週刊少年ジャンプ 08年 08号 感想
今回の赤マルは、勇者学とP2だけちょろっと立ち読みしてきました。
で、意外だったのは、あのまま連載が続いてた場合、ヒロム君は秀鳳の部長に勝ってたんですね。
流れから考えて、多分追い詰められてからのイヤボーンだと思うんですけども、それはそれで何とも打ち切り漫画的な展開になってたと思うなあ。この漫画の場合、ヒロム君の弱さがリアリティの裏づけになってたから(主人公だからって短期間で強くなれると思うなよ的な)、それも失うことになるし。
僕としてはやっぱり、打ち切られるべくして打ち切られた漫画だったかな。
それでは、今週もジャンプ感想と参りましょう。


アイシールド
今回のお話は、ちょっと理屈が先行しすぎて感じられました。
ヒル魔の利き腕が変な方向に折れ曲がってるのは、白秋の面々もしっかりきっかりと目撃しているわけですし、やっぱり集中的にヒル魔を攻めて止めを刺した方が良いと思うんですけども(ついでにいうなら、泥門はプテラクローの人に止めを刺すべきです)。
大体、ロングパスが成功したところで「ならやっぱり危険じゃないか。潰せ潰せー!」としかならないんじゃないかな。
結局、何をどうやっても白秋に選手潰しの思想がある限り、ヒル魔の身が危ういことに変わりはないのです。峨王アタックをしかけなくても、普通に攻めれば消耗させられるしね。

それはそれとして、モン太は切り札だとか言ってないでヒル魔を止めようぜ。というか、他の面々も傍観してないで止めようぜ。むしろ、お医者さんがドクターストップをかけようぜ。


ワンピース
ちょ、これはくまさん譲歩しすぎでしょう。
目撃者全員の壊滅 → ルフィの首 → ゾロの首? → サンジの首? → ゾロを痛めつける
という具合に、どんどん本来の目的から遠ざかっています。テレフォンショッピングの「もう一息攻勢」じゃないんだから。
しかも、相手から求められてないのに譲歩しちゃった部分もありますしね。

とはいえ、尾田先生の気持ちも分からなくはない自分がいます。
状況的にくまさんが見逃すのは不自然で、周囲にはルフィ達を助けてくれそうな第三者も存在せず(そういう設定の島だし)、ルフィ達が逆転しちゃった日には七武海の株価暴落は必定(これから黒ヒゲと戦うっぽいのに……!)という状態ですからね。
その全てにベストな解決を示しつつ、ルフィ達が窮地を脱する展開はちょっと思いつかないかな。せいぜいが、くまさんの構造的に弱い部分を集中的に攻めて撤退へ追い込むくらいです。ガンダム試作一号機が、ガトー少佐の駆る二号機との戦いでシールドの冷却装置を破壊して撤退させたアレみたいな。

万能戦士くまさん
モリアも相当なもんでしたが、この人はこの人で明らかに能力の範疇外なことをしてますね。ダメージと疲労を抜き取れるとか、肉球と関連性がないにも程があります(それをいったら衝撃を弾いてるのもそうだけど)。
オマケにサイボーグとか、ちょっとキャラ要素を詰め込みすぎの気が……。


ブリーチ
マユリ様による冒頭のオサレ演説はさて置いて、中盤のギャグパートがやっぱり面白かったです。マユリ様はキャラクター的に何でもありだから、理不尽なことをして回りがツッコむだけで笑いが発生しますね。
あと、どうせ超頑丈な部屋を作るのなら「高価な実験機器」とか「夜通し書いた論文」とかも一緒にしまっとけばいいんじゃないかと思いました。

ノイトラさんは最高の防御力を持っています
ドラゴン最強の盾とかもそうなんですけども、これはやっぱり剣八に鋼皮を貫かれるフラグなんだろうな(最強は破られる法則)。
すげえ昔のナルトでガアラが骨使いの敵と戦ってた時、最強の防御力を誇るという触れ込みの技が本当に敵の攻撃を防ぎきった時は、(あんまり盛り上がらなかったけど)ちょっぴりテンプレから脱しようという心意気を感じたので、久保先生にもここらでひとつお約束からの脱却を目指して欲しいです。


ナルト
やっぱりボケーッと突っ立ってるだけだった幻術バトルは置いといて ミ□
今週のナルトは、九尾の格を下げた最大の要因である「サスケにびびって退散する九尾」というイベントに「車輪眼は九尾を手なずける能力があります」というアンサーがもたらされたのが良かったと思います。一応、九尾には作中最強にして最恐の存在であって欲しいので、マダラやサスケの実力が素で九尾を凌駕しているという展開にはなって欲しくないんだ。
でも、他の暁が尾獣を倒しちゃってるんだよなあ。倒されちゃった尾獣がザコかっただけだと思いたいけど、最近のナルトでそれを期待するのは酷な気もする。


テニスの王子様
ウヒャー、許斐先生がものすげえ勢いでまとめに向かいだしました。なんかリョーマを通じて「今回の大会は逸材揃いだったなあ」と総括しちゃいましたし、あくまで普通のテニスで変態テニス技を完封する幸村部長との戦いは、
オーラとかに目覚める → そんなのテニスじゃねえだろというツッコミが入る → オーラ出そうがシンクロしようがテニスは楽しいスポーツなんだ!
という読者へのメッセージ? 的なものも感じますし。
今終わっちゃえば、綺麗にまとまりますしね。漫画は終わり際が大事だと主張する身としては、この期を逃して欲しくないという思いはあります。
でも、テニスがなくなっちゃうとジャンプからひとつ突き抜けたものを失ってしまうんだよなあ。すごい喪失感だ。


サイレン
こないだ大勢のキャラを大したドラマもなく死なせてしまったのは失点として感じられましたが、今週のサイレンは「圧倒的な力を持ったクリーチャーから追い詰められる恐怖」をかなり上手く描写していたと思います。
何の必然性も無い「頭を壁から突き出して登場」とか、特に良かったですね。確かに必然性は無いし、それをやってみて誰もいない部屋だったりしたらクリーチャーなりに恥じらいを感じたりするのかもしれないけれども、そんなの気にしなくてもいいじゃない。格好良いんだもの。
また、ただ単に追いかけられるだけではなく、時には鉄パイプによる攻撃で弱点(かもしれない)脳味噌をむき出しにしたり、雨宮がオサレポエムを用いてボウガンを防いだりと、人間側が抵抗し、それがある程度の結果を出しているのもナイスでしたね。山あり谷ありってのはやっぱり基本で、こういう風に希望をちらつかせるとメリハリが出てグッと面白さが増してきます。
あと、アゲハの首がへし折られたことに関しては、「ゴール地点だからゲームマスター的な存在に再生してもらえる」のだと予想しておくよ。ガン……げふんげふん……みたいな。


マディ
そういえば、医療関係のバイトって基本的に高額なんですよね。新薬のモニターですとか、宇宙開発とかにも関連している「一ヶ月間片脚だけで生活する実験」の参加者とか、結構儲かっているという話をテレビで見た覚えがあります。
そんなわけで、軽くグーグル先生に調べてみてもらったところ、こういうサイトが見つかったよ。飲み薬のモニターが三泊四日×2で12~14万円も貰えるのか……浜松市に施設があるみたいですし、一口噛んでみるのも悪くはないな(ゴクリ)。

で、それを踏まえた上で思ったんですけど、コランダムさんはとりあえず採血の協力者だけ一万~二万円で募っとけば、グッと安い経費で事を終えられたんじゃないでしょうか。適合者だけ後から拉致するという。


スケットダンス
僕はこの漫画の生徒会があんまり好きじゃないんですが、それは主にギャグパートへ絡まない(そしてこの漫画のシリアスパートはあまり面白くない)からで、今回みたいな流れなら普通に歓迎できますね。
あと、細かいところですがヤバ沢さんのアバターが似てるか似てないかという点について、ボッスンとヒメコが積極的に体型の問題をスルーしているのが良かったですね。思いやりを感じた。


サムライうさぎ
いや、ちゃんと奉行所へ訴えようぜー。何、自分達の問題みたいに処理しようとしてるんですか。既に練兵館の門弟が多数犠牲になっており、これからあの流人達が罪無き人々を手にかけないという保証も無いんですから。

ところで、
「ヤツが何かお前らに知らせたという事…」
なら、斬りつけるべきは岩破さんじゃね?


ネウロ
笛吹さんが血族に狙われてることを察知し、きっちりきっかりと対策を練っていたのもグッドでしたが、今週のネウロはそれ以上に、警官の皆さんを前にしての演説シーンにおける演出力の高さが光ってましたね。
これがナルトやブリーチだったら、どこかしら滑らせちゃってオサレだとか何だとか言われちゃうと思うんですけども、そういった隙がこの演説シーンには見当たらないのです。松井先生スゲー。

あと、敵陣営が警察長官とかをとりあえずうっちゃっておいて、むしろ中間管理職の方に狙いを定めていたのもオリジナリティが感じられましたね。確かに現場は大混乱するだろうから、説得力も高いですし。


こち亀
オリジナリティの高い創作ゲームを披露して「こんなの遊んでみて~」と思わせつつ、接待ゴルフというジャンプのメイン読者層にはなじみの薄い題材について解説するという、二重構造が面白かったです。
接待型AVGとか、実際作られてたらちょっと遊んでみたいぜ。絶対に売れないだろうけども。


エム×ゼロ
前回の試験にもそういう要素はあったけども、ちょっとこれ魔法の力とかそういうのとは別ベクトルの能力を査定してるんじゃないかな。
そんなわけで今週のエム×ゼロは、タイトルの頭に賭博覇王伝とか付きそうな展開でした。


OBAKE LIFE(読み切り)
色々と置いといて、ヒロインが幽霊を見ることのできる能力者だというのが全然伝わってこないのは問題だったと思います。冒頭のナレーションだと、「これから幽霊を見れるようになるんですよ」ともとれるし、「すでに幽霊とか見える体質ですよ」とも、「というかヒロインのことじゃねえよ」とも、とれますからね。
『真っ赤な瞳と真っ白な肌をした――少年の幽霊だった』
というシーンも、主人公とヒロインが邂逅する場面だというのに、足が無かったり体が透けてたりといった幽霊としての特徴付けを怠っているために、「え、幽霊なの?」という疑問符が浮かんできちゃうもんな。


To LOVEる
天条院さんが単に暴れて終わりというのでは、ちょっと締めとして弱かったと思います。そこは自分が生み出した爆風で天条院さんの服が剥けたりする自業自得オチにするとか、もう一工夫欲しかったぜ。
いやまあ、いつもはオチが強いかといえばそういうわけでもないのですが。

[PR]
by ejison2005 | 2008-01-23 03:28 | ジャンプ感想 | Comments(48)
Commented by at 2008-01-23 04:22 x
>ネウロ
こういう味方組織がきっちり仕事してるのに好感持てますね
まあ、包囲しても来週壊滅するんでしょうが
味方スゲー→それを打ち破る敵もっとスゲー、が出来てるのが良い

>ナルト
これ先々週の話は全く必要無かったのでは
ゼツの突っ込みが的確すぎて吹いた

>ワンピース
確実にゾロ死なないですよね
ここら辺で主要キャラ一人は殺して、展開に緊張感持たせるってのはできないんだろーなー
Commented by ejison2005 at 2008-01-23 05:35
>>犬さん
普通ならそうなんですけど、ネウロの作者は松井先生なんで大激戦の末に、この血族さんは警察が倒しちゃったりするっていう可能性も一割くらいはあると思うんですね。色んな意味で注目の展開です。

>ワンピース
感想では書かなかったけど、ノスフェラトゥ相手に耐久力テストをするなよwww
Commented by パポパポ at 2008-01-23 06:46 x
今季の赤マルはかなりレベル高かったから、オススメですよ。特に「57th」と「僕のヒーロー」が良かった。「タビネコ」はつっこみ所もあるけど良かったし。
正直この辺に比べたらオバケライフの方がよっぽど赤マル臭かったなあ。

>ワンピース
サイボーグって事は、電気か何かで責められて負けるんでしょう。防御力をあげたら熱い蹴りでボコられたりしたみたいに。
仰るとおり、「防御力が高いのは○○だからである」という風に属性づけてしまったら、その時点でそれは破られるという路線に乗ってしまいますよね。しかも、ただでさえ麦わら海賊団は不死身なんだし。

>ナルト
またオサレな事言って滑ってますね。万華鏡って、ただの鏡だと思うんですが。つかってるうちに段々反射効率下がったりするオモチャじゃないですよね?

>リボーン
勝手に武器で遊ぶ奴を倉庫番にしちゃダメだろwww
Commented by パポパポ at 2008-01-23 06:53 x
<サイレン>
敵が追ってきました。警報塔の周りにだけ出る訳じゃないのか。
ここで考えられる説。

1・禁人種のみ自由行動
2・実はみんな自由行動
3・発見次第追跡
4・実は化物と禁人種は別物

1だと、警告塔の周りに必ずいるのは化物だけで、禁人種は常に徘徊して獲物を探しているのでは。警告塔担当の化物、徘徊してる化物ってのでも区別されてるのかも。
2は、サイレンを鳴らすと化物が集まってくるのではという話。

4は、他の考えに付け足す感じかな。化物達が警報塔に群がってくるのは、魚群やら蛾やらが光を視ると近寄ってくるのと同じあくまで本能的な物で、迷い込んだ人間達とたまたま鉢合わせて殺し合いになる、と。
サイレン側の刺客は実は禁人種だけで、化物共はあくまで原住生物に過ぎず、サイレンの支配下にはないとか。むしろ、この箱庭に関してはほぼ放し飼い状態とか・・・
・・・って、ここまで書いて気が付いたけど、コイツと今までのアルフレッドが同じ奴かどうかわからないか。『禁人種』っていう区別がある以上、当然1体だけって事はないだろうし。となると、複数の禁人種を相手にしなきゃいけない場面もあるかも。
Commented by パポパポ at 2008-01-23 07:07 x
・「ライズ・・・」
多分「rise」でしょう。
分かるのは「身体能力が向上する」のと「使うと反動でダメージを食う」事。理屈は不明。
「宣言が必要」かも。ただ技名を言ってるだけかもだけど、2回目は演出的に「宣言は必要」な描き方だし。
ひとまず「rise」の意味から。

1・「上昇」
2・「上乗せ」

1は、まんま身体能力の向上って事でしょう。結果、肉体が損傷する。
いくら見えててもあの距離でボウガンは止められないのと、アゲハじゃ斬れなかった敵を斬って捨てた事から、パワー・スピードも上がっているかと。
2は、ポーカーの「raise」。つづりは違うけど、意味的にはほぼ同じなので。雨宮は何かを上乗せしてこの能力を使っている説。上で書いた「宣言」も、これなら説明つきそう。サイレンに対して申請する事で使える能力って事か。
何を上乗せするかとなると、普通に考えたらテレカかなあ。度数が何を表してるかは分からないけど。
それとも深読みして「生存力」がカギ?今までもサブタイトルに情報を隠してるし、「生存力」というものを「ライズ(上乗せ)」して身体能力を無理矢理引き上げているのかも。鼻血はその上乗せ分のダメージ。
Commented by qqq at 2008-01-23 07:07 x
なんでわざわざネウロを誉めるのにナルトやブリーチを引き合いに出すのかな・・・
本当理解できないんだぜ
Commented by パポパポ at 2008-01-23 07:12 x
・VS禁人種
「ヴォン」のコマ、よーく見るとこれ眼球部カラッポっぽいですね。『禁人種』は死体を加工して生み出されたのかも。ツギハギだらけだし。
過去死んだ人間を再利用して禁人種に加工してるとしたら、雨宮が生き別れた相手とかも出てくるかも。

>マディ
探し人は、クレイの発言からして目下の男ですかね。各地でこうやって人の世話になりながら旅をするのかな。なんというジゴロ。

>サムライうさぎ
うさぎ道場っていうか、うさぎ組ってカンジですね。

>こち亀
「接待ゴルフは日本のもの」って、そんな2秒で分かる事オチにされても・・・中川とかは気づいてないとおかしいだろー。
Commented by パポパポ at 2008-01-23 07:16 x
長くてすいません・・・一応サイレンは削りながら貼ってるんですが。

>オバケライフ
展開全てに必然性がないですね。
「なぜヒロインが標的なのか」
「なぜヒロインに霊が見えるのか」
「なぜK太とヒロインが出会ったのか」
「なぜ悪霊は浜実を殺さなくてはならなかったのか」
「どのような経緯でK太は悪霊に殺されたのか」
「なぜK太は恨みを忘れているのか」
いくつかは無視していいものですが、こんだけ適当だと全く作品に入っていけない気がするんですが。
あと、ヒロインの名前が最後までわからなかったような。
Commented by ppp at 2008-01-23 11:37 x
>qqq
つスイカに塩
塩辛さは甘さより早く伝わるので、スイカに塩をかけると塩辛さを感じたあとに甘さを感じることとなり、一層甘く感じるわけです。
つまり、ナルトブリーチの駄目駄目にも程がある展開を引き合いにだせば、ネウロの話が更に面白く感じるって事だな
Commented by トーリス狩り at 2008-01-23 13:01 x
>マディ
>採血の協力者だけ一万~二万円で募っとけば、グッと安い経費で事を終えられたん>じゃないでしょうか。

た、確かに…「町中の女が人さらいされたよ」→「でも誰も迷惑してません」
という斬新さに捕らわれていて思考停止していました・・・

>OBAKE LIFE
確かに「真っ赤な瞳と真っ白な肌」の場面はハァ?って思いました。これは致命傷…
けど新人なんだから成長するかもしれません。人間なんだもの。
Commented by こう at 2008-01-23 13:20 x
>ワンピース
>ダメージと疲労を抜き取れるとか、肉球と関連性がない
ヒント:くまさんの悪魔の実は超人系でも自然系でも動物系でもありません。癒し系です。

>リボーン
電撃作戦中は瞬殺を心がけましょう。それこそハンターのように!

>ネウロ
毎回のように言っていますが、やはりこの作品の素敵なところは警察が無能じゃないことでしょう。
警察が敵に翻弄されていても素直に敵が凄いからだと思えます。それにしても、この大量の警察が姿を現すシーンは格好良いのに笑えるww

>サイレン
今回は面白かったですね。アルフレッドの恐ろしさも十分に感じられましたし、何より生存者全員が活躍していました。
アゲハは・・・折れたのは刀とか、その辺を落としどころにするんじゃないでしょうかね?
Commented by こう at 2008-01-23 13:20 x
>パポパポさん
アゲハが最初に遭遇した怪物はスタート地点の近辺に居たような気がします。
ただ、それ以降はサイレン塔に近づくまで誰も襲われなかったし、その怪物が別の人を追ってスタート地点付近までやってきた可能性もあるんですよね。
それに雨宮がサイレン塔に近づかなければ安全っぽいことを言っていたので『3』じゃないでしょうかね?
(でもサイレンの真の攻略の鍵はあのサイレン塔にあったりするんだろうな・・・)

あと、アルフレッドは最初に遭遇した奴と同一人物だと思います。
彼のメットの損傷は既にお亡くなりになったヤンキーによるものだったはずです。
Commented by humat at 2008-01-23 17:10
>こうさん
リボーンのあの状況は確かに電撃作戦のごとく雑魚だったら瞬殺を心がけるべきですよね。まぁ、あれも一応ドクターに察知されたが普通じゃあ気づかないようになってたので瞬殺のうちに入るのかな?それとも何かしらセンサーついてないようなと普通は見向きもされないほどひっそりした場所だったら大丈夫なんでしょうが・・・・。

>ネウロ
ネウロの場合にはいくら力があってもネウロ自身があまり犯人を圧倒的なパワーで押さえつけるわけには行かないから警察の中にも犯人を抑える役柄が必要だったのでしょう。その結果をツギハギしてるのかどうか分かりませんが組み合わせたら今回の笛吹はこれくらいのことが出来るということが自然に出来ても不自然さが無くかつネウロの力を無駄に使う必要性がなくなるという寸法なのかな?
Commented by humat at 2008-01-23 17:12
>サイレン
ターミネーターに襲われるとこんな恐怖を味わうんだというのが何となく分かった。違うのはかなり強敵だけど弱点があるところだけかな?
Commented by ポルカ at 2008-01-23 19:03 x
>サイレン
大抵の登場人物がトンデモ身体能力を持っているジャンプ漫画の中で何の力もない一般人の方々が襲われるパニックものは新鮮ですね。雨宮さんのは竹やり程度の能力なので良しとして……。
しかし、これだけ風呂敷を広げたんですからそろそろ畳んで安心させて欲しいなと思います。当然その畳み方も重要ですが。
考えたくありませんがそのやり方によっては突き抜けへの布石となる可能性もありますから。

>ネウロ
優れた人間は中間管理職に現れるという血族さんのモノローグには感心しました。そういや新城直衛大尉も中間管理職と言えますしね。
ただ、待ち伏せしたのが拳銃一つの刑事ばかりとは。一応テロリスト相手なんだからSATくらいは用意できなかったんでしょうか?
Commented by パポパポ at 2008-01-23 21:35 x
>こうさん
やっぱりそんな具合になりますかね。まあとにかく、もうそろそろいくつかタネ明かししてくれてもいいと思うんですが。さすがにちょっと引っ張りすぎな感も。

>ポルカさん
横からすいません。つけられてる時点じゃ確証も得られなかったし、それにもしかしたら指揮系統が違ってSAT等は笛吹には動かせないのかもしれません。あのXを捕えようという時も警官だけでしたし(これは違うかな)。
Commented by ポルカ at 2008-01-24 12:03 x
前号の話で申し訳ないですが、うろおぼえウロボロスに出てきた小山少のモデルはデスノのレムではないでしょうか? 頭に包帯巻いてる所とか特に。

>パポパポさん
すいません、調べてみたらSATの指揮系統は警視総監直轄らしいです。中間管理職の笛吹じゃ動かせませんね。
Commented by 大した at 2008-01-24 13:02 x
>ナルト
制限が存在せずに、防ぐ手段が無い幻術がどんなに危険な技かを見せてくれる先生は凄いですね
そして、万華鏡写輪眼を使用し続けると失明するらしいですが
リターンの割りにリスクが軽すぎるなぁ

>テニスの王子様
オーラ移動を見て、これなんてハンターの念?
まあ、テニスだから問題無いか

>ブリーチ
もうこの後の展開全部ギャグで問題無いですよね
Commented by こう at 2008-01-24 14:35 x
>SAT
最後の自分像編のX.I捕獲作戦では「相手が神出鬼没のX.IだからSATを出動させられない」と記述されていました。
多分、松井先生はSATを「制圧部隊」として認識しているので、仕掛けてくるかどうかもわからない相手への対策のために動く部隊じゃないと考えているのかも?
実際、SAT及び前身のSAPもオウム真理教本部強制捜査以外は「立てこもり」と「~ジャック」と言ったタイプの事件でしか出動していないみたいですし、管轄権の問題に加えて、本当に何かが起きる前には出動できない部隊なのかもしれません。

松井先生だと、そこまで調べた上で展開を考えてそうだ・・・。
Commented by BENRONSYA at 2008-01-24 17:58 x
アイシールド
如月にとどめを刺すのはいいがあくまでも結果的に大けがさせたというようにしたほうがいいでしょう。

サイレン
大したドラマもなく人が死ぬのはある意味ではリアルなものと思います。現実でも何でもない単なる詩というのはありますからね。

ネウロ
警察が血族を倒すのはいいですそうすればネウロも力を消費しすぎないで済みますから
ただこいつがほんとに薬指かどうかは怪しいです。警察にも下っ端が潜入してるようですからそれかもしれませんよ
代替刃物で単純に殺すような奴じゃないでしょう。もしかして筑紫あたりに化けてるかもしれないし。(本物はもう死んでる)とかありうるし。実はこいつは囮でこうやって警官が集まってる所を一気に大量に殺そうとする可能性もあるし。
意外性として笛吹はすでに殺されてて今の笛吹が偽物とかかなり恐ろしい考えが出てきてます。少なくともそう簡単に捕まえれるわけないです。あっさり捕まったとしても捕まった後にとんでもないことをしかねませんし。

Commented by BENRONSYA at 2008-01-24 17:59 x
追加です

P2ですがもしかして打ち切りがなかったら違う展開だったかもしれないです。
ネットでは評価高かったみたいです。これが打ち切られてポセイドンとかが入って私は怒りを感じました。
Commented by ろく at 2008-01-24 21:50 x
>アイシ
あそこでチームメイトがヒル魔止めなかったのは良かったと思いますよ。
アメフト始めたきっかけでもある最高の舞台がかかっているんですから、同じ思いでここまで来た奴なら止めないのが普通だと思います。
また、手足の骨折れててもプレー続けるってのは、柔道の山下やサッカーの岡野等現実でもよくあることなのでリアリティも問題無いです。
白秋も、ヒル魔が投げれたから潰そうっていうのは裏の裏をかこうとするマルコのキャラから考えて、「折れてるのに無理したのか?本当はあれで終わりなのか?」と更に疑心暗鬼になるような気がします。

個人的に残念だったのは、エジソンさんにそう思わせてしまうくらいにヒル魔が投げるってことへの説得力ある描写が欠けていたことかと。
スラダンで桜木が選手生命に関わるような怪我でも出場した時の「俺は今なんだよ!!」ってあの名台詞のような。
後、止めないまでももう少し心配させても良かったかもしれませんね。
Commented by K at 2008-01-25 03:14 x
>ネウロ
今週のネウロやここの感想を見て
「血族バカwww」じゃなくて、「まだ何か裏があるな」
と思わせる所に積み重ねって大事だなぁと思った

>ナルト
「マダラに手伝ってもらってうちは一族皆殺しできた」
何っつーか、イタチが順調に車輪癌だけの人になりつつありますな
印を高速で組んで術発動だって今じゃ意味が無い設定だし
Commented by ejison2005 at 2008-01-25 04:20
>>コメント返信について
いつも通り、後日まとめて返信します。ご了承ください。
Commented by ミラ at 2008-01-26 02:35 x
>赤丸
ヒロムが成長して日本屈指のプレイヤーになるほどに強くなったので説得力を持たせるためにキャプテンに勝利したという結果にしたのではないかと。
もし、打ち切りでなければ展開を急ぐこともなくダブルスペアが勝ったりして、ヒロムは負けていたと思います。
あと、すぎたんが載っていたんですけど、結構画力上がってましたね。

>ブリーチ
しかし十刃には、「十刃一のスピード」を持ちながら解放したら何故か自分の特技を殺してカボチャ姿になったゾマリさんという前例がいますからね。「十刃一硬い」ノイトラさんも解放姿になったら逆に斬れやすくなったりして

>スケット
個人的には、最後の一人は浪漫ちゃんが出てくれるといいなと思ってるんですが、さすがにそれはないでしょうか。でも、今回出てこなくともいつか浪漫ちゃんと生徒会が絡む話も描いてくれると嬉しいです。副会長とかが相手でも浪漫ちゃんには勝てないだろうなあ。来週の話で、生徒会の新キャラ達がちゃんとそれぞれ活躍してるといいですね。
Commented by ミラ・続 at 2008-01-26 02:52 x
>サムウサ
正論を言った攝津兄が仲間にフルボッコにされるのが可哀想でした。
練兵館のことを思うなら尚更、公の場に訴えたほうがいいのに。

>ワンピ
譲歩しまくって、結局命を助けてやる熊さんは優しすぎると思いました。
個人的にここでゾロがきっちりと死んでくれると話的に緊張感が出てよかったと思うんですが、ここで受けた傷でしばらくは動けないとかダメージを引きずってくれるといいですね。
ここでゾロがしばらく戦いを休止してその間、同じく剣士のブルックが活躍するという展開じゃないかな、と。

>テニス
今この展開において、「浦山しい太」という新キャラを出す許斐先生の真意がわかりません。ああ、ひょっとして羨ましいでかけたギャグキャラで、今週だけの登場だったりして。
テニスが終わってしまうと、またジャンプを買う一つの楽しみがなくなってしまう・・・。
かといって、とんでもスポーツが代わりに来て欲しいかというとそうでもないんですけどね。許斐先生には最後まで読者の斜め上をいく展開を見せてほしいです。
Commented by しいおう at 2008-01-26 11:19 x
何か2ちゃんによくあるような感想ばかりですね


本当は理屈抜きに感覚で楽しみたいのに
感覚が合わないから整合性や理屈の点で批判点を見つけようって辺りが


整合性滅茶苦茶でも理屈おかしくても
それでも面白く思える

そんな漫画を読みたいよなあ

それが少年漫画の良さなんだからさ


感覚に合う作品が無いとつまらないよなあ

テニスも真面目に楽しめないからネタにするしか無い


ネタじゃなくて理屈抜きに真剣に楽しみたいよなあ
Commented by humat at 2008-01-26 22:56
三度目の投稿申し訳ないです。

>サムうさ
これは少年漫画ですからね。摂津殿のやることが正論なのですが最近の少年には「喧嘩売られたんだから喧嘩するしかない。」とかみたいな考え方の基、流人を本戦にて叩くことにしたのだろうか?まぁ、これで奉行所などに言いつけに言ったら「いじわるしたから先生に言いつけてやる!」みたいなチクリと同等とでもいうのだろうか?まぁ、チクリがかっこ悪いという印象が年代向けの設定だな。そういうのを使いたくなきゃ普通に最初から流人なんて出さなかったんだろうな?まぁ、こんな考え方があるから苛め問題がいつまでも解決しないのだろうか?
Commented by humat at 2008-01-26 22:56
続きです。

>ワンピース
自分は普通にくまさんが見逃すのは違和感無しです。いくら政府の命令だからとはいえ所詮くまとて七武海の一人で海賊。他の皆は協力すらしようとしない連中であるのでくまがこんな形で政府の命令に背くのはあまり不思議に思えないんだな。まぁ、くまにも海賊としてのプライドが示されたのでここでルフィを殺したりでもしたらそれこそ七武海の恥ってものでしょう。まぁ、ただ単に自分は「ゾロ男前やった!」といいたいのだろうか?自分の言いたいことがうまく言えないです。こんな展開は青キジの時にもあったような気が?

>しいおうさん
激しく同感です。まぁ、最近の少年ジャンプやら少年漫画にに統合性を求めること自体無謀の一言です。突っ込んだら負けというのが大体の暗黙の了解みたいなものでしょうから?
Commented by ろく at 2008-01-26 23:13 x
>しいおうさん
最近の少年ジャンプというか、少年漫画自体が感覚で読むのが一番楽しめる方法ですね。
最近のジャンプだって、何かしら入れ込めるきっかけがあれば感覚で楽しめますよ。
俺はブリーチやワンピ辺りは黄金期のジャンプをリアルタイムで読んでた時のように普通に楽しんでます。

作品に入り込めるきっかけが何かというと
やっぱキャラじゃないかなとも思います。
好きなキャラが、その人らしいと思えるベクトルに色んな行動してくれるだけで
そのキャラの次の行動に興味が沸いたり、新たな発見があってワクワク出来ます。
「いいなあ」と思える部分をどれだけ感じ取れるかどうかが
少年漫画を楽しめるかどうか、
そしてどれだけ多くの読者の感覚に「いいなあ」と思わせる部分を作れるかが
少年漫画のヒットの度合いに結びつくんじゃないかな。

多分今のジャンプって、ネットにいるような大人の読者の感覚には合わなくても
それ以外の読者の感覚に合うから、未だに漫画業界でダントツの人気を誇れてるんでしょうね。
感覚が一番モノを言う世界、ある意味どんな漫画雑誌よりも厳しいです。
Commented by ejison2005 at 2008-01-27 00:26
>>パポパポさん
赤マルもう売ってなかったお(´・ω・`)

>リボーン
そういやそうだw
というか、一番槍なら突入隊にいなきゃ変だよなあ。

>複数の禁人種
お約束に沿えば、終盤は十把ひとからげのザコキャラと化すんじゃないかな。今現在、彼らが脅威足りえているのはアゲハ達が対抗手段を知らないのが大きいですし。

>オバケライフ
こういうのって、編集さんは赤ペンつけないのかってホント思います。
どんだけ人材が不足してるんだろう。ジャンプ志望はくさるほどいるだろうしなあ。
Commented by ejison2005 at 2008-01-27 00:27
>>qqqさん&pppさん
この文脈だと、実例あげなきゃ分かりづらくね?
Commented by ejison2005 at 2008-01-27 00:34
>>トーリス狩りさん
でもまあ、漫画的に考えたら今の展開の方がインパクトあるんだよね。「最初は一~二万で募ってたけど意外と集まんなかったから」とかフォローが入ってれば万全でした。

>オバケライフ
成長……成長かあ。
Commented by ejison2005 at 2008-01-27 00:36
>>こうさん
そういや、前回ロビンが癒し系とか言ってましたね。あれはギャグじゃなかったのか!

>リボーン
全員で寄ってたかって瞬殺するのが正しいギャングのあり方なんですよね。ハンター世界は厳しいぜ。

>ネウロ
血族さんの「ねーよwww」という顔がまた素晴らしい。

>サイレン
最悪のパターン:夢だったZE☆
Commented by ejison2005 at 2008-01-27 00:42
>>風魔さん
>サムうさ
血が出てないことですし、斬られた皆さんは気絶してただけってことにはならないかな?
そのくらいのことなら、奉行所に言わない理由付けにもなるんですけどね。

>ワンピ
くまさん自分から率先して海軍の命令に従っちゃってるからなあ。おまけに改造までされてるし。
社会福祉公社の義体並みに政府の走狗な気がするのです。
Commented by ejison2005 at 2008-01-27 00:48
>>ポルカさん
本当だ。新城直衛大尉はまさにそういう人物だ。
その例を踏まえると、血族の先見の明は凄まじいですね。

あと、SATとか借りれなかったのはあくまで笛吹さんのカンだからだと思います。
Commented by ejison2005 at 2008-01-27 00:50
>>大したさん
あと○○回くらい使えると名言されてないのが便利ですね。いつ失明するかは、岸本先生の胸算用次第です。
Commented by ejison2005 at 2008-01-27 00:53
>>BENRONSYAさん
>サイレン
でも、この漫画の場合はそれで盛り上がったわけでもないですし、やっぱ失敗だったんじゃないかな。フィクションにおけるリアリティさってのは、現実そのものなら良いってもんじゃないですし。

>ネウロ
そのネタはもうシックスさんがやっちゃったんで、さすがにないと思いまする。
Commented by ejison2005 at 2008-01-27 00:54
>>ろくさん
プテラクローの人も含めて、えらいあっさり復活しちゃいましたからね。
これ、作中時間だと二十分くらいしか経ってないはずですし。ワンピキャラかよw
Commented by ejison2005 at 2008-01-27 00:56
>>kさん
マダラを諸悪の根源ってことにして連載を終わらせたいっていう、岸本先生の意図がバリバリ感じられるっぜ!
Commented by ejison2005 at 2008-01-27 01:03
>>ミラさん
あー、すぎたんの作品読むの忘れてた! 無念なりー!

>スケット
浪漫ちゃんというか、今までのゲストキャラが持ち回りで登場してくれるとグダグダになってくれて面白そうですね。

>ワンピ
そうなってくれたらいいんですけど、肉食って酒飲んだら回復する気もするw
Commented by ejison2005 at 2008-01-27 01:04
>>しいおうさん
感想文って理論付けて書くもんだと思いますよ。
Commented by ガーターネルト at 2008-01-27 13:14 x
>>ejison、しいおう
自己演乙
Commented by ろく at 2008-01-27 13:57 x
>作中時間だと二十分くらいしか

いや、時間は問題無いんですよ。
それ言ったら桜木なんて背骨痛めて失神して復活するまで多分もっと短いし。
現実のスポーツでも、先に挙げた山下とか岡野とか、後は井上康生なんかも
骨折ったり胸筋剥離してもすぐ試合再開してました。

要は、山王戦での桜木復活くらいに
1週分丸々使うくらいの濃いエピソードが欲しかったのです。
あれはかつての教え子を大切に出来なかった安西先生と、今が最高の舞台と覚悟を決めた桜木の意思が交錯する素晴らしいシーンでした。

せめてヒル魔とまも姉のシーンをもうちょっと伸ばしてくれればなあ・・・。
如月も、怪我に苦しみつつもチームの為に立ち上がる様子を、更なる回想とか交えて
もう少し描いて欲しかった。
そうすれば読む側として「おお、そうだ!怪我しててもお前が行くしか無え!!」と、もっともっと熱くなれたんですが・・・・
Commented by ejison2005 at 2008-01-28 00:24
>>ろくさん
おお、現実にそんな例があったんですか!?
それは僕が浅識だったなあ。

で、ヒル魔なんですけども、そんなイベントをやったところで盛り上がるかどうかはちょっと疑問符な僕がいるのです。別にヒル魔は主人公じゃないんだし、大人しく寝ててセナの頑張りで勝利を目指して欲しかった。

僕が単にヒル魔アンチなのかなあ。そんなに嫌いなわけでもないんだけど。
Commented by ejison2005 at 2008-01-28 00:25
>>ガーターネルトさん
ちょっとワラタ。
Commented by ニテンドー at 2008-01-29 18:49 x
>アイシ ヒルマ
あれじゃないですか、漫画とかでよくある「お前は何がしたいのか分からない。付いていけない」って言う時に陥る「なんでも否定的に見てしまう」不思議現象。

ヒルマさんは「敵を欺くために味方(つーか読者)を陥れる」人ですから、こっちはヒルマさんが何したいのかわっけわかんねー。 と。
言うことにしとくのはどうでしょう
Commented by ejison2005 at 2008-01-30 03:34
>>ニテンドーさん
というより、描いてる側の盛り上がりに僕がついてけてないだけの気がしてきました。