週間少年ジャンプ 07年 43号 感想
前々から読もう読もうと思っていた、うしおととらを読み始めてみました。これで僕も藤田ワールドに入門だ。
しかしこれ、傑作だと言われてるだけあって本当に面白いですね。ド定番っていうのは、むしろ盛り上げるのが難しいものなんじゃないかと僕は考えているのですが、この作品は直球ド真ん中で見事に面白さのツボを突いてる。お前のドリルで天を突きそうな感じ。
ちなみに、脳内変換を駆使してとらの声は関さんに吹き替えつつ読んでます。テラモモタロス。
それでは、今週もジャンプ感想と参りましょう。


ワンピース
あらー、立ち上がってしまいましたか。いつものワンピバトルが幕を開けてしまいました。
酷ないい方ですが、こうなってしまうとちょっとテンションを上げにくいですね。一度立ち上がってしまった以上、今後どれだけ甚大なダメージを受けようとも、ゾンビの如く立ち上がってきそうですし。あ、ゾンビは敵の方だった。
また、展開的にオーズはルフィ達の船に積み直された食料を食って塩分を過剰摂取し、それが原因で逝ってしまいそうなんですけども、それだけだと敵の内輪もめと偶然に助けられただけで主人公チームの意思が不在になってしまいますので、ウソップ辺りが上手く誘導してくれたりするといいな。

マイフレンド
サンジにアブサロムさんを倒させなかったのは地味に疑問だったんですけども、ここでローラに出番を与えたかったからなのか。
尾田先生的には、登場させたキャラクター全てに分け隔てなく何らかの見せ場を与えたいのだと思うんですけども、個人的にはそのままサンジに倒させてテンポを重視して欲しかったかな。


ブリーチ
「今の十刃の実力が、てめえの居た頃と同じだと思うなネリエル!!!」
って一体、ノイトラさんは何を言ってるんでしょうか。あんまり痛かったもんだから、錯乱して自分が何を言ってるのか分からなくなっているのかな。
ネルからしてみれば、
「いやあの、さっき当てた攻撃はあなたが撃ったのを強化してはね返したものなので、言うなれば『今の十刃の攻撃+α』なんですけど……」
という感じでしょう。大体ノイトラさん、前回全く動きについていけなかったじゃないですか。
ちょっと頑張って脳内保管をしてみると、ノイトラさんってば実はかなりのダメージを負っていて、しかも、その原因は分かりきっていた特殊能力によるものだったため恥ずかしくなってしまい、それを悟られまいと強がって見せているだけなんじゃないかな。
ひょっとしたら、アブサロムさんみたいにワンパンKOできる状態なのかもしれません。

ザエルアポロさん「バカではない」
クローンの違いに関して述べる辺りからのコントは、非常に満足度が高かったと思います。ぶっちゃけ、ここ数週間のお話を全て合わせたよりも、この数コマに渡るコントの方が充実していたと思う。
やっぱり、久保先生は才能の使い道を間違えてますよね。絶対に投げっ放しギャグの方が向いてるよ。


ナルト
最初、
「ボディが変わったくらいで大ゴマか……大した漫画だ」
とかまあ、いつものことだね的に考えながら読んでたんですけども、ひょっとしてこの新しい体ってこないだ死んだデイダラさんのものなんでしょうか。うぬ、初見じゃ気づかなかったぜ。
いやしかし、これは本当に分かりづらかった。僕の中で、どれだけデイダラさんがどうでもいい存在なのかが知れる事実です。
そもそも、デイダラさんは爆砕してしまったと思うんですけども、どうやって体を乗っ取ったのでしょうか。ソックリに作った肉人形か何かかな。


ムヒョ
前回に引き続き、ムヒョ達がしっかりと仕事をしていたのが印象に残ったお話でした。
しかし、仕事していたからといってあまり盛り上がるわけでもないのが難しいところ。基本的に魔法律をちょちょいと使うだけでそこらの悪霊は消滅してしまいますから、窮地にも陥りませんしね。別に恐怖漫画というわけでもありませんし。

「ああっ…薬をあげ忘れて…!!」「いやじゃいやじゃ、死なないで」
ちょ、弟さん体弱っ! うっかり薬をあげわすれていたらサクッと死亡するって、どんだけ繊細なボディの持ち主だというのでしょうか。これだけ体が弱いと、背負われて虫取りをしていた時点で既に半死半生の状態だったんじゃないかと思われます。そもそも、病人を外に出してはいけません。
村の皆さんも、お姉さんを褒めて人形などあげたりしないで、ここはたしなめようぜ。


ネウロ
池谷さんを見ていると、人間何でもいいから一芸に秀でた存在になる努力をすべきなんだな~と強く思わせられます。
だって、絵石家さんは家具を作るセンス以外は作中で一切彼のことを褒めてませんからね。彼女が好意を抱いているのは、ただただその一点のみです。
しかし、池谷さんに関してはそれさえ優れていれば、他はどうでもいいと感じられるのもまた事実。現実だとそうでもありませんが、創作物のキャラはどこか一点がとてつもなく秀でていることさえ描写していれば、他はどれだけへこんでいても……むしろへこんでいるくらいがギャップを感じられて良いという事ですかね。
Lとか、あの推理力が無ければ社会不適合格者への道まっしぐらですしね。

籠原さんの場合
色々と置いといて、弥子さんのお弁当が寿司桶(かな?)二つでしかなかった事に驚きを禁じえません。寿司でそのくらいの量だったら、(女子は厳しいかもしれないけど)空腹の健康な高校生だったら普通に食せる分量だよ! ぎっしりご飯が詰まってたのだとしたら無理だけど。
弥子さんならイメージ的には、ドラム缶みたいな大きさの弁当箱を持ち歩いていても不思議じゃないです。


リボーン
今日、中古本屋で第1話を立ち読みしたんですけど、そういやツナって当初は母親の作ったご飯も食べずに外食しようとするような子供だったんですよね。
それが今では、ごく自然に友人達と手巻き寿司を作ろうとしたりしている辺り、本当に彼は成長したと思います。非常に正しい少年漫画の主人公だ。
あと、クロームちゃんがとても可愛かったです。ただただ、可愛かった。


ロザリオとバンパイア(特別掲載)
や、この状況でジャンプ本誌に載せる特別掲載作品としては、かなり上手くまとめあげていたと思います。池田先生、よく考えて仕事したね。
実は僕、この漫画を読んだことが無かったもので、こないだのクレイモアみたいな感じのお話だったら置いてけぼりにされて困ってしまいそうだと考えていたのですが、杞憂に終わってくれて良かった良かった。
それぞれのキャラも掴ませてくれましたし、基本設定の類も無理なく詰め込んでいたしで、満足度はかなり高かったです。
しかしこれ、キャラの表情が少ないですね。部分的にはすごく綺麗(というか大碁先生っぽい)なんだけど、どのシーンでも似通った表情なのが猛烈に気にかかります。格闘シーンでも常にニヤニヤ笑っていたタカヤと、同じ匂いを感じる。


P2!
扱いが低いと自覚していながら転向を認めないって、やな学校だなあ。シックスさんばりの悪意を感じるぜ。
部活動なんだから、本人の希望を聞いてあげればいいじゃない。
チーム全体の戦力配分を考えてというならまだしも、「お前ずっと練習台やっててね」と言っているわけで、教育者としてあまりにも問題がある考え方ですしね。カットマンでも云々は詭弁でしょうし。
初期もそうでしたが、この漫画は中学生の部活動であるという設定をもう少し考慮するべきなんじゃないかと思います。馬に乗った中学生とかは意図したギャグだからいいんですけど、こういうのは無自覚に入れちゃってる現実離れした部分ですし。


こち亀
僕も携帯電話を買い替えようかな~と思っていただけに、今回のお話は普通に興味深くて面白かったです。電源が切れても使えるとか、初めて知った。
オチも誰かに迷惑がかかったわけではなく、部長のキャラクター的にも納得のいくものでまあまあ良かったんじゃないかと。不快感さえ覚える展開じゃなければOK。


To LOVEる
ふと思ったんだけど、美柑とザスティン様が会話したのって何気にこれが初めてなんじゃないでしょうか。
キャラクターも出揃ってきてるんですし、あえてリトやララから焦点をずらし、脇役同士をランダムに絡ませたキャラ話とかをやっても良いかもしれませんね。
しかし、前回前々回とそうですし、今回も美柑の側から連絡を取ったならそうなるわけですけど、ザスティン様は普通に周囲から頼りにされてますね。
彼のキャラクター性は、「見た目は有能そうなのに、実際には(ドジを踏むので)そうでもない」という一点に集約されているわけですが、これはそこを強調する上で的確な人間関係だと思います。年長者がきちんと子供達から頼られているというのは、読んでいる側にとっても非常に健全で安心感がありますし。
ここぞというところで、都合良くリト達を救ってくれる御門先生もそうですけど、この作品は大人を大人として描くことにかけても、なかなか見るべき点があると思うんだ。


サムライうさぎ
あちゃー、棄捐令を取り下げさせちゃいましたか。まあ、あそこから八方丸く治めるなんて無理だろうとは思っていましたが、何とも安直な展開にしてしまいました。
前回も書いたけど、浪人が金に困ってたから(という判断を下したから)棄捐令を出したわけで、それが解決していない以上、田丸さんが幕府を利用しようと考えていたのと棄捐令廃止には因果関係が成立しないのですよ。

「なぜ角を…直角に曲がらない?」
清木殿! ここは殿中でござる!
この男、躊躇せず城内で抜刀するとは……。このお侍さん二人を道連れに(切腹を命じられて)死ぬつもりか!?
もう連載も半年越えてるわけですし、今からでも遅くないから福島先生は江戸時代の資料をちゃんと読むべきだと思いました。忍たま乱太郎みたいな方向性を目指してるのかもしれないですけど、あの世界観を構築するのは至難の業だと思うよ。


テニスの王子様
前回、
>>まあ、これだけ頑張って予想しても、平気でそれ以上に突き抜けていくのが許斐先生な
>>んですけども。

と書いたわけですが、本当に突き抜けられてしまいました。あの流れで逆転勝利しないとか、予想できるわけねえYo!
ですが、今回殺気に満ちた表情で不二先輩がプレイしているのを見ると、越前少年覚醒への前振りとして殺人テニス路線を強化しているという考えはそう間違ったもんじゃないかもしれないとは思います。
きっと、新しいカウンターは相手に直接ダメージを与えるタイプの技だよ。


ベルモンド
いやあの、だからあなた方それ致命傷ですって。
僕は歴史上の有名人が出てくる作品に無条件で胸を躍らせる習性があるので、(こいつらは創作上の人物ですが)ダルタニアンやポルトスが出てきたのにはちょっとドキドキしたけれども、やっぱり打ち切りなんだろうな。
振り向けば、拷問というアイデンティティーを捨ててどんどん凡百のバトル漫画へと成り下がっちゃったな。

[PR]
by ejison2005 | 2007-09-25 04:02 | ジャンプ感想 | Comments(28)
Commented by こう at 2007-09-25 07:53 x
ワンピース
ローラ・・・いい女じゃないか。
→立つ:いつもの不死身バトル開始
→立たない:結局ルフィVS敵のボスか
どうしたもんでしょうか?

BEACH
やっぱり久保先生のコメディセンスは半端じゃありません。
だから石田登場以前のキャラ紹介→虚登場→退治の流れを繰り返していた頃は面白かった。

ネウロ
なんだかんだいってコメディパートも面白いから困る。
あれだけ濃い変態揃いなら適当にキャラを動かすだけでギャグにはなりそうですが。
アレは吾代じゃなくてもうざいよなぁ・・・って、成人式は来年って嫁さん19歳かよ。
しばらく続けるらしいから他のキャラも登場するんだろうなぁ・・・次は誰だろ?
Commented by こうAGAIN at 2007-09-25 07:54 x
リボーン
ツナの精神的成長は中々好ましいです。黒曜あたりから非日常続きなので以前と比較できないのがネックですが。
ツナの戦う理由を鑑みても1ヶ月程度でいいから長編と長偏の間に日常話を入れたほうがいいんじゃないかと思います。

アジトで寿司のシーンから髑髏のシーンに移行した瞬間、あまりのギャップに「天野先生はドSか!?」と思ったのは私だけではないはず。
グロさんの下種っぷりがまだ披露されていないのでちょっと危機感に欠けます。
というか「リングリングボンゴレリ~ング」「あったあったホントにあ~った」「クローム髑髏試食会場(はぁと)」などお茶目でさえあります。

P2!
敵キャラがおおむね爽やかなのがこの作品の魅力でしょうか。
態度のでかいキャラはそれ相応の実力も持っているし、相手の実力は正当に評価する。
元いじめっ子君でも、最後の最後にはヒロムと握手してましたし。

テニス
大亜門先生が「ストーリー漫画なのに絵が面白いなんてずるい」と仰っていましたが、もとよりギャグ漫画じゃなかろうかと。
Commented by パポパポ at 2007-09-25 08:33 x
>ワンピース
とにかく、ナミが「ナミヘイ」と名乗ってくれなかったのが悔しくて。

>アイシー
ヒル魔の悪っぷりときたら。いや今更ですけども。
脅迫手帳の存在が今回の話でギャグ以上になっちゃって、僕はなんか失望というかガッカリしました。
まさか部外者巻き込んでたとは・・・主人公サイドの人間なのになー。ヒル魔が正真正銘の悪になっちゃった気がして。いや今更ですけども。

>ブリーチ
久保先生にストーリー的な期待は正直微塵もしてませんが、ギャグで策が崩れる→それが関係なしに事態が解決→「つまらないと思ってたんだ」の流れは、気が狂いすぎててなんかいい匂いがしました。やっぱりギャグ作家だよなあ。
Commented by パポパポ at 2007-09-25 08:41 x
>ネウロ
ヤコの描いた絵はたぶん次の犯人に関係があるんですよ。たぶんこの短編ギャグも先々週の引きの台詞とあわせて日常を描く事で、誰が死ぬんだっていう緊張感を持たせる意図があるはず・・・
あわせて考えると、死ぬ可能性が一番高いのは叶絵ではないかと。たぶん。

>ロザリオとバンパイア
まあ顔見せみたいなものなんであれですけど、敵のDQNっぷりが・・・まあ宣伝ですから分かりやすさが一番ですかね。

>サムうさ
例えば、今週のだとシグルイなら
①目付け「直角に曲がれ!斬る!」
②武士「ギャー!」ザクッどばっぶしーっ
③殿様「抜刀した上廊下汚したな!一族郎党皆殺しだ!」
④目付け一族「ギャー!」ザクッどばっぶしーっ
⑤影腹を召して抗議するも無意味、更に2人犠牲に
くらいはありえると思いました。裾を踏んだら的にかけられたりしますし。
Commented by 白玉堂 at 2007-09-25 10:14 x
 ベルモンド
少し前はネウロのほうがグロい拷問をやってましたね・・・。
かなりお株を奪われていたように見えました。

 歴史上の有名人が登場する作品
私が知ってるのは『ヒストリエ』、『ナポレオン 獅子の時代』くらいです。

 To Loveる
現実で「頼りがいのある大人」というものはなかなかいないものだと思います。
だからこそ、創作のなかの大人には頼りがいのある存在でいてほしいですね。
あ、To Loveるには校長先生がいた・・・。
Commented by humat at 2007-09-25 14:58
>リボーン
確かに精神的に成長しているのは確かだな。まぁ、当然のように自分受け止めてたから気づかなかったけど・・・・。まぁ、次週グロ・キシニアの下種ップリが拝めそうです。

>ネウロ
前回母親との物語で母親に死亡フラグがたつから今回は他の身近な人も出したのかな。まぁ、こうやってたくさん出すことによって誰が殺されるかが分からなくするための話なのかな?身近な人が死ぬと弥子が予感していてもつい最近はXとの激闘でいろいろ忙しかったから身近な人がどんな人かすっかり忘れているという計算でFAでよろしいかな?

>クロームちゃんがとても可愛かったです。ただただ、可愛かった。
どうでもいいことなのですがこれについてはすごい驚いた。何か「エジソンさんが普通に評価関係無い感想を言ってる!!」って思ったんですが何故でしょう。まぁ、リボーンについてはこのような感想言ったの始めてみたので自分は・・・・。珍しいことでもないのだろうがただ驚きました。

アイシでいうショーグンがたまにするボケでそれに突っ込んでる王城の選手の心境って今の自分みたいな感じなんだろうな。
Commented by K at 2007-09-25 20:36 x
>ナルト
写輪眼でも影分身と本体は見分けられないんでしたっけ?
つまり、サスケはナルトと遭遇すれば躊躇なく千鳥で殺しにくるわけですねぇ
それにも関わらず「サスケェ」っておま、どんな粘着ぶりだって話しですよ

>勇者額
掲載位置ががが、そして19週目………
来週で付きぬけるんでしょうか
Commented by ミラ at 2007-09-25 22:42 x
>NARUTO
ジャンプでペインとデイダラさんの髪型を比べてみたんですけど、そんなに似てないような・・・?
この人はポニーテールですけど、デイダラさんチョンマゲですし。
岸本先生はキャラの髪型の書き分け方が下手ということですかね。
「ナルトか・・・・・・、うとおしいやつだ。」
サスケがいい加減可哀想にもなってきました。これからイタチへの復讐にってところでまたストーカーまがいの彼がやってくるんですから。

>とらぶる
ザスティン様のオチというだけですごく安心感があります。
大人が頼られる・当然のように子供を助ける行為っていうのは見てていいもんですね。
Commented by 犬した at 2007-09-25 22:59 x
>テニスの王子様
何か気になったんですけど
乾が寝てたベットとその上の机ってデカすぎじゃないですかね?

>NARUTO
ペインとコナンまで自来也の弟子だったんですか
ま・た・木・の・葉・の・抜・け・忍・か
しかもボスもうちはで、ついでにうちはがもう一人。離反者の奴も元は木の葉
凄い木の葉だらけ
えらく狭い世界の組織だなぁ
Commented by ミスタ at 2007-09-26 00:17 x
>ブリーチ
私の記憶違いでなければ、十刃って愛染さんがウェルコムランドに来てからできたものですよね。
だったら、そう何年も前から存在するものではなく、精々半年くらいの歴史しかないと思うんですが。
ノイトラさんは頭でも打って一時的に記憶障害でも起こしているのでしょうか。
Commented by 時を止めるジョジョ at 2007-09-26 16:43 x
初めまして。時を止めるジョジョと申します。
まあ別のHNでコメントしてたので正確には初めてではないのですが。
さて、エジソンさんが最近うしおととらを読み始めたということですが、
あの漫画は本当に素晴らしいものです。正直今ジャンプでやってるどの漫画よりも面白い。
特に「ブランコをこいだ日」と「約束の夜へ」は涙無しには読めません。
ところで、エジソンさんはとら=関俊彦さんとおっしゃってますが、個人的にはやはりOVAでも声を当てている大塚周夫さんが一番だと思います。
そして、関俊彦さんはどちらかというと杜綱兄のイメージです。
Commented by humat at 2007-09-26 23:21
再び投稿させてもらいます。
十刀は正確には虚圏に入る前からありますけど大体入れ替わっているようです。
前に一護が戦ったドルドーニが藍染が崩玉を手に入れる前からいる十刀の一人のようです。まぁ、ネルもその一人と考えるのが妥当でしょう。私の個人的な考えではノイトラ自身はもともと十刀zyなかったのではないでしょうか?まぁ、崩玉を手に入れる前でも破面(もどきが殆どなのだろうが)いるしその崩玉が手に入る前だと今のように力の強さ=破面化前の元々の強さではなく力の強さ=破面としての完成度の高さでありドルドーニやネルは当時のノイトラ辺りよりは完成度が高かったのでしょう。ブリーチの三巻巻末あたりでグランドフィッシャーの仮面を剥いでいたのがディ・ロイとアイスリンガー(前に倒した破面)らしいですからもともと手下は多いのだと思います。まぁ、平子達仮面軍も藍染の本性を数年前から知っていたのでその当時から十刀があってもおかしくないでしょう。
なのでノイトラが言っていることはまぁ、大体気が狂ったとかじゃなさそうですね。
Commented by humat at 2007-09-26 23:31
長くなりそうなので連レスします。
それとノイトラが何故最強と自称していることについては実力に反比例して異常なまでにタフなのだからでしょうか?速さは元・十刀のネルに全然早さについていけてない(もともとネルが夜一みたいなスピードタイプだったら話が変わりますが)所から見ると十刀の5のランクに入れたのはタフさで入ったのでしょう。また、5の癖に自分が最強だと自負しているのはそのタフさゆえで「自分はタフだからどんなに攻撃されても倒されない、他の奴は何回か攻撃されるから俺が一番タフで強いんだ。」みたいな考え方なのでしょうか?まぁ、NARUTOで言う暁の飛弾ってところですね。武器も何か似てるし。けど、仮に本当にそうだとしても石田みたいな頭脳派に簡単にぼこされそうだな。結局ショボキャラだわ。
Commented by パポパポ at 2007-09-27 20:06 x
http://swfup.info/view.php/7659.swf
ネウロのフラッシュみたいです。EDにはまりました。
Commented by ニテンドー at 2007-09-27 20:11 x
>ムヒョ
残念ですが、恐怖漫画です。
僕らはいい年こいてるのでちっとも怖くないですが、
対象年齢に対しては充分恐怖心を与えられるんですよ。ぶっちゃけ、去年までのムヒョはちゃんと怖かった。ナナちゃんが激写した歩道橋の霊とか、
何話か忘れましたけど、だいぶ最初の方で、住人がどんどん逃げていっちゃったアパートのおばあちゃんの奴とか。
Commented by ejison2005 at 2007-09-28 03:47
>>コメント返信について
例によって、また後日まとめて返させていただきます。ご了承ください。
Commented by ejison2005 at 2007-09-28 23:52
>>こうさん
ワンピは、そもそも倒れさせてしまったのが問題なのかもしれません。
何人か攻撃をかわして立たせておけば良かったんじゃないかな。

>リボーン
うん、下種だが強い人は何がどう下種なのか描写されてないんで、普通に仕事できる人に思えましたね。他にこれといった幹部もいませんし。

>>P2!
そしてその裏で、さりげなくヒロム君を追い詰めまくってたのがヒロインだと明らかになる罠なんだぜ。
Commented by ejison2005 at 2007-09-28 23:59
>>パポパポさん
んー、脅迫される人々はモブなわけで、これといった問題は感じなかったです。前々からやってますしね。

>サムうさ
封建社会の完成形は、少数のサディストと無数のマゾヒストによって構成されるのだ。
Commented by ejison2005 at 2007-09-29 00:00
>>白玉堂さん
僕はFateとか思い出しましたよ。
それにしてもあの作品、西洋系に傾いたラインナップだったなあ。

>校長先生
まあ、彼はそういうキャラですから。
Commented by ejison2005 at 2007-09-29 00:04
>>風魔さん
>何か「エジソンさんが普通に評価関係無い感想を言ってる!!」って思ったんですが何故でしょう。
んー、そういやあんまりそういうの書かないですね。でも、読んでてそういう感想はあんまり抱かないんですよね~。

あと、十刃に関しては前々から愛染さんが準備していたのが作中でそれとなく語られてますし(お迎えが来たときとか)、割と百年単位の計画なんじゃないですかね。
隊長職の合間にどうやったのかは謎ですけど、まあ、護廷十三隊を騙すくらいは楽勝ということで。
Commented by ejison2005 at 2007-09-29 00:05
>>kさん
というか、サスケはノータイムで殺しにかかってましたよ。
ナルトか、うっとおしい奴だ。

>来週で付きぬけるんでしょうか
らいぶらいくろけっと!
Commented by ejison2005 at 2007-09-29 00:08
>>ミラさん
ん、やっぱりデイダラさんじゃないのかな。
まあ、どっちでもいいやというのが僕の感想ですが。

>大人が頼られる・当然のように子供を助ける行為っていうのは見てていいもんですね。
ここぞというところで、美味しいところをかっさらうのが正しい大人キャラのあり方だと思います。
Commented by ejison2005 at 2007-09-29 00:09
>>犬したさん
いや、気にすべきは包帯の上からメガネをかけてるところだと思うんだ。

>ナルト
木の葉にあらずは敵キャラにあらず!
Commented by ejison2005 at 2007-09-29 00:10
>>ミスタさん
んー、割と昔から隊長職と二重生活で組織したんじゃないかな。
護廷十三隊、仕事なさそうですし。
Commented by ejison2005 at 2007-09-29 00:13
>>時を止めるジョジョ さん
はじめまして、コメントありがとうございます。
ああ、OVAも存在するのですか。
僕は今8巻まで読んだのですが、今のところはカマイタチの話が好きですね。
Commented by ejison2005 at 2007-09-29 00:14
>>ニテンドーさん
バトル化が激しくて忘れてたけど、そういやそうでしたっけ。
彼岸島が師匠登場以降、急激にバトル漫画化したのと同じ様なものかな。
Commented by ニテンドー at 2007-09-29 16:11 x
>んー、割と昔から隊長職と二重生活で組織したんじゃないかな。
護廷十三隊、仕事なさそうですし。

いえいえそれでも、どこぞの「人間が3人しかいない菌類マミレの国」のお姫様よりは忙しいとは思いますぜw
あの人散歩してるところと遊んでるところとさらわれてる所しか姿見ないもん。
Commented by ejison2005 at 2007-10-01 00:04
>>ニテンドーさん
いや、あの王国と比べる時点で何かがおかしいw