カテゴリ:映画( 14 )
バットマンビギンズ レビュー
バットマン。
アメリカコミック不滅の人気ヒーローであり、ヒーロー達が一致団結して悪に立ち向かうアニメジャスティスリーグでは超能力を持たない生身の人間であるハンデを金の力で見事に乗り越え、世の中やっぱりお金だという現実を僕達に教えてくれた偉大なコスプレイヤーです。
今日は彼の誕生秘話を明らかにする映画シリーズ最新作、

f0029827_19345100.jpg

バットマンビギンズのレビューをお送りしましょう。
レビューといっても、この映画は特にケチをつける所はありません。悪役の行動がやや回りくどい気はしますが、この手の映画にそんな詮索は無粋というもの。迫力のある肉弾戦や、大興奮のカーチェイスを是非お楽しみになってください。
ただ1点だけ、どうしてもツッコミを入れなければ気がすまない所があります。
それは、主人公がヒマラヤの謎めいた組織の元で修行をつむシーンです。
どのくらい謎かというと、

f0029827_1944943.jpg

f0029827_1945778.jpg

このくらい謎です。
誰もが思うでしょう。なぜ忍者?と・・・・・・。
ヒマラヤということは、チベットの近辺になります。僕は高校時代、インドのチベット難民自治区からの留学生と2年半ほど侵食を共にしていた経験があるのですが、彼らが忍者として修行していた形跡はありません。もしかして、忍ばれていたから分からなかったのでしょうか?謎は深まるばかりです。
ちなみにこの忍者集団を束ねるのが、

f0029827_1953638.jpg

このなんちゃってダライ・ラマ法王です。まぁ、この呼び方は本物に失礼な気がしますが。
ともあれ、人生の道を迷っていた主人公は彼らの導きと厳しい修行によって己の道を見出します。
しかし、それは彼らと対立する道でした。主人公と忍者軍団は激しい戦闘を繰り広げます。

f0029827_1961316.jpg

f0029827_1962312.jpg

f0029827_1963060.jpg

f0029827_1964060.jpg

f0029827_1964770.jpg

結果、頭領を始めほぼ皆殺し状態。いくらなんでも、やりすぎな気が。
後半バットマンは敵から、
「お前は人を殺せない意気地なしだ」
みたいな事を言われますが、かなり情け容赦ないと思います。
そんなこんなでバットマンのジェノサイドぶりが素晴らしい、バットマンビギンズ。皆さんも是非お楽しみください。

[PR]
by ejison2005 | 2005-12-30 19:08 | 映画
ネバーランディングストーリー レビュー
皆さんは、ネバーエンディングストーリーをご存知でしょうか?
主人公であるバスチアンが、とある本屋で見つけた「ネバーエンディングストーリー」という本を読んでいるうちにいつの間にか本の世界へ入ってしまうという、超有名なロー・ファンタジー映画です。
それとは関係ありませんが、皆さんはマイケル・ジャクソンをご存知でしょうか?
いまさらプロフィールを紹介するのもはばかられる、超超超有名なミュージシャンであり、世界一有名な性倒錯者という説もある人物です。
そんな彼の元邸宅ネバーランドで実際のロケを観光した、究極のネタ映画が今回ご紹介するネバーランディングストーリーです。

さて、今作のジャンルは不条理コメディ。かの名作映画裸の銃(ガン)を持つ男と同じジャンルだと思っていただければ間違いないです。
とはいっても、相当上手く作られていた「裸の銃を持つ男」と違って今作のギャグは全然面白くないです。
が、この映画はこれでいいのです。だって、それがクソ映画というものですから。
そういった点もひっくるめてニヤニヤ楽しむのが、正しい駄目映画鑑賞法なのです。
一応あらすじを説明しますと美女満載の飛行機が墜落、乗客は全員無傷で無人島(ロケ地はネバーランド)に漂着するのだった。という、キャスト・アウェイ的ストーリー。
じゃあ、美女軍団がそこからギャグを入れつつ無人島を脱出しようとするんだね。と、普通なら思うでしょう。
しかし忘れてはいけません、これはクソ映画なのです。そんな普通の展開など許されません。
島を探索すれば、

f0029827_18535595.jpg

人間大の卵がアッサリ見つかり、

f0029827_18542176.jpg

ジュラシック・ポークなる巨大な怪生物まで出現します。ちなみに肉食で、美女が1人食われました。

それだけでは止まらずなぜかこの島には、

f0029827_1854578.jpg

ノアの方舟まで存在、しかもノアは猿の惑星に出てくる猿人そっくりの連中にクーデターを起こされて捕まってしまいます。
なんかもう、ここまで来るとスタッフも分かった上でやっているのかもしれません。
そしてついにこの時が来ました。
そう、我らがマイケル・ジャクソン演じるエージェントMJの登場です。
主人公が漂着してきたR2-D2そっくりのロボットをいじると、ホログラムが出現。

f0029827_18555155.jpg

そのご尊顔が拝めました。
本当に短い時間の出演ですが、これだけでご飯3杯はいける神々しさです。
そのマイケルいわくノアの方舟を破壊しないと世界が滅ぶそうで、破壊すると主人公達も脱出できないが諦めて壊してくれだそうです。
紆余曲折の末に納得した主人公達は、

f0029827_18562122.jpg

f0029827_18563288.jpg

船底を塞いでいた、お風呂の栓みたいなのをジュラシック・ポークにくっつけます。それによって栓は引き抜けて方舟は沈みました。
結果、主人公達は帰れなくなったのか?そんなことはありません。

f0029827_1857098.jpg

何の脈絡もなしにUFOが救援に駆けつけ、美女軍団は無事救われました。
主人公はあえて脱出せずに相思相愛となった美女と島で暮らす道を選ぶのでした。めでたしめでたし。

いやぁ、想像以上のダメダメぶりです。ですが、駄目映画を愛して止まない一部の好事家にとっては最高の作品ですので、そういうのが好きな人は見てみると良いでしょう。

[PR]
by ejison2005 | 2005-12-30 18:58 | 映画
コンスタンティン レビュー
今日はマトリックスでおなじみのキアヌ・リーブス主演のアクション映画、コンスタンティンのレビューをお送りしましょう。

あらすじ
女刑事アンジュラ・ドットソンが自殺した双子の妹の死の真相を探るべく、主人公ジョン・コンスタンティンに接触する。初めは渋っていたコンスタンティンだが、その背後につきまとう悪魔の姿を見て彼女こそが、最近起きていた得体の知れない出来事の謎を解く鍵であることを知る。聖書をもとに作られた壮大な世界で、コンスタンティンは巨悪に立ち向かう。

さて、そんな壮大な物語の主人公、

f0029827_18384868.jpg

f0029827_1838574.jpg

ジョン・コンスタンティンは15歳の頃から1日30本吸っていた煙草が原因による肺ガンという、世界観台無しな理由で余命いくばくもない体でした。
ちなみに、間の画像に深い意味はありません。
しかも、コンスタンティンは以前キリスト教徒にとって大罪である自殺を行った事があるため死ねば間違いなく地獄行き。
そこがあまりに恐ろしい場所だと知った現在では、神様からのお目こぼしを勝手に期待して地獄から来たハーフブリード退治に精を出す日々です。
ところでこれは余談ですが、先にも書いたとおりキリスト教徒にとって自殺は大罪です。
その為に向こうの自殺者はトリックなどを用いて、自殺だとばれないように試みたりするそうですが、それって意味があるのでしょうか?
自分達が思っている通り神様が全知全能の存在なら、普通にバレて地獄行きな気がします。
まぁ、仏教徒には分からない心の葛藤があるのでしょう。
さて常人ならそんな状況に追い込まれた場合、煙草はしばらくやめるでしょう。
しかし、そこは救世主ネオ不死身の男コンスタンティン。

f0029827_18402122.jpg

こりずに吸います。

f0029827_18404826.jpg

吸います。

f0029827_18412324.jpg

吸います。

f0029827_18422410.jpg

まだまだ吸います。

f0029827_18414921.jpg

クモにも煙草の煙をおすそ分け。半分ヤケになって吸い続けます。

そして最終的に命が助かったコンスタンティン、ラストシーンでは、

f0029827_18425338.jpg

ガムのようなものを口に入れていました。さすがに禁煙を始めたのでしょうか?
エンドテロップの後に、

f0029827_18431751.jpg

続編作る気マンマンなオマケがあるので、禁煙が成功するのかどうか楽しみに待っていましょう。

[PR]
by ejison2005 | 2005-12-30 18:44 | 映画
プリティプリンセス2 レビュー
プリティプリンセス。
平凡な女子高生が実はお姫様だったという、ありがちなテーマながらに上手くまとめ上げ、子供の頃お姫様に憧れた女性や王室に興味のある人、そしてお姫様フェチの濃ゆい人々から大きな評価を得ました。
今日はその続編、

f0029827_18252862.jpg

プリティプリンセス2 ロイヤルウエディングのレビューをしようと思います。

さて、前回ラストから本作までの間に5年の年月が流れており、その間ミアはどのように成長したかというと・・・・・・。

f0029827_18265354.jpg

f0029827_1827499.jpg

我が世の春を満喫していました。
上が主人公ミア自室、下がその部屋に補完されている宝石を物色しているシーンです。
しかも、

f0029827_18273924.jpg

それだけに飽き足らず、中盤では世界中のプリンセスを集めて王宮パジャマパーティなんぞ開いたりしていました。
世界中のお姫様達・・・・・・、その上王宮で・・・・・・。
間違いなく、人生が多数買える金が動いてるはずです。
いえね、国事とかに金がかかるのは理解できるんですよ。国の権威というものがありますし、安く済ませばそれでいいという物でもないでしょう。
ですが、このパジャマパーティはプリンセス達の王宮到着時こそTVの取材がありましたが、その後は完全に姫様達のお楽しみだけのパーティー。
外交とかは間違いなく関係ありません。
あれですか?
「パンが食べれなくっても、ケーキを食べればいいじゃない?」
とか、そういう感覚で行動してますか?
物語冒頭でミア様は大学を卒業なさってましたが、もう一回歴史の勉強をなさるべきだと思います。特にフランス革命のあたりを念入りに。
ところで前作を見られた方なら、前作ラストで結ばれた恋人とのその後も気になると思いますが、

f0029827_1829452.jpg

序盤で
「今はいい友達だわ」
と、日記に書かれて過去の人にされてました。どうやら、フラれたようです。
しかも、今回はミア様が結婚相手を探すお話なのに、その後彼は出てきませんでした。
前作の感動は一体・・・・・・。
ミア様の暴挙はそれにとどまりません。
弓を練習すれば、

f0029827_18295743.jpg

f0029827_18301646.jpg

f0029827_18302859.jpg

f0029827_183036100.jpg

5発中5発全弾はずれ。
しかも、その内3発は狙い済ましたかのようにこの庭師スレスレに飛んでいきます。
これはもしかしてアレでしょうか、王宮式のリストラ宣言なのでしょうか?
だって5発中3発がコレですよ、ワザとくさいにも程があります。おぼっちゃまくんだってここまでアコギな手は使いません。
物語ラストでミア様は、

f0029827_18313052.jpg

無事女王に即位されてましたが、彼女が今後どのような暴君になるか、想像するのは難しくないでしょう。
そんなこんなで、プリティプリンセス2。ボリューム盛りだくさんでとても楽しめる映画です。
お姫様の恋愛を楽しみたい方や、地位はどれほどまでに人を変えるか興味がある方にもオススメですよ。

[PR]
by ejison2005 | 2005-12-30 18:33 | 映画