<   2012年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧
第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇 プレイ記 1

第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇(通常版)

バンダイナムコゲームス


 飽きるか面倒になったら何の音沙汰もなくやめるプレイ記。

 ヨドバシにて初回限定版新品が1980円でワゴンに並んでたので、これも天命かと思いPSP本体共々購入。

 で、初めてのPSPとなるわけですが、いや、むっちゃくちゃ綺麗ですね。今までDS一辺倒だったわけだけど、とても同じ携帯機とは思えん。
 そして、購入する時に液晶保護シートを買わなかったからプレイ時の緊張感が半端無いw

 で、攻略に関する話ですが、まずL同様、隠しユニットとかに関する情報は見てあります。取り逃しとか嫌だからね。今回は排他条件とかではなく、純粋にロックオン、アルト、キリコ、ホランド、スザクの撃墜数に気をつけて、後は所定マップで必要な行動を取ればいいのかな。

 主人公とブラスタの名前はデフォルトで、誕生日はいつもの寺田誕生日をチョイス。武装は射撃型にしました。射程が長いのは良いことだ。


 第1話 『100万Gの男』

 クロウはいい三枚目主人公だなあ。そして、借金取りのおっさんも地味にいいキャラしてます。何らかの理由でクロウが落ちぶれた時とかに、再登場してくれないだろうか。

 マップ的にはまあ、なんてことない第1話。意外だったのは、最初に出てくる版権キャラが五飛さんだったことでしょうか。Lといい今回といい、ごひの汚名でも返上したいのか張さんはりきっとりまっせー。

 しかしこれ、前作から軽く20年くらい経ってるっぽいんだけど、まあ、前作組は時空震動にでも巻き込まれるんでしょうなあ。というか、前作とはパラレルワールドかな?


 第2話 『変わる世界』

 参戦作品を見た時、誰もがやるだろうと思い、そして期待に応えてくれたコラ沢さん回。でも、適当にやるとせっちゃんいきなり死にかけるんだね。仕方ないね。

 五飛に引き続き、今度はデュオが支援してくれるんだけど、TV版での参戦は久しぶりだから何かすごい新鮮味がありますね。ここ10年くらい、ずっと「正義の組織プリベンダー」だったからなあ。

 あと、上の方でいかなる話し合いがもたれたのか、とにかくリアル頭身の封印が解かれているため、ガンダム組のアニメがすげえ格好良いです。やっぱりこれがあると、ピシッと画面が締まるね。

 せっちゃんは連続行動があるので、再攻撃とかを養成させてガンガン突っ込ませたいね。


 第3話 『始動!マジンガー!』

 マジンガーとダイ・ガードが見たいので日本ルート。

 リメイク版とはいえ、マジンガーの序盤再現シナリオをスパロボでプレイするというのはあまりに新鮮な体験。ウィングといいこれといい、普段参戦してる連中の別アプローチって感じがしますね。いや、マジンガーはこっから別アプローチどころの話じゃなくなってくんだけどもw

 そしてアレルヤ……いや、あるのは有難いんだけど……お前がヒット&アウェイを持っていても……。00組って乗り換えできるのかなあ?

 そして大幅に強化されてるスパロボの常連ガラダ先生&ダブラス先生。でも、結局やられ役の両先生。明らかにあしゅら男爵が全部持ってっちゃってるが、彼らに未来はあるのだろうか。


 今後の方針

 SRポイントが隠し条件に関係ないみたいだから、あまり気にせず攻略。まあ、いまんところは取れてるけど。わざわざ敵を増やしたり堅くしたりする趣味もないし、今後も気にせずプレイする。

 資金は全てブラスタの運動性&照準値、そしてマジンガーの装甲へ。
 今作はNEOと同じで回復アイテムが使い捨てじゃないから、リペアキットやプロペラントタンクもガンガン使っていきたいです。

 贔屓筋としては、やはりダイ・ガードに愛を注ぎ込んでいきたい。まだ出てきてないけど。

[PR]
by ejison2005 | 2012-01-27 05:22 | ゲーム
Ever17 プレイ記 最終回

Ever17 -the out of infinity-Premium Edition (Playstation2)

キッド


 飽きるか面倒になったら何の音沙汰もなくやめるプレイ記。ネタバレ注意!

 全エンディング&エピローグを見たよ。プレイ時間は25時間ちょい。僕はボイスを聞かずに先へ進めちゃう人だから、真面目に聞きながら遊んでたらもっとかかっただろうね。

続きを読む
[PR]
by ejison2005 | 2012-01-27 01:19 | ゲーム
週刊少年ジャンプ 12年 08号 感想
 右腕に古傷のある、術が得意な紫を筆頭とする昔の仲間達よ……お前達の魂は俺が受け継ぐ!

 それにしても、あの右腕に古傷のある仮面の魔戒法師……一体何者なんだ……。

  あぁあぁ゛ぁ゛!  ドグワシャァ             イヤァァキャァア゛ァ゛
                   グシャ   キャァア゛ァ゛
   ブシュルル マミぃぃぃ!!  今のうちに!   でもぉぉ!   早く!
           ドシャアアン                   イヤァァ
  ヒッヒッだはぁぁ!!       よしと君! ドルシュッ  ドシャァァ  行くよ!

たぁすけ゛て゛え゛え゛え゛え゛え゛    キンッ キンッ  はぁ゛あ゛あ゛ぁ゛あ゛ぁ゛
                /:::::::::::_:::_:::_:::_::::::::::\   人人人人人人人     ヒッ
  ゴリ グルル       /:::::::::/\  /\ ::::::::\<もう誰も      >
             (::::::::::/( ●)  (●)\ ::::::::<死なせはしない!>  ゴリュリュ
      ゴキュ     .{ミ/::::::⌒(__人__)⌒::::: \ミ} Y´Y´Y´Y´Y´Y´Y        ボトッ
            /:::::|       |llllllll|       |:::::\   いやあ゛ぁ゛あ゛ぁ゛
   ブチュ       /::::::/\    `⌒´     /\::::::\            グチュル

 ↑そして今週のザンキさん。はよ助けろwwwww


 トリコ

 全力で阻止させてもらうポーズのままボスが登場したため、腕をにゅいーんと伸ばした状態でざわっとリアクションする羽目になったナイスニィさんがちょっと可愛かったです。これ、後日部下の間で噂になるんじゃなかろうか。
「なあ、ナイスニィ様ってあの時どうするつもりだったんだ? 今時、腕を伸ばすキャラてw」
「あの状態のままリアクションするとかチョー受けるんですけどw」
 みたいな。

 本編ですが、これはもう両組織のトップが超カッケーって感じですね。最後の兄者発言も、色んな意味合いに受け取ることができてグー。
 主だった敵幹部の顔見せに加え、トリコと同じ思想を持ってる会長を通じて、和解は不可能という現状の提示。ついでに、小松の友達に関する何がしかの伏線も張ってある、とてもワクワクするエピソードだったと思います。


 ナルト

 「お前らの大切なオレのモノ…」が「お前らの大切なオレのモノ♂…」という意味かと思ったのは僕だけじゃないと信じたい。


 バクマン。

 これ、服部さん今は場の勢いで絶賛しちゃってるけど、後からこれまで迷惑をかけられてきた諸々に想いを馳せた時、その原因となってたのがこのスイーツドリームであったと気づいて愕然とするのではなかろうか。


 ニセコイ

 色々置いといて、スク水描写が良かったです。スク水描写がとてもとても良かったです。

 本編ですが、水着回であることと合わせて露骨なテコ入れ臭を感じますね。やっぱり。連載開始時にも書いたと思うけど、鍵関連のお話とヤクザ関連のお話が完全に乖離しており、結果として鍵関連のお話があってもなくても一緒みたいな状態になってるので、とりあえず鍵の方だけでも処理しとこう的な。

 もしくは、鍵を開くことによっておファンタジー的なサムシングでも飛び出してくるのでしょうか。それはそれで、夜明けの炎刃王ルートまっしぐらな気がするんだけど。


 ブリーチ連載前のアイデアノート

 「描かれたそのどれもが、現在の姿と寸分違わず~」というのはこれ、さすがにどうなんだろうか。担当さん、久保先生って画力自体は猛烈に向上してるんだから……! 現在の姿と比べたら、途中でワープ進化でもやったのって状態だから……!

 マジレスすると、「この段階で、ほぼキャラデザインが完成していたのが分かる」とか、そんな感じにするべきだったでしょうね。


 DOPPELER(読み切り)

 ドッペルゲンガーをモチーフにしたからこそ出来る何がしかが一切存在しないため、ただのモンスターにしかなってないとか、連続変死事件が起きてるのに学校は通常営業なのかよとか、この設定だとそこら中にドッペルゲンガーが誕生して社会問題化しね? とか、ツッコミ所は大量に存在しますが、今回、特にピックアップしたいのは、おそらく作品のテーマとして据えたのであろう「殺意」という部分です。

 そもそも、ドッペルゲンガーが生まれる要因が「自殺願望」すなわち、自分の命を断ちたい、という想いですので、

 死にたくなる → ドッペルゲンガーが周囲の人間を殺しまくる

 この大前提となる図式がまず成立しません。何で自殺したい奴から生まれた怪物が、周囲の人間を殺してまわるの? という話です。
 どうしてもこの設定でやっていきたいのならば、「→」の部分に「人間の死から生まれた存在なので、誰かを殺さなければ存在を維持できない」などの理由付けが必要なところです。

 更に、クライマックスとなる覚醒シーンが問題で、僕としてはこれって「殺意」に分類していい感情なの? と思えてならんのです。
 確かに、結論としては目の前の怪物を退治しなければならんわけですから、そういう意味では殺意を抱いてるのかもしれませんが、それはあくまでも目的のために取らざるを得ない手段でしかないと思うのですよ。つまり、主人公が抱いているのは殺意ではなく、正義の心とか庇護心とかそういう代物なのではないかと。
 より分かりやすく具体例を出すと、みんな大好きジャバウォックと騎士は、別々の想いから誕生したARMSなのです。

 こういった筋書きにしたいのならば、テーマを「殺意」ではなく「誰かを守ろうとすること」とかにして、今週のザンキさんみたいに大切なものを守れなかった主人公が、それを出来るまでに成長するような話としたほうが、破綻なくまとまっていたんじゃないでしょうか(それだけだとテンプレすぎるけど)。


 マジコ

 色々置いといて、でかい手で挟めばいい相手側はともかく、そのでかい相手に頭突きで挟み込みを行ったりする主人公側のアクションが果てしなく微妙な絵面になってしまうんだけど、格好いいアクションに仕立て上げる何らかの算段があってこのバトル形式を選択したのでしょうか。


 こち亀

 同じようにサンドイッチ購買法を紹介していたビデオレンタル店の話において、両さんは一切のカモフラージュをせずに大量のエロビデオを借りてたりしたんだけど、まあ、そこら辺の整合性というか、秋本先生の中でのキャラぶれはひとまず置いておきましょう。

 だがしかし、ネット通販でサンドイッチ購入法を行うというのはどういうことなのか。効果の程はさておき、サンドイッチ購入法というのは、実際に売り手と向き合った際の恥ずかしさを軽減するために生み出された技なのであって、ネット通販で実行する人間なんぞ普通に考えて存在しないはずなのですが……。

 しかしながら、秋本先生も既によいお年。そういったエロ関係に関するセンスというか、実経験が衰えを見せるのも致し方の無いことかもしれませんね。


 ハンター

 ゴンがやって来てどうにかするのかと思いきや、レオリオが自力で支持を集めちゃいました。まるで主人公のようだ。
 ついでに、ここまで、ヒソカに暗殺されちゃった例の彼らを含めてハンター上位勢のsage展開がかなり行われてきただけに、チードルさんがレオリオを支援することでトップハンターの威厳を多少なりとも取り戻しているのもよかったです。さすがに、してやられっぱなしだと十二支んの株価が暴落しちゃうからね。

 アルカたん関連のネタばらしは、キルアがもうナニカに何もお願いしないことをベストと考えているし、「アルカ状態のアルカ」にこれからはずっと一緒だよ宣言してるので、ゴンを治した後にもうワンアクション、何か行うのかな。永続的に能力を使用不能になるようなことを。

 パリストンさんに関しては、多分彼自身もレオリオを推して満場一致での13代会長誕生にするんだろうけど、その後に何かやるんですかね。


 スーパーヒーロータイム

 フォーゼ #19

 三条脚本でライブラの弟子がドラゴン……何という週刊少年ジャンプ回。

 そして今回は、ここまで順調にやってきた弦ちゃんが、とうとう好感度管理に失敗するお話でもありましたね。やはり、わき道逸れずに一極集中するのが攻略の基本だよな。マジレスすると、中間フォーム登場に意味を持たせる……賢吾と喧嘩し、仲直りした象徴として登場させるためなわけですが。

 そして橘さんwww
 バルゴと問答するシーンでは、結構切実にびびってるよなこの人w
 最強の盾っつーか鎧を持つ弟子が来週やられちゃうわけだし、そろそろ退場が近づいてきましたかね。この人いないと迷彩施して回収できる人材がいなくなるから、ホロスコープスの正体気づかれそうだけど、どっかの段階で気づかせないといけないことだし。

・マグネットスイッチ
 すごいじりょくをはっきして、まわりのきんぞくをひきよせる!
 それによるリアクションえんぎのきょうようで、たかいわさんをつかれさせることができるんだ!


 ゴーカイジャー #47

・根っからの悪人
・隠されていた真意があった

 という2パターンがありえたバスコさんですが、お猿さんはガチ死にっぽいし、純粋な悪人ルートで確定ですかね。最後の最後で皇帝の攻撃からマーベラスを庇って死亡とかやりそうな気もしますが、ともあれ、マーベラスの成長を表現する上で良いキャラクターになったものです。

 また、爆弾扱いされたお猿さんも改めてマーベラスの心情を反映させるいいお仕事でしたね。単なる賑やかしみたいな存在だと思ってたのに、この終盤でこんな重要な役割を果たすとは……。

 しかし、設定上当然の行動ではあるんだけど、電話で連絡しあうのはなんかワロタ。

[PR]
by ejison2005 | 2012-01-24 05:17 | ジャンプ感想
Ever17 プレイ記 4

Ever17 -the out of infinity-Premium Edition (Playstation2)

キッド


 飽きるか面倒になったら何の音沙汰もなくやめるプレイ記。ネタバレ注意!

 ココルート以外全てクリア。シナリオギミックについてほぼ理解した。

続きを読む
[PR]
by ejison2005 | 2012-01-20 04:59 | ゲーム
Ever17 プレイ記 3

Ever17 -the out of infinity-Premium Edition (Playstation2)

キッド


 飽きるか面倒になったら何の音沙汰もなくやめるプレイ記。ネタバレ注意!

続きを読む
[PR]
by ejison2005 | 2012-01-19 00:55 | ゲーム
Ever17 プレイ記 2

Ever17 -the out of infinity-Premium Edition (Playstation2)

キッド


 飽きるか面倒になったら何の音沙汰もなくやめるプレイ記。ネタバレ注意!

続きを読む
[PR]
by ejison2005 | 2012-01-18 02:21 | ゲーム
週刊少年ジャンプ 12年 07号 感想
 不確定性原理に新数式 「物理の常識」修正せまる
 よく分からんが、とにかくすげえ発見だということはよく分かった。こんなSF作品みたいなことが、現実でも起こるもんなんですなあ。

 それと、年が明けてもシルシルミシルは平常運転で何よりです。見ながら書いてるから全然感想書き上がらねえw


 黒子

 これだと来週辺り、「でもどの辺に放ったかは見てれば分かるよね(バチーン!)」となりそうな気がしてならないのですが、なんかかめはめ波みたいなポーズで放ってますし、変化球的なサムシングが存在するんですかね。


 ワンピース

 ?? え、財宝あげちゃったの? 喧嘩売ったのに??
 これはちょっと本気で意味が分からないんだけど、どういうことなんだぜ。ルフィが言ったのは「財宝あげるから許してやれよ」で、ビッグ・マムはそれに対し「欲しいものは妥協しない! が、心意気を買って魚人島は見逃し、お前達と敵対することにしよう」と言ってたと思うんだけど、どこにも財宝あげるやり取りなくね? ビッグ・マム妥協しちゃったの??

 はたから見た状況としても、ルフィ側が「ビッグ・マム様~財宝あげるから魚人島は見逃して、せめてオラ達にタゲ移してくだしあ」みたいにお願いして、ビッグ・マムがそれを叶えたみたいになっちゃうし、早くも喧嘩の図式がよく分からなくなってきたぜよ。

 まあ、それはさておき、イメチェンしたたしぎちゃんがとてもとてもかわいかったです。しかも、そこはかとなくえろい。こんなん、俺もG-5に入って砲撃のたびにルパンダイブかましたいわ。


 銀魂

 最初は鉄板の山崎さんネタで突き進むのかと思ってましたが、意外なところから意外な面子同士が絡み合ってお話を形成していくのが面白かったです。沖田さん、あれで意外とエピソードをけん引することがほとんどないからなあ。要所要所でボケるけど、最近はカウンター受けることも多くなって来たし。
 それに加え、メインを張るのがたまと山崎さんという二軍コンビですし、今シリーズの銀魂は、キャラ資産を蓄えてきた漫画ならではの面白さがあると思う。


 トリコ

 わざわざ正体を隠してきたことだし、ダーニルさんの正体は既存キャラの誰かですかね? 具体的にいうと、謎の情報網、ロボ、大金持ちということで、カーネルさん辺りが怪しい。いや、正確にはカーネルさんも顔のひとつとかなんだろうけど。
 で、ジョアさんの正体は美食會の幹部か何かで、出し抜いてたつもりが利用されていたのか~みたいなオチになりそう。

 美食會幹部の顔見せに関しては、先日の件もあるし「気合い入れて引き延ばしてやるぜ!」みたいな意図を感じてしまい、ちょっといやんとなるのだけど、まあ、しまぶーなら上手いことやってくれるでしょう。
 逆にいえば、これだけはっきり人数と役職を出したってことは、多少の増減や出世降格があったとしても、基本的にはこの構成でいきますよってことだし。ある意味、作品全体としてのゴールが見えたといえる。

 デザインラインが微妙に似てる三虎さんとスタージュン様は、血縁関係というオチですかね。これからお話を進めるにあたって、スター様も出世してかないとインフレに置いてかれるわけだけど、それなら説得力を持つし。


 スケットダンス

 中谷さんって、そんなネタが仕込んであったのかw うーむ。僕が知らんだけで、ひょっとしてこの漫画は他にもそういったネタをいくつも仕込んであったりするのでしょうか。

 そういった仕込みと、ネタ自体の面白さと合わせてスケダンのギャグエピソードでも上位にくるエピソードだったと思います。正しいメタネタの活用法だったと思う。


 ブリーチ

 拳西さんチィーッス! 生きていたのか、つーか、まだ存在できてたのか!?

 本編ですが、冗談で書いてたのに、本当に銀城さん埋葬エンドになったでござる。
 そういや、死んじゃった銀城さんの魂ってブリーチ世界だとどこにいくんだっけ? ルコン街か何かのくだりでちょろっと解説されたと思うんだけど、昔のことなんでちょっと覚えてないです。
 そこら辺の設定次第では、過去に何があったのかを聞く機会が二度となくなるなあ。隊長の皆さんは語る気なさそうだし、本当、一護は詳しい事情も知らない状態で何をどう熟考したというのだろうか。


 ニセコイ

 数分で扉開けられるだろうし、「こんな状態の奴」をこんな状態のまま震えさせとくよりは、とっとと抜本的な問題解決を図ってやるのが優しさというものではないでしょうか。他の友達も心配することだし。


 バクマン。

                   ふ……
             l.玉}、
            〔l`ーイ      ふざけるなよ…!
            /丁WYヾヽ
          ハノ-―ー|ハ   戦争だろうが…
          /ゞイ      ト-'
    _ r‐' / 丿     |     自分だけ結婚するのはまだしも
   /´V 屶|} /`ー‐┬‐イ
   \\ ヾ_i/ ,/  | _」       それを口にしたら……
     \___/|  |   ヽ ヽ
.        ┌|__,|    ゝニ<    戦 争 だ ろ う が っ・・・・・・!
        `‐┘    └‐┘

 なるほど。今度こそアニメ化も達成しそうな今、どのようにして話を進行させるのかと思っていたら、次の展開はリアル殺人事件でしたか。
 何せこれ、サイコーが一人でモンモンとしながら眠る中、自分達は隣で自主規制なことをしでかす気満々と宣言してるようなもんですからね。むしろ、その状況をダシにしてより激しく燃えあがってやんよと言ってるも同然ですからね。そして将来、シュージン達に子供が出来た時、サイコーはちょろっと日付を計算して愕然とするわけですよ。何という鬼畜。

 こうなったらもう、殺っちまうしかないでしょう。法は許さなくても俺が許す。そして、その時の経験を糧にサイコーは自分一人でもサスペンスものをやっていけるだけの作劇能力を身につける、と。うむ! 綺麗に繋がったな!


 いぬまるだしっ

 地味な蹴りをする時のたまこ先生がかわいかったです。


 リボーン

 ガンマwwwww

 基本的に殺しは無しのこのルールだけど、こいつだけは確実に息の根を断っておいた方がいいんじゃなかろうか。こう、社会的正義のために。ロリへ忠義を尽くすだけならまだしも、かまってくれないからすねるとか、どんだけだよこの人。


 ハンター

 何このツンデレ委員長タイプ。いかん、かわいく思えてきた。しかも今までこんなやり取りが何度もあったっぽいとか、ゲンスルー、ジン爆発させろ。「息子さん」という他人行儀な言い方がなければ、チードルがゴンママなんじゃないかと疑うレベルです。

 本編の方は、エンドレス選挙タイムなんて勝手にやっていいのかとか、ネテロ会長が自分さえ楽しめれば何でもあり的な人物にされてきてないか、というのがちょっと気になったり。後者に関しては、まだパリストンが悪さすると決まったわけじゃないから微妙なところではありますが(決まったようなもんだけど)。

 ゴンが選挙とジンのどちらに関わるかに関しては、両方ともがアンサーでしたね。さすがにこの状況じゃジンも逃げられないし、仮に世界最高峰のその実力をもって正面突破を図ったとしても、こちらには使い方次第で最強との呼び声高い念能力者、ゴレイヌ先生が控えてるし。
 最後の最後、鍵を握るのはブラックゴレイヌだった……!


 スーパーヒーロータイム

 フォーゼ #17&18

 橘VSタチバナ
\\ == \    __           _┌┐
 [ [_二二_\_/./∠勹ヽ   ロロロ\| |. ̄.「 ̄l\[ ̄|\
  | .| - ┌‐─‐┤∠   ∠几 _ .「= | = | [  勹..|  l   | .| |
  | .| ‐ │匸 ̄ |フ /  = 」|. |.|ⅵ= .|.=.」 |  勹.|  レ、 | .| |
 「 「 ‐ │×′く[,..、|フ = ∠|ノノ 匸 __コ/ [´ |__/. |__」 |
 レィ ̄凵 L/\\| .| .λ  |、_,,/|  凵 [_∧__/ 、__/\_/
. \_イ__∧_二二二λ二/   ¨\_,.‐‐‐^-‐′

 もう許してやれよwww

 そんなわけで、メテオ編スタートですが、早速、弦ちゃんにメンタル的な意味で攻略されてるのが何とも印象的でした。ずっと敵対的だとイメージ悪くなるし、引っ掻き回す役として活動しながら印象改善を図る、良い一手だったのではないでしょうか。
 そもそも、流星が最初から事情を明かしてればライダー部は喜んで協力していただろうし、どうも寝たきりの友人とも根っこのところで分かりあえてなかったっぽいし、「腹を割って話す」というのがメテオ編における重要なポイントとなりそうです。

 殺陣の面では、うん、無手っていいなあ。欲をいうなら、スコーピオン戦ではもうちょっと形意拳っぽい動きを見せて欲しかったけど。せっかくの拳法対決なんだし。
 他には、ちょこっとしかないけど学校内での戦いが面白かったですね。特撮はロケ場所が限られてるから、こうやって普段使わない場所で撮影してくれるだけでも随分と新鮮味がある。狭苦しい場所だから、動きも相応のものになっていて面白かったし。


 ゴーカイジャー #45&46

 え……いやその……青二才は……?

 何だろう。いやね、出来はすごく良いんですよ。本当、この一点さえ除けばパーフェクトなカクレン回……というかニンジャマン回だったと言える。
 でも……でもね……だからこそ欲しかったのです。「青二才」のひと言が! いや! 分かる! それを入れたら成長したニンジャマンという描写が台無しになってしまうのだと! つーか、言いそうな人物が誰もいねえのだと!

 しかし、それを考慮しても、やはり青二才が欲しかったなあ。あれがあってのニンジャマンだと思うし。

 つーか、サムライマンのスーツ作る予算がなかったんじゃ?

[PR]
by ejison2005 | 2012-01-17 05:55 | ジャンプ感想
Ever17 プレイ記 1

Ever17 -the out of infinity-Premium Edition (Playstation2)

キッド


 飽きるか面倒になったら何の音沙汰もなくやめるプレイ記。ネタバレ注意!

続きを読む
[PR]
by ejison2005 | 2012-01-15 03:24 | ゲーム
2012年 冬アニメ ファーストインプレッション
f0029827_5502022.jpg

 失うことから全ては始まる……。
 正気にては大業ならず。アニメ感想とはシグルイである。


 偽物語

 はがないに足りなかったもの全てが詰まったような作品。
 紙芝居だとか何やかんやと言われがちだけど、単に会話してるだけのシーンを「映像」に仕立て上げてる立派なお仕事だと僕は思うなあ。逆説的にいうと、これやらずに普通に会話してるシーンを作っちゃったのがはがないなわけでして。

 この調子で息切れせずに映像へと昇華させ続けていったら、鉄板で楽しめる作品になるんじゃないですかね。めだかは好きじゃないけど、こっちは普通に好きだし。


 あの夏で待ってる

       \ ,-/      _/  ,,‐''-''ヽ ,,-‐'''‐-、  /ノ   /  ノ  /  /,,-─/
          / /      '" /    / ,,-、 /、ヽ\  ゙i;,-''"   / ./  /─''''" ̄ ,,/
        /  ./ /   ,,,-‐'"-/   / ./ ゙" "\  ゙i;,  | 、// /   "    ,,,/
       / ,-''/ /    ,,-''"_ /   //       ヽ  l /  レ'/~       /‐/
      / /  | l|  ,,-'"/゙/,」|    /    ..::;;;,,,  }  /   |~ ,,-‐,,,-'''  //~
     / /-'''''| | /l /‐'''/'' .人   i'    .:: :;'" / / l  ノ゙i// ,,-‐'"──==
     //'"   ゙i;: | /‐' ./,, ,,ノ ゙i;,.  |     _,,-ヾ.// ノ ,-''" l |  ‐'"   ,,,-‐二
     レ'     ヽl:i' ./  )'、‐,\゙i;: | ,,,-‐二-┬ナ" /‐'"‐ 〉 ,i'───'''" ̄~-''"
         ,-‐',ヽ|'"  ./゙ヽ-ゝ='\゙i,'''ヽ -゙=‐'   '" ,‐'ノ,, /‐''" ,,-‐'''"~
        / / ;;:.  ──ヽ, ゙i;'''''' , ゙ "-‐'''''"""    〔_,/ ゙ヽ'-'"~    おめぇ、ココ
       / /   / ,; ,,_}_  ゙、 ./__,,  _,,       /      \
      ,;'  / ,;;;:;:/;: ,,   ~ ヽ ヽ.  ヽニ‐'、     / /       ゙i,_    おかしいんじゃねぇか?
    ./        ''  ,l,,,,,,/ 〉  ゙ヽ、 '''' :;l  ,,-''" /        ゙i.\
    /          / ヽ /     ゙ヽ、--イ~;;:'" //   ::;:;:;:   | \
   i          /  ̄ ゙̄"          |;:" //            ヽ-‐'''"~l|
  ./    ゙''''ヽ、,,-‐''"              .i /,;'"   _,,,,,,,,,_,,,-‐'''-''"~     |
 (" ̄"'''''‐--、,,_i'                 // '",,-─'''"  ,,,-‐'",-‐'"  ,,,,-‐ .___|
 i' ゙'':::::::::::::::::::::::}                _/''-'''"~   ,,,-‐'",,-'''"  ,,,-‐二-‐''''"   ゙ヽ

 主人公の妄想トリップぶりに一抹の不安を抱いてしまう今日この頃。どっか頭でも打ったんじゃねえのかのかと言いたいが、よく考えたら冒頭部で盛大に事故っていたのであった。
 なんというか、エロ妄想するやつがエロアクシデントに巻き込まれるのは楽しくないんですよね。うぜえ死ねと思ってしまう。あくまでも、望まぬところでエロアクシデントに巻き込まれるからこそ、ヒロインからも視聴者からも情状酌量の余地を得られるわけで。
 そういった嫌悪感を吹き飛ばし、ただただ我々を感服させるスキルを持ったキャラこそ紳士と呼ばれ親しまれる存在なわけですが、この少年にはそういった敬意を抱けんのよ。

 ヒロインの眼鏡っ子もすごくかわいいし、他の部分は居候系ラブコメの基本に則った非常に良い出来なんですけどね。それだけに、後は全てこいつ次第だと思う。

 あと、おねがいシリーズのセルフパロみたいなところがあるらしいけど、見たことないから何ともいえないなあ。


 輪廻のラグランジェ

 気がついたらヤングガンガン5冊くらい積んでるので、漫画版とのリンクはよく分からないです。休日にまとめて読もうとは思っているんだけど……ちなみにサンデーは3冊積んでる。
 と、いう風に感想書こうと思いながら見てたんだけど、この敵連中いいモン側のキャラじゃねえかw くるでー本当の敵は○○とか、こういう事情があったんだー的な展開くるでー。

 お話としてはもう五番煎じくらいの圧倒的な既視感を感じるものなので大して期待はしてませんが(それだけにやはり敵のアホトリオの動かし方が重要だと思う。単なる使徒になっちゃいやん)、初っ端からジャーマンスープレックスホールドを仕掛ける心意気を大いに買いたいです。やはりロボの肉弾戦はいい心が洗われるようだ。
 しかし、これで倒されるって敵はレイバー並に華奢な作りなのだろうかw (漫画版のグリフォン戦フィニッシュホールドが同じ技)


 パパのいうことを聞きなさい!

 う~ん、導入として見るのなら、SQ漫画版の方が出来いいと思います。はい。これってうさぎドロップに例えなくても、主人公が娘を引き取るところまで進まずに第一話を終えるようなものだし。というか終えたし。つっても、最近SQ買ってないし、この導入の違いが先々にどのような違いを生むかは知らないけども。

 しかし、長女が最初から主人公に惚れてるってのが説得力無いよなあ。こういう展開でいきたいなら、せめてツラだけでもイケメンにデザインしてあげればよかったのではないでしょうか。まあ、別にツラ起因ではなく過去にちょっと優しくされたから~とかいう線も濃厚だけど。

 とにかく、主人公のステータスがやたら高い上に収入もしっかりしていたうさぎドロップと比べると、ステータス・収入ともにノービスクラスという無理ありありな物語なわけですので、主人公がその無理ありありな部分に説得力を持たせられるだけのヒーロー性を発揮できるかどうかに全てがかかっていると思います。


 妖狐×僕SS

 原作は全巻買ってるんだけど、四巻のネタバレ全開な帯コメでむにゃむにゃして何となく積んじゃってます。いずれ読まねば。基本的に妖怪である意味が無い展開がそこまで続いたんだけど、その辺どうなったんだろうか。あと、これじゃSSじゃなくて執事だよね。

 先の展開を知ってるからサラッと流すけど、犬の人の暗い過去(笑)は僕の感覚から言わせてもらえば本当に(笑)の中二的妄想の産物なので、できればこれもサラッと流して欲しいな。


 Another

 早く誰か死なねーかなーと思いながら視聴した第一話でした。不気味な雰囲気を推し出してくれるのはいいんだけど、不気味な雰囲気だけで終わってしまっている感じ。
 竜頭蛇尾という言葉はあるけど、蛇頭竜尾という言葉は存在しないわけで、次回辺りでとっとと事件起こしてくれないと興味を維持できないと思うな。僕が。


 戦姫絶唱シンフォギア

 一応、録り溜めだけはしときますんで、巨大ロボットにヒロインが乗り込むような展開になったら教えて下さい。
 まあ、それでも頑張って眠いのをこらえて感想書いとくと、売れてる作品の要素は集めてみたけど、売れてる作品が何故売れてるのかは分かっていなかったという感じの作品でしょうか。


 モーレツ宇宙海賊

 タイトルに反して、すげえ手堅い作りでびっくりしました。ひと昔前のラノベ的SFを真面目にやってみました、みたいな感じ。いや、原作はラノベらしいけども。

 海賊が題材なのに、主人公が海賊行為に及ぶところまで話が進まなかったのは残念だけど、その分、世界観の提示も丁寧に分かりやすくなるべく説明がましくなくやってくれてますし、このままやってくれれば、作品の作り通り手堅く手堅く楽しませてくれそうで嬉しいです。


 アクエリオンEVOL

 お話としてはもう五番煎じくらいの圧倒的な既視感を感じるものなので以下略。

 とにかくまあ、アポロっぽい人と司令がとても楽しそうで何よりです。ほっこりした。


 アマガミSS+ plus

f0029827_5503786.jpg

 絢辻さんは裏表のない素敵な人です。


 キルミーベイベー

 茶髪の子がアホかわいい!

 美少女達がキャッキャとかわいさを振りまきながら仲良くしてるのを眺めているだけでとても幸せな気分になれる僕ですが、この作品は小ネタがいちいちクスクス笑えるものなのでなおのこと嬉しい。正気度が回復する。


 BRAVE10

 原作はてっきり乙女ゲーなのかと思ってたら、漫画だったのねん。でもまあ、根っこのところの遺伝子には同じものを感じる。

 こういった作品で嬉しいのは、人間的に未熟な面をほとんどヒロインに押し付けられる(精神的に成長する役を任せられる)から、男性陣が素直にヒーローやれるところですよね。格好良い男が格好良く活躍する姿を眺めているのもまた、僕を幸せにしてくれるのです。

 ただひとつ難を感じるのは、ヒロインが美味しそうに蕎麦の大食いを披露して見せたその晩に、今度は悲劇役へジョブチェンジするという、人格の乖離が見られる点でしょうか。
 キャラがよく分からなくなるだけなので、そこはどっちかで一本通しておいた方が良かったと思います。悲劇役やってたところを誰がしかに諭されるなり何なりした後、というならともかく。


 男子高校生の日常

f0029827_5505777.jpg


 新テニスの王子様

f0029827_5511792.jpg


 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕

f0029827_5513682.jpg

 かくもおぞましきアニメ達について記すことをどうか許して欲しい……。
 これらの作品は我々の知識では計り知れぬ、まさしく異界からの来訪者といってよい存在であった……。
 ああ……モニターに……モニターに……。


f0029827_5515461.jpg

f0029827_552660.jpg

    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

[PR]
by ejison2005 | 2012-01-14 06:02 | アニメ
ペルソナ3フェス プレイ記 最終回

ペルソナ3 フェス PlayStation 2 the Best

アトラス


 飽きるか面倒になったら何の音沙汰もなくやめるプレイ記。難易度はノーマル。主人公の名前は英 慈尊(えい じそん)。ついにクリア!

 特別課外活動部大勝利! 希望の未来へ……レディー! ゴー!






























 ※但し英慈尊てめーは駄目だ

f0029827_4314561.jpg

 どういうことだおい!?

        |\           /|
        |\\       //|    
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′  
.       V            V   万人がいつか必ず体験する結末のデフォルメとして
.       i{ ●      ● }i    「最高の充実の中で事切れる」
       八    、_,_,     八    というハッピーエンドを描きました
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__


 後日談の感想とか攻略とか

 まあ、それはさておき、ゲームとしては後日談かなり好きです。本編のわずらわしい部分をすっ飛ばして、ひたすらダンジョンアタックするのが楽しかった。日常パートも別に嫌いじゃないけど、その時点で行けるとこまで行った後、満月待ちする期間がだるかったからなー。

 そんなわけで後日談における僕なりの攻略ですが、まず序盤は正義……というか、光系に耐性を備えてるペルソナと、悪魔と死神……つーか、闇系に耐性備えてるペルソナが手放せませんでしたね。ハマ怖いムド怖い。ホムンクルスも少ないし、宝石もないのでプレイ時間を無駄にしない保険要員が必要不可欠だった。

 それと、エリザベスちゃんが職務放棄したことによるペルソナの貧弱さと、獲得資金の少なさには後半まで悩まされることになりました。お金に関しては、本編と比べてソードのカードでそれなりに役立つ装備が手に入るようになってるので(特にアクセ類)、そっちを優先的に取得しろってことなんでしょうね。

 ペルソナで役立ったのは、複数属性の魔法攻撃を持つペルソナ。あとオーディン。
 後日談は敵の編成がいやらしいから、単一属性複数攻撃魔法だと弱点をつけないし、複数属性魔法持ちのペルソナがいるのといないのとでは攻略難易度が大幅に変わることでしょう。
 オーディンは、真理の雷による感電→ダウンによる高HP雑魚処理要員。燃費もいいし、作ってからはずっとレギュラーでした。

 また、上記の通り、エリザベスちゃんが仕事してくれない関係上、必要スキルの揃ったペルソナを出来るだけ長く使い続ける必要があったので、グロウ系のスキルが非常に役立ったかな。

 PTは、メティス、真田先輩、順平で固定化し、ずっと使い続けました。
 狙いとしては、アイギスを除いたメンバーで四属性をカバーできるように、というのと、新キャラであるメティス、本編で腐らせてた順平を活用してみよう、という感じ。あと、余計な補助魔法とか使わないメンバーw

 意外だったのは、豊富な攻撃属性を備えており、雑魚戦で常時オルギアすることで継戦能力が高いメティスはともかく、順平がなかなかの活躍ぶりを見せたこと。
 後日談ではレベルの関係上、加入直後にマハラクカジャを習得&補助指示を出せば、ほぼ確実に使ってくれるということで、ボス戦での生存能力向上にひと役買いましたし、攻撃面でも高い……とは言わずとも、どんな敵にもそれなりのダメージを与えられる安定性があった。
 真田先輩は……真田先輩だったよ(´・ω・`)


 ペルソナ達

 後日談は仕様上、凄まじい勢いでペルソナを乗り換えていくことになるので、最終的なメンバーと、特に役立ったやつを紹介。アイギスちゃんマジ尻軽!


 サキュバス
 最終的にキュベレの素材となったが、中盤~終盤まで末長く活躍したアギダイン・ジオンガ・ガルーラの使い手。ブフの使い手と合わせれば、混合編成でも容易にダウンを取れる。光無効の習得に伴い、弱点が無くなるのも嬉しい。
 レベル54くらいまで上げたと思う。


 キュベレ
 サキュバスの魂を受け継いだ恋愛のペルソナ。
 ブフダイン・ガルーラ・ジオンガと、こちらも三属性の使い手。刹那五月雨撃もあるので、攻撃力が大幅に向上したといえる。


 ティターニア
 貫録のレベル67。ミドルグロウは偉大である。神々の加護を用いた低燃費回復要員として、野良で加入したのを最後まで連れ歩くことになった。


 オーディン
 真理の雷がとにかく便利な上、魔術の素養も習得するので燃費も良好。さすが北欧神話の主神は格が違った。
 マハタルンダも継承してあるので、そちらもボス戦では活躍。


 リリス
 アリスからムドブースタと死んでくれる?を継承してあるのだが、終盤は即死系の効かない敵も多いし、燃費も悪いのでいまいち活躍できなかった。マカラカーンあるけどコウリュウもいるし。


 ホルス
 だいそうじょうからハマブースタと回転説法を継承した……のだが、リリスと同じ理由で不遇。


 メルキセデク
 後日談でも大活躍のメルキセデク先生。本編では消しちゃったハイグロウを保持させたままだったので、めきめきレベルが上がっていった。
 自軍唯一の勝利の息吹持ちでもあるため、活躍の幅が広い。


 コウリュウ
 アラハバキから継承したテトラカーンと自力で習得したマカラカーンによる反射要員。打撃無効と貫通無効も持つが、このタイプの例にもれず攻撃はアギダイン・ブフダインのみとやや貧弱。
 仕様上、ボスは攻撃を反射させた方が手っ取り早いので、割と活躍した部類。マカラカーンはメギド系使われるので微妙。


 シナリオ(本編・後日談合わせて)

 正直、あまり褒められたもんじゃないかなあ。
 プレイヤーに選択権を与えず、いきなり悟りを開いて犠牲になっちゃう無口無個性主人公、そしてそれを助けずに「俺らは強く生きてくからお前はアイアンクローされててくれ!」と言っちゃう後日談と、バッドエンドが二重の極みアッー! しているのもそうですし、これまで触れてきた通り、シナリオギミックとしてのKENJYUの使い方や、桐条財閥のクソさ加減など、細部でも問題が山積しています。
 一時期の平成ライダーを彷彿とさせる無理矢理な身内バトルに関しては、もうね、と。しかも、そこまでして成立させといて、実際に戦ったらスキルが別物過ぎて仲間と戦ってる気なんざしないという。

 しかしまあ、このシナリオを踏まえた上で作られたP4のアニメがとても楽しいので、遡って本作のシナリオにも価値が与えられたと見るべきかもしれない。


 まとめ

 そんなわけで、ゲームとしてはとても楽しく、シナリオ面では首を捻らされる作品だったと思います。
 しかし……長かった。後日談と合わせて、総プレイ時間は110時間くらいだもんなあ。
 プレイ時間を増長させる仕様の数々に関しても、P4では改良が進んで快適になったらしいですし、アトラス史的に見て、ペルソナ3は作風を一新させた新たなペルソナシリーズとして、まさに叩き台と呼べる立ち位置にある作品なのかもしれません。

 ようし、次はEver17だ!

[PR]
by ejison2005 | 2012-01-12 04:21 | ゲーム