週刊少年ジャンプ 08年 17号 感想
ニコパレードマーチが面白すぎる件について。
なんつーか、見ていると久々にガンパレが遊びたくなってきたぜ! 僕はガンパレの戦闘システムは複雑で好きになれなかったので、整備兵→司令官と職を変えていきました。初めて遊んだ時、ぬこと戯れていたら謎の超パワーアップを果たしたのはいい思い出。オーケストラは、何であんなになっちゃったんだろう。
それでは、今週もジャンプ感想と参りましょう。


ダブルアーツ(新連載)
非常に良質な第一話だったと思います。凄いな、ここ三週の新連載は全部面白いじゃないか。
といっても、二週三週と面白さを維持できるかが重要なんですけどね。今のところ、ぬらりひょん(三週経過)はちょいと下降気味でバリハケン(二週経過)は安定している感じ。

本編の感想ですが、常に手を繋がっていなければならないというミクロな問題が、トロイの治療法解明というマクロな問題点へ直結した構造になっているのが非常に良かったと思います。
根本的にヒロインを救うには(不自由なく日常生活を送らせてあげるには)、主人公が協会本部に辿り着いてトロイの治療法を見つける必要があるわけで、ヒロインの生死が世界の興亡とほぼイコールなわけです。いや、ヒロイン死んでも主人公さえ辿り着けばOKなわけだけど、それはバッドエンドでしかないしね。
ストーリー上の目標も、「協会本部への到達」と具体的に示されましたし、今後が楽しみな作品です。
……でもなあ、打ち切られそうな匂いもバリバリするんだよなあ。果たして、メイン読者層に受け入れられるんだろうか。

こんな風に思えてしまうのは、もちろんこういったジャンルが受け入れられづらいものであるのもそうですが、バトル描写があまりよろしくはないというのもありますね。
ありていにいって、ちょっと暗殺者さん弱すぎるだろうと。
胴体などの他部位ではなく、わざわざ握り合っている手を狙うという思考回路が意味不明ですし(弱点って何だよ弱点って)、そもそもこのくらいでどうにかなる程度の実力しかないのなら、シスター達があそこまで恐れている理由もありません。
今回登場した彼が、たまたまルキア如きに倒されたディ・ロイ並のタコスケであったというのなら納得ですが、他の暗殺者達まで似たような実力なのだとしたら、やっぱり打ち切りコースだろうと思います。
個人的には、現在のサイレンにおける放浪者と禁人種くらいの実力差が丁度良い塩梅だと思うよ。もっと具体的に例えると、アサシンクリードの主人公くらいの戦闘力は欲しい。

どうでもいいけど
最初、タイトルを「ダブルアーッ」と間違えた俺は魂魄を百万回引き裂かれて消滅した方がいい……。


ワンピース
短いのはいいんだけど、各々のバトルを省略しすぎて今度はダイジェストみたいになってしまっているんですよね。
尾田先生はどうしてこう、極端から極端へと移行するんだろう。

ブルックはラリホー使いでした
うおっ! ブルックつえー!
戦闘力では同じ剣客であるゾロよりも格下な印象の強いブルックでしたが、こんな特殊能力を備えてるんなら全然活躍の幅はありそうです。スピードでは麦わら一味でもナンバーワンだし。
以前の戦いでこの技を使わなかったのは、アンデット系の敵にはスリープが効かない法則だと脳内補完。


ナルト
以前、冗談で「イタチが死んでも天照が解除されなかった場合、地球が滅ぶのでは?」と書いたわけですが、なんか本当にそういう展開が待っていそうです。うちは一族ろくでもねーなー。
大蛇丸の化身であろう白蛇が炎に焼かれて死んだのはおそらく、イタチが頑張ったんだろうとは思いますけども、それならそれでもう少し分かりやすく、彼が最後の力を振り絞っている(っぽい)描写を加えるなどはして欲しかったところ。

その頃のナルト達
集団戦闘するシーンが、思いっきり省略されてて笑ってしまいました。まあでも、描けないものは描かないってのはひとつの選択肢ではありますね。
この場合、難点とすべきなのは例によって一部のキャラを除けば棒立ちしていたっぽい雰囲気をかもし出していることでしょう。素晴らしいチームワークです。


バリハケン
団吾サイドと火讐サイドでザッピングしている部分は、やや煩雑で読みづらい印象しか受けませんでしたが、それ以外の面ではおおむね初回と同等の水準を保っていたと思います。すなわち、キャラがそんなに不快ではなく、要所要所のギャグでクスクス笑える状態。
うん、鈴木先生はとても良い意味で力が抜けていそうですね。このレベルを維持したまま、ずるずると続いていって欲しい。そんな漫画。

ところで、妹喫茶でケチャップをぶっかけられるくだりはそういうサービスなの? 単にこのメイドさんがミスっただけなの? 教えて! エロイ人!


アイシールド
赤羽「俺がアイシールドだ!」
       ↓
赤羽「ごめん、実は俺騙りなんだ……」
       ↓
大和「俺こそ正真正銘、本物のアイシールドだ!」 ← 今ここ
       ↓
大和「すまん、実はおれアイシールド22なんだ……ほらゼッケン見てよ」

クリスマスボウル終了後は、アメリカにいる本物のアイシールドと戦いにいくお!


リボーン
バイシャナさんのボックス兵器が、他のボックス兵器を食うことでパワーアップするタイプだったというのは良かったと思います。これならまあ、味方同士ですったもんだした理由付けにはなりますし。

しっかし、笹川兄は十年ですっかりギャングの世界に染まったなあ。一体何があったというんだろう。頼もしいんだけど当惑するぜ!


ブリーチ
ニセ空座町を用意したというくだりは、何だかドラえもんの鉄人兵団を思い出しました。
あっちと違って、人は普通に往来しそうだからやっぱり犠牲者が出るような気はするけども、何もしないよりは何百倍もマシですしね。

ところで
久保先生がウルキオラさんを復活させたついでに、死にかけたまま放置されているグリムジョーさんのことも思い出してくれるといいナ!


ぬらりひょん
うーむ、坊ちゃんモード時のリクオがあまりにも頑な過ぎて、ちょっとどころではなく悪影響を及ぼしてしまっている感じです。
大体、この漫画の読者は妖怪サイドに肩入れしているわけですから、主人公御自らにそれを悪く言われて気分が良くなるわけないですからね。「変身すると物分りが良くなる」ではなく、今回のイベントを通じるなりなんなりして普段からもうちょっと妖怪の存在に対し、肯定的にした方がいいんじゃないかな。


スケットダンス
ボケが完全に消え失せると、この漫画は絶望的につまらなくなるんだなーと思い知りました。しかも、ボッスンと会長って実は両陣営で最も影の薄い二人だったりしますし(主人公とその対となるキャラなのに(笑))。
比較的どうでもいい二人が、この漫画に求められてないシリアスなノリで、ルールを理解し難いゲームを大真面目に遊んでいるわけで、シリーズ最終戦なのに随分と弱い締めになりそうな気配です。


こち亀
今回はとても興味深い内容で、部長が一方的に貶められている点を除けば満足のいく出来だったわけですが、この本って肝心要であるセルフアレンジメントを作成するページが単なる白紙じゃね? 中川の会社はいい商売してるなあ。


ハンター
かつて、ここまで恐ろしい主人公が存在しただろうか……。
特にね。キルアの発言を遮って自分が質問するシーンが半端なく恐ろしいです。マジ怖い。ゴン怖い。この子の不興を買ったら間違いなく殺される。
今回のエピソードだけで考えると、明らかに王様よりもボスキャラらしいですよね。ゴンってば……。この漫画に善も悪もねえけどさー。

そんな風にゴンがモンスター化していく一方、ピトーが王様に引きづられるようにして人間性を獲得していってるのが面白いですね。以前は割と純粋悪みたいな雰囲気を漂わせていたピトーですが、すっかりハンターキャラらしくなりました(悪役だけど悪いだけじゃない)。

あと、この問答はゴンの勝利フラグと考えていいんでしょうね。葛藤の末、コムギちゃんの治療を許可したゴンに恩義を感じたピトーが、途中までゴンキル側の要望通りに全力で戦った後、ここぞという場面でわざと手を抜いて討ち取られるという。
強くなったとはいえ、力押しになりやすいゴンキルの能力でピトーに勝つ展開は想像し難かったのですが、これなら納得のいく結末になりそうです。
キルアも離反しそうな気配を漂わせていますし、「不本意な勝利」「親友との別れ」「カイトの死(あれ助からんでしょう)」というバッドイベントを立て続けに食らわせてゴンをどん底に陥れるつもりなのかな。


勇者学
楽屋ネタでのやり取りが非常に面白かったです。僕はこういう、作中の登場人物達が自らを架空の存在だと理解した上でボケ倒す展開が大好きなんだよな。
あと、勇者部の面々がそれなりに和気あいあいとしているのを見ると幸せな気持ちになりました。最後に、ちゃんと河野へフォローを入れようとしているのもグッド。


サイレン
あー、なるほど。このゲームにおける定石のひとつは、何も知らない人間を好き勝手に行動させて禁人種とエンカウントさせることで、安全なルートを割り出したりすることなのか。
これ、そのうち登場人物の誰かが気づいて仲間割れの原因になったりしそうですね。


To LOVEる
基本的にエロスばかりが注目され、実際にそこが最大のポイントでもあるこの漫画ですが、449ページからのわずか六ページで世界の基本法則を分かりやすく描写している辺り、構成力にも確かなものがあると思うんだ。
淀みなくスムーズに話を展開させていくっていうのも、立派なスキルですしね。


サムライうさぎ
拙者、毒を流し切るまで出血したら人は死ぬと思うのでござるよ……。
てっきり峰打ち合戦になるのかと思ったらバッサリやっちゃって、それでもなお気絶する程度で済んでますし、前からそうではあったけど、どんどんワンピバトルになっていってます。
掲載順位も凄いことになってきたし、今期で打ち切りか……!

[PR]
by ejison2005 | 2008-03-26 02:18 | ジャンプ感想 | Comments(15)
Commented by 時を止めるジョジョ at 2008-03-26 09:22 x
>>ダブルアーツ
僕も今期新連載の中で一番気に入った漫画なのですが、やはり打ち切られそうなんですよねえ…。
でもこの漫画は1年以上やって真価を発揮するタイプだと思うのです。だからやっぱり長続きしてほしいなあ…。
>>ワンピ
ブルックはFF的に言うと刀装備のアビリティを付けた吟遊詩人といったとことでしょうね。
そしてリョーマと戦ったときに使わなかったのは、ゾンビだからという理由以外に、相手が幹部的存在だったからというのもあるんでしょうね。(レベル2オールド等の例外を除いてボス相手に状態異常が効かないのはRPGの常)
>>ToLOVEる
( ゚∀゚)o彡゜クンニ!クンニ!
Commented by こう at 2008-03-26 09:36 x
>ダブルアーッ
ヒロインの中性的な容姿も相まって私もそう見えました・・・ちょっと引き裂かれてきます。
まあ、それはさて置き、やはり気になるのは戦闘描写の拙さですね。そういえば今までの読みきりで戦闘シーンが無かった・・・。
手を繋いでいることが弱点なのはまあ、事実なのですが・・・だからといってそこを攻撃するわけが無いんですよね、急所じゃないんだし。
弱点である事を見抜かせるにしても、その際に敵が仕掛けてくる攻撃はもっと別のものであるべきだし、簡単なトラップでも準備しておいて欲しかったです。

>ブリーチ
>>通行人が~
住人はソウルソサイエティにいるし、確か戦闘時には空間封鎖する技術があったので、その2つで通行人は完全に排除できるんじゃないでしょうかね?

>リボーン
バイシャナのボックスの特性の他にも白と黒の不仲の問題もあるみたいですね。
白と黒を一緒にすればけん制し合い、白同士を組ませれば自由になった黒が基地に探りを入れだす。なんてやりにくい組織だ・・・。
まあ、仲間を攻撃した理由としてはこの2つがあれば十分納得できるレベルのものだと思います。
Commented by こう at 2008-03-26 09:38 x
>ぬら孫
1話が主人公の紹介で、2話が人間サイドの紹介で、3話が妖怪サイドの紹介なので流れとしてはスムーズなんですがねw
ただ、やっぱり主人公をもう少し妖怪寄りにしておいたほうが、何かと都合がよさそう。

>ハンター
ゴンはもともと野生的というか、直情的というか、どこかしらそういうところがあったので、恩人を殺した相手を前にすればこうなるのは仕方なしでしょう。
しかし・・・そうは言っても・・・これは恐いなぁ・・・。ジャンプ主人公でここまでキてる主人公は夜神月くらいでしょうか?まあ、かなり方向性が違うので比較しにくいですが。
ただ、必然性も無く戦って解決しようとするのではなく、勝てない時は戦わないのも一つの戦い方として認められているこの作品はやっぱり深いなぁ。

>サイレン
ルールが色々ハッキリしてきたことで理不尽さもさることながら、意地の悪さが垣間見えてきました。
無闇に生存者を増やすとまとまりがなくなるので、大半の人に死んでもらって生き残った人に仲間になってもらったほうが御しやすい。
また、警戒区域を通過する場合、一般人を偵察に利用したほうが自分達の生存率も跳ね上がるわけで。
Commented by humat at 2008-03-26 10:21
>ダブルアーツ
以外にも今回のはエジソンさんでも好評だった模様。というかクオリティ高いな。今回の新連載は。まぁ、続けばいいのですが・・・・・。それとダブルアーッはよく分からないのですが自分はあの手の繋ぎ方をみてラピュタのバルスのほうを思い出しました。ダブルアーッって聞くとYOUTOBEの「二重の極みアー」くらいしか思い浮かばない自分は一体・・・・・・・。それで正解なのでしょうか?まぁ、岩代先生の「みえるひと」みたく長く連載してたら化けそうだ。

>REBORN
白と黒の中の悪さから見ると白蘭がボスだからのと白蘭の狙いのトゥリニセッチというのがあるからこそ成り立ってる組織というべきか。相考えると黒のほうが以外にも正体隠したりなんなりして「白と手を組むよりボンゴレの方について手を組んだほうが自分等がトゥリニセッチの完成品を独り占め出来るんじゃねという考えの奴が出てきてもよさそうだ。自分としてはですが・・・・。
Commented by ポルカ at 2008-03-26 15:01 x
>ダブルアーツ
トロイという疫病を見て思い出したのが、手塚治虫「ブラックジャック」の体がどんどん縮んでいき、最後は赤ん坊ほどの大きさになって死んでしまう病気です。あれも体に触れただけで感染してしまいますからね。本当に怖かったです。
しかし、こちらの場合は最後は体が透けてなくなってしまうというので、自然発生的な疫病ではないんじゃないかなと思います。暗殺者たちの上層部が何かしら絡んでたり。
まだ第一話なのでなので何とも言えませんが。
バトル描写の拙さは私も思いましたね。繋いだ手を狙わせるなら、あえて手を繋ぎ続けなければ死んでしまうということを知らせればよかったのでは? もちろん直接言うのではなく、相手に盗み聞きさせるように話して。

>ぬら孫
闇リクオの記憶が人間時のリクオに反映されないのが難点ですね。そのせいで三代目を継ぐ意思と同時に、妖怪に対しての理解も封印されてしまうので。
でも、きっとこれから人間時のリクオに三代目の座を継ぐことを決意させるようなイベントがあるはずです。来週から本格的に闇リクオが動き出すようで、ここからが本番です。
Commented by ポルカ at 2008-03-26 17:20 x
>ぬら孫 続き
ところでこの漫画のヒロインって誰なんでしょう? 普通ヒロインは3話目にして速攻に省かれたりしませんよね。いや、まあ雪女がヒロインでも一向に構わないのですが。

>ブリーチ
よく考えれば囮作戦で破面側にも甚大な被害が出てるんですが。十刃の内半数以上が死亡したり存在を忘れられたり。十刃の10番の人とか何やってるんだろう。

>ハンタ
こいつは素敵だ。面白くなってきた。

普段は気丈に振舞っている女の子がたまに見せる意外な一面とでも言うのでしょうか? とにかく今回のピトーにはときめいてしまいました。
ハンタがこの先何年連載されようとも、ピトーのこんな姿を見ることができるのはこれが最初で最後なんだろうなぁと思うと、今週の話はものすごい貴重なものだと強く強く思うのです。
Commented by ポルカ at 2008-03-26 17:21 x
>To LOVEる
そういえばTo LOVEるの急展開はいつものことですが、読者を置いてけぼりにはしてないですよね。

>マジカルキョーコ
さすがに高2で魔法少女はきついんじゃ……。まあ精神年齢は相応なのでいいのか?

単なるお遊びで出してたのかと思ったら、イヴのように再び黒猫からサルベージするつもりのようですね。その内ザスティンの副官あたりにセフィリアさんが出てきそうだぜ。
Commented by at 2008-03-26 20:41 x
>ネウロ
ちょ、ネウロ、いきなりそんな説明しても
3日3晩食事抜きで地面に埋められてた人間には理解できないっすから

>サムライ
掲載位置がヤバイ所に
無理なバトル展開の反動なのかしら

>ナルト
カカシ「シノ任せた」→シノ「俺の出番だな」
……えっ?キバとナルトが戦ってる時にシノ何してたん?
こっそり蟲を2,3匹見えないようにくっ付けさせるとかしなかったの?

来週が不安だ
キャラの株を落とさないようにして欲しいです
Commented by 通りすがりの勇者 at 2008-03-26 23:50 x
ナルトについてのツッコミです。
以前(確かイタチが螺旋丸修行中のナルトを攫おうとした時)、イタチが自来也の術を破る為、天照を使ったのですが結局普通に封印の巻物で鎮火されてしまってたので、地球が滅ぶということはないと思いますよ。
Commented by パポパポ at 2008-03-27 01:16 x
ちょっと今週は異常に長くなってしまったので、mixiの方にて。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=754909358&owner_id=14444019
Commented by トーリス狩り at 2008-03-27 05:45 x
>ハンター
ピトーは王の命令を守る為に懇願してるのであって別に人間らしくなった訳じゃないかもしれません。だから治療が終わったら護衛軍との使命として侵入者を排除しようとするんじゃないですかね?
でも覚醒した王を見て涙を流してたしあれで本当にピトーも白化したのかも…うーん、全く分からない…

あとどうでもいいですけどゴンの「タスケナクチャ」を見てテニスの皇帝が「コムギを助けんかー!!」と見開きで叫んでいる様子をイメージしてしまった…

とりあえずハンター的に考えると来週の展開は多分こうですね。
ピトー「だって大切な人なんだもん!(ガクブル)」
ゴン「あ~もう我慢できね。殺るよ?殺るよ?殺るよ?」

>サイレン
なん…だと…?
Commented by ニテンドー at 2008-03-28 22:24 x
>ダブルアーッ
ダブルアーッ吹いたww今週のマイフェイバリットギャグですww は置いといてミロ
バトル描写についてなんですが、バトルは本題ではなく「ついで」なのでそんなに重要視しなくてもいいのでは?
だってこれのい最初の1ページ目に思いっきりとらぶるのかほりがしましたもの。
>とらぶる
どうでもいいけど空手チョップでしぬタヌキモドキ(俺命名)がでてくるあたり、普通のRPGと同じように序盤はザコで経験値稼ぎさせてくれる
普通のゲーム設定になってるんですね。この辺見ると、多分この世界に導いたであろうキョーコさん、
(恐らく特撮ではなくホンマモンの魔女(ていうか魔女って言う種族の宇宙人かな)さん)は純粋に皆とゲームして遊びたいという理由で、
かえって皆に迷惑をかけてしまう流れの話なんでしょうと予測。
そして前作のキョーコさんを省みるに、マジカルキョーコさんもリトにベタぼれする流れ・・・
う~んこれ以上モテたらちょっとリト君天井につるしたくなるなぁ・・・
Commented by 続・ニテンドー at 2008-03-30 00:18 x
>ハンター
まだ読んでなくてゴンがそんなにおそろしいの火と思ってみたらあんた、このこ狂気の沙汰じゃないですか。怖いヨおかあちゃんw
どうでもいいけどキルアが「母親のよう・・・」って行ってるこまのピトーさんの目が、
とてもベルサイユのバラでした・・・
Commented by ミラ at 2008-03-30 17:51 x
>ハンター
初登場の頃に比べると、やっぱり大分性格変わりましたね。あの誰でも信じてしまうお人よしのゴンがこんなに・・・。まあ、恩師をあんな目にされたら怒るのも当然なんですが、一応何でも言う事を聞くといってるんでカイトのことを交渉するんでしょうね。

>バリハケン
相手を助けるシーンですが、抱き枕と勘違いしたとかじゃなくて、そこは普通に助けた方が好感度がましていいかなと思いました。それにしてもこの作品は好きなんだけど、子供たちに受けているのかが心配。

>こち亀
自分もやったら部長さんみたく少ないですよ・・・。しかし、これは中々いいアイディアですよね。工夫したら色んなことにも活用できそうだ。
Commented by K at 2008-03-31 12:13 x
>ナルト
サスケとイタチが倒れてから、無駄なページにしか思えない物が続いてましたね
あれは余韻を出したつもりなんでしょうが、イタチvsサスケの戦闘のテンポの異常な悪さのせいでマイナスにしかなっていないんだぜ、と