劇場版仮面ライダーキバ 魔界城の王 レビュー
特オタにとってはコミケと同ランクの恒例行事ということで、劇場版特撮映画を視聴してきました。

劇場版ゴーオンジャーのレビューはこちら!


☆劇場版仮面ライダーキバ 魔界城の王 レビュー☆
仮面ライダーキバといえば、「人格を持ったキャラクターが憑依することによる三段変身」「CGを用いた巨大ビーグルによるバトル」「主人公がヘタレ」など、去年辺りによく見かけたワードがそこかしこに散りばめられている大した新仮面ライダーですが、その劇場版が本作「魔界城の王」です。
しかし、その中で本作の大きなオリジナリティとなっているのが、過去編と未来編とが同時に展開されていくというもの。それぞれの主人公は父・紅音也と息子・紅渡が努め、親子二代にまたがってのストーリーが展開されていく仕掛けとなっています。

今回の映画化にあたって、制作側は「親子の絆」を全面的に打ち出してきました。それがよく表れているのが、「渡と音也がタイムトラベルによって、本来ありえないはずの邂逅を果たすという」ストーリー上の大仕掛けで、テレビシリーズとはパラレル時空として設定される(劇場版ドラゴンボールみたいなもん)お祭り映画に相応しい展開だといえるでしょう。


さて、映画は2号ライダー・イクサが手も足も出せず敵の怪人にボコられるという何ともションボリ(´・ω・`)させられるシーンから始まります。
普通なら、序盤に活躍させてヒーローを強く印象付けるべき場面でこの蛮行、脚本家の正気を疑うことは必定ですが、中盤へさしかかるにつれ、ストーリーはさらに斜め上へと突っ走ります。
驚くべきことに、イクサとキバが二対二でのリターンマッチを挑むも、また手も足も出せずボコボコにされるのです。
もちろん、普段のテレビシリーズで活躍しているのだからあえて劇場版では苦戦するシーンから始めたのではないか? という意見もあるでしょう。
しかし、キバはテレビ本編でも高確率で敵を取り逃したり敗北したりするので、そうする必要性は薄いといわざるをえません。

そんな彼らの窮地を救ったのが、テレビ未登場の3号ライダー・レイですが、彼も後のシーンでゴミみたいな扱いを受けて倒されてしまうわけで、本作が誇る徹底したヒーローの活躍ぶりには、何らかの宗教的理由でも隠されているのかと疑わざるを得ません。

かといって、敵キャラが際立った存在感を放っているのかと思えば、別にそんなことはなく、ホリケン演じるラスボスは最後の最後まで小便がぶちまけられた衣服のままで過ごすという有様。当たり前ですが、別にギャグ演出ではありません。

ちなみに、ザコ怪人はザコ怪人でテレビ本編通り、生身の女の子を何度も殴る蹴るしても浅手ひとつ負わせられない草食動物っぷりを発揮していました。敵も味方も弱っ!


そういったヒロイック性の欠片も無いストーリーを彩るのが超演出の数々で、特にホリケンとラスボスが邂逅する際の、地下刑務所の壁一枚隔てた空洞に未知なる超古代の遺跡が広がっていた! というシーンは圧巻です。この作品に足りないのは矛盾を検証する能力とかそういうものではなく、純然たる一般常識だ!

そこら辺のグダグダさは殺陣にも出ていて、特にラスボスたる仮面ライダーアークとの戦いでは、史上最大の体躯を誇る巨大ライダーとの迫力満点な肉弾戦を繰り広げてくれるのかと思いきや、やっぱりそんなことはなく、キバの新形態「エンペラーフォーム・飛翔態」とのビーム合戦になっていますからね。

個人的に、特撮の魅力というのは殺陣の魅力にあると思えるわけで、ビームでの撃ち合いなんていうのはガンダム辺りに任せておけばいいと思うのですよ。もっと取っ組み合おうぜ。


そんなこんなで、個人的にはテレビ番からイメージできる通りのクオリティでした。なんともはや。

あ、本編終了後にイマジン劇場と電王新映画の予告編があるので、途中で席を立たないように注意してくださいね。

[PR]
by ejison2005 | 2008-08-25 01:33 | アニメ | Comments(2)
Commented by 黒川 at 2008-08-29 20:11 x
ああ…ゴーオンはやっぱり出来が良くて、キバはやっぱ駄目でしたか(--;

リュウケンドーはテレ東低予算番組ながらも、巨大な敵の腕の上を走って攻撃とか、工夫してくれたのになぁ……大御所東映に何故それができない?
所で、ホリケンやギャル曽根の演技ってどうでした?
Commented by ejison2005 at 2008-08-31 00:56
彼らの演技はあんまり気にならなかったです。
至極まっとうに演技していたと思いますよ。それだけに、ホリケンは不憫さが……。