週刊少年ジャンプ 08年 02号 感想
ハンター……休載しちゃいましたねえ。
分かっちゃいたことではありますが、やっぱりもの悲しくはなってしまいます。この十週間、ジャンプが別の雑誌みたいだったぜ。ハンターは読み進めるペースが他の漫画の何倍かくらい遅いので(他を読み飛ばしてるという意味じゃないよ)、連載作品が何作か終了したくらいの喪失感がある。
また一年くらい待つのかな。単行本の新刊が出るのもいつになるやら。
救いがあるとすれば、新連載が思っていた以上に良質だったことでしょう。サイレンも今週に入ってグッとサスペンスっぽくなりましたし、この二作で頑張って盛り立ててくれるといいナ!
それでは、今週もジャンプ感想と参りましょう。


キックアウトセン(新連載)

f0029827_4203030.jpg

表紙に使われた↑の顔からそこはかとないみきお臭を感じ、ちょっと不安になったけど本編の方では単にリアル寄りな絵柄であるだけで、そんなにいとうみきお先生っぽくはなかったです。アシスタントさんか何かだったのかな。

本編の感想
「頑強」という主人公の特性や、死んだ父親の背中を見て育ってきたという出自からマガジンで連載してる某ボクシング漫画をちょこっと連想してしまいましたが、第一回を見る限りではいい感じにまとまっていると思います。やっぱり、キャラの高感度高いのが大きいよね。人間的に問題ある人が誰もいないですし。死んだ親父も、主人公が崇拝するに足るカリスマ性を備えています。
主人公のタフさについて、何ら設定的な裏づけが存在しないのは気になりますが(単に遺伝的な問題て)、その特性そのものは十分物語で活用されているので、これも大して問題は無いでしょう。

お父さんが勤めていた建築会社
ただひとつ、問題点があるとすれば父親が勤めていた会社でしょうねえ。
「危ねぇ仕事はアイツがいつもやってた……その分怪我だってするさ」
という台詞がありますが、危ない仕事だからこそ入念に準備して危険性を取り除くべきなわけで、そんなしょっちゅう怪我人が出るような状況で作業をしている建築会社(?)なんて、一回潰れたほうがいいんじゃないかと思う。どう考えても安全確認を怠りまくってるよ、この人達。


ワンピース
結局いつものワンピバトルと相成りました。モリアのタフさもそうだけど、麦わら海賊団は何をやれば倒れてくれるんだ。
あと、モリアが自分をはかり損ねて暴走してるという展開も残念ですねえ。彼がちょこっと冷静さを保ち、五百体辺りでセーブしといたらルフィ達は万に一つの勝機も無くなっていたんじゃないかな。僕は主人公達が敵の間抜けさに助けられるという展開は、あまり許容したくないのです。自分達の努力で状況を打開するべきなんじゃないかと思う。

一人だけ残ったローラ船長
色々と文句の出てくるこのエピソードでしたが、ローラ船長の行動だけはグッジョブだったと思います。僕もこの連中が、ルフィに希望を託すだけ託して好き勝手言ってた時はどうよと思いましたからね。
その辺、今回は上手くフォローできてたんじゃないかな。


ナルト
げげぇーい! 四代目とペインに何の関連性も無いばかりか、デイダラさんの方まで全く関わりがありませんでした。自来也の顔見知りだとか言われたって、そんなん知りませんがな(´・ω・`)
こんな特徴的な髪型被らせといて、全く関係がないとか描き分けできてないとしかいいようが……。自来也も自来也で、知ってる顔ならもっと早く言ってくださいよ。

長門は教えてちゃん

f0029827_4204651.jpg

f0029827_4205237.jpg

f0029827_4212066.jpg

↑前にも似たようなネタ作ったけど、もう一回。
こないだの大ガマ仙人と自来也の会話も大概でしたが、岸本先生は自分のキャラにもうちょっと言葉のキャッチボールをさせるべきだと思うんだ。会話っていうのは、片方が一方的に相槌を打つものではないのですよ。

岸本先生「キングクリムゾン!」
冒頭でなんか急に一人倒してたので、一週読み飛ばしたのかと思った。
ナルトのバトルは基本的にじっくりまったりと進行していくものなのですが、こりゃ岸本先生面倒になって投げたかな。
しかしながら、岸本先生が描くより結果だけ提示して、あとは読者が各自で「絵に出来ないくらいものすごい戦い」を脳内補完した方が、ナルトのバトルは面白いかもしれないなあと思った今日この頃。
冨樫先生も、幻影旅団VS陰獣とかはそれでしのいでたしね。あれは「あえて描かない」という手法を、効果的に使った例といえるでしょう。バトルを省略することで、旅団の力を秘密のベールに包んだまま威厳を高めているのです。
まあ、それも事前にウボォーVS陰獣で陰獣がそれなりの使い手であることを描写してこそ、だったんですけどね。

余談

f0029827_4215864.jpg

ジャンプ関係ありませんが、ヤングガンガンの今号でDOG LIFE&DOG STYLEという漫画がペインさんと似たような能力をとっても有効活用してました。
孤軍奮闘する敗残兵が、小型の飛行ドローンと視覚を共有して敵の位置を確認しつつ逃亡したりするお話。多分、岸本先生はペインさんでこういう表現をやりたかったんだろうなあと思った。


ブリーチ
ザエルアポロさんの能力だと、ダミーの臓器と腱まで丸ごとコピーしちゃうんじゃないかなー。というか、同じ臓器と腱が二セットつずつ存在する人間ってどんなのなんだぜ。冷静に考えて、その人物は色々なところが常人の倍膨れ上がってると思うんだ。
ストーリーについて触れると、マユリ様と石田のコントが面白かったです。


サイレン
先週の話ではいまひとつという印象を受けましたが、今週は物語の本筋に触れてきた感じで大分面白かったです。キャラクター達が揉め事を起こしたりしながら自己紹介をしていくという、サスペンスとかホラーの基本的な展開をしっかりと踏襲したのも評価高いですね。
メガネの人と朝河がそれなりに活躍するのは間違いないとして(デブが役に立たないのも間違いないとして)、あとはどいつが活躍するんだろう。
あんまり若者だけで主人公チームを固めるのもどうかと思うので、できれば年長者達をそれなりに活躍させてくれると嬉しいな。


To LOVEる
あんまり狂気とかは感じませんでしたが、今回のお話はそれなりにラブってコメってたんじゃないかと思います。ちゃんとペケの意図を汲んで、フォローを入れるリトもいい感じ。そういや、この子は別に鈍感というわけじゃないんだよなー。気持ちが向いてないというだけで。

「だ…大胆な服装ですか!?」「よ…よくわかりませんがとりあえず…」

f0029827_4221439.jpg

嘘つきは泥棒の始まりだって、ばっちゃが言ってた。


ディーグレイマン
アレンはともかくとして、ブックマンのお爺さんは確かこいつらと同ランクのアクマ一体に半殺しの憂き目を見たんですよね。
先週、あれだけのアクマが存在したのに一寸たりとも脅威を感じなかったのは、こうなることが目に見えていたからだよなーと思いました。色んな意味で星野先生らしい展開です。


スケットダンス
今週は、スイッチが漫画に出てないところでも色んな人間と交流しており、それなりに充実した学校生活を送ってることが示唆されたのがちょっと良かったと思いました。やや大げさないい方ですが、世界観の広まりみたいなものを感じた。
本編の方は、内田君が勇気を出して挙手し、最後に何かオチをつけるくらいにしとけば良かったんじゃないかな。僕は、スケットの「ちょっといい話」はあまり好きじゃないのです。もうちょっとギャグの方面に専念して欲しい。


テニスの王子様
シンクロの絵面は相変わらず破壊力があったけど、それでも二回目だと若干インパクトに欠けるのは否めなかったかな。や、何の必然性も無い菊丸先輩の滞空バク転とかすごく面白かったけど、それでも初回に比べれば劣って感じられるのです。当たり前ではありますが。
それに、シンクロで逆転勝利するという展開は、僕達読者でも普通に思い浮かぶ類のアイデアだというのもあります。

皇帝と帝王、並び立つ
これは普通に良い展開ですね。跡部様と真田皇帝のキャラクター的にも、リョーマを万全の状態で戦わせてやりたいというのは納得できますし、テニス漫画として考えてもなかなかスポーツマンシップに溢れてます。
異端児のごとき扱いを受けているテニプリですが、ここだけは非常に正しいジャンプ漫画をやっていました。


ハンター
先週は王様が慈愛に満ちた動作でコムギちゃんを介抱したりしていた間、他の連中が何をしていたのか楽しみだと書いたわけですが、どうも今週の展開から考えて、あれはわずか十数秒の出来事だったみたいです。ちょ、王様ってばあんまりコムギちゃんをいたわってねえ(笑)。
数秒間の間に創作ダンスを披露しつつ、アイデンティティー崩壊に苦しんでいたプフもですが、ちょっとあなた方は生き急ぎすぎだと思う。心的拳聴ってレベルじゃねーぞ!

監獄ロックと書いてスモーキージェイル
これは単体の念能力ではなく、ディープパープルの派生技と考えてよいのでしょうか。特別な発動条件などがあるわけではなく、単に硬化させた煙で周囲を覆っているだけという。ひょっとしたら、自分も内部に閉じ込めて相手とタイマン張るという制約で生み出した、念空間なのかもしれないけど。それなら、プフ程の強者が脱出不能なのも納得できますし。
で、これを見て思い浮かべるのはやっぱりヂートゥさんが使っていたあの能力ですね。
彼の能力はハコワレの影響を受けたものであり、ナックルは(おそらく)モラウさんから修行をつけられた末にあの能力を生み出しているわけで、何だか美しい系統図が誕生している気がするのです。
能力だけで考えたら、ヂートゥさんは立派にモラウさんの孫弟子だね。

「『貸し』だぞ!!」
さすがに、コムギちゃんの治療までワンタッチで終わるとは考えづらいから、ピトーはいまだにドクタープライスを使用中なわけで、冨樫先生はきっとゴン一人でその状況に相対させたかったんだろうな。だからこそ、ずっと前にやってた「先輩風を吹かすキルアとそれに従うイカルゴ」というイベントを引っ張ってキルアとの切り離しを図ったと。
しかしイカルゴってば、いい感じに死亡フラグが立ってるなあ。ウェルフィンさんが見ていた以上、パームが助けに来ない限り彼の助かる展開が想像できないぜ。


エム×ゼロ
この漫画における最大の負の遺産は、「魔法が特定地域でしか使えない上に秘密=そんなの学んで意味あるの?」という問題なわけですが、今週は「転校すると魔法に関する記憶を失う」という設定が明らかにされ、そこのところがさらに強化されてしまった感じです。下手すると、卒業しても記憶を消されそう。
う~ん。在学中、もっとも力を注いだ分野に関する記憶が無くなるって、それはもはや学び舎として機能していないのでは……。卒業時に願いを叶えてもらえるとはいっても、学校生活というのはそんなギブアンドテイクな代物じゃないしなあ。
大体、親御さんとかにはどう説明してるんだろう。ひょっとして魔法のことは伏せてるのでしょうか。子供が頑張って学んでることを保護者に対して伏せるとか、やっぱり学校として機能してないよー。

[PR]
by ejison2005 | 2007-12-12 04:37 | ジャンプ感想 | Comments(40)
Commented by at 2007-12-12 05:06 x
>ブリーチ
マユリ様とザエルさんのコントが面白かったです
しかしそれにしても、マユリ様に酷い目にあわされたのに普通にコントしてる石田は何を考えてるのやら

>ナルト
一対一に持ち込める結界なんて物があるんなら、何でペインが3人だった時に使わないんだ?
ピンチになってから使うとは、何て余裕たっぷりなんでしょうねー
『悪い省略の仕方』って題が付けれそうですね

>ネウロ
来週はDRフルボッコタイムですね
調子に乗り過ぎたDR涙目
Commented by 時を止めるジョジョ at 2007-12-12 08:35 x
>>ワンピ
毎度の事ながら尾田氏は期待を悪い方に裏切ってくれますね。
サンジがアブサロムぶっ飛ばしたときは今年中には終わるかと思ったのに、
今回の展開で決着が来年に持ち越すことはほぼ決まりましたね。
というか、ワンピの話が終わるのが遅くなったのっていつ頃からなんでしょう?
アラバスタ編から?
>>ナルト
エジソンさんも似たようなことおっしゃってますが、
キャラ同士の会話が希薄すぎて、作者はコミュニケーション能力が乏しいのではと懐疑してしまいます。
まあ友達が皆無の僕が言えたことではないのですが・・・
>>エムゼロ
母親「アンタ学校退学になったって、一体どんなことしたの?!」
生徒「えっと・・・・・・俺何してたんだっけ?」
または
面接官「高校時代に励んだことをお聞かせください。」
受験者「・・・スイマセン、全く思い出せません。」
こんな事態に陥ること請け合い!

Commented by キック at 2007-12-12 11:17 x
>ワンピース
海賊に死の脅しは効かねぇ、みたいなこと言ってたときは威厳あったんですけどねモリア。なんか影を取り込み過ぎて、ゴムゴムのJETバズーカあたりでパンクしそうなんですけど…

>ナルト
「つまり・・・どういうこと?」
出ましたね。NARUTOの三大迷言のひとつです。
ちなみにあと二つは皆さんご存知の通り「大した…」と「ここまでの…(ry

>ハンター
まさかあんな絶好の引きで休載に入るとは…
ジャンプの楽しみが激減です…

>サイレン
僕は岩代先生好きですし、今週も悪くないと思いますますが、とんでもない死臭(打ち切り)がするのは否めません…
Commented by ガーターベルト at 2007-12-12 17:47 x
>ナルト
先生はそういうミスリードを狙ったんだと思います。そして、上手く引っ掛かったのがココにいる。はい、目出度し目出度し
Commented by 大した at 2007-12-12 19:07 x
>ナルト
ただ単にキャラの描き分けができてなかっただけですねw
しかし、「ペイン達はかつて自来也と戦ったことのある奴等だった!」
って言われても、うち5人は初登場なんだがw岸本先生のギャグはレベルが高すぎるなぁw

>新連載
サイレンと同じで、打ち切り臭が漂ってきます
最近のジャンプ新連載は打ち切り臭が濃いのいっぱいだなぁ
Commented by No.23 at 2007-12-12 22:56 x
hunter、夢のような10週でした。
hunetrが休載中はぜひ他の漫画にがんばってほしいところ!!

個人的にはうさぎとスケットなんすけどね。
地味だ(´・ω・`)
Commented by ミラ at 2007-12-12 23:40 x
>テニス
シンクロを見れただけで満足ですが、許斐先生ならダブルスでもっと斜め上な展開をするかなと思ってたんで少し物足りない感じはありますね。
シンクロ+分身のコンボ技が見たかったです。

>ブリーチ
解放姿から一時間も経ってないといってますが、ハンターがコンマ数秒で戦っているのを見たあとでは物凄く長く感じますね。ハンター達が、思考や会話が数秒として
ブリーチの人たちは、始めの能力説明や会話に10~15分はゆっくりとかけてそうですよね。何かそんなこと考えてしまいました。

>勇者学
今回もすごく面白かったんですが
>「それツンデレじゃないだろ!!情緒不安定だろ!!」
麻生先生はそんなつもりないと思いますが、ナルトのカリンの皮肉にしか聞こえないから不思議w

>スケット
自分もギャグの方が好きなので、ギャグ話オンリーにしてほしいくらいなんですが
一応”助っ人”部でもあるので、人助けをきっちりする話を入れとこうと思っている
のかも知れませんね。ギャグ8:シリアス2くらいならいいかなと思ってます。
Commented by やまとん at 2007-12-12 23:48 x
>ワンピ
ルフィはもう戦闘不能。そんな風に考えていた時期が僕にもありました。
先週ロビンに足場を作ってもらったり、ブルックに上まで運んでもらったりしていたから、てっきり最後の力を振り絞ってのギガントバズーカだと思ってたんですが、まだギア2を使う余力まであるとは・・・。


>ネウロ
DRが調子こけてたのはエジソンさんの言うとおりネウロが呆然としてたから見たいですね。そして来週DRはフルボッコと・・・。
人間を大量虐殺、ネウロに魔界道具を2つも使わせて弱体化にも成功。彼はシックスの期待した仕事を完璧にこなした最高の1番手だったと思うんですけど、リアクションとか発言がすごく小物臭いせいで、どうしても奴はわれわれの一族の中で(ryを連想してしまう。来週葛西あたりに「奴は所詮捨て駒」とか言われてそう。

>ハンタ
巻末コメント読む限り意外に早く連載再開するかも。なんて思うのは考えが甘いんでしょうか。まあ、2年くらい待たされると思って気長に待ちます。
Commented by げすと at 2007-12-13 01:27 x
ナルトは以前から激しい戦闘シーン、つまり動きが多くて描くのが面倒な場面は
あの手この手で極力描くことを回避しています。ようはサボリですね、作者の怠慢。
漫画なのに重要なとこをセリフのみで済ましたり、複線も張らずに新キャラ出したり、
静止画の格闘シーンを載せたり、チーム戦なのに1対1の決闘ばかりだったり、
ネームで原稿出したり、解釈を間違えた性格設定をつけたり、それなのに漫画の表現には限界があると仰ったり・・・・

なんだか書いてて悲しくなってきたので、これで失礼します。
Commented by パポパポ at 2007-12-13 04:33 x
>KOSEN
拉致→軟禁→ヤキとなかなかパンクな感じでキメてきてくれたので、戸塚ヨットスクールを思い出しました。どんな事件だったっけ。常人はアタマがおかしくなってしまうっていうのもうなずけます。
とりあえず、主人公があれだけ固いと試合にならなそうなのが心配です。ちなみに僕は辛辣に書いてますが結構好きです、このノリ。父ちゃんカッコいいよ父ちゃん。

>ナルト
ペインの死体をひとつ持って帰れば、いろいろ分析できそうなものですが。

>ブリーチ
触手に巻かれたネムを視姦しながら股間のモノを抜き出すマユリ様ってステキ!地蔵が出たとき「一体どこから・・・」って言ったのは絶対シモの意味だと思います。刀で変身する人が刀で召喚獣出す人に「それはおかしい」ってのは変ですし。
まあとにかく、ザエルさんは「股間から刀を出す属性」に弱いって事ですね。
Commented by パポパポ at 2007-12-13 04:42 x
>サイレン
ちょっと考察。
・公衆電話
プレイヤーへの連絡は公衆電話で行う模様。携帯を連絡に使わないなら、何か別の使い道があるのでしょう。例えば武器とか。
この世界がどういうトコかは全くわかりませんが、女子高生が刀持ってる位だし、なんらかの手段で武器を得る事は可能なハズ。
となると、
1・町や人の集まりから入手
2・拾った
3・サイレン側の人間(?)から貰った
4・そもそもナイフと同じように持っていった
ってトコでしょうか。1があるとするなら、わりとDQ的な世界なのかもしれません。アゲハは雨宮と宿屋に行ったら「ゆうべはおたのしみでしたね」とか言われるんだ。
2は、戦地跡とかから拾ったって事でしょうか。あるいは、ダンジョンにアイテムがあるように、どこかに安置されているのかも。
3は、上で述べた携帯の可能性ですかね。特定の電話番号にかけると、特性に合った武器が手に入ったりするとかだったらワクワクするなあ。
4は・・・うん、ねーよ。これだったら嫌だなあ。
Commented by パポパポ at 2007-12-13 04:50 x
>サイレン続き
・門
この言い草からするに、この世界は「サイレン」ではない模様。サイレンに至るための試験会場ってところでしょうか。この辺もちょっとグリードアイランドを思い出すなあ。「サイレンへ至るための試験会場」と、「ジンに至る為の試験会場」って点で。行ってみたらアゲハの母親とかがいるのだろうか。

>テニプリ
「チョコマカ動いて広い範囲をカバーする」「時間差で攻撃し敵を騙す」に対抗するために、「威力を出す」でも「スピードを出す」でもなく「空中で糸を引きながらM字開脚とかする」って事で完璧に圧倒するあたり、間違いなく彼らは一流のテニス戦士ですね。

>ネウロ
「血族の長であるシックスのクローンで強化細胞を持っていたXが全く勝てなかった」のに、「人間より上程度の性能のDRがXの強化細胞を得たら魔人に匹敵する力を得る」
過去シックスに瞬殺されて何も学んでないDRがステキです。
シックスはXから、ネウロにボロクソに負けた情報を取り出したハズだけど、噛ませのDRはシックスに何も教えてもらってなかったんでしょうか。14巻だと運転手任されてたのになあ。
Commented by 風魔 at 2007-12-13 07:41 x
>ネウロ
まあ、大体想像どおりの結末ですな。以外といえばDRがあそこまで大きなテロを起こして読者を驚愕させてくれました。小物臭ぷんぷんだったのをいいことに効果が大きい。ここら辺は作者が最初からDRがやられるのはもう読者に読まれているようなものと考えて、ただやるんじゃつまらないからここまですごいことをやらせたって考えてもいいかも知れません。岸本先生とは逆というべきと思った今日このごろ。
Commented by bakatuki at 2007-12-14 22:27 x
>ナルト
記憶の中にあるかつて戦った相手の顔と、現在戦っている相手の顔を照合するために、もう一度相手の顔を確認しに逝かなければならないそうだが
先週思いっきりペイン達の顔を見てなかったかジライヤ
何でわざわざ安全な結界から出て確認しに行くんだろう

確認するにしても、本体が出る必要無いし、何のための影分身なんだ?
デイダラ程度でも両腕潰れた状態で分身出せたんだから、片腕残ってるジライヤなら影分身くらい余裕だろうに
Commented by ニテンドー at 2007-12-14 23:22 x
>サイレン
僕女剣士ってすっごく好みなんですよね。だからもう雨宮さんが刀振り回したシーンが出ただけでこの漫画は役目を終えました。
雨宮さんが刀振ってりゃあとは何が起きようがもう何でもいいよ。

一つ真面目な話をすると、タカヤが頭をよぎっちゃったな という感じです。あんなラブコメなんだか格闘なんだかファンタジーなんだかわかんないような
お話にだけは既にちょっとなりつつあるから困るな
>スケットダンス
良く見たらコノ内気なこって読みきりのあいつじゃないですか?あの、双子の女の子のかたっぽに惚れたヤツ。
気のせいかな。今んとこ読み切りに出てた奴が登場してるところは無いから気のせいだな。
あとこれの「いいお話」って僕好きなんだけども。え、もしかして異教徒?
>ネウロ
・・・またバトるのか・・・まぁ、DR五月蠅いし、ぷちっとやっちゃってください。
そういえば、嵐で人がうっかり目撃する心配がないとは言え人前でここまで魔人形態になるネウロって初めてじゃないすか?ハル編は電脳世界だからノーカンね。
あと、ネウロをガチで怒らせたのもDRが初めてですね、小物の割には結構ネウロをおちょくれたんじゃないかな?
Commented by ejison2005 at 2007-12-15 02:00
>>コメント返信について
いつも通り、後日まとめてお返事させていただきます。ご了承ください。
Commented by こう at 2007-12-15 08:16 x
>ワンピ
やっちゃったよ・・・orz

>ナルト
相手の見たことのある人を召喚する能力?まぁ、どうでもいいか。

それにしてもあの視覚共有って能力は攻撃に防御?に偵察に、幅広く使える便利な能力なんですよね・・・。
しかし、ガチバトルしかしない忍者ばっかりのNARUTOの世界では何かパッとしない能力でした。ああ、勿体ねぇ。

>ブリーチ
あらゆる意味で「マユリだから」で全て許せるのが素晴らしいと思いました。

>ネウロ
次号はDRの血祭りです。合掌。

>サイレン
サスペンスらしい展開になってきました。
サイレン脱出経験のあると思しき雨宮さんが今もサイレンにいる辺り、グリードアイランドのように一定期間内に戻らないとダメな条件付の一時脱出とかもありそうです。

>エムゼロ
魔法特区内にしか生息しない植物があるとか、魔法特区内で作ったものは外に持ち出しても大丈夫とかいうんならまだいいんですけどね。
まぁ、それでも「だったら農場か工場にしろよ」と言われてしまうわけで。なんにせよどこかの塾みたいに名士を輩出しまくれそうな雰囲気は皆無です。
Commented by 笹の葉 at 2007-12-15 16:38 x
>ブリーチ
たぶんマユリさまとザエルさんってめちゃめちゃ気が合うと思うんですよね。ザエルさんも前に石田くんの矢をまともにくらったあと「なんちゃってw」とかいって無効化してましたし。要は似たもの同士。
来週あたり、
「あんたみたいに強いやつは初めてだよ」
「お前もなかなかやるじゃねえか」
とかいいながら談笑したりしてるんじゃないかな。肩とか組んで。

>キックアウトセン
うーん、主人公の特性が「頑強」というのは今後あまり前面に出さないほうがいいんじゃないかなと思いました。というのも、それだとタカヤになってしまうんですよね、あれも(最初の方は一応格闘漫画で)どんなに攻撃くらっても「ノーダメージ!」でしたし。
次回あたり孝紀くんににやにやしながら「俺の顔一発殴ってみ」とか言い出しそう。

あとこれは直接作品には関係ないんですが、せっかく物語の舞台が夏休みなんだから、こんな時期から連載開始しなくてもなーと思いました。

>ムヒョ
お見送りにきた家族の人達の日々の生活を想像してみたら堪らなく悲しい気持ちになりました。
Commented by 榎シバ at 2007-12-15 20:54 x
>ワンピ
このあとはきっと朝日が昇る前に、カゲがもとのところに戻る時間がきて、カゲが戻り始めたことに混乱したモリアが「主人(自分)のところへ戻れ!」と言ってしまって、カゲが自分の本体のほうへと戻ってしまい、姿がもとに戻ったところでルフィが一発KOですかね。ホグバックのときみたく。
今気付いたけどエジソンさんの好きじゃないパターンだ。

>ブリーチ
マユリ様なら、極小の臓器ぐらいつくれそうな気がする。
Commented by ejison2005 at 2007-12-16 01:08
>>犬さん
だが少し待って欲しい。
所詮ペインですから、もう一回カエルの大合唱を浴びせたらまんまと引っかかったのではないだろうか。
昔のゲームに搭載されてる、バカCPUみたいな感じでw
Commented by ejison2005 at 2007-12-16 01:11
>>時を止めるジョジョ さん
ああー、アラバスタの……もっというなら、グランドラインに突入した辺りから歯車が狂い始めた感じですね。
それまでは、テンポ良く各エピソードを消化していったと思いますし。バギー海賊団との戦いなんて、2~3ヶ月くらいしかなかったんじゃないかな。今では信じられん。

>エム×ゼロ
やっぱり教育機関としての役割が果たせてねえ(苦笑)。
Commented by ejison2005 at 2007-12-16 01:14
>>キックさん
ルフィ達はとりあえず影に逃げ込みながら、モリアさんが力尽きるのを生暖かく見守っているべきなのかもしれません。

>ナルト
まさか二回連続で聞き返すとは思わなかったんだぜw
僕だってコラ作る時は、そこら辺少し気をつかうくらいなのに。
Commented by ejison2005 at 2007-12-16 01:15
>>ガーターベルトさん
岸本先生「釣れた! はじめてだけど釣れちゃった!」
Commented by ejison2005 at 2007-12-16 01:18
>>大したさん
弥彦はともかくとして、長髪の彼はデイダラさんだった方が明らかにインパクトありましたね。
今回のナルトは、積み重ねの欠如というこの漫画の欠点が全力全開だったと思います。

>新連載
ナルトが始まった時とかは、(今では考えられませんが)「ああこりゃ看板になるな」と確信できたりしちゃいましたもんね。
こう、一発でついてく気になる漫画がここ数年全くありません。To LOVEるとかネウロは、違うベクトルだしなあ。
Commented by ejison2005 at 2007-12-16 01:20
>>No.23さん
感想は書いてなかったけど、サムうさはここんとこ普通にいい話でしたね。今週はちょっと、ガン黒の人達が思慮浅すぎでしたが。
スケットは平均的にいい感じだと思います。でもシリアスはいらんと思うのですよ。
Commented by ejison2005 at 2007-12-16 01:24
>>ミラさん
無数の菊丸がネバネバしながら空を飛ぶ! まさに悪夢! これぞナイトメア!

>ブリーチ
ブリーチ世界なら、ハコワレはハンター世界の十倍強力な能力になりそうです。

>スケット
あ、そういえば助っ人が語源だったw
素でそこら辺忘れてました。あー、そうだ。助っ人するのが基本的なストーリーテリングだった。
Commented by ejison2005 at 2007-12-16 01:27
>>やまとんさん
きっと、ルフィ達は太陽炉を内臓してるんですよ。もしくはS2機関。

>ネウロ
分かりやすい悪人をフルボッコにして爽快感をかもし出しつつ、危機感を煽る。DRさんは小物であることも含めて、理想的な一番手でした。
でも、こっから十本刀方式で新しい血族が確固撃破されるのもアレなんで、そこは旅団的に強調する面も見せて欲しいですね。
Commented by オーノー at 2007-12-16 01:28 x
>ナルト、ブリーチ
キング・クリムゾン(一週読み飛ばしたか?と思うような構成)
ザ・ワールド(どうでもいいところで進行が止まる)
バイツァ・ダスト(前にも見たようなセリフ・状況・表現が頻出)

歴代ボスのスタンド能力全開だネ
そろそろヘブンズ・ドアーを発動させてもらえないものかしらん
Commented by ejison2005 at 2007-12-16 01:29
>>げすとさん
ガイ「岸本先生……あいつは手抜きの天才だ!」
Commented by ejison2005 at 2007-12-16 01:34
>>パポパポさん
>KOSEN
論理的には色々と問題のある展開ですが、そこら辺を上手い事漫画的に誤魔化してる感じですね。だから、読んでいてあまり引っかからない。これはいい意味で、「漫画としての嘘」をついてると思います。

>サイレン
まあ、順当に考えて武器の類は現地調達でしょうね。街とか出てきたら、ますますGI化していくなあ。
まだここがサイレンじゃないっていうのは、すげえ面白い推理だったと思います。そういや、明言されてないね。

>ネウロ
もしくは、かませの伝統にのっとって舐めくさっていたのでしょう。サイバイマンから自爆を食らっちゃうタイプ。
Commented by ejison2005 at 2007-12-16 01:35
>>風魔さん
ああー、読者の反応を読みきってたっていうのはあるでしょうね。
刹那のパスワードとかもそうだし、松井先生は読者を躍らせるのが上手い漫画家。
Commented by ejison2005 at 2007-12-16 01:37
>>bakatukiさん
それ以前に、逃げながら「全員知り合いだった」という前提で推理すればいいだけという。
自来也……大した仙人だ。
Commented by ejison2005 at 2007-12-16 01:41
>>ニテンドーさん
>サイレン
僕はGANTZを思い浮かべたなあ。クリアできたら戻れるとか、そういうワードで。

>スケットダンス
読み斬りは探せば見つかる気もするけど、紐で閉じて回収に出すばかりのジャンプを開封するだけの勇気が僕にはなかった。

>ネウロ
ぶっちゃけ、ただ殺すだけなら怪力で一捻りすればいいのですが、それじゃ気が治まらないのでしょうね。損だというのは分かっていても、やめられないという。
Commented by ejison2005 at 2007-12-16 01:43
>>こうさん
>サイレン
でもそれやると、ますますグリードアイランドって言われるんだろうな。僕も書かない自身が無い。

>エム×ゼロ
やっぱ、魔法を扱えるメリットが全然ないのが問題なんですよねー。学校限定だから世界観も矮小になっちゃうし、この設定がひたすら足を引っ張ってるぜ。
Commented by ejison2005 at 2007-12-16 01:45
>>笹の葉さん
>ブリーチ
来週、ザエルアポロさんが「なーんちゃって」とか言いつつ立ち上がったら本当にそうなるかもw

>キックアウトセン
多分、高校生の大会(トーナメント)とかを予定してるんじゃないですかね。それだと、夏じゃなきゃ不自然ですし。
Commented by ejison2005 at 2007-12-16 01:47
>>榎シバさん
うん、僕はもうちょっと主人公側の努力で状況を打開した方が好みですねー。

でもまあ、ワンピに関しては早くこのシリーズを終わってくれれば何でもいいやw
Commented by ejison2005 at 2007-12-16 01:48
>>オーノーさん
それが人類(読者)全体の幸福につながる、と。
Commented by ニテンドー at 2007-12-16 15:17 x
>KOSEN
感想書いたときは呼んでなかったんですけど、タイトルに騙されました。「けーおーせん」って読んじゃった。
あと、出だし(第一話)が主人公が置いてけぼりっていう手法は読み手もわかりづらいからすきくない。登場人物たちが端から端まで何しゃべってんのかわからなかった。
>スケット
そんな昔のジャンプまだあるんか。
単行本にでも入ってないかな。そういえばこないだちゃっかり並んでてびっくりしました。
>ネウロ
あれですね、「ふだん計算高い人が、感情に流されて行動してしまう」という、三毛猫のソレと同じ。
いや、あれと比べていいのかな。まぁいいか
Commented by ejison2005 at 2007-12-16 23:36
>>ニテンドーさん
KOSEN、そんなに分かりにくかったかな? 僕はこれといってつっかえずに読み進められちゃったんですけど。置いてけぼりといっても、ちゃんと現状説明は入ってましたし。
Commented by at 2008-06-30 01:27 x
死ね。
あんたに何が分かんだよ。