週刊少年ジャンプ 08年 42号 感想
マクロスFをダラダラしながら見続けてます。
この作品、そこら辺は結構シビアな描写しそうですし、ここまで盛り上げといて「謎の新技術で助かったぜ!」というのは興醒めの極地ですから、何だかんだいってやっぱりシェリルは死ぬんだろうな。
となると、カプ厨的に気になるのは残されたアルトがどうなるのかですが、現段階で思いつく限りだと、
1.シェリルが子供を残して逝く(うたわれそうなルート)
2.世界遺産の頂上から遺灰をバラまく(世界の中心で色々と叫びそうなルート)
3.ランカとくっつく(君にはう……まあいいかルート)
このくらいかなあ。
個人的には、このどれでもなく「4.何故かクランとくっつくルート」の気がします。デカルチャ。
というわけで、何事も無かったかのように漫画喫茶からジャンプ感想と参りましょう。

f0029827_732054.jpg

か、勘違いしないでよ! 別に何事も無かったんだからねっ!


チャゲチャ(新連載)
う、う~む……。何というか、その、久しぶりに感想書く身としては、ちょっとばかり難易度高いぜ。この新連載。
ひとつだけ確かなのは、この作品がとても澤井先生らしい代物であるということで、そしてそれが僕の琴線に1ミリたりとも触れなかったということです。

澤井先生のギャグは人を選ぶというか選びすぎというか、ナンバーワンというよりオンリーワンな笑いなので、感性が合わなかった時点でちょっともうコメントすべきことはないなあ。

それでもあえてひとつだけいっておくと、なんかこうトリコの影響だけはバリバリ感じました。主人公のキャラクター的な面で。


ワンピース
十年以上も連載してきた少年漫画の意外すぎる事実ですが、実はワンピースで明確に「努力」が必要な局面って、今回初めて訪れたんですよね。これといったドラマもなく生み出していた新技で敵を撃破っていうのが、いつものパターンでしたから。
ルフィのギア2とかはパワーアップではありましたが、あれはよく分からんうちにラーニングしちゃってたので、個人的にはカウントしたくないかな。

そんなわけでこれは多分、くまさんが何らかの理由でルフィ達を逃しつつ適度な試練を与えているんでしょう。着地時の衝撃吸収といい、ものすごくサービスが行き届いています。ぬるま湯すぎるくらいに。

問題なのは、パワーアップ中にどうドラマを動かしていくのか、という点ですね。修業中というのは必然的に主人公がひとっ所へ留まってしまうため、どうしても物語が停滞してしまうものなのです。現に、緊張感バリバリだった前回に比べてすでにまったりし始めちゃってるしね。

参考までに、ドラゴンボールで精神の時の部屋を利用してた時は、
ベジータ&トランクスが修業中 → ピッコロが人造人間とバトル セル第2段階へ
悟空&悟飯が修業中 → オレは……超ベジータだ! セル完全体へ
という具合に、手の空いてる人間が戦いへ出かけ、それに合わせてセルもパワーアップし、本筋を進行させてたよ。

そのメソッドで考えるのなら、別々の場所に飛ばされた仲間が自己強化を図りつつシャボンディ諸島へ帰還し、最後の最後、一番美味しいところで超強化されたルフィが駆けつけたりするんですかね。


バクマン。
『こうして 毎日ひたすら 僕は絵を描き シュージンはマンガを読んだ』
でちょっと笑ってしまいました。順調にシュージンが駄目な人になっていくぜ。「俺……いつかはやってやんよ!」みたいな。書いてて何故か僕も胸が痛くなってきたけど。

男の条件
ここら辺の流れを読んでてふと思ったんだけど、これってある意味自社版権作品の宣伝でもありますよね。漫画文化が生まれて世代を二つまたぐくらいの時間が流れているわけですし、そうなると昔の漫画はどんどん忘れ去られていくのが世の理です。
そこで主人公たちを通じて過去の名作を紹介し、その良い所をアピールすることで、わずかにでも昔の漫画を売るきっかけを作ろうとしているのではないでしょうか。
そう考えると、ロートルな漫画が好きだという主人公達の設定にも納得がいきますしね。


トリコ
こ……小松が……役に立っている……だと……!?
しかし、今になって考えてみると、フグ鯨辺はココとの交流を通じて彼の精神面を、そしてフグ鯨の解体を通じてスキル面を描写しているわけで、ある意味で彼のキャラ立ちを果たすために用意されたのかもしれません。しまぶー考えてるなあ。

人? 獣? 味方? 何者!?
ありゃ、海中から現れるのは脱獄したゼブラさんだろうと早合点してたんだけど、そんな事もなく新手のクリーチャーだったみたいです。
もしかしたら、これが何らかの生物を加工した潜水服で仮面をスポッとやってから「やあ!」みたいな展開なのかもしれないけど、ココが警戒態勢入りまくりだからその線は薄いかな。
フグ鯨捕ってることだし、来週は「その刺身を寄越せ~!」とか言いながら襲いかかってくるのかもね。


ディーグレイマン
に……20せいごふんごふんっ!


ぬらりひょん
ここしばらく、この漫画を読んでいて思ったのは、やっぱりいつぞやからの路線変更は正解だったんだなあということです。
リクオ君が主体性を発揮してくれたおかげで主人公への感情移入ができるようになり、おまけに、奴良組を盛り立てていくというストーリー上の縦糸が生まれましたからね。路線変更前は、どうにも物語へ芯が通っておらず、どこかフワフワしている印象を受けていたんだ。

先週までのゆらもそうですが、ここへきて鳥居さんや巻さんといった脇役キャラを本筋へ絡ませ、キャラ立てしてくれているのも嬉しいところ。
でも、清継君だけは決して本筋に絡めないんだ。間違いない。

ところで
単行本がどこの書店でも見当たらないんだけど、2巻が発売する頃には重版されるのでしょうか。ちょっと掲載位置が低くなってるのは不安だけど、単行本が売れてるのなら少しは安心できるかな。

[PR]
by ejison2005 | 2008-09-14 07:39 | ジャンプ感想 | Comments(19)
Commented by とおりすgi at 2008-09-14 10:24 x
ふっかつ うれしい です
Commented by ぺんぼー at 2008-09-14 12:43 x
今回のチャゲチャで唯一笑えたところは
「目玉焼キラーン」で、後は「え?このシーンに一体僕はどう反応すれば……」ばっかりでした。

ただ、今週のジャンプで一番笑ったのが「目玉焼キラーン」だったという……
Commented by 名無し at 2008-09-14 15:12 x
あぁ…次は超ウルトラ8兄弟のレビューだ…
Commented by take at 2008-09-14 15:43 x
バクマン、その視点はなかった。慧眼だと思います
Commented by 天和 at 2008-09-15 22:58 x
復活おめでとうございます。
>ワンピ
 パワーアップするかなあ。大将相手に強さではかなわないと言ってるので、しない展開に期待。
Commented by パポパポ at 2008-09-17 01:16 x
ジャンプ感想復活ッッ!!ジャンプ感想復活ッッ!!
いろいろとお疲れ様です。

>チャゲチャ
えー・・・まあ、今回も順調に置いていかれそうです。出すタイミングさえ合っていれば、サンダーバードはワリと好きな状況のはずなんですが・・・

>ワンピ
セックス&ドラッグで、最高に「ハイ!」ってやつになってルフィは強くなるんじゃないでしょうか。

>バクマン
とりあえず、このキャラも出てくるなり亜豆ラブ状態で、気が付いたら似たような天才たちが何人も何組も亜豆ラブ状態、そして皆が亜豆に「18までにアニメ化するから結婚してくれ」「一億部突破するから結婚(ry」「長者番付に載るから(ry」って具合に入れ食い状態、あまりに暑苦しいんで亜豆は月(デスノート的な意味で)に帰っていってしまう(腐女子的な意味で)という、現代版かぐや姫が展開されたらコミックス五冊買って布教します。
Commented by パポパポ at 2008-09-17 01:21 x
>トリコ
フグ鯨で回復描写があったって事は、多分トリコは毛むくじゃらの人と戦うんじゃないかなーと。で、多分負けるか逃げる気がします。
そして、微妙にココに死亡フラグが立ってるような気が・・・

>Dグレ
慣例に倣って「ツインテール萌え」といっておくべきか、「これともだ」うわなにをするやm(ry

>ぬらりひょん
いきなり手洗い鬼にTKを仕掛ける袖もぎ様がクレイジーすぎてファンになりそうです。そしてそれを無視してみんなでお食事な八十八鬼夜行がアットホームなんだか無法地帯なんだか。
Commented by ネオニート at 2008-09-17 23:41 x
なんだか、スラダンのその後マンガで「バ・・・バスケしてえ!!」ってそわそわしてる赤木を思い出しました。復活おめでとうございます。
ToらぶるNOTEのほうも期待してます。
Commented by pixas at 2008-09-20 11:04 x
>ワンピ

白ひげvs七武海&大将があるんじゃないかと思ってます。
ルフィ達が努力してさらに精神的にも成長してくれたら自分的には大満足です。

>トリコ

自分もココには死亡フラグが立ってる気がします。
この緊張感が大好き。
Commented by ニテンドー at 2008-09-21 13:23 x
わーお、ひさびさに感想が復活。夜神パパがなんかいってるけど、キニシナーイ
>Dグレ
このひとことのためだけに・・・・・・20せいきハーックションは僕も思いましたがなぜか王泥棒が頭をよぎったんだ。何故だろう
>ぬらり
清継君は何も知らないところでえんえんと清十字団のボスをやっているんだ。そうにちがいないんだ。
老いても死んでもずっと妖怪にあえないままなんだ。(まぁ気付いてないだけで学校で毎日会ってるんだけどさ
Commented by ejison2005 at 2008-09-21 19:28
>>とおりすgiさん
アザース!
Commented by ejison2005 at 2008-09-21 19:28
>>べんぼーさん
大石先生の新作がなんかガッカリしちゃう代物でしたからね。
なんでこんなことに・・・・・・。
Commented by ejison2005 at 2008-09-21 19:29
>>名無しさん
お給料が入るまで待っててね!
Commented by ejison2005 at 2008-09-21 19:30
>>takeさん
まあ、先輩の作品はマンセーせざるをえないってのも大きいでしょうけどね。
Commented by ejison2005 at 2008-09-21 19:30
>>天和さん
ここまで引っ張ったんだし、さすがに何の強化もないというのはないと思うな。
Commented by ejison2005 at 2008-09-21 19:33
>>パポパポさん
その展開でルフィが強くなった場合、毒手でやられそうだww

>トリコ
ココ「おれ、帰ったら美食屋家業に復帰するんだ・・・・・・」

>ぬらり
ツッコミわすれたけど、あのうどんシーンは面白かったですね。
関西の妖怪が今から楽しみです。
Commented by ejison2005 at 2008-09-21 19:33
>>ネオニートさん
ネタはあるんだけど作る暇がなあ・・・・・。
がんばりまふ。
Commented by ejison2005 at 2008-09-21 19:35
>>pixasさん
そっか! 白ヒゲがいるのか!
だとしたら、むしろルフィたちはお邪魔虫状態だから退場させられたのかなあ。
Commented by ejison2005 at 2008-09-21 19:35
>>ニテンドーさん
それはきっと、両方からリスペクトしてるからだと思うな・・・・・・。