつ、新しい味付けをするにはベストな選択であると思う。
 また、同じくお義兄さんの立ち位置を継承しているのがユウマ君なわけですが、こっちは前作終盤で描かれた「レイジにとって最も身近なライバルであるセイ」としての役割を果たしていくのかもしれないし、果たさないかもしれない。

 そしてまったくぶれないのが、ラルさんと誰のとは言わないが平坦な胸である。犠牲になったのだ……。

 レイジさんはあれだ。仮面でもかぶってEDでダンスするんじゃないですかね?


 MS戦は相変わらず全力で趣味に突っ走ってるなあとw 集団戦におけるMSチョイスといい、走るドムといいw

 Gレコと比較すると、扱ってるのがプラモということもあって「重さ」というより、ヒロイックでかっこいいアクションを重視してるのが、兄弟みたいな放送時期の作品として、なんとも好対照であると思います。

 まあ、そのヒロイックでかっこいいアクションをしたのが主にドムなわけですがw


 そんなわけで、こちらもまた期待に答えた確かな出来栄えであったかと。前作と違いチーム戦ということで、戦闘シチュエーションもより多彩なものを期待できそうですしね。

 色んなシチュを期待できるのが特徴の作品ですが、個人的にはやはり、場外へ吹き飛んだガンプラがフミナちゃんの胸で弾むというシチュが見たいですね(ゲス顔)。

[PR]
by ejison2005 | 2014-10-13 03:05 | アニメ | Comments(2)
Fate EXTRA プレイ記 4
 飽きるか面倒になったらやめるプレイ記。急転直下の4回戦1日目まで。


 アタック・オブ・ザ・幼女

 予選以来、すっかり姿を見せていなかった幼女……ようやく再開できたと思った時は、もう慈尊君のことなんか目もくれなくなっていたでござるの巻。いやまあ、正確には慈尊君じゃなくて荒巻君(仮名)との間にフラグが立ってたわけなんだけども、先の展開を踏まえるに慈尊君の正体ってアレがアレしてる感じだから、すなわち荒巻君(仮名)もアレがアレになってるってことなんじゃないかなあ。

 尚、アレってなんなのかは僕もよく分かっていない模様。

 で、ここまでの3戦を踏まえて思ったこととしては、

 典型的なマスター=慎二
 決意に溢れたマスター=デュワッ!
 ただ生き延びたい者(現時点での慈尊君と同じ)=アリス

 という具合に、「通常の聖杯戦争」を描きつつ、慎二戦で敗者必滅という決闘の掟を、セブンとの戦いで慈尊君の在り方に問題定義その1を、ある意味同じ境遇であるアリスとの戦いを通じて問題定義その2を行っているわけですね。

 ぶっちゃけ、このゲームの基本はハック&スラッシュという物語性を絡めづらいゲームスタイルなわけですが、そこへ上手いこと、Fateを絡ませてきていると思います。でもって、このややマンネリ化しつつあった流れから、怒涛の展開へなだれ込んでいくと。

 あ、アリス戦後の選択肢は「自分も何かを見つける」を選択しました。割と前向き慈尊君。


 3回戦敵データメモ

ESCHER
1 BABB??
2 BBG???

PROPHECIES
1 GBGAGG
2 GBGGG?
3 GGAGBG

WEATHER DRIVE
1 AABBAA
2 AABBAA
3 BBG???
4 GGBBGG
5 BBAABB

バーサーカー?
1 GABGBG
2 GABGA?

EARTHCALL
1 ABBA??
2 ABBB??
3 AABB??

WONOPHOBIR
1 ABGBBB
2 GAABAA
3 GBBAB?
4 BGGGGA
5 GBBABB

アリス(なんだそのポーズ?)
1 SAAGGB
2 BSAGAG
※ サーヴァント全般に言えるが、行動が多彩なのであとは勘。
※ 宝具は使ってこなかった。戦闘用じゃないからか?
※ 力が……欲しいか……?


 凛VSラニ

 ここ、時系列がよくわかんなかったんだけど、マスター全員が一律に同じ回戦ってわけじゃなく、凛とラニの3回戦は少しずれこんだのでしょうか?

 まあ、ともかくおそらくは物語上の重要な転換点であるわけだけど、それより何よりランサーwww こいつが出てくるだけでなんか笑っちゃうのはなんでなんだぜ?

 しかも、挑んでいる相手は見た目からして明らかな強敵なわけで、ここでもう、僕の決意は八割型固まっていたといっても過言ではないですね。噛ませ犬の英霊がわざわざ出張ってきたからには、それにふさわしい結末を与えてやるのが型月ファンの宿命であろう。

 そんなわけで、迷わずラニを救いに飛び込んだわけですが……。

 こ の 人 で な し !

 まさか、こちらがフラグ立てですったもんだしてる間に美味しいとこだけ持ってくなんて……! そんなの、俺の知ってるランサーじゃねえ……(わなわな)。

 こう、あれだよね。ランサーというのは本来、さんざんっぱら苦労を背負わされた挙句に、貧乏くじを引かされて退場するのが役目だと思うんだよね。スタイリッシュに漁夫って美味しいとこ持ってくなんて、彼はちょっと自分の立ち位置を勘違いしてるんじゃないですかねえ……?

 あ、バーサーカーの方は呂布ですかね? 蛇矛じゃないから張飛じゃないだろうし、関羽でもなさそうだし。頭の謎触角がパズドラの呂布を連想させるし。いずれにしてもこの人、散り際にさわやかな眼差しとかおくってくるタイプじゃないと思うのですが、ラニと触れ合って色々あったのだということにしよう。そもそも俺、三国志全然知らないし。

 あ、登場するだけで面白いランサーで思い出したけど、ユリウスさんも大概登場するだけで面白いです。存在自体がギャグと中二病の純粋培養って感じだよな、この人。


 4回戦突入

 ランサーにランサーさせたい一心で選んだ選択肢により、なんだかラニルートへ突入しちゃった感あるんだけど、そういえばこのゲームって、そこらへんのルート管理はどうなっているのだろうか? 個人的にはセイバールートへ入りたいところなのですが、よくよく考えると、サーヴァントルート一択しかないと、今、絶賛アニメで活躍中の彼とアーッする可能性もあるんだよな。

 だから、凛ルート(まあ潰れただろう)とラニルート、ユリウスさんルートなんかも用意されてると思われるのですが、どうなるんだろうね。ひょっとしたらすでに、引き返す道なきレールに乗っかっちゃったかもしれませんが。

 新キャラのガトーさんは、殺すにはおかしい人だと思います。はい。


 そしてこの敵サーヴァントである

 振り返ってみると、1回戦の敵であるライダー(ドレイク)は、まあ女性化してることは差し引いてもまっとうな英霊じゃないですか?

 で、2回戦目のアーチャー(ロビン・フッド)は伝説を利用した青年ということで、ここでちょっと「ん?」となるんですね。それって、StayNight本編のアサシンと似たような境遇なので、ちょっとまともな英霊とは言い難い。しかしまあ、これは本編の聖杯戦争とは違うわけで、「まあ、そういうこともあるのかな?」と思わせられる。

 で、3回戦はキャスター(ナーサリーライム)なわけで、もうここまでくると明らかにおかしなことになってくる。すでに英雄でもなんでもないじゃん、と。

 で、4回戦は……うん……あなた、リメイクされるの待ち切れずにとうとう出張までしちゃって……w

 で、このなんか色んな意味で間違いまくっちゃった人、どうすればいいんだろうね? 「無茶苦茶劣化してます」とかでない限り、サーヴァントじゃ勝ち目がないと思えるんだけど。月姫本編じゃ常にデフかかってるような状態だったからアレな印象あるけど、本来ならギルガメッシュワンパンできるレベルで強いはずなんだよな、確か。

 物語的には、もうね、完璧に真っ当な代物じゃないよね。この聖杯戦争。何をどうひん曲げちまえばそれ召喚しちまうのよ、と。

 まあ、本編のそれと違って、こちらの聖杯はデータベースだからそのデータを元に作り出してるってこともあるだろうけど、それにしたってあまりにあんまりである。

 もう、そろそろ聖杯の破壊を視野に入れ始めちゃってもいいんじゃないですかね、慈尊さん!


 ここまでの感想

 まあ、そんなわけで、上でも書いたとおり、ここまではやや展開的にマンネリ感があったんですが、凛VSラニへの介入から一気に物語が動いてきた印象ですね。BGMも変化して、中盤戦に突入してる感が半端ない。

 小学生並みの感想だと、先がすげえ気になってきたところです。はい。


 アニメ版アンリミ初回見たよ

 まあ、この部分はアンリミというか全編通してのプロローグなわけなんですが。こうしてみると、凛は第二の主人公であるのだなあ。伊達に全ルートで生存してはいないぜ! ということでしょうか。順当にいくと、アンリミはおろか、ステイナイト本編でもその後士朗と師弟になってにゃんにゃんしそうだし。

 ちょっと不安なのは、凛の詠唱が英語だったんで、やっぱ無限の剣製も毎度おなじみアイアムボーンなんたらかんたらとなるんでしょうかね。あれ、日本語で唱えた方が格好いいと思うんだけど、やっぱ遠坂一門だと英護詠唱なのかな。

 というか、よく考えたらアーチャーって遠坂一門であってるのだろうか? なんか赤いしストーリーの流れ的にそうだと思い込んでたけど。

[PR]
by ejison2005 | 2014-10-06 05:13 | ゲーム | Comments(8)
パズドラ冒険記 51
f0029827_4101955.jpg

 コノシュンカンヲマッテイタンダー!

 というわけで、ようやく覚醒ミネルヴァちゃん完成である。これで火パがはかどるぜ。
 まずは試運転! 神々へ殴りこみじゃー!

f0029827_4103464.jpg

 おうふ。

 こうなってしまった理由は単純で、火力が足りなかったのである。つーか、調べたら神々ゼウスって500万ちょいのHPあったんだな……。なんぼダブル半減してるといっても、毎ターン5500くらいは食らってしまうわけで、普通に回復枯渇して乙った。もう1ターンしのげれば再度エキドナが使えたのだが。

f0029827_4104684.jpg

f0029827_4105257.jpg

 ちなみに、これがレイラン→千代女ちゃんで2色にしての攻撃力で、やはり当座しのぎのエキドナではなく、当初の想定通りに列持ちドロ強キャラを入れる必要がありそうだ……。


 ぎんぺーちゃん参上! 超級

f0029827_411472.jpg

 そんなこと考えてたところにこの降臨である。これはもはや、天命といえよう。そりゃ、究極ウルズなんかと比べたらステは劣るしスキブもないが、ミネルヴァは耐久も視野に入れたパーティだし、かわいいし、ダンジョンに出てくる以上はカリンちゃんのお友達なはずだし、使わない理由はないであろう。

 潜入メンバーには、適当に育った回復キャラをぶち込んだ。地味にクロネ以外はスキルマである。

f0029827_4111865.jpg

 まずは下忍軍団がお出迎え。適当にぶん殴って処理。地獄ならともかく、超級ならば特に問題はない。一輝の前に出てきた雑兵軍団みたいなもんである。

f0029827_4113187.jpg

 上忍その1。バインドがうざいので水から処理していく。

f0029827_4114888.jpg

 妖怪軍団。火バインドを持つカッパを最優先で処理。それやればついでにはまひめも落ちるので、あとはのんびりまねきねこを相手しよう。この難易度ならネコパンチでも死なないし。

f0029827_412138.jpg

 上忍その2。クイックボムを使い、木の方から処理していく。火はちょっとタフなので時間がかかる。

f0029827_4121260.jpg

 いよいよ本打ち、カリンちゃん登場である。地獄ならともかく超級ならやわいので、フォーレンのダブル変換を使い一気に削る。すると、大体7割くらいは削れるので、そこからは普通に殴れば倒せる。いや、本当はずっと戯れていたいくらいの気持ちなんだけどね。死んじゃうからね。

f0029827_4122487.jpg

 ボス戦。かわいい。
 とりあえずは殴り合えるので普通に殴り合い、半分近くまで削ったら威嚇を使用。あとは、それが効いてるうちにトドメを刺す。

f0029827_4124072.jpg

f0029827_4124769.jpg

f0029827_4125449.jpg

f0029827_413391.jpg

f0029827_413921.jpg

 以上の作業を何度か繰り返すと、ぎんぺーちゃんが手に入ります。瞬を入れると、威嚇中に削るのがより楽でした。

 それにしても、ぎんぺーちゃんかわいいぜ。初期ターンの長さは解せないけど、この子は大切に育てていきたい。


 今回のゴッフェス

f0029827_4132451.jpg

 そんなわけで、降臨周回で疲れました。大淀さん、一番いいのを頼みます。

f0029827_4133953.jpg

 なんてね……本当は分かってる……ぎんぺーちゃん入手するだけで何周もする羽目になった僕に、金卵引ける運があるわけないなんてことは……。

f0029827_4135466.jpg

 それでも、GFとあらば引かないわけにはいかない。そう、例えるならこれは処刑台……粛々と、自らの運命を受け入れるんだ……。































f0029827_4141534.jpg

f0029827_4143315.jpg

f0029827_4144590.jpg

f0029827_4145294.jpg

 本当に一番いいのがきやがった件。

 しかしまあ、いいっちゃいいんだけど半蔵がいない僕にどうせいっちゅうのだろうか。

f0029827_415857.jpg

 とりあえず、手持ちで組むとこんな感じになるのだろうか? カリンちゃんに生足出してもらって、パンドラと組み合わせての2色陣フィニッシュブローを狙う構成。ギリギリでスキブ5、列5にもなる。

 でもなあ、それだと呂布ダルでよくね? になっちゃうんだよなあ。やっぱ半蔵がいないとパンドラきっついわ。究極進化アンケで当選して、悪魔タイプついたりしてくれないですかね? 切実に希望したい。

f0029827_4152648.jpg

 もしくは、このような形か?

 LFが列もスキブも持ってないくせに、列7スキブ6という意味不明なパーティである。木染めのアテナパ感覚で~と思ってみたのだが、アテナと違ってLFが軽い変換持ちだし、なんか十分すぎるくらい通じそうな気はする。


 ふ……とにかくまあ、せっかく手に入れたガチャ限……なんとかして使い道を模索していくというのも、このゲームの楽しみだと、そう思わんかね諸君……?


f0029827_21485213.jpg

f0029827_2149044.jpg

[PR]
by ejison2005 | 2014-10-03 04:26 | ゲーム | Comments(6)