<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
週刊少年ジャンプ 09年 42号 感想
 アニ基地のコーナーをなんとはなしに開いて知ったんですけど、各地へ飛ばされた麦わら海賊団の活躍については、アニメのオリジナル話で補完されていたみたいですね。知ってりゃチェックしていたぜ。

 銀魂がつい最近掲載されたばかりの話をオンエアしちゃってたり、リボーンでは本編で勿体ぶりまくってるアルコバレーノがバンバン登場しちゃってたり、関心を持たないでいる間にジャンプアニメは相当愉快なことになっていたんですなあ。

 ちなみに毎週チェックしてるのはドラゴンボールですが、今やってるナメック星での攻防但し悟空テメーは抜きだ! の辺りは原作でもかなり好きなお話だったりします。
 圧倒的な戦力を誇りながらも情報を手に入れる手段の無いフリーザと、そこそこの戦闘力と気を探ることによる探索でバランスに優れたベジータ、そして戦闘力は皆無ながらもドラゴンレーダーで直接お宝にアクセスできるクリリン組とで、絶妙なバランスの攻防に仕上がっているんだ。
 シンプルながらも、かなり捻りが加わった展開になってるのが特徴です。そしてクリリンが最も輝いていた時期でもあるw


 43号は土曜日発売だった\(^o^)/


 リリエンタール(新連載)

 近年稀に見る「毒にも薬にもならない」新連載。正負どちらにせよ、これほどまで心の針が傾かない漫画は久しぶりだ。まさにベスト・オブ・ザ・空気。

 作画はともかく、登場人物がやや能天気すぎたり、目の前の不可解な現象&犬へのリアクションが薄かったりする以外、お話もそう大きく破綻したりしているわけではないんですけどね。この魅力の薄さは何なのか。


 別漫画の話題になるけど、バクマンに登場した「ハイドアウトドア」って、こんな感じの作品だったんじゃないかなーと思います。うん、福田さんは正しいよ。漫画には毒が必要だよ。


 ナルト

 サスケの仲間たちが役立たずすぐるw 大者の足止めを行った重吾はともかくとして、お供とのタイマンだった水月は普通に倒されるなよなー。君、将来的にはナルトの仲間たちと戦うことになるんだろうから、このくらいの相手はサクッと倒そうぜ。

 本編の方は、他の感想サイトでも言われてるとおり、雷影が腕一本犠牲にしてるシーンがなかなか良かったです。すごい人が肩書きに見合った活躍を見せてくれるのって、この漫画じゃどれだけぶりなんだろうか(技名のダサさはさておき)。
 まあ、それでもサスケに止めを刺せるとは……どころか、勝てるとさえ思えないところが、この漫画の残念な点ではあるわけですが。

 いや、物語の構造上、ラスボスに近い存在であるサスケがここで負けるわけにもいかないんですけどね。いかんせん、アホの子だからなあ、彼は。


 黒子のバスケ

 全生徒のうち3分の1が補習を受けるとは、何というスパルタ教育……! ○○点以下が~とかではなく、他生徒との相対評価である辺りが鬼ですね。凄まじい弱肉強食の教育方針です。
 と、そんなイージーミスはさておいて ミ□

 ギャグ話としてのオチをつけつつ、緑間君の特殊能力についてさらに掘り下げていたのが良かったですね。負けてなお、格を落とすどころか更に高めているぜ。

 ところで、今回つくづく思ったんだけど、キセキの世代って「バスケに対する特殊能力を持っている」というより、「他でも十分通用する特殊能力をバスケに応用している」集団なんですね。黒子の能力とか、僕が持ってたらスポーツで爽やかな汗を流すなんて選択肢は1ミリも存在しないよ。欲望のヨダレを垂れ流しまくりだよ。


 トリコ

 基本的にトリコがハイパーVIPぶりを発揮しながら食べ歩きしまくるだけの内容だというのに、なんという幸福感……!

 こないだっから読み切りの感想で「作品モチーフの扱いに関する杜撰さ」について触れることが多かったんだけど、今週このエピソードこそが、まさしく作品モチーフを見事に活かした一例ですね。この作品でしか味わえない世界観というものが、これでもかというくらいに押し出されています。

 んで、ふと思ったんだけど、「独自性のある世界観」を描写したいのなら、都市部の描写を入れるのは割と最適な解答なのかもしれませんね。今週のトリコに限らず、ワンピースでも立ち寄る島ごとにワンピ世界独自の発展を遂げた都市なり村落なりを描いて、僕たちをwktkさせてくれますし。
 というか、よくよく考えたら当り前のことではあった。僕は今更になって、何をいっているのだろう。

 ちなみに、今週のお話はスーパーバブリーな街で惜しげもなく金を使いまくるトリコを見せることで、これまで通りの大食いっぷりに加え、資産家としての一面を描いているのもポイント。

・ガリボックス
 これも魅力的な設定ではあるのだけど、受け皿とかなんも描かれてない(網にそのまま落ちるのか?)ので、若干の不衛生さを感じるのはいかんともしがたいところです。それとも、スーパーのパック寿司とかに入ってるやつみたく、小さいビニールパッケージに包まれたガリが落ちてくるのだろうか。


 バクマン。

 そこかしこの感想サイトで物議を醸し出されている亜城木コンビの進路問題ですが、俺、まさにこんな感じでなんとな~く進学しちゃったクチだから何も言えることがないなw
 ちょうど、高三の進路を決めなければならない時期に、推薦枠で入れたからほいほいと入っちゃったんですよね。それで今、自分のやりたいことすら見出せずにいるのだから世話はないぜ。

 実際、その道を選んじゃった人間の言い訳としては、大学進学っていうのは「空気」「常識」の類なんですよね。感覚的には、ここまで含めて義務教育のような気がしてる。

 そしてこれも実体験としてついでに書いときますが、今やってる仕事がまさに周り中、高卒とか中卒の世界なんですけど、ほんとロクなもんじゃねーよ。色々と。

 学歴っていうのは、しょせんバロメータのひとつに過ぎないけど、それでもバロメータのひとつではあるのです。

[PR]
by ejison2005 | 2009-09-20 01:17 | ジャンプ感想 | Comments(4)
週刊少年ジャンプ 09年 41号 感想
 地震に関する膨大なリサーチとシミュレーションの結果、たどり着いた先はシックスセンス……!
 まあ、俺はシックスセンス見たことないんだけどね(´・ω・`)


 保健室の死神(新連載)

 読み切りの時も「これ連載されたら10週打ち切りコースだろうな~」と思い、実際に連載されてみて「ああ、やっぱり10週打ち切りだろうな~」と再確認した、そんな新連載。

 とりあえず、こんなにも軽~い動機で発現してしまうような存在なのに、病魔とやらが社会認知されていないのが納得いかないんですよね。今週読んだ限りでは、「千円落っことしちゃった。俺はなんて不幸なんだ~!」とか、その程度の理由でも病魔になりそうだよ。

 例えば、この学校限定で病魔は誕生します。ハデス先生が病魔と融合してるっぽいのはここの卒業生だからです。とかなら、まだ理解できないことも一万歩くらい譲ればなくはないんですけどね。
 とりあえず、来週にはそこら辺のカヴァーリングを期待したいところです。


 ナルト

 運命の二人とか呼ばれても、ナルトは千手の血とかひいてないんですよね。サスケに関してはそりゃ運命かもしれないけども、ナルトに関しては全然関係ないよね、という。

 今週読んでてもっとも恐れたのは、今更になって設定返しを行い、ナルトが実は千手一族だった! とかやられることですね。普通ならそんな可能性考えもしないけど、岸本先生だから一切油断できん。

 逆に開き直ってヤマト先生がサスケに立ち向かい、「千手を継ぐ者とうちはを継ぐ者……運命の決戦!」とかやったら伝説になるかもしれん。


 ワンピース

 ルフィはもう少し戦局が煮詰まってから乱入するかと思ってたんだけど、よく考えたらこのまま続けてもここ数週同様、一進一退の攻防が続くだけなんで、似たような内容で誌面を埋めることになりかねないんですよね。要するに、以前までのワンピと同じ現象を招きかねないわけです。
 そうなると、ここらで状況そのものを一変させて「エース救出」というメインストリームを進行させる必要があるわけで、ルフィが投入されるのも納得、という感じですね。

・脱走兵を処刑する赤犬さん
 これ、最初に読んだ時は「残酷だな~」と思ったんだけど、脱走兵の制裁というのは立派な士官の仕事だったりするんですかね。士官が拳銃で武装してるのは、脱走兵を処刑するためなんだよ! とか、漫画か何かで見た覚えがあります。実際、コビー達が戦線離脱するのは防げたわけだし(復帰してもいないけど)。
 でも、これを行ったのが赤犬さんなのはやっぱり微妙かもしれません。あなた、敵の強キャラに対抗しうる貴重な存在なのですから、もうちょっと前線の方で頑張りましょうや。

・戦場の中心で正義を叫ぶ
 まったくもって個人的な感情なんだけど、こういう「敵も味方もそれぞれに正義があるよね!」という主張はもうお腹イッパイだなあ。色んな作品で使い古された言葉だというのもありますが、物語の登場人物に語らせるにはあまりにも哲学的なスケールの問題なため、どうにも地に足がついてない感覚を覚えるのですよ。それに、それぞれが正義を抱えてるなんつーのは、単なる前提条件ですし。


 銀魂

 全般的にレベルの高いギャグ回だったんですけど、近藤さんと合流した際のネタが特にツボッたw 単にゴリラになってるだけでなく、スパイダーマン的な別件に巻き込まれてるという更なる捻りが加わっているのが良かったんですかね。


 トリコ

 残念ながら支部長クラスは四天王よりも格下っぽいことが判明しているため、あんまり威厳は感じられなかった今週の「敵幹部大集合!」ですが、敵味方含め、今後やるべきことがはっきりと明示されたという意味で、非常に意義深いエピソードだったと思います。やるべきこととは! すなわち! メタルスライムを、がんばってさがそうぜ? ドラクエというか、ランスシリーズ(エロゲ)のシステムっぽいけど。

 トリコサイドに関しては遊びに行こうと誘ってるだけなんで、まあ、あんまり書くこともないですね。強いていうなら、テリーに食わせてるBBコーンの賞味期限は大丈夫なのか? とか、そんな野暮なツッコミでしょうか。
 というか、先日、BBコーンの調理で散々苦労した経験から小松を引きもうって腹……トリコはそういう男じゃないか。
 でも、何とかしてそういう流れにしないと、今後もトリコは生肉や生魚を食いまくる羽目になっちゃうんですよね。美食會の方がはるかに文明人してるぜ! 食ってるものはグロイけどな!


 バクマン。

 気持ち男前に書かれた三浦さんの熱弁により、TRAPのファンレターがほとんど女性の手によるもの……という問題にはアンサーが出された形になるのでしょうか。来週、打ち切りを危ぶまれたことによる組織票で生き残りました! とかにもできるだろうけど、この流れだと無さそうですしね。
 でも、これが女性票に関する大場先生……ひいてはジャンプ編集部の見解だとすると、割と貴重なシーンではあるかもしれない。話を進めるためなら「ファンの意見に振り回されるな!」だけで済んだところへ、わざわざ挟んできてるわけだしね。

 TRAPが打ち切られるかどうかに関しては、これもう打ち切りなんじゃないかな~。似たような引きの連載会議時は無事連載開始という流れだったから変化もつくし、主人公たるもの挫折してナンボだしね。
 身も蓋もないことをいうと、ここまでTRAPに関して希望的な要素が提示されてないため、これで生き残っちゃっても説得力に欠ける、というのもあります。

 でも、これまで駄目そうな状況でもポン、と成功してきたのが亜城木コンビなので、この漫画に関しちゃ予想とかは無意味かもしれない。

・ネットの意見は無責任
 うん、これはもう本当にその通りだと思う。少なくとも、僕は何ら責任を感じたことはないよ。超無責任に落書きを垂れ流してるもの。


 ぬらりひょん

 こんな頼りにならない黄道十二宮の黄金聖闘士は初めて見たwwwww

 ここで守護の陰陽師さんがもう少し頑張ってくれたら、「開花院スゲー」だったんだけど、今週は冒頭から羽衣狐様ナウオンステージだもんね。仕方ないね。生き残った陰陽師の皆さんに期待するとしましょう。


 スケットダンス

 なんか先週今週と、「仕入れた知識を披露してみました!」というお話になってるのがなんだかなあ。しかもこの占い師さんは、「反論も義務」とまで言い切ってるようなお方なのに、こういった手合いのあしらい方も分からなかったんだろうか、という。
 信者さんの反応に関しても疑問で、こういうある種の宗教じみたものに熱中してるような人々なら、正論だろうか何だろうが無視して占い師先生を庇い続けるような人がいてもいいんと思うんですけどね。この人たち、マルチ商法とかすっげーハマりやすそうだよ。いや、まさにハマってるというお話だったか。

 それはそれとして、双子が発覚したタイミングとかに関してはどうやって調べ上げたというのだろうか(隣近所に吹聴して回ったわけでもないというのに)。この占い師、ペテンなど働かず、探偵事務所を営んでいれば毛利小五郎ばりの有名人になっていたのかもしれん。

[PR]
by ejison2005 | 2009-09-13 23:13 | ジャンプ感想 | Comments(2)
週刊少年ジャンプ 09年 40号 感想
 この2~3ヶ月間、仕事前日だとやたら体がダルくて全く眠れない。心臓がバクバクする。そして、今まで興味を持ってた物事に全く喜びを感じられなくなった。とりあえず、9月14日に精神科の予約を入れました。なんというリアル平丸。
 僕自身のプライベートにはなるべく触れないようにしてるこのブログですが、本当にキツイんだ。今の仕事やめよ。


 べるぜバブ

 実は僕、東条さん登場以降の展開にはあんまり興味を持ててないんですよね。ハッキリいって、邦枝さん編の方がよっぽど面白かったし、興味を持てた。

 その理由を考えてみたんだけど、ぶっちゃけ精神的な問題で全てに興味が持てないベル坊関連よりも、東条さんと男鹿のタイマンに重点が置かれた作劇がなされているからでしょうか。

 もちろん、そもそもの問題はベル坊が熱を出したことにあるわけだから、話の中心にいるのは間違いないと思うんですよ。でも、主人公側に迫りつつある驚異なのは東条さんだから、どうしてもそっちの方が目立って感じられるんですよ。
 そしてこの漫画は、不良対不良のバトルになった途端、オリジナリティが大きく削がれてしまうんだ。

 今んところ、東条さんの強さを表すスカウター的な役割しか果たしていないベル坊が、また主体性を発揮し始めたら興味も戻ってくると思います。基本はベル坊と男鹿の関係を強化するエピソードでしょうから、そう遠い日でもないかな。


 ワンピース

 リトルオーズの働きぶりを見ていてなんとなく、タクティクスオウガのゴーレムを思い出しました。あいつら、見た目は強そうで敵として登場すると確かな厄介さを発揮するのに、味方として使うとクソの役にも立たねえんだよなw

 あとはまあ、デカイ=あんまり活躍できないは、少年漫画というか日本の創作物の伝統だよね。と思った。


 それにしても、恐るべきはたった一話の間でエースとリトルオーズの関係を描き切り、その死に確かな喪失感を持たせた尾田先生の作劇能力ですよ。こないだも書いたけど、本当にここ最近は回想シーンの使い方が神懸かってるな。


 ナルト

 ここ数年の岸本先生は、セリフ回しで本当に損をしてるよなー。
 ラストシーンの重吾って、「ぶっ殺してやらァ!!」とか、「アッハァー!!」とか喋らせずに、ただただ睨ませておけば、それなりに凄みを感じたかもしれないところへ、口を開かせちゃってるのですごく軽く感じられてしまっている。これはよくない。

 先週の、「憤怒の恐怖を~」とかもそうなんだけど、余計なこと言わさなきゃいいのにね。過ぎたるは及ばざるがごとし。


 いぬまるだし

 いつの間にやら一周年という事態に、驚きを隠せません。連載開始当初はほんと、十週打ち切りコースだと信じて疑ってなかったもんな。あんまり感想は書いてないけど、今ではこの漫画が載ってないと雑誌全体の味も結構薄く感じられるくらいの存在になっているぜ。

 個人的には、いぬまるくんの丸出しネタをあまり前面に押し出さなくなってきたのが大きいですね。それが売りだった初期は、まずいい年こいた男が抱く感情としてちんこばっかり強調されてるのが若干不快でしたし、それが災いしてかネタそのものも子供騙しじみて感じられたものです。

 どの段階から路線を切り替えたのかは正直覚えてないけど、ちんこネタを捨て、順調に育っていた各キャラクターの個性を駆使するようになったのは大正解だったと思います。

 特にたまこ先生は可愛いよなー。こういう社会人女性キャラは個人的にツボだ。


 メタリカメタルカ(近未来杯作品)

 これは最近の読み切り作品全般に抱く感想なんですか、君たちは本当にそのモチーフが好きなの? こだわりがあるの? というかこの作品を書くのにそのモチーフである必要性があるの? というのがあります。

 この作品の場合だと、「モンハンみたいな世界観」で「能力者バトル」をやってみたかったという意識ばかりが強く感じられて、金属を操る主人公という設定に関しては、その二つの要素をなんとなく両立させられそうだからそうしました、としか思えないのですよ。

 さらに問題なのは、その金属を操るという設定も、実際に駆使するのが架空金属ばかりなため、面白みが失せているという点。これでは、その時々で都合の良い架空金属を登場させればいいわけで、ドラえもんが出す秘密道具と大して違いがありません。ますますもって、金属である必要性がない。

 聖痕のクェイサーも、似たような主人公が金属を操る元素モチーフの能力者バトルなわけですが、あちらは実際に存在する元素の性質を元に能力者のイメージを引っぱり出しているわけで、その説得力には格段の違いがあります。

 なんというか、本当にこだわりを感じられない読み切りばっかりだよなあ。このごろ。

・今回の金未来杯
 と、いうわけで、今回の金未来杯作品はこれで出揃ったわけですが、正直な話として、一連の作品群から連載が出て欲しいとは思えないなあ(苦笑)。
 ひょっとして、歴代金未来杯の中で一番レベル低かったんじゃないだろうか。


 ぬらりひょん

「くらえオレ様のヒョウイ」
 とか言われると、なんだかすんごく悲しくなってくるんだ。でも、サイレンのバーストとかライズとかも設定開示されてしばらくのうちはそんな感じだったし、慣れの問題なのでしょうか。

 そして羽衣狐様のエロさは異常。


 スケットダンス

 途中までは普通にいつものスケットダンスだったのに、オカ研へ行った辺りから変にシリアステイストになっちゃって、しかもそのまま来週へ続いちゃったのが残念だったかな。有名人にいきなり会えちゃったりとかもリアリティないし。レイコさんはどれだけ重要な構成員だったというのだろうか。


 To LOVEる(最終回)

 とうとう終わったかー。でもまあ、僕のスタンスについては以前に述べた通りなので、これはこれで割と理想的な終わり方ではあるかなーと思います。このキャラクター達でやれることは粗方やったと思いますし、「恋愛関係が一定以上進展しないことを前提としたラブコメ」なんて、五年十年とやるもんでもないでしょう。

 結末のつけかたとしても、「これから先もずっと同じように楽しくエロイ日常が続くよ」という、この作品の終わり方として文句のないものでしたし、立派にやり遂げた漫画だったと思います。


 トリコ

 どんな理屈つけて飛ばすのかと思っていたら、清々しいまでに理論武装ゼロでした。でもまあ、トリコなら飛ばせるか。飛ばせるよな。


 バクマン。

 劇中劇なんざこんなもんでしょうが、それにしても高浜さんの作品からは魅力感じなかったな。これ多分、コマ割とか話の流れとかわざとつまらなくしてるんでしょうね。というか、実際の1ページ=劇中劇の4ページでどういう漫画なのか一発で分かるように、と意識して考えられてるのかもしれない。
 それ以前に、劇中劇なんかで燃え尽きちゃっても仕方ないしね!

 本編の方ですが、「よくわかる『富樫先生がどれだけものすごいのか』」という感じですね。そうだよなー。普通、編集部以前に読者側の関心が薄れていってしまうよな。次の掲載が待ち遠しいぜ。


 鍵人

 どうしょうもないくらいに魅力ゼロの敵な上、決着は根性論でつけちゃったw

 いやー、根性論だって時と場合と状況によるから否定はしないけどさ、今回のこれはどう考えたって安易な勝ち方だったでしょう。打ち切りコースでも何ら文句はないなあ。


 めだかボックス

                /|:::::::::::::::::::::ヽ.:.:.:.:、:.:.:.:、:.:.:.、.:.、.:.:.:.:.:.::`゛>
           /{::|:\:::::::\.:.:.:\.:.:.ヽ::.::.ヽ:.:.ヽ::::::::::.:.`゛ー- ..,__
: 何 :    /:|::',:ト、::::::ヽ、:.\:.:.:.\:.:.ヽ:.:.:\.:.:.:.:.:::.:.:.:.:::.::::_;:-'´   : : :
: が :   //:/:::|::',|::'、:::::::::\:.:\.:.:.ヽ:.:.:\:.:..\::::::::::::\、::::\    : : :
: 何 :  /!::|::l::::/|:::l:ヽ:\::ヽ:.:\:.:\.:::ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:\::::::::::::\ ̄   : : :
: だ :   |/l::|::|::|:ト、:::::::::、、:ヽ、:.:.:.:::::::::::::::ヽ::::.:ヽ:.:.:.:.\:.:.:.ヽ:::\.   : : :
: か :   |::|::/l::|::|r‐ヽ:::::ヽ(ヽー,―\::::::、::::::::::ヽ::.:.::::::.:::::::ヾ. ̄   : : :
:    :   }//l::|:::|{(:::)ヾ、:::ヽ \!(:::) ヽ,:::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、   : : :
: わ :.  |/l::|::|:::|ヽ==''" \:ヽ、ヽ=='" |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::\
  か     / ',|::|:::|   /   `゛       |!::::::::::::::::::::::::::::ト、::ト、_` ゛`
  ら      l::!::::ト、  '、 _         ||::::::::::::::::::::::::ト:ヽヾ| | ̄ ̄ ̄`ヽ、
  な     r'"´||',::::',                 |:::::/l:::::|\:::ト、ヾ | |     / / \
  い   /   ll ',::', 、 ーこニ=-       /!::/ ヽ:::|  ヾ、  ノ ノ  /  ,イ   ヽ、
       ,'    |  '、:, \ --       ,. '´ |;'  l ヾ、.   //     / |    l: l
      |   |!  ヽ;  ヽ       /.:    i!  /   ゛// |l      / |      | |

[PR]
by ejison2005 | 2009-09-04 22:22 | ジャンプ感想 | Comments(18)