週刊少年ジャンプ 08年 15号 感想
今月のスクエア読んだよ~。屍鬼はいいなあ。すごくいい。
超常的な能力を有していそうな吸血鬼(だよね?)が、「虫さされに思われるような噛み方をして偽装する」という妙なセコさを発揮しているのが素晴らしいです。
何というか、この漫画の吸血鬼ってあまり強くはなさそう(だからこそこんな偽装をしてるんだろうし)なんだけど、それが逆に恐ろしさを増してるんですよね。人間でも正体さえ知れば対抗は可能そうなレベルなんだけど、それはあっちも承知しているからバレないように一生懸命能力を駆使して仲間を増やしていくという。
ヘルシングでも、「吸血鬼が恐ろしいのは知恵を持ってその力を行使するからだ」と言ってたんだけど、まさにそれを体現している感じ(あちらは小細工無しでも恐ろしいけど)。
あとは、らく☆てぃらが相変わらず面白かったですね。ほんと、風天組は何だったんだろう。
それでは、今週もジャンプ感想と参りましょう。


ぬらりひょん
07年35号に掲載された読み切りでは、「別にヒロインがさらわれなくても物語の進行に支障はない」という問題点が存在したわけですが、今度の新連載にあたって、そこら辺が是正されていてとても良かったです。ヒロイン救出イベントに必然性が盛り込まれたことで、グッと感情移入しやすくなっている。

他に目立ったいたのは、主人公の性格設定が変更されていることですね。中学生バージョンの方は読み切り版と同じ坊ちゃん系主人公みたいだけど、小学生時は近頃珍しい正統派少年主人公として描写されています。
で、坊ちゃん系主人公というのはややもすると読者から嫌われるものなのですが、この作品は小学生の時に遭遇した事件を通じて、主人公の性格が変換していく様を丁寧に描写しているのが良いですね。
これによって、中学生時の性格が単なる煮え切らない少年から、確固たる意志をもってそうあろうとしている姿になっているわけで、好感度が段違いとなっている。

全体的な構成については、「現代では妖怪なんてそうそう恐れられない……というか信じられてない」という作品世界全体の問題を掲げつつ、主人公がその解決策を提示しているのが良かったですね。
ミクロな問題(主人公がどう生きるか)とマクロな問題(この時代、妖怪はどうあるべきか)とが同一線上に配置され、主人公の行動そのものが作品世界の問題解決に直結する構造となっている。

設定的に、奴良組と敵対勢力の妖怪とでバトル漫画になりそうな気配がプンプンする本作ですが、個人的には同じく妖怪漫画であるぬ~べ~くらいのバランスでやってくれると嬉しいなーと思っています。


ワンピース
うは、はっちゃん出てくるのか(笑)。まあ、扉絵連載でもいましたしね。
デュバルさんの中の人もどうやら過去キャラの誰かみたいなので、今シリーズこそは気軽に楽しい話をやってくれるといいナ!
あんまり真面目で重っくるしい企みが進行したりせず、麦わら海賊団が軽~く乗り込んで「おっお前は以前に出てきた○○○~っ!」とか言いながらサクッと殲滅するような展開が望ましい。


ブリーチ
ああー! そうそうそう! 何かをスッポリと忘れているような気がしていましたが、そういえば破面編の大筋は拠点防衛ミッションなんでした! あまりにもルキア救出時とシチュエーションが似ているために、勘違いしてた。
これで、「愛染さんの狙いは十刃と隊長格達を虚圏で戦わせ、その隙に自分達元死神チームの手で空座町を制圧する」とかだったらなかなか熱い展開なんですが……うん……ないな……自宅待機命じてたし。


ナルト
あ、スサノオも一応は車輪眼に関連した技だったんですね。もう、瞳術とか一切関係ない気はしますが、幻術合戦に比べりゃナンボかマシなんでそこは積極的にスルーしようと思います。まあ、マシってだけで決して面白くはないんですが。
それにしても、今週のナルトはブリーチみたいな展開でしたね。後出しに継ぐ後出し。

十拳剣
そういや、前にも草薙剣がどうとか言ってましたが、そもそも「草薙剣とは何なのか? 作品世界内においてどういう存在なのか?」が全く提示されてない読者にはわけワカメなんだぜ。
ですが、今更岸本先生に多くを期待しても仕方がないのでとりあえず展開予想をしておくと、多分これはサスケへ全能力を譲渡するなり、志を受け継がせるなりするフラグでしょうね。
一応振り返ってみると、わざわざそのために用意していたかのような封印剣だの、「…出るものが出たな…」という台詞だのと伏線らしきものはありますし。お約束パターンだしね。
毎度のことですが、岸本先生の構成能力が発想に全く追いついてなかったというところでしょう。


リボーン
先週まではとても面白いバトルだったのに、急にダルさが増してきました。どう考えても、今週のお話は蛇足だと思うなあ。あれだけ大見得きっといて、撃たないとかもうね。

それに今週の後半では何故か足場の有無が問題になってるんですけども、そもそもツナが当初気にしてたのはキング・モスカにイクスバーナーが当たるかどうかなんですよね。
普通に当てられるのなら冒頭一ページで決着がついていたわけで、ちょっと天野先生混乱してるなあと思うのです。

多分ね、今週こうなったのは天野先生が自分の作品に対して誠実すぎたのが原因だと思うんだ。
キング・モスカとツナの設定を脳内で比べるうちに、
「あれ、これじゃイクスバーナー当たらなくね?」
と展開の矛盾点に気づき、それにアンサーを出そうと知恵を絞るうちに、
「よし、じゃあキング・モスカのスラスターを破壊させよう」
「……そうなると、キング・モスカも反撃するよな。しかも、零地点突破改を参考にしてるから弱点を突いた攻撃をしてくるよな」
「……となると実弾攻撃を敢行するわけだが、こんな狭い空間でバカスカ撃ってたら足場にも当たるよね」
「じゃあイクスバーナー撃てないじゃん! どうしよう!」
「……待てよ。もともと、柔の炎で剛の炎を支えるという技なんだから、足場は関係ないじゃないか!」
「やったあ! 問題解決だよ!」 ← この時点で当初の問題を忘却
↑こんな行程を辿ったんじゃないかと。
僕としては、先週まで読んでてもキング・モスカが回避できそうなイメージは微塵もなかったんで、気にせず撃たせちゃえば良かったと思うよ。


こち亀
iVDRって軽くググッてみたところ、本当にあるらしいですね。ちょっといいなあコレ。
そんなわけで、今週は個人的に興味深いお話だったので満足度はそれなりに高かったです。ブルーレイ勝利で固まっている今、HDDVDがどうのという部分はかなり寒々しかったですが、秋本先生は予知能力者じゃないもの。原稿上がってから雑誌掲載までのタイムラグを考えると、こればっかりは仕方がない。

難点は、途中で無理矢理挿入されている「ちょっとイイ話」ですね。ここだけあきらかに浮いてしまっており、心底どうでもいい場面となってしまっている。
本当、悪い意味で子供騙しですよね。スイーツ。


To LOVEる
特に必要性もなくメイド服に身を包んだ御門先生が、とてもこの漫画らしくて良かったです。流石は先週、ガーターつけたまま就寝していた女なだけはあります。
あと、擬態した各キャラがエロエロになっていた原因は、モシャ・クラゲの不調と情報を読み取った相手がララだったことが、フィフティフィフティで重なり合ってると思うんだ。この漫画は、「地球の大気が身体に合わない=エロい行動を取る」で、読者も登場人物も納得できちゃうのが凄まじい。


ポセイドン
げげぇーい! 最終回じゃないのかよ!
ちょっとこれ、読者に喧嘩売ってるにも程があるんじゃないかな~。今回のお話を読んでると、作り手が「この漫画は不人気である」とはっきり理解した上で、あえて最終回っぽい展開にすることで打ち切りを望む読者を釣り上げてるようにしか思えないんですけど。
そんな風に思えてしまうのは、僕がこの漫画を嫌いすぎてるからなんでしょうか。う~む。


ネウロ
十万単位で死傷者が出る予定だったDRさんの時と違い、テラさんが今回提示したのはたったの(というには多いですが)千人に過ぎないわけで、ちょっとネウロにとってリスクとリターンが吊り合っていない気はしますが、それを除きさえすればとてもとても良い展開だったと思います。
特に、「コンキスタドール=新しい血族」というのは面白いアイデアでしたね。確かに、凄まじい略奪っぷりだもんなあ。彼ら。


銀魂
ちょっ! これジャンプに載せちゃっていいのか! 本当にいいのか!?
いや、僕としてはゲラゲラ笑えたから別に構わないんですけども、今週のギャグはどれもこれもストレートに自慰行為を示唆してしまっているわけで、掲載誌が週刊少年ジャンプであることを考えると限りなくブラックだと思うんだぜ。


スケットダンス
おお……こ、これは……!
浪漫ちゃんによる一連のギャグがとてもとても面白かったのもさることながら、個人的には生徒会メンバーである丹生がちゃんとボケてくれて、しかもそれがきちんと笑えるものだったのが非常に嬉しいです。やればできるじゃないか、生徒会!

ただ、裏で友利さんが根回ししていたというのは本当に蛇足だったと思います。田所さんが言ってたように、個人的な好みの問題でいいじゃない。
それに卯丹のシーンで、金による解決を否定する流れになっていましたしね。
何より、せっかくギャグ寄りになっていた流れがシリアスっぽくなってしまったのが残念。


ハンター
ナックルがオーラを返されちゃうシーンでちょっとした疑問が湧いたんですけど、これ本当に利息と全力パンチ一発分のダメージを返されたんなら、ナックルはもっと痛がってなければおかしくないでしょうか。それこそ、メレオロンごと吹っ飛ばされて神の共犯者が解除されちゃうぐらいに。
こういった疑問を抱いてしまうのは、ハコワレが「純粋にオーラを貸し付ける能力」なのか「ダメージとして通った分のオーラを貸し付ける能力」なのかが判然としないからですね。ゴン相手に使った時の話を読む限りでは前者なのですが、今週は明らかに後者となっている。
う~ん、どうなっているんだろう。

ナックルの誤算
うひー、負けフラグ立ちまくってる……。
『誤算があるとすれば…シュートと違いナックルには攻撃を回避する手段が存在しないことである』
とか何とか言われて、回避不可能の強打(先週発生した振動の正体)で沈みそうな気配がプンプンします。
その後は、ユピーの注意がナックルへ逸れた隙を突いた神の共犯者+ホテルラフレシアのコンボで攻撃かな。何を奪えば死ぬんだろうという気はするけど。
頭を奪ったところで、セルみたいにニョキニョキ生えてきそうだもんな。

後日追記
コメントで指摘されたけど、ハコワレは借金返済されるまでダメージ受けないんでした。ご指摘に感謝!


勇者学
うわ……こりゃ河野ちょっと調子に乗りすぎだよ。
四千円近くするクッキー詰め合わせはともかくとして、百円均一で売ってそうなドロップスって薄情すぎるでしょうに。まさゆきにしたって、最初からそれなりのものを提示されていればここまで怒らなかったでしょうしね。
まさ子の性格を知らなかったからだけど、それはそれでツラだけを見て判断していたということですから。
いや、僕も単に顔が好みじゃないから避けようとするくらいならここまで悪感情は抱かないんだけど、今週の河野はまさ子の容姿と金銭とをダイレクトに天秤へかけてるわけですよ。それはちょっとばかり、自分に正直すぎるんじゃねーの?


サイレン
だ、第十三話でこの掲載位置は不吉な香りがするぜ。元々、メイン読者層に受けるかどうかは疑問符が付くタイプの作風でもありますし。
また、今週出てきたエルモアのキャラクターもあんまりセンスが感じられないんですよね。あらためてプロフィールを語られると、五億円というのはかなりセコく感じられますし、造形そのものもどっかで見たようなものです。
特に、五億円という懸賞金の額が気になりました。ジャンプでは似たような路線のキャラにハンターのバッテラさんがいて、そちらは五百億もの賞金を掲げていただけに。


キックアウトセン
んー、会長のキャラとかはかなり良かったと思うんだけどなあ。それでもやっぱり、二~三話目辺りから漂っていた打ち切り臭はいかんともしがたかったのでしょう。
何度か述べたけど、全体的に一歩からの影響を強く感じられ、なおかつその部分が劣化品に過ぎなかったのが問題でしょうか。特に主人公のタフネスぶりが、物語を興醒めさせる方向にしか駆使できてなかったのが致命的だった。

[PR]
by ejison2005 | 2008-03-12 04:27 | ジャンプ感想 | Comments(46)
Commented by ichiG at 2008-03-12 05:40
勇者学に対しての感想が真面目すぎるでしょww
ギャグ漫画なんだから・・・
Commented by ぺんぼー at 2008-03-12 06:47 x
「屍鬼」は原作小説を読んだ僕にはフインキぶち壊しの糞漫画にしか
思えないのですが多分それは原作を先に読んだが故の先入観のせいでしょうねー。
だっておなじく原作ぶちこわしの「シグルイ」、僕にとっては面白いですし。
Commented by at 2008-03-12 08:40 x
ナックルはユピーがオーラを返しきるまでダメージは受けないはずですよ。
ゴンと戦った時にそんなこと言ってましたし。
Commented by ガーターベルト at 2008-03-12 16:22 x
デュバル=モーガン大佐
これはガチ
Commented by ポルカ at 2008-03-12 17:17 x
>ぬらりひょん
これは面白いです。期待していた通り。
読み切りの時に気になっていた、妖怪が入り乱れて戦ってるコマのごちゃごちゃ感も改善されてるっぽいですし。あと、屋敷で開かれた集会にやってきた妖怪たちの列に「瞳のカトブレパス」のハクタクさんらしき姿が……。カトブレパスはエジソンさんと白虎のキャラ像を予想し合ったのに、未登場のまま打ち切られてしまったのが軽いトラウマです……。

今後の展開ですが、やはり人間を襲う敵対勢力の妖怪とのバトルになるのは避けられない気がします。
しかし、リクオ側の妖怪は「人間を襲うのは悪い事であり、人間は無条件に守らなければならない」とは考えていないんですよね。人間を襲っても妖怪としての名が堕ちるだけ。人間を襲うのは「罪」ではなく「恥」である、という考え方でしょうか?
Commented by ポルカ2 at 2008-03-12 18:11 x
>ハンタ
ピトーはポットクリンを見つけると真っ先に能力者(と思っていた)のシュートを殺そうとしましたが、たしか念能力はスタンドとは違って能力者を殺しても能力が解除されるとは限らず、むしろさらに強力になる危険があると除念師の説明でそんなようなことが説明されてた記憶があります。
ここらへんがピトー=単細胞と言われる所以なのでしょうね。
Commented by ミスター小結 at 2008-03-12 19:30 x
・ぬらりひょん
カナちゃんより雪女の方がかわいい件について。
・鰤
明らかに一護か剣八の剣のどちらかが織姫を捉えてた件について
・ハンタ
念能力無くてもピトーなら二人をみっくみくにできるんじゃないかと思う。

という点が気になりました。ポセイドンは初めて新連載時にすっとばした漫画で、今も読んでませんw
Commented by 時を止めるジョジョ at 2008-03-12 20:25 x
>>ワンピース
僕も他の方々がおっしゃってるようにデュバル=モーガンだと思います。
あと、今回はさくっと終わってほしいというのは僕も同感です。
もし予想通りモーガンだとしたら苦戦するなんてありえないし、
ジンベエ一味とのバトルも後々あるでしょうから。
>>ブリーチ
で、愛染たちが空座町に行ったら仮面の軍勢と対峙するんでしょうかねえ
それとも一護の親父たちが相手になるのかな?まあどうでもいいけど・・・
>>ポセイドン
この漫画ほど打ち切られてほしいと思う漫画にはかつて出合った事がないと思う
マジ今週本当に打ち切られてりゃよかったのに・・・
>>ハンター
今回のラストの誤算というのはやはりナックルが出てきたことにより
逆にシュートの気力が削がれたとかそんなことだと思います。
ユピーに対してもそんな描写がされてましたし
ラストのコマの変な空間もなんとなくシュートっぽいですしね。
Commented by at 2008-03-13 02:21 x
>ハンター
ナックルの貸し付けたオーラを返済しきるまで、ダメージを与えられないはずだったような気がしますが

>ナルト
スサノオの迫力の無さが酷い
大蛇の扱いが酷い
変な作者補正付与のサスケに倒された→変な新設定追加されたイタチに倒された
初期のイメージがもう皆無ですなぁ、何と言う噛ませ丸
Commented by パポパポ at 2008-03-13 03:33 x
<サイレン>
「私にタッチできるまで私の部屋に通うこと・・・」
「今日の晩ごはん何にする?」
あれ?これなんのマンガだっけ?

・天樹院家
うさんくさっ!なんてうさんくさい名前だ!
エルモアはともかく、ヴァンの方はさすがにゲームクリアはしてないと思われるので、現役ドリフトか天然エスパーかな。そうだとしたら、天然とドリフトで何か違う点とかあるんでしょうか。
金額については、まあバッテラは全財産処分するつもりでやってたので5億はそんなもんかなーと。人生2回分の金と思えば。

・おっさん
死んだかー。もっと生かしといても面白かったと思いますが。

・アゲハのPSI
命名:ヴァニラ・アゲハ。やっぱり他とは異質だしパワーも段違いですね。次元とばす超能力とかだったりして。
Commented by パポパポ at 2008-03-13 03:47 x
<新連載・ぬら孫>
そういえば、ぬらりひょんが大妖怪って設定は鬼太郎以後なんでしょうか。原作は知りませんが、アニメは確か鬼太郎の宿敵みたいな扱いでしたし。鬼太郎以前の妖怪観をあまり見かけませんが。
「シノギ」は全然との事なんで、人間社会に寄生する形で生きてるんでしょうが、その辺りは描かれるのかなあ。

<ワンピース>
モーガンかクリークかクロかベラミーか・・・アーロンは逆にないかなーと。はっちゃんをボコる理由もないし。

<ブリーチ>
あれ?なんで頭に穴あいてたんだっけ?

・空座町
あ、そんな話だったっけ!ようやっと仮面の軍勢の出番が・・・?
でも、藍染の目的がさっぱりわかりません。尺魂界の王様になってどうするんだっけ。崩玉とかもあったし、テレビの伏線とか久保先生覚えてるのかな。

<ナルト>
もう叩き疲れました。
Commented by パポパポ at 2008-03-13 03:55 x
<こち亀>
序盤には全体的に賛成ですが・・・

1・記録媒体やテレビの文句の話
2・映像の編集の話
3・修学旅行とカメラの話

の3エピソードで作ってるのに、その繋がってる部分(時代の移り変わり)をオチに持ってきてないから微妙ですね。
というか、全く違う話2つを織り込んだような設計になってて、前の『ゲパルトの苦労話→両さんアホやって痛い目に』みたいな繋がってなさが目に付く格好に。
ホントに変なクセがついてるなあ・・・

<私ポ>
今回はよく考えたなーと思ったんですよ。異常事態の中にキャラを放り込んでみて動かしてみるっていう試みにちょっと感服しかけたんですが・・・オチが・・・いや、ギャグですしあんなもんなんだろうけど、ガッカリしました。

<スケットダンス>
僕はあれで納得しました。だって、あの流れでロマンが負けるなんてああでもないと有り得ませんし。
多分、篠原先生は最後はジャンプ叩きに持ってくんですよ。ジャンプクソ喰らえ!みたいな。新人なのに頑張るなー。ネウロの松井先生も新人ですが。
Commented by パポパポ at 2008-03-13 04:03 x
<ハンター>
あれ?オーラを貸し付けている間は完済されるまでダメージは受けないんじゃないでしたっけ。
2人が生き残る目があるとすれば、「2人が」知るのではなく「ユピーが」王は離れた事を知ることでしょうか。蟻にはテレパシーがあるので、それが鍵かなあ・・・
モラウが死ぬ事で2人が生き残ったら皮肉っていうか・・・うう。

<サムうさ>
「獄殺本間流新奥義!サイコクラッシャー!!俺のドリルは女子を突くドリルだ!!」・・・すいませんでした。
マロとスズメにフラグがビンビンなわけですが、本間の権力で罪を帳消しなんて話にしたら本末転倒だしなあ・・・どうなるのやら。まさかの悲恋なんて事には・・・

<エムゼロ>
前校長、久々とはいえ自由だなー。この人が校長だった時代がすごい怖いです。現役時代はこうやってすぐに生徒に(2つの意味で)手を出してたのか?ヤバそー。
なんだか九澄も絶体絶命(2つの意味で)っぽいし、どうなるのやら。
Commented by ナルトにがっくり at 2008-03-13 08:56 x
通りすがりました。
新章に突入してからのNARUTOのブリーチ化には正直辟易していたのですが、
ここ最近の幻術合戦をもって極まった感がありますね。
普段はコメント書き込みとか考えもしなかったのですが、
>>草薙の剣とか一切設定が明らかになってないからわけわかめなんだゼ
という文に激しく同意してしまったものでw
NARUTOって、なんだか肝となる設定等をきちんと時間かけて描写しないで、
唐突に説明口調で終わらせますよね・・・もう悪癖だから直せと言いたい。
Commented by 勇者学 at 2008-03-13 13:36 x
まさ子の側の天秤には、まさゆきとそれなりに深い関係を維持しなければならないという重りも乗っかってると思います。
Commented by ポルカ(訂正・追記) at 2008-03-13 14:43 x
すみません。ハンタのコメント ×ピトー ○ユピー です。
それとスタンドにはノトーリアス・B・I・Gのように本体が死んでから発動する能力もあったので、本体の死=能力解除とは一概に言えないかもしれません。
Commented by 大した at 2008-03-13 16:13 x
>ぬらりひょん
何か19週後に怖い事が起こりそうな気がしてならない
後4~5週の間にインパクトがある事しないと危険な感じがするんだぜ

>ナルト
ブリーチと同じで、この回って必要無かったんじゃないの?って思える話がまた一つ
この戦闘だけでどんだけ設定が後付られたんだろう・・・・・・
どーでもいいところは無駄に説明かけるけど、説明しないとイケナイ所は放置する
こんなんばっかですね
Commented by imasaraiu at 2008-03-13 19:49 x
ナルト
無理やり日本神話にしたのかねえ。

ワンピース
モーガンの可能性が高いというのは確かに人生狂ってるし脱走してるしかな。
多少苦戦するかもしれんがこの戦闘はなるべく早く終わってほしい
単行本1冊分ぐらいと

勇者学
4千円近いものを買うのはきついかもしれないがせめて2千円ぐらいは掛けておくべきだったかも。

15万の金なんてどこから用意したのか。

ハンターこれだけ書いてても1分もたってなかったりするんだよなあ。

ポセイドンは終わってほしいがどうせページ数少ないからおいとけば他の漫画を引き立てる役になってるということかな。
Commented by こう at 2008-03-13 20:48 x
>ワンピース
デュバルさんは「左手」でグラス握っているので旧斧手のモーガンさんかな?
>リボーン
この作品は若干能力バトルテイストがありますが、基本パワーバトルなんですよね。
今回のテンポの悪さの原因はパワーで行けばいいところで能力バトル的な行動を取らせてしまったのが原因かな、と。
あそこでスパナが「どうせ強がりだろ?」と、モスカを突っ込ませても誰も文句は言わないわけで。
寧ろその方が自分のモスカに絶対の自信を持っているスパナらしい行動だったように思えます。
>ネウロ
千人人質に取られて「たった千人」と感じてしまうのがこの作品の凄まじいところ。
テラとはラテン語で「大地」を意味し、スペイン語はラテン語派生なので彼の先祖がコンキスタドールなのも、彼の能力が大地の急所を突く事なのも名前から推察できたんですねぇ。
余談ですが、略奪者の末裔の彼が引ん剥かれっぱなしというのはなんだか笑えますw
>銀魂
最終的にちょっといい話っぽくなるのはこういうやりたい放題の代償だと考えれば目を瞑れることに気付いた15の夜。
>サイレン
ここで朧を殺していたらサイレンの噂はいっそう有名になっていたような?
Commented by ろく at 2008-03-13 22:18 x
>ポセイドン
あれはぶっちぎりで人気は無いみたいですよ。
でも雑誌のバランスあのポジションに据えるギャグ漫画があると箸休めとして調度良い為に自然と優遇されるようです。あれが1つ切られても、ページ数の関係上あの枠で代わりに出せるのはギャグ漫画だけですし。
大石浩二先生もしくは大亜門先生辺りが新作描けばすぐにでもお払い箱でしょうけど、ギャグは新人の不足かなり厳しいので下手すればもう少し続くんじゃないでしょうか。

ただ、それって作者にとっても地獄なんですけどね・・・
ギャグってどんなつまらんネタでも、作者は発狂する思いで捻り出してますから。というか週刊連載してるギャグ作家さんは皆実際に発狂寸前まで行くもんなんだとか。変なものを意識して描き続けてると、何が変で何がまともか分からなくなってくるそうです。

>ハンター
ゴン達以外勝てる気しないですね。
会長達は格の違い見せつけられすぎだし、ナックルとシュートはアレだし、ユピーがモラウより20倍以上強いってのにモラウは同じ護衛軍のピトーとタイマンだし。
でもゴン以外全滅も考えにくいので、冨樫先生がこの局面をどう料理するのか・・・!?
Commented by ニテンドー at 2008-03-13 22:47 x
>キックアウト
もっとシンプルに「キックして無いじゃん」というのと「主人公がキックはじめんのおせえよ」と「キャラの掘り下げ早すぎ」と、
周りのキャラの掘り下げに焦りすぎて主人公がほっとかれてて、それに伴いキックボクシングしてないっていうのが問題だ
って先輩がいってました。「キックボクシングが好きだから期待してたのに・・・」って残念がってました。
Commented by 続・ニテンドー at 2008-03-13 22:48 x
連投、長文失敬
>勇者
思い出していただきたい。この間、恐らくは本命のチョコレートをもらって天に召されるぐらいの勢いで喜んでいた男の姿を・・・
僕もホワイトデー用のお菓子とか死ぬほど高かったのでその辺のお菓子買ってしまったのですが、それにしたって10円のガムに変わるキャンディーはお前酷すぎるだろ・・・
幾らあの顔って言ったってせめてなんかの焼き菓子=クッキーは用意してやれよ・・・ホワイトデー用のアンナ高いのじゃなくてチョコチップのとかでもさ・・・
河野君、一個もらったくらいで図に乗りすぎじゃないかな・・・?羨ましくなんてないけどさ?義理しかもらったことが無いけど別にそういうのは関係ないよ?
本命一個もらった河野君に対する私的な恨みは関係ないよ?
ほんとd(Ry
>ポセ高
終わりでもないのに「完」ってつける漫画はこの世界にもう一つあるんだけれど、あっちとはどえらい違いですね。なんでこっちの「完」には殺意すら沸くほど不快なのに
むこうの「完」は「おわらねえのかよwwwwww」で済むなんて…
Commented by 八尾 at 2008-03-14 02:49 x
>ネウロ
DR(水)に対して土の魔帝道具で対抗(土剋水)
テラ(土)に対して樹の魔帝道具で対抗(木剋土)
裏のテーマは五行ですかね?
ネウロの元に出てくる敵も相克を逆にたどってる感じですがさて。
それにしても、テラを含め血族は順調にネウロの力を削いでますね。
ネウロとしては10万でも1000人でもその中に謎を生み出す可能性のある人間が居れば守らざるを得ないと辺りが厳しい所。
あの中にHALレベルの謎を生み出す人間が居る可能性は(極小といえど)否定できないですしね。

>ブリーチ
すごくあっさりと織姫が奪還されましたが織姫を奪還しに来てたウルキオラさんの立場がなくなった気がします。
最初からあいつが出て即効回収すればいいやん、みたいな。
ところで、グリムジョーさんもその辺りに転がってるはず、ですよ、ね?

>ポセイドン
メゾンドの二匹目の鰌狙って失敗してる様な感じがなんとも・・・
Commented by humat at 2008-03-14 14:43
>ワンピース
デュバルの正体が斧手のモーガン・・・・。まぁ、それが一番可能性高いでしょう。かなり昔に尾田先生自身が「モーガンが悪魔の実の能力者になって東の海でルフィたちが倒したものを率いてまた戦う。」みたいなことを言ったらしいです。このことは言ったときからかなり経って実現されてない所為か狂言扱いされていたのですが・・・・、ここに来て有言実行してくるとは・・・・・。案外、ネタ尽きそうで尽きる心配が無いのかもしれない。

>REBORN
確かにXバーナー回避できないと思い込んでいたので・・・・・。まぁ、それは思い込みなんでしょう。けど、最初から空中で撃てばいいのは確かなので一話余分だったな。最近だとREBORNが看板漫画(に入ってるのかどうか知らないが)の中で一番ハンターっぽくなってたから期待していたのだが・・・・。まぁ、ここまで楽しませてくれただけでも充分というものなのかもしれない。

>ポセイドン
読者にも作者にもいい影響が無い・・・・・。こんな悲しい漫画初めてだ。
Commented by ejison2005 at 2008-03-15 02:19
>>コメント返信について
例によって例の如く、後日まとめて返信させていただきます。ご了承ください。
Commented by ejison2005 at 2008-03-16 01:26
>> ichiGさん
ギャグ漫画だからこそ、登場人物の好感度は大切だと思うのですよ。
Commented by ejison2005 at 2008-03-16 01:27
>>ぺんぼーさん
んー、原作知らないからコメントしようがないのです。
Commented by ejison2005 at 2008-03-16 01:29
>>もさん
サンクス。訂正しときましたー。
Commented by ejison2005 at 2008-03-16 01:30
>>ガーターベルトさん
僕もパッと見たときに思い出したのがモーガンさんなんだよな。何でだろう。
Commented by ejison2005 at 2008-03-16 01:36
>>ポルカさん
ぬらりひょんには四方神が出てこなければいいナ! (四方神打ち切りの法則)
あと、この漫画の妖怪たちの考え方は作中で述べられてる通り、もっとこう神道的な意味合いで敬われ恐れられようということだと思います。

>ハンター
いや、さすがにこの状況でそれは心配しすぎじゃないかな。反撃しないと、一方的になぶられちゃいますし。
Commented by ejison2005 at 2008-03-16 01:36
>>ミスター小結さん
大丈夫! ブリーチの斬魂刀が素直に対象を切り裂いたことはそうそうないから!
Commented by ejison2005 at 2008-03-16 01:41
>>時を止めるジョジョさん
僕もモーガンさんだと思ったんだけど、何でだろう。特に根拠は思い浮かばないんだよなあ。
こう、予感を裏付ける何かがあって、それが喉元まで出かかってるんだけど思い出せない。

>ハンター
シュートはひと皮向けたと思いたいんで、僕としては別のことだと思いたいなあ。
それに、シュートから注意を向けようとしてナックルはこういう行動に出たわけですし。
Commented by ejison2005 at 2008-03-16 01:43
>>犬さん
スサノオの変なデザインは、確かにちょっと笑ってしまったw
あの変な目の部分が特にアレですよね。素直にガイコツ部分を顔にしとけばいいのに。
Commented by ejison2005 at 2008-03-16 01:55
>>パポパポさん
確か鬼太郎だったんじゃないかな。そのうち、西洋妖怪の頭としてバグベアード様とかで出てきそう。

>こち亀
「とりあえず感動話を入れればいいだろう」
みたいな、安直な妥協が感じられるんですよね。

>ハンター
確か、護衛軍はテレパシー使えないんじゃなかったかな。そこら辺、情報が命のこの漫画としては明らかに一般兵より劣化していますね。唯一の穴かも。

>サムうさ
先週書いたけど、とにかくこの刀に必然性が感じられなくって僕はあんまり入り込めなかったのです。よくよく考えてみたら、使い方を説明しておかない理由も無いし。



Commented by ejison2005 at 2008-03-16 01:56
>>ナルトにがっくりさん
他には時空間忍術とかも何なんだろうねアレw
Commented by ejison2005 at 2008-03-16 01:57
>>勇者学さん
河野の心理として、そこら辺をもうちょっと描いてくれれば大分印象は違ったかもしれませんね。この流れだと、どうしてもツラしかみてないと受け止めちゃいますし。
Commented by ejison2005 at 2008-03-16 01:59
>>大したさん
>ぬらりひょん
そういった意味では、ワンピ・ナルト・ブリーチは本当よくやってましたよね。
どれも、序盤は面白かったですし。

Commented by ejison2005 at 2008-03-16 02:02
>>imasaraiu さん
>ワンピ
大体二~三ヶ月で単行本一冊に納まりますし、僕としてもそのくらいでやってくれると嬉しいです。変な古代兵器とか埋まってませんように……。

>勇者学さん
最低でも千円くらいはかけときたいですよね。義理とはいえ人付き合いって大切ですし。相手もそれなりのもんくれたんですし。

>ポセイドン
いわゆるひとつの橘効果ってやつですね。
Commented by at 2008-03-16 02:02 x
今気づいたんですけど
イタチvsサスケのバトルって、双方が勝手に消耗してるだけってのが凄いですね
当たったのはサスケの仕込み手裏剣だけ……

何かボス敵にザラキを必死で使うクリフトが浮かんできた
Commented by ejison2005 at 2008-03-16 02:04
>>こうさん
>リボーン
本当、妙なところで頭を使っちゃった感じですよね。そこまでしなくても、みんな許してくれただろうに。う~ん、残念。

>サイレン
デスノートのキラ伝説みたいな感じで、物証は全く出てこないけど実在はしていそうなものとして確立されてそうですね、この世界。
Commented by ejison2005 at 2008-03-16 02:06
>>もっかい犬さん
この漫画ってキャラが頑丈じゃないから、長期戦に持ち込もうとするとどうしても決定打を欠いた争いが延々と続いちゃうんですよね。
ワンピみたいに無駄に頑丈な人体にしないのはいいんだけど、これじゃあ本末転倒だっぜ。
Commented by ejison2005 at 2008-03-16 02:12
>>ろくさん
>ポセイドン
ギャグ漫画はセンスが大事だから、編集さんとしても発掘しづらいってことかなあ。
関係ないけど、チャンピオンのサナギさんとか見てると、ほんと良く毎週毎週あんなレベル高い四コマネタが出せるもんだと感心しますね。あれはマジですげえ。

>ハンター
王様が勝利しないと、彼はコムギちゃんと再会できないんですよね。
そういった意味でも、ネテロサイドは死臭が漂いまくってます。他の連中も、王との引き離しという初期目標は完了しちゃってるから大勢に影響はないし。
Commented by ejison2005 at 2008-03-16 02:14
>>ニテンドーさん
そういや、後半は全然キックボクシングしてませんでしたね。
サンドバッグ蹴ったり、不良と喧嘩したりはしていたけども。

>ポセイドン
漫画読んでて真の絶望を味わったのは初めてかもしれない。
Commented by ejison2005 at 2008-03-16 02:15
>>八尾さん
あー! なるほど! 言われてみれば、ちゃんと五行思想に乗っ取って弱点を突いて道具を使ってますね。全然気づかなかった。

>ブリーチ
久保先生「グリム……ジョー……?」
Commented by ejison2005 at 2008-03-16 02:16
>>風魔さん
あ、尾田先生そんなこといってたんですか。
そんならもう、モーガンさんで決まりっぽいですねえ。
Commented by ニテンドー at 2008-03-16 23:42 x
>ブリーチ
>「グリム……ジョー……?」
でおもいだしたんだけど、グリムジョーさんに閉鎖空間に強制転送されたあの人、なんだっけ、ええと、ウル・・・なんとかさんはどうしたんだ?
まぁいいや、今更出てきたらさらにだるいから、久保先生、このまま忘れたままになっていてください。パンパン(`ハ´)=☆