BLOOD+ 第19話「折れたココロ」
ヘルシングのOVA を観ました。
ちょこっとだけ感想をいうと、悪い意味で原作に忠実すぎる、という感じですね。
第1巻に収録されている内容は、婦警を吸血鬼にするところから、アンデルセン神父との第1戦までなんですが、50分の枠にそれらを収めるために、かなりの駆け足になってる気がします。
物語に緩急というものがなく、常に「急」だけで構成されているといえば分かりやすいでしょうか。
再現度はかなり高いんですけどね。
漫画とアニメとでは表現の仕方とかも違いますし、どうせ原作はストーリー進行が遅いんで、ノンビリやっても追いつけるのだから、もう少し落ち着いた構成にしてくれても良かったと思います。
ただまあ、

f0029827_19471221.jpg

アンデルセン神父の笑顔が素晴らしかったので、全てを許せました。
ところで、エンディングテーマ後に、

f0029827_19474098.jpg

ウォルターの過去話に登場した、アーカードの幼女形態、名づけてロリカードが出てくるんですけど、OVAはそこまでフォローを入れてくれるのかな?
では、ヘルシングの話はここまでにして、BLOOD+感想と参りましょう。

・アバン
これを観て仮面ライダー響鬼 の童子と姫が人を襲うシーンを思い出しました。
小夜を探しているって事は、ドギー兄さん達とは違う勢力か。今回の最後の方でも偽エリザベータさんと対立してる風でしたし。
ヘルシング観ててふと思ったんですけど、知性を保った上級翼手って普通に生きてくだけなら、輸血用血液でも飲んでりゃいいわけですから、いちいち人を襲う必要は無いんですよね。
それが出来ないって事は、この新しい勢力の組織力は、それほど大きくないって事だと思います。
まあ、単なる演出優先のシーンというのが正解なんでしょうが、それをいったら、お終いよという事でひとつ。

・「お姉さんと一緒に、お風呂入ろっか?」

f0029827_19491581.jpg

この坊主、堕ちた!!

・レッツ、シャワーシーン
この娘は、お風呂に入るときいっつも独り言を呟いているのでしょうか?
しっかし、折角のシャワーシーンなのに、色気というものが全く感じられませんね。
色気があったらあったで、文句をいうんだろうって?
そこがまあ、複雑な男心というやつなのです。
人を殺した過去があるかもしれない事で悩むシーンで、腹を鳴らせる小夜は只者ではありません。

・普通に無事なデビットさん
元気だな、オイ。
女医さんが、
「少し前までのアナタは、鉄の塊のロボットだったわ」
と言ってましたが、あまり冗談に感じられません。
前回のあの引きは、一体何だったんだろう?
実は、デビットさんまでシュバリエだったとか言い出さないですよね?
ところで、カイ君が、
「小夜だって、少しは遠慮するぞ!!」
と、ルイスさんに言ってましたが、それは嘘だな。

・今回も、やたらと凝ってる料理絵
美味しそうな料理絵では、定評のあるこの番組ですが、今回のお料理は、

f0029827_19493957.jpg

ゆで卵にイクラを乗っけた前菜です。
いや、普通にこれ食ってみたいんですけど。
ここで偽エリザベートさんが、なんか色々とのたまっていますが、人類に仇なしているというだけで、滅ぼすには十分すぎる理由だと思うのですが。
話して分かり合えるような相手でもないですしね。雑魚翼手は、本能の赴くままに人を襲ってますから。
殲滅戦上等です。

・偽エリザベートさんの説法は続くよ
ぶっ倒れた弟君の看病中の偽エリザベートさん説法ですが、正直いって、だから何?状態ですね。
要するに、偽エリザベートさんの言っていることは、「警察がいるから泥棒がいる」理論ですから。
そりゃ、小夜が翼手を狩る過程で犠牲になる人は大勢いるでしょうけど、だからって放っておく分けにはいかないでしょうが。
そして何が一番ビックリかって、小夜が揺らいじゃってる事ですよ。
親父や、ベトナム編での女隊長さんの死は、一体何だったんだ?

・VS偽エリザベート
チェロ兄さん……、アンタって人は。
もうこの人は、ゼクトルーパーにでもなった方がいい気がしてきました。
折角の強敵登場なのに、この盛り上がらなさは、一体何なのか。
やっぱり、殺陣のつまらなさが原因かな。
時代劇なみにしろとはいいませんが、小夜が刀を振るシーンは、腰がまるで入ってないのが観てて丸分かりですもんね。
ここで、ディーバが小夜の妹だと判明することで、ようやく小夜が揺れる理由は出来たと思います。
それ以外の説法は、全く必要ありませんでしたが。

で、小夜が離脱して終了。
ただでさえ、爽快感が足りないのですから、あんまり鬱展開には入って欲しくないんですど、無理でしょうね。

・オマケ

f0029827_1950826.jpg

「やめてよね、ハジが私にかなうわけないじゃない?」
「ぐぬう!!」

[PR]
by ejison2005 | 2006-02-25 19:50 | Comments(1)
Commented by 紅桃 at 2006-02-25 21:24 x
確かにあのイクラ料理はおいしそうだった!
ていうか、毎回食べ物が出てきてる気がする…。

そして、次回(今週ですが)は、ソロモン(偽どぎー兄さん)の戦闘が爽やかに、しかし燃える殺陣となっておりました☆
…え?サヤって主人公なの?(オイ