ドラゴンクエストソード プレイ記 ④
ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔を遊び始めたので、粛々とプレイ記を書こうと思います。

さて、ゴスロリ少女とのピクニックから帰還したトドロキ君。
世界の危機とかそういうのは置いといて、ひとまず武器の強化へ向かいます。材料が揃ったから、ようやく「いかづちのやいば」が作れるんだ。これでようやく、雷の鬼に相応しい活躍ができるというものです。番組後半では雑魚扱いだったけどな!

で、武器の強化も済んだことですし先んじて城へ向かったセティアを追い玉座の間へ足を運んだのですが、いきなり兵士が駆け込んできます。彼の弁によると、

f0029827_2215657.jpg

なんでも、海辺の洞窟に怪物が出現したとのこと。画像はイメージです。
突如として姿を現した怪物は主人公の手で討ち取るのがドラクエの……というより、およそあらゆるファンタジーRPGの伝統。トドロキ君は、タイミング良く現れたバウドさんと共に海辺の洞窟へ怪物退治に向かう事となりました。

というわけで、いよいよ待ちに待ったザンキさんバウドさんと共に挑む冒険です。正直、このゲームでこれが一番楽しみだった。
音撃戦士としての彼はヒビキさんと同年代の大ベテランとして確固たる地位を築いていたわけですが、近作においてもかつて魔王を倒した勇者という破格の扱い。期待するなって方が無理というものです。
さあ、果たしてその能力値は!

f0029827_223220.jpg

f0029827_2233216.jpg

f0029827_22412.jpg

弱ッッッッッッッッッッ!

ガッテム!
 この男、大して役に立ちそうもありません。つーか、よくこれで魔王が倒せたもんです。これでは第一形態の竜王にすら歯が立たないんじゃね?
セルに片腕を吸われた時のピッコロさんよろしく、右腕を失ったことでパワーバランスを欠き、急激に戦闘力がダウンしているのでしょうか。
いや、真面目な話をすると強すぎてもゲームが成立しないから困るんですけど、弱く設定するならするでちゃんとした理由付けが欲しかったなあ。
ちなみに、魔法はライデインとスクルトが使えるよ。マジックユーザーとしても、微妙な感じのバウドさんでした。大味だよ。

弱すぎる父にがっかりしつつも、海辺の洞窟へ向かうトドロキ君。この洞窟は内部が海水で満たされているため、小船で進んでいくことになります(途中からはちゃんと地面になるよ)。
出現モンスターは、場所が場所なのでマーマンやしびれクラゲなどでした。
そして、実際の戦闘でもいかんなく役立たずぶりを発揮するバウドさん
と、いうのもですね。従来通りのドラクエなら、攻撃呪文をコンスタントに使うことで魔法使いは戦闘時間短縮や被弾率の減少へ貢献できるのです。
どっこい、ドラクエソードは一度の戦闘で小分けにモンスター達が登場する(一度のエンゲージで通常のドラクエ数回分の戦闘を連続でこなす)仕様なため、ライデイン一発でその戦闘における全てのモンスターへダメージを与えることは不可能だったりします。おまけに、この人はあんまり燃費が良くありません。
ならばスクルトはと思われるかもしれませんが、今回のスクルトは九十秒限定の呪文。使いどころが地味に難しいです。
しかも、バウドさんはホイミ系の呪文が使えません。これはかなり痛い。
ローレシアの系譜を地で行くトドロキ君はもちろん呪文が使えませんし、このパーティには回復役がいないのです。やばくなったら、薬草をもしゃもしゃ食べるしかありません。金がかかって仕方ないぜ。

そんなこんなで、微妙にアドバンテージを感じない二人旅を行いつつズンズン進んでいきます。MMORPGでソロプレイしてる気分だ。
そして、再奥で待ち受けていたのは見たことも無い怪物でした。どうでもいいけど、たまにはボスが途中の部屋とかで待機してるRPGがあってもいいと思う。

動画

 |^| 三  三 三 |^|
( ⌒) 三 三 三( ⌒)  ノヽ人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人
 \\ 三 三 //\  )
   \\ 三//)-ヽ| )  うおおおおおおお
    \ X /'e'( : . |<
      |  -=-‐ '  ⌒V⌒V⌒V⌒V⌒V⌒V⌒V⌒V⌒V⌒V⌒V⌒V
      |     へ \
                 ノヽ人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_
      \\\\\\\\)
     /   \ \\\\) 稲妻雷光斬!!!!!
     |/-O-O-ヽ|\\\ <
.    6| . : )'e'( : . |9 _\\\V⌒V⌒V⌒V⌒V⌒V⌒V⌒V⌒V⌒V⌒
    ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_Ci二□\\\
     ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ \\\\

温存していたバウドさんの魔法を解禁し、スクルトと途中で覚えたバイキルトでトドロキ君を強化。一気に攻め立てます。このボスは攻撃力も低いし、何より一撃一撃に間があるから大して苦戦しなかったなあ。こないだのゴーレムやサイレスみたいに、連続攻撃を仕掛けてくるボスの方が苦戦する。

あんまり活躍しないくせに止めだけは積極的に刺そうとするバウドさんでしたが、すんでのところでセティアが割って入り、それは何とか防がれました。お約束というか何というか、この怪物はセティアの兄であり、バウドさん達と共に魔王を倒した英雄でもあるフォルグさんだったのです。以前にセティアが言っていた病気とは、怪物への変貌を指していたわけですね。
そしてバウドさん。あなたは声とかで気づかなきゃいけないと思うんだ。お話の流れ的に魔王を倒し損ねてたっぽいんですけど、原因が分かった気がします。

フォルグさんが言い残した言葉を元に、やはり魔王が復活しているのではないかと疑う一同。
とりあえず、現在最も怪しい存在である女王に会って話を聞くという方向で意見は一致し、今回の冒険は幕を閉じます。
それにしてもバウドさん、微妙な人だったなあ。イケメン王子やセティアを回復アイテム代わりに連れてく方がお得かもしれない。

次回は、仮面の秘密を暴きます。
[PR]
by ejison2005 | 2007-10-27 02:24 | ゲーム