黒の契約者 反省会
DARKER THAN BLACK 黒の契約者
終始安定した作画で登場人物達もそれなりにキャラ立ちしている本作ですが、前期アニメシリーズの中ではかな~り地味な存在であった事もいなめない事実。
感想は書いてなかったけど何気に一話から視聴してましたんで、せっかくだからそこら辺の反省点ついて簡単な記事を書こうと思います。



その1 いくら何でも契約者が弱すぎた

個人的に一番大きかった問題。
もうね、とにもかくにも契約者の皆さんは弱すぎます。一部の能力を除けば、拳銃の方がよほど強力だというのは能力バトル物としてどうなんだろう。
主人公の黒からして、ナイフとワイヤーを利用しての電撃などより銃で撃った方が簡単に任務を遂行できそうな契約者ですからね。そういえば、ウェイさんが黒の仮面に血液をつけた時にピストルを持っていたら、普通に主人公が射殺されてジ・エンドでした。
銃器より……少なくとも拳銃より異能者が強いというのは、現代(及びそれに準ずるテクノロジーを有する世界)を舞台にしたバトル作品では非常に重要な要素で、そういった世界での武装組織は現実的に考えてほぼ確実に銃器を保有しています。
仮に舞台が平和な日本でも、ヤクザ屋さんならおハジキを持っている事もあるだろうし、交番の警察官だって常軌を逸した怪奇現象(主人公達の戦闘行為とか)に遭遇したら発砲も有り得るでしょう。
他のジャンルならともかく、現代能力者バトルにおいて銃器は主要人物が日頃から接している暴力です。最低限、拳銃くらいは圧倒する戦力を有していないと脅威として感じられません。特に、この作品は能力を有する上でやたらとデメリットが多いわけですしね。
他作品と比べるのはどうかと思いますけど、R.O.Dは冒頭で源内さんがホワイトハウスを襲撃し、能力者の圧倒的な優位性を誇示してましたよ。



その2 弱いが故に映像が地味

先にも述べた通り、契約者達の能力はこのジャンルとしては非常に脆弱なものです。
で、あるがゆえに発動しても絵的に地味なんですよね、どうしても。契約者は肉体が強化されるわけでもないので、超人バトルも不可能ですし。
アニメーション作品においてはストーリーとかキャラクターの魅力も大事ですが、やはり一番重要なのは「見応えのある映像を提供できているかどうか」だと思うのです(今川監督信者でサーセンwww)。
別にビームとかバンバン撃ってればいいというもんでもありませんが、もう少し派手な映像が欲しかったな。



その3 “組織”って一体何なのさ?

これはかなり重要な問題で、この作品は、終盤まで主人公達の帰属する存在として“組織”が描かれ、最後の最後で実はそれが倒すべき存在だったと明らかになるのが、全体的な構成から見て非常に重要なギミックとなっているのですが、肝心な“組織”に関してうすぼんやりとした描写しか行っていないため、効果が減じてしまっています。
多分、製作陣としては「実体はよく分からないけど、とにかく強大ですごい存在」を目指したかったと思うんだけど、実体が掴めなくていいのは登場人物に対しての話であって、視聴者にまでどういう存在なんだか理解できないのでは本末転倒です。駄目組織の典型といえば魔法律協会ですけど、読んでいる側が実態を理解できる分、まだ“組織”よりはマシな存在だといえるでしょう。



その4 よく分からない存在として描いてしまったため“組織”内の登場人物が少ない

その3に含むべきかもしれませんが、長くなっちゃうので分けました。
見ていて非常に気にかかった事なのですが、黒達を除けば“組織”に所属している登場人物はほとんど存在しないんですよね。せいぜい、ラストで内輪もめをしていた宝来&エリックとたまに出てきた連絡員、使い捨てキャラだったミーナ&セルゲイ&岸田くらいのものです。
上に挙げた“組織”所属の登場人物を見てもらえれば分かるんですけど、黒達を支援するような存在はミーナと岸田くらいしか存在しません。しかも、この二人はどちらかというと厄介な問題を運んでくる人間であり、頼るべき存在ではありませんでした。
その3でも書きましたが、“組織”が味方からラスボスへと逆転を果たすのが、ストーリー上の重要なポイントなのですが、これでは味方としての有難味が全く無いため、実は打倒すべき存在だったと明かされてもさほどショックがありません。僕なんかは、「ふ~ん? そうなん?」としか思いませんでしたし。振り返ってみれば、無理難題をふっかけてくるばかりだったからなあ。
また他作品を引き合いに出しちゃいますけど、同じ様に実体の掴めない味方組織が登場する死がふたりを分かつまででは、組織に所属する海外のチームが増援として駆けつけたりしてくれるため、味方組織は確かに強大な力を持つ存在であり、世界中で幅広く活動しているのだろうと読んでいて感覚的に理解できます。
黒の契約者も、“組織”に所属する黒達以外のチームを登場させたりすれば良かったんじゃないかな。



その5 題材が脚本オムニバス形式に向かない

おそらく、制作上最大の問題点。
この作品はエピソード毎に脚本家の違うオムニバス形式だったわけですが、それは大きな謎を散りばめて主人公達が真相へ少しづつ近づいていくという方式のこの作品と、致命的なまでに相性が悪かった。
当然ながら、そういった形式のストーリーでは全体の構成が重要となるわけですが、一話完結エピソード主体でやっていくと、どうしても本筋が進まない傾向になってしまいます。アンバーとか、もっと早く登場すべきキャラだったと思うよ。
結果、主人公チームに所属するキャラ個々のメインエピソードが2クール目になってから(銀の身の上話辺りね)行われたり、全体的にチグハグな感じとなってしまいました。終盤辺りの詰め込みぶりも、一話辺りの情報量が多いというより、打ち切り漫画などで恒例の悲痛なラッシュが行われているという感じでしたし。
最終的に本作は、南米で何があったのか? 契約者とは結局何なのか? など様々な謎が捨て置かれてしまったわけですが、それもこれも脚本オムニバスの弊害でしょう。
こういった形式で作るのなら、壮大な謎などを用意したりせず、最初のエピソードで視聴者が世界観を完全に理解できる程度の簡単な設定で済ませ、純粋な娯楽活劇を目指すべきだったんじゃないかと思います。
例を挙げると、黒達に“組織”などという重い枷をはめずに、私立探偵なりなんでも屋なりをやらせ、各エピソード毎に個別の事件を解決させていき、最終的には途中で出てきたライバルキャラと決着をつけて終わらせるとか。まあ、これはこの手の作品における基本フォーマットなんですけども。
畳み切れない風呂敷なら、最初から広めない方がマシっていう事なんでしょうね。炎尾燃でさえ、伏線は回収しようとしますし。



そんなわけで、チラ裏的な駄文を書き綴ってみました。色んな意味で惜しい作品だったと思うよ。
せっかくの自社コンテンツなんですし、スピンオフなり何なりで是非とも再起して欲しいな。最終回で辿り着いた、「契約者が社会的に認知されつつあり、各国諜報部や“組織”の間でその力をめぐったいさかいが耐えない」という世界観は、自由度が高いからそういった試みにピッタリですし。

[PR]
by ejison2005 | 2007-10-11 04:13 | アニメ