週刊少年ジャンプ 08年 44号 感想
そういや、今週から新アニメが始まるわけですけど、相変わらずというか何というか、原作モノばっかだね~。
そんなわけで「見たいアニメ=原作が好きor原作に興味のあるアニメ」となるわけですが、とりあえずチェックしたいのが『黒執事・禁書目録』の原作既読組と『鉄のラインバレル・とらドラ』の原作未読組ですね。あとは野となれ花となれ。
黒執事はVS黄執事までやっちゃうと、すっげー牧歌的でほんわかした終わり方になってしまうので、やっぱり赤執事までで終わらせちゃうのかな? あと、アニメ版では時代背景を統一して欲しいw(原作では序盤にDSや携帯電話が登場するけど後に切り裂きジャックとかと同じ年代に設定しなおされている)
禁書目録は、別に超好きというわけでもないけど普通に楽しめそうな安牌アニメになってくれたらいいな。あの原作は主人公の能力が右手限定なので、敵もそれに合わせてショボイ能力(な上にしょーもない犯行動機)になってしまっているのが残念なのです。右席の皆さんには、ほんとガッカリだ。
ラインバレルととらドラはそのうち原作を読もうと思ったまま読まないままでいたパターン。いい機会なので、アニメから入っていこう。
ちなみに大本命の天体戦士サンレッドは地域の問題で見れませんですた(´・ω・`)
それでは、今週もジャンプ感想と参りましょう。まだまだまだまだ漫画喫茶からの更新。


ワンピース
今までのイメージ的に「中将」ならば七武海と互角に戦えるんじゃないかというイメージがあったのですが(大将は確実に上回っている)、そんなこともなく一撃死しそうになってしまいました。蛇姫様の能力は無体だなー。ネガティブホロウも真っ青だ。

しかし、そんな風に七武海の中でもかなり「格上」な感じのする蛇姫様の強さには、確かな説得力が感じられたのもまた事実。おそらくそれは、事前に蛇姫様が治める国の一般ピープルが覇気を操っているシーンを入れていたのが大きいでしょう。
これによって、「只者ではない民たち=その頂点に立つ蛇姫様超スゴイ」という図式が成り立っているわけです。

あとはまあ……あれだ。

f0029827_19564051.jpg

……そして、蛇姫様ってば七武海だったのかあ。長引きそうな予感がバリバリするぜぃ!
シリーズが終わる頃にはエースのこと忘れてるんじゃないだろうか(笑)。


ナルト
全然まったくこれっぽっちも苦労した印象がない修業でしたが、ともかく仙人モードは暫定的な完成を見ました。いまだかつて、これほどまでにドキドキ感のない修行完了シーンがあっただろうか。
てか、今やってるのって「修行を行うための修行」でしかなかった気がするんだけど、何で完成形に到達しちゃってるんだろう。そこからして意味が分からん。

そして今回、最もわけが分からなかったのは、
蛙組手→「どうにかできたってばよ」
のシーン。これは多分それぞれ、「蛙組手は次回から」「ナルトは思案していた新必殺技っぽいものの練習をこっそりしていた」という意味合いなのでしょうが、前後の繋がりがないままに連続させてしまっているため、
「どうにか(蛙組手が)できたってばよ」
という意味合いに受け取ってしまいます。

こういう展開に持っていきたいのでしたら、蛙組手について教えるシーンの後に一ページほど挟み、
「しかし今日は疲れたじゃろう。組手は明日からじゃ」
(その夜)
「皆が寝ているうちにこっそり術の練習をするってばよ」
とか何とかやるシーンを入れないと。

さらに細かいところを指摘するならば、
「蛙組手戦い方を」 → ×
「蛙組手戦い方を」 → ○
の方がよさげですね。
前者では仙人同士の戦い方限定でしか教えないという意味合いになってしまいかねません。


トリコ
前回格好良く登場したトール隊長は、特に出番もないままに殺されていました。こういう手法は、冨樫先生がよく用いますね。具体的な例としては、東ゴルトー共和国の護衛の人(エピソードの最後に登場し、次の話では冒頭部ですでに倒されていた)。

この手法は「実力差がありすぎてあえて戦闘シーンを描写する必要性がないほどの強者」という印象を読者に与える上、テンポ良く話を進められるためボスクラスの大物キャラが登場した時には大変有効なテクニックであるといえるでしょう。

IGOもIGOで、敵組織的な存在の動きに対して直ちに四天王を収集してみせたりと、今のところ味方組織としての確かな信頼感を放っています。腰の軽い味方組織って素敵。

敵の正体がロボットだったことについては、まあ無難な展開かなあと思いました。ドラゴンボールの人造人間編や最近金剛番長でやってるマシン番長編なんかまさにそうなんだけど、ロボットってだけで妙な強さへの説得力があるよね。


銀魂
呪われた部屋の押し付け合いからホラーへと発展していくラストの流れが、グダグダながらも変なドライヴ感があって素晴らしかったです。

ところで、これほどの物件が三万円で借りれちゃうなら僕は普通に借りちゃうと思うな。命を張るだけの魅力があるぜ。我ながら心底安い命だと思うけども。


ブリーチ
完璧に予想が当たってしまった(苦笑)。
しかし、当たったところでこれにどうコメントすればいいんだろう。ちょっと困っちゃうな。

ともかくまあ、久保テンプレートへ完全にのっとったとてもブリーチらしいエピソードではありました。


ディーグレイマン
「鴉」の設定からは、まあ……いつもながらというか何というか、何も考えてないんだろうなあというのが強く強く強く強く強く感じられました。

特別なアイテムなり何なりによって普通の人では到達できない領域の力を主人公たちが行使するというのは、こういった漫画にとって割と重要なファクターだと思うんだけどな。星野先生的に大切なのはその場その場でのシチュエーションとキャラクターに萌えられるかであって、その他のことは心底どうでもいいんだろうね。やっぱり。


アスクレピオス
今週、バズが猫を見ていて馬車に轢かれそうになるシーンで思ったんだけど、僕がこの子をウザく感じてしまうのは性格がヘタレだからというだけでもなく、ヘタレっぷりを強調するための演出が足りない人のそれに踏み込みつつあるからかもしれません。
ありていにいって、冒頭のバズはキ○ピーに見えた。

肢体切断術

f0029827_195774.jpg

↑よくわかる肢体切断術の患者。
そんなわけで、シグルイでも肢体切断術を行うシーンが存在するわけですが、あれを鑑みるに大急ぎで四肢を切断しなければならないというのは、麻酔が存在しないため、ゆっくりやっていると激痛で患者が死亡するという理由もあるのかもしれませんね。ゆっくり手術しないでね!

それを考えると、メディル家の医療技術で最も恐ろしいのは、どうやってか麻酔を用立てていることかもしれません。


アイシールド
先週は瀧がフューチャーされたのかそうでもないのかよく分からない展開だっただけに、今週はちゃんと雪光の見せ場としても機能していたのが良かったです。

欲をいうなら、先週はバシバシ雪光に体当たりをかましていた帝黒の彼が、どうして今週は追いつけずにいるのか納得できるようにはして欲しかったですね。
ましてや今回、全員で泥門選手を潰しにかかっているわけですし。

で、今週掲載されているマンガ脳の鍛えかたは稲垣先生の原作について紹介しているわけですが、それによるとエピソード内での全ての局面を記したフォーメーション図が用意されているらしいのですよ。
で、あるならば、これは何も考えていなかったというわけではなく、栗田に二人がかりで向かっているせいで手が足りなくなり、脅威度の薄い雪光へのマークがおろそかになっていたとかそういうことだと思うんだけども、それならそれで、「半ば放置されている雪光のシーン」とかがあってもよかったかもしれません。


バクマン。
で、電話を取らないのかあ……。
ことが創作に関するだけに、前回でてきた「ちょっとイイ話」まではまだ理解できないこともないような気がしないでもない気はしたのですが、これはもはや、会社組織として駄目駄目なレベルなのでは……。

いやさ、取引のない相手から営業かけられるようなもんだし、嫌なのは理解できるんだけども、それでもやるのがお仕事よ? 編集者の予定があかないのなら、その旨をきちんと伝えるのが常識だと思うんよ。

これはもう、職務放棄に限りなく近い話だと思うよ。都市伝説だといいな。


ぬらりひょん
袖モギ様にはもうちょっと頑張ってほしかったけど、でもこんなもんかな。直接戦闘系でもないんですし。テンポも良いですし上々だといえるでしょう。

ああでも、よーじょの衣服を引き裂いているシーンは面白かったです。あの瞬間、彼は誰より輝いていた。ベクトルは違えど恐ろしいことに変わりはない。現代日本なら、きっと信仰する人は多かったと思うよ。

[PR]
by ejison2005 | 2008-09-28 20:08 | ジャンプ感想 | Comments(25)
Commented by ぺんぼー at 2008-09-28 23:44 x
アニメは「ONEOUTS」はどうなんですかねー。

○ワンピ
蛇姫さまハァハァ

○ぬらり
苔姫たんハァハァ
Commented by 黒川 at 2008-09-29 19:26 x
>バクマン(職務放棄に限りなく近い話
え~、コレは知り合いのホビー雑誌編集者の職場の話ですが…
全てがそうとは言いませんが、読者からの電話って殆ど作業妨害に近いような「キモイ内容」の物が多く、仕事が他にある人間がそういう電話の対応をするのは殆ど無い事だそうです。
(数年前に聞いた話ですが、電話の対応係を押し付けられて、精神的にかなり参ってました)

夏休み中は、当然そういう電話が増えるでしょうから「電話番でもない人間は、電話の応対するな(電話番に「編集の人間は不在」と居留守を使わせる)」は、十分有る話かなと。

あと、普通の仕事なら不味い企画を目の前でシュレッダーとかは新人時代普通に有る事ですし、漫画の持込だから「どうだろう?」とか思ってましたが、仕事に置き換えられたら、逆にシュレッダーはアリだなとか思いました。
良い漫画なのにシュレッダーと言うのも、「漫画ではなく人を見る」と言う話だと思いますし。
Commented by トーリス狩り at 2008-09-29 20:56 x
>禁書
>右席の皆さんには、ほんとガッカリだ。
なんで作者は無理に敵の過去を作ろうとするんだろう・・・
ハンタのアリとかは過去なんかなくても存在感バリバリなのに。
とりあえずヴェントの過去は完全に蛇足だなぁ。
一方通行とかアニェーゼとかがいい人っぽく描写されてるのもなんというか・・・

>バクマン
自意識過剰すぎる見吉さんで笑いが止まらなかった。

>>ぬらり
ほとんどは予想通りの展開でしたが(いい意味で)幼女の服破きだけは全く想像できなかったぜ・・・全くなんて恐ろしい作者だ・・・
Commented by D at 2008-09-30 09:46 x
できれば通常の発売日以降に感想載せてもらえたらなぁと。
Commented by humat at 2008-10-01 23:29
>Dグレ
ちょw、Dグレファンに喧嘩売る気か!?まぁ、そうなった場合はいろいろと面白そうだった場合は助太刀しましょう。それと、そう思えるのは自分も同じく。最近の長く連載やってる漫画にはサポーターと言っても違わないファンが多いようで・・・・・。Dグレやナルトやブリなどがいい具体例です。まぁ、どう思うかは個人の自由ですが何となくその見えざる権力の動きとやらが無くなればいいと思うのですが・・・・。無理か。

>ぬら孫
袖モギ様は大変なものを盗んでいきました。それは私達の信仰心です・・・・・これって盗めるのか?まぁ、心を盗まれて無い人もいないと思いますが・・・・。
Commented by パポパポ at 2008-10-03 00:47 x
バクマンの「ふたつの地球」について、適当に推測してみました。

1・「ズボン全部にこれ貼って」のコマで、地球軍と話している主人公とおぼしき青年が描かれてます。メットを被ってない=地球軍ではない=主人公は戦災に巻き込まれた一般人?

2・その次のコマ、誰かが発砲してます。まあここはさっぱりわかりませんが、こんな演出をするという事は人を殺していると考えるのが自然。
そして、わざわざ銃のアップを描いていることから多分このシーンを基点にドラマが起きるんでしょう。となると、ページ数的に戦争よりも戦時下の人間心理の方を描いてるのかな?
この撃ってる人間は真の地球の人間Aで、撃たれてるのは複製地球の方の人間A’(クローンみたいなもん)ってのがありそうな線でしょうか。
Commented by パポパポ at 2008-10-03 00:48 x
3・そういえば、一番最初にネームが5Pほど出来てましたね。1P2コマとかってことは、恐らく世界観説明あたりに最初をあてたと考えるのが自然でしょうか。「ある日突然人類は未曾有の危機に襲われたー」みたいな。

4・で、シュージンの「売れるにはどーするか」みたいな理論が顔を出しているとすれば・・・って、この展開でそんなもん織り込めるのか?
まあ、少年マンガとして描いてるんだし順当に考えたら「俺たちだって(複製だろうがなんだろうが)生きてるんだーーーー」的なカンジでしょうかね。
まあ、天才語るんならそんなあるあるな展開じゃダメな気がしますが。

この辺の推測を総合して考えると、「ふたつの地球」はこんなマンガ?
『戦争中の場面から始まり、主人公が地球軍から真相を聞き、現れた真の地球人(たぶんエラい人)と邂逅し和解?、ページ数から考えづらいが少年マンガとして真の地球人とも分かり合えるんだー的なオチで戦争終結』ってトコでしょうか。
Commented by H at 2008-10-03 19:04 x
ディグレがまたまた下書き掲載でしたね。星野先生って作品の質はともかくとして
「漫画描くの大好き!」な方かと思っていたんですが実際は
「仕事したくねー、遊びてー」な人だったりするんでしょうか。
Commented by ミラ at 2008-10-05 02:43 x
>アスクレピオス
主人公のビビリ属性がひどくて正直今のところ好感度は低いですね
ぬらりひょんのように主人公が自信をつけて頼もしく成長していくんだろうなあと思う
んですけど早いとこそうなってほしいですね

>ナルト
「地来也ちゃんを凌ぐ仙人になった」
はえーよw
カカシ先生を越えたと思ったら次は火影と同じ実力の人を凌いでますよ、なんじゃこりゃ

>ヘタッピ
村田先生が描く河下先生がとても可愛かったです
あと東条や真中の絵が実は村田先生の模写って聞いて改めてすごいなって思いました
Commented by ejison2005 at 2008-10-07 23:55
明日仕事があるので、レスは明日にさせてください。ごめんねー。
Commented by ejison2005 at 2008-10-08 20:16
>>ぺんぼーさん
んー、あまり食指が動かないです。原作とかは面白いの?

○書かなかったけどサイレン
ヒリューハァハァ
Commented by ejison2005 at 2008-10-08 20:21
>>黒川さん
電話番に取り継ぎを拒否らせるのは全然アリだと思いますよー。どんな職種でも、すべてを相手にしてたらやってけん。僕も電話番で参った一人だしw
バクマンの場合、電話番とか関係なしにすべて拒否っているようにしか見えないのがいけないんでしょうねえ。

・シュレッダー
僕的には、外部の人が持ち込んだものを目前でシュレッダーにかけるのはどうかと思えたのです。これに関しては、業種とか持ち込んだ品にもよりますね。僕が書き足りんかった。
僕が想定してたのは、一般的なアポとっての自社商品に関する営業。
Commented by ejison2005 at 2008-10-08 20:23
>> トーリス狩りさん
ヴェントにヤバすぎる動機もアレだったけど、テッラさんの弱さは異常。
「私は普通の魔法が使えません(普通以下の攻撃しか使えない)から(手加減してください)ねえ!」
あんた、小麦まいてる場合じゃないよ……。

>ぬらり
この作者さんは、読者の反応を計算しつつ躍らせてくれるタイプだなーと思った。
Commented by ejison2005 at 2008-10-08 20:24
>>Dさん
45号感想で書いたけど、たまたまその日が休暇だったのです。
Commented by ejison2005 at 2008-10-08 20:27
>>パポパポさん
僕もそういう壮大な話を想定したんだけど、これ、規定のページ数できっちり世界の問題を解決するとこまで描けるならシュージンはマジにすげえと思うよ。

ぜひ、ガモウ先生たちには(一周二週休んでいいから)これをちゃんとサイコー風の絵柄とシュージン風の作風で作ってみてほしい。
Commented by ejison2005 at 2008-10-08 20:28
>>Hさん
単純に体が弱いという線も十分にありますよ。女性だし。週刊連載は過酷だし。

ガンガンの超過密月刊二本時に入院してなお落とさなかった渡辺先生とかと一緒にしてはいけないw
Commented by ejison2005 at 2008-10-08 20:30
>>ミラさん
ふと思ったんだけど、ジャンプ主人公の代名詞が明るい系なのは、根暗系主人公が読者の共感を得られず打ち切りで早々と淘汰されていった結果なのではないだろうか……。

>へたっぴ
げええええええ! あれって模写だったの!!!!
Commented by ぺんぼー at 2008-10-08 23:12 x
原作当時はは面白いと思っていたのですが
今から思うと面白かったのかなー、という感じです。
えーとアレです、野球版「カイジ」です。作者は「ライアーゲーム」の人です。
今ビジネスジャンプでテレビ化記念の再連載が始まってますが
そういうのはたいてい前より面白くなくなります。
Commented by ejison2005 at 2008-10-14 19:56
>>ぺんぼーさん
おー、ライアーゲームの人なんですか。
どっちかというと、原作をチェックしたくなってきた。
Commented by ヒャア我慢 at 2008-10-17 21:48 x
>エジソンさん
>テッラさんの弱さは異常。
>「私は普通の魔法が使えません(普通以下の攻撃しか使えない)から(手加減してください)ねえ!」
>あんた、小麦まいてる場合じゃないよ……。
ヴェント、アックア、フィアンマに比べりゃアレだけど
エジソンさんは、テッラの光の処刑の効果がどういう物だったか忘れてませんかね

>(普通以下の魔術)>(手加減してください)
これどっから出てきた発想なんすか?真剣に分からないんすけど
Commented by ejison2005 at 2008-10-19 18:28
>> ヒャア我慢さん
いや、忘れてはいないけどあの日あの時あの状況でそこまで自信満々になれる代物ではないと思うのですよ。僕なら逃げる、ダッシュで逃げる。

普通以下については、ちょっと言いすぎだったかも。
でも、学べばいろんなことができる普通の魔術を身につけられない代償がアレではちょっと報われない気が……。しかも、似たようなこと魔術のくくりでできそうだし。

しかしながら、彼が時速一万キロオーバーの地殻破断を防ぎきるほどの反射神経をふだんから発揮できてさえいれば全然能力の有用性は違ったと思う。
Commented by ヒャア我慢 at 2008-10-19 19:46 x
いや、逃げるって何故?どこに?
C文書はアビニヨンの教皇庁宮殿からでしか効果を発揮できないんすけど?

代償がアレって………光の処刑の強弱設定は
反応さえ間に合えば一部の例外を除く対魔術師相手ならほぼ無敵なんですが……

銃弾より速いであろうワイヤーに対応できてたんですけど……彼は普段からあの反射神経を発揮してましたね
Commented by ejison2005 at 2008-10-21 23:12
>>ヒャア我慢さん
なぜ逃げるかといえば、命あってのものだねだからとしかいいようがないかなあ。アックアさんの場合、能力の性質上一対多の拠点防衛とかには致命的に向いてないし。他の敵と違って主人公の能力を知ってるし。

>代償がアレ
ほとんど防御とエスケープくらいにしか使えないから、身につけさえすればいろんなことができる魔術の代償としてはあんまり魅力的に映らなかったのです。
あと、軽く見返して思ったけど彼はサブウェポン(できれば銃とか)を持つべきだと思うんだ。早口の手間がだいぶ省けるし。

>反射神経
ワイヤーが銃弾より早いかはわかりませんが、ここら辺は完全に僕の間違いでしたね。申し訳ないです。
できればこれ、手下とかから支援の魔術を受けてたとかにしてた方がよかったかもしれませんね。生身だとちょっと納得しがたいレベルの反射神経&早口ですし。
Commented by ヒャア我慢 at 2008-10-22 00:12 x
アックア?テッラの間違いじゃないでしょうか?
命あってのものだねと言っても、ローマ正教が狙ってた上条がわざわざ来てくれたから
そりゃ自分の術式に自信持ってたテッラも戦いますよ

ほとんど防御とエスケープっても、設定さえすれば鋼鉄でも薄紙ように破れるんすよあの術式は
光の処刑のサブウエポンとして小麦粉のギロチンが彼にはありました
と言うか>身につけさえすればいろんなことができる魔術
ってのがイマイチ分からないんですよね
回復魔術って区分だけでも色々な制約があるのでして

上条さんの反応速度が2,5mから466km/s対応だから
魔術師としては普通なんですよアレは
Commented by ejison2005 at 2008-10-29 14:22
>>ヒャア我慢さん
あ、素で間違えてた。ごめんよ、テッラさん……。

>身につけさえすればいろんなことができる魔術
たとえば、僕は書道の達人ではないけど、この先、生涯にわたって努力すればそうなれる可能性もないわけじゃないようなそんな気がしないわけでもないわけで、そういった可能性さえつぶしちゃうというのが、僕の好みにあってなかったのです。
小麦粉のギロチンは、間に別の物体が入って失敗しちゃったりしてたのが印象に残ってたんですよねー。「そこで普通に銃撃ってれば!」とか、どうしても思っちゃったのです。

>上条さんの反応速度が2,5mから466km/s対応だから魔術師としては普通
凄ェ! コーディネイターみたいだ!