<   2011年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
2011年 秋アニメ 感想
 書くよー。今回は一個にまとまったった。


 WORKING’!!

 スタッフが変わったって話だけど、それでこれだけ安定して面白いってのはすげえことだよな。
 ……うん、書くことがあんまりない(苦笑)。普通に面白かった。良い意味で。

 細かいところを書くと、ちょこちょこと挿入されるSD演出が作品の雰囲気とマッチしてかつ、可愛らしかったりとか色々ありますが、やはり最も評価されるのは、「変わらなかった」ことだよな。
 創業以来何代も経ている料理屋が、変わらぬ味を評価されぬよう、優れていた前シリーズの流れをきっちり引き継ぐっていうのは、とてもとても大事なことだと思うのですよ。ましてや、前述の通り作り手が変わっているわけだし。

 あと、今期は佐藤さん周りのお話が多かった印象があります。
 しかし、私は佐藤×ぽぷらを諦めない!


 ちはやふる

 ちゃんと競技カルタとしての戦術などを取り入れた試合描写をし(少なくとも、知識の無い僕にはちゃんとやってるように見える演出がなされてる)、マイナー競技への世間様からの風向きもドラマに仕立て上げ、と、作者は自らが競技者か、そうでないにしてもかなり綿密に取材しているのが伝わってくる丁寧な作品だと思います。

 お話作りとしては、少女漫画というより、スポーツ漫画に近いですね。というより、かなりヒカルの碁っぽい。作者もきっと、研究して取り込んでるんじゃないかな。
 題材が題材ゆえ、ヒカルの碁と違い、試合の進展具合を直接絵で見せることができるというのが本作の強みでしょうか。

 それにしても、ちはやちゃんは成長してもショートカットのままが良かったなあ。


 C3 -シーキューブ-

 紳士アニメかと思いきや、まさかの顔芸バトルアニメだったでござる。あの顔芸は一体、誰が得する演出だというのだろうか。

 本編ですが、このはちゃんがとても可愛かったです。幼馴染みと眼鏡と巨乳の良さが分からん不逞の輩は絶滅すべき。

 真面目にちょっと触れておくと、敵のキチガイさん達が本当にただのキチガイだったのがちょっと残念でしたね。魅力的なキチガイではない。
 どこら辺が魅力的なキチガイとの違いなのかって言われると、ちょっと僕も言葉に詰まるところはあるけど、ひとつ確かなのは、ちょっと饒舌に過ぎるところだと思います。再生屋鉄平じゃないけど、言葉ってのは重ねれば重ねるほど、ふわふわと重さをなくしてしまうものなんだ。
 より分かりやすくいうと、説明的過ぎる&自己弁護的に過ぎる。キチガイはあくまでキチガイとしてそこにあればよく、藤木源之助がキチガイなのは別に虎眼先生から影響受けたからではなく、素で偉いとこの子をフルボッコにしちゃうキチガイなのです。


 Fate/Zero

         ______ 
       ,;i|||||||||||||||||||||||||||||||ii;、         _/
     /||||||||||||||||||||||||||||||||||||||ii;、        \
  / ̄ ̄\||||||||||||||||||||||||||||||||||||ii;゙ヽ,      /
'" ̄ヽ     ヽ!!||||||||||||||||  ||||||||||!!"ヘ     <  不完全燃焼なんだろ?
ヽ          ゙!!!||||||||||||  |||||||!!   iヽ── /
|||l            ゙゙ヽ、ll,,‐''''""     | ヽ||||||||| そうなんだろ?
|||l     ____   ゙l   __   \|||||||||  そうなんだろって?
||!'    /ヽ、     o゙>┴<"o   /\   |'" ̄|
\  /  |ミミヽ──‐'"ノ≡- ゙'──''彡| |、 |   |
   ̄|    |ミミミ/" ̄ 、,,/|l ̄"'''ヽ彡|| |、/   / 操縦不可能なんだろ?
 ヽ、l|    |ミミミ|  |、────フヽ |彡l| |/  /_
  \/|l    |ミミミ| \_/ ̄ ̄フ_/  |彡|l/    ̄/
  \ ノ   l|ミミミ|  \二二、_/  |彡|      フ  野放しだろ?
    ̄\  l|ミミミ|    ̄ ̄ ̄  |メ/       \
    | \ ヽ\ミヽ    ̄ ̄"'  |/        /
    /  \ヽ、ヾ''''ヽ、_____//       /_ 終われないだろ?
  /  ヽ ゙ヽ─、──────'/|         ̄/
. /       ゙\ \     / / \__
   ───'''" ̄ ̄ ゙゙̄ヽ、__,,/,-'''" ̄   ゙''─

 うん、まあ、そうなるよなw 春を楽しみにしていよう。

 まったく文句なく、ただただ有難く視聴させて頂いてます。幸せやわー。


 機動戦士ガンダムAGE

 このアニメに必要なのは、軍隊、社会というものがいかようにして回るのか、という社会常識に関する知識と、人間は瞬間移動ができる生物ではないという、自らの肉体に関する基本知識だと思います。

 あと、こんな記事も書いといた。


 たまゆら~hitotose~

 ああ、癒されたな~。

 まあ、この手の作品としては何番煎じ感が強くて、田舎が舞台だったり写真撮ったり夢にまい進したりという要素も、そこまで専門的なことを突っ込んでるわけではないから、オリジナリティとしては弱いものがあるんだけどね。

 それでも、こういうアニメは嫌いになれない。というか好きだ。主人公の子かわいい、黒ストえろ~い。


 僕は友達が少ない

 うん、ファーストインプレッションで書いた通り、会話してる場面を「アニメーション」へと昇華させる工夫があまり感じられない作品のまま終わりましたね。すんごい退屈な画面作りだ。
 あと、間延び感も強かったと思います。原作はSSの集合体みたいな作品で、それこそワンエピソード4~5分くらいで終わらせられるような話ばかりだから、それをテレビアニメ1話ぶんの尺に引き伸ばすとこうなるよな。
 あわよくば二期三期と思っていたのかもしれませんが、今日を全力で生きられない人間は明日から全力になどなれない系の格言もあることですし、原作リソースを惜しみなくガンガンつぎ込んで、ショートエピソードの連続体みたいな構成にしてほしかったなあ。


 THE IDOLM@STER

 Pがぶっ倒れても特に影響なくアイドルが活動出来てるのを見て苦笑い。プレイヤーなんていらんかったんや! というか、売れっ子アイドル多数を一人で抱えてるという時点で、彼が九尾チャクラでも身に宿してない限り不可能設定なわけですが。
 そういった点に説得力を持たせる何がしかがあるわけでもなく、アイドル達のサクセスぶりもキングクリムゾン多様ということで、あまりにリアリティがないというのがひとつ。

 961プロの暗躍にしても、アイドルを山中におびき出して置き去りにしたりなど、妨害通り越して犯罪の域に達しており、これはもはやリアリティがどうとかではなく制作者の一般常識を心配するレベルだというのがふたつ。

 トドメに、ラストのライブでもまた客の声がうるさすぎ&音質的に不愉快という事で、果たしてこのアニメのテーマはアイドルだったのだろうかと、考えさせられる作品でありました。

 それにしても、とっても大事なライブ練習に割ける時間を一切考慮せず、スケジュール組んでるのは笑ったなあ。ブラック企業のデスマだってんならともかく、あれ、社員含めてメンバー全員が一致団結してやろうとしてることだったんだぜ。


 ペルソナ4

 登場人物の赤ら顔にはもう慣れました。

 最初の数話、登場人物がトラウマスイッチ踏む → 受け入れてペルソナ覚醒という展開が特に工夫なく連続してた時は、駄目かもしれんと思ってましたが、部活エピソード辺りから一気に持ち直してきた印象ですね。同時に、そこら辺のコメディ会話における切り返しで主人公も天然キャラとしての立ち位置を確保していき、主人公らしくなれていったと思う。

 それが特に顕著だったのが最新話で、あそこで「仲間と一緒に捜査活動をしていきたい」という強い動機を持たせることで、彼は「P4主人公」としてではなく、「鳴上悠」としての自我を確立できたんじゃないでしょうか。ゲームだとそこら辺の目的意識はプレイヤーが持ってればいいけど、アニメじゃそうはいかんしね。

 あと、登場人物の中ではあいかちゃんが好きです。可愛い。超可愛い。ぺろぺろ(^ω^)
 ちなみに、彼女がいないと、街中での会話シーンは本当にただ突っ立って会話してるだけのシーンになりかねないので、アニメ的な意味でも重要人物だったりする。
 何より、仕事着着てる時の生足がえろ~い。

 しかし、こいつら本当にいい奴らだなあ。特別課外活動部とは何だったのか。


 侵略!?イカ娘

 ああ、イカちゃんが終わってしまった……。
 WORKING’!!同様、前シリーズのテイストをそのまま引き継げた良作だったと思います。

 ただ、前期もそうだったけど、最終回の感動話ネタは正直あまり好きじゃないなあ。イカちゃんがガチ悲しみしてる顔なんて見たくない。イカちゃんは今、泣いてるねんで!


 境界線上のホライゾン

           __
        , ‐' ´   ``‐、             / ̄:三}
.     /,. -─‐- 、.   ヽ        /   ,.=j
 _,.:_'______ヽ、 .!       ./   _,ノ
  `‐、{ へ  '゙⌒ `!~ヽ. !     /{.  /
    `! し゚  ( ゚j `v‐冫   , '::::::::ヽ、/     そんなことより野球しようぜ!
.    {.l   '⌒      ゙ 6',!   / :::::::::::::::/ __
.     〈  < ´ ̄,フ  .ノー'_ , ‐'´::::::::::::::;/ (_ノ)‐-、
.      ヽ.、 ` ‐", ‐´‐:ラ ':::::::::::::::: ;∠.   ヽ_}  ゙ヽ
        ,.r` "´  /:::::::::::::::::::ィ´  `ゝ  !、  /
     /       / :::::::::::::::: ; '´   /´\ /   r'\
.     i      ! ::::::::::::::/ 墨 | .!::::::::/ヽ、.._!ヽ. ヽ、
     {      {:::::::::::;:イ /   ∥i:::::::/:::::::::::::/  \
.      ヽ       ヽ,.ァ‐'´ /ヽ 二 ,/`ヽ、::::::::: /

 あのラストはどういうことなんだよw

 そんなわけで、独自設定部分は置いてけぼりだったり、戦術描写はこの技術レベルでそんな戦争なの? という感じだったり、明らかにOPでしか活躍できないままひっそりと幕を閉じた忍者がいたり、色々と穴は多い作品だと思いますが、登場人物が基本、良い人揃いなんで割と好感度高いです。というか、積極的に好きだ。
 単にストレスフリーなだけでなく、プラスアルファが持てる人物造形なのは大きいと思う。

 ところで、僕は第1話で先生可愛いと思っていて、しかし、以降は出番が全然なく残念に思っていたのだけど、オッドアイの子も可愛いという真理に到達しました。ぶひぶひ(^ω^)


 ベン・トー

 基本的には、とても幸せなアニメ化だったと思うんだけど、原作再現という視点から見ると色々勿体無いなあというか、残念に感じられる部分も多かったと思います。OPで弁当食うだけの人になってるウィザードさんとか、すげえ割食ってると思う。あと白梅とか。

 う~ん、やっぱり改変しなければもっと面白かった気がする。今でも十分面白いけど。てか、改変しすぎだわ。やっぱ。これも面白いけど、原作はもっと面白いんだよ~。


 牙狼<GARO>~MAKAISENKI~

 何やら一話完結のボトルショー的なお話ばっかりで、それは僕みたいな今シリーズからの新参には世界観とか伝わってくるんで有難いんだけど、前々から牙狼を追っかけてきたファンはもっと~MAKAISENKI~の本筋を進めて欲しいんじゃないかと思ったり。

 お話の中で一番好きなのは、キチガイ侍さんが出てくる話ですね。あれは正しく、魅力的なキチガイだったと思う。ま~た同じパターンかよ、と思わせたところでパターン崩ししてきたのも上手い。


 ラストエグザイル―銀翼のファム―

  /\___/\
/ ⌒   ⌒ ::: \
| (●), 、(●)、 |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  < GONZOやるじゃん
|   ト‐=‐ァ'   .::::|    \_____
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\

 10話においていきなり主人公軍が結成されているキング・クリムゾンぷり(そういう流れだったのは分かるけどもうちょい過程を……録画しなかった総集編がもしかしてそうだったの?)や、いくらなんでも当たらなさすぎな砲弾など、短所もありますが、説明的な台詞などを一切使わず、演説イベントなどを通じて世界の動きをきっちり「描写」しているのが非常に好感度高いです。

 そう、この作品はきちんと「世界」を感じることができるんですよね。最近は、現代日本もしくはそのアレンジを舞台とした作品が多いので、こういったオリジナルの世界観を作り上げている作品は非常に貴重だと思います。それだけで個性として感じられちゃうレベル。
 まあ、ホライゾンなんかもオリジナル世界観ではありますが、あっちはエロゲーとか普通に出てくるし、僕が求めてる方向性とはちょっと違う。

 一期見てないんで誰がそうなのか判断つきづらいですけど、一期からの続投組とおぼしき面々もあまり出しゃばり過ぎず、あくまで主人公的な働きはファムに委ねていますし、とても良い続編なんじゃないでしょうか、と適当に言ってみる。一期見てみようかなあ。

 あと、ファムちゃんがかわいい。単にかわいいだけでなく、飛行機に乗ってる時のタイツと、非戦闘時の生足で二度美味しいんだぜ。しかもあのOPなんだぜ?


 メダロット

 え、今期のアニメどころか何年前の作品なんだって?

       _,,;' '" '' ゛''" ゛' ';;,,
      (rヽ,;''"""''゛゛゛'';, ノr)
      ,;'゛ i _  、_ iヽ゛';,    お前それ静岡でも同じ事言えんの?
      ,;'" ''| ヽ・〉 〈・ノ |゙゛ `';,
      ,;'' "|   ▼   |゙゛ `';,
      ,;''  ヽ_人_ /  ,;'_
     /シ、  ヽ⌒⌒ /   リ \
    |   "r,, `"'''゙´  ,,ミ゛   |
    |      リ、    ,リ    |
    |   i   ゛r、ノ,,r" i   _|
    |   `ー――----┴ ⌒´ )
    (ヽ  ______ ,, _´)
     (_⌒ ______ ,, ィ
      丁           |
       |           |

 そんなわけで、メダロットは今期スタートのアニメです。

 内容はといえば、やはり王道作品はいい心が洗われるようだ。それだけでなく、随所に挟まれるエスプリの効いたブラックなネタが良いアクセントになってます。

 あとは、なんといってもイッキのママンですね。何だこの人妻は!? (驚愕)
 なんかもう、存在自体がえろ~い。ハァハァ(^ω^)


 アムドライバー

 カゲキにタノシイ!


 銀魂'

        /:::/:::::::;: --- 、::::::::::|:::::ヽ             |::::|::├―┤:::l:::::|
.      |::::|::::::├――┤::::::::l::::::::|               |:::」  ̄ ̄ ̄ L::::|
.      |:::」  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ L:::::::|            レ´ (○)(○)`ヽト、
.      レ´  (○)  (○)  `ヽ ト、              |   (__人__)  |::::::}
       |     (__人__)    |:::::::}              | u ^TTIト .   |_/
       | u.    ^TTIト     |_/              |    イl川.   |
.      \_     イl川    _/                ヽ   川||   /
      _.. ヘ ヽ 川||/  ハー- ._           _.. ヘ ヽ.    /  ハー- ._
   , ィ''´    }  ンrtく  {      /ヽ     , ィ''´    }  ンrtく  {      /ヽ
  /  l 、\ {_/ |o| \_}     /   ,    /  l 、\ {_/ |o| \_}     /  ,
  {、 l  >--\   |o|        .,′   、. {、 l  >--\   |o|        .,′   、
  ハ_} / _二ヽ \ Ll       |i.    ヽ.ハ_} / _二ヽ \ Ll       |i      ヽ
  {  /   -- 、ン‐ヘ         {i   __}{  /   -- 、ン‐ヘ         {i   __}
  に7  ‐ァ-一'’_¨二\二二¨ `Y⌒ヾ_-―‐ノに7  ‐ァ-一'’_¨二\二二¨ `Y⌒ヾ_-―‐ノ
 //  /ヽ、<´ ミ=三ゝ=ミ `>ノ ノ   `ヽ | //  /ヽ、<´ ミ=三ゝ=ミ `>ノ ノ  `ヽ |


 CARDFIGHT!! ヴァンガード(書き忘れてたので追記)

 まさかの主人公逆転現象でござる。本当、このアニメはホビーアニメの定石通りにいきそうなところで、躊躇なく未踏の大地へと旅立つよな。

 しかしながら、アイチ様を改心させるくだりは、時間かけてねっとりたっぷりと闇アイチ様の禍々しさと、櫂君の決意を描いただけあって、納得の面白さだったと思います。この辺り、1クールや2クールで終わってしまう深夜アニメでは決して出来ない、ゴージャスな尺の使い方だ。

 それにしても、徹子さんあんな目覚め方したんだったら、そりゃ櫂君はサイクオリアの詳細も知らないしびびって逃げ出しもするよなw 例えるなら、能力バトル物の主人公が、一切能力の説明など無いまま巻き込まれそうになったような展開でしょうか。解説役って重要なんだナー。

[PR]
by ejison2005 | 2011-12-28 05:36 | アニメ
ペルソナ3フェス プレイ記 10

ペルソナ3 フェス PlayStation 2 the Best

アトラス


 飽きるか面倒になったら何の音沙汰もなくやめるプレイ記。難易度はノーマル。主人公の名前は英 慈尊(えい じそん)。


 チドリ復活!

 どんな不幸な目に遭うのかとwktkしていた心配していた順平ですが、なんと驚き、チドリ復活イベントへの前フリだったようです。
 で、今は全クリしたから普通に攻略サイト調べてるんだけど、どうも条件次第では、普通に死んだままだったみたいですね。知らない内に友を助けてしまうとは、さすがナイトと感心が鬼なる。友人を助けたくて助けるんじゃない助けてしまう者がナイト。

 そんなわけで、リア充生活が認可されそうな勢いの順平ですが、俺はエンディングでてめーだけパワーアップ前のペルソナが映されてたの忘れねーからな! まあ、慈尊君も慈尊君で作った覚えのないメサイアが映されてたんだけど。


 女性キャラ攻略完了!

 ゆかりッチから貰ったストラップのついた携帯電話は、Y子から貰った画像が待ち受けに設定されており、風花特性イヤホンでお気に入り曲を聴きながら、千尋ちゃんから貰った少女漫画短編集を読む。
 上着のポケットに存在する膨らみは、そこにアイギスから貰ったネジが入っているという証左であり、その指には、JSから貰ったビーズの指輪が輝く。

慈尊(ドヤッ!) ← 伏線

 あ、会長とかマネージャーは自力で幸せになってください^^; というか会長は報酬を(ry


 そんなわけで、最終的に取り残したのは、「女帝・皇帝・法王・戦車・運命・剛毅・節制」のコミュでした。こうしてみると、結構取りこぼし多かったんだなー。
 他の面々はどうってことないんだけど、慈尊君が署名運動してくれたと勘違いしっぱなしのままエンディングを迎えてしまった老夫婦はかわいそうだったかもしれない。いや、ある意味、幸せなのだろうか。


 2010年1月31日

 そんなわけで、前日は千尋ちゃんとイチャイチャし、決戦日当日昼にははがくれラーメンで英気を養い、いよいよ最後のタルタロス攻略。

 ここでは、ニュクスとの決戦前に(どうやって先回りしたのか)ストレガ残り組の二人と対決するんだけど、意外にもジン戦で一回イゴる羽目になってしまいました。こいつ、火炎反射があるから、いつも通りレーヴァンテインを持ってた慈尊君がヤケクソにされ、反射ダメージで一撃死しちゃったんだよな。
 まあ、所詮は事故死みたいなものなので、武器を変えたらあっさり勝利。味方の弱点消してあることに文句たれてくるのが面白かったです。

 タカヤは……うん……「以前よりずっと強大な力を持ってます!」とか風花ちゃんが言いながら勝手に盛り上がってたけど、まったく違いが分からなかったなあ。ああ、攻撃を当てられるようになってたのは、進歩といえば進歩かもしれない。だからどうした、とも思うけど。

 ニュクス戦は、とにかくクソ長くて、倒し終わる頃には達成感よりも疲労の方が強かった。全体的に、とにかくプレイ時間の必要な作りになってるこのゲームですが、それを象徴するかのようなラスボスだったぜい。もうちょっとこう、凶悪な全体攻撃とか持ってれば緊張感あったんだけどね。

 と、思いながら攻略サイト見てたら、お前……夜の女王なんてスキルがあったのか……。
 な、何故、使わなかったし……。


 感動のエンディングへ……

 そんなわけで、少年漫画のお約束「皆の想いを託されたから負けられないんだアタック」によってサクッと世界を救い、エンディングへ。
 ここでストレートに終わらず、ちょっとタメを作って築いたコミュのその後を見せてくれるのはいい感じですね。こう、一話まるごとエピローグに用意するタイプのテレビアニメみたいな演出だ。

 まあ、友近君の後日談は後回しにしようと拒否ってみたら、そのまま帰宅されちゃって見れなかったんだけどさ!

 ともあれ、世界を救ったかどうかはともかく、親しい者達は確実に守ることができたのだと安堵した慈尊君。
 ここまでのプレイ時間はおおよそ86時間。長いだけあって、なかなかに感慨深いエンディングでありましたことよ。


 そしてこの後日談である

 ふざけんなwwwww

 いやね。なんか暗~い雰囲気で始まってるし、何故か慈尊君出てこないしで、嫌な予感はしてたんだけどさあ……w

 これはあれですね。真犯人は誰だ的なお話ですね(伏線消化)。かーなーしーみのー♪ つれーわー、リア充ってつれーわー。

 そんなわけで、一体誰が本命だったのか問いただすべく、慈尊君の亡霊(みたいなの)を追ってダンジョンアタックを行う面々なわけですが、お前ら、いくらなんでも弱体化しすぎだろ……。たった二ヶ月の間に、50レベル以上ダウンしてるじゃねえか……。

 てな具合に、アホ共が自己鍛錬を怠っていたせいで苦戦しまくってます。貴様ら、この二ヶ月で身に付けたのは新しい勝利モーションだけかと言いたい。HP・SP共に万全だから大丈夫だろうとタカをくくって赤い敵に挑んだら、速攻でイゴらされたよ……。

 しかし、最初があまりにも貧弱だから、新しいペルソナを入手した時の喜びが尋常じゃないですね。本編だと、ムーンライトブリッジの決戦以降はろくなイベントボスが出てこないから、強力なペルソナ作っても自己満足的な意味合いが強かったし。

 他には、かったるい日常パートをすっ飛ばして、ほぼダンジョンアタックのみで出来ているのもグッド。ちょっとウィザードリィみたいな感じのシステムですよね。
 僕はあんまり気が長い方ではないので、本編よりもこちらの方が肌に合っているのかもしれません。

 そんなわけで、現在は使いなれないアイギス銃のアタック性能にとまどいながら、古の路マレボルゼB2Fまでを探索したところです。あと、メティスちゃん可愛い。慈尊ー! 早く来てくれー! 攻略できなくなっても知らんぞー!


 本編シナリオの感想

 まあ、KENJYUとか、桐条財閥(というか会長)のクソっぷりとか、順平のアレッぷりとかは散々ネタにしたんで置いといて ミ□

 それらの要素に代表されるよう、シナリオそのものにも色々と問題が散見しているわけですが、とりわけ僕が感じたのは、「ドラクエ型無口主人公とFF式キャラ重視シナリオの相性の悪さ」でしょうか。

 知っての通り、このゲームは、主人公が能動的な行動をほとんど行わないわけですが、それが故に、重要なイベントなどでは仲間が勝手に盛り上がって、主人公(=プレイヤー)がそれを傍観する、みたいな形になってる部分が多々あるんですよね。ゲームの中心はプレイヤーであるべきなのに、肝心なところでプレイヤーが介入できないという。で、その結果良い方向へ動くならまだしも、このシナリオは大概ろくでもない方向へ転がるので多少、理不尽感があります。

 ラストで主人公が下した決断も、主人公にちゃんとした人格を与え、そこに至るまでの葛藤などを描いていたのならば、また違った印象を与えてくれたのではないでしょうか。

 それが故か、今アニメでやってるP4の方は、話を進めるごとに主人公が自己主張するように……というか面白人間になっているのが印象的です。

 システム的な面でも色々と思うところはありますが、それらは続編で改善されてると分かっているので、ここで語ることではないでしょう。たらればになるけど、先にそっちの方を遊んでいたら、3はかったるくてプレイを断念してたかもしれないw

 以上、現時点での簡単な感想でした。
 本格的なアレコレは、後日談をクリアしたらその時にまた書くかもしれない。

[PR]
by ejison2005 | 2011-12-23 04:07 | ゲーム
週刊少年ジャンプ 12年 03・04合併号 感想
 東映アニメやサンリオ、新たな「定番キャラ」育成急ぐ
 といっても、読めないと思う(というか俺だって紙で読んでるから読めねえよw ちなみに11年12月13日の日経です)ので、簡単に内容を要約すると、

f0029827_622041.jpg

f0029827_622777.jpg

f0029827_6221444.jpg

 スキャンしたグラフ(上から東映、サンリオ、創通)の通り、主力キャラクターへの依存度が高まっているため、各社とも、次の柱を頑張って育ててますよ、という記事ですね。

 で、こっからが本題なんだけど、東映が次の柱に推しているのがトリコで、「2011年4~9月期は関連の版権収入が1億円強にのぼり、13年3月期にも、ヒット作品の目安となる10億円程度まで拡大を目指す」と記述されています。アニメはまだまだ安泰そうですね。
 ちなみに、層通は「オリジナルアニメに力を入れ、3年後をメドにガンダムへの依存度を現在の8割から7割程度に下げたい考えだ」とのこと。あえてコメントはしない。


 ナルト

・「苦しい…この私が…こんな奴に…」


ひぎっ!.   \  ビクビクッ            /媚  潜入捜査
    はぁはぁ \       ビクッ!      /  薬
くやしいっ…!!   \   ぶるぶるっ   ./
               \         /電撃
ん  あああああっ!!!   \∧∧∧∧/      抵抗できない・・・!
ん              <    ク >   痴
ん  こんな奴に・・・    < 予 リ >   漢
んんん―――!!      <    ム >        撮影
──────────< .感 ゾ >──────────
     完全攻略     <   ン >             ド
ダ               <  !!! の > もみもみ       ク
ン    総        /∨∨∨∨\             ン
シ    集       / FIGHT    \ グチュッグチュッ    ド
ン    編      /ハ       pure   \          ク
グ           /  |  極            \ レ       ン
クイーン   /    ド      堕       \ロレロ


 いやあ、九尾さんがそうなんじゃないの~とは他の感想サイトさんで前々から言われてたことではありますが、尾獣ってのはM調教される宿命にある生物なのかよw

 本編ですが、ああ、人柱力合戦にしたのは九尾関連消化するためだったのねん、というところですかね。トビさんorサスケがラスボスになる流れですし、ここら辺で完全にナルトの相棒的立ち位置を確保しとかないと、ストーリー面で身の置き場がなくなってしまうので、妥当なところだと思います。

 しかし、尾獣って昔はとにかく凶悪で強大な存在として描かれてたんだけど、喋ったり調教されたりで、ずいぶんと身近になったというか、まあ、威厳が薄れちゃいましたよね。思い起こせば、ナルトの中で車輪眼にびびった辺りが転落の始まりだった気がする。


 銀魂

 冒頭の銀さんと神楽ちゃんの会話から果てしないエロスを感じた僕は自刃して果てた方がいい。


 ワンピース

 これは吹っ飛んでった……あー……なんかドロドロになれる人を通じて、ビッグ・マムがしらほし姫を手に入れようとする流れでしょうか。お菓子の件はそれでチャラにしてやるよ~、みたいな。そもそも、ビッグ・マムがいるの分かってるんだから、残ったお菓子だけでも保存しとけよという気もするけど。

 ホーディーさんに関してはまあ、最後まで小者だったなー。ネトウヨでジャンキーで、その挙げ句老人にって、こりゃ確かに不憫ではあるかもしれない。


 リボーン

 騙し討ちして時計だけを破壊したり、ラストには遠距離から漁夫の利を狙ってみたりと、今週はルールの特性を活かした戦闘がなされているのが良かったです。まあ、時計壊したら終わりという特性上、特に見せ場も緊迫感もなく脱落しているのが難点ではありますが。ついでに書くと、最初の電信柱は何の意味が? と思いますが。

 ラストの狙撃は、ツナを狙うなら気絶した時に破壊してるわけだから、他2チーム狙いですかね。というか、肉の盾をやるだけだったスカルに比べると、ずいぶん扱いいいなおい。


 ブリーチ

 一瞬、何が起きたのかと思ったけど、ルキアの中に隠れてたリルカが飛び出したのか。月島さんにまだ変な技があるのかと思ったぜ。

 あと、銀城さん救われたんですかね? 特に事情も把握してない一護が、ふっつーにずんばらりしただけの気がするんだけど……。白目(つむってる?)も剥いちゃってるし、これで死んだらまさに死人に口無しだなー。
 こう、どっか見晴らしのいいところに墓でも立てて、「お前の分まで俺が頑張るぜ!」的な誓いでも立てたりしそう。


 トリコ

 ライブベアラーさん弱っ!!!!!

 なんかこう、料理人ランキングでも上位にいたわけだし、美食會も迂闊に手を出せないと言ってたし、般若パンダのくだりですごんで見せたりで、てっきりグルメ界入りくらいはしてるのかと思ったよ。しかも、ココはターバンすら脱いでない(ココは本気出すとターバンが毒まみれになるからか脱ぐ。例外はGTロボ初遭遇)ので、かなりの舐めプだったと思われるし。
 まあ、料理人である以上、戦いの専門家ではないのですが、それでもセツ婆の例などもあるので、もう少し強めでも良かった気はします。カットはしても、せめてココがある程度のダメージを受けたり。

 ポイズンポテト実食に関しては、ちょっと微妙かな~と思います。毒あるって知ってるんだから、そんな無理して食わんでも、と。なんかこう、ゲームプレイにおいて一見無謀に見える縛りを己に課していて、それが実際に無謀だと判明した後もそれを敢行し、死に続ける様を見せられる気分というか。
 何となく食える気がしていた、とフォローがなされてるので、ギリギリ受け入れられる感じですかね。


 レンゴク(読み切り)

 読み切り漫画の感想だといっつも同じこと書いてる気がしますが、この漫画も、セールスポイントをセールスポイントとして成立させられてない病にかかっている気がします。
 具体的に、この作品におけるセールスポイントを挙げると、

1.女体化
2.天の死者が罪人へ罰則を下すという設定

 この二点に集約されるわけですが、前者は力を弱くするだけなら性別まで変える必要はなく、後者にしても他に捌くべき凶悪な悪人はいくらでもいるだろう、という。要するに、基礎設定の段階から崩壊をきたしているわけです。

 まあ、設定が崩壊してるだけならまだなんとかなったかもしれませんが、先にも述べた通り、セールスポイントとして機能してないのが更に問題です。
 まず、女体化に関してですが、せっかくの女体化なのにこれというイベントは風呂(しかも主人公自身は見ない)とコスプレショーくらいしかありません。これはいけない。それだけならば、コスプレ好きなヒロインが入浴するシーンでも無理矢理入れればいいだけです。
 女体化設定における醍醐味は、あのね商法変化した体に対する自分の反応、それに何より、周りからの反応にこそあるわけで、大して態度を変化させるでもなく、ひたすら普段通りにバカやるだけの男友達が二人いるだけでは、この設定の持ち味を活かせないのですよ。らんま1/2は、これから良い友達になれそうだった少女が風呂場で突然男に変わったところへ、ヒロインが遭遇するところから物語が始まるのです。

 罪人へ罰則を下すという設定に関してですが、こういった設定で主人公を罪人に設定するからには、主人公自身が犯した罪の重さに気づき、生き方を変えていくという結末にしなければやる意味があまりありません。そうやってこそ、主人公が精神的に成長し、その過程がドラマとして成立するのですから。
 そういったドラマがなく、主人公自身の理念・心情は一貫して変化しないため、全体的にどこか平板な印象を受けるのでしょう。

 そんなわけで、藍本先生は保健室の死神連載時にも存在した基礎設定の穴(あの設定だと病魔が社会問題化してなければおかしい)という弱点をまず克服し、その上で、セールスポイントをセールスポイントとして成立させる作劇に取り組まれた方がよろしいと思います。


 めだかボックス

                         ____
                       /     \
                         |   で わ  |
                          |   は か  |
                           |  次 り   |
                         |      ま  |
                        |      し  |
     ____               丶    た  |
   ノ      ヽ              \_  _/
   ヽ    ス    |               ∨
    |   ル    |                 / ̄ ̄\
    |    |    |               / ヽ、_   \
   |   !?   |                ( (● )    |
   ヽ     / 人             (人__)      |
     ⌒∨⌒     て           |⌒´      |
   /  ̄ ̄ ̄ \   >         |        /
  /          \             ヽ      /
/    U         ヽ           >     <
|                 |    ┌─--t./         \
\              /      |     |             \
 /           \     |     |           |


 最近、この漫画はかまってちゃんオーラが強すぎると思う。


 ハンター

 話の中心に据えられたと思った三人組が、一瞬で小者化したでござるの巻。
 ブシドラさん、あの見た目と言動だし、もうちょっと頑張れるかと思ったんだけどなー。陰獣方式で簡単に処理されてしまうレベルだったか。まあ、彼はゴトーさんと違ってポッと出だから読者に衝撃も与えられないし、省略されてしまうのも当然ではあるかもしれない。テンポ悪くなるし。

 そんなわけで、ブシドラさんという尊い犠牲を払った甲斐もあって、早速キルアとイルミが接触。素晴らしいスピード感と情報密度です。
 キルアがどうするかですが、カンムルダッシュという手もあるけど、ツボネさんが言葉通りの強制執行力を持つなら、人目のある方へは逃げられないんですよね。とりあえずカンムルダッシュで森の中へでも逃げ、少し安心したところで密告者からの協力を得ているイルミが簡単に追い付き、キルアをマジびびりさせるとか、そういう展開でしょうか。

 それにしても、ツボネさん……一体どんな修行を(ry


 スーパーヒーロータイム

 フォーゼ #15
 なかなか出て来ねえと思ってたら、幹部四人しかいなかったのかよwwwww
 グリードなんかと違い、ホロスコープスは結構昔から活動している人の手による組織なわけで、そう考えると歴代屈指の小じんまりさだ。まさしく学校活動の規模。

 それだけに限らず、今週は橘さんの本格活動開始&来週の新ライダー登場に合わせて、色々と新情報が頻出したエピソードでしたね。

 とりわけ重要そうなのが、黄道十二星座に昇格するための条件で、橘さんもそういう生徒にしかスイッチを与えてないと明言していることですし、昇格を防いだり防ぎきれなかったりが、これからドラマの中心軸になっていきそうです。
 というか、偉そうにしつつ自身も随分長いこと新幹部を作れてない辺り、橘さんの教育能力は流石やでえ!

 ドラマ的にはコーラスの皆さんが普通にいい人で好感が持てたのと、ペルセウスが恨みつらみをモチベーションにしておらず、今までのスイッチャーと差別化を図れていたのが良かったです。
 この辺は、グリードの生み出すヤミーがそれぞれ特徴を持たせられていたのと同様、園ちゃん=怨恨、橘さん=抑えられない衝動、という感じに、幹部ごとで変えていくのかもしれませんね。それこそ、教育方針の違いのように。
 その場合、最初から全員いたので代わる代わる行動できたグリードと違い、逐次投入方式のホロスコープスでは、また似たような動機のスイッチャーが頻出しないよう工夫があった方がいいかもしれませんが(前倒しで獅子座や乙女座が介入するとか)。

・前回のアレは二段解放でした
ライダーパス「まったく、最近のアイテムはすぐに壊れるから困る」
デンガッシャー「多段チャージごときで休止期間とは、ライダーアイテムの名折れよ」
 Wがツインマキシマム→エクストリームでの多段マキシマムと、段階を経てパワーアップを見せたのと同様、フォーゼも強化形態では二段階解放をデフォルトで出来るようになるんですかね。

・それより何よりも
 カメラさん! もっと下から(ry


 ゴーカイジャー #43
 降って湧いたような話だと思っていたら、作り話だったのかw まあ、あれがマジネタだともっと序盤から伏線撒くべきだったしね。

 そんなわけで、ダマラスさんボッシュート回でした。もうちょっと生き残ると思ってた……少なくとも、皇帝が連れてきた側近が二人とも死んでから退場だと思ってただけに、この展開はすこぶる意外でした。バスコさん、これじゃダマラスさんの後ろからブスリと挿入したのがザンギャック側にバレバレだと思うんだけど、どうなるんだろう。独自勢力として帝国を離れるのかな。

 殺陣の面では、マーベラスの二刀流が初披露、だったのかな? 多分そうだったはず。赤以外へのチェンジは、オールシルバー以来久々でしたっけ。
 次辺りは、マーベラスの二丁拳銃も見てみたい、かな。

[PR]
by ejison2005 | 2011-12-20 06:34 | ジャンプ感想
ペルソナ3フェス プレイ記 9

ペルソナ3 フェス PlayStation 2 the Best

アトラス


 飽きるか面倒になったら何の音沙汰もなくやめるプレイ記。難易度はノーマル。主人公の名前は英 慈尊(えい じそん)。


 クリスマスは千尋ちゃんとデート

 攻略的には、ランク8だった風花ちゃんとデートするのが効率いいんだけど、これでいいのだ! まあ、もし風花ちゃんがリバースするようなら、やり直すつもりだったんだけどさw
 それにしても、こんな怪しいビラがまかれたモール内を「素敵」と言っちゃう千尋ちゃんの感性が分からない……。
 クリスマスプレゼントには、ブランド品の腕時計をあげました。

 それにしても、続けざまに女の子から電話がかかってくる慈尊君を見て、友近君(クラスメイトコミュ)はどんな気持ちだったんだろうね。


 大晦日の決断

 タルタロスも新しい層が開かないので、さっくりと大晦日まで進め、綾時に関する決断イベント。
 まあ、ここは普通に殺さない選択肢を選びました。今更、ゲームオーバーとかになられても困っちゃうしね。話の流れ的に、他の選択肢はありえない。
 というか、死を司る存在だというのなら、こいつがどうにかすればニュクス倒せるんじゃないかって思うんだけど、その辺どうなんだろうね。

 あと、12月の戦えない期間を利用して合体武器も調達しました。これによって、ゆかりッチとアイギスの弱点は消せた(というかダウンしなくなった)んだけど、真田先輩の弱点を消す武器が作れなかったなあ。その代わり、彼の武器には「高確率で全状態異常付加」という特典を付けられたので、そっち方面で頑張って頂きたい。

 慈尊君自身には、「悩殺耐性」のナックルを雑魚戦で使わせていて、ボスではレーヴァンテインに持ち替えてます。


 憂鬱の庭アダマ

 そんなわけで、ニュクスとの決戦場に向けてラストスパート。さすがに雑魚キャラも優秀な耐性を備えた奴が増えてきますが、二回ほどイゴッただけで済んだ。いずれも、新しい層に挑んだ直後(要は、耐性が分からなくって負けた。範囲魔法を反射されたりw)だったので、被害もわずか。
 逆に、ボスはいずれもストレートに突破することができました。

 220F ノーブルサーチャー×3
 普通に弱い。あっさりと勝利。

 228F 肉欲の蛇×3
 魔法の効きが悪く、テトラカーンしてくる強敵。但し、自身の攻撃力はしょぼい。
 とりあえず、貫通無効のセイテンタイセイでアローシャワー(反射されてもノーダメ)を使ってテトラカーンを剥がし、あとは地道に物理攻撃を積み重ねて勝利。

 236F 全能のバランサー
 め、メギド系はマカラカーンが通用しないのか……初めて知ったぜ。
 そんなわけで、メギドラオンを連発されちゃったんだけど、逆にいえばそれしかしてこないので、ゆかりッチ&アイギスを回復・補助に回し、後は主人公のレーヴァンテイン+火炎ブースタ+火炎ハイブースタ付きラグナロクと、真田先輩のジオダインを連発してダメージレースに勝利。

 244F 憤怒のキュクロプス×3
 物理系とジオがさっぱり効かない相手。
 そのため、ゆかりッチと慈尊君が攻撃し、真田先輩とアイギスが回復・補助に回るという指示で挑んだんだけど、AIが全然補助魔法を使ってくれなくて、無駄に勝負が長引きました。ほんと、どうにかしてほしい。

 252F 哀のヘカトンケイル
 最後のタルタロスボス。
 吸収耐性を複数持ってるのに加え、終末の予言を使ってくるのが厄介で、ヤケクソになった真田先輩が殴りかかり、それを吸収して回復されるという流れが何度も……というか、またお前か!
 最終的には、火炎ガードキルを使った後、ラグナロク連発で勝利。一発で850ダメージとかいくからね。


 エリザベスちゃんからの依頼にあった刈り取る者も挑戦してみたけど、勝てそうにないんで逃げちゃいましたw 
 全能のバランサー同様、マカラカーンを使うとメギドラオン連発モードになるから、その状態で慈尊君は毎ターンメディアラハン、仲間が攻撃という流れにすれば勝てるかもしれないけど、ちょっと面倒くさいっす。あと、ゆかりッチが極活泉つけてても耐えきれずに死んじゃう。
 237F以降、急激に獲得経験値が上昇するんだけど、そこで育てろってことなのかなあ。


 人間の仲間達


 英慈尊
 戦いの準備も整い、あとは残り期間でアイギスを落とせるか否かだと考えている主人公。
 レーヴァンテインを用いての自軍最大火力が売り。というか、回復でも補助でも彼の右に出る者はいない。本当、このゲームは主人公ゲーだよな。


 ゆかりッチ
 メディアラハンも習得。自由に戦わせてるとすぐ疾風ガードキルしようとする。そんなに、そのスキルが気にいったのだろうか。
 だがまあ、基本的には指示通り動いてくれるので助かる。


 順平
「戦いが終わっても、ずっとダチってことで……いいよな?」
 お前……成仏するのか? というか、決断関連で真っ先に慈尊君のことディスっといておま。
 チドリのこともあるし、ガチで死にそうだから困る。
 そんな彼ですが、秘剣乱舞を習得し、かなり攻撃力が向上しました。だがまあ、ベンチ枠だ。


 真田先輩
 補助を指示してんのに何故か攻撃ばっかり使おうとするのが困る。所詮はムド先輩であったか。
 スキルを覚えきった結果、完全にマジックユーザーと化しましたね。ボクシングキャラはどこへいったのだろう。


 会長
 カルト宗教の台頭に関して実に他人事なコメントをくださいますが、君んところが原因だからね。「大衆が~」とか、クソ偉そうな態度してちゃいかんからね。


 風花ちゃん
 何か変な操作して説明スキップしちゃったのかもしれないけど、オラクルというスキルを習得しました。
 これが非常に有効なもので、試しに使ったら何とSP全回復! 一日一回しか使えないけど、これでもう、ダンジョンでのSP消費も怖くないぜ!
 どうでもいいけど、デートイベントで「女の子に八方美人だったりしない?」と聞かれた時はマジで焦った。


 アイギス
 最終的に、攻撃回復補助どれでもいける物理型万能選手へと育ちました。あとはこう、もう少しAIが補助魔法使ってくれれば……というか、補助指示出してるときくらい素直にカジャして欲しいというか……。


 天田少年
 なんかこう、空気化が進行しつつある気がしないでもないです。はい。


 コロマル
 ガールズトークに混じって興奮する駄犬。
 そういえば、塔と悪魔コミュをマスターしてやることがないんで散歩してやってたんだけど、その最中に友近君(クラスメイトコミュ)や千尋ちゃん(生徒会会計コミュ)と会い、好感度が上昇しました。もうどちらのコミュもマスターしてるけどな! しかも、千尋ちゃんに至っては二回も会うというw
 このイベント、他のコミュメンでも起こるのかなあ。


 ペルソナ達


 スルト
 コインで魔力をカンストまで上げてる。
 それに加え、ブースタ+ハイブースタ+レーヴァンテインも合わせたラグナロクは超強力なんだけど、慈尊君はやることが多すぎていまいち発揮する機会が無い。
 とはいえ、一部のボス戦では存分に能力を発揮できた。


 ロキ
 スルトに使った後、余ったコインで魔力を底上げ。カンストとはいかないけど、十分な威力を叩きだせるようになった。そもそも、四属性持ちの彼に期待されてるのは転がし役だしね。


 メルキセデク
 こちらはコインで力をカンストした打撃要員。ゴッドハンドが待ち遠しい。


 チェルノボグ
 斬撃要員。余った耐久関連のコインを使用。まあ、使っただけという感じはする。
 ぶっちゃけ、物理系無効化要員ならアバドンとかもあるんだけど、あれは見た目がきもいし、僕としてはチェルノボグ先生やセイテンタイセイを使いたいなあ。


 セイテンタイセイ
 おっす! オラ悟空! いっちょやってみっか!?
 貫通要員。アローシャワーがなかなか強力。
 体調不良酔拳は、疲労時のデメリットを考えると使う機会ないなあ。素でも結構な威力あるけど。


 アラハバキ
 喪女との絆によって誕生。
 テトラカーンがあるだけで、入れておく価値は十分にある。


 セト
 火炎ガードキル。それだけが彼の仕事である。いや、それ抜きでも強いんだけどね。力91で五月雨斬りできるし。


 ホルス
 コミュレベルとハイグロウでぐんぐんレベルが上がり、初期レベル63なのに、現在では74までレベルが上がっている。
 そんな彼のお仕事は、ブフダインとマハガルーラが効く相手に対する勝利の息吹要員である。


 ジャターユ
 コミュレベルとハイグロウで(ry
 アムリタ、マハブフダイン、マハガルダイン、マハタルンダ、マハラクンダと、同じアルカナで上位に位置するホルスよりも重要な役割を担うというよく分からんことになっている。
 ついでに、受胎アイテムで風属性を無効化する暴嵐の指輪も落としてくれた。ホルスとは一体何だったのか。


 ヴィシュヌ
 自軍最高レベルの83。
 刹那五月雨撃、ゴッドハンド、アカシャアーツ、ジオダイン、ブフダインと非常に攻撃的なスキルを持ち、しかも勝利の息吹持ちである。
 まあ、作れたのタルタロス攻略後なんだけどね……。


 キュベレ
 サマリカーム、ディアラハン、メディアラハンを備えた新回復要員。メギドラに刹那五月雨撃も持つ。
 しかしまあ、回復要員なので戦闘時の出番は少ない。
 合体で特殊武器を作れるけど、まあ、使う機会ないなあ。


 サンダルフォン
 マハンマオンにハマブースタを備えた光要員にして、マカラカーン要員でもある。あとマハラクカジャ。一応、アカシャアーツもあるけど、彼が使うくらいならメルキセデスにやらせた方が強い。


 タナトス
 なんか説明書のイラストでも使われてるし、元ネタの神話的にも主人公の後期ペルソナと見ていいのでしょうか。綾時のシャドウ体とそっくりだしね。
 役割的には、ムドブースタとアリスから引き継いだ死んでくれる?での闇要員。つまりは、雑魚戦用。


 今回のコミュ展開

 いくつかリバースしちゃってるけど、細かいことは気にしない。どうせもう、そのスートのペルソナ使う機会はないし。


 特別課外活動部 ランクMAX
 ニュクス討伐隊 ランクMAX
 世界に平和がくるまでは 力を合わせるんだ 討伐隊 ♪
 テレッテ行くぞ みんな揃い 今が地球を救うときだぞ ♪
 進め進め進め 守れ守れ守れ 我らニュクス討伐隊 ♪


 型破りな僧侶 ランクMAX
 慈尊君の将来XYZとか、マジ状況的にシャレにならないんでやめてくれませんかねえ……。


 他校のエース ランクMAX
 結局、早瀬君自身がある程度損な役回りになるというシナリオでしたが、まあ、現実的な答えではあったと思います。救いはないけど、救いはあった。


 グルメキング ランクMAX
 あの中年男性は、不良を雇ったりなんぞしてないで、とっとと警察に届ければいいと思うんだ……。もしくは、学校に連絡入れてみるとか。どうもその辺がファンタジーで、乗り切れないコミュでした。


 余命いくばくも無い青年 ランクMAX
 彼が残したものは、生き抜いた証か、はたまた呪われたアイテムか、判断に迷うところである。


 山岸風花 ランク9
 無事に告白もされ、あと一回逢瀬すれば……クク……。


 アイギス ランク1
 いよいよ登場、最後のコミュ。
 神社なども利用して何とかMAXにしたいんだけど、風花ちゃんとの兼ね合いがあるんだよなあ。きついぜ。


 今後の方針

 地味にエリザベスちゃんとのデートイベントも全消化。本当、慈尊君は節操ってもんがないよな。
 あとは、攻略完了直前の風花ちゃんを落とし、アイギスを攻略すれば、千尋ちゃん、舞子ちゃん、ゆかりッチと合わせて、攻略対象のキャラを全てクリアしたことになる。

 本編ともども、あともうちょっとだ。頑張ろう。

 現在の日時は、1月12日(火)夜。

[PR]
by ejison2005 | 2011-12-17 01:18 | ゲーム
仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX 感想
 見てきたよー。感想は普通にネタバレするんで、注意してくださいね。

 とりあえず、見に行くのが不安な人に対しては、安心して見れる良作とだけ言っておきます。ネタくせえ仮面ライダーなでしこも、ビックリするくらい真っ当な女性ライダーだった。
 というか、ふっつーにテレビ本編と地続きのお話なんで、今後テレビでもロケットステイツ出てくるかもしれない。そして、出てきたら映画見てない人置いてけぼりw

続きを読む
[PR]
by ejison2005 | 2011-12-16 05:27 | アニメ
週刊少年ジャンプ 12年 02号 感想
 うーむ、付録で付いてるマジシャンギャルは、ブラック・マジシャン・ガールとはどういう関係なんだろうか? 追いかけなくなって久しい遊戯王だけど、何やら遠くへ来たもんだ。
 あと、メールライン&テンプレートカタログのゴンさんはこええよw


 トリコ

 おおー、食べ合わせオチでしたか。的中させた方、おめでとうございまーす。

 本編ですが、パンダに挑むかどうか、トリコの回復速度など、それこそ賭けである部分をココの占い能力(かもしれないだけど)で論理的に補強し、かつ、決まり手となるのがポイズンポテトとの食べ合わせという毒使いとしてのキャラクター性に沿ったものということで、完璧なココゲーと化していましたね。
 今やってるのって、グルメ界の環境に耐える肉体作りのための修行なわけだけど、会長は何を考えてトリコにこの依頼を振ったのだろうか。その辺は、まだ実食(?)が残ってるわけだし、ちゃんと語ってくれるのかな。


 ワンピース

 久しぶりの宴会エピソード(何年ぶりだっけ?)になるわけですが、今の人数+NPC達が盛り上がる様子を無理矢理ワンエピソードにぶち込んだためか、何だかものすごく大急ぎで酒飲んで騒ぐような、圧倒的せわしなさを感じるぜ。かといって、宴会して騒ぐだけの話を2週間もやるわけにはいかないし、まあ、しょうがないところはある気もします。

 で、古代兵器としての力に目覚めたことが判明したしらほし姫ですが、さすがにこれを放っとくわけにもいかないし、残しとくと防衛戦力にも不安がある(ジンベエがいるとはいえつかず離れずでいるわけにもいかない)わけだから、これ、一時的かもしれないけどしらほし姫を麦わら海賊団が連れてく展開ですかね。誰にばれてるわけでもないけど、こんだけ大騒ぎになったら噂の一人歩きは止められないでしょうし、TRPGのシナリオなら放っとくと確実にさらわれるフラグだもん。これは。
 そうなると、圧倒的サイズ差の存在するしらほし姫をどうやって画面内に納めるか、というか、食事、排泄、着替えなどをどう処理するかが問題となるわけですが、食うと小さくなるスモスモの実、なんてのが都合良く出てきたりするんですかね。


 バクマン。

 おお、平丸さんの告白エピから早くも2年が経過していたのか……。この漫画、設定の性質上、話を動かしていくとマッハで時間が経過してしまう上、登場人物の容姿がほとんど変化しないからすごい勢いで時間が流れてるはずなのに、いまいちそれを実感できないんですよね。主人公二人とか、いまだに高校生で通じそうな感じしますし。

 それはさて置き本編ですが、これはちゃんと今まで「担当編集として平丸さんを釣りに釣っていた吉田さん」というのが描かれているから、バクマンとは思えないくらい整合性のあるお話になっていたと思います。
 しかし、妻の次に幸せにせねばとまで追い込まれ、果てはプロポーズのシチュエーションまで親身になって考えって、吉田さんはもはや平丸さんのおとんか何かなのではないだろうか。


 銀魂

 一応、本当に一応ですが、外道丸は銀さんが教え導いてやらねばならぬ立場ということで、説教的な展開にも違和感や無理矢理感は存在せず、しかもそれをサラッと終わらせており、あとは本懐たるギャグ漫画をやっていて、完成度の高いエピソードだったと思います。そしてそれらを一話完結でまとめてやってるから、密度もすごい。

 どうでもいいけど、神楽ちゃんの今回着てたコスはエロいと思う。


 べるぜバブ

 えー、ゲームやらないの?

 正直、ゲーム展開はこの流れで唯一期待してたところだったんで、それがぶっ潰されたのが残念でならんです。この面子が短期間訓練したところで、悪魔との実力差を埋められるの? とも思えるし。


 クロガネ

 僕が相手校だったら、竹刀もまともに握れないケガしてると判明した時点で試合拒否すると思います。いくらやれるやれるといきまかれたところで、高校生の部活動で怪我人相手に試合させるわけにはいかんでしょうjk


 鏡の国

 松川さんは犠牲になったのだ……メインヒロインの子相手にこれをやると本気で話が終わってしまうから、という新設定お披露目の犠牲にな……。

 というか、感情と記憶の欠損って人間という生物にとっては部分的な死であり、ましてや、それが存在意義の全てであるラブコメキャラでそれが失われたというのは、完全な死と同義だと思うんですけど。記憶挽回展開はあるかもしれないけど、現時点ではキャラクターとして完全に死んでしまった。
 それが故、全体に漂う重苦しいというか、不幸せさが半端ないことになってますね。不幸せというか悲劇的なラブコメディを読みたい層って、ジャンプ読者全体で何割くらいいるのだろう。もちろん、僕は読みたくない。

 先週触れてからちょっと考えたんだけど、ニセコイとこの漫画は、設定(鏡、ヤクザ)によるデメリットに対して、読者の分身たる主人公の得られるメリットがあまりに~も少ないのが乗り切れない原因なんじゃないかな。だって、ラブコメなのに本気で羨ましくないもん。

 あと、松川さんの様子が違うのを感じて、即座に閉じ込められた可能性を心配する主人公はちょっとどうかと思います。それも心配かもしれんが、先にもうちょっと盛大に、少なくとも冷静な現状分析なんぞできないくらいショックを受けるべき事柄があると思うんだぜ。というか君、やっぱ助かりたいばかりに告ったとしか思えないんだぜ。


 ハンター

 ほらきたよ! 前に書いた通りだったろ? この漫画はどうでもいい数合わせっぽかった存在が、納得のいく整合性を伴って、急に話の中心部に関わり始めてくるんだよ。まったく、冨樫先生は大したもんだよな!
 そんなわけで、レオリオナックル()に引き続き、極めてシームレスにゴン治療と選挙問題とを絡めてきたわけですが、やっぱ、気になるのは副会長がどう出てくるかだよなー。部分部分で極めて会長と似た行動・言動に出るという伏線が張られてたから、やっぱり蟻討伐で最大戦力自分を投入した会長の如く、最大戦力自分を投入して美味しいところのかっさらいに動くんですかね。何せ相手取るのが、ヒソカ&イルミ+ネームドキャラ三人と大勢のプロハンターだから、いかに手下が多くても有効な働きが出来るのは自分くらいでしょうし(彼本人はトリプルハンターだから相当強いはず)。
 ああ、いや、その場合だとネームドキャラでかつ、副会長親衛隊長であるキューティーさんも動くな……うわあ……何というか、うわあ……。

 ああ、それとイルミへの内通者は普通にミルキかモブ執事の誰かだね。アマネさん、思いっきりログアウトしちゃったね。でも、カナリアとのやり取りでかなり萌え力が上昇したことですし、死亡フラグから(ヒソカに追われてるので多少だけど)遠ざかって何よりです。

・仮面ライダーババアクセル
 こ……これは……何系なんだ……?
 強化……いや、自分の肉体を操作……いや、自分を取り込む制約で具現化……かなあ? ひとつだけ確かなのは、変形後の自分をイメージするための修行で、若かりし日のツボネさんは想像を絶する羞恥プレイに耐え抜いたということだけだ。

 このバイクの性能がキルアの走力を上回ってるのは、

 1 そもそもカンムルは走るだけの能力ではない
 2 手練一人+一人前の能力者二人の合体技だからむしろそのくらいは出来ないと困る

 ということで、まあ、納得のいくものでした。

 しかし、この世界における登場人物達の走力ってどんな感じなんですかね。ヒソカとイルミなら、走った方が車より早そうな気がしないでもないんですが。この人ら、「ヒュッ」とかいって消えられるし。

・「来年の目標既に立てました。40個位あるんですけど達成できると思いますか?」(巻末コメント)
 そ、それはどういう意味なんだぜ、冨樫ィーッ!


 スターズ

 それは空間把握ではなく、円だと思います。


 スーパーヒーロータイム

 フォーゼ #14
 天秤座の童虎って書くとすごく強そうだけど、天秤座の橘って書くと途端にネタキャラ臭が漂うなw
 便利な偽装能力の持ち主だし、ホロスコープスのネタバレ防止役としてしばらくは橘さん主導で話を進めつつ、他の黄道十二星座も関わってくるという流れになるんですかね。

 お話としては、記念すべきファーストエピソードの要素を踏まえつつ、これまで付き合い続けてきたボスキャラの一時的退場ということで、2クール目導入に相応しいエピソードだったんじゃないかと。
 ついでに、さりげなーく「ダチを守るしか自分がない」という、弦ちゃんの根源的な部分も出してきましたね。彼の場合は、これが火野さんにおける「助けられなかった少女」の要素にあたるのか。
 橘さん精神攻撃とか得意そうだし、その辺のトラウマアタックする話は普通にありそうですね。

 そして、彼女欲しい発言にも完全スルーな美羽さんである。
キング「女の心変わりとは恐ろしいものよのォー! ケンシロウ弦太郎!」

・細かいところ
 とりあえず、誰か徹底尾行するなり鎖に縛り付けるなりして自由行動できないようにした方がいいんじゃないの?
 別に適格者しか変身できないわけでもなさそうだし、キングあたりが変身してスイッチ使えばいいんじゃ? というか二人を治してから駆けつけてやれよw
 という、誰もが疑問に思う部分をスルーなのがこの作品の惜しいところ。前者は弦ちゃんの性格的にないとしても、賢吾あたりがそれを提案して弦ちゃんが否定、とかのやり取りがあるのと脳内補完に任せるのとでは、完成度が違うと思うし。


 ゴーカイジャー #42
 この終盤で二話にまたいだ主役回とか、ハカセはスタッフに愛されてるなー。個人的にも、ハカセはゴーカイジャーきっての名キャラだと思うんで、その意気や良し!
 しかも、来週はガチでマーベラスと二人だけでのバトルになるっぽいから、完全に主役級の扱いだよね。シンケングリーンとかもいるので、戦隊市場、最もかは分からんけど、確実に上位へ入る活躍ぶりのグリーンなんじゃなかろうか。

 本編ですが、ダマラスさんは、自分がバカ王子より目立つわけにはいかない以上、接待プレイに甘んじるしかないから、自由に動けるバスコがとっとと始末することを狙ってたんですねー。所詮は私掠船、バカ王子に嫌われようが構わないし、むしろタゲ取ってくれると自分が楽になる、と。
 しかし、そんな接待プレイを捨てたダマラスさんをしてなお、どうでもいいと言わしめるハカセって実はすごい奴なんじゃなかろうか。ここまでやるなら、ダマラスさんがそうと断じるだけの接点をハカセとの間に築くエピソードが欲しかった気もしますね。

 バスコに爆☆殺された四人は、ガオレンジャーじゃあるまいし、実は逃がしてもらっていたというオチでしょうね。残り話数的に、バスコの本心とかがあるならそろそろ明かさんといかんし。

[PR]
by ejison2005 | 2011-12-13 07:00 | ジャンプ感想
ペルソナ3フェス プレイ記 8

ペルソナ3 フェス PlayStation 2 the Best

アトラス


 飽きるか面倒になったら何の音沙汰もなくやめるプレイ記。難易度はノーマル。主人公の名前は英 慈尊(えい じそん)。


 「とりあえず経験値稼ぎする」RPG

 さて、黒幕っぽい幾月さんもなんか死んじゃったし、行動する指針がほとんどないので真田先輩の助言に従い、タルタロスで経験値稼ぎに励むわけですが、今月分からなんかこう、いきなり踏破までに必要な階層数が上がってますね。
 正直な話、タルタロスはかなり作業ゲーとしての意味合いが強いためあまりムキになってやりたくはないのですが、さぼってたせいでイベントボスに歯が立ちませんでした、とかになるとかなり困るため、とりあえず頑張ってみました。

 ザコキャラで厄介だったのは皆伝の武者と闘魂のギガスで、赤シンボルのギガスはともかく、皆伝の武者は普通の雑魚として多数登場する上に、物理系真・見切りを三種所持、弱点は安定しない光属性のみ、秘剣乱舞連発と恐ろしい敵でありました。連発でくると一瞬で全滅する。マハラギダインとかで強引に倒してたけど、結局、どうするのが正しい対処法だったのだろうか。

 ギガスの方は、アカシャアーツ二連発がとにかく凶悪なんだけど、こちらは普通にガル系でこけてくれるので、先制さえ取られなければ特に問題なく処理できました。

 以下、タルタロスボス戦。

 171F 判決の剣×3
 ジオ系と斬撃系しか使って来なかったので、後述する月のペルソナ、チェルノボグ先生でちまちま削って倒しました。PTメンバーにゆかりッチとアイギスがいたんだけど、何とか死なさずに勝つことができた。耐性つけといて良かったぜ。

 180F 平衡の巨人×3
 こいつはクソ強かったなー。チェルノボグ先生に頑張ってもらいたかったけど、判決の剣と違って斬撃を無効化されちゃうんだよね。そうなると、斬撃系攻撃の他にはムド系しか使えない先生では攻撃を防ぐことはできても、こちらの攻撃も通すことは出来ないという。
 最終的には、貫通属性が通じるかどうか試しに使ってみたバズスのポイズンアローで毒状態に出来ることが判明し、三匹とも毒にした後はちまちま回復、たまに攻撃という具合に、毒の蓄積ダメージを活かして勝利を収めました。あやうく全滅するところだったよ。
 しかし、通れば儲けと思って出したバステ攻撃が有効に作用すると、超嬉しいね!

 190F ファントムキング
 先のボスが強かった反動が、まったく苦戦することなく倒すことができました。というか、攻撃技がハマ系のみって、どういうコンセプトのボスだったんだろうか。

 201F ロイヤルダンサー×3
 バステ技を防ぐ手段がないという、我がパーティーの弱点を突かれ一気に窮地へ。真田先輩ディスチャーム使ってくだしあ^^;
 そんなわけで、慈尊君が魅了されまたもや全滅の危機に陥りましたが、運良く暴走王の証が発動し、何とか死なずに済みました。物理系の攻撃しかしてこない相手で助かった。

 211F 天罰のダイス
 メギドラ連発の上、魔法攻撃が通用しないっぽい(ブフ系以外は全部試したが無効だった)強敵ですが、挑む前のステータスチェックでアイギスがマハカジャ系三種の神器を習得していることに気づけていた為、慈尊君とアイギスで全体強化&真田先輩でタルンダを使用した後、ひたすら物理攻撃で削ることでなんとか勝利。
 さすがに、タルンダとラクカジャを重ねるとダメージが大幅に減りますね。今後はこの戦法を基本として戦おう。今のところ、ンダ系が通じない敵っていなかったし。


 んで、行けるとこまで行ったところにおいてあった人工島計画書(最終)により、古物商の人が著者であることが判明したわけですが、あいつもか……あいつも自分が原因の尻拭いをさせてるくせに対価を要求していたのか……!
 まあ、好意的に見ればアイテム作るための材料だとも受け取れますが、本当に桐条関係はロクな奴がいねえなあ、と改めて思う慈尊君なのであった。


 温泉は死の香り

 修学旅行イベントは、やはり普段は接点が見られないコミュキャラ同士での会話が面白かったですね。文化部部長と風紀委員長が仲良しとか、初めて知りましたし。

 覗き見イベントに関しては、何度かやり直して発覚させずにクリアしたんだけど、これ、発覚した場合はどんなペナルティがあったんだろう。
 というか、真田先輩がセーブするかと聞いてきた時は「すわ! ボス戦か!」と身構えたわけですが、まさかのお笑いイベントであったw

 ところで、この時点でゆかりッチのコミュはMAXだったから彼女に関しては裸どころか色んなものを既に(ry


 今月のイベントボス

 まあ、チドリなわけですが。この子が順平に対して振るった面白アックスは、一体どこで仕入れたものなんだろうか。

 で、戦った内容なんですけども……。

 総ターン数:2ターン
 味方合計ダメージ:24(アギラオ)

 ああ……うん……なんかごめん……。
 うん、全然頑張ってタルタロス攻略する必要なかったね。明らかにワンランク下の相手だったね。
 でも、貰える経験値は超美味しいという。おかしいですよ! カテジナさん!

 ストーリー的には、「わかんねーわかんねー」とぼやいていた順平が、それ以上のアタックを仕掛けなかったのが、こうなっちゃった原因ですかね。相手が隙を見せたら畳みかけてナンボなのだよ。そこで様子見に回っちゃうのが、脇役の限界なのかもしれない。


 タカヤ ~月光館学園拳銃伝~

 出たー! タカヤさんのKENJYUだー!

 なんかもう、ギャグシーンでもない上に順平が死んでるっていうのに、タカヤさんがKENJYUを取り出してからしばらくの間は笑いが止まりませんでしたwww この人、実力はショボイくせにKENJYUの腕だけは本当に確かだよなw どこの野比家長男だというのでしょうか。

 それにしても、パワーアップした順平による怒りの火炎魔法をまともに受けたジンがピンピンしているのを見ると、公式でも、

 KENJYU>>>>>越えられない壁>>>>>魔法

 であることが伝わってきますね。もう全部KENJYUでどうにかすればいいんじゃないかな!


 記憶は思い出させてもらった! 人類は滅亡する!

 Ω ΩΩ<な、何だってー!

 そんなわけで、何の意味があったのかよく分からない体験学習イベントの後、綾時君の正体と主人公の秘密が明らかにされました。今まで、「もし世界規模で影人間化が広まったらヤバイ!」とか言われながらも、「まあ、このペースじゃ無理だろう」と思っていたわけですが、一気に話を世界規模の危機まで広げてきたなー。

 しかし、てっきり暴走して襲いかかってくるのかと思ってた綾時君が無茶苦茶理性的に振る舞ってくれてるため、先走って襲いかかった挙げ句、返り討ちにされてるアイギスがなんか脳筋っぽくなっちゃってますね。やっぱり、人の話を聞くって大事なことなんだな……。

 まあ、そんなわけでいよいよラスボスの存在も明らかになったわけですが、これ、ストレガの二人も協力してくんないとやばいんじゃないかな? それとも、「俺らの寿命短いし全人類道連れじゃー!」というクルーゼ的思考なんでしょうか。それだと、ペルソナ使いの一般人に対する優位性がどーたらこーたらと言ってた登場時とは、またキャラが違ってきちゃうんだけども。


 人間の仲間達

 PTメンは基本、真田先輩、ゆかりッチ、アイギスでやってます。レベル上げしんどい。


 英慈尊
 「つ……つまり……綾時は僕の息子!?」「お前、ちゃんと話聞いてたか?」な、主人公。運命のイタズラで転校してきた~とか言われてたけど、まあ、幾月さんの差し金なんでしょうね。
 せっかく作ったレーヴァンテインは振る機会がなかった。雑魚戦ではアタック性能の関係で使いにくいしなあ。


 ゆかりッチ
 ガルダイン習得によりパンチ力が大幅に向上した。メイド服着用。意地でも着用。ラストまでこれで通したい。


 順平
 恋人を失ったばかりか、会長の電話イベントにより恋人の死体によからぬことが起こったフラグまで発生している。スタッフは彼をどこまでイジメ抜きたいのだろうか。アイギスはしばらく離脱っぽいし、レーヴァンテイン持たせて鍛えてやろうか。上位ペルソナになったしね。


 真田先輩
 ジオダインを覚えてパンチ力が(ry
 でも物理系のスキルは全然習得しない。マジックユーザーとしては、少々SPに不安があるんだよなあ。今は極活泉つけてるんだけど、極魔脈に替えるべきだろうか。


 会長
 自分の家の不祥事が世界規模の危機に発展しようと、意地でも報酬を支払わない女。あなたのメイド服はどうでもいいです。多くの場合、彼女の上位ペルソナ最初の犠牲者は主人公達である。


 風花ちゃん
 エスケープロードが非常にありがたい。これで探索の危険度が減少した。


 アイギス
 メイド服着用。うむ! 良し!
 マハカジャ系三種の神器を備えたため、戦闘での重要度が大幅に増した。早く修理されてきて欲しい。


 天田少年
 特撮趣味があると判明。それだけで、個人的に好感度が少し上がった。


 コロマル
 そういや、こいつは最初から火炎無効なんだけど、ひょっとしたら上位ペルソナイベントはないのかもしれない。


 ペルソナ達


 スルト
 俺は、リーダーのスルト。通称レーヴァンテイン。火炎魔法と火炎魔法の名人。
 俺のような天才火炎使いでなければ、百戦錬磨のつわものどものリーダーは務まらん。


 ウリエル
 俺はウリエル。通称フェイスマン。自慢のルックスに、女はみんなイチコロさ。ハッタリかまして、火炎ブースタから火炎ハイブースタまで、何でもそろえてみせるぜ。


 ヘルズエンジェル
 ヘルズエンジェル、通称バイク。火炎魔法の天才だ。大統領でもぶんなぐってみせらあ。でも、ジオ系だけは勘弁な!


 アヌビス
 よお、お待ちどう! 俺様こそアヌビス。通称クレイジードッグ。火炎使いとしての腕は天下一品! マハンマオン? マハムドオン? だから何?


 キクリヒメ
 私は女教皇のキクリヒメ。通称エンジェル。チームの紅一点。火炎魔法は、美貌とハイブースタで、お手のもの。

 オレ達は、道理の通らぬ世の中にあえて挑戦する、頼りになる神出鬼没の!

 特攻野郎A(アギ)チーム!

 助けを借りたい時は、いつでも言ってくれ!



 ケツアルカトル
 何故か今更になって大活躍を果たしているマハガルーラ要員。Aチームはどうしたって? だって、炎が弱点のやつあんまりいなかったし……。
 結果、レベルが一気に上がって全スキルを習得した。


 ラファエル
 ディアラハン、メディアラハン、気功・小、勝利の息吹を備えた回復要員。
 マハタルカジャ、マハラクカオートを備えているため、補助要員としても重要。あと1レベル上げれば五月雨斬りを覚えるので、戦闘でもいけるかもしれない。


 ロキ
 ガルダイン、ブフダイン、ジオダイン、アギダインを備えた便利屋さん。あと1レベルで火炎無効を覚えるので、弱点も無くなるのがありがたい。ついでにマハジオンガも習得している。間違いなく最後まで連れていく。
 ところで、彼を見ているとエイジスリフレクター! とか叫びたくなってくるのは僕だけでしょうか。マントの下にふんどし一丁て。


 チェルノボグ
 斬撃無効、光無効、電撃無効、疾風無効を備えており、相手によっては完封も可能。個人的に、先生と呼んでいる。
 斬撃無効自体はスキルではなく素で持っている耐性なので、合体で適当なペルソナに受け継がせて保存した後、彼自身のものはメギドラ習得時に消してしまった方がいいかもしれない。
 多分、最後まで連れていく。


 メルキセデク
 マハタルカオート、メディアラハン、アカシャアーツ、拳の心得、勝利の息吹を備えたコブシ系天使。千尋ちゃんのコミュによって誕生したのに、全然千尋ちゃんとの接点が感じられんw
 しかし、かなり強いしヒロイン勢の中ではやはり千尋ちゃん派なので、最後まで連れていくと思う。


 今回のコミュ展開


 特別課外活動部 ランク9
 これがMAXになると、オルフェウスの上位版が解禁されるのでしょうか。
 綾時の話を聞いてメンバーが落ち込んでる中、慈尊君だけはぐっすり寝て絶好調状態なのであった。


 岳羽ゆかり ランクMAX
 攻略終了。
 お母さんとはどうなったのだろうか。


 山岸風花 ランク7
 慈尊君の次なる獲物。
 しかし、放課後の校内になかなかいないので困っている。今までは結構な頻度で出てきてたのに、何で急に出なくなっちゃったんだろう。


 インターネット ランクMAX
 コミュ終了時、慈尊君がとてもダルそうにPCへ向かっているのが印象的であった。


 管弦楽部 ランク2
 てめえ! 口みてえなケツしやがって!
 と、思っていたのだが、もしかしたら普通にいい人なのかもしれない。でも、期間的に上げられそうにないね。仕方ないね。


 テレビ通販社長 ランクMAX
 ゴ……ゴマすりを見透かされていた……だと……。
 これが……敗北……。


 型破りな僧侶 ランク9
 息子さん、呼び戻されたって社会人やってる年齢だろうし、困っちゃうんじゃないかなあ。
 簡単に受け入れて戻ってくるようだと、それはそれで問題がありそうな。


 他校のエース ランク6
 常にお金に困っている彼から見て、財布に二百万円とか普通に入っている慈尊君はどう映っているのだろうか。


 余命いくばくも無い青年 ランク8
 ピンクワニと聞いて、ガイキングLODのあのクソ回を思い出したのは僕だけだろうか。まあ、あっちはカバなんだけどさ。


 今後の方針

 女帝は会長として、審判、永劫、宇宙なんかのコミュはどこへ行けば発生するのかな。永遠がどうとか言ってたので、永劫はアイギスの担当かもしれないけど。

 あと、バロン+ランダの組み合わせで強力な悪魔が作れるのがシリーズのお約束と某動画で目にしたので試してみたんだけど、これ作るレベルまでにはゲームクリアしてるんじゃないだろうか……。

 現在の日時は、12月3日(木)夜。

[PR]
by ejison2005 | 2011-12-08 23:56 | ゲーム
週刊少年ジャンプ 12年 01号 感想
 普段はアニメとかしか見ない僕だけど、シルシルミシルは欠かさず見るようになりました。この番組、ただの情報番組かと思いきや、レベルが高すぎるw 放送作家さんの腕がいいんですかね?


 バクマン。

 うん、いや、あのね……。サイコー君、シュージン君、君達の世界は「ジャンプにデスノートが連載されていた」という設定の世界なんだよ……?

 そんなわけで、連載第一回冒頭部のとっても大事な主役二人に接点が生まれるシーンをガン無視しているのを除けば、僕的には望んでいた結末でしたので、まあ満足です。ちゃんとクオリティの方を選んでくれてよかった。

 ついでだから、あらためて僕の価値観を書いとくと、「別に短くていいから面白さを追求して欲しい」になりますかね。トップスピードで駆け抜けて、一番いいところで終わって欲しい。欲を言うなら、そういった「寿命は考慮しないけど面白い作品」が、常時5~6本くらいは連載し続けられている、くらいのサイクルが出来てると尚良い。
 どちらかというと僕は、「上映時間が終わったらそれで完結よ」という映画ライクに作品を楽しんでいきたい人なのです。上映時間は作品によってまちまちですが、テレビとかと違って尺の制限も基本的にはないんだろうし、多分あれは、そのお話を展開し、解決するまでに必要な尺で制作してるよね。僕は連載するための連載ではなく、語りたいことを語るための連載が読みたいの。
 ううむ、上手く考えがまとまらなかったので、ちょっととっちらかった文章になってしまった。まあ、どっちにしろ、それじゃ商売にならないから絶対無理なんだろうけどw


 ワンピース

 あ、ちゃんと古よりの約定に従っている守護聖獣だったのかw そりゃそうだよな。海王類の役回りで、皆が皆あんなにインテリジェンスが高かったら逆に困っちゃう。

 で、ジンベエさんの勧誘イベントですが、ついていく理由もついていかない理由も十分に存在すると思うので、ここは全く予想つかないなー。僕的には、彼の立場だとこれからの魚人島を見守った方がいいと思うし、何よりジンベエさんは最近ルフィの保護者と化してきてしまっているので、保護者同伴の旅とならないよう、仲間入りは断ってくれた方がいいかなーと思います。個別バトル要員が増えちゃうしね。


 トリコ

 チーズ白菜はちょっと食べてみたいな。というか、チーズとウィスキーってよく合うよね。僕もよくやるし。やはりチーズとサラミの組み合わせが最強のおつまみだな今回のでそれがよくわかったよ>>しまぶー感謝。

 さておき、本編ですが、小松からヒントを得ていなかったら微妙にやばそうだったり、飲み切ってもその後は普通に気持ちよ~く出来上がっちゃってたりと、ライブベアラーさんが微妙にかわいかったです。
 しかも、酔っ払ったからか大変機嫌良さそうだけど、それ多分ココの思惑通りという。まあ、何がどう思惑通りなのか、先週も書いたけど僕にはサッパリなわけですが。


 銀魂

 金時さんが精神的フルボッコを受けてるところは面白かったけど、やはり、全体的にはビルから飛び降りて以降の展開が微妙だったなあ。いつも通りの、押しつけがましい感動売りを感じてしまった。前も書いたけど、飛び降り辺りでスパッと終わらせちゃってもよかったと思う。
 その辺、先週までアニメがやってた連蓬編は本当に神がかってたんですけどね。シリアスに傾倒しすぎず、適度にギャグが入っていて。い、いや……適度……だったか……?


 鏡の国

 ううん、男らしいというか、正直者なのはいいと思うんだけどなあ……いまひとつ共感できないというか、まったくワクワクしないと申しますか……。

 どこがいけないんだろうね。男らしくはあるけど、その原動力となっているのはあくまでも鏡の呪いという、強制的な動機が関わっているからでしょうか(ニセコイにのれない理由でもあるかも)。更には、ヒロインがそれを受け取った上で全肯定してくれるという、まっこと主人公にとって都合の良い展開であるからでしょうか。
 でも、そんな都合の良いヒロイン、嫌いじゃなくってよ! だって都合が良いから。


 黒子

 ドヤ顔で「もうオレはキミより強い」とか言っちゃったタツヤ少年が、来週冒頭でチームブリリアントスターズ美童キリヤ少年みたく地面に突っ伏してたら面白いなーと思いました。
 師匠キャラって、やっぱり強くあって欲しいしね。

 しかしこれ、子供のケンカとはわけが違うというかスポーツでの対決で相手は自分の恩人なんだから、もうちょっと愛想よくしろよなーとは思いますね。何でこの子、「ズ……」とか効果音出しながら念能力発動しそうな目つきで睨んでいるのだろうか。カードアニメではよくあること。スポーツ漫画でもよくあること。


 リボーン

 ん、ユニちゃんはこれでもちっちゃくなってるのか……。ち、違いがよく分からん……。

 それはさておき、当然のように撃破されてる真6弔花の面々を見て何だかホッコリしてしまったのは僕だけではないと思いたい。


 ハンター

「下がってて」
「大丈夫。家業の後輩に、あんまり格好悪いところ見せられないものね」
「体が軽い……。こんなキチガイと戦うなんて初めて」
「もう何も怖くない」

 そんなわけで、円環の理に導かれちゃったゴトーさんですが、ここで気になるのは彼の実力がいかほどのものか、ということでしょう。
 比較対象にできそうなのは、ヒソカが同じ方法で遠距離攻撃を受け止めて見せたレイザー戦ですが、あれはルールの特性上、最大限までオーラを高めることの出来たゴンのグー+レイザーのレシーブあってこそだから、あんまり通常の念攻撃とは比べられないしなあ。
 できれば、体術なんかも披露して欲しかったところですが、実質不動の状態で倒されちゃったんで、その辺もよく分かりませんね。とりあえず、個人的なイメージでは師団長と同じか劣るくらいだと思う。

 ついでに、ゴトーさんがどういう能力者だったのかだけど、見た目通りに放出系なのか、もしくは操作系なのかな。一回「ビタアッ」と完全停止した状態から再度回転してるんで、間違いなく操作系の要素は加わってますが。本来はジャイロの鉄球みたく、色んな使い方のある能力だったんでしょうなあ(ツェペリ家の技はそういう次元じゃないけど)。
 コインそのものは、キルアのヨーヨーと同じ特殊材質製なんですかね。だとすると、放出系ほどには極められない遠距離攻撃の威力をアイテムで補いつつ、単なる念弾では生み出せない付加価値を加えた能力者、というところでしょうか。

・密告者は……?
 アマネさんですかね? ゴトーさん退場、カナリアはまずなく、ツボネさんはイルミ様が好きになれないと独白、という状態ですし。
 いや、もちろん状況的にはミルキとかモブ執事の誰かが旅程を漏らしたっていう可能性もあるんですけど、メタ的に見て、ここまで裏切り者の存在を強調しかつ、いまだ内心が吐露されてないキャラがいる時点で、怪しさ120%ですからね。
 だとすると、せっかくゴトーさんに逃がしてもらったカナリアも相当やばい状況な気がするんだけど、続けてご退場となるんですかね。

・ところで
 今週のヒソカ、反動ついてない状態から跳んでる気がするんだけど、足につけてたバンジーガムは何か意味あったんでしょうか……。


 べるぜバブ

 「すごい早さであきらめた…っ!!」「こいつら勝負以前に心が折れてるっ!!」のくだりがとても面白かったです。
 バトルしかできない面々で突入してたからアレだったけど、この展開は適度にギャグとかも入れられそうだし、満足度も高まりそうですかね。


 スーパーヒーロータイム

 フォーゼ #13
 橘さんがバッティングセンターで特訓したそうに弦ちゃんを見ている……!

 本編ですが、初期に危惧していた「ゾディアーツ被害者のケア問題」に対して、正面から向き合ってくれたのはよい感じですね。テーマ上、避けては通れない問題ですし。ケアというか、ほぼ薬物中毒者の治療問題と化してた気はしますがw
 この問題へ誠実に取り組むキングに対し、全く意欲を見せないジェイクという構図は、二人のキャラクター性を表す構図であると共に、「ジェイクは、本質的な意味では改心してないのではないか?」という問題への伏線にもなっていてグッドです。他の面子はともかく、この二人は直接的にゾディアーツを生み出すきっかけを作っちゃってるからなー。

 そして何と言っても、見所は正体を現した園ちゃん先生ですね。後がつかえそうだし、なんか予告で巨大化してるしで、いよいよ決着をつけるのでしょうか。仮に園ちゃん先生の人間体がバレたりしたら、一気にお話が進展しそうだよな。

 戦闘面に関してですが、本体に近い実力の雑魚怪人を多数作れるのは凄いというか、その怪人たちが割とあっさりやられちゃってる以上、来週不憫なことになりそうというか……。
 殺陣の面では、ワイヤーアクションか他の技術かは知りませんが、フワフワジャンプによる殺陣が印象的でした。あと、量産怪人に刀を持たせたのはグッドなチョイスでしたね。時代劇などでのノウハウを活かせますし、素手戦闘主体だった他ライダーでの戦闘員戦と差別化を図れますし。


 ゴーカイジャー #41
 ダマラスさんは気の毒ではありますけど、しかし、皇帝からしたら、そりゃ怒るよなという話ではありますよね。バカボンであることは百も承知してるから信用するお前を付けたのに、何言われるがままに観戦しちゃってんの?? みたいな。

 殺陣の面では、ダブルシンケンレッドがやはり素晴らしかったです。本編では結局見れなかったドリームタッグだ。
 ただ、そういうところは良かったんだけど、今回の敵はいくらなんでも紳士すぎるよなあ。どんだけゴーカイジャー側のアクションを待つつもりなんだ、という。強者は余裕かますものとはいえ、ここまでいくと単なるアホの子だったと思う。

[PR]
by ejison2005 | 2011-12-06 06:51 | ジャンプ感想
ペルソナ3フェス プレイ記 7

ペルソナ3 フェス PlayStation 2 the Best

アトラス


 飽きるか面倒になったら何の音沙汰もなくやめるプレイ記。難易度はノーマル。主人公の名前は英 慈尊(えい じそん)。


 悲しみを乗り越えて

 仲間達が新垣先輩を失った悲しみに沈み、試験勉強も手につかないと嘆く中、我らが慈尊君の取った行動とは……!

 グルメキングと食べ歩きをかましていたのである。

 仲間達からの詰問に対し、彼は「誤解するな! 俺が食べ歩きを行う事がチームの強化……そして先輩の遺志を継ぐことになるんだ!」などと意味不明なことを言っており……。


 新しい力

 そういえば、天田少年と風花ちゃんも上位ペルソナに覚醒しました。主人公と全く関係の無いところで覚醒しちゃってるんだけど、全キャラそんな感じなんだろうか。それと、「真田先輩なんか雰囲気変わったよなー」とか仲間が呟いてますが、もっと目に見えるものが変わってるからね。もうちょっとビックリしてあげないと、逆にかわいそうだからね。

 ところで、戦闘キャラである真田先輩と天田少年はともかく、風花ちゃんは上位になったことで何が変わったんだろう? アナライズのスピードと、階層移動時の回復量が上がったのかな?


 タルタロス制覇!

 ……したんだけど、仲間達の反応が薄い薄い(´・ω・`)
 薄いというか、正確にはリアクションさえしてくれないという。いや、残り日数から考えてフェイクなのはバレバレなんだけど、もうちょっとこう、達成感を与えてくれてもいいと思うんだぜ。

 タルタロスボスに関してですが、地獄の騎士×3はサキュバスによるバステブースタ付きセクシーダンスが決まってほとんど何もさせずに勝利しました。初めて有効にバステ技を使えた気がする。

 神話のギガスは耐性持ちらしく、連れてったアイギスが何もしてくれなくて困ったけど、それなら効率は悪くなるものの彼女に支援させ、慈尊君が攻撃すればよいだけなのであった。そして、慈尊君はボス戦だと支援ばかりしてるけど、PTメンで最強の火力を誇るのであった。

 それもこれも、ダイン系習得が大きいわけですが、このゲーム、中間魔法までは割と長かったけど、大魔法は案外サックリ覚えますね。メディアラハンもあっという間に覚えちゃったし。作れたペルソナの運が良かったということもあるだろうけど。


 ムーンライトブリッジの決戦!

 というわけで、いよいよ最後の(?)満月ボス戦。

 前座として登場するのは、タカヤ&ジンのストレガコンビであり、タカヤは各種ダイン系魔法を、ジンはムドオンを使用してくる強敵……のはずなんですが……その……なんだ……。

 タカヤ、一発もこちらに魔法を当てられずに倒れちゃった。

 なんなんだろうね。このどうしようもない気分は。彼も最終決戦的な気分だったから、ついペルソナ勝負を挑んじゃったんだろうけど、こんな醜態を晒すくらいなら最強殺傷兵器KENJYUを使っとけば良かったんじゃないだろうか。慈尊君達は何故か何の備えもしてないから、そうすれば勝てたと思うよ。

 あ、真田先輩はムドオン喰らって倒れる→蘇生される→ムドオンで(ry
 という、起き上がりこぼし状態でした。流石と言いたい。

 満月ボスに関してですが、取り巻きを倒した後の数ターンしか攻撃できない関係上、手番を無駄にできないので仲間の強化はマハタルカジャのみにとどめ、珍しく慈尊君も混じっての総攻撃状態になりました。
 取り巻き召喚は一見、面倒くさそうだけど、マハラギダインとかで一掃出来ちゃうから、相対的にかなり弱いボスだった気がする。


 黒幕登場

 そんなわけで、幾月さんが黒幕でした。ここら辺の展開は、イベントを見逃しただけかもしれないけど伏線も特になかったと思うし、何よりプレイヤーの介入する余地が無いので吟遊されてる感じが強い。

 ところで、戦闘シーンをカットされていきなり捕まってるところになってた時は「おいおい、なんでだよ!」と思ったけど、後のムービーで理由が判明しましたね。そう、幾月さんはKENJYUを所持していたのです!
 KENJYUはあらゆるペルソナ使いを殺傷せしめる本作最強兵器ですから、なるほど、慈尊君達がろくに抵抗も出来ず捕まったのだとしても、仕方がありません。人はKENJYUで撃たれれば死ぬのです。

 あと、なんかこのシーンはウルトラマンA第14話「銀河に散った5つの星」におけるゴルゴダ星処刑場を彷彿とさせますね。アイギスもロボットであることだし、エースキラーリスペクトなのだろうか。それだと、ウルトラマンAは桐条パパかw


 人間の仲間達

 新垣先輩はガチ死にっぽいですねー。


 英慈尊
 仲間の死を乗り越え、グルメツアーを敢行する主人公。そういうゲームなのだから仕方がない。
 新たなペルソナを作成したことにより、ディアラハン、メディアラハン、各種ダイン系魔法などを習得したのだが、代わりに物理系特技がほとんど無くなってしまった。


 ゆかりッチ
 ディアラハンを習得したことにより回復の効率は上がったが、AIは有効に回復魔法を使わないのであまり意味が無い気もする。それよりガルダインを早く覚えて欲しい。


 順平
 相変わらずしょうもないスキルを習得し続けている。


 真田先輩
 別に弱点でもないくせに、相変わらずのムド先輩ぶりを発揮し続けている。
 最大火力がジオンガ止まりなため、やはりきつい。ジオダインはよ!


 会長
 変わらぬベンチウォーマー。
 そういえば、桐条財閥が満月ボス全討伐のお礼に寿司を振る舞ってくれたのだが……。街ひとつ壊滅しかねないレベルの不祥事を解決してやって、報酬が寿司て……。
 今回は慈尊君が解決してくれるが、いずれ東電並の特大不祥事をやらかして財閥解体となるのは疑う余地もあるまい。


 風花ちゃん
 う~ん、何がパワーアップしたのだろう。


 アイギス
 今回はタルタロスボス戦で支援に回ったりと、単純に殴るだけではないところを見せてくれた。効率は悪いが、状況によってはこの役割分担も悪くないかもしれない。


 天田少年
 パワーアップしてもやはり火力が足りない。少しどころではなく足りない。


 コロマル
 何気にアギダインを習得したワンコ。でもムドが大好きなのは変わらないので、安定しない。


 ペルソナ達


 クラマテング
 ミドルグロウでしぶとく経験値を吸い続け、とうとう全スキルを習得した。
 もう用は無いので合体行きである。


 オセ
 そろそろきつくなってきたのだが、合体候補がいまひとつなので何となく残留している。
 まあ、合体素材。


 ティターニア
 神々の加護を習得したのだが、既に全回復魔法を覚えているので燃費調整以上の意味合いはなくなってしまった。残念。
 でも、見た目が良いのは大事。超大事。


 ウベルリ
 J( 'ー`)し <慈尊、ディアラハンで全スキル習得だし、合体で役立つようギガンフィストをマハタルカオートにしとくからね。
 なんというカーチャン……。完璧なタイミングで完璧な合体素材として仕上がった。


 サキュバス
 光無効を目指し、ちまちまレベル上げ中。
 バステブースタ+セクシーダンスだけでも存在価値は十分。アギダインとムドオンもあるしね。


 ディオニュソス
 ジオダインを習得し、火力が大幅に向上した。
 次レベルでのヒートウェイブに加え、まだスキルが二つ残っているので、まだまだ利用価値はありそうである。


 ソロネ
 大事な大事なメディアラハン要員。その他、吸魔、リカームドラ、ハマブースタ+ハマオン&マハンマオンも備える。
 安定しないハマ系だが、ここまでくれば少しは使えるレベルになってくるし、ある意味完成系ではなかろうか。


 スルト
 友との友情によって誕生した火炎魔人。でも、余ったペルソナで適当に作ったのでスキル欄に空欄が三つもあったりする。
 とはいえ、高火力アギダイン&マハラギダインに加えリカームも持ってるし、何かのスキルが化けて習得した電撃吸収が貴重なので存在感は十分。
 ひょっとして最後までいけるのではなかろうか。


 バズス
 電撃無効が小剣の心得に化けてしまったのが痛い。でも、スキル変動出来るならとりあえず試しちゃうよな。俺は悪くない。
 ガルダインとポイズンアロー、ポイズンミストを持つ。


 今回のコミュ展開


 特別課外活動部 ランク7
 まあ、本編通りです。はい。


 生徒会 ランク8
 深夜の街を徘徊していたことで、とがめられそうだった慈尊君をかばってくれた。
 でもすまん、何をやってたかというと、悪徳商法の社長からレクチャー受けたり、酒場で坊さんに酌してやったりしてたんだ……。


 岳羽ゆかり ランク9
 とりあえず、恋愛ピラミッド崩し開始。
 この子は、ランク6越えたあたりから急に素直になってきたね。


 謎の少年 ランクMAX
 なんか言いたいことだけ言って去っていったような……。
 そして露骨なラスボスフラグであった。


 テレビ通販社長 ランク8
 順調にコネを作っていってる。
 クク……そうやって弱音を吐いたのが貴様の甘さよ! こちらの本心を見抜けぬとはな!


 型破りな僧侶 ランク6
 会える回数が多いので、とんとん拍子に上がっている。
 しかし、塔のペルソナは今のところエリゴールしかいないから、微妙に恩恵が感じられないなあ。


 グルメキング ランク6
 試験期間にかまってやった。
 過食症っぽい上に、新興宗教にはまっているのか。他のコミュと比べても、割と悲惨そうなキャラである。


 余命いくばくも無い青年 ランク5
 何となく上げてやる。
 助かる要素も見当たらないし、MAXまで上げたら死んじゃいそうだね。


 今後の方針

 ストーリー的にはだいぶ進展したのかな。なんかどいつもこいつも、言いたい放題言って退場してる感が強いけど。
 とりあえずは、物理系のペルソナを作ったりとかしたい。

 現在の日時は、11月5日(木)夜。

[PR]
by ejison2005 | 2011-12-01 02:28 | ゲーム