<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
てん☆しょく
\\//  / \ \/ /      |
  >  <  \/   \ _,. --─-- |  ┬   ⊥上 ┬r_j_, l 、
//\\/\ /_, '"            | |工|  .ロ.||   |コ┴'┼!
  // \  _,r'"           |十'十 小儿 ┴| 日乂/
>  <   / ,.イl/r' /⌒´       |
        j≧i{ルzえr‐==宀Y!→三  |    ナ__ぃ ナ ヽ   |〉
      /ト{⌒`´″      l|   三 |    / ー    d、 O
      { }i{             リ  三 |
 \/   ソ -、           三  \__  _____/
 /\   i=-、   ,r==‐一   `ミミ    」/
     _r==≠ー‐' r‐テ宍ぃ,___ヾミ     ヽ、 !
    └}- i 亠}⌒ヽ{ 、_  ̄´ }r───―r‐rイ ⌒トi }| |
      ヽ_!`_j   ヽ _ _ノ'_ノ'´   ノ ミ! i片 l//ll |
        ヽ }   '´ `!       /  ミ!  し'ノ/l!lリ
   \/  、ヽ _ r‐- ノ  `ヽ、       i_,ノヘ川
   /\   川从川从川从  !  i       !   ノル{
          ヽ‐ー→―ー‐ァ'’ j   !      ! }   {_
  ×      ヽi`ー─-^'´/  !      / /    ソヽ
           い、____,.   /      /l  }   / /ヽ
        ×  }            ,. '"   } / / /
\  /        '、         _/    ///  /
  ×        ``=ニr‐ '"/      /  /
/  \   \/         }  /   /



 やっちゃったぜ☆

 来年一月末に退社。しかし、その後はノープランという。僕は何を考えて生きてるんだろうね。きっと何も考えてないね。

 これだけだと切なすぎるので自己擁護を行うと、一応、営業所でトップの売り上げ出すまではと思っていたんだ。んで、先月トップだったんだ。だから辞めるんだ。
 前回の仕事が半年程度で、今回が一年ちょいだからね~。やめ癖ついてるだけではないか? と思い、そこを自分の中で落とし所にしていたわけなんですよ。そこまでやって、現状に納得いかないのなら、辞めてもよかろうと己に言い訳。

 肉体的な方面で言い訳をすると、睡眠薬とか精神安定剤とかそんな感じの薬を飲まないと眠れない日もたまにあったりするのも理由。休日とか、布団から起き上がる気さえしないんだぜ。仕事中は気張ってるから、アレやってコレやって~とか考えるんだけどね。そういや、舌が正常に味を感じない日もたまにあるな。

 真面目な話として、朝7時半出社の帰りが午後10時。肉体を酷使しまくり昼飯なし休憩なしがデフォルトの仕事は、果たしてブラックに区分けされるのだろうか。俺が根性ないだけなのだろうか。まあ、他人がなんと言おうと辞めるもんは辞めるしもう決まったけど。

 はぁ……フリーターにでもなろうかなあ。口に糊する生活でもいいから八時間働き、八時間遊び、八時間眠りたい。

 そして仕事に備えてもう眠ります。こういうの書くブログじゃないんだけど、これが若さというものだったんだろうか。

[PR]
by ejison2005 | 2009-10-28 00:55 | 雑記 | Comments(18)
トリコの食費について考える
ジャンプ感想書く時間とやる気がどうしても捻出できず、そのくせ、他に書きたいネタばっかり増えてる状態なので、ひとまずジャンプ感想は休止するぜ。リソースにお足が出ている以上、再分配を考えるのが一番効率いいしね。仕方ないね。そもそも、趣味でやってるブログで変な義務感持って更新するのも不健全だし。

 言い訳も済んだところで、今日はトリコの食費について考えてみたいと思います。


 さて、言うまでもないことですが、このトリコという男……。

f0029827_0351083.jpg

 食います。

f0029827_0352215.jpg

 食います。

f0029827_0354135.jpg

 とにかく食います。
この漫画を知らない人にとっては、フードファイト漫画と勘違いされかねませんね。
 第6巻で明かされていますが、トリコは常に摂食しながら行動しないと餓死寸前まで弱ってしまうという、大きな体にネズミのような習性を備えた男なのです。


 そんなトリコの限界摂食量に関する貴重なヒントが出されているのが第1巻収録の「ホテルグルメにて!!」というエピソード。
 このエピソード内でトリコは、

f0029827_0355582.jpg

f0029827_036330.jpg

 ホテルスタッフが「何百だろ」と語る量の食事を摂取し、「腹一分目だな」というコメントを残しています。つまり、この十倍の量がトリコにとっての満腹摂食量のはず……。

 飲食業界で働いたことがないので完全な素人の偏見となりますが、たった一日にそんな何百人も動員するようなレストランなど、現実的にはそうそうないはず。しかし、この漫画の舞台はグルメ時代。世界設定を加味し、対トリコ用に仕込みうる限界まで食材を仕入れていたとすれば、これは納得のいく数字です。
 そうですね。ここは、ホテルグルメの擁する「五ツ」星に敬意を表し、キリよく500人前の食事を、この日トリコがたいらげたことにいたしましょう。検証記事なのにのっけから仮定の数字が飛び出していますが、漫画内の雰囲気からしてトリコならそのくらいで一割の気がするんだ。それに、仮定の数字を持ち出すのは柳○理○雄だってよくやってるし。

 というわけで、ここから先はトリコの満腹摂取量が常人に換算しておよそ5000人分程であると仮定して進めていきます。

 仮定したところで早速計算。平均的な日本人が夕食で食べる米の量はおよそ1合と考えてよいでしょう。おかずやら何やらも全部お米に換算するとしたら、一食あたり2合分くらいの量を胃に収めていると考えるのが妥当でしょうか。

 こちらのページによるならば、米1合の重さはおよそ150グラム。2倍して300グラムです。
 その5000倍とは、すなわち……1500000グラム!

f0029827_0362229.jpg

 というか、1.5トンです。これを体内に収めている以上、猛烈な勢いで胃袋が食物を溶解・吸収しているのだと考えられますが、そんな強力な胃酸を持っているのならば、いっそ吐きかけちまえばGTロボだろうがなんだろうが一撃で倒せるのではないでしょうか。美食屋トリコ、最大の奥義はゲロだった……!

 (○想○学○本なら、ここでトリコがGTロボに胃酸を吐きかけるイラストが入るんでしょうなあ)

 図らずも主人公最大の必殺技を解明してしまう形になりましたが、とにかくオープンプライスです。1500000グラムということは、すなわち1500キログラム。僕が毎日食べている5キロ1680円の無洗米に換算すると……50万4千円だぁ!?

 こ、これは厳しい数字です。1か月に換算(50万4千×31×3)すると、4687万2千円もの金が消えていくことになります。しかも、米だけという想定で。
 実際にはもっとオカズとか食いたいし、500円くらいはお金をかけたいところ。となれば、一食あたり500×5000で250万円。同じ計算で月々2億3250万円もの支払となります。ついに億いっちゃったよおい!

 外食なんぞ行こうものならば、さらに負担は跳ね上がります。ためしにホテルグルメの食材を食いつくした時のお会計を算出してみましょう。

 ……といっても、残念ながら管理人はボンビーな独身男性。んな高級レストランの値段なんぞ知りません。グーグル先生に聞いてもいまひとつ要領を得ないので、もう完璧にイメージだけで判断しましょう。ああいった高級レストランであるからには、「○○人前」というのはコース辺りで換算しているはず。そしてコース料理の平均的な値段が、およそ50000円ほどであるとします。

 というわけで、50000の500倍で答えは……2500万円! しかもこれで腹一分目! 満腹まで食おうものなら、一食だけで2億を超えてしまいます。伊藤カイジが聞いたら失神するようなお大尽ぶりだぜ! このクラスのレストランへ週イチで通おうものなら、腹一分目で済ますならば月1億。満腹になるまで食べつくすならば月10億の出費を覚悟しなければなりません。もはや国防費なみの金遣いです。

 ……底なしの胃袋を持つ男には、同じく底なしの財布が必要だった。と、ここまで出費に関して考えたところで、トリコの収入について考えてみましょう。


 これまで、トリコのハントに対する報酬が提示されたのは計2回。

f0029827_0363869.jpg

f0029827_0364555.jpg

f0029827_037346.jpg

f0029827_0371938.jpg

 ガララワニ捕獲の時と、シャクレノドン捕獲の時です。まあ、ガララワニは失敗しちゃった(自分で食べちゃった)わけですが、成功した時のことを考えましょうか。

 まずはガララワニ。
 単行本4巻に掲載された食材リストによれば、ガララワニの体重は13トンとなっています。これに対し、トリコが要求した報酬はキロ単価40万で、13トンは13000キロだから……。

 40万×13000=5200000000

 となり、えーと、0がよっつで万、その上に4つで億だから……52億もの大金を要求してきたことになりますね。戦闘機でも買うつもりかwwwwwww

 単行本5巻に食材リストが記載されてるシャクレノドンの場合ですと、体重が1.5トンなので、トムの要求通りキロ単価3万の場合……。

 3万×1500=45000000

 で、4500万円の報酬になりますね。ちなみにシャクレノドン捕獲は「朝の運動がてらにちょっと……」みたいな気楽さで行っていたことから、トリコは気が向きさえすればいつでもこれだけの金を生み出せることになります。

f0029827_0373574.jpg

f0029827_0374355.jpg

f0029827_0375646.jpg

f0029827_038562.jpg

 ↑だそうです。

 えー、というわけで、あっさり結論が出ましたね。トリコは超余裕であれだけ莫大な食費を捻出できます。というか、それでも莫大な額のお釣りがきます。

 まあ、僕が計算した食費はあくまで現実世界のそれに基づいているので、ガララワニ級の超高級食材が頻繁に登場するトリコ世界では同じく料理の値段もケタ違いなのでしょうが、それでも余裕でまかなえるんでしょうなあ。

 今日の結論:トリコの食費は超バブル級の代物だったが、その収入もまた、超巨大バブル級なのであった。

[PR]
by ejison2005 | 2009-10-13 00:45 | ジャンプ感想 | Comments(2)
週刊少年ジャンプ 09年 43号 44号 感想
 シルバー……ウィーク……?
 そんな感じで忙しく忙しく、死ぬほど忙しく働いているうち、うっかりこないだ変更した光回線の申し込み用紙を送り忘れてしまっちゃったZE☆ とりあえず、今回は漫画喫茶から更新しているよ。本当に少量なのが申し訳ないけども。
 先週の内容を多少細くしながら、44号メインで感想書こうと思います。


 ブリーチ

 43号の時点では絶対、スタークさんがひっくり返すフラグだと思ったのに、そんなこともなくフッツーにやられてしまったという(卍解すらしてねえよ!)。でも全く死んだ気がしないあたり、僕の久保先生に対するある種の信頼感はハンパないなあ。
 あと、先に他人の戦いへ介入したのはあなた方だと思うんだぜ。

・愛染様ご乱心
 主人公が介入不可能な状態のまま最終決戦というのもどうかという気はしましたが、そうか、まだ続くのか……。個人的にはいい加減、愛染様には退場して欲しかったよ。このまま連載終了まで打倒愛染で引っ張るのだろうか。
 サザンアイズ、うしおととら、そしてもちろん、ナルトにブリーチ(※)と、一人のラスボスを定めて長々と連載していった漫画は数多くあるんですけど、共通していえるのは、どうしても間延びして感じられる時期があるというところなんですよね。そして僕は、新鮮味のない展開で引っ張られるのがあまり好きじゃないんだなーと、実感することしきり。第3勢力とかと戦ったりして品を変えたりもするけど、それは本筋(ラスボス打倒)を進めることには繋がりづらいから、結局、停滞感が生まれてしまいますし。

 色々と装飾はしても、やっぱりバトル漫画の本質は「主人公が○○と戦った」ですからね。その○○が何年も何年も据え置きだったら、そりゃ興味も薄まっていくというもんです。逆に一~二年毎にラスボスを設定しなおして、読者の興味を持続させていったのがドラゴンボールや幽遊白書。しかし、こちらはこちらで際限なくインフレしていくという問題があるのであった。

 今日の結論:どちらにせよ、漫画の賞味期限なんざ、そんなに長いものではない。

 わあ、我ながらビックリするくらい当り前の帰結!


 ワンピース

 今回のバトルで最も心配すべきなのは、
 ルフィの活躍ばっかり追う → せっかくのお祭り状態なのにそれを活かせない
 豪華メンバーの活躍ばっかり追う → 本筋が進まない
 といった感じで、あちらを立てたらこちらが立たずという状態になってしまうことなのですが、今のところは、少ないページ数の中、両者を高いレベルで維持させています。凄ェ! その分、吹き出しの数が銀魂みたいなことになっているけど、僕的にはどんと来いという感じ。吹き出しの多い漫画は好きなんだ。でも、説明台詞連発だけは勘弁な!


 ナルト

 我亜羅がKYすぎるw 雷影さん、せっかく片腕まで犠牲にしたのになあ。

・なんかすごい登場の仕方をしたサスケ
 ここ、すごい意味が分からなかったんだけど、どういうことなの……?
 可能性としては、
1 幻術
2 超スピードで無意味に幕を切りながら天井へ
3 催眠術とか超スピードだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてない何か

・サスケVS水影
 キャラ立ての段階で大コケした感があるため、今まで全く意識することはありませんでしたが、この状況って、雷影・水影・土影の実力がついに明かされる、大変ワンダーな展開だったんですよね。初期から引っ張ってきた設定なのだから、もうちょっと胸が踊って欲しかったよ。


 リボーン

 一体、このおじさんは何を食べているのだろうか……? 美味しそうな料理を書くのは難しいとは聞いたことがあるけど、それにしてもこの丼に納まっているのはラーメンではない。もっと別の何かだ……。
 というか、ヴァリアー戦だったかの「革素材にしか見えない毛糸製ベスト」もそうなんだけど、たまーに天野先生はおかしな質感の描き方をしますよね。あと、バーローバーローってちとウザい。

 しかしこれ、修羅開口や川平さんの存在によってツナ達がさらなる修行なり、パワーアップなりを行うということなのでしょうけど、以前、チョイスに備えて修行したのは何だったというんだ……。

 更なる強敵に備えてパワーアップっていう展開は否定しないけど、修行しました→勝てませんでした→また修行しました、って、一回目か二回目か、どっちかの修行が単なる紙数の無駄使いになっちゃうよ。修行一回で克服しろよ、という。


 トリコ

 先週今週と読んでいて、トリコにおける摂食シーンは一種のバトル描写だよなーと思ったり。「味」という表現選んでいるだけで、ものすごい存在に出会い、主人公がそれをきっかけに更なる成長を遂げているわけで。

 センチュリースープに足りない食材というのは、おそらく美食會の方で触れていたどっかの海に溶け出したというスープでしょうか。スープでスープを作るというのもおかしな話ですが、そもそもセツ婆のフルコースに入ってるのが「コンソメマグマ煮込み」なわけで、この世界じゃポピュラーな調理法なんじゃないかな。ベースとなるカレーになんか色々付け足して作る、CoCo一のカレーみたいな感覚。

[PR]
by ejison2005 | 2009-10-02 00:59 | ジャンプ感想 | Comments(0)