07年 46号 感想補足 ~オサレと料理の関係~
07年46号の感想で、ブリーチのバトルとグルメ漫画における料理対決とは似たような論法で描かれているのではないかと書いたのですが、今日はちょっと実例を用いてそこら辺を補足しとこうと思います。

さて、みんな大好き美味しんぼでは、ご存知の通り究極のメニューと至高のメニューが定期的に料理バトルを行っているわけなんですけども、サラダ対決の時に海原雄山が披露した料理をまずはご覧ください。

f0029827_0341769.jpg

f0029827_0342351.jpg

「どうぞ召し上がれ」じゃねーっすよwww

このサラダ対決というのは、サラダというよりドレッシングの在り方に要点が置かれたエピソードなんですけども、雄山曰く人間がサラダにドレッシングを用いるのは本質的に野菜を嫌いだからであり、ならばそのままで美味しい野菜を食べればいいのではないか? とのこと。ナイス詭弁です。

しかし、詭弁ではあります……確かに詭弁ではありますが、このサラダ(笑)には凄まじい説得力とインパクトが存在するのもまた事実。
料理漫画は読者が紙面の料理を味わえない関係上、基本的に目新しい材料や斬新な調理法を披露することで「これは美味しい料理なんだ」という説得力を増すのが常套手段なわけですが、この鉢植えサラダはそれが極まっているといえるでしょう。

そして、それはオサレにも通じるものだと思うのです。

f0029827_0343825.jpg

山岡さんは、対決終了後に「あれはハッタリじゃないか?」という意味の台詞を口にするわけですが、ブリーチに登場する数々のオサレ描写も、本質的な意味では読者に対するハッタリですからね。

f0029827_0345365.jpg

f0029827_0375540.jpg

そう考えると、水対決の時に雄山が作った、「バラの花弁に水を溜めたもの」とかは凄まじいオサレっぷりです(ちなみに、山岡さんが作ったのはスズキの洗い)。十刃クラスのオサレを感じるよ。

まとめ:海原雄山は超一流のオサレリスト。

[PR]
by ejison2005 | 2007-10-19 00:38 | ジャンプ感想 | Comments(10)
Commented by キック at 2007-10-19 05:48 x
つまりオサレはハッタリに通じる所があるということですね。
関係ないけどボロの布きれ一枚で闘っているネルはだいじょぶなのでしょうか?色んなところが見えちゃっているのでは?
Commented by 黒川 at 2007-10-19 19:54 x
まぁ、ぶっちゃけて言うと演出ですね。絵的な演出だけでなく、話の見せ方と言う事を含めた演出。
最近の「俺はこういうシーンが欲しかったんだ」的な演出「だけ」で見せている漫画やアニメにはちょっと食傷気味ですが、シナリオの本筋が良くても演出が駄目だと全然駄目ですからね…
逆に言うと、シナリオが駄目でも演出さえ良ければ何か見れるものに仕上がる。だから重要なんだけど、そればかりだとなぁ…筋道立てて考えたらとても見れないものになってしまう(--;

あ、そうそう、00のMSの大きさですが、あれは世界観を現実と地続きにしすぎたから大きさが気になるのですが、過去にはゾンド・ゲー(10m)とかの例もありますし、ミドルモビルやJrモビルも戦闘に参加していましたから、空飛ぶのはF91程度の大きさ、地上用は8m以下でもいいんじゃないかなとも思います。「演出」として。
そうでなけりゃ、世界観を地続きにしすぎだ(--;
2話とか見たらエジソンさんも「それいいのか?」とか言う感想を持つんじゃないかと思いますよ(^_^A
Commented by こう at 2007-10-19 21:36 x
あ~・・・でも、本当に美味しい野菜は生のほうが美味しいですよ?
もしかしたら本当に良質なオサレは核兵器にも匹敵する破壊力が(謎

>キックさん
今タイのクルンテープマハーナコーン(バンコク)ではノーパンが流行っているそうです(
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1044931.html
流行先取りの超オサレですね(まぁ、ゴシップなので話半分で)
Commented by もも at 2007-10-20 13:34 x
オサレバトルと言うけれど
それは聖闘士星矢の頃から脈々と受け継がれる少年漫画バトルの
伝統をただ受け継いでいるだけかと。

戦法とか理屈でどう相手を上回るかではなく
精神的に相手を上回った方が勝ちなのですよ。
最下層クラスのブロンズ聖闘士達が、格上どころではない神クラスの敵に勝ちまくる星矢は
十刃に勝ったルキアの比ではありません。
どんな苦境に立っても、精神的に何か吹っ切って背景に宇宙出しながらパンチ打てば
どんな強力な相手でも吹っ飛んでやられる世界ですよ。
戦法も糞もあったものじゃないです。
Commented by U at 2007-10-20 20:28 x
おいしんぼオサレすぎるなw

料理対決で思い浮かんだのがやきたてジャぱんだった俺は
ちょっと悲しくなってしまいました・・・いろいろな意味で
Commented by ejison2005 at 2007-10-20 23:45
>>キックさん
解放したら、設定的な意味では素っ裸状態なんじゃないかな?
まあ、興奮することはできないでしょうけども。
Commented by ejison2005 at 2007-10-20 23:48
>>黒川さん
まあ、受け手へのハッタリというのはどんな作品にも多かれ少なかれ存在するんですけども、ブリーチの場合はそれ「だけ」で、それすらもよくよく見たらあんまり上手くないから問題なんだろうな。

>00
んー、でも、やっぱ敵がガンダムより小さいと絵的に目立っちゃうと思いますよ。
ただでさえ、量産機は蹴散らされる定めなのに、見た目まで明らかに弱弱しくしちゃったらガンダムを格好良いと感じられなくなるかもしれません。弱いものいじめの構図が、見た目で肯定されちゃう。
Commented by ejison2005 at 2007-10-20 23:49
>>こうさん
サラダ対決の中でも山岡さんたちが言ってたけど、いくら美味しい野菜でもそれだけをむしゃむしゃ食べ続けるのはつらいものがあると思いますよ。やっぱり、食卓に出すならドレッシングが欲しい。
Commented by ejison2005 at 2007-10-20 23:52
>>ももさん
星矢の場合は、何か圧倒的な説得力を感じちゃうんだよなあ。やってることは大差ないんだけどね。
テンポと演出力の差なんじゃないかな。目的も常にハッキリしていますし。
Commented by ejison2005 at 2007-10-20 23:54
>>Uさん
テニスとかに比べると理性のブレーキが感じられる分いくらか劣りますが、ジャぱんはそんなに悪い作品じゃないと思うなあ。僕も自分で何故そこまで気に入ってるのかよく分からんけど。