週刊少年ジャンプ 08年 24号 感想
地味~にギアス見続けてます。なんか今回の兄さん発言で、急に若本皇帝が家族思いのいい人みたく思えてきたのが不思議だ。反乱しかけた息子など問答無用で抹殺すればよいものを、記憶奪うだけで居心地の良い楽園に居続けさせたり、実は良い人オチへの伏線がバリバリ張られています。
黒川さんが、
ルルーシュ → ナナリー
は兄からの徹底した不理解だと書いてたんですけども、案外、
若本皇帝 → ルルーシュ
もそういう関係なのかもしれませんね。良かれと思ってした事が、息子の意思を無視する結果につながっているという。
きっと、最終決戦では若本皇帝が「ルルーシュウウウウウ!」とか叫びながら虚空にぶっ飛ばされてKFに回収されるんだよ。
そして、それはそれとしてやっぱり展開遅い上に戦闘の流れがご都合主義でショボーンだとは感じました。二期はどこか乗り切れないぜ。
それでは、今週もジャンプ感想と参りましょう。


ブリーチ
今週のナルトもそうなんですけども、「過去に張り巡らされた遠大な陰謀」というのはすげえ面白いですね。特にブリーチは、印象の薄かった仮面の軍勢のキャラがものすごい勢いで深められているのが良い。ここら辺のキャラ立て技術に関しては、久保先生って真剣に当代随一だと思うよ。
両作品とも、過去に打ち立ててきた設定をぶち壊しまくっているのは共通ですが、そこら辺に目をつぶれば一本の話として筋が通ったものにはなっていますし。逆にいうと、今まではそれすらできてなかったんですけども。

ニセ藤堂が現れたりせず速攻で殺られてしまったため、彼に関するミス・ディレクションの意味があんまり無かったのは残念ですが、それを覗けば今週も普通に楽しかったです。久保先生に何があったんだろう。


ナルト
いかんせん、かつて召喚された初代火影ゾンビがあんまり強くなかったために説得力は薄いですが、それを除けばビックリするくらい真っ当な筋書きになっていて目から鱗が落ちました。そうか! ナルトは忍者漫画だったのか!

これだと、現木の葉の里上層部がすげー嫌な人達になってしまいますが、これはまあ対立者であるマダラのフィルターを通している上に、忍びなればこの程度の策謀は用いて当然だとも思いますし。
いっそこのまま、「千手一族は一部を除けば本当に利己的な人間の集まり」という路線で強化していくのはアリですね。単純な正義でなくなる分、ナルト達に苦悩する余地が生まれますし。
とにかく、主人公をもっと苦労させて欲しい。


銀魂
「あーあ、またいつもみたいにシリアス路線でいくのかなー。このままギャグで突っ走っちゃえばいいのになー」とか思いながら読んでいたので、ラスト3ページのグダグダさが非情に嬉しかったです。これだ! 銀魂に求めてるのはこれなんだ!
いやまあ、こち亀の無意味な感動狙いエピと違い、銀魂の感動狙いは話の筋道がしっかりしてるんで、あれはあれでアリだと思うけどね。でも、こうも最近同じ路線ばかりだと食傷じゃん?

あと、最初はなんちゃってホロにしか思えなかった月詠のキャラが、ギャグパート開始と同時にどんどん深まっていくのも面白かったですね。これが笑いの力か。


勇者学
今週の勇者学は、何だかギャグ漫画日和を強く連想しました。何でだろう。
あれかな。各選手入場シーンの解説とツッコミ(特にジョーのテンション上がるところ)から、そこはかとない増田イズムを感じたのかな。いずれにせよ、面白いからオールオッケーですが。

しかし、当初はそんなに強烈な印象を受けなかったブタですが、今ではこの漫画の中でもかなり存在感の強いキャラとして定着していますね。そういや、まさゆきもそうだ。
主人公(?)である鋼野が筆頭ですが、この漫画は「いかにも狙っている」キャラよりもどっか肩の力を抜いたキャラの方が、面白い存在になることが多い気がします。


ダブルアーツ
自分の上司を雇い主呼ばわりするって、どんな組織形態なんだこれ。
いや、確かに創始者の一人なら雇用主には代わりないでしょうが、何だか派遣社員みたいな物言いだぜ。

ところで、理由はさっぱり分かりませんがガゼルの創立者さん達って名前が(少なくともシスター内では)知れ渡ってるんですね。忍べ。

「聞き分けなさい!!」
頑張ってワンピのマネとかしてるんだなーというのがよく伝わってくるシーン(あの漫画こういうシーン多いよね)ですが、しかしこれが成立するのは、エルーにキリを制するだけの実力がある場合だけなんだ……。キリを気絶させて、仲間が時間稼いでるうちに担いで逃走とかね。
このメンバー構成でこういったエピソードをやると、「俺は意地でも参戦するぜ!」とか言ってるうちに他のシスターが蹴散らされ、結果として戦力の逐次投入をするだけに終わるんじゃないかな。


こち亀
書店で見かけることの多くなった分冊モノについて細かく解説されていて、オチまでもそれなりに筋道が通っているという事で、今週はかなり満足度が高かったです。
特に、両さんの気づいた「最終的にフィギアが完成する商法」は非情に納得のいくもので、僕も書店で「全巻揃えるとロボットが完成します!」とかいうあおりのついた本を見るとついつい欲しくなっちゃうんですよね。
あれは、「全部一度に組み上げるのはキツそう……少しづつ慣らしていきたい」という心理を利用した非情に上手い商売だと思います。


ぬらりひょん
うーむ、清継君大活躍だな。家がお金持ちってことで大抵の計画を実現させられる上、アクティブに妖怪へ関わりたがるため、何かイベントを起こしたい時は彼を利用すれば相当スムーズにお話が作れるんでしょうね。
他の漫画にもそういう要素はあるけど(例:万屋への依頼)、この漫画は主人公が消極的な上、他にけん引役となりうるキャラがいないため、自然と清継君に課せられた役割が重くなっています。
いっそ、横島君みたいに成長して戦力となるのも悪くはないかもしれない。

ちなみに、こういった手法が抜きん出て上手いのがTo LOVEるで、あの作品はネタに困ったら「ララの発明品」「新手の宇宙人来襲」「天条院さんの悪企み」などといった、繰り返し使えるタイプの物語フォーマットから容易にお話を作ることが可能となっています。こうして考えると、凄まじい保険のかけっぷりだ。


バリハケン
今回のお話で、団吾には発明属性まで付与されました。体力はあるし、ルックスもそこそこ、そして指先も器用って、この男勝ち組にも程があるんじゃね。
そしてそれこそが、この漫画の生命線ともいえる要素でしょう。降りかかる困難を、あくまでも団吾が独力で解決するからこそ、この読後感が保たれている。

そして、さりげなく尻持に勝利している尻取もこれはこれで大したもんだと思うのです。よくこんな変態に勝てたもんだ。
ジュンプの団体戦おなじみの、「パッとしないキャラが根性で格上に勝利するも、ダメージがたたって次の試合で瞬殺され、主人公がその仇を取るのであった……」という展開でしょうか。
例えるなら、ターちゃんファミリーにおけるペドロみたいな。


リボーン
せっかく頑張った獄寺君の属性攻撃ですが、いかんせん、この設定そのものが今まであまり活用されてこなかったため、唐突に持ち出されてきた印象があるのは拭えません。何というか、たまにナルトで属性が話に持ち出される時と同じ感覚。


ハンター
苦しいな~。冨樫先生、今回のこれはすっごい苦肉の策です。
何が苦しいって、事前に「ナックルの作戦」「ユピーの作戦」「キルアの行動」全てが描写されている点ですよね。
ここで何も疑わずにナックルが飛んじゃった以上、直前でキルアが横槍を入れないという選択肢はありません。しかし、ただ単にそれを行うだけでは大方の読者が予想した通りの展開にしかならず、敵幹部打倒のターニングポイントが平々凡々としたエピソードで終了してしまうという。

と、なれば意地でもキルアの奇襲を格好良く見せねばならないわけですが、前述の通り、キルアは事前に「奇襲かけるよ宣言」を行っているため、読者にとっては何ら予想を裏切られない退屈なシーンにしかなりません。サプライズを重視する冨樫先生の作風では、何が何でもここで読者を裏切り、キルア奇襲を「予想外の展開」にする必要があるわけです。

結果として、半ばギャグと化すくらいにナックルの死を強調し、キルアの存在から読者の目を必死に逸らそうとしたのでしょう。

提示してきた要素から読者が予想していなかった「第三の選択肢」を導き出せれば、それが一番いいんですけどね。さすがの冨樫先生も、今回は思いつかなかったか。


ポセイドン(最終回)
斬で「これ以上は絶対にありえないだろう」と考えた僕達の予想を、はるかに上回る怪作でした。……お前がナンバーワンだ!
そしてこれ、どんな経緯を辿って連載開始に至ったんだろうね。全く分からん。
そんなわけで、漫画以外の部分が気になって仕方のない作品でした。お疲れ!

[PR]
by ejison2005 | 2008-05-15 23:59 | ジャンプ感想