<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
週刊少年ジャンプ 09年 34号 感想
 黒騎士を倒したところで、9は積みゲー化することに決定! 遊んでる時間ねえよ!
 9を遊んでみた手応えとしては、僕に時間……というか精神的な余裕がなかったためかどうかは知らないけど、あんまりワクワクはしなかった、というところかなあ。つっても、最序盤もいいところなんで、これからワクワクが止まらなくなるのかも知らんけど。文字通りの意味で、知ってられん。
 あー、今週こそは一週遅れペースから脱したい。


 トリコ

 あー、そういや、テリーってば誰か(というかトリコ)を守るために戦ったことはあっても、自分自身が食ったり何だりするために戦ったのは今回が初体験なんですね。獣とは思えんやつだな。
 最後に食えるわけもない燃えカスを口に含んだシーンは、そこら辺の、今回のお話に含まれたテーマを端的に表現していて、とても良かったと思います。

 そんなわけで、単発エピソードとしての丁寧さでは見事なものでしたが、エンターテイメント的にはあっさり終わってしまったのが残念だったなーと思います。いきなりボスと遭遇してしまったせいで、あれだけ前振りしてた食獣植物の森の恐怖をあんまり体験してないよ!

 それにしても、度数50パーセントの酒を評して「丁度いい」とか言ってたのか、この男は……。


 ワンピース

 おお、ついに明言された!!!!!
 いやあ、これは興奮するなあ。ロジャーの本名が、ゴールドではなくゴール・Dだと明かされてからずっと引っ張ってきた伏線だもんな。惜しげなく切り札を投入してきたもんです。
 つーか、今までまったく意識してなかったけど、永遠に続くような錯覚にさえ見舞われていたけども、もしかしてもしかしなくてもこの状況って、物語が佳境へ近づいてるんじゃないですかね。大ボス格がほぼ全員集合したりしつつあったりするような状態で、物語の超重要な謎が明かされてるんだもんな。いや、それでも一年や二年で終わるような漫画じゃないとは思ってるけどね! でも、二年や三年で終わりそうな気配を感じさせたのはすごい進展ぶりだ。


 ナルト

 んー、確か侍って、斬不斬編でもっと堂々と表世界を牛耳ってるような言われ方してた覚えがあるのですが、僕の見た白昼夢か何かでしょうか。十年ひと昔と言うしなあ、岸本先生同様、僕の記憶も曖昧だ。


 わっしょいわじマニア(新連載)

 驚くべきことにこれ……新連載なんですよね。読切でなく。
 多分、きっと、おそらく、ギャグ漫画日和みたいなのを目指しているんだと思うんけど……うん、強く生きてほしい。

 それにしても、この漫画。何をどう経て連載が決定したのでしょうか。ページの穴埋めってやつなのかな。果たしてこのページ数埋めたからといって、何がどうなるのかはわからんけども。


 バクマン。

 

 ↑今週のバクマンについて僕が思った事をすべて代言してくれる動画。


 ぬらりひょん

 他の感想サイトとかでも言われてるけど、現代版羽衣狐様のビジュアルが素晴らしいですよね。劇的ビフォーアフターにもほどがあります。きっと生き肝を食うシーンも、萌えっ娘アレンジが加わっているんだろうな。逆にそっちがオドロドロしいままでも、まあ、ありっちゃありだし。

 お爺ちゃんの言葉に関しては、過去編であれだけ激しい戦いを繰り広げてくれただけに説得力抜群だなあと。そもそも、現在の奴良組では組織力の時点で全く不足してますしね。過去編で勝てたのは、仲間が頑張って一対一の状況を作り出したのが大きいわけですし。今回読んでる限りだと、花開院家は全く当てになりそうもないしね。きくたけリプレイの精(ry


 サイレン

                      ヘ(^o^)ヘ いいぜ
                         |∧  
                     /  /
                 (^o^)/ てめえが何でも
                /(  )    思い通りに出来るってなら
       (^o^) 三  / / >
 \     (\\ 三
 (/o^)  < \ 三 
 ( /
 / く  まずはそのふざけた
       幻想をぶち殺す

 次回はきっとありがたいお説教をしてくれるよ! 教祖様だしな!

[PR]
by ejison2005 | 2009-07-27 01:18 | ジャンプ感想
週刊少年ジャンプ 09年 33号 感想
 ドラクエ9、ひっそりと遊んで仲間を作れるところまでいきました。そういやこのブログは冒険の書って名前なんだった。主人公のスキルは盾に全振り。アリアンロッドみたいにカバーリングできれば有用なんだろうけど、普通に死にスキルなんだろうな。他の面々は武闘家、僧侶、魔法使いで、順当に爪、杖、魔法に振る予定。俺は何があっても生き残る! 敵はお前たちで倒してくれ!

 てなことをやってるうちに、34号が発売しちゃったでござるの巻。まだ、今週のサンデーとマガジンすら読めてないんだが……。


 鍵人(新連載)

 カトブレパスで連載経験ありの、田中先生がひっさげてきた新連載。ちなみに、赤マルだかで掲載されてた読み切り版では、やっぱりスタンドを出してましたw
 絵柄の変化といい、読み切り版で出してたスタンドを武器へ変化させたことといい、「てめーはジョジョの影響からさっさと脱しやがれっ!」と編集辺りから言われたか、自分で悟ったかしたのは明白ですね。

 鍵人の設定に関しては、まだエンカウントモンスターを屠っただけなんで置いとくとして、絵柄の変化に関しては、これはまさしく、進化したという形容がピッタリなんじゃないかと。線が多すぎてちょっと読みづらくすらあった以前に比べ、誌面がスッキリしているのを感じる。
 あと、ヒロインがすごく可愛い。これは大きい。ミーコさん、やぼったかったもんなあ……。

 ところで今週号は、354ページ(To LOVEるの次ページ)に田中先生へのインタビューが載っていて、そこにあった「ファンタジー作品でのアイデアの出し方を教えてください」という項目に書かれている、
「『なんでもあり』になりがちだからこそ、地に足のついた設定を心がけ、そこに住んでいる人は何を食べているか何を考えてるかに気をつけ、自分の好きなものだけで世界を埋めないようにしています」
 という内容の言葉を、ちゃんと作品内で実現してるのが素晴らしかったです。もちろん、「自分の好きなもの」ってのはジョジョとして!

 や、真面目な話、ありがちな「砂の海に飲み込まれた未来世界」という設定を、ちゃんと田中先生なりに咀嚼して独自のものにしてると思うんですよ。商人との取り引きシーンを通じて、世界観をきっちり描写できているのが特に大きかった。


 ナルト

 覆面禁止つった当の本人も半ば覆面じみた格好だったり、手下の人が仮面の下にさらにマスクをつけていたり、今週のこれは何かシュールなギャグを狙っているのだろうか。ダンゾウさんはともかくとしてなあ。

 ところで、今週の話を読む限り、長門戦を乗り越えた結果、ナルトのチャーム能力は「分かるってばよ……」から「分かってくれるってばよ……」に進化したのかもしれませんね。今まではリアクションアピリティだったけど、パッシブアピリティになった。教祖様としての立場を考えると、これは恐ろしいパワーアップといえるかもしれません。メデューサの魔眼みたいな感じで、たとえ抵抗できても、いろいろと判定にペナルティがつくんだよ、きっと。なんだか封神演義の妲己みたいだ。


 べるぜバブ

 田村先生は、シチュエーションの作り方が上手いなーと思いました。ラスト1ページには思わず胸がときめいちゃったぜ。

 ところで、MK5がケツを突き出した姿勢で倒されているのは何でなのでしょうか。直前の「あースッキリ」という台詞と合わせて考えたら、アッーな展開しか思いつかないよ! 男鹿は次なる標的だよ!


 あねどき

 本当は今回のお話に関して色々と述べるべきこともあるんだろうけども、女子高生の所持金三十万円云々ばっかりが気になってしまったもうすぐ24歳夏の出来事である。俺、一介の女子高生ですら持ちうる蓄えすらねーよー。将来のことで真に悩むのは学生時代じゃない、社会人になってからなんだ。


 トリコ

 これはトリコ、普通にテリーを見捨てる展開でしょうね。何せ、もっと危険な状態にあった小松を放置プレイしてた時もあるわけですし。あの時に比べれば、現状のテリーなんて屁みたいなもんだよな。
 というか、よくよく考えたら小松ってすごい胆力ですよね。一回死んだ時も笑って流し、スタージュン様に殺されそうになった時も決して引かなかったという。今さらながら、肝の太さが理解出来たぞい。

 しかし、このウージャングルって普通の猛獣たちはどうやって生き延びているんだろうか。や、そこら辺はあまり気にしないでねっということなんでしょうけども、どうしても気になっちゃうよね。あっという間に動物を食らいつくし、養分を失った植物が枯れ果ててしまうような気がする。それとも、この植物たちにも天敵がいて、そいつが食獣植物の数を一定に保っているか。


 バクマン

 入院したサイコーに対する反応のポイントって、三浦<服部<編集長の順で、徐々に現実的な常識的な対応をさせていることですよね。要するに、三浦さんをピエロにして服部さんがより社会的経験を持った大人であるように見せ、その服部さんへ、さらに良識的な指示を下すことで編集長の威厳を保たせている。
 要するに、誰かを愚かしく行動させることで他キャラを相対的に賢く見せているわけなんだけど、大場先生はデスノ時代からそれが抜群に上手いと思います。ただ愚かなだけでなく、それがキャラクター性にマッチしてるのが良い。

 本編ですが、小豆に話が移ったとたん、急激にテンションが下がっちゃったなーという感じです。お母さんや妹とのやり取りといい、この子だけなんか別の作品からやって来たような異物っぷりなんだもの。

[PR]
by ejison2005 | 2009-07-19 01:16 | ジャンプ感想
週刊少年ジャンプ 09年 32号 感想
f0029827_1121417.jpg

 シンケン休みかと思っていたが、まったくもってそんなことはなかったぜ!


 あねどき(新連載)

 とりあえず、一読して思ったことは「詰め込み過ぎ」ということでしょうか。
 たったワンエピソードの中でヒロイン二名のキャラ立てやら同棲申し立てやら不良との喧嘩やらやってるせいか、ひとつひとつのイベントが(それだけで一話作ることが可能な代物なのに)すごい勢いでスッ飛されてしまっていて、読んでるこちらが咀嚼する暇を全く与えてくれません。「はい、出会い」「はい、同居」「はい、お弁当」みたいな感じ。もうちょっとひとつひとつのイベントに尺を使って欲しかったぜ。

 また、肝心要な同居要素に関しても、この流れだと説得力を感じられないのが問題ですね。相手は親戚でも父親の隠し子でも父親の再婚相手の連れ子でも異星人でも異次元人でもアンドロイドでも何でもない現代日本の女子高生いわゆるひとつの赤の他人なのだから、サッサと警察に相談しようぜ。

 またまた気になる点としては、主人公が自活能力の高さを主張していながら、家事をこなしているシーンが存在しないこと。これならば、家事の経験ゼロの普通の男子にしても何ら問題なかったのでは……。

 そんなわけで、一話を読んだ限りではまったく期待が持てなかったけど、主人公が真中でなかったことだけは評価したいです。


 ナルト

「やっぱり話せねェ…サスケを売るなんて事はできねェ」
 のシーンは、今週のジャンプ最大のギャグシーンだったと思います。てめーは何週もかけた上に何結論をひっくり返してんだwww

 新キャラの皆さんが大変残念な面々だった件については……まあ、今の岸本先生に何か期待するのが間違いかな、と。

 しかし、最近の岸本先生がよく行っている「登場人物に奇行を行わせる」ってこれ、何なんだろうね。キャラ立てをしたいのはよく分かるんだけど、これで付与される属性は「キチガイ」以外の何物でもないと思うんだ。


 ワンピース

 すげえ……「扇動されて脱出した連中は戦う動機に欠けている」という物語を進める上での障害を取り除きつつも、見事にバギーのキャラクター性を深めました。これ、バギーが別の海賊団のキャプテンだったり、以前に戦ったことのある人間だったりしなければ、そのまんま主人公にとって無二の相棒になったりしちゃいそうな勢いですよ。いや、それを踏まえた上でそうなるのかもしれないけども。

 というか、ここまで書いたらそうなる以外の道はない気もしてきました。物語のスケールがちょっと大きくなりすぎている(世界的船団の激突になっている)ことに加え、麦わら海賊団には大勢を指揮する指導者的な人物がいませんからね。ルフィは英雄ではあり、部隊のシンボルとしての能力は発揮できるけど、そういったことには全く不向きだし。


 バクマン。

 加藤さんのターンキタ! これで勝つる!
 とまあ、それは置いといて ミ□

 今までスルーしてきた学業との両立問題について本格的に触れたと思ったら、いきなりサイコーがぶっ倒れるところまで展開が進みました。カッ飛ばすにもほどがあります。
 最後のコマで皆が深刻そうな顔をしている以上、次週で「大したことなかったもんねー♪」となることはあり得ませんし、これはもう、サイコーは一時リタイアで確定かなー。

 となると、気になってくるのは来週以降の展開ですね。思いつく限りでは、シュージンが絵も学んでソロデビューとか、高校を無事卒業するまで静養したサイコーがカムバックとか、そんな感じでしょうか。どちらにせよ、作品内で長期間のスパンを置くのは確実でしょうから、これを期に、長期休載問題に関しても触れるつもりでいるのかもしれません。

 しっかし、僕が以前に予想した「腐女子問題について触れるのでは?」という展開が正解なら、長期休載と相まってまんまディーグレについて語るような話になりそうだな。


 いぬまるだし

 宝箱を誰が置いてるのか? というメタツッコミをしているシーンで思い出したんだけど、昔読んだ傭兵王カシューさんの若い頃の話が書かれているとある書籍によれば、あれって成功した冒険者が(中世社会では安心して金を預けられる金融機関が存在しないから)、適当な洞窟に自分の財宝を隠したり罠を張ったりして、隠し財宝としているらしいですね。というか、ワンピースとかまさにそれを探し求める物語だし。

 しかし、主人公がそれを手にした後はそのごの資産運用に困ることも特になく、一枚だけでも結構な重さがある金貨を何千何万枚も持ち歩き、旅先で奇跡の剣やらドラゴンキラーやらに換えてしまうのであった。

 森田も銀さんの勧めで二億円を持ち歩いてた時はやたらかさばってそうだったし、身ひとつで大金を持ち歩くのは大変だ。


 トリコ

 さすがに全身のピカピカは消えていたぜ!

 堂々と数ページにわたって描かれるトリコの日常風景が、それだけでこれほどの満足感をもたらしてくれていることにビックリ。正直な話、僕はもう一連の食事シークエンスだけでお腹イッパイなくらいですよ。
 この男の日常生活は、どうしてここまで僕を魅了するんだろうか。

 後半の新ターゲット決定シーンも満足感抜群で、次の冒険への期待にオラワクワクが止まんねえぞ! きちんと秘境を探索して獲物をハンティングするというのは、この漫画の面白さの根源的な部分なので、バトルバトルしてた半年の間に、そこら辺を忘れないでいてくれたのは嬉しいです。今後は、たけしが一定周期でバトルとギャグをやっていたように、バトルとハンティングを交互に行っていくのかな。

 グルメ界に関しては、モンハンのG級クエストみたいなもんだと考えれば、感覚的に分かりやすいんじゃないでしょうか。


 アカボシ

 関勝さんだけならばまだしも、関羽まで一緒くたに雑魚キャラ扱いされてしまいました。中国古典に対する敬意もへったくれもねー!
[PR]
by ejison2005 | 2009-07-12 01:16 | ジャンプ感想
週刊少年ジャンプ 09年 31号 感想
 早くしろー! 間に合わなくなっても知らんぞー! と自分に言い聞かせてみる。箱版の代わりに購入したciv4を早く遊びたい……(体験版で僕のPCでもギリギリ動作することが判明)。七時前に出勤して帰ってくるの二十二時とかだからなあ。みんなそんなもんなんだろうか。
 時間もないことですし、今週は特に感想書きたいやつだけをピックアップしますね。


 ぬらりひょん

 あっさり強襲がバレてしまったのは集まっている敵妖怪の実力が高すぎ、スニーキングスキルが発動しなかったのかと思いましたが、単に使ってなかっただけのようです。やってることはブリーチとにたようなもんなんだけど、この差はどこからくるんだろう。

 ……と思って無理矢理に理屈づけてみるテストなんだけど、逆転の過程に、主人公の精神的ないし肉体的な成長があるかないか、の差なのかもしれないね。
 今回でいくと、確かに爺ちゃんは最大の特殊能力を迂闊にも使わず乗りこんじゃったわけで、それは大チョンボもいいところの悪手なんだけど、それは好きな相手がさらわれてテンパってしまったからで、その想いをより強固にしたのか、はたまた抑え込んだのか、とにかく精神的な成長を果たして能力発動に至ったわけです。

 読者がカタルシスを感じるポイントが登場人物の成長であることは疑う余地もないわけで、成長する過程に説得力を与えられるか、成長と物理的なパワーアップを上手く結びつけられるか、その辺が大切なのかもしれない。

 まあ、つまり、何がいいたいかというと、過去編のおじいちゃんの方がよっぽど苦労して成長して愛を勝ち取ろうとしていて、リクオよりはるかに主人公らしく思えてしまったということです。そりゃ、当時のおじいちゃんを知ってたら、跡継ぎ問題であれだけ揉めていたのも納得だよ。


 アカボシ

 原典での扱いがどーなのかは全く知ったこっちゃないけど(僕は「人肉饅頭」のくだりすら知らないんだ)、とにかく関勝さんの三下っぷりが残念でならないです。今のところ、この人が強いらしい(少なくとも王進さんが警戒する程度には)のを裏付けているのは、関羽直径の子孫だというブランド力だけだよ。そしてそのブランド力は、できれば威厳を持たせる方向に作用させて欲しかった……。
 いや、話の流れ的にここで登場する悪役はスカッとやられてくれないと困るんだけど、だったらだったで、オリジナルか何かの雑魚キャラに差し替えられなかったのだろうか。三国志武将の名前には、そんだけの価値があったと思う。


 めだかボックス

 おお、今回はいつになく面白かったぜ。「男達の荒波」の辺りが特に瞬間風速高かった。基本はコメディなんだから、変に難しいことしようとせず、素直にギャグ押ししてくれると読めるね。
 ちゃんとキャラ財産を培おうという意識が見えましたし、今までのエピソードで最も完成度の高い一話といってよいのではないでしょうか。


 バクマン。

 通勤途中に三巻を読んだんだけど、エイジは本当に丸くなったよなー。それだけでなく、中井さんや福田さんや亜城木コンビの心配をしたりと、何だか面倒見までよくなった。今週に至っては、突然現れた平丸さんの話を聞いてあげたりしてるし。今の彼ならば、机の上をいじっても怒らないんじゃなかろうか。

 精神的な成長といえば、雄二郎さんも何だかんだで「よき編集」みたいなキャラになってきましたよね。昔はダメ編集の代表みたいな描かれ方だったのに。
 思うに、エイジは偶然掴んだ金の卵で、福田さんは自分で育んだドロ団子なあたりに違いが出ているのかもしれません。最近の綺麗な雄二郎さんを描写するにあたっては、福田さんに関する絡みが圧倒的に多いですし。下手すると、エイジの担当でもあることを忘れてしまいそうになるくらいに。残念ながら、エイジは雄二郎さんにとっての幻騎士じゃなかったんだよ!

[PR]
by ejison2005 | 2009-07-05 23:54 | ジャンプ感想