<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
週刊少年ジャンプ 08年 44号 感想
そういや、今週から新アニメが始まるわけですけど、相変わらずというか何というか、原作モノばっかだね~。
そんなわけで「見たいアニメ=原作が好きor原作に興味のあるアニメ」となるわけですが、とりあえずチェックしたいのが『黒執事・禁書目録』の原作既読組と『鉄のラインバレル・とらドラ』の原作未読組ですね。あとは野となれ花となれ。
黒執事はVS黄執事までやっちゃうと、すっげー牧歌的でほんわかした終わり方になってしまうので、やっぱり赤執事までで終わらせちゃうのかな? あと、アニメ版では時代背景を統一して欲しいw(原作では序盤にDSや携帯電話が登場するけど後に切り裂きジャックとかと同じ年代に設定しなおされている)
禁書目録は、別に超好きというわけでもないけど普通に楽しめそうな安牌アニメになってくれたらいいな。あの原作は主人公の能力が右手限定なので、敵もそれに合わせてショボイ能力(な上にしょーもない犯行動機)になってしまっているのが残念なのです。右席の皆さんには、ほんとガッカリだ。
ラインバレルととらドラはそのうち原作を読もうと思ったまま読まないままでいたパターン。いい機会なので、アニメから入っていこう。
ちなみに大本命の天体戦士サンレッドは地域の問題で見れませんですた(´・ω・`)
それでは、今週もジャンプ感想と参りましょう。まだまだまだまだ漫画喫茶からの更新。


ワンピース
今までのイメージ的に「中将」ならば七武海と互角に戦えるんじゃないかというイメージがあったのですが(大将は確実に上回っている)、そんなこともなく一撃死しそうになってしまいました。蛇姫様の能力は無体だなー。ネガティブホロウも真っ青だ。

しかし、そんな風に七武海の中でもかなり「格上」な感じのする蛇姫様の強さには、確かな説得力が感じられたのもまた事実。おそらくそれは、事前に蛇姫様が治める国の一般ピープルが覇気を操っているシーンを入れていたのが大きいでしょう。
これによって、「只者ではない民たち=その頂点に立つ蛇姫様超スゴイ」という図式が成り立っているわけです。

あとはまあ……あれだ。

f0029827_19564051.jpg

……そして、蛇姫様ってば七武海だったのかあ。長引きそうな予感がバリバリするぜぃ!
シリーズが終わる頃にはエースのこと忘れてるんじゃないだろうか(笑)。


ナルト
全然まったくこれっぽっちも苦労した印象がない修業でしたが、ともかく仙人モードは暫定的な完成を見ました。いまだかつて、これほどまでにドキドキ感のない修行完了シーンがあっただろうか。
てか、今やってるのって「修行を行うための修行」でしかなかった気がするんだけど、何で完成形に到達しちゃってるんだろう。そこからして意味が分からん。

そして今回、最もわけが分からなかったのは、
蛙組手→「どうにかできたってばよ」
のシーン。これは多分それぞれ、「蛙組手は次回から」「ナルトは思案していた新必殺技っぽいものの練習をこっそりしていた」という意味合いなのでしょうが、前後の繋がりがないままに連続させてしまっているため、
「どうにか(蛙組手が)できたってばよ」
という意味合いに受け取ってしまいます。

こういう展開に持っていきたいのでしたら、蛙組手について教えるシーンの後に一ページほど挟み、
「しかし今日は疲れたじゃろう。組手は明日からじゃ」
(その夜)
「皆が寝ているうちにこっそり術の練習をするってばよ」
とか何とかやるシーンを入れないと。

さらに細かいところを指摘するならば、
「蛙組手戦い方を」 → ×
「蛙組手戦い方を」 → ○
の方がよさげですね。
前者では仙人同士の戦い方限定でしか教えないという意味合いになってしまいかねません。


トリコ
前回格好良く登場したトール隊長は、特に出番もないままに殺されていました。こういう手法は、冨樫先生がよく用いますね。具体的な例としては、東ゴルトー共和国の護衛の人(エピソードの最後に登場し、次の話では冒頭部ですでに倒されていた)。

この手法は「実力差がありすぎてあえて戦闘シーンを描写する必要性がないほどの強者」という印象を読者に与える上、テンポ良く話を進められるためボスクラスの大物キャラが登場した時には大変有効なテクニックであるといえるでしょう。

IGOもIGOで、敵組織的な存在の動きに対して直ちに四天王を収集してみせたりと、今のところ味方組織としての確かな信頼感を放っています。腰の軽い味方組織って素敵。

敵の正体がロボットだったことについては、まあ無難な展開かなあと思いました。ドラゴンボールの人造人間編や最近金剛番長でやってるマシン番長編なんかまさにそうなんだけど、ロボットってだけで妙な強さへの説得力があるよね。


銀魂
呪われた部屋の押し付け合いからホラーへと発展していくラストの流れが、グダグダながらも変なドライヴ感があって素晴らしかったです。

ところで、これほどの物件が三万円で借りれちゃうなら僕は普通に借りちゃうと思うな。命を張るだけの魅力があるぜ。我ながら心底安い命だと思うけども。


ブリーチ
完璧に予想が当たってしまった(苦笑)。
しかし、当たったところでこれにどうコメントすればいいんだろう。ちょっと困っちゃうな。

ともかくまあ、久保テンプレートへ完全にのっとったとてもブリーチらしいエピソードではありました。


ディーグレイマン
「鴉」の設定からは、まあ……いつもながらというか何というか、何も考えてないんだろうなあというのが強く強く強く強く強く感じられました。

特別なアイテムなり何なりによって普通の人では到達できない領域の力を主人公たちが行使するというのは、こういった漫画にとって割と重要なファクターだと思うんだけどな。星野先生的に大切なのはその場その場でのシチュエーションとキャラクターに萌えられるかであって、その他のことは心底どうでもいいんだろうね。やっぱり。


アスクレピオス
今週、バズが猫を見ていて馬車に轢かれそうになるシーンで思ったんだけど、僕がこの子をウザく感じてしまうのは性格がヘタレだからというだけでもなく、ヘタレっぷりを強調するための演出が足りない人のそれに踏み込みつつあるからかもしれません。
ありていにいって、冒頭のバズはキ○ピーに見えた。

肢体切断術

f0029827_195774.jpg

↑よくわかる肢体切断術の患者。
そんなわけで、シグルイでも肢体切断術を行うシーンが存在するわけですが、あれを鑑みるに大急ぎで四肢を切断しなければならないというのは、麻酔が存在しないため、ゆっくりやっていると激痛で患者が死亡するという理由もあるのかもしれませんね。ゆっくり手術しないでね!

それを考えると、メディル家の医療技術で最も恐ろしいのは、どうやってか麻酔を用立てていることかもしれません。


アイシールド
先週は瀧がフューチャーされたのかそうでもないのかよく分からない展開だっただけに、今週はちゃんと雪光の見せ場としても機能していたのが良かったです。

欲をいうなら、先週はバシバシ雪光に体当たりをかましていた帝黒の彼が、どうして今週は追いつけずにいるのか納得できるようにはして欲しかったですね。
ましてや今回、全員で泥門選手を潰しにかかっているわけですし。

で、今週掲載されているマンガ脳の鍛えかたは稲垣先生の原作について紹介しているわけですが、それによるとエピソード内での全ての局面を記したフォーメーション図が用意されているらしいのですよ。
で、あるならば、これは何も考えていなかったというわけではなく、栗田に二人がかりで向かっているせいで手が足りなくなり、脅威度の薄い雪光へのマークがおろそかになっていたとかそういうことだと思うんだけども、それならそれで、「半ば放置されている雪光のシーン」とかがあってもよかったかもしれません。


バクマン。
で、電話を取らないのかあ……。
ことが創作に関するだけに、前回でてきた「ちょっとイイ話」まではまだ理解できないこともないような気がしないでもない気はしたのですが、これはもはや、会社組織として駄目駄目なレベルなのでは……。

いやさ、取引のない相手から営業かけられるようなもんだし、嫌なのは理解できるんだけども、それでもやるのがお仕事よ? 編集者の予定があかないのなら、その旨をきちんと伝えるのが常識だと思うんよ。

これはもう、職務放棄に限りなく近い話だと思うよ。都市伝説だといいな。


ぬらりひょん
袖モギ様にはもうちょっと頑張ってほしかったけど、でもこんなもんかな。直接戦闘系でもないんですし。テンポも良いですし上々だといえるでしょう。

ああでも、よーじょの衣服を引き裂いているシーンは面白かったです。あの瞬間、彼は誰より輝いていた。ベクトルは違えど恐ろしいことに変わりはない。現代日本なら、きっと信仰する人は多かったと思うよ。

[PR]
by ejison2005 | 2008-09-28 20:08 | ジャンプ感想 | Comments(25)
週刊少年ジャンプ 08年 43号 感想
感想を書きながら、今週のアニメ版絶対可憐チルドレンをボケーッと眺めてました。
この作品はオリジナル要素を詰め込んだ結果、劣化させてしまうことも多いと最近は思っていたのですが、どうやら今週は当たりだったようですね。面白かった。
救出劇の顛末が変更されているのも、初期にこのエピソードが組み込まれた原作と違い、アニメでは1クール分経験値が蓄積されている(=あまり無謀な行動は取らない)ので、順当に感じられました。のみならず、エスパーとノーマルの共存という作品テーマに沿った構成になっていたのもグッド。
で、来週にはイルカ話がくるわけですが、これ、あと2クールでちゃんと複線消化できるのかなあ。
てっきり、アニメ版では設定そのものをオミットするのかと思っていたぜ。

それでは、今週もジャンプ感想と参りましょう。ちなみにまだ漫画喫茶からの更新。


アスクレピオス(新連載)
読みきり時に比べて若干、主人公の性格がウザく後ろ向きになっている気はしましたが、そこを除けば読みきり時そのままという感じの新連載ですね。
で、第1話を読んだところでは、ロザリィがいつの間に撃たれたのか分からないという欠点は抱えているものの、素直に面白かったんではないでしょうか。

で、面白いには面白いんだけど、これ、どうやって話を膨らませていくっていうんでしょう。まさかバズが戦闘能力に目覚めてバトル化していくわけにもいかないでしょうし、ブラックジャック的な個別エピソードを続けていくしかないと思うんですけども、果たしてそれがジャンプで受けるのか。

そしてもうひとつ、これは読み切り時からずっと気になっていたことですが、この作品、中世の技術レベルで外科手術する難しさについて、きちんと向き合うつもりはあるんですかね。
一応、主人公にはバイタル解析能力が備わってはいますが、それで補える面を除いたとしても、問題は山積みな気がするのですよ。
素人の僕がパッと思いつくだけでも、例えば手術中に空気中を漂う有害な細菌からどうやって患者を守るのか、とかね(現代では当然ながら無菌室)。

なんかロザリィも、「数日後」のひと言で(撃たれたのに!)元気全開になっていましたし、むっちゃくちゃ不安なのですよ。ゴッドハンドってレベルじゃねーぞ!

その辺、適当にやっているとウソくさく安っぽい出来にしかなりませんし、もっときちんと取材とかしてリアリティを持たせてくれなきゃ、生き残れないと思うなあ。


ワンピース
おお、もしかして今回のルフィって、いまだかつてない程に海賊っぽい行動を取っているのでは。アマゾネスさんたちの行動も過激っちゃ過激だけど、一方的に恩を受けといて怒鳴っちゃったのは確かですしね。
そしてその上で女をさらっていく……あとは宝の一つでも奪っていけば完璧だ。

また、今のところはトントン拍子に話が進んでいるのは嬉しいところ。
この調子でいけば来週辺りに蛇姫様と二人の妹君が登場し、さ来週辺りからは彼女たちとのバトルへ突入できるのではないでしょうか。
バトルそのものも上手いことやれば3~4週で終わらせられるでしょうし、他キャラのことも描写しなければならないのですから、1クール以内には収めてくれるといいナ!


ナルト

f0029827_19103458.jpg


ブリーチ
仲間のピンチにも決してその場を離れようとせず、暖かい目で見守っている死神の皆さんが面白かったです。まるでデカマスター隊長が仲間想いであるかのように感じられますが、そんなことはないからね。もっと早く助けてやれよって話ですからね。

ちなみに、デカマスター隊長の卍解は巨大な鎧武者を召喚するというもの(ゲームで判明)だったと思いますので、来週は、
「どうだ! 俺は強いぞ! でっかいぞ!」
「なんの! 俺のちょっと舌を噛みそうな名前の卍解はもっと大きいぞ!」(ドカーン!)
「うわー! だめだー!」
という展開になるのでしょうか。


トリコ
ちょwwwwwスルーされたwwwww
いや、本当にこの漫画に出てくるキャラは戦わないなあ。それでいて、むしろ威厳を増しているのが心憎いぜ。

今回のスルー劇場において重大な役割を果たしているのは、冒頭の食い散らかされた捕食者たちのシーンでしょう。
これを入れておくことで、「新キャラは襲われない限り無意味に戦わない」という情報がスムーズに読者へ伝わり、いざスルーするというシーンでつっかえさせることなく(見逃した理由を考えさせることなく)読み進めさせてくれています。
それに、冒頭のシーンを入れておかないと「密漁者を殺してトリコたちを見逃したのは何でだろう?」と後々でもう一度つっかえさせることになっていたでしょうしね。考えているぜ。

また、今週に関しては、
『捕食者、全滅!!』
というあおりもいい仕事をしていましたね。絵だけでも、この生物たちがどう猛な肉職種であることは分からなくもないけど、ここは文字で「捕食者なんですよ~」と解説してくれた方が「ああ、返り討ちにあったんだな」とスムーズに理解できます。
逆にあおりが無かった場合、僕は一瞬、「ん? あの新キャラが襲ったのかな? それともあの新キャラが襲われたのかな?」と考えてしまったと思うな。


銀魂
正直いって、ここ最近のどシリアスな展開にはげんなりしていたわけですが(僕はこの漫画に笑いを求めている)、その反動故か、今週のギャグ話は最高に面白かったです。つーか、計画性のない修業話への風刺がそのまんまナルトへの嫌味とも化してしまっているのが笑えた。

銀さんも言ってたけど、修業話っていうのは本当に画面をもたせるのが難しいんでしょうね。最近のナルトがつまらないのは、修業の内容的に楽チンそうな上、絵的にも動きが無いからでしょう。


チャゲチャ

f0029827_19103458.jpg


アイシールド
泥門メンバーの全員が自殺点のルールを知らなかったというのは、ヒル魔を引き立たせるためとはいえ、あんまりにもあんまりな展開だったと思うな。複雑な暗号を覚えている暇があったら、基本的なルールを網羅しといた方がいいんじゃなかろうか。

というかね。ようやく巡ってきた見せ場だというのに、それですらヒル魔をマンセーするために使われてしまう瀧が不憫でならないのですよ。もっと脇役に愛を!
他の面子は、少なくとも過去の試合で一回くらいはメインの見せ場話があったというのに、瀧はそれが全くないもんな。

彼の存在意義って何なんだろう……。


バクマン。
結果として漫画家が大成したっぽいため、イイ話っぽく語られている「ちょっと感動した編集の話」ですが、いや、あの、これは相当に駄目な話なんじゃないだろうか……?
いや、だってさ。面白いものを描いてきてるのにそれを評価しないんじゃ、漫画家さんの価値基準が揺らいでわけわかんないことになっちゃうよ??

例えるなら、学校の先生が「あえて低い点を与えた方が頑張ると思ったから」本当は5点満点の生徒へ与える通信簿に1点とつけるようなものです。

う~む、そう考えると本当に駄目駄目だなあ。都市伝説……なんだよ、ね?

次回予想
しかし、サイコーとシュージンは気がついていなかった。
そう、どんな漫画も映画も小説も、設定だけなら何だか面白そうなものなのである……。


という、「映画の予告編理論」な展開を予想。


ぬらりひょん
おお! ここで黒田坊のキャラ立ちを行うのか!
いやはや、これはちょっと驚きました。リクオのクラスメートを一本立ちさせるだけではなく、ぬら組幹部にまでそれを及ぼそうとするとは。

また、袖モギ様との戦いを通じて黒田坊の威厳も深まっているのが良いですね。ここんところ、ちょっとぬら組が劣勢気味な展開だったので、いい感じにバランスがとられています。

それにしても気になるのは、肝心の袖モギ様があんまり強そうに感じられない点でしょうか。直接戦闘でかなわないのはともかく、せっかく袖を取ったんだから腕の一本二本は犠牲にしてでも能力を発動させて欲しかったぜ。

こう、鏡の世界へウィルスが入るのを許可しない感じでひとつ。


どうでもいいこと

f0029827_19103458.jpg

↑色んな場面で使えそうな汎用性の高い画像であることに気がついた。

[PR]
by ejison2005 | 2008-09-21 19:30 | ジャンプ感想 | Comments(27)
週刊少年ジャンプ 08年 42号 感想
マクロスFをダラダラしながら見続けてます。
この作品、そこら辺は結構シビアな描写しそうですし、ここまで盛り上げといて「謎の新技術で助かったぜ!」というのは興醒めの極地ですから、何だかんだいってやっぱりシェリルは死ぬんだろうな。
となると、カプ厨的に気になるのは残されたアルトがどうなるのかですが、現段階で思いつく限りだと、
1.シェリルが子供を残して逝く(うたわれそうなルート)
2.世界遺産の頂上から遺灰をバラまく(世界の中心で色々と叫びそうなルート)
3.ランカとくっつく(君にはう……まあいいかルート)
このくらいかなあ。
個人的には、このどれでもなく「4.何故かクランとくっつくルート」の気がします。デカルチャ。
というわけで、何事も無かったかのように漫画喫茶からジャンプ感想と参りましょう。

f0029827_732054.jpg

か、勘違いしないでよ! 別に何事も無かったんだからねっ!


チャゲチャ(新連載)
う、う~む……。何というか、その、久しぶりに感想書く身としては、ちょっとばかり難易度高いぜ。この新連載。
ひとつだけ確かなのは、この作品がとても澤井先生らしい代物であるということで、そしてそれが僕の琴線に1ミリたりとも触れなかったということです。

澤井先生のギャグは人を選ぶというか選びすぎというか、ナンバーワンというよりオンリーワンな笑いなので、感性が合わなかった時点でちょっともうコメントすべきことはないなあ。

それでもあえてひとつだけいっておくと、なんかこうトリコの影響だけはバリバリ感じました。主人公のキャラクター的な面で。


ワンピース
十年以上も連載してきた少年漫画の意外すぎる事実ですが、実はワンピースで明確に「努力」が必要な局面って、今回初めて訪れたんですよね。これといったドラマもなく生み出していた新技で敵を撃破っていうのが、いつものパターンでしたから。
ルフィのギア2とかはパワーアップではありましたが、あれはよく分からんうちにラーニングしちゃってたので、個人的にはカウントしたくないかな。

そんなわけでこれは多分、くまさんが何らかの理由でルフィ達を逃しつつ適度な試練を与えているんでしょう。着地時の衝撃吸収といい、ものすごくサービスが行き届いています。ぬるま湯すぎるくらいに。

問題なのは、パワーアップ中にどうドラマを動かしていくのか、という点ですね。修業中というのは必然的に主人公がひとっ所へ留まってしまうため、どうしても物語が停滞してしまうものなのです。現に、緊張感バリバリだった前回に比べてすでにまったりし始めちゃってるしね。

参考までに、ドラゴンボールで精神の時の部屋を利用してた時は、
ベジータ&トランクスが修業中 → ピッコロが人造人間とバトル セル第2段階へ
悟空&悟飯が修業中 → オレは……超ベジータだ! セル完全体へ
という具合に、手の空いてる人間が戦いへ出かけ、それに合わせてセルもパワーアップし、本筋を進行させてたよ。

そのメソッドで考えるのなら、別々の場所に飛ばされた仲間が自己強化を図りつつシャボンディ諸島へ帰還し、最後の最後、一番美味しいところで超強化されたルフィが駆けつけたりするんですかね。


バクマン。
『こうして 毎日ひたすら 僕は絵を描き シュージンはマンガを読んだ』
でちょっと笑ってしまいました。順調にシュージンが駄目な人になっていくぜ。「俺……いつかはやってやんよ!」みたいな。書いてて何故か僕も胸が痛くなってきたけど。

男の条件
ここら辺の流れを読んでてふと思ったんだけど、これってある意味自社版権作品の宣伝でもありますよね。漫画文化が生まれて世代を二つまたぐくらいの時間が流れているわけですし、そうなると昔の漫画はどんどん忘れ去られていくのが世の理です。
そこで主人公たちを通じて過去の名作を紹介し、その良い所をアピールすることで、わずかにでも昔の漫画を売るきっかけを作ろうとしているのではないでしょうか。
そう考えると、ロートルな漫画が好きだという主人公達の設定にも納得がいきますしね。


トリコ
こ……小松が……役に立っている……だと……!?
しかし、今になって考えてみると、フグ鯨辺はココとの交流を通じて彼の精神面を、そしてフグ鯨の解体を通じてスキル面を描写しているわけで、ある意味で彼のキャラ立ちを果たすために用意されたのかもしれません。しまぶー考えてるなあ。

人? 獣? 味方? 何者!?
ありゃ、海中から現れるのは脱獄したゼブラさんだろうと早合点してたんだけど、そんな事もなく新手のクリーチャーだったみたいです。
もしかしたら、これが何らかの生物を加工した潜水服で仮面をスポッとやってから「やあ!」みたいな展開なのかもしれないけど、ココが警戒態勢入りまくりだからその線は薄いかな。
フグ鯨捕ってることだし、来週は「その刺身を寄越せ~!」とか言いながら襲いかかってくるのかもね。


ディーグレイマン
に……20せいごふんごふんっ!


ぬらりひょん
ここしばらく、この漫画を読んでいて思ったのは、やっぱりいつぞやからの路線変更は正解だったんだなあということです。
リクオ君が主体性を発揮してくれたおかげで主人公への感情移入ができるようになり、おまけに、奴良組を盛り立てていくというストーリー上の縦糸が生まれましたからね。路線変更前は、どうにも物語へ芯が通っておらず、どこかフワフワしている印象を受けていたんだ。

先週までのゆらもそうですが、ここへきて鳥居さんや巻さんといった脇役キャラを本筋へ絡ませ、キャラ立てしてくれているのも嬉しいところ。
でも、清継君だけは決して本筋に絡めないんだ。間違いない。

ところで
単行本がどこの書店でも見当たらないんだけど、2巻が発売する頃には重版されるのでしょうか。ちょっと掲載位置が低くなってるのは不安だけど、単行本が売れてるのなら少しは安心できるかな。

[PR]
by ejison2005 | 2008-09-14 07:39 | ジャンプ感想 | Comments(19)
エジソンがあらわれた! エジソンはネットができずにいる!
ナマステー(挨拶)。
何年か前、色々あってインドのチベット難民自治区へ簡単なボランティアに行ったことがあるんだけど、当時のガイドさんが言うには、「どんな時でもとりあえずナマステでいけますよ」とのこと。
と、いうわけで実際にホテルのボーイさんがお茶を交換に来た際、とりあえず「ナマステー」と言ったら『何だこのジャップ? 死ねよ』みたいな顔をされた挨拶がこれだよ!

そんな思い出話はどうでもいいのですが、とりあえず生きてはいます。生きてはいるけど、ちょっと通常の更新ができない状態。この記事も漫画喫茶で書いてる。
と、いうのもね。ちょっとリアルで色々あり、引越しした直後の状態なんですわ。で、ネット環境を整えるために身分証として免許を提示したら、これがすでに有効期限切れで失効していたというオチ。9月1日までに更新せねばならなかったのかー。こうなっちまうと、俺は俺が俺であることを俺以外の誰にも証明できないぜ。わけあって社会保険証を失っている状態だし。

とりあえず、またぞろ更新が滞りまくってしまう気がするけど、別に閉鎖したりとかそういうわけではないので、ご報告までに。

むしろ、8月までに比べてモチベは格段に上がっています。上京してからこっち、あまりにも迷走しすぎてたもんなあこのブログ。復活したならば、もうちょっと生産的な更新ができるといいナ! (希望系)

[PR]
by ejison2005 | 2008-09-09 19:41 | 雑記 | Comments(9)