週間少年ジャンプ 07年 39号 感想
f0029827_5131917.jpg

うみねこのなく頃にドラゴンクエストソードを購入したよ~。
あまり話題に遅れたくないですし、プレイするのはうみねこが先かな。クリアした暁には、僕の珍推理を公開してみせましょう。
……今度もああいうオチだったらさすがに嫌だなあ(笑)。
それでは、今週もジャンプ感想と参りましょう。


リボーン
ストーリー的にも最高潮で盛り上がるべきところを、最高の演出でビシッと決めたという印象のお話でしたね。天野先生はたまに拳から塩を飛ばしちゃったりする時もありますけど、何だかんだいって決めるべきところをキチッと決めてくれるのが素晴らしいと思います。
ちなみに、具体的にどの部分が演出的に良かったかというと、やはり歴代ボス大集合から初代の顔見せに至るシーンと、ラストの見開きニューウェポンお披露目ですね。尚、一人だけフォークをドシリアスに握り締めている四代目に関しては、積極的に目を逸らそうと思います。
確か、前にリボーンが「歴代ボスの中にはフォークを武器に使った者もいる」と言ってたからその整合性を取るためなんでしょうけど、彼だけビジュアル的にものすごく損をしてますね。こう、みかんの中にひとつだけりんごが混ざっているかの様な、確かな違和感を感じます。
彼のボンゴレボス就任エピソードとか、非常に気になりますね。
「おいおい、今度のボスは常にフォークを携帯してるんだけど、ありゃ何なんだ?」
「お前はどこぞの食いしん坊探偵かっつーの」
「前のボスは、ものすごくナイフを扱うのが上手いマフィアの鑑みたいな人だったのにな」
等々、様々な反発が生まれそうです。
まあ、そこら辺を詳しくツッコんでいくと、設定上この中の何人かは若き日に「リ・ボーン!」と叫びながらパンツ一丁になって大騒ぎしていてもおかしくないのですがガガガ。
仮に少女時代の八代目が主人公の番外編を掲載する日がきたら、脚本は長谷見先生が担当するよ。


ワンピース
う~ん、ホグバッグは単なる小悪党だったなあ。
いえね、それならそれで別に構わないんですけども、事前に「シンドリーちゃんの写真が大量に飾られた私室」を見せたり、「チョッパーが尊敬している医師であり、実際に能力はある」という点を描写してしまったりしたのはいかにもまずかったというしかないです。
僕とかもろにそうなんですけども、このパターンだとやっぱり「一見すると悪人の様に見えるが、実際にはシンドリーに対する純真な愛からこの様な悪事へ手を染めているのである」というオチを想像してしまいますからね。
どっこい、蓋を開けてみれば単なるアイドルオタでシンドリーちゃんも動いてさえいればどうでもいいぜ! というトホホな人だったと。オマケに、忠実な下僕とする事も可能なのにあえて反抗的に振る回せるというとことんアレな性癖の持ち主ときたもんだ。
きっとこの人、ツンデレ喫茶とか大好きだよ。オプション使いまくって定期預金とか解約しちゃうタイプだよ。
期待値が高かっただけに、これは効いたなあ。

「あァ、飛べ飛べ!! おめェら2人揃って飛び降りやがれ!!」
事前にホグバッグの口を塞いでゾロ(偽)とサンジ(偽)の同士討ちを誘った辺りは戦術として面白かったんですけども、肝心の決め手がこんなだったというのは非常にがっかりです。いやホグバッグさんや、あなた天才医師なんだからこのくらいは見抜こうぜ。
ただ、ここでストレートに同士討ちが終わるのを待ったりせず、もうひとつ「押し」が欲しかったという尾田先生の心情は理解できるものがあります。確かに、ここで今回のエピソードにおける「オチ」を入れておくのとそうでないのとでは、満足感がかなり違いますし。
でも、個人的には普通に同士討ちの終了を待つか、割って入ってドサクサに紛れ、塩を放り込んで欲しかったかな。今回、十分すぎるくらいにホグバッグの株価が下がって、これで止めを刺された結果になってますし。


ナルト
昼間っから酒を飲むのはシチュエーション的に百歩譲って(仕事が終わる時間帯にしとけば良かったのに……)是としても、道端でゲロを吐いてる綱手さんが現状火影に最適の人物とは……木の葉の里オワタ\(^o^)/
時代の火影として挙げられた名前が、カカシ先生にナルトというのがまた末期症状を感じさせます。他にもっとマシな人材はいないんかい。

あっさり確定、ナルトの両親
これといった盛り上がりもへったくれもなく、ごく普通に世間話でナルトの両親が明かされてしまいました。所々でボカそうとする努力は感じられますが(結果として二人の会話が非常に不自然なものとなっている)、ここまでやるならストレートにばらしちゃった方が逆に男らしかったかもしれません。
ここ最近、盛り上げようとしてはこけるというパターンが続いているナルトですが、それでもひとつだけ評価するべき点があるとすれば、それは「風呂敷を畳もうとする努力が感じられる」という部分に集約されるでしょう。
暁のボスは明かされましたし、うちは兄弟の確執もそろそろ決着がつきそうな感じです。バトル内容は大いに問題があるとはいえ、何だかんだで暁のメンバーも順調に消化していってますしね。
他の看板漫画がまだまだまだまだまだまだまだまだまだまだ、ダラダラと続いていきそうな現状を考えると、畳む作業に入ってるというのは褒められるべきだと思う。

とてつもなく死相が漂っている自来也
本来なら、大蛇丸相手に相打ちなり何なりに持ち込むべきところでサスケに手柄を横取りされてしまうという、変態仮面と決着をつけずに何故か陽電子砲を防いで二代目変態仮面となったムウ・ラ・フラガさんみたいな立場の自来也ですが、それだけにキャラ処理の都合で殺されそうな気配がぷんぷんです。果てしない死臭を感じる。
ここで「強キャラがリスクを犯してびびりながらも任務を完遂」(要はノブさんですが)したりしたら、大分この漫画を見直すと思うんですけども、そんな事は無く普通にやられちゃうんだろうな。


サムライうさぎ

f0029827_5134238.jpg

↑このシーンにおける用心棒の皆さん達に、DMC信者と同質のものを感じたのは僕だけでしょうか?
戦闘シーンは省略されてしまいましたが、
「うおおー! あれは悪鬼羅刹修羅豪傑無双うさぎさんの『地獄の赤兎馬蹴り』だー!」
とか、
「ああー! あっさりやられちまったぞ!」
「いや違う、あれはわざと後方に跳んで衝撃を逃したんだ!」
「さすがは悪鬼羅刹修羅豪傑無双うさぎさんだー!」
みたいなやり取りがあったんだよ。


うすた×日和!! 増田×ジャガー!! (特別企画)
何せギャグ漫画ですから百パーセント僕の感性で書いちゃいますけど、個人的にはうすた日和がグッジョブで増田ジャガーが微妙……というところでしょうか。
何がつまらなくかんじたのかというと、うすた先生の方はちゃんと芭蕉さん達のキャラを理解した上で自分のユーモアを上乗せしているのに対し、増田先生の方はジャガーさんではない何か別のキャラになってるんですね。それは今回のコラボ企画でやる必要はないだろうと。
厳しい書き方になりますが、研究不足だったというところでしょうか。
のだめカンタービレに出てくるジャンが指揮者コンクールの時、「どんな曲でもいつもジャンはジャン」という意味の感想を与えられていたのですが、大体そんな感じですね。日和でもジャガーでも、いつも増田先生は増田先生。


ムヒョ
「え~っ!! いやいや私の円様が~~」
という台詞で、「ああ、ティキの主張はあながち間違っちゃいねえなあ」と強く強く思いました。それは世界貿易センタービル跡地で、「ビンラディン最高~!」と言う様なもんじゃないでしょうか。
というかその前の、
「えっ!! マジで!?」
「エンチューに極刑!!?」
と騒いでるシーンも相当に謎ですね。何でそんなに意外そうなんだろう。彼、立派な重罪人ですよ。いっぱい人も殺してるよ。
しかし、それはそれとしてエンチューがちゃんと殊勝な態度で罰を受け入れたのはきちんと評価したいです。極刑が無期の幽閉というのはよく分かりませんが、作品のテーマ的にも一環してますしね。


アイシールド
も、盛り上がらないまま終わってしまった……。
「東邦VS武蔵」とか、「湘南VS海南」みたいなのを期待していたのですが、どうにもこうにも肩透かしという印象が拭い去れませんでした。
せっかくなので、成功例である両者を元に分析してみますが、やはりアイシとこの古典漫画二つとの違いは「対戦相手双方を描写してきたかどうか」になりますね。ダイナソーズはどうにもこうにも、ポッと出の印象が強いです。
スポーツ漫画においては、「主人公チームと試合をした事があるかどうか」というのが、重要なのかもしれませんね。最も慣れ親しんだキャラである主人公達を、ある意味試金石として使用する事で親近感を増すわけです。
それに何より、この試合で問題なのは「アメフトをやってるようには思えない」事なんじゃないかな。ダイナソーズと対戦する際は、勝利条件が「点を得る」から「選手の負傷を防ぐ」に変わってしまうんですよね。すごい異物感。
準決勝とかその辺の試合ならまだしも、決勝戦にそんな色物チームを持ってこられてもなあ。
選手潰しなら石田師範も似たようなもんなのですが、「分かった上で」やっているのとそうでないのとでは、こうまで差が出るものなのか。
とりあえず、セナ達は先人に習って「背中に丸太を打ちつける」特訓でもしてみてはいかがでしょうか。


To LOVEる
あら、噛み犬が出てきたけどザスティン様オチはありませんでした。読みが外れたか。
ところで、もえたんの第八話に、
キャラクター「みんな脱がしましょう」
長谷見先生(脚本担当)「原作者から怒られる」
キャラクター「なに言ってんの脚本家さん。あんたそういうの得意でしょ」
というシーンがあったらしいんですけど、まったくもって正当な評価だというしかありません。幽霊を脱がすなら、精神世界にでも潜らせればいいじゃない。
ストーリー的にも、「春菜ちゃんが死ぬかも」と(どうせ助かるのが見え見えでも)危機感を煽りつつ、最後はいい感じに脱力するオチでとても良いTo LOVEるでした。この毒気の無さが大好きだ。


アナアキーズ(近未来杯出展作品)
なかなか面白いキャラ設定紹介でした。
次は、このキャラを使って漫画を描く事に挑戦してみて下さい。
とまあ、非常に辛らつな書き方になってしまいましたが、しかし、こう書くしかない。
解説を入れるとすれば、「悪人と主人公がただ何となく戦ってるシーンの合間合間でひたすら主人公の設定を解説する」作品ですからね。


エム×ゼロ
「三日の成果を全てプレートから消去する」
という言葉の意味がよく分からなかったです。
確か、この作品における魔法は教科書みたいなものから魔法をカードへインプットする方式だから、普通の魔法なら理解できるんですけども、今回の場合は九澄自らに特訓を課して制御方法を学ばせたわけですから、プレートは全くの無関係だと思うのです。九澄の脳がプレートと直結でもしているのなら、話は別ですが。
それに、「駄目ならまた以前の中途半端にしか使えない状態に戻す」というのも、普通に意味が分からなかったです。
多少なりとも習熟しといた方が、明らかに危険度は下がるんじゃないかな。普段の生活に戻ってから、自力で更なるスキルアップを図ってもいいんですし。
そりゃあ、一人前になりかけの状態が一番恐ろしいとはありがちな話ですが、この場合は取り得る選択肢を減らそうとしてるだけですからね。精神的な面では問題なしと判断されてる以上、今回は当てはまらないと思うのです。


バレーボール使い(最終回)
ああ、やっぱり打ち切りでしたか。まあ、妥当なところですね。
僕としてはキャラにも魅力を感じられず、ギャグ部分では笑えず、これといって絵に魅力も無い本当に評価する部分が見当たらない漫画という印象でした。特に画力の不足が大きいと思う。超えるべき最低部分を越えていなかったというか。
とりあえず、次回作ではギャグなのか真面目にやるのかきちんと方針を決めといた方がいいんじゃないかな。
[PR]
by ejison2005 | 2007-08-29 05:14 | ジャンプ感想