週刊少年ジャンプ 07年 48号 感想
ジャンプSQ発売も、いよいよ今週金曜にせまりましたね。
これに備え、以前にコメントで「連載版も面白いよ」と紹介していただいたテガミバチの一・二巻を読んでみたんですけど、いや確かにこれ面白いですわ。キャンペーンシナリオとしての姿が思い浮かばないとか書いて済まない。今は反省している。
単に郵便屋さんがエンカウントモンスターを倒したり、人々とちょっといい話を演じたりするだけでなく、ラグに出生の秘密を持たせたてストーリー上の縦糸を用意してるのが特に良かったと思います。そのおかげで、漫画として一本筋が通っている。
また、個人的には他のテガミバチ達がちゃんと有能な人物として描写されているのが嬉しかったです。最近、漫画でもアニメでも味方組織が有能か無能かにすぐ注目してしまう自分がいる。
それでは、今週もジャンプ感想と参りましょう。


ネウロ
等々力さんが損をすると言われたわけは、「変態だらけの世界では真っ当な人間が一番割を食う」ということで納得できたのですが、石垣さんがイザという時に役立つという話に関しては、ちょっと説得力が弱かったと思います。
足跡を再現するだけならば、別にこの場で再現しなくても「鑑識に調べさせればすぐ分かりますよ」と言うだけで十分ですからね。
でもまあ、等々力さんが犯人を挑発している横で止めるように言ってましたし、何だかんだで変態相手に順応はしている分、並の刑事(というか常人)よりはある意味、有能だとはいえるかもしれません。この世界における警察官さんは、生存するだけでも一苦労だ。

このエピソードの意味
さて、前に借金話を通じてアイさんのキャラクター性を深めたことから分かるように、松井先生は完全に無駄なことをやらない人なんで、このエピソードにもそれなりの意味があると思うんですけども、そうだとすると等々力さんor石垣さんの殉職しか思い浮かばない罠。
……といいつつ、俺は「妹の仇~!」と先走った笹塚さんがシックスさんの手で返り討ちに合い、等々力さんと石垣さんでニューコンビを組む伏線だろうと予測しておくぜ!
その際、笹塚さんが最後の力でサイを助けたりするとモアベター。


ワンピース
信じられない身体能力にゴムゴムの能力まで加わって、どうやって倒すんだと思われていたオーズでしたが、答えは元気玉アタックでした。確かに、これならオーズも何とかなりそうです。
しかし、元気玉って偉大な発明ですよね。戦闘力といい、元気玉といい、鳥山先生は有用な発明を残しまくりです。
圧倒的な戦闘力の差があっても、皆の力を一点に集めたといえばそりゃ倒されるよねと思いますもん。敵の凄さを保ち味方を弱くしたまま、ドラマ的に盛り上げて勝利を得られる最終ツールだといえるでしょう。
ただし、影を入れられるという設定そのものはご都合的な存在だったと思います。オーズの腕を伸ばしたからくりといい、モリアの能力は全く別の何かになりつつあるんじゃないかな。

「このガイコツにとどめだ!!!」
と言いつつ、きっとブルックは生きてるんでしょうけどね。
ここで攻撃を当てちゃうのが尾田先生のまずいところで、「止めを刺しますよ」と宣言した上で無抵抗の相手へ攻撃したからには、ちゃんと引導を渡してなければおかしいんですよ。せっかく、オーズに関してはある程度「死の恐怖」を漂わせていたのに、何もかも台無しです。
緊迫感を保つため、ここは何がなんでもオーズの攻撃を邪魔させるべきでした。


ナルト
予言の子……って、自来也はそんな忠告まで受けていたにも関わらず、輪廻眼の持ち主というド本命を放置プレイしていたわけですか。
まさか、ここへきて過去エピソードへフォローを入れるのではなく、追い打ちをかけるかの如き新設定を加えるとは、さすが意外性ナンバーワンの漫画です。

仙人モード
ついに真価を発揮した自来也! その力とは……!
両肩のカエルさん達による舌ベラ攻撃でした(´・ω・`)
一応、生物探知とかいう小技も披露してましたけども、そんなの自来也だけでも使えそうですしねえ。
ハンターで、同じく最強クラスの老人であるネテロ会長が今週大活躍していたというのも、タイミング的にまずかったんじゃないかな。どうしても比べちゃうよ。


ブリーチ
斬魂刀を解放したテスラさんのウマ男っぷりを見ただけで、
「われ……欲する……汝の……命を……」
という台詞が思い浮かんできたあたり、何だかんだでタカヤは僕達の心へ何かを残してますね。
そして、一護へ止めを入れておくだけならば刀で喉笛掻っ切れば十分なわけで、つまりテスラさんは解放して本気を出したと見せかけつつ、全力で手を抜いているのです。何をいってるんだか、自分でも分からなくなってきたけどそういう事なのです。

合体攻撃は通用しませんでした
実際に発射してるシーンがはぶられたせいで、一週読み飛ばしたのかと思いました。
ハンターとかは戦闘シーンを描かないことで、キャラの凄みを増してる部分があるんだけど、必殺技を使うシーンでこの手法を用いるのはちょっと狙いが分からないです。それによって決着がつくならともかく、この場合は破られちゃってるわけですし。
しかし、「最初から全力を出せ」なんて指摘がブリーチキャラの口から出てくるとは思いませんでしたね。それはひょっとしてギャグで(ry


初恋限定
テニスを教えてあげるという流れに、
「ワシの波動球は百八式まであるぞ」
「ならダブルスでいくよ」
「そおら、凍れ」
などの台詞が瞬時に浮かんでくる辺り、何だかんだでテニスは僕達の心へ何かを残しまくりですね。
まあ、関東大会4位の土橋さんレベルでは、足が見えないくらい速く走るのが関の山でしょうが。ツイストサーブでも通用しそうなレベルです。
というのは置いといて ミ□
真面目な話をすると、
「ヤじゃなきゃあたしがしばらくアンタの面倒見てあげようか」
という台詞に至るきっかけを用意しとくべきだったんじゃないかな。別にこの子は部長でも何でもないですし、女子だし、全然面倒を見る動機が無いですよ。
「実は前からあなたの事が(以下略)」という展開かと思ったけど特にそんな事もなかったですし、全くもって意味の分からないお話でした。
あと、水を飲んでるシーンでクロック・アップでも使われてるのかと思った。水が固形化してるように見えるっす。


ギャグマンガ日和(特別掲載)
こないだのジャガーコラボはちょっとがっかりしましたけど、今回はパーフェクトだったと思います。まあ、ジャガーコラボの時も企画の趣旨と外れてるってだけでつまらなくはなかったしね。
しっかし、この感情をどう表現すればいいんだろう。ギャグ漫画は感想書きづらいよ~。
……面白かった。ゲラゲラ笑った(←悩んだ末の結論)。


プロジェクトSQ(特別掲載)
実は俺、今度の新連載で最も期待してない作品が藤子先生のそれだったりするんだ……。そして、このインタビュー漫画を読んでその気持ちがさらに高まりました。
というのもですね。(ちょっとこち亀の感想もコミで書かせてもらうけど)犬マユのまだ単行本へ収録されてない話で、石塚さんが秋元先生の仕事場を手伝うエピソードが存在するのですが、そこで秋元先生が語っていた話が今回藤子先生のおっしゃっていたお話と酷似しているのです。
健康に気を遣っていて、漫画をライフワークの一部として溶け込ましているというね。
でも、それは創作者の姿勢じゃないと思うのです。何かモノを作るっていうのは、己の生命力を叩き込むということなんじゃないのかと。
漫画描くのだって仕事なんだからそういう考え方もあるかもしれませんけど、もっと己を追い込んで描いてる漫画家先生達だってきっと沢山存在するわけでして、どちらの作品が面白くなるだろうかといえば、そりゃねえ。


ムヒョ
まあ、岡田君があの世へ送り込まれたのは別にいいんですよ。どんな理由があろうが、見ず知らずの他人へ迷惑をかけていい道理はありませんからね。
ただし、岡田君へ同情した以上、ムヒョ達は岡田君を自殺まで追い込んだDQNに何らかの制裁を加えるべきだったんじゃないかな。
魔法律を民間人に使うわけにはいきませんが、都合が良いことに今回は刑事さん達がその場に居合わせてますからね。彼らへ見せ場を与えてあげる、いいイベントだと思ったのですが。
DQNの皆さんは間接的に今回の事件を引き起こしたわけで、魔法律協会といい、本当に憎まれっ子ほど世にはばかる漫画です。
どうでもいいけど、岡田君の場合は巨人症ともまた違う何かだと思う。人間と化け物の見分けがつきにくい漫画とはいえ、今回は本当に何かのクリーチャーかと思った。

「表に出れば五嶺の二の舞」
五嶺家の何についてコメントしてるかによってツッコミ所は変わりますが、滅ぼされた事を言ってるならありゃエンチューの仕業ですし(警察がテロを受けたようなもん)、悪徳事業に関してならそうならないように手前で気をつけろというお話です。
というか、魔法律って公には新設の機関だったんですね。だったら、ますますテレビで功績を宣伝するべきだと思いますが。


エム×ゼロ
死ぬ! そんな勢いで壁にたたきつけられたら人は死んでしまう! 
死なないまでも大怪我はするでしょうし、何より普通にファウルで退場でしょう。観戦してたスケボーの人が状況を把握してた以上、何らかの手段で中継はしていたと考えるべきですし。
他の状況ならともかく、十字の人は反則に関して気を遣っていたわけで、これはちょっとミステイクだと思いました。


サムライうさぎ
あーあ、菅谷は結局処分されなかったのか。何というか、講武館はサムうさにとっての魔法律協会と化していますね。出てくるだけでツッコミ所を異常なまでに増やし、作品のクオリティを著しく低下させるという。
伍助的にも、講武館はわけの分からん難癖をつけながら命を狙ってくる通り魔みたいな存在ですし、もはやどうにもなりませんね。
もうさ、部下を殺されまくってブチギレた将軍様が講武館の人間を皆殺しにしたことにすればいいよ。そんで、後は志乃ちゃんとのんびり時代劇ライフをエンジョイする漫画になっちゃえばいいよ。


To LOVEる
うーん、古手川さんがリトへ恋愛感情を持つというのは何かが違うと思います。そういった部分から距離を置いているからこそ、美味しいポジションになってるわけですし。
先週に引き続いて、今週も狂気に満ちたエロスはなりを潜めていますし、ちょっとエネルギーに欠けてるきらいはありますね。


テニスの王子様
ちょ、仁王が変身を解くシーンで皆さん驚きすぎだ(笑)。彼ら、試合中ベンチで観戦してる本物の手塚部長のことなんて、歯牙にもかけてなかったんだろうなあ。
ところで、ラストの見開きを注目して欲しいんですけど、不二が背を向けた途端(これは決闘の光景ではない! 土壇場の光景だ!)仁王は変身を解いて面倒臭そうな顔であらぬ方向を見つめてるんですよね。
この事実からかんがみるに、彼のイリュージョンは視覚を通じて相手を催眠術にかけるタイプのギアス能力だと考えて良いでしょう。相手が必殺技を使われた気になって自滅するというカラクリだから、自分で回転をかける必要のある零式サーブみたいな技は再現できないと。


ハンター
ピトーを見下すネテロ会長の顔が、実に邪悪でいい味を出しています。これ、何も知らない人が今週から読み始めたらネテロ会長がラスボスに思えるだろうな。
ところで、ピトーとネテロ会長が一手交えるのは全体の構成から見ても必要なイベントだったりしますね。以前にネテロ会長はコルトから「王と戦う前に直属護衛軍の誰かに殺される」と言われているわけで、VS王戦を盛り上げるためにも護衛軍の誰かをあしらって格の違いを見せる(=王と同格であると示す)のは必須なわけです。

ゼノさんによる謎の解説
これ、どういう状況で誰に対して語ってるんだろう……。知人の念能力を無関係の人間にペラペラ喋るとは思えないから、全てが終わった後、土産話をシルバさん辺りに語っているのでしょうか。
となると、ゼノさんの出番はこれで終わりなのかな。まだその場にいるのに、ピトーが無反応というのも変な話ですし。送り届けるついでにひと当てしてさようなら、と。(おそらくは)かなりの威力が秘められた念弾をこれだけ放っているわけですから、オーラの残りも強敵と戦うには心許ないでしょうし。
どうでもいいけど、ビスケの念を頼るというマイ予想が外れた理由もこれで頷けましたね。五十七歳のビスケを少女の姿に留めているわけですから、それが全力を発揮した結果でなかったとしても百歳以上のネテロ会長を若返らせるのは厳しいでしょう。
[PR]
by ejison2005 | 2007-11-01 02:27 | ジャンプ感想 | Comments(44)
Commented by オーノー at 2007-11-01 02:40 x
>ナルト
いずれ持つ弟子が世界に安寧か破滅をもたらす……と、「外れたことがない」予言を
聞かされていながら、「その眼を持つ者は創造神か破壊神か」とまで言われる輪廻眼の
長門を見出しておいて、三年鍛えただけでほったらかす自来也。

……………ま、まあ過去(と言っても1,2週前の事だが)の矛盾には目を付けずに
「ジライヤは目的を達成したのに何で逃げないんだ? 」
なんて疑問に「自分の蒔いた種を刈る為」という説明がつかなくもなくなったと思えば何とか

・・・・・・・・・通常、「予言」は未来の事象を指すため、その事象よりも以前に描かれるのが当然と思われてきたのに
何の伏線も無く、その事実があらかじめ「予言」されていたモノであると 描ききった岸本先生は偉大です

>テニス
hensinすれば手塚ゾーンが使えるのに、零式サーブは使用不能とか
テニスの技難易度はイマイチわかりませんね
Commented by パポパポ at 2007-11-01 03:00 x
>ナルト
擁護ってワケじゃありませんが、一応まだ予言の時期と弟子にした時期の前後がわからないので・・・って、まあ全く岸本センセを僕は信じてませんけど。どちらにせよ、自来也は六道眼の持ち主を放流してる時点で暁並かそれ以上に世界の破滅に貢献してますが。
岸本センセの舵取りの稚拙さはまあ今更ってことにしておいて、問題はナルトですよ。ペインがもしこの予言の子とかいうのだったとしたら、じゃあナルトはなんやねんって話なワケで。流石に「実はナルトの事だよ」って道も残されてるので、まだ断言は出来ませんけど、もしこれでペインが全てを握ってるとしたら、ナルトは本当にただのストーカーって事に・・・
あと、人の口寄せなんですが、ウンコとかしてたら・・・もて王サーガみたく断れるようになってるのかな?
Commented by パポパポ at 2007-11-01 03:03 x
>ネウロ
まあ、実際問題石垣はあんな事でしか役に・・・ゲフンゲフン。
僕的には、キャラの能力の一長一短で終わらせないあたりいつもながらすごく安定してるなと。

>ワンピ
先週エラそうに「ゴムだから防御力がやばいんだよ!」「なっなんだっ(ry」って具合に論調展開してしまった・・・赤っ恥のコキっ恥!
カゲ合体に関しては、ルフィ・ゾロ・サンジ3人のカゲがルフィに取り付いて超強化して、『ギア三千悪魔風脚世界2のバズーカ』とかで勝つフラグかと懲りずに予想を立てました。しかし我ながら酷いネーミングだ。

>ブリーチ
ザエルさんは本当に爆弾だなあ。そこに痺れるあこがれねー!
Commented by パポパポ at 2007-11-01 03:07 x
>リボーン
「守護者としての宿命がオレ達7名を引き合わせたんスよ」
でも修行から逃げる獄寺って・・・

>ムヒョ
これ「オレって優しいだろ?」みたいな感じで済ましてるけど、やってる事はキレた蔵馬が戸愚呂兄にやった事と変わらないんですが。
となると、心の声が消えるほどキレた極悪盗賊の蔵馬と普段のムヒョは同じ状態なのか。さすが天才魔法律家は違うなー。

>サムうさ
講武館「妻とイチャイチャするなど言語道断!」
まとめるとこうなるんですけど、じゃあなんでヤマネコ道場が危険度6でうさぎ道場が10?あっちは櫓の上で公開セックスに踏み切ろうとまでしてたんですけど・・・

>テニプリ
不二が新カウンターを覚えるタイミングって、焼肉の時しかなかったような・・・
Commented by 笹の葉 at 2007-11-01 05:39 x
>エムゼロ
しっかし今回の久澄はちょっと独り言が多すぎですよね。なんでも全部べらべらと口にせずに心の声で言えよと。そのせいでレースの緊張感やスピード感がいまいち伝わってきませんでしたし。

>ブリーチ
途中まで「お、打ち切りか?今週で最終回か?」とか思いながら読んでたんですが、やっぱりそんなわきゃなかったですね。
今回の話のラストページは見開きの剣八さんでなく『BLEACH~完~』という文字とその横に添えられたオサレなポエムというものであっても全く問題ない流れだったかと。

>テニス

>「第六のカウンター、星花火」
(技名から察するに、)ボールごと仁王少年を上空へと打ち上げ、そのままボールと共に相手を空中で爆破する技なんじゃないかと予想。

 不二「へっ!きたねえ花火だ」
Commented by キック at 2007-11-01 08:22 x
今週のゼノじいさんの語りはバキの第三者語りを彷彿とさせましたね。
でも、相変わらずハンタは熱いです。

>ブリーチ
とりあえず、ネルが大きくなった意味が全然なかったように思います。
Commented by 大した at 2007-11-01 09:54 x
>ナルト
一回の戦闘で回想を2回(今後も増えるかもしれん)に分割するとは・・・
ジャパネットたかたもビックリ

しかしそれにしても、戦闘に全然緊張感が無いのはどういうことなんだろう
完璧に任務達成した自来也が木の葉まで撤退する展開はまだなんでしょうかね?

>ブリーチ
子供ネルの頭を思い切り踏み付けるノイトラさんに物凄い小物臭
めっちゃデカイ口叩いてた癖にこんな行動を取るのはなぁ
Commented by 白玉堂 at 2007-11-01 10:12 x
>プロジェクトSQ
秋本先生と類似点があるだけで何だか不安な気持ちになるとは・・・。
「昔の」こち亀の時期だったら、そんな風に思うことは決してなかったかもしれませんね。

私の現住所である大阪府では、ジャンプSQが本日早くも売っていました。
「PARマン」は6pと少なく、内容も個人的にはそんなに悪いものとは
思いませんでした。
個人的には、Webで再開予定の『魔砲使い黒姫』が気になります。

>To Loveる
先週の大雪ラストで、今週は「時期が早い雪合戦の話」と予想し、見事に外しました。
でも今週こそ続くと予想します。
「クラスで孤立した古手川さんをリト達が助ける」という展開を期待。
あと、校長は叱られても、心の中で喜んでいるような気が・・・。

もし、時間と意欲が余っているなら、ジャンプSQの感想も書いてください。
Commented at 2007-11-01 11:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 唯野 at 2007-11-01 15:15 x
>もっと己を追い込んで描いてる漫画家先生達だってきっと沢山存在するわけでして、どちらの作品が面白くなるだろうかといえば、そりゃねえ。

つ冨樫先生
Commented by U at 2007-11-01 15:54 x
仁王「手塚も以外に使えん男よのう」

手塚「・・・」
Commented by humat at 2007-11-01 17:58
まぁ、サムライうさぎに関しては清木は「感情を持つな。快楽を忘れろ。」って言いたいのだろうが普通に無理っぽいな。まぁ、清木視点からだとうさぎ道場は黒旗であっても危険度が高いというより壁になってくれるのを楽しみにしているような気がする。いわゆるハンターのゴンの成長を楽しみにしているヒソカのような感じですかかね?
Commented by ハルノ at 2007-11-01 22:33 x
48号ジャンプ感想の「NARUTO」の項目でお名前お借りしましたー
能力漫画ってどんどん能力がコアなものになっていく傾向はどうしてもありますよねw

「BLEACH」のステラさんに関しては、そーですよね普通「タカヤ」ですよね
僕は何か知らないけど先に「切法師」の剣頭吏が頭に浮かんでしまいました
どっちもどっちって言ってしまえばどっちもどっちですがw
Commented by ニテンドー at 2007-11-01 23:19 x
>ブリーチ
え、合体技のシーンはちゃんとありましたよ?ページ飛ばしてたりしてませんか?
まぁ、いまさら4週間くらい前のジャンプなんて引っ張り出したくねーよと思うでしょうから
別にいいんですけど。
>ギャグ漫画日和
それでいいとおもいますw
だって、ぼくだって「お前コレどう思うよ?」ってきかれたら「え、・・・うん。面白い。」「どんな風に」「げらげら笑う感じ」なんてやりとりしかできませんです。
もっと込み入った、なんか小難しい感想は、哲学者とかの方に任せようよって話で。
>エムゼロ
きっとマジックメイルでもつけてたんですよ。目に見えない鎧で平気だったんですよ。
もしくはゲームキャラみたいにダメージ蓄積はするけど体に特に変化が現れないアレ
Commented by やまとん at 2007-11-02 01:00 x
>ブリーチ
どこかで見たことあるなあ。なんて思ってたんですが、そうか、タカヤか。
おかげですっきりしました。

>ハンタ
ハンタが再開してもう4週。蟻編はあと6週で終わるのかなあ。なんだかいいところでまた2年くらい待たされそうな予感がしてます。
Commented by こう at 2007-11-02 10:06 x
>ネウロ
弥子と笹塚さんの「うわぁ・・・やっぱり、またこういう手合いかぁ・・・」といわんばかりの表情を見た瞬間、不覚にも噴いてしまった。
等々力さんは真面目と言うより初期の弥子っぽいイメージを受けました。
本当、変態慣れしちゃったな・・・弥子。

>ワンピース
どこぞの藍染さんじゃありませんが「強い言葉を吐くと弱く見える」というのを痛感。
ところで「骸骨にとっての死とは何ぞや?」というのは私だけでしょうか?

>ブリーチ
そうか、この既視感の正体はタカヤか!?
「キミ達の敗因はこの戦いが始まった瞬間に使わなかったこと」
「首をもぎ取るより他に死を確認するすべなど~」
・・・ちょっと待ってくれ。つまり、今までの無意味な見逃しも、さっさと使えばいい必殺技の出し惜しみも久保先生はおかしいと自覚していたってことなのでしょうか?
Commented by こうAGAIN at 2007-11-02 10:43 x
>リボーン
普通の中学生が抗争に関わりたがるはずがないのですが、ツナの成長は丁寧に描かれているので、ある程度積極的に関わっていくキャラにしたほうがいいんじゃなかろうかと。特に今のようなやるかやられるか的な状況で躊躇うのは・・・。

>ギャグ漫画日和
言ってしまえば「狼男はしょぼかった」というだけの話なんですけどねw
小ネタを挟みながらも、先入観を崩した上でありえそうな話を繰り広げているだけなのに笑えてしまうからあら不思議・・・うん、本当に説明しにくい漫画です。

>こち亀
多分漢検があったからこの話にしたんでしょうけど「やおい」にもほどがあります。どうせなら現在の漢字教育とか、DQNネームにまで話題を膨らませるとかしたほうが良かったんじゃないでしょうかね?
もっとも、それでも婦警が登場する話よりは幾分かマシかと。
Commented by 黒川 at 2007-11-02 23:51 x
> ナルト
何と言うか…ちゃんと先まで考えて作っているのか心配になってくるなぁ(--;
まぁ、行き当たりバッタリでも面白ければ良いんだけれど、そこまで面白いかというと…でも、海外では大人気だからなぁ(^_^A

> ハンター
しまった、読み忘れていた orz
だって、掲載されてるって言う実感が無いんだもの(^_^A

あそうそう、スレ違いですが∀の世界では、遥か昔に00みたいなタイプの軌道エレベーターをめぐるスペースノイドとアースノイドの戦いがあり、それが破壊された為に破壊された軌道エレベーターの一部を再利用して高速スカイフック式の軌道エレベーター(アデスの枝=ザックトレーガー)が再建されたと言う意味の「伝説」をアデスカの王が語ってまして、ムーンレイスやロラン達もそれ使って宇宙に出てました。
ちなみに伝説は、遥かな未来、世に再び争いを齎す「ガンダム」が軌道エレベーターを使いにやって来るという予言につながったりします(^_^A
Commented by ejison2005 at 2007-11-03 00:27
>>オーノーさん
岸本先生は偉大です。キユ先生と同じくらい偉大です。

>テニス
マイ推理だと、手塚ゾーンは「相手が勝手にかけられた気になって」玉を返してくれるけど、ゼロ式は自分で回転をかけないといけいから不可能なんだと思います。
Commented by ejison2005 at 2007-11-03 00:34
>>パポパポさん
四代目を弟子にした後か前かという意味なら、前だと思いますよ。普通に若いですし。
まあ、年齢に関してはかな~りいい加減な面のある漫画なので、あてにはなりませんが。

>ムヒョ
僕としては、猛獣を餌で釣って捕獲したようなもんだと思うから、大して問題は感じなかったかな。彼、無関係の人間に迷惑かけてたから、とっととあの世へ送る必要もありませんでしたし。

>サムうさ
講武館「こんな往来で堂々と! 女をまるで道具のように扱ってるぜ!」
Commented by ejison2005 at 2007-11-03 00:37
>>笹の葉さん
>エム×ゼロ
なんとなくソードマスターヤマトを思い出しました。
さあこい! 俺は実は一回刺されただけで死ぬぞォォォォォ!

>ブリーチ
僕はきこりのおじいさんが割って入って、「逃げるぞい」と言うかと思ったよん。

> 不二「へっ!きたねえ花火だ」
カウンターというくくりにすら当てはまらねえw
Commented by ejison2005 at 2007-11-03 00:38
>>キックさん
オリバと戦ってた時とかのアレですね。あっちだとギャグなのに、こっちだとシリアスに感じられるぜ。

>ブリーチ
ネルパートを全部削除して剣八登場までもってっても、何ら問題ありませんでしたね。
Commented by ejison2005 at 2007-11-03 00:40
>>大したさん
いや、まだもう一回くらいは回想が入ると予想しておくぜ。ペインになった馴れ初めに関して。

>ブリーチ
でも決して止めは刺さないノイトラさん。何がしたいんだろうね。
Commented by ejison2005 at 2007-11-03 00:41
>>白玉堂さん
僕は今日買ったけど、読むのは明日かあさってになりますね。棚卸しで忙しいんよ。
そういうわけで、SQ感想は書くかどうか微妙です。ちょっと他にやりたいこと&やらなきゃならんこともあるので。
Commented by ejison2005 at 2007-11-03 00:42
>>唯野さん
富樫先生、ある意味ものすごく自分を追い込んでるんじゃないかなw
あれでつまらなかったら、目も当てられないわけですし。
Commented by ejison2005 at 2007-11-03 00:44
>>Uさん
手塚部長も人の技パクれるから、あんまり人のことは言えないんですけどね。
Commented by ejison2005 at 2007-11-03 00:45
>>風魔さん
ヒソカとの違いは、読者に対する説得力の有無ですね。
Commented by ejison2005 at 2007-11-03 00:46
>>ハルノさん
まあ、コアなものになってくのは宿命ですね。
例:ゲキバイオレット・ゲキチョッパー

>剣頭吏
みんな大好き剣頭吏! 僕は辞書登録してあるよ!
Commented by ejison2005 at 2007-11-03 00:48
>>ニテンドーさん
実際にザエルさんが撃たれたセロを耐えるなり避けるなりしてるシーンはなくありませんか? 僕のが乱丁なのかな。

>エム×ゼロ
マリオカートみたく、何事もなくレースに復帰してたりして。
Commented by ejison2005 at 2007-11-03 00:48
>>やまとんさん
せめて、半年くらいの周期だといいんだけど、やはりそのくらいは覚悟すべきなのかな。
Commented by ejison2005 at 2007-11-03 00:52
>>こうさん
ネウロの裏切り君でいってたのは、犯人の変態性に対する自己ツッコミですね。
もう、このくらいでは誰も騒がなくなってる。

>リボーン
ツナは人を殺したことがないですからね。どうしても、そういう行動はさせづらいのでしょう。
その分、敵は積極的だからトントンくらいじゃないかな。

>こち亀
僕は婦警の話と同じくらい、部長が貶められる話が嫌いだよ~。

Commented by ejison2005 at 2007-11-03 00:55
>>黒川さん
ナルトは、ひょっとしたら海外市場をにらんだ漫画なのかもしれませんね。
うん、国民にも目を向けてほしい

>ターンエー
アデスカの先祖は、ニュータイプか何かだたのかなあ。
ターンエーのテレビシリーズはいずれ見たいんだけど、いかんせん時間が無いのです。
Commented by パポパポ at 2007-11-03 02:30 x
あ、そういえば4代目の存在をカンペキに忘れていた・・・でも、この予言関係の話の中で4代目の話が影も見えないあたり、微妙に不安が・・・岸本センセまで忘れてるなんてことは・・・
そういえば、mixiのナルトコミュの感想はみんな「ナルト世界は謎が多い」「奥が深い」で済ましてて、ファン補正のすごさを改めて思い知らされました。ファンすげー!
Commented by トーリス狩り at 2007-11-03 08:32 x
>ナルト
え~っと・・・ハリポタの予言みたいなモンですか?

>ハンタ
インタビュアーはセリフが全く書かれていない事から考えて
読者が見たらビックリするような意外な人物じゃないかなぁと思います。
質問の仕方で口調が分かったら誰が質問してるのかも大体想像がついてしまうからとか。
それにしてもハンターは面白いなぁー。岸本先生や久保先生も2年くらい休んでみたらいいと思います。大体、週間連載を5年以上続けて面白い漫画を描ける方がおかしいんですよ。
Commented by ろく at 2007-11-03 10:34 x
藤子先生や秋本先生に、生命力を叩き込んだ作品を作れってのは物理的に無理な話だと思いますよ(笑)
あの人達は既にウン10年も漫画家続けてるわけですが
漫画家が本当に魂込めて作品作れる期間って10年も無いと思います。
10年漫画家やるだけでも、途中で引き伸ばしやったり別の作品でも同じようなことやって生き延びている人や、冨樫先生のように休み休みやらなきゃ続かなくなる人の方が多いですよ。
本当に詰まった作品描ける時期ってのは2年も無いんじゃないかな。
(ハンターハンターも、確かに面白いけど幽白に比べると全然弱いなーと思います。
勢いとか、キャラの魅力とか。話や群像劇にシフトしてそれを誤魔化してるけど
根本的な面白さでは幽白より数段劣る、と個人的には思うのです。)

でもまあ商業誌である以上、一定以上の数字取れれば雑誌側も拒む理由は無いので
本当の本当に読者から見放されるまで
あの辺の方々は好きにやってれば良いと思います。
Commented by ニテンドー at 2007-11-04 01:23 x
あぁ、そっちは、・・・うん、ないや。
彼方へと消えてしまったようですね。すなぼこりがぶああああとはなってたような気はするけど、
じゃああれは盛大にはずしたんだなきっと。
>エムゼロ
あぁ・・・なんか、・・・普通にありそうでやだな・・・やっぱり、文化祭ってやる側より客側のがいいっすよね。
あ、この人も客だから、この場合は「レースはやるより見るほうがいい」か。怪我ってやっぱヤダヨぼかぁ
Commented by ejison2005 at 2007-11-04 22:25
>>パポパポさん
まあ、普通に考えたら四代目こそが予言の子で、すでにそれは成就されてると考えちゃいますよね。
自来也さんは、あらゆる意味で自分の弟子へもっとウェイトを置くべきだと思います。
Commented by ejison2005 at 2007-11-04 22:29
>>トーリス狩りさん
吼えペンでもやってましたけど、週刊連載漫画家は常人の数倍のスピードで生きているらしいですからね。
その理屈でいくと、久保先生や岸本先生や尾田先生はすでに初老の域までエネルギーを消耗してる計算になります。
Commented by ejison2005 at 2007-11-04 22:31
>>ろくさん
ああ、漫画に満ちてるエネルギーみたいなものの話なら、確かにハンターは幽遊白書の足元にも及ばない気がします。富樫先生だって昔は真面目な労働者だったんだ!
幽遊白書は心と体で描き、ハンターは技術で描いてるようなイメージがある。
Commented by ejison2005 at 2007-11-04 22:33
>>ニテンドーさん
九澄くんといい、勇者学の河野くんといい、参加できるだけマシな気がする。
俺、忙しすぎて参加できなかったんすっけど……。
Commented by at 2007-11-05 08:02 x
>ejison
>ナルトは、ひょっとしたら海外市場をにらんだ漫画なのかもしれませんね。

・内容が急速に劣化して行く2部の翻訳本がまだ出ていない
・翻訳の時に言い回しの寒さが軽減される
 (だってばよ連発とか、日本語を理解できるからこそ辛いという部分がある)
・金髪だから
・忍者だから

と、まあ色々な要素があるから国内より海外で人気あるでしょう
岸本先生は本当に罪作りですね
Commented by パポパポ at 2007-11-06 21:58 x
今思いついたんですけど、もしかしたらゼノはキルアに語ってるのでは?キルアには優しいって設定だったし、シルバの「あいつはいつか帰ってくる」みたいな伏線も回収できるし。
Commented by ejison2005 at 2007-11-07 03:55
>>犬さん
ああ、言い回しの寒さが軽減されるのは大きいなあ。
まあ、2部で人気は落ちるでしょうけども。
Commented by ejison2005 at 2007-11-07 03:56
>>パポパポさん
キルアがこのあと帰るのかあ。
前にシュートへ敗れた時の誓いもありますし、それは普通にあるかもしれませんね。