カテゴリ:ジャンプ感想( 394 )
週刊少年ジャンプ 13年 21号 感想
 いやー、心配してたヴヴヴですが二話が予想以上に面白く、この先も楽しく視聴していけると確信できる出来でしたね。いやまあ、正確には二話がというかエルエルフさんが一人で面白すぎたわけですがw

 あの展開であのEDに持ってくのは卑怯すぎるよなあw 流れ的に両玉潰された後に「レッツゴーED♪ イケイケゴーゴー♪」ってやるのと変わりねえじゃねえかw

 今期のテンパリスト枠として楽しみにしていきたい。


 こち亀

 いやいやいや、「レース用に育てられてるから緊急回避に慣れてない」という話が出てたのに何で野生へ帰すんだよという話なんだよな。オチとしてすっかり土鳩として定着したと語られてるので救いにはなってますが、そもそもペットとして育ててた動物を遺棄すること自体が論理的問題を孕むからね。


 暗殺教室

 いやいやあんな舐めたスケジュール出してきてる時点で消す理由アリアリでしょうがよ、というツッコミ所ばかりが脳内をよぎっていてやはり面白くは読めないなあ。ちょっと無理筋が過ぎる。

 それはそれとして、改めて渚ちゃんの体つきを見るとやはり女の子キャラにしか見えないよな見えないよね見えないですよね。来週はリョナ回になるのかそうかそうか。


 ワンピース

 なんかバルトロメオさんが想像してた以上に雑魚っぽい風貌なんですけど、ひょっとして先週ラストで中将を始末してたのは全然違う人というオチなのだろうか。いやでも、それ言ったら黒ひげだって雑魚そのものという風貌だしね。そういうもんでもないのかもしれない。

 一方、なんかサバサバしてるベラミーさんは噛ませと強キャラ化の境界線を危なっかしく渡っているのだった。何がヤバイって、露骨な覆面系キャラであるリッキーさんと同席しちゃってるのが非常にヤバイ。逃げてー逃げたら失格だけどとにかく逃げてー。


 DARK PAWN(読み切り)

 おー、これは椎橋先生練り上げてきたなあ。すげえ満足度の高い読み切り作品です。

 ストーリーラインでいいのは、人殺しの犯罪者に対してこれといって説教とかをするわけではなく、頭から尾まで商品仕入れの交渉として乗り込んでいることですね。特に、ボコッた後でもちゃんと対価を払って凶器を引き取っているのが良かった。質屋としての主人公のキャラを終始一貫して立て続けたともいいます。

 メイドこそが凶器を使用した実行犯だったというオチも予定調和ながら、ちゃんと自動人形だったという正体で意外性を出しているし半ズボンショタのキャラ立てへダイレクトに繋げているのもグッド。

 東方ラスベガスという舞台設定も色々と話の広がりを感じるし、背景の描き込みも雰囲気を出していて非常に良い。やっぱ、市街の描き込みは大事だな。それだけで雄弁に世界観を物語ることができる。

 とはいえ、ベタ褒めかといえばそういうわけでもなく欠点も存在するのは頂けないところ。
 箇条書きにしちまうと、

・舞台設定は良いのだが今回のエピソード自体は現代日本でも問題がない。もっと東方ラスベガスという土地柄にちなんだエピソードのが読み切りとしちゃ良かった。

・量が量とはいえ有象無象の品々が買い取り16億で最大のお宝が1350万というのはどうなのだろうか?

・なんでショタなんだよ? そこはヒロインにしとけよ。

・そのショタのアイデンティティであるはずの背中ゼンマイを絵面として強調したコマがない。

 こんな感じでしょうか。

 特に、せっかく用意した魅力的な舞台設定が活かされてないのは残念な部分ですね。別に毎度毎度土地柄エピソードをやれとは思いませんが、今回は一発の読み切り作品なのだからもうちょっとどうにかならなかったのでしょうか。もう一、二ページくらいあれば、どっかのカジノオーナーに仕入れた凶器を売り払うシーンとか作れたのかな。

 まあでも、これら欠点は基本的に重箱の隅だしやはり面白い読み切りだったと思います。ぜひ連載で読みたい。


 斉木楠雄

 以前、体操着のエピソードがあった時は気付かなかったけど、地味に海藤君の体操着ってソデ襟ボロボロの中二使用になってるんだね。夜中に裁ちばさみとか持って「これで格好良くカスタマイズできるぜうへへへへ」とかやってたんだろうか。かわいいなオイ。

 そして斉木君は関節外せるレベルで柔軟だからアレだけど、前屈でそこまで曲がるのは普通に誇っていいと思うんだぜ。怪我しにくいし。
 そして、そんな超座体前屈の海藤少年は何故燃堂君の巨乳姿を見て照れてたんですかねえ……?


 ぷらんにゅーSCHOOL DAY(読み切り)

 おお、これは一連の新学期読み切りシリーズで最高傑作になるかもしれない。すごく面白いです。短いページ数でよく仕上げてきたなあ。

 まず、題材も新学期読み切りシリーズに相応しい代物ですし主人公ヒロイン共にちゃんと努力できる人でその努力が実って最終的に爆死しやがれ、いや違う最終的に結ばれてるという読後のクソッタ、さわやかさが素晴らしいです。

 しっかし、このモブさん達このレベルでイケメン率ゼロだったりろくな女子がいないというレベルなのか。ひょっとしたら作中で語られてないだけで、この世界は顔面格差修羅の国であるのかもしれない。そりゃ、主人公とヒロインも死ぬ気で努力するわな。


 トリコ

 と、いうのもですね、世の中にはエルグさんみたく顔面格差を気にしすぎた結果、200歳超えて包帯ファッションという現役中二病を発症した挙句、自分より後輩達が総料理長だの副料理長だのになってる事実へ目を背けて不死身最強ウワハハハとかやってた人もいるからなんですよ。
 あれだね。エルグさんもお馬さんと合体してる暇があったら叶先生の読み切り主人公みたくイケメン化する方向で己を高めればよかったね。合掌。

 しっかし、何か強キャラだったらしいウーメンさんといい副会長といい裏切り者のバーゲンセールだなあ。どんだけゆるゆるだったんだよIGOというレベル。さすがにここまでくると、前にコメントで予想されてたみたいに二重スパイが混ざってるという線で考えたい。これだと意外性があるというか会長の威厳がヘッポコ化しちゃうからね。

 あとユダさん、生きてて良かったというか今更蘇ってきて何が出来るんだというか……w

 ところで、今回のゼブラを見てとうとうΩ一期に出てこなかった強大で攻撃的な小宇宙の人を思い浮かべたのは僕だけでしょうか?


 ソーマ

 今週はもう、堂島さんとの入浴シーンだけでお腹いっぱいというか何というか……w

 しかし、当り前ではあるが乾シェフといい卒業生の皆さんも普通にお話しできる人達なんですね。今週のラストといい、トニックの匂いを気にする人が格別に厳しい性格なだけなんだろうな。

 まあそんなことより髪おろした吉野ちゃんかわいい。田所ちゃんの絶望顔えろーい。


 ハイキュー

 「よくやった」「上司か」のところとかすごく良かったです。他のシーンなんかもそうだけど、ギャグにして笑いをとりつつコミュニケーションを重視するようになってきた影山君の精神的成長も描写する一挙両得なお仕事。

 そして来週こそ、いまいち影の薄い月島君にスポットが当たるのか! 当たるのか!


 ワールドトリガー

 今ひとついけすかない感じだった上司ズの有能な側面を描写しつつ、使える人間すべて使って敵の作戦を潰すという「組織の力」描写がすごくよかったと思います。まあ、二時間でレーダー映るようにしちゃったらしいのはちょっとハッタリ効きすぎてる気もしますけど、そのくらいやれないとボーダー役立たず感は払しょくできないしね。

 出来る時にパワーアップ(&出世)しとかないといざという時後悔しちゃうぞ、という言葉も色々と含蓄が感じられていい感じでしたしね。


 キルコさん

 VSファントムさんは以前やったばっかだからどうすんのかと思ってたんだけど、上手いことギャグとして処理しつつゲス先輩にもちゃんと活躍の場を与えていたのが良かったと思います。この調子でいくと、ラスボスさんは知秋さんが対戦相手となるのだろうか。
 あれ……この漫画のタイトル……。


 スーパーヒーロータイム


 ウィザード #32

 ウィザードにおける巨匠回。つまり外れ回。そんだけ。


 キョウリュウジャー #10

 敵幹部勢ぞろい~の、こちらはトリンにラミレスまで前線投入~のと、まだ1クール終わってないのに最終決戦感が半端ないエピソード。特にラミレス登場が予想外だった。霊体だからって自由自在にも程があるだろw

 しかしまあ、何よりもかによりも今週はゴールドさんに集約されてるわけですが、また濃ゆいのがきやがったなあw それでいてデレフラグはたっぷりというw とりあえず、どこかに去って行った彼ですが当代のお金も寝床も常識すらも持たない身の上で果たしてどこをさまよい歩いているのだろうか。

 他には小ネタも充実してましたね。アミィさんのはもちろんとして、ソウジパパが設定に絡めて再登場してるのも嬉しかった。ゲストをゲストだけで終わらせない良い脚本。木刀で技再現したのは笑ったというか、あんたこそ強き竜の者なんじゃねって感じだけどw

 そしてその息子ソウジは、今週誰にも言えない秘密を抱え、斬撃とうそぶきつつ思いっきり突きをかますという謎の成長を遂げたのだった。ああうん、君は今日ひとつ大人になったんだね……。

 プテライデンオーはマント姿が格好良かっただけに、外しちゃったのはちょいと残念でしたね。


 ドキドキ!プリキュア #12

 マナちゃんすげーってなエピソード。僕の印象でも単純に何でもできるからスゲーって感じだったんだけど、一番すげえのは他人のために膨大な作業を一手に引き受けられるという点であると。さすがみなぎる愛の御仁はひと味違った。

 しかし、ドキプリで今回みたいなボトルショーエピソードというのもすごい久しぶりというか、ひょっとしたら初めてなんじゃなかろうかという感じがしますね。初回からこっち、仲間集めに設定語りにキーパーソンのアイちゃん登場にパワーアップアイテムにっと、地続きで本筋エピソードを進めてきただけにそう感じる。

 これはウィザード、キョウリュウジャーにも言えることですけど、やっぱ財団Bちょっと焦りすぎというかがめつくなりすぎてる感じがあるなあ。そりゃ、玩具販促番組ではあるのだけど、あまりに粗製濫造するのもどうなのよっと。キョウリュウとドキプリは上手いこと消化していってるけど、ウィザードはもうアップアップの状態だもんな。

 もっと落ち着いた販売スケジュールにして、今回みたいな単独エピソードでキャラを積み立ててった方が僕としちゃ嬉しいのですが、そうもいかん大人の事情があるのでしょうなあ。


 ヴァンガード #119

 そんな風にニチアサ番組が大人の事情で振り回される中、同じくらい複雑な事情にまみれてるはずなのに知ったこっちゃねえとばかりに爆走する連中がいたという。カードアニメ共、てめーらのことだよ。

 おかしいな。しっかりDAIGOスペシャルセット6月1日(土)発売、構築済みデッキ(全17種50枚 新規:7種、デッキ内容は固定)、ファーストガイド・プレイブック・プレイマット(ウラ面デッキ解説書)同梱デッキに光るレアカード3種3枚封入!(RRR仕様/1種1枚、R仕様/2種2枚)、DAIGO実写ブロマイド2枚セット!! 全5セット(計10種)のうちランダムにどれか1セット。DAIGO実写ヴァンガードPRカード2枚セット!!(2種2枚) もちろん実際のファイトでも使えます! の販促をやってるはずなのだが、そんなことはなく好き勝手やってるだけにしか見えねえw

 余談はさておき、DAIGOいいキャラだよなあ。このまま事あるごとに出てきちゃってもいいのよというレベル。途中まで空気読んでなかったけど最終的に読んだし。

 ファイト内容の方は、待望のDAIGO竜VS宝石騎士という何とも俺得なロイパラ回であったと思います。作画もすげえ良かったですね。ライドシーンのサロメちゃんかわいい! シビルちゃんのミニスカえろい!

 何気にまあ役立たないことはないレベルの先駆FVも収録しているし、こりゃあもう4個買いするしかねえな。構築は無難にDAIGO竜4、騎士王2、バロミ2とかでしょうか。バロミさんは絶対入れたい。せっかくDAIGO竜で後列サーチできるのだし。
 FVぶれいぶでいく場合、騎士王が1枚抜けてアシュレイちゃんinする感じかな。それかいっそ、バロミも抜いてDAIGO竜4アシュレイちゃん3騎士王1でぶれいぶブーストを無駄なく駆使するか。お遊びでFT用にバーストピン積みも楽しそうだな。ああ、夢が広がりんぐ……。

 え? ペンドラゴンさん? まだそんなユニットいたんですか()。

 うん……真面目にペンドラさんどうしようかな……。彼を使うとなると、結局エクスカさんとかソウルセイバーとか必要になってくるから、今度はDAIGO竜が入らなくなっちゃうんだよね。うーむ。

[PR]
by ejison2005 | 2013-04-22 17:42 | ジャンプ感想
週刊少年ジャンプ 13年 20号 感想
 ライオネットとかまで小宇宙だけで復活するんじゃないかと懸念していた聖闘士星矢Ωでしたが、そんなことはなくて何よりです。まあ、それはそれで先週の貴鬼は何妄言言ってたんだ? てことになっちゃうんだけども。

 あと、尋問とかされたら困るからなんだろうけども雑魚敵をちゃんと倒しきれてないのはやっぱりモヤモヤが溜まるな。プリキュアでいうと、ジコチューが浄化されずに逃げ帰っちゃうようなもんだし。


 トリコ

 「新たに脳を作り出してるなら分裂先は何の知性も人格もない痴呆症のケンタウロスになるだけじゃね?」とか「いやいやずっと帯電し続けるとかエネルギー保存の法則に喧嘩売りすぎだろ」とか、どうにもこうにも無理筋な印象を受けたなあ。
 前者は下手に理屈付けせず「そういうもんなんです」で押し通しちゃえばよかったと思うし、後者は倒す方法思いつかなかったからってちょっと適当すぎるのではないだろうか。殴られた運動エネルギーを電気へと変換するっていうアイデアはすごくよかったんですけどね。ちょっとエルグさんを強く設定しすぎたと思う。頬に傷をつけた時にいたっていう分身さんもどこへ行ってたんだろう。


 暗殺教室

 いやいやいや、これ殺せんせー怒るだろ。あくまでも現状は殺せんせーの酔狂によって成立しているわけで、それを邪魔したら殺す機会すら失われるだろ。

 ……とツッコミたいんだけど、初回で月を破壊して以降、殺せんせーってば人類への脅威となる暴れ方してくんないんだよなあ。いい加減、設定倒れにすら思える。たまには自衛隊基地の装備を全部「お手入れ」するとかしてもいいのよ?

 これまではまだなんとか、「人を死なせたら生徒がついてこなくなる~」とか理由付けをしてきたけど、今回のこれはそういう理由付けできる領域じゃないですからね。これをスルーさせちゃったら、中間試験以来の「いや殺せんせー暴れろよ怒れよ」というツッコミポイントになると思う。

 無難なところでは、殺せんせーが烏間先生に発破をかけるために見守るとかそんな感じになるんですかね。

 あと、何でムチ打った背中の写真まで撮ってたんだろうw


 ワンピース

 藤虎さんに格好いいこと言わせようとしたのは分かるんだけど、人口把握してる暇があったらその人達を避難させる経路や誘導人員を検討した方がよいと思うのだぜ。

 それ以外に関しては、例によってまーた長くなりそうないつものワンピ長編展開。他の件に関しちゃまだ本筋と関係ありそうなのでアレですが(それでもそこまでして脇に見せ場を作る必要あるのかといつもながらに思うけど)、鉄橋と闘魚云々に関しちゃ本当にその状況必要なのか? 空間能力者であるローがいるんだからアッサリ突破してくれるんだよね? ね? と思わずにいられない。

 まあ、たかがお魚に今更そこまで苦戦するわけもないし「秘密の会合場所」というシチュエーションに説得力を持たせようとしたんですかね。


 ソーマ

 まあそうなるだろうなとは思ってたけど、勝負はお預かりかー。これによって何のフラグが立ったかといえば、タクミ少年のかませ犬化フラグが立った気がする。こういう再戦の誓いって、往々にして長いこと果たす機会が与えられないよね。

 しっかし、なんかサラッと流しちゃったけどこの試験に合格出来なかった子達はそのまま荷物をまとめて家路につくことになるんだよね。そっち方面はこれといってクローズアップされなかったわけだけど、フォーカス当てていれば合宿の過酷さが強調されることになったかもしれない。
 まあ、このまま極星勢が何の波瀾もなく生き残ったら合宿前の畑イベントとか台無しだし、誰かしらが落伍しそうになるイベントを作ってその時に強調するんでしょうね。具体的には、丸井君辺りが生贄となりそう。

 あとはタクミ君の中二ギャグが相変わらず面白かったのと、この50食試験は他はともかくステーキどうやって間に合わせるんだ? と思った。フライパン三刀流とかやるしかないよね。焼き時間的に考えて。
 でもコンロは各自ひとつしか用意されてなさそうなんだよなあ。これだと、ステーキはおろかサラダ用のゆで卵すら用意できない気はする。


 W.C.フレンズ(読み切り)

 男性キャラならともかく、女子高生キャラがトイレトイレ言ってる姿はどうにも受け入れがたいものがあるぜ。特殊な性癖がある方ならともかく、僕は基本的に、きっと、いや、おそらく……あるいは……ノーマルな性癖である可能性が微レ存……?

 冗談はさておき、モブ女子高生達を極端に類型化しすぎていてリアリティを感じないのは難点であると思いました。もちろん、この漫画の場合はギャグとしてそれをやってるってのは分かるんだけど、扱ってる題材自体は極めて現実的な代物であるわけでして、非現実的なモブ女子高生ズと現実的な題材とでちと食い合わせが悪く感じられたんだよね。

 それだけでなく、知識グループは「平均かそれ以下の学力に見える主人公と金グループだがもしや偏差値の高い学校なのか」という疑問を、森グループは「この子達ちゃんと世の中渡っていけるのか?」という疑問をそれぞれ浮かび上がらせて作品へ没入する妨げとなってしまっている。それはよくない。

 今回のように現実的な題材を扱うのであれば、登場する人物達も現実のそれに即した思考行動をさせるべきであったんじゃないかなと思います。そのために必要なのは……現役女子高生への取材ってあ、これお縄フラグだ。


 斉木楠雄

 この手のシチュエーションでいつも思うのだが、それこそ話題の生活保護を受けるなり学校側に事情を話して了承を得るなりすればいいのだよな。特に生活保護に関しちゃあれだけ話題となったご時世であるのだし、何らかの理屈付けはやはりほしかった。

 でも今は、そんな事はどうでもいいんだ。重要な事じゃない。

 斉木君……お前の小遣いは月々三千円だったはずだぞ……週一で580円の本格コーヒーゼリーとそれに近い値段だろうコーヒー専門店のコーヒーを楽しむために……貴様このエピソードの裏で何をしただぁーっ!


 黒子

 青峰君wwwあwおwみwねwくwんwwwww

 もうね。君はどんだけ黒子にデレデレなのよと。駄目だなこりゃ。今後、現在青峰君が登場するたびに過去回想時の尽くす女っぷりがフラッシュバックして笑っちゃいそうだわ。


 ナルト

 おめでとう! サスケェはめんどうくさくないおんなにしんかした!

 どうでもいいけど、飛雷神の術って四代目のオリジナルじゃなかったっけ? 二代目も使えたの? 使えたとすると、木の葉の黄色い閃光さんのアイデンティティがいよいよ螺旋丸だけになってしまうのだけど。


 ハイキュー

 いつもながら丁寧にバレーの専門知識を説明しつつ、それをドラマと絡める作劇。

 今回で行くと、影山君と菅原先輩の交代というお話的なターニングポイントと「ブレイク」なるバレーの試合展開におけるターニングポイントをきっちり重ね合わせてきているわけですね。

 バレーとは関係ない部分でも旭さんのエースらしい活躍っぷりが素晴らしいです。特に台詞はなく人気投票でもスタメン中最下位を獲得しちゃったけど部長がそのセットプレーに加わってるのも良いですね。きっちり三年生三人の友情を描いてると思う。


 銀魂

 今シリーズは特に説教臭い要素もなく、九ちゃんの精神的成長をかっつり描き、かつレギュラーメンバー達の性別反転というシチュエーションも大いに楽しめるものになっていて非常に満足度の高い仕上がりだったと思います。

 特に、今週の月詠が面白かった。お前が夜王になっちゃ駄目だろwww


 めだかボックス

 え、まだやんの?


 スーパーヒーロータイム


 ウィザード #31

 オーモーイーガー♪

 やはり先週の無理筋がたたっていまいち話に入り込めない上に、トドメの奇跡パワーである。いくらなんでも工夫が足らなすぎるというか、雑に過ぎると思う。

 これまではおおよそ白ウィザードさんの計画通りに進んでいたらしいのが、主人公覚醒と同時に綻び始めた(らしい)という大筋は悪くないんだけどね。もっとロジックというものを大切にしていただきたい。

 そして、インフィニティはどう見ても既存フォームの上位互換なのであった。オールドラゴンとは一体何だったのか。


 キョウリュウジャー #09

 もうちょい引っ張るかと思ったら早くもゴールドさん仲間入りである。ウィザードもそうだけど、早い! 早いよ! 財団Bさん!

 キャラの動かし方としてはトリンの腰の軽さが好印象。やはり現場に立たせるというのは「良い上司描写」の鉄板であるよな。

 一方、もう一人の良い上司たるキングは今日も危うさを感じさせる「良い上司」っぷりなのであった。もうここまできたら、番組終了まで一度もつまづかないかどこかで特大級のしっぺ返しに遭うか、二つに一つであります。

  殺陣に関しては、腰の軽いトリンのこれまた軽快な立ち回りが良かったです。あんなどう見てもアクション用じゃない上に邪魔っ気な羽までついてるスーツでよく動き回れるもんだ。エスケイプ(生身)戦のブルーバスターみたく、戦う側が円の動きを駆使して動き回りつつカバーしてるというわけでもないし。

 ロボ戦も、きちんとロボのギミックを活かして状況打破しているのが良し!


 ドキドキ!プリキュア #11

 ジョーさんはこれ、どうなんだろうな。いや善玉で何らかの理由により見守ってるんだろうとは思うけど、いかんせん直近に真ゲスというキャラがいるからなあ……w

 んで、マナちゃんも大概キングと呼ばれるに相応しい行動言動ですが、あちらと違ってこちらには六花ちゃんという理解者兼女房役が存在するのが違いでしょうか。引っ張られるキョウリュウジャーと引っ張られつつそれを助けるドキプリという感じ。つまり六花ちゃんはかわいい。

 あと、いい加減君達はアイちゃんの存在について疑念を抱こうなw

 そういや、所長もなんか本気モード出してたけど、前にコメントで言われた通りこの人は常に最善手を打とうとしてるのがよいですね。結果、まだ1クール終わってないのに力の底は見えちゃったわけだけど。更なる上役がいたとして、粛清されたりとかしねーだろーなー。


 ヴァンガード #118

 生徒会のせこい陰謀は現実的に考えてちょっと無茶が過ぎるよな、でも、こっからコーリンちゃんがしめるんだろうな、と思っていたらまさかのこの男である。いやwwwなんでだよwwwwそして当然のような顔してるんじゃねえよwwwwwてか隣は棚橋なんじゃねえだろうなwwwwwwwwww

 きが、くるっとる。

 小ネタもすごかったですねー。いくつもあった脚本案だけど、個人的にはトリスタン主役のが見てみたかった。君、解放者になるなり宝石騎士になるなりしてカムバックしてくれてもいいのよ?

 他には、久しぶりにミサキさんの完全記憶能力が有効活用されてたりとか、石田の仮装を手伝ってるのがマイちゃんな辺りスタッフも石マイを推す気満々だなとか、櫂君例によってとか、ネタが多すぎるぜ。

[PR]
by ejison2005 | 2013-04-16 17:14 | ジャンプ感想
週刊少年ジャンプ 13年 19号 感想
 とうとうドローした後にカード書き換えちゃったよおいwwwふざけんなwwwww


 暗殺教室

 新キャラの鷹岡さんを見てるとどうしても地獄のミサワを思い出してしまうのは僕だけだろうか。特に「それには…皆で囲んでメシ食うのが一番だろ!」のコマがそれっぽい。ただ、少し目は離れすぎているか……?

 話としてはE組で誰かアタッカーに適しているのかくらいで繋ぎって感じでしょうか。それと渚ちゃんにちょこっと主人公補正で味付け。
 難点として、蛇が絡みつくイメージシーンの「ぬるり」は写植じゃなく手書きでやってほしかったなあ。やっぱ印刷文字じゃ迫力でないよ。普段そんなことしてないのに何で今回だけ写植なんだろう? カラーで手が足らなかったとか?


 黒子

 青峰君マジ尽くす女wwwデレデレやないですかwwwww

 うん、こりゃあ現在の性格にもなるわ。アレですね。対等の相手がいなかったからとかそういうのはオマケに過ぎませんね。こんだけ尽くした相手が「あ、別の光見つけますんで(^^;)」と自分から離れていったらデレの上にちょっぴりヤンがつくのも致し方ないわ。

 そんなわけで、一連の過去回想は黒子の過去がどーとかいうより青峰君の新妻姿がとても楽しいです。来週、黒子に対してどのような良妻賢母っぷりを見せるのか楽しみですね!


 ワンピース

 ワンピでこんなこと思うなんて滅多にないんだけど、レベッカさんの剣闘士姿はマジでエロイと思います。ビキニアーマーのビキニ部分がそれぞれ独立しているのが良いのだろうか? うーむ、色々と検討する余地がありそうですなあ。

 ところで、記憶が曖昧だけど皆大好きベラミーさんってドフラミンゴさんに殺されたんじゃなかったっけ? 当のドフラさんが最近人情家というか部下想いキャラとして売り出し中だから許されたことになったのかな。

 いずれにせよ、尾田先生によるドラミンゴさん虐待史に「推薦してやったバネ能力者が無様な姿晒して顔に泥を塗られる」が追加されるのはほぼ間違いないですね!


 ジェダの通学路(読み切り)

 うん、身も蓋もないこと書くけどこの企画失敗なんじゃないかな……。先週のもそういうところあったけど、今週のは「むしろこっから展開していかなければならない」というところで終わっちゃってて尻切れトンボにすらなってない。登校して終了っておま。

 例えば、今回の読み切りだと学校が「特別な何か」を学ぶことのできる場でついでにそこで学ぶことが過疎の村を救う手立てになったりすると世界観付けに目的意識付けもできたりするのですが、この総ページ数だとそこまでする尺がない。仮に通学ではなく、登校初日で物語を始めるのだとしても足りないと思う。世界観説明キャラ説明ってある程度の尺を要するものだし。

 ついでにいくと、過疎の村出身にするならば「何で村が過疎化してるのか?」という理由付けもあった方が説得力出てよろしい。例えば、現代日本においては「都会への若者流出」とか「ダムなどによる開発の影響」といった理由付けが可能なわけなんだけど、この作品の場合だと「そもそも何でそんなとこに住んだの?」というレベルの話になっちゃう。

 そういった何もかも項数さえあればどうにかできるはずなので、せっかく読み切り描かすならもうちょい融通してやれよとしか。

 どうしてもこのページ数で収めるならば、もうショートショートやるしかねえよなあ。「何か大きな目的を持った旅に違いない」→「実はただの登校でした。○○と××のシーンが複線です」みたいな。サイレント漫画になっちまいそうだけど。


 ソーマ

 『素揚げならまだしも「衣揚げ」をやってのけた生徒は初めてです』ってそりゃあんた、本来衣になるような素材は存在しない課題だからだよ。

 そんなわけでソーマのトンチ解決に対して周りから一切ツッコミが入らないのは画竜点睛を欠いてしまったところか。周囲の一般生徒よ、「それ認めたら内部のもの何でも使えるだろ!」とゴネてみてもいいのよ?

 まあ、まだ審査が残ってるので来週その点に関しては言及するのですかね。

 それより何より重要なイメージシーンですが、さすがは卒業生と言うべきかこのくらいじゃまだまだ脱げないのかー。期待してたのになー。謎のおっさん召喚に続き謎のアンちゃん召喚というのはギャグとしちゃ気が利いているのですが、ここ一か月肌色成分が不足してたのだから補ってほしかったと素直に思うんだぜ。

 それはそれとして実食する乾シェフと頑張ってアシストする田所ちゃんかわいい。


 ナルト

 すげー重々しく語ってる初代様ですが、それもこれも「我が友マダラならば奴なりの深謀遠慮に基づいて行動してるに違いない!」という前提あってのことなわけで、「いや、自分にお花畑幻覚見せるついでに全世界巻き込もうとしてるんだそうです」とか言われたら「(´・ω・`)」となるのではなかろうか……。


 ハイキュー

 大地さん地味だけど頑張った! すごい地味だけど良いレシーブだった! 地味な描写過ぎてどの程度なのか今まで分からんかったけど及川さんのサーブと真っ向勝負できるレベルなのも分かった! 地味だけど!
 ……部長は犠牲になったのだ……もらった個別回が試合を強調するエピソードではなかった……その犠牲にな……。

 そんなわけで、今回のゲームにおける必須事項である「いかにして大王サーブを止めるか」というエピソード。そっちで引きつけつつも田中さんの株価を上昇させ、影山君サイドのドラマを進めてるのが上手い。

 特に影山君サイドで合宿の時ヘタレてた先輩に指摘させたのが良いですね。良いっていうか日向君はそういうレベルでなく他の面子がコート出てるから起用されたのだろうけど、ともかくちゃんといるんですよとアピールしたのは大事だと思う。漫画とTRPGは発言しないと存在そのものが消えてしまうのだから。実際、名前を思い出せぬ。

 でまあ、明言化されてないけど影山君サイドの話は「影山君が一人でブロッカーまで気にしすぎてて最適化したトスが上げられてなかった」っていう解釈でいいんだよね? あんま気にせずスパイカーに100%の力で勝負させてやれ信頼してやれと。自己解釈が間違ってたらアレなんで一応念のため。


 ブリーチ

 ラストシーンのカーチャンがなんかよくわからんけどすごいかわいかった(小並み感)。

 ホワイトさんアゴの力しょぼいな! とか、噛んでないで切るか刺すか……いや気持ちは分かる……ふう……とかに関してはいつものブリーチなんでノーコメントで。


 斉木楠雄

 マジックの失敗で失った信用は同じマジックの成功で取り戻すのが一番だろうから、実は今度こそちゃんとしたやつ買って成功させるってのは間違いじゃないんだけどね。120万というのも、到底量産はされてないだろうマジックの大掛かりな道具なら納得の値段ですしおすし。いやまあ、燃堂母が通帳渡した意図はそこにあるわけじゃないんだけど。

 それはさておき、やはりハイライトはイリュージョン中断のシーンですね。成功する確証がないのに実行する最低野郎という汚名も避けられたし、以前父がいないことをちょこっと気にしてた燃堂君にもちゃんとした父親代わりがいたのだというほっこりとした補完にもなっていた。

 一方、斉木君は逃れられぬ燃堂家の輪に閉じ込まれつつあったのである。


 スケットダンス

 一旦持ち上げて(?)からの容赦ない突き落としっぷりが面白かったです。やはりギャグ漫画の主人公は体張ってナンボであるな。


 銀魂

 もうこのままでいいんじゃないかな(達観)。


 スーパーヒーロータイム


 ウィザード #30

 途中の手品振りとかは一体何だったんだろう。あの兄妹、後編で何か絡んでくるのかな?

 それはさておき、またかよという感じのするパワーアップエピソード。電王で例えるとオールドラゴンがクライマックスフォームで、今度のがライナーフォームみたいな感じで使い分けるのだろうか。

 んで、中の人の演技も手伝ってレギオンさんの「異質な雰囲気」とかはすげえイイ感じなんだけど、途中そこまで圧倒的な強さを見せてるわけでもないのにラストシーンのところだけなんか急に強くなってる……というかむしろドラゴンが自殺しに行っちゃってるような感じに見えるのはなんだかなあ。もうちょっとこう、サイヤ人の王子をボコるとかワニのおっさんをボコるなどして、分かりやすく強さを強調する組み立てがほしいと思う。
 せっかく、噛ませ要員としてメデューサさん(再封印しにきたところを吹っ飛ばす)、グレムリンさん(封印解かれた直後に吹っ飛ばす)が揃っているのですしね。

 あと、ワイズマンさんすげー暇そうに見えてたんだけど会おうと思って会える人じゃなかったのねん。


 キョウリュウジャー #08

 まだまだ妹がブルーに惚れるエピソードとか何でも屋の依頼に来た人の話とかも作れそうですし、ノッさん関連は広がりがあるなあ。
 で、そのノッさんとしてはそりゃ義弟への義理立てもあるだろうし迂闊に父親ヅラなんて出来るわけもねえよなと思うし、意外と未亡人の側がその辺ドライだったりするのも変なリアリティを感じる。そしてそんな周りの気遣いをよそに子供は割り切ってたりするのも。

 もちろん、んな割り切りだらけのドラマやっても困るからちゃんと妹がクロックアップしたまま帰って来ない夫のことをいまだ想ってる描写を入れたりしてるんだけどね。なんか大筋として妙に現実的だなと。

 それと、今回感心したのはロケ地の特性をきちんとドラマの中に組み込んでいる点。せっかくの機会を十全に活用しきってると思う。こういうのって嬉しいよな。


 ドキドキ!プリキュア #10

 正妻戦争開始! 露骨に百合百合しい……素晴らしいぞ素晴らしい。

 そんなわけで剣崎しゃん回に見せかけて俺の嫁回だったわけだけど、地味にありすちゃんの気遣いっぷりも良かったよね。あそこで泊まりを断ったのって、六花ちゃんがハブみたいになるのを回避するためだろうし。さすがはマネージャー役である。

 あと、どうでもいいところだけど既にこの子達必殺技の複数使用くらいは余裕なんすね。


 ヴァンガード #117

∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵。∴∵
∴∵∴∵:。∴∵∴∵∴: --─- ∴∵∴∵∴∵∴∵
∴∵゜∴∵∴∵∴∵  (__ )(__ )  ∵。∴∵∴∵ ゜
∴∵∴∵∴:∵∴∵_ i/ = =ヽi ∴∵∴∵。∴∵∴
∴∵☆彡∴∵∵ //[||    」   ||] ∴:∵∴∵∴∵:∴∵
∴∵∴∵∴∵ / ヘ | |  ___,ヽ | | ∴:∵∴∵∴∵:∴∵
∴゚∴∵∴∵ /ヽ ノ    ヽ__./  ∴∵∴∵:∴∵∴∵
∴∵∴∵  く  /     三三三∠⌒> ∴:∵∴∵:∴∵
∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∵∴∵∴∵
   ∧∧   ∧∧  ∧∧   ∧∧
  (   )ゝ (   )ゝ(   )ゝ(   )ゝ 石田……無茶しやがって……
   i⌒ /   i⌒ /  i⌒ /   i⌒ /
   三  |  三  |  三  |  三  |
   ∪ ∪  ∪ ∪ ∪ ∪  ∪ ∪
  三三   三三  三三  三三

 前回に引き続いての石田によるツッコミといい、リバースオーラとか販促してもよいところであえてBB……シャムシェル起用してるところといい、スタッフによるスイコさんイジメが止まらない……!

 それはさておき、アマブレさんはコストが重すぎるものの独自性もあって面白い効果でありますなあ。新しいBRユニットと組ませても楽しいけど、既存ならヴァーミリオンと両軸で組んでみても楽しそう。

 まあ、単強化の宿命として完ガ乙となるわけなんだけど、こないだの櫂君戦といい、アニメでそれをやらないのは弱そうに見えるのを避けるためなんですかね。実際問題、そんな都合よく完ガ握ってばかりいるわけじゃないし。

[PR]
by ejison2005 | 2013-04-09 15:53 | ジャンプ感想
週刊少年ジャンプ 13年 18号 感想
 ジャン文……かあ。誰が得する企画なんだ? というのはさておき、小学生時代の感想文とか思い出すと色々苦笑いがこみあげてくるな。とりあえず、あらすじ書きで半分くらい埋めるのは基本だよね。
 いやまあ、今でもあんま関係ない話題とか挟んで水増しをごにょごにょ。


 ワンピース

 あ、メラメラの実に執着する方向性でいくのね。これは執着するしないどちらの場合でもルフィのキャラ性にそぐわってると思うので、尾田先生もジャンプで連載するからには天下一武道会を一度くらいはやってみたかったのでしょう。その気持ち、分かるってばよ……。

 しかし、ルフィがジャッキー(てか亀仙人)ポジションで出場するのか。何気に主人公がそのポジションというのは新鮮かもしれない。

 あと、尋問されてた下っ端さんはゴムゴム云々言ってた時点で正体を悟ろうな? ルフィ達もガン放置してないで縛り上げるくらいはしておこう、な?


 ナルト

 スーパーワンダフルウルトラデリシャスゴージャスアイリーン面倒臭えええええぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!

 マダラさん面倒臭い女にも程があるよ! シャークさんもビックリだよ!

 代替わりしたら冷や飯食わされそうだから今のうちに何か手を打っておこうと考えるのは分かる。そこは当然のところだ。が、そっからいきなり夢の道云々言いだすところがメンヘラマダラさんの真骨頂と呼ぶべき部分だよな。思考が一足飛び過ぎてまったく意味がわからんぜ。

 そこまでマダラさんを追いやった原因ともいえる卑劣様おっと二代目様に関しては、この回想を通じてどんどんいいキャラへ成長していってると思います。いやまあ、役回りとしてはかなり損なところはあるのだけど、当然想定されるべき常識的意見の代弁者となってるのはよいことです。そういうキャラがいないと、読んでてツッコミ所ばかりになったりするし。

 本当、二代目様が言ってるのは常識的なことばかりなんで、要するにうちは一族は戦争に負けたから和睦してもそれなりの扱いになりますよってことなんだよな。
 マダラさんのメンヘラぶりはさておくとしても、理想に燃える大天才初代様が現実とのギャップに苦しむ物語としては非常によくできてるんじゃないでしょうか。実にいい感じのままならなさだと思う。


 暗殺教室

 なんだかいいことを言って〆たように思えるが、要するに全員で悪ノリし尽くしただけじゃねーかw

 一本のギャグエピソードとして、冒頭の中二ネタから間断なくギャグを撒き散らしていて閑話休題話としては非常に満足度の高いエピソードだったと思います。ついでに菅谷君のキャラ立てもバッチリ終えたし。すっかり教師役が板についてる烏間さんで〆るオチもグッド。

 しかし、夏休みに入ると暗殺はどうするんでしょうね。国がどっかに保養施設用意して勉強(暗殺)合宿とかやらせんのかな。その前に期末試験だけど。


 さくらん(仮)(読み切り)

 なんというか、読み切りというか新連載第一話って感じの作品でしたね。途中の回想でもうオチは予想付いちゃってた(てか付くよう複線張ってた)し、実際それを裏切るものではないけど「これから」を色々と想起させてくれる良い作品だったのではないでしょうか。一発ネタとしてインパクトのあるオチではあったし。

 ただ、岩代先生の絵柄でラブコメ路線はきついんじゃないかなー。


 トリコ

 エルグさん余裕ぶっこいてるけど、これ本人的には割と発狂しそうな状況だと思うけどなあ。ちょっと違うけどどこでもドアの思考実験と化してるじゃねーか。馬並みな下半身手に入れたぜーなんてキャッキャと喜んでる場合と状況じゃないよ。

 首尾よくブランチに勝利したとして、この大量に生まれちゃったエルグさん達はその後どうするんだろうね? その場で天下一エルグ大会でもやって誰が真のエルグなのか決めたりするのだろうか。


 ソーマ

 謎のおっさん召喚にワロタwwwいいイメージだwwwww

 アッチェンデレ兄弟の料理に関してはなんかもう普通にすげえ美味そうで特に言うことないなあ。まあ、料理そのものはともかくとして途中でトンファーっぽく両手包丁持ってるあたりは流石の中二病という感はある。危ねえからそんな持ち方してんじゃねーよw

 他にはやっぱ柿の種がキーになるんすねとか色々あるけど、やっぱり乾シェフのかわいさばかりが記憶に残ります。鴨肉にかぶりつくコマの表情がすごくいい。田所ちゃんも珍しく役に立っててかわいい。


 斉木楠雄

 斉木君、何気にイケさんに対しては結構敬意を抱いてるよな。この漫画に登場した中には数少ない普通に善良な人だからそれも当然という気はするけど。一方、蝶野の方はこの漫画じゃ数少ない斉木君をキリキリ舞いさせられる人材ということで、蝶野イケさんコンビは他のレギュラー陣じゃ出せないリアクションを引き出すことができるのだな。

 ところで、マジックの仕掛けを購入する云々という話ですが、前にテレビでプロが話してたところによると実際のマジシャンも結構そんな感じらしいですよ。なんか仕掛けを考えてそれを作る職業の人がいて、そっから購入したりするのだとか(カードマジックとかは普通に修行して身につける)。
 夢の無い話って気はするけど、よくよく考えたらステージで仕掛けを操りつつ観客も湧かせるって時点で練習に多大な時間と労力を使ってるのは間違いないわけで、分業するのは当然っちゃ当然という気もする。

 で、そうやって分業化が進んでる以上、一概に蝶野を責めることもできないよなーと思ったり。タイミングが命であろう仕掛けを共に練習してきた相方が不在となれば、そりゃどうにもならんところがあるでしょうよ。うん、彼は悪くない。


 ハイキュー

 おー、こないだ書いたことだけど、やっぱ極論するとサーブだけで勝利しちゃうことも可能っちゃ可能なんですね。及川さん半端ねーな。サーブの打ち分けとか見てる限り、前に書いた通り格ゲーの起き攻めとか大好きそうです。

 菅原さんと影山君のセッター性の違いについては、いつものことながらしっかり「ゲーム」してるという感じ。特に菅原さんの教科書的な戦法があらためて評価されてるのはいいですね。漫画だとどうしても特色とか出さないといけない関係上、何らかの能力に特化させたチームが多くなるわけですけど、現実的に考えりゃ基本に忠実にやってくる人達だってそりゃ怖いわけで。

 ああ、それと普段あんまり書かないけどキャラクター同士のやり取りもすごくいいです。「影山君は凹んでますか?」のやり取りはすごくほっこりした。こりゃ薄い本が厚くなっちまうな。


 銀魂

 ひとつだけ言えることはこのエピソードがアニメ化された際、他のメンツは声優チェンジとかがあるかもしれないけど土方さんだけはそのままGOであろうということだ。

 ラストの忍者二人とかもそうだけど、キャラクター数が豊富な上にキャラ立ってるから性転換したキャラを続々と登場させてくだけでも面白いんだよな。着実に話を進めちゃってるけど、出せるだけ出してほしいもんである。他に出れそうな人だとヅラとかかな?


 スーパーヒーロータイム


 ウィザード #29

 今更ながらマヨさんが魔法使いにこだわる理由を学術的興味としてきましたが、もはや後の祭りというかなんというか。

 ミストさんじゃないけど、根本的な問題として言うておるだけなんですよね。学術の徒としてどうあるべきか、言うておるだけ。

 これが先週の内に真意をカミングアウトしておき、もっと積極的にゲートの研究へ協力するとかしとけばエピソードを伴った身の上談義として受け入れられたのですが……。

 ハイパーも、そもそも素の活躍が薄い状態で出されましても……。


 キョウリュウジャー #07

 もはや疑う余地もなくドゴルドさん=キョウリュウゴールドの直球勝負でクソワロス。

 しっかし、キングは能力高いし執着ないし器も広いしで名前負けしない男でありますなあ。どこぞのうちはマダラさんにも爪の垢を煎じて飲ませたいレベルである。

 まあ、執着の無さという点に関しては仮面ライダーオーズの例を待つまでもなく疑念が生じるので、そこら辺が今後のカギとなるかもしれませんね。

 カオスさんを親父とダブらせる演出に関しては、瞳閉じて耳を澄ませば♪ 父さんの声が聞こえるよ♪ 詐欺をやらかした三条先生だけに保留。

 地味に殺陣で凄かったのは、イアンVS大勢の敵におけるアクションだったと思います。剣のそれと違い射程がほぼ無限に近い銃撃アクションで、しっかり近接戦闘も行いつつあの多人数でのアクション。殺陣師もアクターさんも渾身の出来であったでしょうよ。

 あと、キョウリュウシアンは公式にも第六の戦士扱いなのなw


 ドキドキ!プリキュア #09

 ああ、この学校で問題が絶えないのはマナちゃんにしかってほしくてわざと問題起こしてるからだな。しかも、今なら六花ちゃんのジト目がついてくる! そりゃ問題も起こすさ! さ!

 そんな感じの第9話。基本、妖精視点って感じのエピソードでしたね。おそらく、この先において「誰がどんな感じであやしてるか?」という点を払拭するためのエピソードだと思う。

 にしても、キュアダイヤモンド監督か……たまらんな(何が?)


 聖闘士星矢Ω #51

 反省点の多いアニメでしたなあ。アプスさんのこと肯定するのか否定するのか、肯定するとして何をどうポジティブに受け取るのかはっきりさせたれよという感じですし。

 次週からはヴァンガードの感想書くつもりだけど、落ち着いたら総括書きたい。アニメ感想あるからだいぶ遅くなるけど。
 とりあえず、もうちょっと勝利の快感がコンスタントに欲しかったな。

[PR]
by ejison2005 | 2013-04-01 17:47 | ジャンプ感想
週刊少年ジャンプ 13年 17号 感想
 超サイヤ人ゴッドって、要するにアルティメット悟飯なんじゃ……。

 いやまあ、アルティメットは髪が赤くなったりしないんで、アルティメットの理念である「体に無理のない戦闘力向上」を更に発展させた変身なんですかね。というか、悟空さ地球を離れてどこ行ってるんだろう? ナメック星かもしくは具体的描写が無かったヤードラット星かな?
 いずれにせよ、地球の命運が王子の双肩にという部分ですでに笑ってしまっているのは僕だけじゃないだろうぜ。


 暗殺教室

 ドーピングコンソメ進藤君ワロス。ぜってーこの子、暗示とかにかかりやすいタイプだよ! ラストのさわやか風味なオチも何となく雰囲気に流されちゃっただけだよ!
 多分この子、気合い入れて頼み込めば十万円くらいなら借してくれると思う。

 それはそうと、ラストのリアクションや渚ちゃんの独白を鑑みるにひょっとしてこの学校の生徒達は野球のルールをさっぱり知らなかったのではなかろうか。いやいやいや、この異常な状況下で何も疑問を覚えないとかありえないからね!

 まあ、進学校故にスポーツと触れる機会がなかった……のかなあ?

 それはそれとして、理事長の作戦を逆手に取るゼロ距離守備は意表を突かれましたし、懸念していた杉野君の心情に対するフォローもきっちり行われていて全体としての満足度は高かったです。


 ワンピース

 尋問されてたドフラミンゴ部下が生きてたのはまあ、新大将っぽい人が手加減したのだとして、「手加減して気絶させる」ためにこれほどの大規模破壊を行わねばならなかったのは、ドフラミンゴ部下の屈強さを称えるべきか。はたまたこんな大味そうな技を使いつつ命は奪わない技前を賞賛すべきなのか。いずれにせよ、さすがはワンピ世界の住民といったタフネスである。

 それはそうと、これルフィ達軽く詰んでませんかね? 工場の場所を知るには幹部を締め上げる必要があって、その幹部達は衆人環視の中にお出かけ中という。仮にメラメラの実を無視したとしても、こっそり一人捕まえてこっそり尋問などというメタルギアミッションが彼らにこなせるのだろうか。
 やっぱ出発前に言われてた通り、知性派を固めちゃったローの振り分けミスなんじゃないかなあ。


 ソーマ

「フォルノ アッチェンデレ」
「出たー! タクミ君の謎詠唱だー!」
「大衆料理店で中二詠唱しちゃうタクミ君の得意料理が出るぞー!」
「フォ・ル・ノ! フォ・ル・ノ! アッ・チェン・デレ! アッ・チェン・デレ!」
「/////」

 ↑僕の中にある陽気なイタリア大衆料理店のイメージ。この後、自身の中二病に気づいて恥ずかしさのあまり渡日するも習慣は抜けずついやっちゃったところまでイメージ済み。
 多分、彼のご近所さんはすれ違いざまにぼそりと「フォルノ……」とか「アッチェンデレ……」とか呟いて行ったりすると思う。

 それはさておき、せいぜい一週か二週で瞬殺される出落ち雑魚くらいに思われていたアッチェンデレ兄弟がすげえ正統派のライバルキャラだった意外性が良かったです。また、当てこすりとかで勝負を挑んでいるのではなく「同じく現場を知っている料理人だった」という良い意味で競い合おうとしてるキャラだったのがいいですね。単に意外性があるだけで終わってない。

 しかしこれ、合鴨やら鶏やらがいたとしてそれを捕獲するのは本当に料理人の資質と言えるのだろうか。罠も武器も無しにウサギを捕獲しようとする無謀さは語るまでもなく、普通に対峙すりゃ鶏だって相当な強敵のはずなんだがなあ(レッドバスターでは歯が立たないレベル)。料理人としてではなく美食屋としての資質を図るテストと化しているんじゃなかろうか。

 意外とこれ、「建物内の倉庫から食材持ってくればOK」という一休さんのトンチ話みたいなオチなんじゃなかろうかそれはそれとして乾シェフかわいい。しかも百合だ!
 真面目な話すると、おもむろに食べてた柿の種とか関係するのだろうか。


 トリコ

 サニーVSトミーさんの決着は台詞をほとんど用いず、絵と構図のみできっちり殺陣として完成されていてバトル漫画として非常に満足度高いです。高いんだけど、トミーさん先週は器用にかわしてたのに何でまた今週へ入るとボコボコ食らってたんだぜ? という若干腑に落ちない点もあったりなかったり。千切れた髪を操ってないからスピードが増したのか、はたまた舐めプしてもらったトミーさんがいさぎよく食らったのか、それとも単に近すぎたのか。

 いずれにせよ、殺すべきところできっちり殺したのは評価高いです。変に横槍とか入ってうやむやにならんで良かった。やー、スター様なんかは勝つにしろ負けるにしろ生き残るんでしょうけど、その他はいさぎよく殺しちゃってもいいと思うんで。勢力図を変える一大戦争という感じで話進めてきたんだから、敵も味方も損害大きくないとね。

 正体を現してきたNEOに関しては、第三勢力としての面白さもさることながら戦況全体の解説者としての役割が今のところ一番大きいかなーと思ったかな。戦記物じゃあないんだから基本的に局地戦の連続で描写するしかないんだけど、そうなると全体としてどうなのかがよく分からんからね。
 実際、彼らが解説してくれなかったらニトロも多数存在すると判明した美食會側のが圧倒的有利に感じられてましたからね。セツ婆すげえというべきか、とっとと本気出せというべきか……。


 Sporting Salt(読み切り)

 なんだろう。すっげえ目が滑る作品でした。台詞回しが悪いのか、はたまた構図が悪いのかはよく分からんけども。

 内容の方も、主人公はスポーツ豆知識を披露するくらいで「スポーツ医学をテーマにしました!」と言うのはおこがましい代物ですし、ヒロインの方もそんなちょろっと特訓じみたことするだけでんな強くなるわけねーだろという話だしなあ。

 というか、全編通して「普通にヒロインが医者行ってれば問題ありませんでした」というのがまた……。
 それとラストシーンに関してですが、そんなスポーツ日和なら練習して来いテニス部部長。


 ナルト

 うん、これ二代目様悪くないわ。仮に僕が同じ立場で居合わせたとしても「うわ、何こいつうぜー」と思うもの。ただちょっと卑劣な術を生み出しちゃっただけだ。


 ハイキュー

 先日の伊達工業戦がブロックの重要性を説く試合だったとしたら、今回の青葉城西戦はとことんセッターの役割について描写する試合となっているのだなあと改めて。
 と、いうのも試合の流れが、

・影山君の焦り描写でワンマントスの危険さを改めて指摘
・及川さんのプレーで模範的セッターとはどういうものかを描写
・今週の菅原さんで司令塔としての役割を描写

 という具合に、「セッターってどんなポジションなの?」という未経験者に対する回答が分かりやすく綴られているのですよ。かといって、説明臭くなっているわけでもなんでもない。何故ならば、一連の描写が影山君の成長と及川さん&菅原さんの努力というドラマへきっちり結びついているから。

 ドラマを展開しながら未経験者への啓蒙というスポーツ漫画としての使命もきっちり果たしている辺りがこう、ありきたりな言葉だけどすごいんですね。


 スケットダンス

 上手く表現できないけど、ものすごく技巧派なエピソードであったと思う。頭の中に何をどう巡らせて思いついたのだろうか。すごい。


 こち亀

 久しぶりに秋元先生のワンダーセンスが発動したというか、これ実際にやっても盛り上がりそうだなーと思える良いエピソードでした。実際には事故の危険とか野鳥保護とかあるからとても実現できないんだろうけど。


 キルコさん

 これは最終回を迎えたら書こうと思ってたことなんだけど、こうやって流島民集合! みたいな感じになった時カンナちゃんくらいしか出せないのはこの漫画の明確な弱点であったと思う。

 たった17話、されど17話ということで、もうちょっとこう、バラエティ豊かに取りそろえた方がよかったかもね。その方が地域とヒロインの関係性も強化されるし。


 スーパーヒーロータイム


 ウィザード #28

ファントム(なんでこのゲート男の股間を凝視してるんだろう怖い)

 それはさておき、せっかくゲートを考古学研究者にしたのに今のところ名誉欲とかばっかり語られていて、いまふたつばかり学者としてのインテリジェンスを感じさせないのが気になるかな。マヨさんもマヨさんで、この機会に考古学を志す者として知性的な一面を見せるかといえばそんなこともなくいつもの粗暴なマヨさんなんで、ますますもって設定意義が見出せなくなってくる。

 やりようによっては、敵が散々言ってた「古代の魔法使い」とはどんな意味なのかを考察するドラマにしたりとか上述の通りマヨさんの別側面を描写してキャラ深めたりとかできるはずなんだけどね。何とももったいない。

 「すごく堅い盾」に対する対抗策が密着してのサブミッションというのは理にかなってるし絵的に面白くてとてもよかったです。これにはエンマーゴも苦笑いであろう。


 キョウリュウジャー #06

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『おれはキョウリュウジャーを見ていたと
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        思ったらカーレンジャーになっていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    催眠術だとかジェラシットだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

 脚本浦沢先生じゃないかと思わず確認しちまったレベル。「ワタシモデース」が笑いの最高到達点でした。ウィルスさん相当な強敵として描写された上に、亡霊と化した先輩戦士とのドラマとかも結構真面目に展開してたのに何でこんな流れになってんだよwww

 そしてラミレスもラミレスでちゃっかり生き残ってるというか、こいつ再登場する気満々だなw 何が一番しゃくにさわるって「恐竜系追加戦士は鬼籍に入る」という伝統が斜め上の方向でしっかり継承されてることだよクソッタレー!

 キョウリュウシアンも、肉弾戦は見せなかったけど巨大化した敵に有効打を与えるという別格の活躍で印象に残りましたし、しんみりする話あり、笑いあり、いつもどおりアクションありの名エピソードだなこりゃ。


 ドキドキ!プリキュア #08

 いかん! 六花ちゃんではツッコミ力が足らんぞ! 確実に状況へ流されておる!

 という感じで、アイちゃんは結局ジョーのところへ預けられてるのかとか、君達もうちょっと正体について考えよう、な? とか細かいところを置き去りにしてるんだけど、露骨に怪しい奇跡パワーも発揮したことだしさすがに来週以降調べてくれるのだろうか。

 エピソード自体は、アイちゃんにまつわるコメディで消化しつつあらためて剣崎しゃんの仲間入りを強調という感じですかね。プリキュアとしてはともかく、日常生活において距離があった点を改善した感じ。確かに四人名乗りしたからっていきなり馴れ馴れしくしてたら変なわけで、しっかり人間関係形成していってると思う。

 それはさておき、トロ目の四人が何ともいえずカワユスなあ……。てっきりマナちゃんのジャイアンリサイタルで眠気を吹っ飛ばすのかと思ったけど、つねり合うのがかわいかったからこっちのが断然良いと思うんだぜ。


 聖闘士星矢Ω #50

 ものすげえご都合主義に感じられた星矢の居場所にちゃんと理由がつけられてたのはよかったです。マルスさんはイケイケなのかそれとも慎重なのかどっちやねんという感じはするけど、まあ全てはエデンのためだったんでしょう。

 その星矢は、ハンデ付き&神聖衣無しに神クラスと互角っぽく渡り合うという前作主人公に相応しい活躍でほっとさせられました。ちゃんといい役割振られてよかったよかった。

 ただまあ、いくらなんでも星矢とユナばっかになってるんでもうちょっと他の面子を頑張らせてもよかったのよ……?

[PR]
by ejison2005 | 2013-03-26 09:29 | ジャンプ感想
週刊少年ジャンプ 13年 16号 感想
f0029827_2221580.jpg

f0029827_22211336.jpg

f0029827_22212360.jpg

 銀魂

 ギャグで掴んでシリアスへ移行するいつもの長編エピソードな匂いがプンプンしますが、それはそれとして映画の内容とかすりもしなさそうな九ちゃん編である辺り、制作進行具合の方は色々とお察しである。
 いや、言うても俺達はちゃんとゴリラのこと信じてるけどね。だから、だから僕達にだけは本当のことを話してほしいんだ……!

 本編の方はこっからどうやって展開していくのか見当もつきませんが、ともかく性別逆転ネタが面白かったです。言及されてないけど銀さん女体化すると天パじゃなくなるのなw

 八っつあんと神楽ちゃんに関しては、逆にこれが状況打開の複線だったら関心するレベル。願望成就系というわけでもないし、やっぱりただのギャグかな。


 トリコ

 これって要するにトミーさん舐めプでイイ勝負にしてもらってるだけなんじゃ……いやよそう俺の勝手な感想で皆を混乱させたくない。
 まあ、それも互いに敬意を払ってのことってのは本人達が述べるところのさわやかさを感じなくもないのですが、しかし途中の「神経が生きてるから遠隔操作できます」ってのはなんなんだろうこれ。どういう……ことだ……?
 百歩譲って神経節に関しちゃ千切れる前の攻撃命令に従ったとして納得できなくもないけど、サニーの方はもうアイスラッガー的な何かだと思うんだ。これもグルメ細胞のなせる技かぁ?


 ブリーチ

 結構マジな回想に入ってるところ申し訳ないのですが、「何このシチュエーションえろーい」としか思わなかった己を深く恥じたい。


 暗殺教室

 うーん、前にも書いたと思うけど僕がいまひとつこの理事長を好きになれないのって言ってることが支離滅裂だからなんだよなあ。秀でた者を生み出すための体制なのに、秀で始めてるものを不正な手段で潰してどうするんだよと。小細工を踏み潰す的な発言してるけど、小細工してるのあんたの方だし。
 その辺が、シックスさんなんかと比べて魅力がだいぶ劣る要因であると思う。シックスさんはなんやかんやで一本筋が通ってたからね。
 あと、進藤君は催眠術とかかかりやすいタイプなのだろうか。ブリード呉樹とかと同じタイプの子なの?

 殺せんせーの狙いは、逆に理事長の支離滅裂さを浮き彫りなものにして周囲へ印象付けようという「試合に負けて勝負に勝つ」的な作戦なんですかね。その場合、あくまで野球で勝ちたい杉野君にフォローが必要となりますが。


 斉木楠雄

 照橋さんもそうなんだけど、兄も兄で一本筋を通したところがあるから変態とはいえあんまり不快感ないんだぜ。というかかえって好感度高く感じる。
 斉木君的にも、ベクトル的にどうなのというところはあるけど珍しくテレパシー能力の弊害を気にしないで済む相手ではあるんだよな。この人。

 あと、順調に照橋さんの外堀が埋まっていてにやにやが止まらないです。この娘さんは素直に応援したい。


 ソーマ

 堂々と私服で調理しているソーマやおそらく水着で調理しているのだろう肉魅さんを見て、柑橘系整髪料の彼は何を思うのだろうか。

 でまあ、柑橘系整髪料の彼を退場させるイベントに関しては卒業生の凄さ演出としてなかなかハッタリが効いていたんじゃないかと思います。この人達がしょぼいと食戟による下剋上というこの漫画の基本コンセプトそのものがグダグダになってしまうから、威厳の維持には気をつけつつ剥いていってほしいですね。


 明るい人(読切)

 中盤で女の子だと判明するどんでん返しが良いアクセントとなっており、四コマ形式でありながら段々とヒロインとの仲が深まっていくというストーリーも感じさせるものになっていたのが更に良かったです。

 さわやかな終わり方でありながらヒロインは露出趣味の変態である点もポイント高いですね!


 縁結びの神!? マッケイ(読切)

 主人公がマッケイを神として認識するまでにもう1シーケンス欲しい(あまりにもすんなり受け入れすぎている)とは思いますが、わずか21ページの代原読切でどうしろってんだという気もする。

 うん、作者は悪くない。それを差し引いてもあまり面白くないけど。


 黒子

 赤司君はもとより、青峰君がほぼ別人と化していて吹いたのは僕だけじゃないと思う。


 ハイキュー

 う~ん、本当に今回の試合はメンタル面を重視した作劇になっているなあ。焦りのあまりトスが段々と加速していくっていうのは、いかにもという説得力があるぜ。

 そしてようやくというかセッターとしての及川さんも描かれたわけだけど、彼がセッターとして優れているのはあくまでも全員の個性を(努力して)把握しているから、というのも彼のキャラクター性にそぐわっていていい感じ。

 そして何より大事なのは、影山君がセッターとして至らぬところを浮き彫りにされ、成長するという物語の形が出来上がりつつあるということ。キャラクターの精神的成長という必須事項がきちんと盛り込まれている。同時に菅原さん関連のエピソードも昇華しているってのも憎いね。


 エジソン

 自動掃除機×2が無駄にキャラ立ちしていて非常に面白かったです。というか、一発キャラじゃなかったんだ……。


 こち亀

 ヴァイスシュバルツも好評発売中である初音ミクのネタを利用しつつも、作中の人物全てがウィンウィンな状態へ帰結するという、なかなか満足感の高いエピソードだったと思います。
 やっぱり、誰も損してないってのは重要だね。両さんの自業自得な場合は除くとして。


 キルコさん

 極めてテンプレ的な中二キャラに思えたライ君が、それを裏切りつつ非常に良い子であったという一点で満足度が高いエピソードだったと思います。これは良い裏切りってやつだと思う。


 スーパーヒーロータイム


 ウィザード #27

 BBBBBBBBBB!
 とかなんとか思っていたら、本当に進化キャンセルされちゃったでござるの巻。いや、それはそれで意外性もあるんだけど、「お姉ちゃんが助けてくれたから」というのは理由付けとしてあんまりにもあんまりだと思うんだぜ。単純に奇跡パワーじゃん。

 もうちょっとこう、納得のいく理由付けできなかったもんかなあ。といっても、すがるものがないから絶望しちゃうんだし難しいところではあるか。こないだの絵描きさんみたく、希望の象徴に隠しメッセージ仕組んであるとかじゃないと厳しいですね。

 完全に話の都合だけでウィザード&ビーストを圧倒する強さになってるメデューサさんといい、今週は露骨に神の見えざる手が動きすぎちゃってたと思う。


 キョウリュウジャー #05

 あれ、こいつらひょっとして喜びの感情集めてる分には無害どころか有益なんじゃ……。
 いやまあ、仮に何のトラブルもなく喜びの感情集めきったとしても、それは敵の親玉復活に繋がるわけだからやはり断固阻止なんだけどね。とはいえ、番組的に善行してるところを断固阻止する正義の戦隊じゃ困るだろうから、これからもキャンデリラ様の当番回は何らかのトラブルに巻き込まれるのでしょうなあ。

 それはそれとして、幽霊と言われてナチュラルに納得するキョウリュウジャーの姿には笑ったというかなんというか。テンポを維持するためなのかなんなのか、皆さん異様に察しがいいよね。まあ、それがドライブ感を生んでるのでいいっちゃいいのですが。

 というわけで、面白外人もきっちり使いこなす安定の三条脚本だったわけだけどひとつだけ不満なのは冒頭でテストしていた獣電池を実戦で使用しなかったところかな。
 特に、ソウジとイアンが喧嘩する原因となったトペランダ電池などは硬い敵の歯を破壊するのにもってこいなので絶対使うと思ったんだけどなあ。ソウジとイアンが仲直りする象徴にもできたし。

 ところで、ギャグっぽく処理してたけど実際あんだけ虫歯だらけにされると戦いどころじゃないんでしょうなあ。新撰組の永倉新八なんて虫歯が原因で死んじゃってるくらいですしおすし。


 ドキドキ!プリキュア #07

 プリキュアの王族なのに普通に有能どころか先陣を切って戦っていた……だと……? 馬鹿な……信じられん……!

 しかし、ナチュラルに火を起こしてサバイバルしていたりなんやかんやできっちりメタルギアを成功させて中枢まで侵入していたりと、相変わらずスペック高いというか火に関しちゃ本当に何をどうやって起こしたのだろうか……いやこの子らならどうとでもなりそうだな……。

 所長に関しちゃマナちゃん達の連携プレーがすごすぎたというのもあるけど、思ってた程には強くないんだなあ。まあ、トランプ王国を侵略した時も物量で攻め込んでたみたいですし、そうそうインフレさせる気はないんでしょうね。結局は歴代幹部とどっこいくらいの実力に落ち着くのかな。

 とまれ、記念すべき第一話の落下阻止イベントと繋げてくる橋の飛び越えイベントは大変美しいものに仕上がっていたと思います。


 聖闘士星矢Ω #49

 ガチで光牙がラスボス化しちゃったでござる。つーか、メディアさん普通に抑え込まれちゃってワロス。結局、エデンのためにお膳立てしてやりたかっただけの人になったわけなんだけど、もうちょっとバックボーンが語られてほしかったかなあ。これだけだと、エデンが言ってるように何で世界征服なんかに拘っちゃったのん? というお話だし。都内に3LDKとかを目標にしちゃいかんかったのでしょうか。

 しかし、アプスさんなんてポッと出もいいところだし本当に今一歩というところで盛り上がりきらないアニメであると思う。

[PR]
by ejison2005 | 2013-03-18 22:30 | ジャンプ感想
週刊少年ジャンプ 13年 15号 感想
 あんまりしんみりとしたこと書くもんじゃないのですが、もう震災から二年経つのだなあ……。いまだに足元が揺れるとびくりとしちゃうぜ。


 暗殺教室

 そういえば、話の流れ的に考えてシロさんの中の人って理事長先生の可能性があるんですよね。よしんばそうでなかったとしても、シロさんの組織と繋ぎを持っている可能性は限りなく高いわけで、最初は立場わきまえない勘違い君にしか思えなかった彼も何気に株を上げたもんだと思います。

 これでまたどうなるかは分からなくなってきましたけど、理事長には以前借りを作っているわけだからそれを返すような展開に期待したいな。こないだシロさん相手にある種の敗北展開をやってるわけだから爽快感欲しいし。


 ワンピース

 まあ、どうってことない繋ぎ回というか状況説明会という感じでしたが、工場破壊チームの変装姿がなかなかファッションセンス良かったと思います。付け髭してて普通に格好良いってのが驚きだよね。こんなもんある種のギャグアイテムですらあるというのに。
 特にフランキーなんかは何だかジブリ映画に出てきそうな雰囲気すらたたえているよな。


 斉木楠雄

 本人は悔しがっていたけど、普通に頑張って普通に上位陣へ食い込めてる辺り海藤君の「やれば出来る子」っぷりが伝わってきてなんだかほっこりした。


 トリコ

 サタンヘアってグルメ細胞そのものが髪の毛になって~とかそういう感じの技なんでしょうけど、その理屈でいくと先週ココが使用を予期していた毒っていうのもグルメ細胞そのものを抽出した毒物とかそんな感じになるのかな。

 でまあ、そこまではいいんだけどその調子でいくとゼブラが「グルメ細胞で何かする音」、トリコが「グルメ細胞でなんかパンチ」という具合になって連想できなくなるんだけど、その辺どうするつもりなんでしょうねw
 パンチはともかく、音っていうのが想像つかないんだよなあ。かといって、音以外の何かへ走られてもパーソナリティクライシスとなりますし。そういう特性というものは失ってほしくないんだ。
 そう、蒼翔竜 トランスコア・ドラゴンてめーのことだよ。


 ワールドトリガー

 これ、一話目で白毛が自分のトリガー使わずメガネ君のを無断借用して敵倒せばそれだけでこのエピソードラストまで圧縮展開できたんじゃないかな。正体に関してはほとんど触れない形になるけど、逆に謎を匂わせることで二話目への引きにできるし。


 ハイキュー

 こえー及川さんこえー。

 いやあ、先週まではいかにサーブが上手かろうと、全体的なスキルが高かろうと一プレイヤーとして今ひとつ華に欠けるなあやはり心理戦が特色のキャラなのかなあと思ってたんだけど、サーブが上手いってのはバレーにおいて滅茶苦茶な脅威なんですね。全然知らなかった。

 これって要するに、極端な話をしてしまえばサーブが成功し続けさえすりゃそれだけで完封勝ちとかできるんですよね? それが強いってのは十分すぎるくらいの長所であるよな。

 田中さんの心理描写と実際どうやってサーブを返すのかという描写に関しても、等身大のリアリティが感じられるものでグッド。胸で受け止めるってのは田中さんらしい泥臭さと説得力を併せ持つ良解答であったと思います。


 ソーマ

 僕も田所ちゃんの握ったおにぎり食べたいぜげへへへへへ。

 それはさておき、田所ちゃんはともかく他の面子って宴会の時にドンチャン騒ぎしたくらいでろくな調理描写すらないというのに、何となくラストで「俺達はチームだ!」みたいな感じになってるのが地味に上手いところだよなーと思います。

 あれだね。一緒に宴会した時のフレンドリーさと今回の畑仕事とで、「こいつら普段からそれなりに仲良く和気あいあいとやってんだろうなー」という印象を持たせてるのが良いんだね。

 仲間集めといったら今週のキョウリュウジャーみたく、対立→和解という流れで行うのが基本であり鉄板であるわけなんだけど、その手法を取らなくてもやりようはあるんだな、とそう思わされました。

 あと吉野ちゃんもかわいい。


 めだかボックス

 え、続くの?


 銀魂

 新四天王と言うが、それは幽白四聖獣における朱雀とそれ以外みたいな関係なのではなかろうか。


 べるぜバブ

 先週
 侮られてた神崎が無双する → キモイ人が調子こく → キモイ人ぶっとばされる

 今週
 侮られてた神崎が無双する → キモイ人が調子こく → キモイ人ぶっとばされる

 ちなみに、この場合のキモイはキャラとして魅力がない上にキモイという意味です。


 キルコさん

 んー、昔ならともかく現在の成長したキルコさんならこのくらいすんなりクリア出来そうなもんだけどなーと東京到着から思わされてます。

 でも、元々の作品コンセプトはこちらのドタバタギャグであるんだよな。そう考えると、むしろキルコさんを成長させたのが間違いであったのだろうか? うむむ。


 スーパーヒーロータイム


 ウィザード #26

 おかしい……かなりマジなネタを扱ってるはずなのに展開がカオスすぐる……。

 てなわけで、そういやかつてなら夏のバカ話をやる時期だったなーと思わされるエピソード。前半の不審者が女子高生に食べる発言する案件といい、女装潜入捜査といい、一人ボーリングが趣味のメデューサ様ってばせっかくの個別回なのに割を食いまくりな気がするんだぜw

 しかし、メデューサ様どうするんですかね? 彼女がいないと敵組織がニートとトリックスターしかいなくなるし、かといって生き残ってももう力の底は知れてるしという。頑張って戦ってもビーストorドラゴンウィザードと互角かちょい上くらいだもんな。二人を相手にまとめて石化とかすればワンチャンあるけど。

 殺陣に関しては、これやりたかっただけだろというライダー戦隊ウィザードが絵面的にとても面白かったです。


 キョウリュウジャー #04

 か、かっこよすぎる……!

 それはさておき、これは分かりやすいツンデレエピソード。イアンのデレが行き過ぎてて軽く依存の域に達してる気がするぜい。
 というか、ソウジもソウジで今週キングになつきまくってたし、中盤辺りでキング意識不明の重症エピソードとかは普通にやりそうな気がしますね。それかキングパパが竜の紋章でキングを記憶喪失に追い込むとか。

 というわけで、今週もきっちりツボを抑えた三条脚本であったと思います。キョウリュウジャーは三条先生の良い部分が全面的に発揮されているよね。

 あと、絵描きのおっさんに尋ねるくだりといい「憎み切れない敵組織描写」も徹底してんなーと思わされます。

 殺陣に関しては、獣電池設定も絡めつつとにかく生身アクションがやりたいんだなーと感じさせる代物。特撮だからあまりやりすぎるのは問題とはいえ、これだけ動ける面子が集まってるんだからやりたくなるという気持ちは分かる。分かりすぎるくらい分かる。本当すげえもんな。

 ラストの宝石は、やっぱりエイジャの(ry


 ドキドキ!プリキュア #06

 烏丸所長ツエー。今までは「とてもじゃないけど世界ひとつ潰すような組織には思えないなあ」という印象だったけど、主に所長が頑張ってたのね。

 剣崎しゃんの料理下手設定もマネージャーの正体も何から何までベッタベタな設定で固めているとは思いますが、それをギャグで流さずに真っ向から受け止めて周囲の手で矯正するというのが何ともこの番組らしい展開であるなと思わされます。マナ爺ちゃんに至ってはガチでキレそうになってたけど、そりゃあんな失敗した挙句食べ物を軽視する発言なんざされたら怒るわな。

 とはいえ、それはそれこれはこれということで巨大オムライスというオチもつけてるわけなんだけど、それを全員で食することで絆を深める描写になってるのもグッジョブ。笑いも取りつつ剣崎しゃんが正体明かす動機付けを強化し、ジコチューが生まれる理由付けにもし、と一石二鳥のネタになってると思う。

 しっかし、次回早くも最終回かあ。こうして思い返してみると、まるで一クールやっていないかのような疾走感があるプリキュアでしたね。


 聖闘士星矢Ω #48

 アモールさんお疲れっしたあ!

 なんやかんやで結構いい感じのキャラになったと思うし、もういっそ一命を取り留めて二期以降も続投しちゃえばいいんじゃないかな。切り捨てられたことでこれ以上光牙達と敵対する理由もなくなっちゃったし。

 しかし、エデンとアプス光牙が戦うって天津飯がセルを足止めするくらい無理ゲーな上、エデンは別に気功砲とか使えるわけじゃないんだけど、どう理屈づけるんだろうね。さすがに何の理論武装もなしというのはないと思いたい。

 で、パラドクスさんまだ寝てるんですかね? 当然のような顔で青銅送り出しに混ざってるフドウさんとハービンジャーさんも何かこう理由付けがほしいんですけど……。

[PR]
by ejison2005 | 2013-03-12 03:19 | ジャンプ感想
週刊少年ジャンプ 13年 14号 感想
 キャワワワはこう……悪くないんだけど、大亜門先生ならもっと面白いのが描けるんじゃないか? と始終思わされる作品になってしまったと思います。
 何が悪かったんだろうなあ。パロディが弱かったからか?


 ワンピース

 ドフラミンゴさんちゃんと国民の皆さんにも慕われていて何よりです。
 重鎮っぽい部下達に対する対応も心からのものであってほしいな~。ルフィにやられそうになったり追い詰められたりしてから「あんなの全部口から出まかせだったんだよ!」みたいにはならないでほしい。徹頭徹尾イイ人のまま、地獄の底まで叩き落とされてほしいんだ。

 そんな彼の切り札的なアイテムはメラメラの実だったわけですが、これでルフィが自分の中で完全昇華しちゃってて「エースのことは大事だけど別にそれいらねえや」とか言い出したらもう爆笑もんだよな。是非、ドフラミンゴさんにはメラメラの実の隣で刀をカシンカシン言わせながらぐにゃあ~空間を形成してもらいたいぜ(預けちゃったけど)。

 もうひとつ目を引くのはバギーが七武海入り(もう出てた情報だっけ?)してたことだけど、「伝説を生きる男」という言い分からしてこれ海軍の皆さんはバギーの実力を察した上で「すげえ……大物海賊と対等なつもりで話しかけてるよ」「あいつマジ伝説を生きてるよな」「もうあいつが七武海でよくね?」みたいなノリで決めちゃったんだろうか。
 どちらにせよ、囚人を大量扇動されて脱獄かまされた挙句七武海入りって毒の人は立場ないどころの話じゃねーな。


 暗殺教室

 oi miss おい ちょっと待て。

 なんで渚ちゃんが男子グループに混ざって野球してるんですかねえ……? (困惑)

 それはさておき、さておき、さておき本編ですが、これWBCあるからやってみたかっただけだろ感があるんだけど、それを上手いこと杉野君のキャラクター性及び前回のクラス全員成長描写に結びつけてきたのはさすがであると思います。

 それにしても、現主将にエースを奪われたということは杉野君って野球部内でも一、二を争う投手だったわけで、普通に現在進行形で部に必要な人材であると思うんですけどね。現主将君が一試合全部投げてかつフル出場できる程の剛の者だと言われればそれまでですが。


 ソーマ

 やられたなあ。これはやられたぜい。

 いやさ、これ最初は読み進めていて「ほう、今回はレイプでなく肉魅さんのキャラを深める方向性でいくのか。これはこれで悪くないな」と思うじゃないですか。若干の物足りなさを覚えつつも。
 そう思っていたらこのわ~~~~~ん(椀)ですよ。もう笑うしかねえじゃねえかwww

 途中経過で分かるようになってるとはいえ、何票入ったかすら描かずにこれだもんなwあらゆる読者のあらゆる予想を綺麗に裏切った上でかつ上回ってきやがったw

 審査過程とラストのオチも予定調和的でありながらしっかりとテンプレを抑えているし、全体に緩急の効いたパンチ力のあるエピソードに仕上がったんじゃないでしょうか。

 わ~~~~~ん(椀)のインパクトが強すぎて薄れちまいそうだけど、料理そのものが美味しそうでかつ、その美味しそうな料理を誌面に再現しきってる画力もポイントだよな。本当に美味しそうだもの。

 しかし、肉魅さんの「ビッチであることを強いられた良家の子女」ってのはすごく萌える属性だよな。先週段階まではクッキングレイプ用の生贄くらいにしか思ってなかったけど、この過去回想と入室前のちょっとした身だしなみ描写でグッとキャラが深まったよ。
 大抵の肉は取り寄せられる食戟的便利設定ですし、今後もちょこちょこと出演して頂きたいものです。


 トリコ

 トミーさんェ……。

 いや、真面目に戦ってるのはよく分かる。すげえよく分かる。相手を舐めてないからこそ、迂闊に接近せず飽和攻撃で削っていこうという考えはものすごくよく分かるってばよ……。

 でもね、あなたのその得意戦法がかつて通用したのは当時トリコが多対一用の有用なスキルを習得していなかったからという、ただそれだけの理由なの。
 いまさら、捕獲レベル80台や100前後の虫を生み出してキャッキャとされてもなあ。サニーはゼブラに次いで多数戦が得意な四天王だし、精神攻撃効果を無視するならカロリーの無駄使いにしかなっていない気がするんだぜ。

・今週のグリンパーチさん

f0029827_15585065.jpg

   ;ヾ、,.、,、.、rツ ッッシ、:':' r':' _,、-'゙_,  や 公 帰 そ
 ,、,、,ミッン、,._        _,、-'゙_,、-'゙.   っ 園. り ん
 、ィッ ,:、 ゙''ゞ=ミ、~.: _,、-'゙_,、-'゙  __,  て の 道 な
 }; ヾ ゙' {!li;:,. _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,::|_|  来  ト に わ
 ゞァ''゙ぐ _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,、-''" .|_   た イ  あ け
 ,ヘ:'_,、-'゙_,、-'゙..::「┴_,エ ┴  ''"_|_|  の. レ る で
  └i'゙-ニ,ニエ,.:|ニ「 _エ ┴  ''"_|_   だ に
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴  __.|_|_
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴ 「fj.||__|__| _|
    |エ | ニエ, |[8] _エ ┴ └‐_|_|__l__,|⊥ |__
    |エ | ニエ, |二 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |┴ _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__|
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__
  -,-=''┷━━|┬ニエ ┬--  .|__|__| _|_|_
   ''ーニ_''ー::、_ ゙┷ 工_二'‐-、,_|_|__l__,|⊥ |__
  二二二`''ーニ`_''ー-、_¨''━、L|__|__| _|_|_
  二二二二二二二`''ーニ_''ー 、_       |⊥ |__

 あ、4月7日は豪華前後篇でドラゴンボール、ワンピース、トリコのコラボスペシャルアニメやるみたいだからこれは要チェックだね。大食い大会ってのはいい着眼点だよな。戦闘力はともかく、確かに食欲という一点に関してなら拮抗してそうな感じはする。
 何よりかにより、公式テレビ放送で新作の悟空さを拝むチャンスだ!


 目を見張るほどの未成年(読み切り)

 これはこう……なんというか、大喜利的なエッセンスを追求したギャグ漫画であると思います。前にも読み切り載っててその時のキャラが続投してるけど、よりネタが洗練されていると感じる。

 うん、ショート形式のギャグ漫画という体裁でもまだまだ新しい方向性の面白さがあるのだなあと思わせてくれた。満足度の高い読み切りであった。連載を希望したい。


 ハイキュー

 ありゃ、ブラフかと思ったらガチで「来い」と「くれ」だったのかな。まあまだブラフの線も残っちゃいるか。

 で、本編の方は心理戦大好き及川さんの真骨頂というところですね。身長で上回る三人でわざとらしく声出して影山君の焦りを誘ったり(あれってそういう意図だよね?)、田中先輩がムードメーカーであると見抜くや否や速攻で標的にしてきたりと、本当メンタルアタックに余念がないぜ。
 穴になってるポジションを狙うというのは他のスポーツ漫画でも度々見られるシチュエーションですが、バレーの場合は狙われることがそのまま失点や得点に繋がっていくから展開にダイナミック感を出せるのが旨味なのかなーと思います。例えばサッカーとかだと、まずドリブルなりパスなりで抜かれて~という具合にプロセスを経なければならないからね。

 他には、セッターが始動する場所を狙うといったバレーの技術的なところを描いた場面がいつもながらトリビア的な面白さでした。


 斉木楠雄

 ありゃ、全能力じゃなくてビルギットじゃなかったテレパシーだけをピンポイントで消すアイテムなのか。そりゃ、斉木君の境遇じゃ一も二もなく飛びつくでしょうよ。

 ……と浅はかに僕は考えてしまうわけだけど、そこはきっちり抑えた上で更に昇華してくる素晴らしいお仕事。なるほど、斉木君視点じゃ人類燃堂君化なのか。そりゃ確かに嫌だなwww

 というか、改めて斉木君がテレパシー能力に依存しまくってるのが浮き彫りとなった回でもあるよな。この漫画にとっちゃキャラクター表現の根底といってもよい部分でありますし、貴重なエピソードだ。


 銀魂

 貴重な近藤さんのツッコミエピソード……! 佐々木さんはどんどん角が取れていいキャラになってくなあ(黒幕ポジだけど)。

 あと、今週のアニメ銀魂はビーム編やるみたいだから見たい人はチェックだ。


 スーパーヒーロータイム


 ウィザード #25

 メデューサ様の趣味一人ボーリングwwwこれは恥ずかしいwwwww
 そんなもん敵サイドにバラされたらおめえ、そりゃブチ切れ金剛になって目から衝撃波とか放つわ。誰だってそうする。俺だってそうする。

 本編の方は、うんまあ予定調和にイイ話だな~というところ。残念ながら期待していたマヨネーズオチはなかった。マヨさんがちゃんと精神的に前進してるしきっちりまとめあげてるわけなんだけど、せっかくルーツと呼べる人物が来たのだから悪食について言及がほしかったんだぜ。

 殺陣の方は、何かスケジュール的なアレでもあるのかキョウリュウジャーもろとも火薬大奮発という感じでしたね。東映スタッフは隙あらばすぐ爆発させたがるから困る。いいぞもっとやれ。

 火薬抜きにしてもキン肉バスターやもうそれだけでいいんじゃね? という正統派ライダーキックも格好良かったです。


 キョウリュウジャー #03

 今週のゲストがブラックで来週もブラックってやたらブラックづいてるな。そして当然のように飯食ってるSPDである。ノッさんのアイデンティティだし、準レギュくらいではあるのか。

 それはさておき、こっちでも肉親との和解と衝突エピソード。ウィザードとの違いは、その過程に主役であるキングが積極的に絡んでいるかどうかという点でしょうか。そうして考えてみると、ウィザード側も悪くはないんだけどビースト側のドラマがそっちサイドだけでほぼ完結しちゃって晴人がお助け役にしかなっていないという問題点はあるな。
 まあ、こちらは人間関係形成回であちらは形成済みという違いもあるのですが。

 それとこういった展開、何かを思い出すな~と思ったら職業ドラマ的なんだと思います。問題点を抱えたある組織に主人公が配属されてきて、持ち前の何がしかでそれを解消しより良き人間関係を形成していくという例のアレ。お話の流れ的にも、ひとつのボランティア的活動としてやっていたキョウリュウジャー稼業からヒーローとしてのキョウリュウジャーへ各人が移行していくというものですし。

 小ネタであるキングの料理上手さは、完璧超人としての演出以上に住所不定無職だと秘密基地への出入りすらおぼつかなくなるからという話の都合だと思うw

 殺陣に関してですが、先週からすごさを発揮しているアミィさんに加えてソウジもものすげえ動くなという感じ。まさかの怪人戦でもほぼ生身という特別演出からもそのすごさはうかがえる。
 よくよく思い出すとキングも一話冒頭でガンアクション披露しているし、動ける人が集まるのは例年のことだけど今年はレベルがワンランク違うという印象を受けますね。見ててスーツアクターさんのそれと大差ないレベルとすら思えるもの。

 変身後の動きも先週言及したワイヤーアクションや、何より火薬特盛りなのが嬉しい。やっぱ迫力違うよな。

 トリンがわざわざ顔出してまで気にしてたドゴルドさんに関しちゃ、怒(ド)をとるとゴルド(ゴールド)=キョウリュウゴールドという説がそれっぽいな~と思いました。


 ドキドキ!プリキュア #05

 や、アイドル活動に一生懸命なのは結構なのですが、どうも世界を滅ぼされたらしい物語冒頭部から何がどうなって路上活動なんぞへ走ったのか大変興味があるんだぜ。まだ正体すら明かされていないわけだし、今後語るのでしょうけど。

 そもそも、剣崎しゃん的には仲間が増える分には大歓迎すべき状況のはずなんですよね。実際問題、明らかに手と時間が足りておらずマナちゃん達がいなかったらジコチュー何匹か世に放たれてたわけですし。
 もう戦うのを諦めてるとか、マモレナカッタから新たな仲間が出来るのを恐れてるとか、実は他に先輩プリキュアがいてナゼミテイルンディスカとなったとか、そんな感じですかね。

 しかし、先週に引き続きだけど財閥の力こえーなwDNA鑑定やら何やらでガッチガチに物的証拠を固めて正体に迫るヒロインて……。

 あ、推しメンは六花ちゃんで。おろおろ可愛い。


 聖闘士星矢Ω #47

 まさかの処刑用BGMキャンセル。アモールさんマジで粘るなあ。なんか逆に好感持ててきちゃったぜ。

 語られた幼少時代に関してはフェイクと本人が言ってたんだけど、なんとなく本当くさいね。他の連中もやってた黄金志願理由をキャラクター性に合わせて語ってみました的な。

 メディアさんもエデンのためというのは本当っぽいし、何より第二シーズンあるし、単純な悪役としては終わらなそうな感じになってきたぜ。まあ、第一シーズン終わったら視聴は続けるけどこの感想枠リンクジョーカーに移すつもりだけど。

[PR]
by ejison2005 | 2013-03-04 16:11 | ジャンプ感想
週刊少年ジャンプ 13年 13号 感想
 シャークさんはどこを目指しているのだろう……? てか、あのバリアン生きてたんですねw


 ワンピース

 ドフラミンゴさん頑張って格好つけて帰ったけど、氷破る時ハァハァ言ってるしこれ絶対内心ではブルッてるよね。「出会いたくない奴と出会っちゃったけど、最近良い評判聞かないしワンチャン見逃しあるかも……ってうわー駄目だー」とかなんとか、絶対内心思ってるよね。可愛いなあ。

 そんな彼が何気に治めていたらしいドレスローザは混乱が広がってるわけだけど、これ二種類の選択肢があるんだよね。「ドフラミンゴさんが普通に良君だったから混乱してる」場合と「ドフラミンゴさんが独裁者だからアラブの春化してる」場合の2パターン。

 個人的には、やはり前者を望みたいかな。ここまで「悪党だけど身内想い」としてキャラ立てしてきたわけだし、徹底してもらいたい。何よりかにより、それだけ大事にしてたものを投げ打たねばならなくなったという方がかわいそうさが増して萌えるし。


 暗殺教室

 先週、ワールドトリガーの感想において「物語の秘密」の扱い方を考えましたが、そこでいくと今週の暗殺教室は理想的といって良い扱い方をしていたと思います。

 まず、読者に想像がついてしまう点はあっさりバラしてのけた。まあ、あっさりといっても半年以上引っ張ってはいるわけですがとにかくあっさりバラした。その上で、「殺せんせーの出自と目的」という核心に関わる部分では煙に巻いた。
 謎をひとつ明かすことで確実に物語が前進している実感を読者に与えたうえで、かつ「まだまだ謎は残っている」というドキワク感は誇示して見せたわけですね。
 ついでに述べると、その上で生徒達の精神的成長という物語の必須事項も消化し、シロさんという底の知れない敵役も出して物語に厚みを持たせてるわけですがキリがないので割愛。以下ワールドトリガーの感想に続く。


 斉木楠雄

 これ、強制クーリングオフしてやった業者では突如として謎の怪奇現象に襲われてるわけだけど、斉木君的にはOKなのだろうか。個人特定はできないけどさ。そしてそういった謎の現象に遭遇してもなお平然と業務を遂行する悪徳セールスマン、只者ではない。

 まあそういった疑問も挟みつつ基本的にはヘラヘラ読んでたわけですけど、最後の最後でいきなり話を動かしてきたな~。「もし無能力者になったらどうするか~」というのはこの漫画の場合、なんなら最終回に用いることもできる大技だぜ。

 斉木君の場合、別に平素から非凡であることを嘆いているわけではなくむしろ前向きに順応しているわけだけど、どのように転がすつもりなのだろうか。作品コンセプト的に能力容認の方向へ舵を取るんだろうけど、斉木君の対処次第で今後のエピソードでも受け取り方が変わってきそうだよね。


 黒子

 あまりの心滴拳聴っぷりに、こいつらならカーズ様と一緒に崖落ち出来そうだなーと思った(ジョジョ並感)。


 トリコ

 グリンパーチさんお前もかよwwwww

 いやはや、スター様もそうなんですけどこの人達は何余裕ぶって喰らってる割にがっつりダメージ受けてるんですかね。マゾなの? マゾなの?
 いやまあ、グリンパーチさんはBBコーンの時も吐いてまた食ってなんて気色悪いことをやってたんでキャラクター性にはマッチしてるんでしょうけど、それにしてもダメージ受けすぎだと思うんだぜ。「ぐふっ」とか言ってるしすでにポリシーの域超えてんじゃねーかw
 いやあ、この二人を見るとトミーさんはすげえマジメに戦ってたんだなあと思いますね。ちゃんとバトル後に反省してパワーアップもしてきてるし、トミーさんマジ優等生。

 料理人ズの絶望描写に関しては素晴らしいものがあったと思います。こちらの予想を一ミリも裏切らないユダさんの噛ませ描写に始まり、ライブベアラーさんの体を張った一発芸でニトロの恐怖はバッチリ。そして美食會はなんでこんな制御効かないもんを送り込んじゃったんだろうね。雑魚戦闘員かと思いきや結構な重役だったお二人だけで十分だったのでは……。


 ワールドトリガー

 というわけで、暗殺教室から続いての感想となるわけだけど、この漫画はまず設定・キャラ配置の面で問題があるんだよなあ。

 暗殺教室の場合は、殺せんせーという絶対的存在が常にエピソードの中心にいて、だからこそ彼にまつわる謎が話をけん引しているわけですが、この漫画にはまずそれがない。物語としての目的が不在と言い換えてもよい。
 要するに、暗殺教室の場合は殺せんせーの抹殺が物語の至上目的として掲げられていて、だからこそ彼が謎を持つことや彼の謎を明かされることに意味と意義が生まれるけど、この漫画はそういったお話としての目標が明かされていないから、白毛君の謎を解き明かすことに何の旨味もなくなっていると。

 白毛君は何でもかんでも話す割に、何でこっちの世界に来たのかという一番重大なことは伏せているわけで、ひょっとして葦原先生的にはそこを起点に話を進行させていく腹積もりなのかもしれないけど、僕はそれ悪手だと思うなあ。

 別に謎を重要視した作風でなくても、ワンピなら海賊王、ナルトなら火影という具合に主人公の目的というのは作品に色をつける非常に重大な要素です。この漫画の場合、それを伏せちゃってるわけだから無色の状態になってしまっている。読んでて悪い意味で淡白な印象を覚えるのも、その辺が原因のひとつでしょう。

 僕としてはむしろ、人類との融和なり偵察活動なり向こうから追いやられたなりと白毛君の目的とか境遇を明かすのが先決だと思うなあ。それでこそ、彼は物語の中心にこれる……暗殺教室で言うところの殺せんせーポジションに収まれるわけですし。

 また、これが一番重大な問題なんだけど、今のところこの漫画は誰も精神的成長を果たしていない。白毛君は言うに及ばずでメガネ君は出会った状況に場当たり的対処をしているだけであり、挙句の果てにはDQNの皆さんまで何故か記憶消去されているという徹底ぶり。連載開始からはや三週間、誰も何も変化していない。これじゃあキャラを好きになることはできないよ。


 GLASS FEET(読み切り)

 うん、まず僕キリスト教徒でも何でもないのでモチーフにこれといって興味を持てなかったです。名前と神話だけ拝借してるだけで、別にキリスト教の魅力的なものを伝えてくれる作品にもなってないし。

 で、この作品何やりたかったんでしょうね。一応、読者目線にあるのは色黒刑事さんなわけだけど、「神は何もしてくれないし自分じゃ対処不能な存在が現れたけどたまたま出会った頭のおかしい奴が対処可能だからそいつに頼っていくことにしよう」と彼が思うようになる様を描きたかったのでしょうか。

 要するに、本当に誰も何も頼るものがなくなった時しか本気出さないけど、頼れるものが表れるとすぐそれになびく主人公を描きたかったのかな? 僕は頼るものがあっても頑張れる人の方が好きです。一条さんは決して五代さんだけに頼らなかったよ。


 恋するエジソン

 イケレーザーやイケメテオで不覚にも笑わされてしまった。くそw


 ソーマ

 実況の子かわいい。

 肉魅さんはアレですね。露骨にクリムゾンの予感ですね。


 ハイキュー

 これあれですね。前々からゲームへ参加する積極的な意思も見せているし、ラストで意味深にカットも入ってるしで実は菅原さんがサイン出してるというフラグですね。以前、使い分けに関して話してる時菅原さんもいたし。

 しかし、及川さんは徹底的に心理戦を狙っていくタイプなんだなあ。金田一君への励ましもそうだし、西谷先輩をあえて狙ったのもそうだし。格ゲーでいくとセオリーより択攻撃を重視するタイプ。起き攻めとかすごい好きそう。


 銀魂

 ゴリラを擁護すると神楽ちゃんはミニスカだったりチャイナ服タイプだったりしてるよ! よ!

 しかし、髪おろした神楽ちゃんかわいいな。なんか悔しいぜ。


 スケットダンス

 ちょっとツッコミがくどすぎたけど、この手のコラボ企画としては望外の面白さだったと思います。


 キルコさん

f0029827_60931.jpg


 スーパーヒーロータイム


 ウィザード #24

 出たー! 特撮の定番「上京してくる近親者」エピソードだー!

 そんなわけで、出てきて大して間が無いのに割を食いまくってる印象があるビーストさん回。確かに、一人の人物について語る上で近親者を出してくるのは一番分かりやすい方法であるかもしれない。何より饒舌な履歴書であるし。

 しかし、このお婆ちゃん覚悟決まりすぎてどう足掻いても希望状態なんですけど、こっからファントムは何をどうすれば絶望させられるんですかね。むしろこのまま瞬平を痛ぶり続けた方が絶望してくれそうな気はする。
 その瞬平とついでに凛子ちゃんは、一時期のいらない子っぷりが嘘みたいに物語へ貢献してくれていていい感じですね。瞬平はゲートのケアを担当すればよかったのか。やりすぎると今度はコヨミちゃん達の出番が削られちゃうけど。

 殺陣に関しては魔法少女時がまあ色々とブレイブすぎたけど、地味にバスの中での戦闘が面白かったです。滅多にやれないシチュエーションだからか、吊り革利用しての曲芸やら走行中のドアを利用しての攻防やら、思う存分「今だからこそ」のアクションをやってくれているのが嬉しい。これはスーアクさん達も楽しかっただろうなー。

 あと、指輪交換も面白かったですね。「古代の魔法使い」という言葉だけで説明された部分が実感できる演出でした。ゲーム機みたいと思ったけど最近のゲーム機は互換性がげふんげふん。

 ところで、みんな気になったと思うのだけどマヨネーズ悪食はどこで身につけた習慣なのでしょうか。下手すっとこれ、お婆ちゃんも悪食でしたと話のオチに使われそうな気もする。


 キョウリュウジャー #02

 こっちもこっちで別に上京はしてないけど肉親エピソード。アミィさんに関してはノブハルさんに引っ張られるような形となってしまったけど、彼女にスポットを当てた場合次々番組とダダ被りな内容になってしまいそうだからこれは正解だと思う。つーか、また綺麗に被りきったよなw

 しかし、「ヒーローはとりあえず正体を隠すもの」という定石が最近はあまり意識されない感じ(世間との関わりが薄い侍だったり天使だったり宇宙人だったり職業だったり)だから、なんというか一周回って新鮮な感じを覚えますね。こっちもそのうち監視カメラで正体バレしたりするのだろうか。

 ドラマそのものは、先週に引き続いて非の打ちどころのないパーフェクトな代物であったと思います。ロボットの合体を「三人の絆の証」としている(精神的に成長している)のもそうですし、ヒーローの心構えってやつを見事に描ききってくれたのも個人的に嬉しい。三条節が冴えわたってるぜ!

 アクションと殺陣に関しては、さっそくダンス変身を殺陣に盛り込んできてくれたなーと思う。何やらものすごい動きをしていたアミィさんもそうだけど、演者にきちんとアクションできる人を起用したからこそって感じですね。てか、アミィさんの動きマジで半端なかったんですけどアレ本人なの??

 変身後のアクションに関しては、ガンアクションだけでなく軽快なワイヤーアクションも持ち味になっていくのかな。AC北斗の拳を彷彿とさせる壁ハメには笑うと同時に感心もしたぜ。

 あと、ロボットの合体があまりCGを使っていないにも関わらず安っぽさを感じない極めてなめらかな仕上がりになってたのも嬉しいですね。電池のやり取りはちょっとくどかったけど。

 敵組織の皆さんも実にいいキャラしてるよな。さっそくやられそうになってる雑魚怪人を助けに来てくれたりと、いきなり好感度高い。今後も適度に仲間意識を持ちながら頑張ってほしいところです。元々は同じ存在だったということで、「そんなのやだよー」と言いだす子が出ない限りは仲良しでいてくれそう。


 ドキドキ!プリキュア #04

 プリキュアになりたくないなんて、どんな現代っ子的理由なんだろうと思いきやまさかの孫悟飯オチだったでござるの巻。こええ……こええよ……。

 でまあ、剣崎しゃんも当然そうだろうしいよいよもって全員ハイスペック路線であることが確定しましたね。ここまで揃いも揃って隙がないというのもすげえ話だなあ。元々三人は知り合いであったわけだし、すごい人のところには当然すごい人が集まるということか。

 そしてありすちゃんに引っ張られる形で執事さんが第五のプリキュア状態なんですがそれは……。気のせいでなく妖精よりよっぽどキャラが立ってて頼りになっちゃってるんだぜw

 あ、推しメンに関しちゃ来週まで保留で。今のところは六花ちゃんがお気に入り。


 聖闘士星矢Ω #46

 第二シーズンもあるんですってよ奥様。

 先週時点では小者っぽいとかどうでもいいとか思えたマルスさんの動機ですが、なるほどエデンとの因縁付けという意味では正解かもしれない。ちゃんと格上としての株を保ったまま倒される理由付け(動揺して敗北)にも繋がりましたし。

 しかし、魚座思いのほか頑張るなあ。もうそろそろ楽になってもいいのよ?

[PR]
by ejison2005 | 2013-02-26 18:11 | ジャンプ感想
週刊少年ジャンプ 13年 12号 感想
 アシュレイ(SP)が光り方もあって「絶対許早苗!」にしか見えないのは僕だけだろうか……。


 ハイキュー

 おお、先週のはすごさがあんまり伝わってこなかったけど、今週のツーアタック→スパイクモーションからのセットは分かりやすくすごさが描写されていたと思います。格ゲーなんかもそうだけど、二択に持ちこめるってのはそれだけで強みになるもんな。

 対する影山君のツーアタックも彼が及川さんに負けない才覚の持ち主であること、択攻撃というのなら烏野の方が選択肢に幅が広いということ、何より今後の試合展開に対する期待感を煽る意味でナイスな描写であったかと。

 一方、試合前の描写に関しては応援を通じて青葉城西の分かりやすい強豪描写と烏野の対抗声出し、軽薄な印象の強かった及川さんを主将としてキャラ立てするチームメイトへの声かけなど、そつのない手堅い描写であったと思います。

 一点、浮いているのは山口くんのジャンプフローターサーブに関する経過報告ですが、これは試合が煮詰まってきたところで山口君を活躍させるフラグとなるのでしょうか。まぐれでも何でも、とりあえず一発成功させれば相手は警戒するもんな。
 まあ、ただの経過報告だったとしても今後には繋がっていくわけですし、これもまた無駄のない一手であったと思います。


 トリコ

 美食會の一般構成員達は怪物と合成されちゃってるのか。彼ら的にはこれ、どういう心持ちなのだろう。強くなれるといっても、この世界じゃ一定以上の強者からすればゴミ扱いだしなあ。そして、美食會の方針的にそういった相手への捨て駒とされる可能性は非常に高いというか今まさにそういう状況だという。彼らは一体、なんのために生まれてなにをして生きる存在なのか。まあ、モヒカンザコの人生について考えるくらいしょうもない思索ではあるのだけど。

 で、そんな彼らの人生に唯一踏み台としての存在価値を与えつつのババアVSババアという構図は、超強いババアを描写することに定評のあるしまぶーらしいドキドキ感であると思います。
 心情的にもランキング的にも節バアに軍配が上がってほしいところではありますが、千代の方も何らかのドーピングを受けてるのは確実だし勝機も無しに挑んだりはしないだろうしなあ。
 なんやかんやで千代優勢な形となりつつ、今回はちゃんと場に居合わせてる千流さんが何らかの働きかけをするんですかね。というか、そうしないと弟子設定が死んじゃうし多分そうだと思う。

 最後のニトロ投入はこれまでどうにかなる気配の薄かった美食會側へ一気に傾いてくるし、これからのグルメ界入りに対する布石ともなるだろうし上手い展開であると思います。拘束具(みたいなの)をつけてるから単純に友好関係にあるというわけでもないんだろうけど、三虎さんがボコッたのかな。

 更に、今週は第三勢力の秘密会議とそれへの対抗策として用意されていた栗坊登場と、そっち方面でも動きがあり、重厚さを加える役割が果たされていたと思います。今のところ撒かれてる情報だけだとどうにでも動かせる存在だから、展開を全く読めなくしてるよね。単純に意外性を生み出すだけなら最後の最後で美味しいとこ全部持ってくのが筋だけど、会長に予見させて手を打たせてるからそういうわけにもいかないし。


 暗殺教室

 おおう、特に耐性付けてるとかそういうこともなく、ライトは普通に効きっぱなしなのか。これは今回だけならいいんだけど、今後やりづらくなりそうな形ではあるなあ。それが判明した以上、烏間さんとかが要求しない理由はないし。何らかの機密があるとしても、渡してあげない理由もない。んなこと言ってたら、BB弾とナイフの時点で機密に触れたようなもんですし。

 しっかし、イトナ君はこれだけお膳立てしてもらっといて「俺の方が強い」とか言っちゃう痛い子(元からではあるか)になっちゃってるんだけど、その点はちゃんとつっこまれたりするのだろうか。後出しジャンケンの連続で驚きと同時にストレスも読者に与えちゃう展開になってるから、きっちり追及してギャフンと言わせてほしくはある。


 ワールドトリガー

 うーん。さっぱり興味が持てない。

 一応、謎の少年の謎っぷりを強調していく形にはなっているのですが、それに対しちゃ本人がベラベラとアンサー出しちゃってるもんなあ。そうなってくると、「ああそうなんですか」としか僕としちゃ言うことはない。本人のキャラクター的にも、言葉通りで特に含みもないんだろうし。

 うん、本当に何もかもベラベラ話しすぎなんだよな。ネイバー側にもハト派タカ派がいることまで全部話しちゃってるんだもの。そうなってしまうと、後はもう読者が気にしなきゃいけなくなるようなことがなくなってしまう。
 結果として、引きとして残せるような駒はメガネ君の今後くらいしか無くなってしまったわけなんだけども、別にそれもあんまり興味がわかないという。ボーダーの一員であるからには、上層部が白毛暗殺にでも動かない限りそう悪いことにはならないだろうと予想が効くし。

 なんというか、「物語の秘密」について話さない理由がないのに話さないというのもどうかと思いますが、かといってあんまりなんもかんもぶっちゃけちゃうというのも考えものであると、そう思わされる漫画であると思います。今のところ。


 ソーマ

 ステーキが「飲める」というのは秀逸な表現だなあ。なるほど、そりゃ確かに美味そうだと思わされる。この表現を生み出すために一体いくら取材費を使ったのかは知りませんが、これは集英社も出した甲斐があったんじゃないでしょうか。なるほど、執拗に牛肉を推す展開にしたのってそういう……。

 冗談はさておき、料理漫画なら一度は通る道「安い肉をいかにして柔らかくするか」というお話ですね。いや、料理漫画ならというか味っ子におけるステーキ勝負の印象が強すぎるのだと思いますが。もうずいぶんと昔の漫画でありアニメであるというのに、あれはなんか記憶に残ってるんだよな。多分、小西さんのインパクトが強すぎただけだと思うけど……w ちなみに、小西さん「Ⅱ」では包丁で引ったくりのバイクを破壊したりしてました。お前は何を目指してるんだ。

 話を戻しますが、「安い肉をいかにして柔らかくするか(美味くするか)」という点に終始しながら未完成形の料理を出し、「完成形はもっとすごいんですよ」と引きを残して終わらせるこれもまた料理漫画のテンプレート的な構成ではあったと思います。

 その中で語られた「食戟に使う食材は全て自前」という要素から考えるに、今までもそうだったわけだけどこの漫画はいよいよ「工夫」とか「アイデア」とかそういうのを推し出すタイプの料理漫画としてやっていくみたいですね。まあ、ジャンプ誌上で山岡さんみたく最高の食材捜して右往左往されたりしても困るか。

 まあ、それより何より田所ちゃんのパンチラが素晴らしかったです。単にパンツを見せているだけではない、確実にエクスタシーを感じてる状態でチラ見せしてるのが素晴らしいんだ。

 しかし、たったあんだけ試作しただけで部費が尽きるってこれもう放っといても勝手に潰れただろうし、今回救ったとしてもやっぱり潰れるのでは……。
 調教完了した肉魅さんが肉だけは無限供給してくれそうだけど、それもう乗っ取られてるのと変わらない気がするんだぜw


 こっくり屋ぁい(読み切り)

 うん、別にこっくりさんモチーフでなくても悪魔召喚でもなんでも良さそうな話作りだし、決めシーンがゆるキャラ頭に乗っけてパンチするだけというバトル漫画として致命的に地味な代物であるし、ものすごく平凡な読み切り漫画であったと思う。


 ナルト

 前回に引き続いて初代ageが止まらないぜ……!

 お話としては全然進行してないのですが、初代がひたすら強そうカッコイイということで話が進んでいた時よりも俄然興味を持てる状態になってるあたり、やはりキャラクターというのは大事なんですなあ。

 反面、二代目様はどうにも割を食いまくってる感じですが。この人もすごいはずなんだけど、裏目に出る天才状態になってるなw


 銀魂

 銀さんのお説教がかつてないほどの説得力を持っていたと思います。

 確かに、あんたと長谷川さんは(浮気エピソードで)もうこれ以上ないというところまで二人一緒に落ちたというか堕ちきったよな。

 でまあ、今回もギャグとシリアスの配分が絶妙ですごくイイ感じだったわけですけど、ラストで車椅子になったダメージの大半は格好良く去って行ったそこの長髪が与えたものなんじゃw


 キルコさん

 思いのほかガッツリとシリアスやってくれたでござる。

 とはいえ、キルコさんの生い立ちをシュールに語りつつそれに対する決着もつけているし、決して悪くはない出来だと思う。こういうのもちゃんとやれるんだと。

 でも、この漫画に関しちゃやっぱり軽い話でゆるくやってくれた方が好きかな。


 スーパーヒーロータイム


 ウィザード #23

 カーズ様状態w

 どうやって送りつけたんだとなるとやはりコネクトを使ったのでしょうが、普段からやれると便利すぎる(大抵の敵は確殺)ので、あれはやはりオールドラゴンの魔力だからこそ可能だったと思いたいですね。

 晴人の悩みとその解決に関しては、何せ根本的なところにあるのが凛子ちゃんの独断先行なのでう~んといったところ。自分から危険に突っ込まれたら守るも守らないもないわけですし。そこも含めて「魔法使いに守られるばかりじゃない」という決意の表れなんでしょうが。

 あとできれば、オールドラゴンはそこら辺の葛藤を乗り越えた精神的成長の結実として使用可能になった、という流れが欲しかったですね。これだけだと、「別に使おうと思えば使えたけど瞬平が壊しちゃったから前回はできなかったぜ!」みたいな解釈も可能ですし。

 逆に今回すごくよかったところとしては、マヨネーズが非常に格好良かった。前に僕も考えてた「ビーストが食ったら倒せるんじゃね?」もきちんと明言していたし。いやもう、彼をマヨネーズだなんて呼べないな。これからはマヨさんと呼ぼう。

 予告を見る限り、来週にはマヨちゃんと呼ばねばならぬかもしれないけど。


 キョウリュウジャー #01

 あまりにあっさりやっているのですごく簡単そうに思えるけど、見れば見るほど隙の無い素晴らしい第一話であったと思います。

 基本的にキングとトリンとガブティラのキャラ立てを第一としながらも、敵組織含む他メンバーのキャラ立てもさわり程度にそつなくこなしているし、その上で獣電池という販促的に重要な要素をストーリーの中心に持ってきている。
 何より素晴らしいのが、いざ獣電池を使用するまでの流れにしっかりと「ガブティラとの物別れと和解」が組み込まれていて、相棒誕生の証として使用している点。これがちょっと今週のウィザードに足りてなかった点でもあるわけです。

 アクションとしては、恐竜系ということでやはり肉弾戦で特徴付けていくのかと思いきや、意外や意外、変身アイテムでもある拳銃を用いてのアクションが非常に格好良くて、これが売りとなっていくんじゃないかなと思わされた。
 何よりかにより、SEがいいんだよね。TACとかZATの隊員が持ってるあれに近い感じがある。実弾の重み(いやビームだけど)を感じるというか。

 でもまあ、最大の見所はきっとナレーションw おかげでロボットもメガトロンにしか見えんぞw


 ドキドキ!プリキュア #03

 うん、立花ちゃんの謎イケメンに対する警戒と不信は極めてもっともな代物だw マナちゃんならキャラクター的にも二つ返事だけど、そりゃ立花ちゃんならそうなるよな。こういった不審者っぷりをギャグ化して流したりせず真っ当にツッコミ入れるあたり、やはり本作は落ち着いた作風であると思わされるね。

 で、実質的に今回は前回との前後編みたいなものでしたね。変身決意した直接的な理由はマナちゃんの窮地を救うためですが、根源としてあるのは前回に触れられた「マナちゃんに必要とされたい」という部分ですし(そして今回「必要とされた」)。

 この辺、ドキプリは四人制であるわけだけとP交代初作品ということもあって、やはり原点である「ふたりは」という要素を強く意識して作劇しているのかもしれませんね。シリーズ十作目の節目でもありますし。

 そんな風に感心していたところでこの次回予告である。変身するのかしないのかどっちだよw


 聖闘士星矢Ω #45

 ついにマルスさんの動機が語られたぞ!

     _人人人人人人人人人人人人人人人_
     >      わりとどうでもいい       <
      ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

               ヘ(^o^)ヘ 
                  |∧   
                 /

 それよりなにより、この人フドウさんとミケーネさんとはどこで知り合ったんだろう……。

[PR]
by ejison2005 | 2013-02-18 22:48 | ジャンプ感想