<   2012年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧
2012年 冬アニメ 感想 その1
 風邪で寝疲れての手なぐさみなので、軽めに。スパロボ感想は春アニメの感想終わってからとかになるかもね。


 ちはやふる

         ______ 
       ,;i|||||||||||||||||||||||||||||||ii;、         _/
     /||||||||||||||||||||||||||||||||||||||ii;、        \
  / ̄ ̄\||||||||||||||||||||||||||||||||||||ii;゙ヽ,      /
'" ̄ヽ     ヽ!!||||||||||||||||  ||||||||||!!"ヘ     <  不完全燃焼なんだろ?
ヽ          ゙!!!||||||||||||  |||||||!!   iヽ── /
|||l            ゙゙ヽ、ll,,‐''''""     | ヽ||||||||| そうなんだろ?
|||l     ____   ゙l   __   \|||||||||  そうなんだろって?
||!'    /ヽ、     o゙>┴<"o   /\   |'" ̄|
\  /  |ミミヽ──‐'"ノ≡- ゙'──''彡| |、 |   |
   ̄|    |ミミミ/" ̄ 、,,/|l ̄"'''ヽ彡|| |、/   / 操縦不可能なんだろ?
 ヽ、l|    |ミミミ|  |、────フヽ |彡l| |/  /_
  \/|l    |ミミミ| \_/ ̄ ̄フ_/  |彡|l/    ̄/
  \ ノ   l|ミミミ|  \二二、_/  |彡|      フ  野放しだろ?
    ̄\  l|ミミミ|    ̄ ̄ ̄  |メ/       \
    | \ ヽ\ミヽ    ̄ ̄"'  |/        /
    /  \ヽ、ヾ''''ヽ、_____//       /_ 終われないだろ?
  /  ヽ ゙ヽ─、──────'/|         ̄/
. /       ゙\ \     / / \__
   ───'''" ̄ ̄ ゙゙̄ヽ、__,,/,-'''" ̄   ゙''─

 ↑一期につき一回は使用し、やがては定番AAとして定着させたいという俺の野望。

 原作未読なんで、完全にアニメオンリーでの感想なんだけど、やはり太一がいい味出してたよなー。

 主人公であるちはやちゃんが、精神的に完成されてるので、競技カルタにおける技術的な面はともかく、カルタに対する姿勢とかそういうのでは一切悩まないんですよね。だから、完成されてるちはやちゃんをお手本というか教師役として、登場人物の成長という物語において重要な要素をカルタ部(&新)で請け負っている。ことに、太一はその比重が大きいために、半ば主人公的なキャラとして見ることができるのでしょう。

 あれだ。ダイ大におけるポップみたいな役。物語的にとても美味しい立ち位置。ちはやちゃんをモンキー・D・ルフィに置き換えても可。

 他には、意外と小技が多い競技カルタの競技としての側面をきちんとピックアップしてるのも好印象。いやまあ、その小技というのがクレームだったり試合前の煽りだったりするのは好みが分かれるところでしょうが、多分、現実の競技カルタでもそういう側面あるのだろうから仕方ない。そう思えるくらいには、取材と考証が感じられる作りということを注目していきたい。

 うむ、文句なく面白かった! 続きもアニメで見たいけど、実現性低そうだし、連載してる雑誌社が根性出したとして先の話だろうから、近所のツタヤでうさドロと一緒にレンタルしてこようかな。レンタル便利だよね。本棚圧迫しないし。中古よりはなんぼか作者の懐に貢献してるとは思うし。

 そして心底どうでもいいのですが、田子の浦を決め札にするかなでちゃんはやはり分かっているな。我が郷土、静岡県富士市住民の八割は田子の浦が決め札なのだよ。中学の授業でやるのだ。


 機動戦士ガンダムAGE

 ツッコミ所ばかりで、逆に何を書けばいいのか分からなくなってしまうでござる。というか、かなりどうでもいい。ガンダムだから見てるだけ。親友との対立と偉大な親(?)を持つが故の葛藤は、どっちかひとつでいいんじゃないかと思わなくはないけど、そういう以前の問題だし。

 あれだな。アリーサちゃん可愛いです。制作者のプッシュを感じないキャラほど自然体で魅力的に思えてくる、駄目アニメに付きものの現象。いやまあ、作画スタッフからは愛されてると思うけど。仕草とかいいよね。


 牙狼<GARO>~MAKAISENKI~

 1クールのボトルショー的な作りに対して、キャンペーンものとして作られた2クール目という感じ。両方が備わることで最強に見える。とりあえず、世界観とかそういうのを前半で分かりやすく描写した上で、この世界特有の問題に踏み込む後半戦という構図は、僕みたいな新規視聴者には非常に有難かったです。

 全般的に矛盾もなく、丁寧な作りで各々の因縁も解決しているんだけど、結局、お兄ちゃん仮面は鋼牙の修行仲間の少年だった、でいいのかな? どうやって生き残ったんだって感じするけど。

 あと、これは前に書いたけど、スターウォーズも意識してるだろう生身の殺陣の素晴らしさに比べて、変身後のCGバトルはあまりのめり込めなかったなあ。折角の重量感あるデザインだというのに、CG特有の軽さで打ち消してしまってると思う。いや、重量感あるというか、ガチで重すぎるからCG使ってるんだろうけどw

 それと、モブ騎士さん達の素晴らしくモブっぽいデザインは何とかならなかったのかとw 彼ら、刻印関連でも醜態見せちゃったから、あんまりいいイメージないよね。ハンター選挙編におけるモブハンターとかもそうだけど、全員が全員有能で強くて志高いと話が進まないのかなあ。むむむ、何かやりようはないものか……。


 ラストエグザイル―銀翼のファム―

  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  < やっぱGONZOか……
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|    \_______
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\

 どうしてこうなったし。
 前半は、色々難点もあるけど、楽しめるところも多かったんだけどなあ……。

 後半部の難点を挙げると、一般常識とか構成力とかその他諸々を疑う戦争描写も大きいですが、やはり最大の問題点は、主人公にしてヒロインにしてグランレース教教祖、ファムちゃんの扱いと設定にあるのだろうなと思います。

 本当、びっくりするくらい戦争の趨勢とかに関わらなかったからね。この子。やったことといえば、手紙のデリバリーとか、ラストのおねむになった幼女のお迎えとかだけど、別にそれ、この子でなければ出来ない何かではないし。
 そのくせ、グランレースグランレース言うから教祖にしか見えなくなってくるという。これで何か、グランレース実現に向けて具体的かつ政治的な行動や取り組みを行っていれば話は別ですが、それが出来るようなキャラならもっと戦争の中枢に関わっていたであろう。

 で、まあ、何が足を引っ張ったかといえば、そもそもの初期設定が足を引っ張ってるよな。散々出自を引っ張っといて、あの一戦争単位に過ぎない働きしかしてない爺さんの孫娘でした、とか言われても……。そりゃ、その出自ではパーティーで足踏んずけるくらいのイベントしか出来んでしょーよ。
 冷静に考えて、ファムに秘密を持たせるなら、実はどこぞの王家の血筋とか、実は封印されたエグザイルのキーになってるとか、戦争の行方に関われるものでないと。そういったしがらみを振り切ってなお、こだわるというのならグランレース厨設定も活かせる余地あるし。

 あれだ。総評を述べるなら、シータがラピュタ王家と何の関係もないラピュタとか、そんな感じ。無闇にロイヤル血筋設定を持たせるのは嫌いって人もいるだろうけど、それを必要とする物語構造というのは多いということですな。


 アムドライバー

 いよいよキャスティング完了。

 と、いうことで、前振りを終えてCOOLがHOTになってきた感じ。OPも変わったしね(前の方が好きだけど)。

 印象的なところでいくと、ニルギーシュさんは、意地でも動こうとしなかった点も含めて、独特の立ち位置にあるライバルキャラだよな。そして、ライバルキャラがそんな行動しなければいけないくらいには複雑な世界情勢を、そうと感じさせず分かりやすく描写しているのは、この作品の素晴らしい点だと思う。

 もう一人印象的なキャラはといえば、やはりシーンか。シーンいいキャラだよな。彼もちはやふるの太一と同様、アムドライバーとして精神的には完成された主人公ジェナスを手本として成長していった美味しいポジションのキャラだ。

 まあ、二人ともジョイさんのハイパーチートっぷりの前には霞むんですけどね。スパロボ参戦した暁には、ジョイさんどれだけ大活躍してくれるのだろうか。参戦はよ!


 CARDFIGHT!! ヴァンガード

 今シリーズ終わってっからのがキリいいかと思ったけど、どうせ次シリーズもシームレスに続くだろうから今書いちゃう。

 何やらトンデモな設定が飛び出してきたPSYクオリアに関しては、極限まで研ぎ澄まされた主人公補正みたく考えるとなかなか感慨深いものがあるかもしれません。これまで、カードアニメ史上最も主人公補正から見放された主人公として描かれてきたアイチきゅんが、それに頼らず能力保持者を撃破する物語、と。いやまあ、カードの引きとかは結局、主人公補正なんだけど。上手いこといおうとして失敗してしまった感があるな。

 まあ、とにかく、アイチきゅんに関する通常の論法では考えられない下積みと、そういった定石を外した展開でなお、こちらを引きつけてやまない謎の魅力、ニコニコでの素早い配信という形態など、先導者の名を冠するに相応しい新しさを持った作品であると思います。ベネ!


 偽物語

 一ヒロイン一エピソードという物語シリーズの構造上、化物語に比べると少々間延びしている印象もありますが、んなもんは既読者なら分かっていたことだし、ファンアイテムとして文句ない出来に仕上がっているのではないでしょうか。

 ファーストインプレッションで書いた通り、鉄板で楽しめた作品。


 おねがいティーチャー

 MXで再放送してたので。

 この作品における問題点は、宇宙人の女教師とのラブコメという要素と、謎の病気という要素、二つのファンタジー要素を組みこんじゃったことだよね。片方を成り立たせるために片方が必要とかではなく、完全に乖離してしまっている。だから、宇宙人女教師ラブコメにフォーカスが当たってる時は先生がヒロインっぽくなるし、謎の病気にフォーカスが当たってる時は、二十一歳女子高生の方がヒロインっぽく感じられてしまうのでしょう。

 いやはや、それにしても、あの奇病と宇宙人設定に一切合財、これっぽっちも、一ミリたりとも、ミクロマンにすら介入する余地もないほど関係性がないとは、たまげたなあ。逆に大したもんだ。


 あの夏で待ってる

 おねがいティーチャーのセルフリメイク的な側面も持つ本作、脚本家の選んだ道は、そもそもラブコメの中心軸に主人公と宇宙人ヒロインを据えないことだった! なんでだよ。

 そんなわけで、なんか振り回されてる脇役の皆さんの方がむしろ見所な作品でした。もちろん、彼らの恋愛関係に宇宙人的要素は必要ないよ。

 そして、本作の主人公は序盤の妄想行為がうざかったことを除けば、特に問題行動などは起こしてないんだけど、逆に行動しないが故に、好きになれないタイプの主人公でしたね。何せ、何もしてない。何もしてないけど、何やら彼にとって事態は好ましく展開していく。挙げ句の果てには、絶対戻って来れなさそうな宇宙人ヒロインがなんかまた来たっぽいという。どのような力が働いたかは脳内補完するしかないけど、まあ、少なくとも主人公は何もしてないんでしょうな。

 あと、映画撮影に関しては、せめてもうちょっと面白いものが出来上がりそうな撮影描写にしようよと。ハルヒのアレは、総監督が涼宮ハルヒだからあのようになったのですよ。メインヒロインに振り回される作品で、メインヒロインに振り回されて映画撮影をする話だからあれでよかったの。

 最後に、これはおねティ共々な話ですが、説得力のある積み重ねができなかったからって、最後の方で唐突に「主人公とヒロインはこれこれこういうわけで好き合ってます」と言い訳合戦するのはノーサンキューです。映像媒体なのに言葉でダラダラ語ってどうする。


 輪廻のラグランジェ

 ジャーマンスープレックスを見た時は期待し、続く二話三話では頑張ってロボットアクションしてたんだけど、その後はほとんど戦闘無し、あったとしてほぼ棒立ちな敵を切ったり撃ったりするだけという。せめて、主要三機がそれぞれどのような特性を持っているかくらいは描写するような戦闘を期待したかったのですが。他二つはともかく、ムギナミ機は一体何が得意分野だったんだろう。

 あとは、特に明かさない理由もないだろう基本設定を、何でまたひた隠しにするような話にしたのでしょうか。いや、宇宙人同士の戦争に巻き込まれてるってことくらいは僕の理解力でも分かるんだけどね。例えば、ドジ王女の母星が民族大虐殺とかしてて、それに対する反抗勢力がビラビラさん一派だったりするなら、全然話は違ってきてしまうわけでして。

 あと、鴨川推しはいいんだけど、舞台が鴨川である必要がどこにもないのもちょっと。これが我が郷土、静岡県富士市ならばかぐや姫が実は宇宙人でその遺産が~みたいにもできるのでしょうが。もちろん、富士山にオーパーツ的な何かが隠されていて敵は律儀に田子の浦から上陸し、そこを目指します。


 モーレツ宇宙海賊

 海賊というか、職業物ですね。政府公認という立場上、ものすごく政治的な立場に支配されているし。宇宙の海は俺の海とはいかない。ダイ・ガードとかに近いものがある。あっちが現実的なスーパーロボットなら、こちらは現実的な宇宙海賊。

 そして、そんなこの世界独自の宇宙海賊という職業を、しっかり描けているのが素晴らしい。ワンテーマを主眼に据え、そこに注力すればこれだけのものができるという、良い見本だと思います。

 まあとにかく、茉莉香ちゃんとグリューエルちゃん可愛い。


 アクエリオンEVOL

 ここしばらく戦闘がお休みになってたけど、それでも全体を通してはロボットアクションの尺が多いし、おかげで話も進んでるし、文句はないです。

 で、このアニメはキャラデザを筆頭に、前作の難点を解消した作りになってるのが好印象ですね。思わせぶりな神話的前世的演出はなりを潜め、恋愛関係を中心とし、すっきりとしたお話になっている。
 そして、キャラクター同士の関係性が進展するとアクエリオンが新必殺技に目覚め、その証とするというのも良し。ちゃんと、ロボットアクションとドラマパートが繋がりを持っています。

 ちょっと勿体無いなと思うのは、ゼシカちゃんの惚れる過程がぽっと出に見えるというところでしょうか。ぽっと出で一方的に惚れてるだけだから、そりゃアマタも振り向かないよ。ひょっとしたら、これ自体が前世関連での伏線かもだけど。

 あと、アマタは良い主人公ですね。最初ヘタレかと思ったけど、そんなことはなく、いざ戦いとなれば勇敢に立ち向かうし。気弱系主人公の新たなアプローチ、でもないかもしれんけど、近年のひたすらヘタレなだけの奴とは違う。


 アマガミSS+ plus

 ちっ、呆れるほど有効な壁ドンだぜ!

 各ヒロイン事で結構、性質の違う話となっているわけだけど、僕的には薫ちゃんとラブリー先輩のエピソードが好きです。あれだな。僕は恋愛成立過程よりも、成立後のイチャコラを見るのが好きなのかもしれない。この二人は、特にその要素が強かったからね。満足度高い。


 キルミーベイベー

 最後までやすなちゃんが可愛かった。あと次回予告の絵が全般的に謎のエロスだった。くそう、くそう……。

 うむ、実に幸せな気分になれるアニメであったことよ!


 男子高校生の日常
 新テニスの王子様
 銀魂'
 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕

 かくして長き戦いは終わりを告げた……。

 だが、私にはどうしてもあれらが最後のキチガイアニメだとは思えない。もし、アニメ制作が続けて行われるとしたら、これらの同類が、また、現れてくるかもしれない……。


 ミルキィに関してだけはちょっと付け足しておくと、スタッフのSAN値が失われ過ぎて、前シリーズに比べて本筋ともいえる要素が弱かったのが難点かもしれません。つっても、トイズ取り戻してアルセーヌさんと戦うだけじゃ焼き直しだしなあ。何か新しいアプローチがあった方がよかったかもしれませんね。
 良くなってる点としては、色々なパターンが楽しめた私服描写など、ビジュアル面が特に。あとは、前振りというか下積みが必要だった前シリーズに比べて、最初からフルスロットルなところとかw

[PR]
by ejison2005 | 2012-03-30 08:46 | アニメ | Comments(20)
週刊少年ジャンプ 12年 17号 感想
 ナイトスピリット。
 E・アラーマー。
 砲撃竜キャノンギア
 セキュリティ・ガーディアン
 ギガンテック・チャージャー。
 ↑アニメイト行ったら割引価格だったんで一個買ってみた竜魂乱舞の中身。
 あれか? この場合、立ち上がる僕の分身はギガンテック・チャージャー先生になるのか?


 ナルト

 なんというか、設定お蔵出し回って感じしますね。もう、この局面じゃないとあの連中の力の由来とか語る機会なさそうだしなあ……いや、語ったからなんだという話ではあるけど、作った設定を開帳したいという気持ちは分かるってばよ……。

 仙人モードに関しては、あれって一応、九尾モードに対して色々と特性が違ってたはずだから、まあ、カブトさんもそんなにかわいそうなことにはなってない……のかなあ。


 トリコ

 なんかもう、礼儀作法とかそういう領域じゃないような気がしてなりませんが、トリコらしい勢いというか、ハッタリが感じられる話だったと思います。食べるのにそれだけ労力が必要ってからには、見事食べられたなら相当素晴らしい味に違いないという漫画的説得力を与えますし。


 ワンピース

 僕はロビンに対して萌えというものを感じたことはなかったんですが、今週、寒さに震えるロビンの図はぐっとくるものがあったと思います。うむ、何でかは知らんが実にそそるな!

 しかし、そんなことより今週インパクトに残ったのはオペオペの実のチートくさい能力ですね。ていうか、切ったり貼ったりするのはともかくとして、人格を入れ替えたりするのはどういうことだというのか。なんか別の能力になっちゃってる気がするぜよ。
 本人も普通に接近戦とか出来るみたいだし、弱点といったら能力発動前の奇襲とか毒殺とかですかね。いや、んなもん全ての能力者にいえることではあるのだけど。


 ブリーチ

 オサレっぽいこと言わせつつ、残虐非道なボスキャラへ仕立てようとした結果、ただのしっちゃかめっちゃかとなりましたという図。一貫しているのはただ単に部下をブシュッとさせたい人であることだけど、それは彼がそういう人であるというより、久保先生がそうしたかっただけだからなあ。
 まあ、とりあえずイーバーンさんは気の毒でした。どうすりゃ生き残れたんだっつー以前の問題として、放っとけばむしゃむしゃパン食べていただけだろう一護の足止めってどういうことなのって感じだし……はっ!

 あれですかね? もしかしてこのボスキャラさんは、手の内が一端なりともバレてしまう危険を冒してでも、何が何でも一護がパン食べるのを阻止したかったんですかね? というか、状況的に一護を阻止するつったら、他に考えられんし。
 数多の戦いを乗り越え固い結束で結ばれた仲間が、危険を冒す一護をガン無視して貪り食い、シリーズボスが貴重な戦力を割いてでも断固実食を阻止しようとする織姫がバイト先から貰ってきた売れ残りのパン……一体、どんな秘密が隠されているというんだ……!


 ハイキュー

 しっかりとスパイク決めたり、渾身のサーブを防いでみたりと、上級生たちがちゃんと実力者として描写されてるのがまずは好感触。実際問題、中学出たての人間と高校で何年か鍛えた人間なら、差が出て当然ではありますしね。おそらく、中学バレーでは上位実力者であっただろう影山君があっさり防がれるというのも、なかなかにリアリティのある話です。

 ついでにいうと、お話の都合上、今週エピソード内ではラストまで主人公コンビが点に絡めないから、試合を進行させるのにもひと役買ってるんですよね。ここで田中さんが加入してなかったら、スパイクは決まらないまでも食らいつきは出来てるというシチュエーションそのものが成立し得ないわけで、こういうところでもいぶし銀の活躍ぶりです。
 頑張ってある程度のレベルにまで達した凡人という能力値からして、強敵校と対峙した際にかませとなる未来も見えますし、ほんま、この先輩方は「脇役の先輩」キャラとして完成された設定&描写でっせ~。

 本流である主人公コンビの描写に関しては、日向君のナチュラルヒーローっぷりが心地良いですね。それによって、影山君が救われることで、失ったもの(仲間)を取り戻すという彼のストーリーも進行しているし。
 ついでに、明らかに月島君へ影響を与えていますので、彼方面の物語を進行させる布石ともなっております。喧嘩っぱやかったりと性格的欠点もある日向君ですが、バレーへの姿勢という点に関しては既に完成した境地にあるわけで、今後もうじうじ悩んだりするのは他のメンバーに任せ、彼自身は悩んでる面子を救済し導く役として活躍していって欲しいな。


 パジャマ

 うむ、やはりこの漫画は幼馴染みの子とイチャイチャしていればそれでOKだな。先輩なんていらなかったんや!

 いやまあ、今までも先輩メイン回を除けば基本的にイチャイチャしているだけだったわけだけどね。話を進行させる要素といえば、やはり幼馴染みの子の幽霊化に関する調査となるわけですが、真面目にそれをやると、設定次第ではマッハでお話終わっちゃうからなあ。
 その辺、来週から触れてきそうな感じがするけど、この漫画はどういう設定にするつもりなんでしょうね。長期連載を狙っていくなら、マジコみたくドラゴンボール方式にするとか、鏡の国みたく、直接的に恋愛関係の進展を絡ませていくとかになるのかな。まあ、僕は幼馴染みの子とイチャイチャしてくれていればそれでいいや。それだけがこの漫画の全てだ。


 銀魂

 あー、ここで前将軍様が本格的に銀さんのタゲを取っちゃうのかー。暴れん坊将ちゃん見たかったんだけどな~。
 まあ、暴れん坊将ちゃんが〆になりづらくなったというだけで、やる余地自体は十分にあると思うし、設定的にも、ここでやるしかない話であったという感じではあります。今回の一件で幕府内の膿は輩出された~とせねばならないだろうから、後になって「ククク……私こそは攘夷戦争時代弾圧を敷いた筆頭政務官よ。土下座しなさい」なんてキャラが出てきても微妙な感じになってしまうし。


 バクマン。

 さすがに何の裏付けもない亜豆が実力だけで勝ってしまっては不自然と感じたのか、誤植というギミックを採用してきたわけなんですけど、それによってこれからアニメを作ろうというスタッフが、何故か連載初期のエピソードを当時のジャンプ本誌から引用するという謎に満ちた行動を取り、他の声優さん達は全員我らが週刊少年ジャンプトップクラスの人気を誇る(という設定の)漫画の単行本を買ってもいなけりゃ読み込んでもいないという状態でその漫画のオーディションに参加するという、不自然極まりないエピソードになってしまっているのが流石だと思いました。

 いや、しかし、本当に凄まじい展開ですよね。あれほど頑張って目指してきたアニメ化だというのに、今回のエピソードを見た限りでは制作スタッフも、その他オーディション参加声優の皆さんも、誰もこの漫画に対して情熱を抱いていないってことなんですから。
 よくよく考えてみたら、オーディション参加声優さん達も描写された範囲では売名しか考えてなかったしナー。ガモウ先生的には、ラッキーマンもデスノもバクマンも、制作スタッフの誰も愛情を持って制作しなかったアニメ作品なのだろうか。


 マジコ

 卒業するころには一流の魔法使いといっても、覚えた魔法はいつか使用回数切れになるわけで、そう考えるとなかなか胸が熱くなるものがありますね。一応、儀式のための授業をしてるっぽいとはいえ。


 こち亀

 オチが外道すぎて逆に笑いました。

 これは、両さんが悪くないというのは承知の上で、しかし、感情的には両さんが疫病神以外の何者にも見えなくなってくるという流れがしっかり描かれていたというのが大きいと思います。

 具体的には、話の途中で麗子が中川へのなだめ役となることで、両さんに非が無いことを強調し、最終的にはその麗子ブレーキも破壊されることで、両さんが悪くないという理屈を感情が駆逐するという流れが描けてたと思う。


 スーパーヒーロータイム

 フォーゼ #28

 退場しちゃったんでついでに書いときますけど、実は僕、カニさんのキャラ自体はそんなに好きではなかったりします。やっぱり、ペガサス時代の小者感溢れる動機がいけなかった。
 んで、そういった矮小な人物に過ぎないにも関わらず、今まで登場したどのゾディアーツをもしのぐ才能を発揮し、超新星にすら自力で辿り着いてしまうというのが、どうにも受け付けなかったのですね。やはり、実力と才能のある幹部として描写するからには、それに相応しい「重さ」を備えたキャラ付けが欲しかった。現実ならそういう人物もいるだろうけど、これフィクションだし。

 それはさて置き、今週抱いた印象で大きいのは、流星が正体バレしないままパワーアップを済ませたのが意外だったというのと、タチバナさんもスタンスが固まったというのがありますね。
 特に、タチバナさんはこれまで非情に徹して流星を利用するキャラとしても成立しえる状態だったのが、ライダー部との絆を優先させるべきと考える人物であることが判明した。これによって、一気に「タチバナさん=弦ちゃん父or母」というラインが固まってきたと思います。まさしく、今週の流星は「友達に救われた」状態なわけですから。

 あと、バルゴさんはあれ、どう考えても分かった上でネビュラ送りにしたよなw 特にコメントなかったけど、やっぱうぜえと思ってたんだろうねw

 殺陣ですが、メテオストームの必殺技は殺陣に組み込みづらそうだなあ。ゴーシュートする時のアクションでどうしても動きが止まってしまうし。555なんかは、印象的な溜めポーズを作ることで上手いこと処理していたけど、こっちはどのように対処するんでしょうか。


 ゴーバスターズ #05

 一般市民の反応とかはありませんでしたが、ちゃんと前回の事後処理をしてくれたのは好感が持てますね。きちんと、作戦失敗によってもたらされた部分を話作りに活かしてきている。

 お話としても、赤&黄、赤&青と関係性を構築してきて、〆に青&黄の信頼関係を再構築ということで、来週の合体に向けて段取りはばっちりという感じです。

 そして、お話とはあんまり関係ないのですが、なかなか良い味を出していたのがトラックの運転を担当した隊員(だよね?)で、トラックが暴走しても必要以上にはパニくらなかったり、ヒロムが救出した後は迅速に修理を終えて再度移動したりと、ゴーバスターズが三人だけで戦っている戦隊なのではなく、大勢のプロが集まった組織で行動しているのだということを的確に描写する効果があったと思います。

 アクションですけど、今週ちょこっとだけやったゴーバスターエースのヒザ蹴りはなかなか見栄えが良かったですね。そもそもが、ヒザが突き出したデザインをしているわけですから、それを活かして小技としてちょこちょこと殺陣に織り込んでいくのはアリだと思う。


 スマイルプリキュア #08

 何というキチガイ回……!

 なんといいますか、細かいところを突いていけばいくらでも書けるんですけど、とにかく総括として、完全に気が狂ったエピソードであったと思います。軽々と一線踏み越えやがった。しかも、あの指輪と薬は確保したまんまだから、その気になれば後々のエピソードで再利用できるんだぜ……w

 プリキュア界のカーレンジャーと呼ばれつつあるスマイルですが、まさか、ヨウカンでラスボス倒したカーレンみたく、この指輪を利用してラスボス倒したりしないだろうな。本気でやりかねないのが恐ろしい、ぜ。

 ※コメントで指摘されたのですが、指輪消えてますね。失礼しました。酒が入ってるとはいえ、僕の中で、スタッフがどんな扱いなのかよく分かる話だ。

[PR]
by ejison2005 | 2012-03-27 06:30 | ジャンプ感想 | Comments(22)
第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇 プレイ記 最終回

第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇(通常版)

バンダイナムコゲームス


 飽きるか面倒になったら何の音沙汰もなくやめるプレイ記。今回もめでたく完結。チーム名は「Mホームズ」。

ガイオウ「再世篇までラード食べてくる!」


 第48話 『夜明けの鐘』

 00一期終盤再現ステージ。来るだろう来るだろうと思ってたハムさんはついぞ来なかったわけだが、自販機の横で暖でもとっているのだろうか?

 それにしても、ギシンとか相手にした後で、今さらこんな人達が出てきてもなあ……という気がしなくもない。

 攻略ですが、とにかく問題になるのが、多少運動性を強化したくらいでまったく育っていないマイスター勢の存在でした。雑魚敵の攻撃で普通に被弾しそうになっちまうリアル系ロボットという笑えない構図。

 そのため、そういやまだ見てなかったトランザムの戦闘アニメを見る意味合いも込めて、前半は応援付きで積極的に敵の中ボスパイロットを撃墜させておく。ジョシュアさん生かしといてあげて良かった!

 これにより、無事に刹那は魂まで習得。他の面々も、まあなんとか戦う事は出来るレベルに達した。

 ちなみに、前半の中ボス面子でなかなかに厄介だったのがスザクで、気力が十分じゃない状態でまっしぐらに接近してくる上、底力L9と機体性能で避けまくる。こんなに張り切ってるんだったら、ガウェイン出撃させて対決させたげればよかったなあ(枠が足らなかった)。
 対策として、こちらはキングゲイナーをぶつけた。カミナのサングラスで気力も溜まってるし、技量を養成した結果スザクだろうが容赦なく再攻撃発動する外道っぷりである。フリーズバレットで運動性を下げてやった後、他の連中が消費を抑えつつどついて撃破した。

 同じく、前半の中ボス面子で厄介だったのがゼクスで、こちらは対策としてキングゲイナーを(ry

 というか、結果的に見れば素直に精神コマンド使えばよかったんだけどね。アレハレの隠し条件読んだ時に、連続ステージなのが分かってたから、消費も持ちこされると勘違いしちゃってたんだ。

 そんなわけで、ピーリスちゃんとのイベントを起こしてアレルヤはアレハレ愉快に。アレハレトランザムのアニメは非常に格好良いのに、このステージ限定だというのが残念だ。

 その後、SRポイントも獲得して、中盤ステージ。なんとか戦える程度のレベルしかない、マイスター勢が多数の敵に、多数の敵に、そう! 多数の敵に囲まれてしまう。

 うわー! どうしよう! こいつあ、今までにない、

              ピンチダナー!
        n:       ___      n:
        ||    / __ \    .|| 
        ||    | |(゚)  (゚)| |    ||
       f「| |^ト    ヽ  ̄ ̄ ̄ /   「| |^|`|
       |: ::  ! }      ̄□ ̄     | !  : ::}
       ヽ  ,イ  / ̄ ̄ハ ̄ ̄\  ヽ  ,イ



 GNアームズは初めて使ったけど、なかなかの範囲と威力だ。ウィンキー時代のZZを思い出すね。

 応援祝福でごっつあんさせて頂いた結果、刹那はスタメン連中と同程度にまでレベルアップ。GNアームズ後の連続行動でヒロシを削り、最終的にはロックオンがトドメを刺してやった。

 そして、〆に出てきた大使さんは……うん……さすがの弱さだ……。螺旋王やズール皇帝をもう少し見習って頂きたい。

 だが、彼にもひとつだけ螺旋王達を上回っている点がある!

 それは資金と金塊である。ごっそさんでした~。

 ラストの一騎打ちは、ひらめきを使って難なく勝利。何となく、第2次Gのファーストステージを思い出した。ウッソとクロノクルが一騎打ちするアレ。途中でバルカン挟むと撃墜できるんだよな。

 大量の資金が入ったインターミッションでは、まずスコープドッグの武器と運動性をフル改造し、ゴッドマーズの武器もフル改造する。
 更に、エンペランザとガウェインとザブングルの運動性もフル改造。ガウェインはENも8段階まで改造しておく。
 最後に、ドミネーターの運動性とENをフル改造し、照準値も少しいじる。

 パイロット養成では、ロシウがSPアップ+1レベル(合計8)、赤木さんが底力+2レベル(合計8)、隼人がSPアップ+1レベル(合計7)、ガロードが見切りを気力+(命中)に上書き習得、タケルが底力+1レベル(合計9でカンスト)、甲児が底力+1レベル(合計9でカンスト)、勝平が底力+1レベル(合計8)、シモンと竜馬が格闘へ、ゲイナーが技量へ全振り。

 入手した強化パーツは、ハロをスコープドッグへ、補助ISCをザブングルへ、ガンダニュウムアーマーとユグドラシルドライブをダイターンへ、脊髄反射コネクタをゴッドマーズへ。
 最後に、ガウェインがエクシアに貸してた勇者の印を返してもらった。


 第49話 『虹』

アサキム「揺れる天秤は力の代償として、どんどん借金が膨れ上がる」
クロウ「なん……だと……?」

 エウレカセブン回に見せかけた実質オリジナル回。

 いやー、しかし、シュバルさんの演技迫真すぎるでしょうw
 でも、おかげで地の底まで落ちていた好感度も急上昇です。わざわざ、本気で戦ったら見る機会無さそうなガイオウさんのトドメ演出を見せてくれるのも良し! せめて、10ダメージでもいいからガイオウさんに傷をつけて欲しかったなあ。
 それにしても、熱演すぎて最初は「何トチ狂ったこと言い出してんだこいつ」とか思っちゃったw

 トチ狂っているといえば何といってもハムさんで、今作中屈指の空気の読めなさでした。本当、何しに来られたんですか? あなた。いや、別に来てもいいけど、タイミングってものを考えようよ。

 もちろん、隠し条件を満たしているのでホランドのスーパーパックと、マルグリットちゃんも問題なく加入しました。

 攻略では、とりあえず加速を使って最速でニルヴァーシュが目的地を目指す。育ててはいないけど、空適応Sなのでまあどうにかなるレベル。連続行動を駆使して、ガロードとキリコも随伴してるし。

 と、思いきやホランドとハムさんがやって来たので、とりあえず返り討ち。特にハムさんは射程が短いので、ヒット&アウェイ持ちが移動のついでに削った後、ゲッタービームであっさり倒せてしまった。なんも精神コマンド使ってないのに、なんか2万とかダメージ出たぞ。

 その後に現れるアークセイバーは、資金が勿体無いのでマルグリットちゃんを撃墜してからシュバルのお相手。近くにグレンラガンとゲッターがいたので、あっという間にやっつけることが出来た。

 その際、せっかくだからトドメはマルグリットちゃんに任せた(オッパイブルームで2千くらいしかダメージでなくてビックリした)んだけど、何気に凝った専用台詞が流れますね。見てない人には是非、確かめて頂きたい。

 そんなわけで、マルグリットちゃん行動済みの状態でアイムのところまで移動しちゃったので、割と焦りました。アイムがクロウを狙う思考パターンでなければ、行動不能攻撃を当てられてタコ殴りになってたかもしれない。どっちにしろ、そちら側にはゲイナーとキリコが向かっていたので大丈夫だったとは思うけど。

 アイムに関しては、SPがまだまだ余っていたので、ありったけの脱力をかけた後、分析無敵コンビネーションで裸同然にしてやり、トドメはマルグリットちゃんから祝福をもらったクロウで刺してやった。

 しっかし、アイムは何か色々企んでたようだけど、結局何がやりたかったんだろうね? 本当は何か作戦があったけど、スフィアに取り込まれて理性を半分消失しちゃってたのかな。分からん。

 汚いマサキさんの汚いディスカッタートドメ演出は、相変わらず「よいしょ」と斬った敵を押してやるシーンがシュールでした。

 最後のSRポイントは無事獲得。結局、ノーマルのままだったが、まあいいか。

 これが最後のインターミッションでは、全財産をつぎ込んでパールネイルの武器と運動性とENをフル改造した。
 もっと他に改造すべき機体もいるような気がするが、関係ない。オッパイは偉大なのである。

 パイロット養成では、マルグリットちゃんの陸適応をSにし、SPアップを+2レベル。
 武蔵に連続行動を、キリコに援護攻撃+1レベル(合計2)、シンシアにEセーブを、ロシウにSPアップ+1レベル(合計9でカンスト)、ヨーコに精神耐性を、エルチに精神耐性を、ジロンに精神耐性を、ダヤッカに闘争心を、万丈さんの底力+1レベル(合計8)を養成。
 また、端数のPPはそれぞれ能力値上昇に振り分けた。

 入手した鋼の魂は、ブラスタへ。DMアダプターSはパールネイルへ、ハイバーニアユニットはパンサーへ。
 また、ブラスタが付けていたシェリルのディスクは、パールネイルへ譲り渡した。


 最終話 『破界の世紀』

ガイオウ「本当に申し訳ないことをしてしまったと思っている……!」

 てっきり、玉座に乗ってるアレが真形態として戦いを挑んでくると思って節約攻撃をかましていたら、なんか普通に倒しちゃったでござるの巻。そのため、やたらSPやEN弾薬を残してしまい、フィニッシュブローもウォーカーギャリアが援護で撃ったバズーカという何とも白けた終わり方になってしまった。つーか、爆発描写から考えてこの人再世篇で再出演する気満々だなw

 そして、シオニーちゃんは特に救済されることもなく死んでしまわれた……。顔芸は面白かったんだけどなあ。間違いなく、今作で一番のババを引かされた人だと思う。彼女に比べたら、クロウの貧乏クジなど軽い軽い。

 あと、カルロスさんにかけたギアスが重大な局面で役立つだろうという推測が当たったのは嬉しいんだけど、そんな皆のどまん前で白状させんなよなwww

 攻略ですが、SRポイントの制約もないことだし、久しぶりに僕の大好きな待ち伏せ援護攻撃作戦を敢行する。
 前述の通り、精神コマンドを温存していたので、スーパーロボット系は馬鹿にならないダメージを受けてたんだけど、このステージは出撃枠が余りまくったため、アフロダイやメタスなどまったく育てていない修理ユニットを出していたので、いいレベリングになった。レベル30くらいから、一気に50前後まで上昇する辺り、やはり修理補給の経験値効率は素晴らしい。スメラギさんとか、常にトップクラスのレベルを維持してたもんな。

 リヴァイダモンとシオニーちゃんに関しては、マップ兵器の範囲に入らないよう注意した上で、分析やルストハリケーンで防御力を低下させ、低燃費の武器で撃破。

 ガイオウ様に関しては、脱力で徹底的に気力を低下させた後に分析をかけ、あとは熱血魂などを多少節約気味に使いつつ撃破。クリア後に調べて分かったんだけど、クロウの選択肢で強さ変わったんだね。平和と自由のためではなく、本気で戦いそのものを求めてあげればよかった。


 エンディングと次回予告

 グレンラガンのように第2部とか3部突入で時間経過が合わない作品もあるし、何やら色々と破滅的な予告も流れてるしで、これはあれか、Dでやった(敵も含む)全勢力総ポルナレフ状態をまたやるつもりなのか……! 被ってる作品多いしな!

 しかし、他の連中は基本的に原作再現だからともかく、00の予告はちょっとどうなんだろうか。今更、ジンクスに囲まれて乙るって流石にちょっとなあ。そんな無理してクリスとか死なさんでも、オリジナル展開で後方要員やってますとかでいいと思うし。

 そして、何より気になるのは敵に回るっぽいインサラウムの残党っぽい人々ですね。シュバルさんが何であんなことしてたかって件もあるし、なんかガイオウ様ってロージェノムさんやゼウスさんと同じ陣営に所属してた守護者側の人っぽいし、ひょっとして、マルグリットちゃんが関知してなかっただけで、聖王国どころかとんでもないハイパー邪教国家だったりするんじゃないだろうか。

 あと、汚いアムロさんがエルガン代表に薬盛って正体を失わせてましたけど、あからさまにジェミニっぽいこの人にそんなことしたら、抑圧されてた方の人格がギャラクシアンエクスプロージョンとか打ってきまっせー。

 最後に、クロウに関してですが、うん……いいオチの付け方だったw それはさて置き、VXは外しといた方がいいと思うな。ひょっとしたら、再世篇冒頭で外してるかもしれないけど。


 そんなこんなで、とても楽しめる作品でした。総合的な感想は、また後日に書こうと思います。

 そして、これでようやく見れる! アミノさんの動画だ! ひゃっはああああああ!! (イイ笑顔)



[PR]
by ejison2005 | 2012-03-23 02:10 | ゲーム | Comments(4)
週刊少年ジャンプ 12年 16号 感想

 ワンピース

 うおっ、トラファルガーさんえらい強そうだな! 正直、ルーキー勢の中では世渡りとかが突出して上手くて、それを最大限に発揮して七武海入りしたのかと思ってたけど、全然そんなことなかったですわ。普通に超強そうですわ。

 そして、そんな彼とスモーカーさんとの一騎打ちはかなりワクワクさせられるシチュエーションですね。いかんせん、水入りで終わりそうな要素(麦わらとか麦わらとか麦わら)がそこら辺を闊歩しているのが難点ですが、NPC同士の戦いは勝ち負けが読めなくて勝敗自体にまで興味が向きます。

 しっかし、トラファルガーさんは大出世したというのに、早くも苦労人オーラが半端ないことになってるな。今回の件も、ナミ達が介入せず、首尾よく交渉をまとめられれば、ひとまず難を逃れられたわけだし。

 そんな感じで七武海の医者が目立っている一方、故郷と似たような環境、病気がフィーチャーされているシチュエーションと、活躍する要素が目白押しなのに、たぬき扱いしかされてない我らが麦わら海賊団お抱え船医がいたという……。


 バクマン。

 それにしても、凄まじい声優ディスりっぷりである。

 いやまあ、僕も声優さんの実態なんかまったく知らないわけですから、これを指してリアリティがどうのと言うつもりはないんだけど、別に彼女達を嫌な奴らとして描写する意味は何も無いわけで、何故こんな無意味に他業界へ噛みつくようなことをするのだろう。普通に仕事で来ていて、頑張って演じまーすじゃいかんかったのでしょうか。

 まあ、それをいったら、こんな面倒くさいゴタゴタの渦中へ「注目作だ!」「必ず取れよ」とノリノリで参加してる時点でファンタジーなのですが。

 あと、「飽きちゃうような演技じゃ駄目ってことかしら」と何やら判定基準らしきものを提示してきましたが、その判定人たりうるのが亜豆の演技時は無条件で食い入るように見るであろう、シュージン夫人だというのは何かのギャグなのでしょうか。

 そして、心底どうでもいいことですが、タラちゃんすげえ可愛いですね。小畑先生の女性キャラで可愛いと思ったのは、実に何年ぶりであろうか。


 パジャマ

 うん、主人公はクズ化してないと思う。もうちょっと、無理の無い誤魔化し方はないものかとは思うけど。ひょっとして、胸を揉むことで相手を惚れさせる操作系念能力者なんじゃないかとは思うけど。

 しかし、その煽りを受けて、アイドル先輩が初登場時に続き、勝手に厄介事へ巻きこんでは(一応)解決してくれた主人公をなじり、謝罪を要求するという、何だか人工衛星とか好きそうな性格として描写されたのでありました。おいおい。

 ところで、僕の気のせいでなければ、この主人公は一切「フツーに」接してなどいない気がするんだぜ。むしろ、有名人だからと全力で特別扱いした結果、この状態に至ってる気がしてならないのですが。どちらかといえば、君が軽く忘れかけているのは、これまでの先輩に関するイベントの方ではないかと。
 もしかして、パイタッチのことを指しているのかな?
「人を特別扱いしない(でパイタッチする)所っ、それがさっ、君のいい所だよっ」
 みたいな。
 いまいちキャラ立ちしない主人公も、それならバッチリ個性を確立できますね!


 ハイキュー

 ん~、そりゃ、今は敵対する相手なんだけど、この試合が終わったらつーか、現在進行形でチームメイトである新キャラをこんな嫌な奴として描写しちゃって大丈夫なんでしょうか。タイトル忘れちゃったけど、ちょっと前の打ち切り漫画がそれやって突き抜けた気がするんですけど。

 まあ、今のところは影山君に非があるところをなじってるだけだし、漫画キャラの見所ってのは、こっからの変節にあるわけではありますが。上手くやって欲しいものです。

 ところで、僕が一番キャラの変節が上手いと思ってるのは武論尊先生で、あんだけ悪辣なことやらかしてる連中を、勝負がつく間際とかになるや否や一転させ、何だかイイ人だったかのように散らせたりする手腕は凄まじいものがあると思う。もちろん、原哲夫先生の画力あってこその話ではありますが。

 同時に、クズらしいクズを描くのが上手いのも武論尊先生だと思ってる。要は、悪役の使い方が上手いってことなんでしょうなー。

 こう、譲れない誇りや矜持を持たせておくのがポイントなのでしょうか。三条先生も、悪役を変節させる時はよく武人の誇りを強調するし。


 黒子のバスケ

 ナチュラルにゴールの交換を開始し、滞りなく試合再開する流れが非常に面白かったです。テニプリの審判もかくやという鮮やかさだ。

 ……と思いつつぐぐったら、現実でもやってる選手いた。人類すごすぎワロス。

 これをやったシャキール選手というのも、wikiによれば巨大な体躯で有名な選手だったようですし、プレイスタイルの項にも類似点が多々あるので、紫原君の元ネタはこの人なのかな。つーか、僕が無知なだけで、ひょっとして他の登場人物も結構、元ネタとかあったりするの? 教えて! エロイ人!

 ちなみに、同プレイスタイルの項によると、

 フリースロー成功率は毎年50%前後で、フリースロー専門のコーチがついてもさほど改善されなかった(フィールドゴール成功率のほうがフリースロー成功率より高いが、これは通常では考えられない)。そのため、相手チームがわざとオニールにファウルをしてフリースローを打たせるハック・ア・シャックと呼ばれる作戦が展開されるようになった。

 オニールの手の大きさに対して、ボールのサイズが小さすぎるためにコントロールしづらいということも、フリースロー失敗の大きな要因となっている。


 とのことなので、そこら辺が紫原君攻略の鍵になるのかもしれませんね。


 ニセコイ

 新ヒロイン関連の話は、すこぶるどうでもいーなーと思っているのですが、その原因を分析してみると、

 1 鍵にまつわる逸話が無い
 2 ヤクザ関連なら眼鏡の人を教員にでもすればいい

 ということで、この作品を形作る二本の柱である、恋愛とヤクザのどちらにおいても、存在が軽いからかなーと思いました。

 眼鏡の人と完全に役割が食い合ってる件に関しては、おそらく、眼鏡の人による武力介入があまりに不評だったことによる意図的なものだと思うんですけど、だったらだったで、主人公ではなく眼鏡の人の方に惚れさせておいたりしてもいいのにね(何やら回想でフラグ立ってたし)。恋愛とヤクザ、両方にまたがらせちゃってるから、中途半端なことになってるんだろうし。


 マジコ

 ほう……永遠の愛を『カタチ』にして皆様にお披露目……ほう……。




 ハンター

     / ̄⌒⌒ヽ
      | / ̄ ̄ ̄ヽ
      | |   /  \|
    .| |    ´ ` |
     (6    つ /   ちくしょう・・・
    .|   / /⌒⌒ヽ
      |    \  ̄ ノ
     |     / ̄

  __,冖__ ,、  __冖__   / //      ,. - ―- 、
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ /   _/        ヽ
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    / /      ,.フ^''''ー- j
  __,冖__ ,、   ,へ    /  ,ィ     /      \
 `,-. -、'ヽ'   く <´   7_//     /     _/^  、`、
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     /       /   /  _ 、,.;j ヽ|
   n     「 |      /.      |     -'''" =-{_ヽ{
   ll     || .,ヘ   /   ,-、  |   ,r' / ̄''''‐-..,フ!
   ll     ヽ二ノ__  {  / ハ `l/   i' i    _   `ヽ
   l|         _| ゙っ  ̄フ.rソ     i' l  r' ,..二''ァ ,ノ
   |l        (,・_,゙>  / { ' ノ     l  /''"´ 〈/ /
   ll     __,冖__ ,、  >  >-'     ;: |  !    i {
   l|     `,-. -、'ヽ'  \ l   l     ;. l |     | !
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ   トー-.   !.    ; |. | ,. -、,...、| :l
   ll     __,冖__ ,、 |\/    l    ; l i   i  | l
   ll     `,-. -、'ヽ' iヾ  l     l   ;: l |  { j {
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ  {   |.      ゝ  ;:i' `''''ー‐-' }
. n. n. n        l  |   ::.   \ ヽ、__     ノ
  |!  |!  |!         l  |    ::.     `ー-`ニ''ブ
  o  o  o      ,へ l      :.         |
           /   ヽ      :

 ま た 休 載 か よ !

 次は何年後になるのかなあ……。

 本編ですが、いかんせん、会長自身の露出が序盤のハンター試験時と蟻編での決戦くらいしかないため、十二支んの皆さんほど感情を動かされないのがつらかったなーと思いました。過去に、同じようにネテロ会長が演説するイベントとかがあればまた違ったんでしょうけども。全体的に、会長そっくりのキャラが出てきたというより、会長そっくりという方向性でキャラ立てするために、一生懸命十二支んの皆さんがリアクションしてた感がある。

 しかし、ビヨンドさんを有能にも無能にも、ジンに調査の協力させることも妨害させることも可能なこの引きは、非常に次回が気になりますねってだから休載だよ、うぼぁー。

 それにしても、いきなり暗黒大陸を話の本筋に絡めてくるとは全然思いませんでしたね。てっきり、連載終了時のエピローグとかで目指すような代物かと思ってた。本当、予想をはるかにぶっちぎってくるよな。

 一応、今後の展開を予想してみると、ビヨンドさんは強いし有能だけど会長の息子じゃない、というオチなんじゃないかな。会長にそっくり過ぎるくらいそっくりってのが、そもそも演技してますというフラグに思えてならないし。単にメンバー集めのために利用してるだけなんじゃないかと。
 とはいえ、適当に会長の息子を名乗ってたというだけじゃあんまりなので、おそらく、集めたメンバーの中の誰かが真会長の息子なんじゃないですかね。具体的にいうとパリストンさんとかパリストンさんとかパリストンさんとか。


 スーパーヒーロータイム

 フォーゼ #27

 流星さん間抜けすぎワロタw
 いやまあ、バレない方が不思議な状態ではありましたが、油断してその場で変身解除ってあなたw

 ただ、逆にいうとメテオはやられて変身解除するほど弱くはないと、制作者側が認識してるってことでもあるんですかね。僕のイメージ的にも、カニさんのハサミ攻撃だけでメテオを倒せるとは思えないしな。双方、有効打を与えられずに千日手となりそう。

 そんな風にメテオ話を進行させる一方で、弦ちゃんの方も重要な伏線が張られましたね。

 特に気になるのが、「友達がお前を『救ってくれる』」という部分で、救うって何? という。
 序盤の感想で、弦ちゃんの友達作りはどこか強迫観念じみたものがあるという意味合いのことを書いたと思うんだけど、やっぱり、相当にネガティブなところから始まってそうなことではありますね。

 んで、弦ちゃんの両親は間違いなく生きてるんでしょうねw あからさまにホロスコープスとして登場するか、タチバナさんがそうなのかというフラグだw

 殺陣としては、久しぶりの本格的な学校内での戦闘が楽しかったですね。先週のゴーバスターズでも書いたけど、ロケ地を変えるだけで随分と新鮮な印象になる。
 惜しむらくは、廊下とか階段しか戦闘で使えてないということかなあ。教室とか特殊教室とかでも戦って欲しいけど、許可が降りないのだろうか。


 ゴーバスターズ #04

 ヒロムが説教される話なのかと思いきや、ヒロムの方がより深い段階で当時の状況を考察しており、だからこそ希望を抱いていたというオチでした。ここまでずっと、「若さゆえの危うさがあるように見えて実は危うくない」という路線できたわけですし、徹底してこの路線でいくんですかね。
 こう、殿とかチーフからどっしりしたところを除いたような性格付けであるわけで、これは新しい戦隊レッド像だと思う。

 で、そこはいいんですけど、やっぱり今回のお話ってこちらの負けだよなあ。一本取ってやったぜ的な雰囲気を何となく生み出してたけど、基本的にはエネトロン取られちゃいかんわけですし。そこら辺でちょっともにょった。

 今回のエネトロン強奪を受けて、一般市民がどう反応するかとか、来週で触れてくれたらいいなあとちょっと思います。そもそも、血税で運営されてんのかとか、一般的にゴーバスターズはどのような認識と扱いを受けてるのかとかは、今のところ謎なわけですし。

 しっかし、ちょっと距離離れただけで別の行政区って、無駄にリアルな話を持ちだしてきたなw

 殺陣の方ですが、今回はロボのやられ描写が際立ってましたね。コクピット半壊して光が差すとか、ロボットファン垂涎ものですよ。それだけに、エネルギーカットしたはずの左腕が思いっきり動いちゃってるのは頂けなかったなあ。そこを徹底してくれれば、パーフェクトだったのに。


 スマイルプリキュア #07

 変身時の名乗りといい、今回の秘密基地といい、スマイルは徹底して手作りしていくチームなんだなw そしてメンバー全員が徹底してボケるという恐怖……!

 で、そのボケ方を通じて、各々のキャラを立てていて、「ひとつの物事に対する反応の違いでキャラ立てを行う」という基本を守っているのが好印象です。ここで全員が冷めた反応を見せちゃったりすると、ダンクーガがノヴァったりする結果となる。

 それにしても、秘密基地選びでは個人的にれいかちゃんの株がかなり上がりましたね。我が郷土、静岡県富士市がその名を頂きし霊峰富士を選ぶとは、さすが生徒会副会長の秘密基地選択スキルはA+といったところだな。素晴らしいぞすんばらしい!

[PR]
by ejison2005 | 2012-03-20 06:17 | ジャンプ感想 | Comments(19)
第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇 プレイ記 9

第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇(通常版)

バンダイナムコゲームス


 飽きるか面倒になったら何の音沙汰もなくやめるプレイ記。チーム名は「仮面ライダー部」。


 第43話 『王都テッペリンへ』

 劇場版グレンラガン再現ステージ。ガイオウ様は、勝手に入ってきたことを非礼に思ったりと、なんか段々と人間性取り戻してる気がする。

 攻略の方ですが、どうせもうハードに移行できる望みはないしSRポイントは捨て、グレンラガンとダイ・ガードを突っ込ませて撃墜数稼ぎを行う。残りの面々は後方に待機しつつ、両サイドから寄ってきた連中の処理。
 さすがはフル改造済みの両者というべきか、圧倒的なパワーで敵を次々と撃墜していく。

 シトマンドラを2回撃墜して出て来る増援も、同じ要領で対処。この段階までくるとダイ・ガードも気力が貯まってノット兵器が使用可能になっているので、射程の穴も無くなる。グレンラガンの方はどうしょうもないから、自分で突っ込む。
 また、この時雑魚敵が密集してきたので、久しぶりにトロイデルバーストも使ってみた。戦艦に使った方が美味しいから、祝福はかけなかったけど応援で美味しく経験値を稼いでおく。

 そいつらを片付け、予想通り最後に出てきたドテンカイザンと、これは予想してなかったセイルーン&ゲンバーに関しては、温存していたSPで熱血を使用し、一気に仕留めた。

 で、このステージの何が嬉しいかって、資金の多いネームドユニットが多数出現することですね。
 こういう時のため、武蔵にSPアップをつけたり、普段からエルチを起用したりしてきているわけで、逃さず幸運を付けて撃墜してやった。

 そして、今回の戦闘で、シモンの撃墜数は68に、赤木さんの撃墜数は67に達する。次ステージでエースボーナスが解禁されるはずだ。

 また、ゲインとジロンがエースボーナスを達成した。これ、ゲインはすげえ有用だけど、ジロンのはちょっとネタ系だなあ。

 パイロット養成では、クロウが待望の連続行動を習得……長かった。ここまで実に長かったが、これで連続行動を利用しての最前線援護攻撃という鬼畜コンボが発動できる。
 その他には、シモンがEセーブを、ロシウがSPアップ+1レベル(合計6)、ゲイナーがEセーブを習得。

 入手した高性能レーダーはグレンラガンに、バーニアユニットはザンボット3に、EカーボンアーマーはヨーコMタンクに装備した。付け替えで余ったパーツは適当に倉庫番チームへ。

 資金は全額マジンガーへぶち込み、運動性と照準値以外は最大改造へ。次でフル改造できるはず。


 第44話 『怒りの螺旋王』

 何やら、ロージェノムさんはゲッター線やゼウス関連についても博識な設定になってしまったのだけど、これ、再世篇ではどうするんだろう。そうとう後半になってから復活させるか、もしくは、記憶に欠落でも発生させるのでしょうか。まさか、アンチスパイラル襲来しないとかはないよなw

 あと、ロージェノムさんとの決着はスチルで生身の戦いを再現して欲しかったなあ。スパロボだと、伝わりにくいか。

 攻略ですが、前回のステージで主要キャラの撃墜数稼ぎは完了しているので、遠慮なく全員で突撃を敢行する。その際、射程が長く移動してこない可能性のある両脇の砲撃ガンメンが厄介だったので、ゲイナー&シンシアの連続行動&再攻撃持ちをそれぞれ派遣。端っこから進軍させた。

 そして、原作でも片手であしらわれる扱いの悪さが光ったエンキドゥドゥと、おまけのブラッカリイを撃墜し、ロージェノムさんとの激突。いやー、これが強かった。
 マップ兵器はともかく、2回行動してくるとは思わなかったもんなあ。彼の攻撃で、キリコとゲインが撃墜されてしまった(自軍初撃墜)。というか、なんか普通に手近なユニットを狙ってくるんだけど、あんたはシモン狙わないと駄目だろw

 装甲低下は効かないので、分析をかけた後は熱血や魂などで速やかに攻撃。戦闘時、マジンガーに対して特殊台詞があったのでびびった(戦闘前会話ではなく戦闘アニメ時)。どうも、Z世界ではロージェノムさんとゼウスって、一緒に戦った仲という設定みたいだね。やっぱり、ドクターヘルが恐れてた相手はアンチスパイラルってことでまとめられそうです。
 ひとしきり戦闘前会話を楽しんだ後は、祝福応援勇気のギガドリルブレイクスペシャルで撃墜。SRポイントも無事獲得した。もちろん、他のボス格も幸運を絡めて倒してます。

 そして、この戦いで、シモン、ゲイナー、赤木さんがエースボーナスを達成。また、甲児の撃墜数も68に達したので、次でエースボーナスを取得できるはず。
 更に、合流時の水増し撃墜数でロックオンもエースボーナスを取得。これで、隠しパーツのハロが入手できる。

 インターミッションでは、今後の宇宙マップに備え、まずは強化パーツの付け替えを行う。それによって、若干戦力が落ちたり、補給用のパーツを外して継戦能力が下がったりなどの弊害が発生するが、背に腹は代えられない。ここまで来たら一蓮托生、地上チームで突き進むのみである。

 パイロット養成では、まずキリコが連続行動を習得。以前、援護攻撃と連携攻撃を習得してあるので、彼もクロウと同様、連続行動を利用しての最前線援護コンボが発動可能となった。とはいえ、援護攻撃は1レベルだし、サイズ差補正無視を取ってないのだけど。まあ、精密攻撃で補えばいい。

 他には、ロランが陸適応S、アレルヤが見切り、オズマが援護攻撃と闘争心、クランがダッシュ、ジロンがBセーブ、ダヤッカが宇宙適応A、ルカがヒット&アウェイ、ロックオンが連携攻撃、万丈さんがEセーブ、シモンが底力+2レベル(合計8)、アルトがBセーブ、武蔵がSPアップ+1レベル(合計9でカンスト)、エルチがガード、ロシウがSPアップ+1レベル(合計7)、勝平がガード、竜馬が底力+1レベル(合計9でカンスト)、サラがパーツ供給、隼人がSPアップ+1レベル(合計5)、甲児が底力+1レベル(合計8)、タケルが底力+1レベル(合計8)を、それぞれ養成した。

 多すぎて何が何やら状態だけど、強制出撃に備えて放置プレイしてた連中もまとめてスキル習得したから仕方が無い。
 特筆すべきは、武蔵のSPアップカンストと、シモン、竜馬、甲児、タケルの高レベル底力(のきなみ精神耐性養成済み)、サラのパーツ供給、エルチのガードでしょうか。
 サラのパーツ供給は、パンサーのスロット数を活かすため。エルチのガードは、幸運持ちだけど集中しか防御系精神コマンドを持たない、彼女の弱点を補うためです。
 え、ロックオンに連携攻撃いらないだろうって? そうです、エースボーナス確認せずに養成し、セーブしちゃいました……。まあ、もう彼に出番はないのだけど。

 改造は、まずマジンガーをフル改造し、返す刀でゲッターの武器と装甲をマックスまで強化する。これで次は、ゲッターをフル改造できるはずだ。
 マジンガーのボーナスを選ぶついでに、今回Sアダプターを入手したおかげでフル改造ボーナスを地形適応へ回さずに済んだ、ウォーカーギャリアのボーナスも選択しておく。
 選んだボーナスは、両方とも射程+1。これで、敵陣へ乗り込んでの反撃無双がやりやすくなった。ところで、ルストハリケーンって今回何もせずとも宇宙で使えるのなw


 第45話 『リトル・クイーン』

 マクロスFステージ……なんだけど、どうせ再現するなら劇場版1作目のライブステージ防衛戦にして欲しかったなあ。しかも、なんか大した意味もなく敵中で歌い続けるという謎シナリオになってるし。いや、意味はあるんだけど、この時点の彼女達はそれに気づいてないんだから、何かこう、歌おうとするきっかけが欲しい。

 マップ攻略ですが、左側の相手はともかく、右側の連中はこちらから出向かないとSRポイントに間に合わないので、ゲッター、グレンラガン、ゴッドマーズの精鋭チームで突撃。したい放題やりたい放題の無双プレイで蹂躙する。敵には行動不能攻撃持ちもいるけど、そういう相手に備えて精神耐性を養成してきてあるしナー。

 一方、左側の相手に対してはマジンガーとキングゲイナーを先頭とした主力チームで攻撃。キングゲイナーはEセーブをつけると、オーバースキルレベルの関わる武器が連発できるので、ぐっと使いやすくなるね。再攻撃込みで、スーパーロボット並みかそれ以上の破壊力を発揮できる。

 ついでに、余った出撃枠でダブルダンクーガを出しておいたので、戦闘アニメも堪能しておく。オッパイ彈劾剣ありがたや~。本当、キャラデザとかは好きなんだけどね。どうしてあんなアニメになった。
 つっても、シナリオというか、ドラゴンズハイヴの行動目的と実行方法については筋が通っているので、クソアニメという程ではない。クソアニメってのは、あまりに筋が通っていなさすぎたりして、視聴していて苦痛な作品のことだ。

 閑話休題してしまったが、戦艦クラス以上には幸運を絡めて無事全滅させる。ボスのビショップ級は、何故か待ってあげたのにマップ兵器を使って来なかったので、普通に撃墜してやった。前ステージのロージェノムさんを見習って頂きたい。SRポイントも獲得。

 そういえば、今回は初の宇宙ステージなわけですが、戦闘アニメの細かいところが地上と違ってて面白いですね。ひょっとしたら空を飛んでる時と同じかもしれないけど、地上だとENもったいなくて降ろして使ってたからそこは分からん。

 パイロット養成では、スメラギさんがダッシュを、ワッ太が援護防御+1レベル(合計2)、竜馬が格闘全振り、ゲイナーが技量全振り、クロウが回避全振り。
 更に、赤木さんが精神耐性を戦意高揚に上書き習得した。

 改造は、まずゲッターをフル改造し、ボーナスは射程+1を選択。これで、やりたい放題っぷりに拍車がかかる。
 余った資金はキングゲイナーに全額注ぎ込んだ。

 入手したまぐろマンはトレミーに、ランカのディスクは何となくダンクーガノヴァに装備。


 第46話 『邪悪の化身』

ズール皇帝「クソッ! 地球のリア充共め! クソッ! クソッ!」

 そんなわけで、ゴッドマーズ回。どいつもこいつもイチャイチャしやがって、クソがっ!

 攻略ですが、まずはSRポイント獲得のため、左側からはゲッター、グレンラガン、ブラスタ、ダイ・ガードを。右側には、キングゲイナーとウォーカーギャリアの富野コンビを派遣して敵陣をこじ開ける。連続行動できる奴らは移動力の限り奥側へ突っ込ませ、とにかく反撃で敵を削る作戦。

 いや、しかし、前ステージもそうでしたが鍛え上げたお気に入り作品のロボットで無双する時が、スパロボの一番楽しい時間ですね。これといったダメージを受けることもなく、SRポイント獲得に成功した。

 謎空間に移行してからは、まず燃費の良い攻撃を駆使して取り巻きを全滅させ、偽ズール2体のHPを調整して同ターンに連続行動持ちで撃墜する。これで、全ユニットが未行動状態で真ズールを迎えられた。

 そして、現れた真ズールは2回行動やら極やら超能力レベル9やらマップ兵器やらを備え、能力低下攻撃が通用しない恐るべき強敵だった。
 とはいえ、それも気力さえあればの話である。

 そう、このステージは出撃枠が余ったので、祝福持ちを出撃させて資金稼ぎに貢献させていたのだ。初出撃だよ! やったね! ガウェイン!
 それがどっこい、低かったレベルを上昇させるために適当な雑魚を応援付きで撃墜したらCCが脱力を習得してくれたのである。
 というわけで、シャトル、ダイグレン、ガウェインの脱力トリオで徹底的に骨抜きにしたあと、分析付き連続必殺武器で何もできないままズール皇帝は打倒されたのであった。

 えーと……サブタイトル何でしたっけ? 邪悪の化身()。

 それにしても、宇宙に散らばらせた細胞で復活するって、何だかウルトラマングレートのゴーデスみたいな話ですね。再世篇でまた出て来るんだろうか。何やら、ゴッドマーズって放送延長でたくさんエピソードあるらしいし、多分、原作的には半分くらいが終わったとこなのだと思う。

 パイロット養成では、ジェフリーがダッシュを、ゲインが見切りを、隼人がSPアップ+1レベル(合計6)、シモンが底力+1レベル(合計9でカンスト)、竜馬が格闘全振り、ゲイナーが技量全振り、クロウが回避全振り。

 ユニット改造は、まずキングゲイナーをフル改造。ボーナスは射程+1を選択。
 これで、フル改造予定ユニットは全て達成させたので、余ったお金は各ユニットの弱点を埋めるために使う。
 具体的にいうと、エンペランザ、ドミネーター、ダイグレンのENを改造し、ザブングルの武器と運動性とHPを少し強化。
 更に、トライダーとザンボットの武器を5段階まで改造し、ガウェインの運動性と照準値とENを改造。
 〆に、残ったお金でゴッドマーズの装甲を改造した。

 入手した勇者の印は、どう考えても強制出撃の流れなのでエクシアに貸してやる。貸してやるだけ。00ステージ終わったら返してね。ガウェイン(脱力要員)に付けるから。


 第47話 『迎えられる勝者』

f0029827_459214.jpg

 はえーよwww

 う~ん。このステージの存在意義は何だったのだろうか。ここでお金稼いでねってこと??

 とにかく、南側はグレンラガンとウォーカーギャリアを、北側はゲッターとキングゲイナーをそれぞれ中核とした2部隊に分け、何とか3ターン以内に敵を全滅してSRポイント獲得。絶対に後半戦が控えてると思ったので、精神コマンドを一切使わずに終わらせちゃった。実にもったいない。かといって、やり直すのは面倒くさいからやらないけど。

 パイロット養成では、柿小路さんがパーツ供給を習得。

 ユニット改造では、手つかずだったシャトルの装甲とHPを5段階改造。余ったお金でDXの運動性をフル改造し、ゴッドマーズの装甲をフル改造しておく。


 今後の方針

 次回でこのプレイ記も最終回ですので、パイロットのスキルなどを紹介。☆はエースボーナス所持者。


 クロウ ☆
 援護攻撃L2 連携攻撃 強運 H&A Bセーブ 連続行動

 竜馬 ☆
 底力L9 気力限界突破 気力+(撃破) 連続行動 精神耐性 闘争心 空S

 隼人
 底力L3 見切り カウンターL6 連続行動 ダッシュ SPアップL6

 武蔵
 底力L8 気力+(ダメージ) 援護防御L1 SPアップL9

 タケル ☆
 超A級超能力 底力L8 精神耐性 闘争心 気力+(撃破) ダッシュ

 シモン ☆
 螺旋力L5 底力L9 気力限界突破 連続行動 精神耐性 Eセーブ

 ロシウ
 螺旋力L3 底力L4 援護防御L3 精神耐性 SPアップL7 ダッシュ

 キリコ ☆
 異能生存体 精密攻撃 底力L9 援護攻撃L1 連携攻撃 連続行動

 ゲイナー ☆
 オーバーセンスL6 ゲームチャンプ ブロッキング 連続行動 再攻撃 Eセーブ

 ワッ太 ☆
 社長 底力L7 闘争心 ダッシュ 援護防御L2 精神耐性

 赤木 ☆
 サラリーマン 底力L6 精神耐性 補給スキル Bセーブ 援護攻撃L2

 ゲイン ☆
 オーバーセンスL5 H&A 援護攻撃L3 Bセーブ 見切り

 ジロン ☆
 底力L7 戦意高揚 援護攻撃L2 サイズ差補正無視 Bセーブ 陸S

 甲児 ☆
 底力L8 戦意高揚 気力+(ダメージ) H&A 援護攻撃L2 精神耐性

 万丈 ☆
 底力L7 ブロッキング 戦意高揚 ダッシュ 精神耐性 Eセーブ

 ガロード
 底力L8 気力+(命中) ブロッキング 強運 連続行動 闘争心

 エルチ
 指揮官L2 援護攻撃L2 底力L5 Bセーブ ガード 陸S

 勝平
 底力L7 闘争心 気力+(命中) 援護防御L2 精神耐性 ガード

 ヨーコ
 螺旋力L2 援護攻撃L3 連携攻撃 H&A ダッシュ

 シンシア
 オーバーセンスL5 ゲーマー 再攻撃 連続行動 サイズ差補正無視

 柿小路
 サラリーマン 援護攻撃L2 援護防御L1 補給スキル パーツ供給

 サラ
 オーバーセンスL5 気力+(命中) 援護防御L2 修理スキル ダッシュ パーツ供給

 ゼロ
 戦術指揮 指揮官L4 戦意高揚 気力限界突破 H&A サイズ差補正無視

 スメラギ
 指揮官L4 パーツ供給 修理スキル 援護防御L1 ダッシュ

 ジェフリー
 指揮官L4 援護防御L2 Eセーブ H&A ダッシュ

 ダヤッカ
 螺旋力L2 ガード 援護攻撃L2 底力L4 H&A


 普段の戦法としては、まずクロウが手近な敵を撃墜しつつ前線に移動し、竜馬、シモン、ゲイナーの連続行動&フル改造3兄弟が突撃して援護攻撃を受けながら連続行動を発動、更なる打撃を与えるという感じ。残りの面々は後から進軍して削られた敵のお掃除。

 最終決戦も、このメンバーで挑む腹積もり。さて、どうなるか。

[PR]
by ejison2005 | 2012-03-17 05:14 | ゲーム | Comments(4)
週刊少年ジャンプ 12年 15号 感想
 スパロボプレイ記でも書いたけど、今日からMXでプリキュアオールスターズDXの1~3を放送するから、興味のある人はチェックしておくと幸せになれるかも分からんね。


 べるぜバブ

 あー、旅先で新キャラ出しちゃうのか……う~ん……。

 いえね、旅先で新たな出会いってのは別にいいんですよ。よくあるよくある。王道王道。

 でもなんか、この人達、「オレ達関東の~」とか言っちゃってるんですよね。思いっきり。新たな子連れ番長という設定といい、別に旅行が終わってからも絡んでくる気満々っぽいんですよね。
 となると、僕としては思わずにいられない。別に旅先で出会わなくてもいーじゃん、と。べるぜの舞台設定はよく知らないけど、多分、今までの描写と今回の件から考えて関東圏でしょ。地元で出会えばいーじゃん、と。

 僕は旅行に行くなら、その土地でしか味わえない料理を食べたいと考える人間であり、漫画キャラ達が旅行に行くのなら、旅先でしか起こり得ないイベントを発生させるべきだと考えている人間なのです。既存キャラの普段ない側面で笑いを取ったりとか。

 いってしまえば、この展開はせっかくの旅行イベントを今後も絡んできそうな新キャラ登場イベントで上書きしてしまっている状態なわけで、何とも美味しくないなあと思えるのですよ。

 とまあ、なんのかんの書いてみたけど、要するにギャグ話を期待してるのに、バトル路線へシフトしそうなのが嫌だというだけです。はい。


 ワンピース

 前回に続いてわけのわからない状況が続いてくだけなのですが、最後にトラファルガーさんを登場させることで、「え、あんた七武海になってたの?」「七武海が何でここにいんの?」という引きを上手いこと作ってたと思います。引きというか、今一番注目すべきポイントの提示というか。

 これがなかったら、勢力も多いし、それぞれの場所でてんやわんやに場当たり的対処をしてるだけだしで、本当にまとまりのないエピソードになってたと思う。


 ナルト

 百豪の術使って下さいよォー!

 いやはや、何とも肩透かしというか、サブタイトルが「新兵器! ゲキガンヌンチャク!」なのにゲキガンカッターとゲキガンフレアだけで決着がついてしまったような感覚が漂います。
 そこをピックアップしたんだから、今週中に使っといて欲しかったという感じですね。綱手様がぶっ刺されたというのも、創造再生で何とかなるだろうということは予想がつくし。

 一応、予想してみると百豪の術ってのはソウルバスターなんじゃないですかね。受けただけのダメージを相手に返す、みたいな。創造再生とコンボにすれば、チャクラの続く限り相手の方が痛い肉弾戦が出来るし。

 医療忍者の掟に関しては、いちいちつっこまないです。


 ブリーチ

 ああ……チャド達がパン食ってなければ不意打ちとかで逃亡を防げたかもしれないのに、逃げられてしまいましたね。

 チャド達がパン食ってなければ、ボコボコにした挙げ句洗いざらい情報を吐かせたりとかも出来たかも知れませんが、全てはご破算ですね。

 そもそも、チャド達がパン食ってなければ、一護は一切怖い思いせずに済んでましたしね。

 いやまあ、イーバーンさんがギャグっぽく登場したから脅威として認識しなかったってのは分かるんですけど、全戦力を容易に投入しうる状態でそれを怠り、結果、情報を取り逃したりピンチに陥ったりっていうのをフィクションで見ると、何ともいえない残念さが漂うのです。意図的に役立たずとか無能として描写したい場合なら、別なんですけど。

 何よりかにより、チャド達がっつーか、チャドが珍しく美味しいところを持ってくことの出来る状況だったのにね。今後、情報不足が原因でピンチに陥る度に、パンさえ食ってなければ事前に知り得たかもしれんのになあ……と僕は思ってしまうことでしょう。

 ……あれ、逆に美味しくね?


 ハイキュー

 菅原さんのキャラ立ても終了ということで、前々回、前回、今回と、順調に上級生のキャラ立てを済ませてきましたね。もう何度も書きましたが、このシームレスっぷりは素晴らしいものがあります。

 ついでに述べると、
 部長 → 仲直りできる状況を提供
 田中 → 練習できる環境を提供
 菅原 → 仲直りできるよう最後の背中押し
 ということで、上級生組は主人公コンビの仲直りイベントに際し、それぞれの役割を無駄なく割り振られています。いってしまえば、「主人公コンビの仲直りに介入している」のではなく、「彼らがいたから仲直りできた」という状況になっている。そしてそれこそが、このシームレスさに繋がっているのでしょう。

 ぶっちゃけ、必要なところに必要なキャラを配置しているだけなのですが、スポーツ漫画の場合は人数の制約もあるし、そうそう出来るようなもんじゃないよな。やはり、上手い。

 心理描写に関しても、過去シーンを上手く挟むことにより、一切の台詞は無く、トスを打つ→無理そうなそれをスパイクする、という行動のみで、今回のイベントを経た二人の心情変化を描けている。
 台詞を用いて「説明」するのではなく、キャラの行動を通じて「描写」することもまた基本ではあるのですが、これをきっちり果たせれば、これだけの満足感が得られるということでしょう。


 クロガネ

 スポーツ漫画とかって、何故か一定の割合でリズム感覚が優れてるとか絶対音感があるとかを武器にするキャラが登場するけど、今週この漫画に出てきた彼は、それら過去の漫画キャラを特に必要も無く工夫も無く拝借しただけだなーと思いました。

 まず、第一に出す必要が無い。バンソウコウの子は初心者なんだから、謎の一発芸に秀でたキャラなんぞ出さずとも、普通に昔から練習してきた上級者というだけで十分です。

 第二に、現実でそんな一発芸を頼りにしている競技者などいないわけだから、リアリティもなく、当然ながらその競技ならではの面白さ、駆け引きなども描けない。で、あるならば、その一発芸を頼りにした変態剣道を描き、「この漫画でしか楽しめないスーパー剣道」を追求するというテニプリルートもあるわけですが、やってることは通常競技の枠内なので、それも出来ていないという。

 そんなわけで、勘違いした上級者のファッションみたく、とりあえずで奇抜な格好をしてみたり、奇抜な言動をしてみたり、奇抜な能力を身につけさせてみても、ぺらいもんはぺらいのだと再確認させられるエピソードでした。
 物語の要請に従って必要なものを身につけさせるとか、そこを起点に新たな価値観を創出するとかしないと。


 パジャマ

 ああ、アイドルがどうこうとかではなく、病気の方で先輩と接点作るんですね。アイドル設定とは何だったのか。

 しかし、匿われただけでフラグが立ってしまう出会いといい、友人とプールに行くだけで何故か所持してる水鉄砲といい、しょうもないジョークでマジビビリする主人公といい、この先輩周りのイベントは無理筋に満ち満ちているぜ。
 祖父の名医さんに関しても、写真と手紙を後生大事に保管するくらい思い入れ深いかつての眠り病患者(っぽい人)と同じ症例を目にして、いかなる理由があってかアメリカへ旅立っちゃったしナー。せめて、その渡米が治療に関係ある何がしかであればいいのですが、家族に説明しろよという話ですしおすし。


 トリコ

 ううむ、汚らしいおっさんがボディプレスしたり毒霧吹きかけたりといった制作過程といい、道中で腐らないかという問題といい、この恵方巻は衛生的観点から考えて、とてもじゃないけど食えたもんじゃないぜ。
 というか、キング・クリムゾンした制作過程では何をどうやってこんな超巨大恵方巻を作ったんでしょうね。トリコ世界がでかいつっても、僕達の世界で考えると軽く成層圏とか飛び越えそうな気がしてならないんですが。真・大雪山おろしでもしたのかな。

 あと、何か歩いてる道中で街中の描写があるんですけど、これはどう考えても人類史上最大最悪のテロだよなw ドドリアンボムの一件といい、今回トリコと小松は美食會が裸足で逃げ出すレベルの濁業を着実に積み重ねてやがるぜ……。


 バクマン。

 まあ、ネット投票で一人一票なんかどうやって守らせるんだよという話なんですが、それ以前の問題として、本当に実力があると確信してるのなら、誰がどう言おうと亜豆で強行して、出来上がったもので視聴者を納得させればいいだけなんですよね。

 ということはつまり、サイコー自身が誰よりも亜豆の実力を信頼してないのでは? という話になるわけでして。はい。
 大体、実力で実力でと言ってるけど、お前は亜豆に演じてもらうためのヒロインを作ったんじゃなかったの? 世界で一番演技の上手い声優さんに演じてもらうためのヒロインを作ったの? という。

 と……ここまで書いて気づいたんだけど、要するに今の状況って、本当は「亜豆のためだけのヒロイン」だったのに、変な見栄か何かで実力で~と言い出したからややこしくなってるだけなんだなw

 どうせ恋人だとカミングアウトするなら、「菜保は亜豆に演じてもらうためのヒロインだから、彼女以外は採用する気ない」とまでぶっちゃけちゃえば良かったのにね。バクマン世界の住人なら、きっとそれで感動してくれるでしょうし。


 銀魂

「どけェェェェェッ!!」
「飛んで火に入る流れ弾!! 撃ち落としてくれるわァァァ!!」
 と叫びながらガトリングガンを持ちだしてくるシーンで、何故か高橋邦子を連想したのは僕だけでしょうか。



 ↑参考動画。



 ↑なんかMUGEN入りしてたw


 ハンター

 助かった。終わったかと思ったよ^^;

 しかしこれ、ラストを王とコムギちゃんで〆るということは、選挙編って全編に渡ってキメラアント編の事後処理的な位置づけだったんですね。こうしてみれば、ゴンにとっての発端だったカイト関連も、今回の共同ハント(?)で綺麗に帰結してますしね。

 ところで、後日談のうち、モラウさんとノブさんの賭けは単行本で調べたら21巻(七年前)のイベントでした。年間五冊として、伏線から回収までで全35巻の壮大な長編漫画が連載出来るくらいのスパンだったわけかw 既存の漫画で言うと、ダイの大冒険とかスラムダンクがそのくらいですねw


 スーパーヒーロータイム

 フォーゼ #26

 決め手がマグネットステイツだったことといい、途中のイベントといい、色々な解釈の仕方が出来る良エピソードだったと思います。特に感慨深いのは、弦ちゃんに諭され導かれる存在だったキングが、卒業する段になって初めて弦ちゃんを導いてやったことでしょうか。

 そうやってキングが株を上げた一方、練習したスピーチが一切映されずひっそりと幕を閉じる羽目になった校長がいたという……。

 ところで、今週特にスターライトシャワーの手打ちっぷりが目立ってた流星さんですが、初期は「進化するかもだから守らないと」だったのが、今では完全に「なんか爆殺しても進化するみたいだし、どうでもいっか」になってますねw
 となると、ああ見えて初期のキャラ付けを大後悔してたりするんじゃなかろうか。あんな態度取った手前、いきなり馴れ馴れしくするわけにもいかんしなあw (中二病のせいでいらん)苦悩する(羽目になった)ヒーロー、その名は仮面ライダーメテオ!


 ゴーバスターズ #03

                        ∩___∩
     __ _,, -ー ,,             / ⌒  ⌒ 丶|     マジェスティ!
      (/   "つ`..,:         (●)  (●)  丶        シルブプレ! シルブプレ!
   :/       :::::i:.        ミ  (_●_ )    |
   :i        ─::!,,     ハッ  ミ 、  |∪|    、彡____
     ヽ.....:::::::::  ::::ij(_::●    ハッ    / ヽノ      ___/
    r "     .r ミノ~.      ハッ   〉 /\    丶
  :|::|    ::::| :::i ゚。            ̄   \    丶
  :|::|    ::::| :::|:                  \   丶
  :`.|    ::::| :::|_:                    /⌒_)
   :.,'    ::(  :::}:                    } ヘ /
   :i      `.-‐"                    J´ ((

 お前、煽ってるだけだろwwwwww

 さすがリアル系スーパー戦隊というか、お約束だった戦力の逐次投入にもちゃんと理由付けしてきましたね。これだと、そのうちエンターさんがエージェント・スミスみたくなって反乱とか起こしそうだけどw

 本編ですが、病院という施設を利用してタイムリミットを設けたり、病院関係者が操られたりといったシチュエーションは面白かったんですが、これ、自家用タンクを用いた発電ではなく、普通に供給されてる方の電気ではいかんかったのかな。もし、理由付けがされてたとしたら、普通に僕の聞き逃しだけど。

 殺陣の方は、病院という普段ロケで使えないような環境で、病院でしかできないシチュエーションでの立ち周りを色々と見せてくれたので大満足。特撮じゃ難しいことだけど、今後も色んな環境を使って欲しいな。

 ロボ戦の方は、やっぱりCB-01じゃないと戦闘で決定打を与えることはできないんですね。そのせいか、サブタイにまでなってるのに、GT-02が微妙にババ引いてるような話になってしまった。無意味にゴリラっぽく移動したせいで川に落ちてたしw

 これは確かにリアルだけど、販促面で考えるとCB-01ばっかり売れて他が不良在庫になってしまう可能性もあるわけですが、どうすんだろう。救助活動とかだけじゃ、男の子の心には響ききれないだろうし、やっぱ合体かな。


 スマイルプリキュア #06

 う~む、これだけ役に立つ陰獣がいるというのに、デコル奪還は無関係な世界の少女達に一任するとは……昨年ばりに役立たずな味方組織となりかねない気がします。これは素直に陰獣の戦闘力を低くしといた方が、引っかかりも少なく済んで良かったのでは。

 それ以外の点では、空気気味ななおちゃんを除いて、五人揃った状態での立ち位置を確立し始めたり、ゲストキャラを通じて作品を通してのテーマに辿り着いたり、モチーフである絵本が、ようやく話に関わり始めたりw と、相変わらず高水準に楽しめるアニメだと思います。

 しかし、なおちゃんは本当どうしていくのでしょう。一番存在感のあった冷たい目のシーンは、あかねちゃんに追従する形だったしなあ。

[PR]
by ejison2005 | 2012-03-13 06:28 | ジャンプ感想 | Comments(21)
第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇 プレイ記 8

第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇(通常版)

バンダイナムコゲームス


 飽きるか面倒になったら何の音沙汰もなくやめるプレイ記。チーム名は「仮面ライダー部」。


 第39話 『ザ・ラストレッドショルダー』

エルガン「ねーよwwwww」

 そんなわけで、オリキャラが謎の濡れ衣を着せられちゃったりするボトムズステージ。うーむ、原作知らないから、特にコメントすることもないぜ。ただひとつ間違いなのは、ものすごいダイジェストぶりってことだけだ。ダイジェストっつーか、DIEジェストって感じだけど。

 攻略の方ですが、今回のテーマは全然使ってないキリコで隠しユニット入手条件を満たすこと。一応、ちまちまとパトロールで撃墜数稼ぎはさせてあるんだけどね。

 というわけで、クロウから感応もらったキリコが集中かけて単騎突撃。他の面々は後方から彼の勇姿を暖かく見守る。
 目論見通りというか、途中でマシンガンを一発食らってスキル発動し、敵部隊を壊滅せしめることに成功する。撃墜数70も達成。

 で、この戦法使ってみた感想なのですが、いや、めっちゃくっちゃ強いですね。バランスブレイカーにも程がある。今回は敵の攻撃を利用したけど、MAP兵器を使えばもっと完全な形で発動できるもんな。今回限りで封印しておくことにしよう。

 リーマンさんは雑魚と間違えて普通に撃墜しちゃったから置いとくとして、サーシェスさんと隠しユニット条件のイプシロンは豊富なスキルにボス専用スキルである極も持った強敵……なのだが、所詮はMSとATの悲しさよ。分析ルスト後、HPの半分以上も一気に削り殺されて撃墜されていった。

 これにて、条件達成。スコープドッグTC・ISSとついでにSRポイントもげっちゅ。

 あ、そういえばMサイズ以下しか出撃出来ない縛りですが、結局、戦ったのはほとんどキリコなのであんまり関係ありませんでした。久々にそれ☆すたの面々も出撃させたけど、トランザム使う前に終わっちゃった。

 改造は、ルート選択を見たらキリコは地上ルートについて来てくれるので、せっかくエースにしたことだしスコープドッグの武器と照準値を5段階改造、ついでにダイターンとザブングルの照準値にも手を入れておく。サブオーダー資金は全額ウォーカーギャリアへ。

 入手したチヂリウムチップはターンAへ、クエント製センサーはスコープドッグへ。

 パイロット養成は無し。あと1PPあれば、キリコがサイズ差補正無視を習得できたんだけどな。


 第40話 『降臨!! 真なる者!』

 カルロスさんの軽口に軽口で返すガイオウ様マジ気さく。

 ゲッターG軍団大行進なチェンゲシナリオ。グレンラガンも飛べるようになるよ!

 しっかし、號さん今回出番はこれでほとんどみたいだし、マジでスパロボじゃ報われないよなあ。こんだけOVAやら何やらでゲッターシリーズが参戦してるのに、自身の名を冠したゲッターロボ號はいまだに未参戦なんだぜ。グレンラガンやボトムズの参戦もいいけど、ほんとお願いしますよバンダイさん。

 攻略ですが、ガンメンには無敵トリオを中核としてグレンラガンチームとゴッドマーズを、ゲッター軍団には残りの面々を差し向ける。修理役はトレミーとパンサーがいるので、それぞれ片方ずつに同行してもらった。

 エースボーナスの欲しいダイターンで、なるべく敵を撃破するようにしながら進軍。途中のイベントで竜馬が撤退し、シモンが移動したので、せっかくだからシモンは連続行動を駆使し、マップ北部のゲッター軍団とガンメン軍団が殴りあってる地帯へ武力介入。なるべく、経験値などの取りこぼしを防ぐ。

 イゴールとシトマンドラを応援努力幸運祝福で撃墜すると、真ドラゴンとインベーダーが出現。てっきり、シトマンドラで終わりだと思っていたため、真ゲッター以外は全部マップ東部へ移動してしまったのだが、空S養成済み超合金Z装備済みに加え、高い底力レベルを誇る竜馬にとって、この程度の軍勢など恐るるに足らない。

竜馬「インベーダー狩りの始まりだ!」

 この戦いで、竜馬がエースボーナス獲得。ついでに万丈さんも美味しい美味しいエースボーナスを獲得する。金の力こそがスパロボにおける最強の力である。これに比べれば、ゲッター線も光子力も螺旋力も子供の玩具に過ぎない。

 もちろん、真ドラゴンは幸運努力その他ありったけの精神をぶち込んだ竜馬で撃墜した。

 これからは、万丈さんのエースボーナスも嬉しいユニット改造では、まずウォーカーギャリアをフル改造。但し、フル改造ボーナスは温存した。宇宙対策用のフル改造だが、ひょっとしたらまだスラスターモジュール入手できるかもしれないし。余った資金で久しぶりにマジンガーを改造。

 パイロット養成は、ゼロにサイズ差補正無視を養成し、隼人のSPアップを+2レベル(合計3)、シモンに精神耐性を養成、タケルの底力+1レベル(合計7)。

 入手したスーパーリペアキットはトレミーに、サイキックリアクターはドミネーターに、フライトモジュールはスコープドッグに装備した。


 第41話 『マーグ、その命』

 愛の金字塔なシナリオ。つっても、原作知らないから思い入れもへったくれもない。とりあえず、勇者の印ありがとう。

 攻略ですが、隠しパーツの超合金Zを取りに行ったマジンガー以外の面々で海岸すれすれに防衛戦を築き、久しぶりに待ち伏せ戦法を行う。で、雑魚を蹴散らしてマーグを説得した後は、隠し条件達成のため祝福応援をかけたタケルで真っ二つにする。

 最近、どっかの尻馬にのってばかりの獣人が登場してからは、北東の敵とレギュラスαをパーツ取り終えたマジンガーが一機で引き受け、残りの敵を本隊が叩く。
 その際、ガンメン達が都合良く並んでくれたので、せっかく月が出てるからと出撃していたDXのツインサテライトキャノンをお見舞いしてやった。MAP兵器撃つなんて久しぶりだなー。

 SRポイント条件でもあるグアームは、分析付きで少々削った後、幸運努力熱血をかけたゲッターで葬り去った。

 最後に、ロゼを祝福応援付きのゴッドマーズでマーグ同様ずんばらりん。しばらくお別れになってしまうから、トドメ演出のほっこり顔を拝んでおいた。

 パイロット養成は、ロシウがダッシュを習得、シンシアと桂がサイズ差補正無視を習得、赤木さんが宇宙適応をAに、竜馬が闘争心を習得、武蔵がSPアップ+1レベル(合計8)、ガロードが底力を+1レベル(合計8)、甲児が底力を+1レベル(合計7)。

 入手した超合金Zとハイパージャマーはグレンラガンに、勇者の印はスコープドッグに、グレンラガンが使っていたDMアーマーはヨーコMタンクに装備。DMアーマーは行き先に迷ったが、底力を持たないヨーコMタンクが適切だと判断。
 それにしても、スラスターモジュールの入手が嬉しい。これでフル改造ボーナスがひとつ浮く形になった。

 そんなわけで、改造はサブオーダー資金も含めてグレンラガンに全額投資。武器を最大までと、装甲を少々改造した。将来的には、グレンラガンとゲッター、そしてマジンガーとキングゲイナーをフル改造したい。


 第42話 『明日への凱歌』

 ルートは当然、地上一択。分岐時のサブオーダーで、ヨーコにダッシュを養成し、ヨーコMタンクの武器を5段階まで改造しておいた。

 シナリオですが、本当におみやげ買って来ちゃったり、ホットドッグにご満悦だったり、ガイオウ様の株価上昇っぷりがぱねぇ。無節操な戦闘行為で犠牲者とか出してなければ、生き残って欲しいくらいだ。

 そんなわけで、ダイ・ガードの原作最終決戦再現シナリオのはずが、ほとんどオリジナル勢力に組み込まれちゃってますね。まあ、ダイ・ガードは敵組織とかいるわけでもなく、ヘテロダインにも行動目的などが存在しないと明言されてしまっているので、仕方ないっちゃ仕方ない。真面目にヘテロダインをメインにしちゃうと、敵勢力側の動きが無くなっちゃうからね。この終盤でそれをやるのは、辛いものがあるでしょう。

 攻略の方ですが、SRポイントの取得条件でもあるし、何より経験値や資金が勿体無いので敵を全滅させることにする。
 ここで面倒なのが最下級次元獣であるダモンで、こいつらP武器が無いから近づいてくるだけ近づいて行動終了ってことが多々あるんですよね。反撃で倒すなり削るなりしときたいのに。
 しょうがないので、ゲイナー、隼人、シモン、シンシアの連続行動持ちと援護攻撃を有効活用して、消耗を抑えつつダモンはお掃除した。
 ライノダモン級以上に関しては、フラグ成立のためにクロウで撃墜せねばならず、祝福の使用回数上使うわけにはいかなかったマルグリットちゃんを除き、洩れなく幸運を絡めて撃墜しておく。うまうま。シュバルさんも、わざわざ経験値と資金を運んできてくれてあざーっす!

 最後に残ったブラックダイ・ガードは、グレートノットパニッシャーで串刺しにしてやった。何だこのトドメ演出w

 ユニット改造は、グレンラガンをまずフル改造。最強技が射程1だし、何かと移動力に困ることが多いので、フル改造ボーナスは移動力+1を選択。余った資金はマジンガーに投資する。

 パイロット養成は、藤堂(使わないけど)に連続行動、竜馬に底力+1レベル(合計8)、隼人にSPアップ+1レベル(合計4)。

 入手したDMアーマーはダイグレンへ、DMユニットは出番無さそうだけどガウェインに装備した。うちのガウェインは入部して以来、常に倉庫番を強いられているんだ! (集中線)


 今後の方針

 エース達成者を除いた撃墜数

 ゲイン 68
 ジロン 66
 ゲイナー 63
 甲児 62
 赤木 58
 ヒイロ 55(主にパトロール)
 勝平 50
 シモン 48
 ヨーコ 48

 というわけで、エースボーナスの美味しい赤木さんとシモンの撃墜数が思いのほか低いことに気がついた。
 シモンはアニキが使える喜びで、加入当初にアニキでばっかり戦闘してたのが原因だな。赤木さんは、主に削り役として運用してきたからだと思う。
 逆に意外だったのは、ゲインとジロンの撃墜数で、幸運持ちな上フル改造済みのジロンはともかく、ゲインは大して目もかけてないのに驚きの活躍ぶりである。援護攻撃持ちだと、連続行動者のアシストでフィニッシュ決める機会が多いもんな。赤木さんも援護向けに育成してあるけど、射程伸ばしたとはいえ射撃武器持ちには効率で適わないし。

 とにかく、今後はグレンラガンシナリオだろうからそこでシモンの撃墜数と、ついでに赤木さんの撃墜数を稼いでおきたい。甲児とかは、放っといてもいつの間にか稼いでるだろうから平常運転。

 あと、スパロボまったく関係ないけど、今週はプリキュアオールスターズDXを1~3までMXで放送するみたいだから、興味のある人はチェキナウ! というか、俺が未見なんだけどw レンタル屋で借りるにはAVより敷居が高いしな。映画館など言わずもがな。

[PR]
by ejison2005 | 2012-03-12 00:56 | ゲーム | Comments(2)
週刊少年ジャンプ 12年 14号 感想
 あなたはどのプリキュア?キャラクター診断テスト。

 【プリキュアオールスターズ New Stage キャラクター診断】「ピカピカぴかりんじゃんけんポン♪」わたしは『キュアピース』タイプです!

 素直でかわいい妹的存在の女の子。泣き虫で人見知りなところもあるが、実は芯が強く、健気にがんばるタイプ。


f0029827_5323055.png


 ワンピース

 おお……何が起こってるのかまったく分からん……!

 いやまあ、現時点で与えた情報で解かせないことを前提に作劇しているのだろうから当然といえば当然ですが、得体の知れぬ敗北感がのしかかるぜ。

 そんな中でも、「大将同士の喧嘩が原因で天候が変わった」「スモーカーさんは事態を把握している」「パンク『ハザード』という名前」などから、とりあえず海軍が何か実験失敗したくさいことだけは分かる、尾田先生の優しさに惚れちまいそうです。これが……ツンデレ……。

 真面目な話をすると、やはりワンピはこっから本格的な対世界政府抗争に発展していくんですね。そもそも、ルフィの親父からして革命家ですし。
 海賊なんざ、そもそもアウトローな職業ですし、ドタ靴ねずみ王国のアトラクションを元にした大ヒット映画も国家権力を相手に大立ち回りしたりしてますから、まさに王道という感じで大変結構なんですけど、ルフィのスタンスはどうするんでしょうね。

 何せ、ルフィはルフィですから既存権力に対し一般市民を代表して~なんて言われても困りますし、エースの敵討ちに関しちゃ、赤犬さんをぶっ倒せばとりあえず収まりそうな感じするしなあ。
 やっぱり、ワンピースの秘密に世界政府が深く関わっていて、戦わざるを得ないっていう展開が一番自然でしょうか。


 クロガネ

 敵校のカウンター使いがふっつーにイイ人だというのは、非常に良い展開だったと思います。眼鏡の人、音楽の人と、人格破綻者が続いただけによいサプライズとなっているし、メリハリも効いている。やみくもに嫌な奴ばっかり出されても読んでて不快感が出てきますし、一服の清涼剤としても機能しているといえるでしょう。
 策略を巡らす相手に、あえて乗っかって勝負というのもヒーロー性を感じてグッド。

 しかし、音楽の人といい飲めない缶コーヒーを何故か買っちゃった人(無糖と間違えたの? ドジっ子なの?)といい、この漫画はいちいちマンガマンガしている記号をキャラに盛り込もうとしてるんだけど、いまいち有効に機能している感じがしませんね。
 これはひとえに、ファンタジー要素として存在しているのがさゆりだけで、あとは現実世界に即した世界観だから、ミスマッチして感じられるというのが大きいと思います。主人公の喉突きなんかが際立って犯罪的に感じられるのも、そこが原因だしね。どうも池沢先生は、世界観とキャラ設定をマッチングさせるのが苦手なんじゃないかと思う。あと一般常識。


 パジャマ

 今週一番の萌えシーンであるはずの「おいでっ圭祐!!」ですが、よくよく考えたら彼女は幽霊であるわけで、そこを意識すると途端に恐ろしい意味合いを帯びてきますね。おいでって、行ったらどうなるの? 主人公も水死体になってこれでいつまでも二人一緒だねっていうオチなの? みたいな。初回に見せた嫉妬心も、ヤンデレの片鱗だったってことで綺麗にまとめられるしナー。くーるー! きっとくるー!

 本編ですが、うん、アイドルの先輩いらんな。これ。このまま、幽霊の幼馴染みとチュッチュイチャイチャし続ける漫画でいいじゃない。
 こっから、どのように介入すれば先輩相手に主人公がドキドキできる流れになるんだって話ですしね。下手にそれやると、途端に主人公がクズ化してしまう恐れがあるというのも不安要素。

 でも今は、そんな事はどうでもいいんだ。重要なことじゃない。

 ズブ濡れ裸ワイシャツ(みたいな着こなしのパジャマ)によるパンチラ大判振る舞いとか、半端じゃないフェチ臭を感じざるを得ない。こいつあ、濱田先生ガチで生き残りをかけてるな……!


 べるぜバブ

 お金を出すのはNGでも、校長籠絡作戦にはノリノリで参加する姫川さんがなんだかとても良かったです。

 真面目な話、友達同士だからこそ安易にお金出すのはどうかと思いますしね。そこら辺の論理的問題を華麗に解決しつつ、ギャグ展開を成立させ、自らもそれに参加する。うん、イイ人だ!


 ハイキュー

 おお! 田中先輩イイ人だ! すげーイイ人だ! こんなイイ人の好意を無下にしつつある主人公ズはいますぐ土下座して謝るべき!
 いや、しかし、先週キャラ立てを済ませた部長に続いて、シームレスに主人公達が仲良くなるためのイベントに組み込みつつ、先輩陣のキャラを立てていきますね。無駄なく一石二鳥な展開だ。

 ついでに述べると、主人公ズが負けた場合のペナルティが、入部禁止などの非現実的なもの(んな権限生徒にない)ではなく、非常に現実的かつ、影山君への教育的配慮に満ちているのが素晴らしいです。続く流れで、影山君のセッターにかける思いや、バレーというスポーツにおけるセッターの重要性なんかも無理なく解説しているし。ここら辺も一石二鳥。

 バクマン話を信じるなら、この回までが連載開始までの準備分であるわけですが、なるほど、期間をかけ、練りに練ってきたのが伝わってくる話作りです。来週以降も、是非このクオリティを維持して欲しい。

 ところで、影山君がセッターにこだわる理由は大変可愛らしくて好感が持てますね。さすが、つい先日まで中学生だっただけはある。


 黒子

 紫原君が今週ラストだけでなく、来週からもなにくわぬ顔でこの巨大さを維持していたらいーなー! いーなー! いーなー!

 どうも他のキセキに比べて地味な印象を受けてたし、巨大化くらいの固有能力は持っててもいいやん。


 ハンター

 グルメ界じゃねーかw

 まー、しかし、トリコ自体がハンター大リスペクト漫画ですから、意趣返し的な意味もあるんでしょうね。多分。「こいつぅー」みたいなじゃれ合い。

 それにしても、絵が荒れようがなんだろうが特に気にしてなかったのですが、ここへきて僕も急激に「この漫画終わるんじゃね?」という懸念を抱き始めてしまいました。今後、旅団だのジャイロだのがどれだけ暗躍しようと、所詮は「とてつもなく大きな世界のほんの一部」で起こっていることに過ぎないってことになっちまうしね。

 また、今週のジンによる語りで、ハンターハンターという作品そのもののテーマも語り切っちまった感じもします。何というかこう、未消化の伏線はいっぱいあるものの、作品としてどうしても語らなければならないものは無くなってしまったという感じ。

 そんなわけで、これ、来週冒頭で「そして十年の時が流れた……」とかナレーションが入って、各人の後日談が語られ始めても全然違和感ないと思うわけですが、マジで終わっちゃうのかな。


 いぬまるだし

 エピソード内ですずめちゃんが構築してきた価値観を、最後で思いっきり引っ繰り返す手腕が素晴らしかったです。テンクミ先生の視点になって振り回され続けることができた。


 スーパーヒーロータイム

 フォーゼ #25

 あ、とっくに折れてると思ってたけど、クイーンのフラグまだ続いてたんだ。今回そこをピックアップし、「卒業する先輩と在校生の絆」を描こうとするなら、もっとちまちまそれっぽい描写を入れといた方がいい気もするけど、特撮であまり恋愛話を強調されてもうざったいからこのくらいで丁度いいかもしれませんね。

 そして、最近めっきりダイザーに乗らなくなり、地味に活躍を削られてたキングへの仕打ちがw 物理的な意味でもピエロになるという。逆にこれ、スタッフから愛されすぎでしょう。
 ピエロといえば、屋上でちゃんとスピーチの練習をする橘さんも相変わらずの面白さでした。何でこの人は、全然違う役柄なのにこうまでダディなのか。

 殺陣の面では、高岩さんあのクソ重そうなスーツで頑張ったなーという感じ。それでも精彩は欠いてる印象を受けたから、あのスーツ本当に重いんでしょうね。
 それはさておき、再生怪人を当時持ってなかったスイッチであっさり撃破するというのは、フォーゼのギミック性とも繋がっていてグッドでした。パンチ一発再生怪人撃破のお約束に、論理的根拠を与えている。


 ゴーバスターズ #02

 色々置いといて、わざわざ作業員の格好になって工作活動にいそしむエンターさんが面白かったです。そうだよな。格好つけてフランス語とか混ぜていても、この人本質的には現場要員だもんな。そのうち、この人がマックでバイトした金でエネトロンを買う話とか、エネトロンを大量購入するためにFXへ手を出す話とかくるんじゃなかろうか。て、それじゃ、シャンゼリオンか。

 お話としては、ヒロムの受け入れと、ついでにゴーバスターズが幼い頃より背負わされた宿命を受け入れた正義の戦士である、ということを強調するようなものになっていましたね。
 先週も書いたけど、今作は随所に「訓練を受けたプロの戦士である」と感じさせる演出がなされていて、そこが肝でもあるので、既に覚悟完了しているというのは良い判断だったと思います。未熟者が成長する話だと、どうしても序盤にイライラさせられたり、負け話を入れる必要があったりで販促的にも不利だしね。

 殺陣の面では、ゴーバスターズの近接武器がダガーというリーチの短い武器だから、必然的に運動量が大きくなって地味ながらも見応えのあるものに仕上がっていますね。鉄棒を使っての大車輪など、アクセントも加えてあるし。
 ただ、やはり太刀を使ったものに比べて派手さで劣るのと、ジェットダガーの例から考えるに、短剣武器は何かあった時槍玉に挙げられる可能性があるってのが不安でしょうか。名前はソウガンブレードだから、大丈夫かなあ。

 あと、ロボ戦は前回に続いてこれまた素晴らしい完成度でした。救助描写もナイス。ただ、楽勝みたいなことを言ってたんだから、もうちょっと被害を小さく抑えるためのアクションも欲しかったとは思うけど。まあ、何をしても最後のバルカンツッコミが全部持っていったでしょうがw

 そういえば、ゴーバスターズはライダーなどと同じ非バンク型の変身シーンを採用してるんだけど、これも炎の中でとか、アクションしながらとかで色々と変化を持たせているのが楽しいですね。
 逆にフォーゼは変身システムの関係から、新撮なのにバンクっぽくなってる面があるわけで、これはなかなか面白い現象だ。


 スマイルプリキュア #05

 洗いざらい事情を喋った挙げ句、全員で平身低頭覇とか、最後の一人になっていよいよ勧誘方法に身も蓋も無くなりやがったw

 しかし、序盤から五人もいるとやはり動かしづらいのか、それとも性格被りが問題なのか、今週は緑の子が微妙に影薄かったですね。まあ、俺のあかねちゃんは今回もツッコミで輝いてたので何の問題も無いけど。

 というか、変身時の台詞を考えるに、なおちゃんは夢か現実かの境目がついてない夢遊病の如き状態で追従していた可能性もあるわけで、そう考えると地味に怖いなw

 ビューティさんは、誰とはいいませんがキュアババアとか言われてた誰かで反省したのが、かなり少女っぽいデザインなんだけど(そもそも五人とも同い年だし)、なんか場面場面でお姉さんっぽくなったり、少女っぽくなったりで微妙に安定しない印象があります。どっち路線でいくんだろう。

[PR]
by ejison2005 | 2012-03-06 05:43 | ジャンプ感想 | Comments(20)
第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇 プレイ記 7

第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇(通常版)

バンダイナムコゲームス


 飽きるか面倒になったら何の音沙汰もなくやめるプレイ記。チーム名は「仮面ライダー部」。

 プレイ再開前に、タケルにダッシュを養成した。
 最初は連続行動を目指そうかと思ってたんだけど、タケルは加速持ってないしね。こちらの方が役に立つと考えた。
 これによって、タケルのスキルは、
 超能力、底力4+1、精神耐性、闘争心、気力(撃破)、ダッシュ
 で全部埋まったことになる。今後は底力を更に強化すれば、斬り込み役として次元獣戦で活躍できるはず。超能力のおかげで、命中率も安定してるし。


 第33話 『天を突く命』

 トリニティイベントだの、ゴッドビーストイベントだの、ゲッコーステイト離脱イベントだの、シモン覚醒だのがいっしょくたに詰まった、ハイパーちゃんぽんシナリオ。本来なら、それぞれのイベント毎にステージ作れるくらいのボリュームはあるよな。

 その割を受けてか、シモンの覚醒イベントが少々さびしいことになってるのが残念な点。唯一のボスキャラがエイーダちゃんで、覚醒は彼女を倒してからだからいまいち締まらないんだよね。せめて、アディーネくらいは出てきて欲しかった。

 あと、サンドマン様はとっとと合流してください合体攻撃欲しいです。

 攻略ですが、インターミッションでタケルにダッシュを養成したのは大正解で、普段は置いてかれがちなゴッドマーズが味方の先陣を切り、ばったばったと敵をなぎ倒すことに成功。消費PPが重いし、戦闘力強化系スキルにどうしても目がいっちゃうけど、ダッシュって無茶苦茶有用なスキルだよな。

タケル「やはりダッシュは偉大だな今回のでそれがよく分かったよ>>ゴーオンブラック感謝」

 そんなわけで、ガンメン軍団はゴッドマーズを先頭にゲッター&マジンガーとダイ・ガードが続いて一気に蹴散らす。耐久力で劣るイマージュには、オーバーマンと援護防御役のトライダーで当たった。クロウは両者の中心地点で援護したり討ち漏らしを落としたり。葵とゲッコーステイトは適当にその辺を飛んでおく。

 結果、この戦いでタケルが70機撃墜を達成。クロウに続いてエースパイロットの仲間入りを果たす。タケルのエースボーナスは強力だから、これでますます手がつけられなくなるぞ。

 シモン覚醒後は、連続行動を駆使してグレンラガンを中心に残った敵を蹴散らす。戦闘台詞も一新されているし、能力値も大幅に上昇している。やはり覚醒シモンはひと味違うな。

 SRポイント獲得条件でもあるエイーダちゃん撃墜ですが、この子、底力を持ってないんで特にどうということもなく分析ルスト後援護シフト攻撃であっさり撃破。う~ん、ゴッドビーストモードはやはりいつ見てもださいぜ。他の部分だけならジェットガルーダみたいでそれなりに趣があるんだけど、ゾウさんの鼻が致命的にださい。ださすぎる。

 入手した強化パーツのうち、ユグドラシルドライブはゴッドマーズに、脊髄反射コネクタはマジンガーに、カミナのサングラスはDXに装備、また、それまでマジンガーが使っていた高性能レーダーはヨーコMタンクに装備した。あと、ニルヴァーシュにランドモジュールを。

 そして、グレンラガンのAアダプターをザブングルに付け替え。グレンラガンは最強武器と中堅武器に空Aがあるし、ザブングルに付けた方が恩恵はあると判断した。もうすぐ飛べるようになるだろうし。

 パイロット養成では、ロシウがSPアップ5レベル養成、シンちゃんが連続行動を、甲児とワッ太と勝平が精神耐性を、赤木さんが援護攻撃1レベル(合計2レベル)を習得。また、ヨーコが宇宙適応をAにした。

 ちなみに、精神耐性の習得は非常に迷いました。はっきりいって、オリジナル勢力のメアリー・スー的な特殊能力に貴重なPPを使いたくない。が、先を見据えるとスーパー系は習得しないと厳しくなると判断。今のところはまだ、気力減少程度で済んでるけど、そのうち能力低下とか行動不能とかやってくるやつもいるだろうしね。

 改造は、ダイグレンとヨーコMタンクを改造。ヨーコはもちろん使っていくよ! よ!
 サブオーダー資金はブラスタに回した。多分、次の改造でブラスタもフル改造を達成する。


 第34話 『思い出の中の父』

 分岐は日本ルートを選択。
 そして、この時のサブオーダー資金とランスロット改造資金返却金を使ってブラスタをフル改造。ボーナスは射程+1を選んだ。
 余った資金は新規加入があるかもしれないから貯金。

 シナリオの方は、ダイ・ガードのいぶきさん回でしたね。大体再現されてる。ついでに、インペリウム関連のお話とエスターちゃんのデレ。いや、デレを通り越してデレデレ。むしろ、デレデレデレデレくらいの勢い。

 攻略としては、SRポイント獲得条件とマルグリットちゃん加入条件の兼ね合いもあるので、不屈を使ったクロウで敵中枢に突撃。雑魚のHPを削りつつ、マルグリットちゃんとタイマンを張る。さすがはフル改造というべきか、丁度いい感じに敵のHPを削って後続の撃墜数稼ぎに貢献してくれた。

 ついでに、精神耐性養成組も早速役立ってくれました。もうインペリウムと戦う時はブルダモンが基本なのかよー。養成しといて本当に良かった。トライダーに関しては、武器も強化されてるからより戦いやすくなってるし。

 マルグリットちゃんはしっかりクロウで撃墜して加入条件をひとつクリア。ヘテロダインは、セオリー通りに能力を低下させた後、幸運応援付きのウォーカーギャリアで始末する。

 今回、ユニット改造はゲッターの照準値、そして、キングゲイナー、エンペランザ、ドミネーター、ウォーカーギャリア、トライダー、ザンボットの武器を改造する。そろそろ、武器改造にも手を入れてかないと厳しくなってきたからだ。
 そして、サブオーダー資金は全額マジンガーへ。

 手に入ったハイバーニアユニットはダイグレンに装備。これで足の遅さを克服できる。

 パイロット養成は今回無し。


 第35話 『進撃!機械獣大作戦!』

 マジンガーが空を飛ぶシナリオ。なんかドクターヘルさん、侵略を一時中断するとか言ってるんだけどもしかして……と思い調べてみたら、案の定ゴッドスクランダーは無いのであった。再世篇へ持ち越しかあ。暗黒寺さんの嫁ゲットも持ち越しだね。

 シナリオではゲイナーも目立ってたけど、復讐繋がりであることには触れませんでしたね。まあ、触れるとガウリ隊長が不憫化するし。

 だが、何よりも面白いのは武蔵VSあしゅらの戦闘前会話と三博士の「一回限りで壊さんでくれよ」発言である。おお、メタいメタい。スパロボだと、どうしてもゲッター3は活躍しづらいからなあ。そして、ジェットスクランダーには原作で不遇だった分、存分に活躍してもらおう。

 シナリオ攻略では、甲児が離れろ離れろと言ってますが、経験値のためにアフロダイを隣接させ、修理で美味しく稼がせてもらう。あんまり使ってないから、こういうところでレベルアップさせないとね。

 味方合流後は、スクリューモジュール装備が面倒くさかったので陸地で開戦。タロス像は大幅にHPが増えてるけど、所詮はタロス像なので特に問題なく撃破していく。機械獣軍団も、援護攻撃で手数を増やしてやればさほどのこともない。可能な限り幸運努力を駆使して稼がせてもらった。

 ボスのサルードは海中にいるのが難点ですが、実は海適応Aの必殺武器を持ったユニットって結構沢山いるので、こちらは空中、お前は海中状態にしてやればなんてこともないという。いつも通り、分析ルストの後に必殺武器使用ついでで取り囲み、更にダメージを増した状態での幸運応援大雪山おろしでご退場願った。SRポイントも取得。

 インターミッションでは、サブオーダーも合わせてゲッターへ全額投資。どう考えてもこの前振りはドラゴン軍団と戦うし。

 パイロット養成は、サラがダッシュを習得、シモンの宇宙適応をAに養成、武蔵のSPアップを1レベル上昇(合計6)、タケルの底力を1レベル上昇(初期とで合計6)、ワッ太の底力を1レベル上昇(初期とで合計6)させた。

 入手した超合金Zはゲッターへ、マッスルシリンダーはドミネーターへ、ゲッターの使っていたEカーボンアーマーはヨーコMタンクへ装備した。


 第36話 『命の果てにあるもの』

 ゲッター回かと思いきや前振りだけだったでござる。むしろ、(再現されてないけど)ニアの髪が短くなる話。今のところ、参戦作品のうちでゲッターだけ1話たりとも消化されてないのは俺の気のせいだろうか。

 マップの方は、せっかく気力が満タンなのでグレンラガンは北部へ単騎突撃。撃墜数を稼ぎたいトライダーとお共のザンボットとブラスタが南部へ仲良く突撃。残りの面子が中央部へ突撃する。

 で、無事にSRポイントを獲得した後は、ゲッターとグレンラガンでゲッターG3機の相手をしてやりつつ、残りのメンバーでアディーネ隊のお相手。最初、とりあえずの気持ちでアディーネ撃墜したら雑魚が撤退してしまったため、ロードしたのはここだけの秘密。攻撃前にセーブしといて良かった。

 特に強敵もいないし、語るべき事は何も無いなあ。3機のゲッターGとアディーネは忘れずに幸運努力で倒しといた。

 今回の戦いで、竜馬が熱血を習得。ワッ太の撃墜数が63に達する。これでボス戦が楽になる。トライダーはあと少しで旨味が増すな。

 改造は、まず加入したダイターンに通常資金を全突っ込み。何やら大変美味しいエースボーナスも持ってるようだし、無敵トリオの中核として我が軍に貢献して頂きたい。
 更に、サブオーダー資金でDXとターンAの武器を少々いじる。

 パイロット養成では、万丈さんにダッシュと精神耐性を、竜馬に精神耐性を、デュオとルナマリアに連続行動を、隼人にダッシュを、葵にEセーブを、ガロードに闘争心を、それぞれ養成。また、ゲインの宇宙適応をAにした。

 強化パーツは入手したアドレナリアンプルをDXに。これまで装備していたカミナのサングラスは、闘争心も習得したことだしキングゲイナーに譲り渡す。これでまた余った精密照準レンズをニルヴァーシュへ。更に、ダイターンがEカーボンアーマーをヨーコMタンクから、電力受信アンテナをターンAから奪い取った。


 第37話 『雄々しく……そして、美しく』

 ロージェノムさん、アイモ歌ったんすかwwwwww

 そんなわけで、クロスオーバー設定に関する伏線巻きとムーンWILLさんが本格侵攻し始める話。が、ダンクーガノヴァを出撃させていなかったため、母艦からエイーダを励ますというなかなかにシュールな図となってしまった。おコタでみかんでも食ってたのだろうか。

 マップ攻略ですが、全然使ってないけどアルトバルキリーは以前、最低限の改造を施してあるので集中をかけて突っ込む。戦闘アニメ見たけど、ちゃんとシェリル&ランカとかけ合いやってくれるんだね。ちょっと驚いた。精神コマンドも持ってきてくれると、なお良かったのだが……。

 増援出現後は、エースボーナスが欲しいトライダーを先頭にした無敵トリオで南西に突っ込み、北側の敵はゲッター、グレンラガン、キングゲイナーの連続行動持ちで迅速に殲滅する。
 増援で出てきたレギュラスαは、やってやるぜと言ってるのでファイナルダンクーガと、ブラスタ、マジンガー、ゴッドマーズでお相手した。ついでに、Rダイガンもジャミング機能でブラスタをアシスト。

 レギュラスαを片付けたあとは、トライダーだけで残りの敵を相手にする。残り7機撃墜でエースボーナス取得なのだから、このマップで取っちまいたかったのだ。早ければ早いほどお得なボーナスだし。
 そんなわけで、ワッ太がエースボーナス取得。げっへっへ、社長! 一生ついていきやすぜ!
 更に、この戦いで甲児と赤木さんも熱血を習得。ようやく熱血持ちが増えてきて非常に嬉しい。

 パイロット養成では、忍に精神耐性とEセーブを、ジロンにサイズ差補正無視を、甲児に援護攻撃+1レベル(合計2)を養成した。

 改造では、せっかくサイズ差補正無視を養成したのでウォーカーギャリアにサブオーダー資金含めて全額投資。アダプターとスラスターモジュールの数で計算すると、ウォーカーギャリアとキングゲイナーはフル改造ボーナスの宇宙適応Sを選択しなければ終盤参戦できないので、今後しばらくは優先して手を入れる。最後のルート選択も地上にする予定だし、ここまで常にスタメンで頑張ってくれた彼らは優遇してあげたい。
 ザブングルは見てないけど、キングゲイナーは原作好きだしね。


 第38話 『果たされる約束』

 妙にアスランの扱いがひどい(笑)エウレカセブン回であり、オリジナル回。ついでに、エウレカセブンのBGMも追加されたけど、やっぱあんまり燃えないなあ。基本的に、スパロボの戦闘BGMは主題歌でないと。
 たまに、旧マジンガーZのBGMが空飛ぶスーパーロボットオンリーだったりするスパロボもあるけど、あれって何考えてるんだろうね。主題歌使え主題歌。それで思い出したけど、前作はゲッターのいまいち燃えないBGM具合が半端無かった。

 まあ、それはさておき、前作組がようやくVXの正体に気づいてくれて良かった良かった。もっと早く気づけよという気もするけど、スパロボの自部隊は「精神力でパワーアップ」とか「機体が自意識を持っている」とか、進化を促しちゃったり無限力だったりのオンパレードだから仕方が無いっちゃ仕方が無い。

 そして借金を返すのが目的と言い放つクロウだけど、それとは別に真意は……真意は……いや、3割くらいはこう因縁とか……いや……1割くらいは……。

 で、イケメントンさんはまあ原作準拠として、今回はアムロ△というしかないですね。前作が酷すぎたためか、ニューガンダムのデザインも一新されてるし、元祖ガンダムパイロットとして見事に美味しいところを持っていった。

 マップの方ですが、とっととエースボーナスを得たい万丈さんを単騎突撃させ反撃で美味しく稼ぎ……と思っていたら、なんか無視して移動された(´・ω・`)

 仕方が無いので、同じくらい撃墜数の欲しいゲイナーや竜馬で連続行動を駆使しつつ、適当にイマージュを殲滅する。

 増援で登場した次元獣ですが、スーパー系パイロットがのきなみ精神耐性を習得しているため、安心して攻撃。PPとスキル枠の消費は痛かったけど、おかげで安心して戦えるというもんである。

 ライノダモン級以上の次元獣は、幸運努力祝福応援で美味しく稼がせてもらった。熱血習得者が増えたから、手早く片がついていいね。SRポイントも問題なく取得。

 で、次回Mサイズ以下しか出撃出来ないってマジで言ってんの?
 幸い、マジンガーとダイ・ガードはMサイズなので、彼らとキングゲイナー、ウォーカーマシンで頑張るしかないか……。

  パイロット養成では、アムロとクワトロの宇宙適応をSに、クワトロの方は援護攻撃も1レベル養成しておく。
 更に、真ゲッターの空適応がSらしいので竜馬の空適応をSに、ゲイナーが再攻撃を習得、エルチがBセーブを習得、武蔵がSPアップ+1レベル(合計7)、隼人がSPアップ1レベル養成、ワッ太が底力+1レベル(合計7)。

 改造は、サブオーダー資金も含めて今度は全額キングゲイナーに投資。次回の敵はレッドショルダーらしいので、前回改造したウォーカーギャリアと2トップで活躍して頂きたい。リアル系にはリアル系をぶつけるのである。


 今後の方針

 ワッ太社長のエースボーナス美味しいです(^ω^)
 続いてエースボーナスを狙ってるのは万丈さん。資金3万は地味に美味しい。ボスを1機か2機、余分に撃墜するのと同じだもんな。

 ちなみに、現在スタメンに起用しているのは、
 ダイ・ガード、マジンガー、ゲッター、キングゲイナー勢全員、ザブングル勢2機、グレンラガン&ヨーコMタンク、ゴッドマーズ、無敵トリオ
 といったところ。枠が空いたらターンAとかDX。
 ゴッドマーズは次の分岐で離脱しちゃうけど、他の面々はついて来てくれるので、最後までこいつらで戦い抜くと思う。

 まあ、本音を言うともっと満遍なく出撃させて新作戦闘アニメとか拝みたいんだけどね。再世篇ではもうちょっと共通ルート多いと嬉しいな。

[PR]
by ejison2005 | 2012-03-04 07:19 | ゲーム | Comments(0)
プリキュアが作品モチーフとキャラ設定を合致させないのは……
 何でなんだぜ? と思ったのでちょっと書いてみる。

 その前に、作品モチーフとキャラ設定の合致というやつについてちょっと説明。ぶっちゃけ、上手い言葉が見つからなかったのでこんな変な言い回しになりました。

 例えば、海賊戦隊ゴーカイジャーの場合は、得意分野や出自こそ異なるものの、全員が「帝国に反旗を翻した宇宙海賊」です。海賊というモチーフに対し、キャラが海賊という設定を持っている。
 シンケンジャーなら「殿とその家臣」ということで、これもまた、侍というモチーフに対し、全員が侍としての設定を持っています。約一名、寿司屋もいますが、彼もまた侍としての心を持ってることは散々劇中で描写されていますね。
 戦隊だけではなんなので、ジャンルを変えてみると、ダイ・ガードもサラリーマンというモチーフに対して、登場人物ほぼ全員が所属企業とその関係者としての設定を持っています。

 このように、主要人物全員に共通する設定(モチーフ)を持たせることによって、これらの作品は「海賊のスーパー戦隊とはどうあるべきか?」「現代を生きる侍とはどうあるべきか?」「サラリーマンにも平和を守ることは出来るのか?」といったテーマを浮き彫りにしているわけです。


 しかるに、プリキュアはどうなのか?
 無印……は番組形式を確立させた作品だから置いとくとして、僕が視聴した範囲だと、

 蝶と薔薇がモチーフのファイブ
 いや、どうしろと?

 花がモチーフのハートキャッチ
 植物学者の孫で自分も花が好き 夢がファッションデザイナー ボーイッシュ 悲劇の一号戦士

 音楽がモチーフのスイート
 ピアニスト志願 パティシェ志願 歌い手 姫

 童話がモチーフのスマイル
 童話好き(但し現時点で読んでるシーン無し) バレー部 絵描き サッカー部(大家族) ???(弓道?)

 こんな具合です。うん、むしろモチーフと繋がりのある人員のが希少な気がしてきた。

 と、ここで注意しておかないといけないのがテーマの存在で、例えばファイブはモチーフとは繋がりが無くとも、「夢」というテーマに関しては全員が何らかの夢や目標を持っているため、テーマの浮き彫りには成功させられています。スマイルの場合、今のところ全員が何らかの形で「ハッピーエンド」を目指しているので、そっちで繋げていく腹積もりかもね。「夢」と、どういった違いを持たせられるかが大いに問題となりそうだけど。

 話を戻し、これの何が問題かというと、未完結のスマイルとそもそも音楽すらまともに扱えなかったスイートは置いといて、ハートキャッチで話をすると、終盤の重要なところで、青と黄が若干空気化したり、桃と紫の抱えるテーマが「正義の戦士とはどうあるべきか?」という花とあんまり関係ないところへいっちゃったり、といった現象を引き起こしてしまっているわけです。モチーフで繋がっていれば、地球の砂漠化を目標とする(花をなくそうとする)ラスボスに対し、全員で一丸となって何らかのアクションを起こすことも可能だったでしょう(単に戦って倒す、のとはまた別で)。


 このような現象を起こしてしまう要因としては、基本的に中学生設定縛りであり、女児向け玩具販促番組である関係上、あまり暴力的なモチーフは使用できないという、プリキュア独自の事情が多分に関わっていると思います。
 確かに、プリキュアの主要人物が宇宙をまたにかける海賊だったり、現代を生きる侍だったり、OLだったりしたら困る。

 しかしながら、そうやって縛りに縛ってきた結果が上述の状態でもあるわけでして、案外、宇宙をまたにかける海賊だったり、現代を生きる侍だったりといった設定を持たせる思い切りこそが、今のプリキュアに必要なものでもあるのかもしれません。いわば、Gガン的なターニングポイント作りというべきか。

 シリーズが縮小再生産の袋小路にはまった場合、どうなるかは地球戦隊っつーか、マックスマグマ大先生がその身を犠牲にして僕らに教えてくれたことですし、ね。

[PR]
by ejison2005 | 2012-03-01 04:22 | アニメ | Comments(8)