戯言シリーズ挑戦中
クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫 に 32-1 西尾維新文庫)
西尾 維新 / / 講談社
ISBN : 4062754304





この一週間、更新をサボりながら何をしていたかというと、西尾維新先生の戯言シリーズに挑戦していました。今は4作目「サイコロジカル・上」で主人公と害悪細菌さんが初対面するシーン。

で、ここまでこのシリーズを読んでて思ったことは、非常に文章の上手い小説だということ。この場合、ミーニングとしては「絵が上手い漫画」とかと同じ。

まあ、つまり、何がいいたいかというと、話の筋書きそのものはあまり面白くない、ということなんだけどね。

「話の内容はつまらないけど絵が奇麗だから読める」という漫画感想は、皆さんも主に大暮先生の作品とかで抱いたことがあると思ったんですけど、それの小説版ですね。言葉の使い方がすっごく上手くて、それだけである種の商品価値を生み出している。

(僕が読んだ中で)その集大成とでも呼ぶべきは三作目の「クビツリハイスクール」でして、恐るべきことにこのお話、「なんとなくバトるのであった・完」で粗筋が終わってしまいます。
ひとつだけどんでん返しがあるにはあるけど、これに関しては西尾先生自身があえて予想つくようにイベント組んでるんで、役割は果たしていない。
そんな簡潔な筋書きで(ラノベとしては)膨大なボリュームの作品を作り上げても、何故だか項をめくる手は止まらない。不思議!

筋書きの簡素さに加えて特徴的なのは、登場人物の徹底した記号化で、この作品シリーズは「私は天才です」「私もこういう分野の天才です」「私は殺人鬼です」といった才人奇人変人がゴロゴロ登場するんですけども、それは「設定」として存在するだけで、「描写」はされてないんですよね。
具体的にいうと、彼らが常人からかけ離れた能力を実際に行使するシーンというのが、ほとんど存在しない。殺人鬼が人殺しをするシーンが存在しないとか、予想の斜め下の展開でしたよ。
それでもそこそこ印象深いキャラが多いのは、一風変わった漢字での命名と、各々に独自の語調を持たせているのが大きいでしょう。
これは多かれ少なかれ、どんな小説でもやってることではあるのですけど、ここまで徹底している作品は類を見ないでしょうね。立派な個性だと思う。


そういったわけで、最初に書いた通り、「文章が上手い」という一点に集約される作品ですね。小説が文字媒体であることを、最大限に活かしているともいえるかもしれない。


そんなわけで今日の結論としては、ジャンプで西尾先生×小畑先生のコラボ読み切りが載ったことがあって(当時の感想)、これがもう箸にも棒にもかからない様な出来栄えだったんだけど、うん、まあ、当然だな、ということでした。
文章が売りというか、文章しか売りが無い作家から文字を奪ってるわけですし。


※結構、辛辣な書き方になってる気もするけど、好きか嫌いかでいったら間違いなくこの作品シリーズは好きですよ。突き抜けた部分で、きちんと商品価値が感じられますし。


※ところで、読み始めたのは文庫化が契機だったんですけど、これ隔月に一冊しか発売しないんですよね。待ってられないんで、文庫化済みの「クビシメロマンチスト」までは文庫で購入し、他は既存のタイプで買い揃えました。
何でこんなに刊行ペースが遅いんだろうね?

[PR]
by ejison2005 | 2008-07-13 02:05 | ノベル