週間少年ジャンプ 07年 38号 感想
僕はジャンプ感想を書く際、アニメをBGM代わりに流している事が多いのですが、今回はICEというOVAをレンタルして再生していたんですね。
で、この作品は何やら素人集団に声優の真似事をさせているのが売りらしいんですよ。ええ、一人か二人ゲストとして招き「ザクとは違うのだよ! ザクとは!」と叫ばせて旧作を汚したりとかそういうのではなく、キャラクターのほぼ全員が素人によるアフレコなのです。いわば、究極の素人声優アニメ。

f0029827_4195771.jpg

f0029827_4201978.jpg

f0029827_4202762.jpg

八月某日、私はプロ声優の有り難味を嫌というくらいに思い知らされたのだった……。
参考までに、ニコ動で一部がうpされてたから張っときますね。

ちなみに、これより酷い部分は結構あるよ。

いや、マジでこれは認識変わったわ。
それでは、今週もジャンプ感想と参りましょう。


アイシールド
カラー表紙の部分に「一年生チームVS上級生チーム」の企画があるんですけども、読者プレゼントが「一年チームが勝った場合、抽選で五名様に特注デビルバットぬいぐるみをプレゼント」「上級生チームが勝った場合、抽選で百名様に泥門デビルバットオリジナルリストバンドをプレゼント」となっているのは何故なのでしょうか。
数が違うのは一品辺りの値段が違うのが原因でしょうけども、そもそも品物を変える理由がよく分からないよ(同じ品物の柄違いとかならともかく)。

「人間夢見るとロクな事がねえってよ……」
あまりにも見事なテンプレ死亡フラグ展開で、思わず爆笑しちゃいました。
で、ひとしきり笑ってからふと冷静になって思ったんですけども……ここって例えテンプレでも、死亡フラグビンビンでも、笑わせちゃまずい部分だよね。
真面目に分析してみたんだけど、やっぱりアレですね。笑ってしまう原因はキッドがタックルを食らってる理由が、「彼の油断」以外に全く見当たらないところ。
最初読んでる時は、「メンバーが全員ヘルメットを脱いでキッドに向き合う中、改めて決意表明するキッド」という構図に思えたんですけども、後の状況から考えると「ヘルメットを脱いでキッドに向き合うメンバー」は彼自身の脳内イメージに過ぎないんですね。
要するに、今回のお話は客観的に見た場合、

ちょっと試合がいい感じに運んでたので、プレイ開始しているというのにキッドが幸せトリップモードへ突入していたら、当然の様にタックルを食らって大怪我してしまいました。

と、そういう内容なわけですね。
これ、実は誰あろう峨王少年が一番驚いてるんじゃないかな。
「え!? ちょっと?? 急にボサッと突っ立ってたから罠かな~と疑いつつボールを取ろうとしたんだけど、本当に完膚なきまでに棒立ちだったのか受け身すらせずモロに食らわれちゃったよ! よく分からないけどごっつあんです!」
とか思ってたりして。
例えるなら、ダイとの最終決戦中に大魔王バーンが急に「はう~! もうすぐ地上が余のものだよ~!」とか呟きながら妄想モードに突入して、その間に放たれた必殺剣が原因で敗北するようなものです。


ワンピース
スリラーバーグ編は、全般的に戦闘がとても面白いですね。
頭脳戦の様相を呈していたウソップVSペローナ戦と違い、今回ゾロが行った戦いは、基本的にガチの斬り合いなんですけども、あらかじめ「ぶっ倒れてるゾロに悠然とそれを眺めるリョーマ」という構図を見せ、ついでにダメ押しでブルックが敗北宣言までするというミスリードを行っていた事で、「一体どのタイミングでゾロが敗れるのか?」という緊張感が常に維持されています。
結果、ワンピースのバトルにおける大きな難点である「緊迫感の無さ」が緩和されており、それが面白さを生み出しているのです。
また、今回のバトルは、あらかじめ二人に飛ぶ斬撃で壁破壊のデモンストレーションを行わせる事によって、「(少なくともこのエピソードの中では)一撃受けたら真っ二つですよ」と提示し、一撃に死の重みが宿ったというのも大きいですね。いかにワンピキャラといえども、ナメック星人や男塾の生徒じゃないんだから四肢の再生までは不可能でしょうし。
極めつけは、ゾロの放った止めの一撃が「炎属性の必殺技」である事だと思うんです。思い出して欲しいのですけど、ウソップが前に火炎弾を放ったらゾンビ達が逃げ惑っていましたね。リョーマも同じゾンビであるのに違いはないのですから、塩同様に炎がかなり有効である事は文字通り火を見るよりも明らかです。
更に、それ(弱点を突いた事)をゾロが説明しなかったのも重要なポイントですね。これがナルトだったら、サスケVSデイダラ戦の様に決着がついた後、懇切丁寧な感想戦が展開された事でしょう。そしてだれると。
総合的に、とても良く出来たバトルだったといえるでしょう。普通に読んでるだけの人なら、「ゾロがすごい技を繰り出して勝利した」で納得できるだけの殺陣が繰り広げられてましたし、僕みたいに深読みしたい人に対しても「何気にゾロは敵の弱点(=炎)を突いていた」という十分に溜飲が下がる展開だったのです。
ワンピースは知っての通り日本で一番売れている少年漫画なわけですが、それはこの様にライトな読者もヘビーな読者も分け隔てなく満足させるからなんだなあ。


ナルト
あっれえ、ナルトの方もイタチ同様に影分身だろうと思っていたのですが、ひょっとして本体だったのでしょうか。
「兄弟だと思ってるからだ…!!!」
という宣言は、影分身だとするといかにも興醒めしてしまいますし。まあ、本人だとしても十分にアレな台詞ですが。兄弟というかブラザー? アッー!
いや、設定的には影分身がこの台詞を口にしても何ら不自然ではありませんし、来週何事も無く消えて本体に記憶を渡してしまうのかもしれませんけども、その場合だと「影分身はリモートコントロールではなく、あくまで自立して活動している」という関係から、今回の決意表明が「ナルト本人ではなく、同じ精神性を持った別人の言葉」になってしまうのですね。それはちょっと、シーンの性質的にまずいだろうと。

普通に酒を飲む綱手
えーと、あなた確か前にナルトが休日だというのに唐突な呼び出しを受けてちょっと遅れたけど到着した時、お叱りになってましたよね。自来也じゃないですけども、本当に自分の言葉へ責任を持った方が良いと思いますよ。
いやま、ここは「老齢の二人が口実を作って昔を懐かしむために飲み屋へ出かける」というシーンだからあまりツッコむべきじゃないんですけども、それにしたって「オーバーリアクションで喚き立てつつ次のシーンではあっさり合意している」というのは何昔か前のギャグセンスだと思ったもので。


ブリーチ
ラストシーンのザエルアポロさんに爆笑。
お笑い番組に出てくる新人芸人みたいな格好ですね。それも、閃光の様に消えていくタイプ。
きっと、芸風はあるある系でラストは、
「今日は皆ありがとう。僕はとっても、スエルニーと叫びたい気分だ!」
と言って何となく締めた気になるんですよ。
そして2ちゃんにはアンチ系スレばかり立ち並ぶという。僕は何でバトル漫画を読みながら、こんな妄想をしているのでしょうか。


リボーン
作品タイトルにもなっている主人公専属のコーチが、あえてこの重要な局面で脇役の特訓に回り、更には真の力まで解放するという展開が非常に新鮮でした。
ふと気づいたんですけども、実は未来に来てからこっち、ツナにスポットが当たる機会が極端に減じているんですよね。特に、γ戦では徹頭徹尾して無関係な立場でしたし。山本と獄寺は愛されてるな。
それだけではなく、主人公であるツナの方も「最強キャラによる修行」という美味しいシチュエーションなのがグッド。


ネウロ
今回明かされた、出生が十七年前で本来の性別が女性という経歴から察するに、サイって事件が解決した暁にはアイさんの姿を(ちょっと若々しくアレンジしつつ)借りて弥子さんと同じ高校へ通ったりするんですかね。
と、ドリームした後に気づいたけどこれまで散々人を殺してきたのだから、さすがに円満解決が無理があるかもしれません。良くてシックスさんと無理心中かな。

新しい血族「シックス」
これまで色んな所で指摘されてきたサイと刹那さんの類似性ですが、どうも同じ一族の出身だったみたいですね。ファイブさんとかがいるのなら、きっと舌べらに「5」の文字が刺青されていてすぐ相手の名前を忘れるんだよ。


シュガーヒーロー(金未来杯出展作品)
とてもとても爽やかな作品でクオリティが高いとは思うのですけども、でも何か微妙な雰囲気が漂って感じられる印象。
思うに原因は、前半にカタルシスが全く存在しない事でしょうね。一応、設定的には「超凄いはずの主人公が実は全然大した事なかった!」というわけで意外性を与えられてるんですけども、肝心要である主人公の凄さが登場人物の説明台詞でしか語られず一切描写されてないために、読み手がそうと認識できず、ストーリー的な意味では全く機能していないのですよ。
ちょっと難しい話をするけども、スポーツ読み切り漫画のテンプレートとして、
①最初に主人公の運動性能を描写する(試合をさせたり街中の喧嘩で圧勝するなど)
②中盤で敵チームと試合を開始するも苦戦する(原因はそのスポーツの素人だったからなど)
③後半でコツを掴んだり火事場の底力を発揮したりして逆転勝利
というのがあるじゃないですか。多分、皆さんも今まで幾度となくこういった展開の読み切り作品を目にしてきたと思います。
オリジナリティがどうとかそういう話はとりあえず脇に置いとくとして、このテンプレートの利点は①と②……要するに前半と後半で二度に渡ってカタルシスを得られる事なんですね。
しかし、最初に書いた通り、この作品は①が行えていないのでカタルシスは③でしか得られない。メリハリがついていないといい換えても良い。それは、とても損をしているんじゃないかな~と僕は思ってしまったわけです。
あと、主人公がチームの窮地に参戦できた理由が「よく分からんけど気迫が凄いから」だというのも現実性が薄くて残念なポイントでした。ここも、通常のテンプレートなら「①で主人公の実力が示されていたから指名された」という合理的な展開になっていた事でしょう。
とはいえ、そうひどい出来じゃないのは間違いありません。今年は豊作ですね。今までの金未来杯は何だったんだろう。


勇者学
勇者部が出てくる話はおしなべてクオリティの高いこの作品ですが、今週も非常に面白かったです。
ちゃんと武器屋の店主を再登場させてくれているのも嬉しいですね。最初は一発屋気味なキャラでも、こうやって繰り返し登場させてスポットを当てていく事でキャラクター性は深まっていくのです。例えば今回だと、「以外に(でもないけど)この店は歴史が浅い」という情報が新しく提示されました。
そして、そこから流れるように校長へプレゼント(魔法使いっぽい杖)をあげて鋼野の住居へ連れて行ってもらうという展開にしたのもナイス。キャラからキャラへの繋げ方が上手かった。
気付けば、この作品をどんどん好きになっている自分がいますね。脳内ジャンプランキングでは割と上位に位置しています。


サムライうさぎ
今まで、伍助は性的な事に関して全くの無関心であるのかと思っていたんですが、遊郭に関して具体的にイメージを浮かべている辺り、そんな事もなかったみたいです。寝床も同じだし、こりゃ合体する日も近いかも分からんね。
しっかし、今回はアダルティなネタでしたね。お子様が読んだところで、半分も意味を理解できないんじゃないかな。


エム×ゼロ
前回の引きが引きだったので、ベストキッドごっこ(何の関係もない事をしていたら強くなる)でもやるんじゃないかと思っていたのですが、そんな事はなくきちんと論理的な特訓でとてもとても面白かったです。ハンターの修行話を読んでるみたいだった。
ところで、作中のキャラが誰もツッコんでないんだけど、ひょっとして九澄って湯水の様にポイント使ってませんか。
もし、柊父がその辺の事を伝え忘れててポイント激減とかいうオチだったら、また彼の株価が下がっちゃうのでそこはちょっと心配かな。


ディーグレイマン
デジャブだらけでどっからツッコんだらいいものやら……。
とりあえず、それを置くとしても「魔術とは何なのか」くらいは説明するべきだったんじゃないかな~。


To LOVEる
幽霊が春名ちゃんに憑依 → そして古手川さんのブラをスリ取る
という凄まじい展開に脱帽。何だそれ。何で幽霊がブラをスリ取るんだ。全く意味は分からないけど、恐ろしいまでにTo LOVEるだぜ。
ところで、ミオ&リサにとっての境界線が「パンツはOKでもブラはNG」である事が今回明らかにされましたね。それが明らかになったところで何が起こるというのかという話ですし、そもそも境界線を引く基準が理解できませんが、とにかく明らかになりました。
あと、噛み犬が出てきたからにはザスティンオチが待ち受けていると予想しておくよ。


ムヒョ
いやあ、エンチューが救いようのない逆恨み(というか経緯的に「逆恨み」ですらなく単なる「妬み」)野郎である事が繰り返し強調されただけでしたが、とにかく仲直りできて良かったですね。ハッピーエンドだ。

……じゃあ、罪を償ってもらうために改めて地獄へ叩き込みましょうか。
[PR]
by ejison2005 | 2007-08-22 04:26 | ジャンプ感想 | Comments(47)
Commented by 大した at 2007-08-22 09:50 x
>ネウロ
今週で気になったんですけど
クローンの性別って変えれるんですかね?
まさか、あの絶対悪が実は女・・・・じゃないでしょうし

>ナルト
途中挟んでる間にイタチとナルトは会話をしたんでしょうかね?
あの描き方だと途中のページが抜けてると錯覚してしまいます
ナルトがだってばウザいから呆れて帰ったようにすら見えるってのは何なんだろう

と言うか、ナルトって戦う度に分身出しては敵に消されてるけど、 この一連の流れはなんか意味あるんでしょうかね?
影分身出す→影分身突撃→影分身敵にボコられて消える
一つのテンプレにできるほど、ワンパターンになって……ますね
岸本先生的には敵の強さを表してるんだと思うんですが
ストーリー的にも描写的にもなんの効果も得られてませんよね
ナルトがショボいようにしか見えないし、何よりコマの無駄使いにしか見れないってのが
Commented by wanpa at 2007-08-22 12:01 x
>ワンピ

こんなにサクサク進むのは何時以来だろうか
CP9の時もこのテンションでやってくれたら良かったのになぁ

>Dグレ
勢いで疑問符しか浮かばない展開はナルトとブリーチの十八番だと思ってたのに

>NARUTO
数年に渡ってあんだけ拒否され続けてたのに、「兄弟みたいに思ってる」とかギャグのつもりなのかしら、、1部ラストの決別劇は一体なんだったんだろとろと
一話目から全然精神的な成長をしてないなぁ

ツナデ様が雨隠れの里のことを「厳格で閉鎖的で云々」とさも異常であるかのように語ってるけど、忍者の隠れ里ってそのくらい厳しくて当然でございましてで。
最高機密クラスの話を普通の居酒屋で話しちゃうほど開放的な木の葉のほうがどうかしてます
ファミレスで大統領とCIA長官が極秘情報を話し合ってるのに等しいってのにさぁ
Commented by こう at 2007-08-22 12:13 x
>ワンピース
ゾロに対して志々尾かよ、と突っ込みつつも確かにスリラーバーグは戦闘が面白いです。
どの戦闘も短期決戦で、なおかつそれぞれのキャラに適した戦いを繰り広げていますからね。
これなら、戦闘以外をじっくり読んで、戦闘になると流し読み・・・と言うような事せずに済みそうです。

>リボーン
何だかんだいってこの作品は修業シーンを上手く使えているように思えます。
「最大の炎を一点に集中する」・・・γ戦のヒバリといい、なんかハンターっぽい展開。
ただ、このシリーズで肝心のボックスについて漠然としか理解できない状況を何とかして欲しいところです。

>ネウロ
クローンは受精卵クローンであれば性別が違うのはべつに珍しいことではないはずです(建前上は前例が無いので断言できませんが)。
つまり、体細胞クローンじゃないからSIXとは色々異なりますよ、と言う松井先生のメッセージでしょうね。
個人的に気になったのは変異細胞って何?って所です。癌細胞?
Commented by 八尾 at 2007-08-22 13:05 x
>NARUTO
私もあのナルトが影分身なのかは気になってるんですよね。
なんていうか、もし本物だとしたら何ナルトを単独行動させてるんだってことになりますし。
っちゃけナルトは影分身に探索行動させて自分は里にこもってるべきだと思うよ!

>アイシールド
やっぱり、明らかにあの走馬灯が原因でパスが遅れてるあたりは突っ込みどころなんですかね
まさか、「人間(白昼)夢見ると(もろにタックル食らったりして)ロクな事がねえってよ……」
ということを体を張って示してくれたんでしょうか。
Commented by 漫画家志望 at 2007-08-22 17:26 x
>Dグレ
デジャヴのほうは、僕はマンガをジャンプしか読まないせいかまったくわかりませんが僕は鉛筆書きの部分が気になってしゃー無かったです。コミックスでは直ると思いますが、こんな状態になるんだったら担当もアカマルの仕事とか与えずに原稿に専念させてやれよ・・・・・以前のナルトに比べれば、鉛筆書きが一部なコトからましに感じられますが。・・・休載よかましか。

>シュガー
登場人物がみんなさわやかですよね。悪役がいないって言うのは作品からさわやかな印象が得られるという意味ではいいかもしれません。絵柄も後押しして。

>ワンピ
とても良いバトルでしたが(もうちょっとバトルシーンに時間とってもいい気がしないでもないけど。アブサロムのときは2週とったのに今回1・5週だし。)・・・・・どうやってゾロは火を出したのやら・・・?
刀が鬼徹なら妖刀なので話はわかりますが、くいなからもらったやつ(和道一文字って名前だったっけ?)だしなあ・・・・ウソップにでも仕掛けを付けてもらったんでしょうか?
Commented by 漫画家志望 at 2007-08-22 17:37 x
>アイシル
今までのキャラもあの走馬灯のようなことをしてましたよね。(ようは考え事とかね)それで普通にプレイしていたんですが、アレって考え事中動きが止まってるんでしょうかね。
とまってないと思うんですがね。とまってないなら「やっとポジティブに夢を考えられるようになったとたんに破壊されるキッド→結局のところ夢見ても無駄だったね。」という本来書きたかったものが出来るでしょうが、もし動きがとまっているんだったら「試合中ボーっとしてたらあっさり破壊されたキッド→間抜けだなwwww」という悲惨なものが出来上がってしまうんですよね・・・
わあ、目も当てられない。

>ムヒョ
エンチューって悪いこと具体的に何してましたっけ?覚えてないや。
エンチューガ逆恨みだって言う意見はよくきくしもっともだと思うんですが、「自分はこんなに努力しているのに、全然努力をしていない人間に追いつけない」ときのなんともいえない嫌な気分は自分の体験上わからなくも無いです。(ムヒョが努力していなかったかどうかはおいといて)でもだからってムヒョにむかっ腹が立っても危害を加える理由は何も無いよね。
Commented by ニテンドー at 2007-08-22 18:24 x
>ムヒョ
あえて言いますけど、
この漫画の今までを振り返ってみるに、たぶん「黄泉で目いっぱい反省してきやがれ」といって黄泉送りの刑にするつもりマンマンだと思う。
>Dグレ
ティキが真っ白なコマあったじゃないですか。あれ見事にて抜・・・あれなんで効果の一種かと思いました。って言うかそうであってほしい。
さすがにアレくらいアレなものってありえないだろうからアレはさすがに効果ですよね?
Commented by 黒川 at 2007-08-22 20:05 x
> ICE
主人公(?)の言動がかなり電波なのですが、彼女の鼻声と棒読みがさらに電波分を上げています。
監督の狙いが「主人公は電波」と言う事の強調なら演技としてパーフェクトなのかも知れませんが、そういう狙いではないんですよね(--;
ちなみに、戦隊にせよライダーにせよアフレコに違和感の無い人が多いので、ハナさんが余計悪く見えた訳で…ICE(の一部)見た後ではハナさんがダメと言うよりも、「メレ様達が凄かった」と結論しとくかなぁ(--;

> ワンピ
私的には、ゾロ戦の面白さの理由の一つに「自分と全く同じジョブのキャラが相手である」と言った所にもあり。さらに敵にゾロと同じようなストイックさを背負わせる事で、少年漫画のお約束である「もう一人の自分との戦い」の構図に昇華させている点に有ると考えます。

> ナルト
まぁ、ギャグのセンスは古いですよね(^_^A
それが味になっていると言うところもあるのですが。

> ジャガー
実写版のジャガーさんは氷川誠か…振り回されキャラから、振り回すキャラへ(^_^A
Commented by at 2007-08-22 21:30 x
エジソンさんは解ってらっしゃると思いますし、どうでもいいことかもしれませんが、家庭教師ヒットマンREBOON!の主役は、ツナではなくリボーンです・・・。
自分も信じられないですし、もうツナが主役でいいんじゃね?と思いますが、一応あの赤ん坊の姿をしているらしい年齢不詳のヒットマンが主役ということになってます。
主役ってなんなんだろうと思わず考えてしまいますね。
リボーンが山本を気に入ってるのは、かなり前から(ギャグ漫画だった頃から)ですよね。
Commented by トーリス狩り at 2007-08-22 22:12 x
>ネウロ
シックスは別に6番目だからとかじゃなくて聖書の666とか何か由来があるんじゃないかと自分は思ってます。あくまでただの妄想ですが。

>ディーグレ
「魔術とは何なのか」というのは「百八式波動球とは何なのか」並に説明されないと思います。最悪の場合、何のフォローもなくこのまま定着するかもしれませんね。
これから先、絶対攻略不可能な敵に出会っても
クロス「ほれほれ、そんなものは魔術でこの通り」
みたいな。
Commented by ミラ at 2007-08-23 00:15 x
そうなんですよ!声優さんは、アニメを視聴するときにあまり重要視されませんがとてもかかせない存在の方達なんですよ。声や台詞の言い方で印象って大分違いますしね。

>ブリーチ
ノイトラさん五番でえらそうにしてますが、読者的にも一護的にも「ふーん。でもウルキオラより弱いんでしょ?」って感じだと思うんですが。
一護の名前を忘れたときも「弱い奴の名など覚える価値もない。」ってな感じでかっこつけてるんですが、むしろ自分は「え!もう忘れたの?どんだけ記憶力ないんだよ、この人」と思ってしまいました。
石田が織姫奪還を最優先にして強い敵との戦いを回避しているのはものすごく当たり前なんですが、それを主人公が思いっきり織姫ほったらかして戦っているので矛盾を感じます。ツッコミどころ多いなーこの漫画。

>ナルト
イタチとナルトの対話や、サスケへ会いにいくなどの行為からイタチさん実はいい人説が自分の中で浮かび上がりました。うちは一族抹殺とかがうちはマダラとなんか関わってくるかも知れんですね。
Commented by パポパポ at 2007-08-23 01:37 x
>アイシー
せめて、迫り来る峨王に対して強い危機感を覚えるような伏線は必要でしたよね。強者を強者のまま排除するのは確かに難しいですけど、今週のは凡ミスにしか・・・

>ワンピ
構成の妙って、こういうのを言うんだなと唸らされた回でした。最近の尾田先生は輝いている!

>ナルト
影分身とかに関しては、担当さんももうツッコまないんですかね。
あと、僕はハガレンとか読むんですが、あれは情報の手に入れ方とかがしっかりしてて好きです。ナルトは情報が降って沸くから違和感が・・・
Commented by 連続パポパポ at 2007-08-23 01:47 x
>ネウロ
今週の1P目は、97話とリンクしてたみたいです。他サイトさんで触れられていました。松井先生は本当に上手いなあ。
http://tanosikerebayokarou.web.fc2.com/jump2007/jump0738.html

>こち亀
なんだか久々にまともな両さんを見れたんですけど、なんだろう、金が絡んでるのに毒が無さ過ぎて不安にさせられました。

>ムヒョ
ティキが協会に迫害されていたっていうたった3コマだけで、ちょっとティキに同情してしまう辺り、僕の中の魔法律協会の評価は本当に最低なんだなと思いました。
Commented at 2007-08-23 01:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by bakatuki at 2007-08-23 01:56 x
>ナルト
2ページ前に自分で
「一対一なら逃げる、二対一なら後ろをとる」「幻術には気をつける」
「俺の人数は千人まで~」というようなことを言ってるのに
どうして影分身を使わず「ウオオオオ」とか叫びながらまっすぐ突っ込んで
あっさり幻術にかかっちゃってんだろうか
具体的な対策を考えつかないなら対策を考えてるネタ振るな、と言いたい。毎回
Commented by ミント at 2007-08-23 02:11 x
>アイシル&ブリーチ
あれは走馬灯というやつですよ、刹那の瞬間で見えるあれ
非難轟々のブリーチですがアイバラが一護と闘った時
1、斬られてそれでもがばーって立ち上がって向かっていく
(まだ闘かうのか?と思わせる)
2、回想シーン
(今まで出してこなかったアイバラの思いをはじめて)
3、胸倉をつかむ
(一護のもう終わったんだぜって顔)
4、頼む

あとは黒猫と蜂の師弟対決
1、何故だ!
(何故越えたはずなのに勝てない)
2、回想シーン
3、何故連れて行ってくれなかったのですか

のような回想の前後が途切れずにスピード感を失わせない連続していると見せられるコマの使い方
その前後で先にいったセリフの意味が回想を見る事で真意がわかりもう一度繰り返したり
上手いなーと感心したものですが

いまがぐだぐだなのが悲しい
Commented by プラス at 2007-08-23 02:56 x
>雀さん
リボーンの主役がリボーンだと言うのは、ドラえもんの主役がドラえもんと言うことに似てるかも。
ドラえもんの主人公はのび太であるように、ツナが主人公でいいと思います。
みんなそう思ってるんじゃないかな。
Commented by ディセラーク at 2007-08-23 10:54 x
はじめてコメントさせて頂きます。
ネウロの「シックス」ですが、
あれは魚類・両生類・爬虫類・鳥類・哺乳類に続く
「第6の類」という意味だと思います。
エジソンさんの説のように
「シックス=絶対悪の個体名」の可能性もないとはいえませんが、
絶対悪が「人類から飛び立つもの」の「最先端を行くものの名」といってるので、
たぶんこちらの方が正解なのではないかと…
長文失礼しました。
Commented by こう at 2007-08-23 20:39 x
二度目です。
>連続パポパポ
これに気付いた人も凄いですが、この遊び心も凄いw

>666
つまりネロですか・・・。
SIXだからイナミ+サイ(S.I)より一文字多くて、ネロだからネウロより一文字少ない。
松井先生とそれ位の仕掛けはやりそうです。

>魚類・両生類・爬虫類・鳥類・哺乳類に続く「第6の類」
やはり、そういうことなんでしょうかね?
私は哺乳類へ至る進化の過程に鳥類は入っていないので魚類・両生類・爬虫類・哺乳類と来て【新しい何か】、そしてその【新しい何かの先端】を行くもの、つまり人類の次の更に次だからシックスかなぁ、とも考えたのですが・・・妄想が過ぎましたか・・・。
Commented by humat at 2007-08-23 23:00
最近、「ハヤテのごとく」にはまってる風魔です。それはどうでもいいんですけどね。

アイシについてはあの後キッドがまだ起き上がってプレイするなら来たらかっこいいと思うんですが無理かな?

ブリーチは自分的にはノイトラがまさか五番だったとは思わなかった・・・・。確かノイトラ自分で「エスパーダ最強は俺だ。」って言ってたけどせいぜい半分くらいじゃないかよ・・・・それとも、実は強さは番号関係ないとも言いたいのかな?おそらくウルキオラより強くちゃいけないと思って急遽「やっぱり5にしとこう。」みたいな感じがするのだが・・・。
自分の予想では1じゃなくてもせいぜいウルキオラより高い番号だと思ってたんだがな・・・・・悪い意味で裏切られました。

リボーンに関しては必ずしも主人公は一人ってわけでも無いからな・・・・ようは、ツナとリボーン二人とも主人公みたいなものでしょう。まぁ、主人公が二人いる漫画は最近少なくも無いのでは・・・・。まぁ、そういえるかどうかは別なんですけど・・・・。
Commented by humat at 2007-08-23 23:09
連レスします。

ネウロは絶対悪についてはいろいろありますけど「シックス」はやっぱり666説が正しそうです。まぁ、これからどうそれを判明させるかによりますが・・・やっぱり順位が上がってるな。ネウロは。

それと前にも言ったと思いますがここでは酷評の「ブリーチ」や「NARUTO」が何故前のほうにあるかは気にならないのでしょうか?

自分はそれらの作品は人気だから今のままでもいいんだと思うけどな。まぁ、落ちなければいいのですが・・・・・。

それと、ムヒョなんだが「罪を償いに地獄に突き落とせ」というのは無いと思います。まぁ、突き落とされる可能性もありますが・・・・(どっちだよ。!
地獄で突き落とされたからって償えるものでもないでしょう・・・・。こういう場合は生きてその罪を償うのかの知れません。まさしくるろ剣の主人公のように・・・・。ただ、刑を受けたからってそれだけじゃあ最近の世の中はまかり通らないので。ようは、「死で償うのはもはや逃げ。」というのが今のジャンプの風潮だと思います。

にしても、ムヒョもやっぱりある意味打ち切り的な終わり方かな?
Commented by ejison2005 at 2007-08-24 02:33
>>コメント返信について
例によって、後日まとめて行います。ご了承ください。
Commented by ニテンドー at 2007-08-24 19:43 x
>アイシ
キッドさんのアレは走馬灯です。死ぬ前とかに一刹那だけ垣間見るアレです。
試合中にボーっとしてるって思ったのは台詞が入ってるからです。台詞が無いと読者に伝わらないからこれは仕方ないので
キッドさんの実際頭に入ってきた記憶情報とわれわれ読者が受けた記憶情報には誤差があります。
キッドさんの主観ではキッドさんは頭の中では別に何も言ってません。超高速映写機を頭の中でうつしただけです。とフォロー。
>リボーン
主人公はリボーンと綱です。二人です。ヒロインが二人いるご時勢、主人公だって二人いて当然です。ネウロだってネウロと弥子が主人公です。
え、弥子はヒロイン?またまたご冗談。ヒロインはあかねちゃんでしょうに。
>ネウロ
シックスって言うのはいわゆる識別名称です。つまり名前です。ご本人仰ってるじゃありませんか。殺されちゃったメガネさんの名前に自分の一族の名残があると。
だから詰まりあれは人名です。先生が出席取る時に呼ぶ「シックス君」です。
種族名だとちょっと番号が違ってしまいます。
鳥類、哺乳類、爬虫類、魚類、両生類、昆虫類ですから、セブンになってしまいます。大怪獣と闘ってしまいます。
Commented by 続・ニテンドー at 2007-08-24 19:44 x
>ムヒョ
既に言いましたけど、ムヒョのことだから次のふたパターンです
1、何事も無かったかのように普通に円は人間生活に戻る(ただ、大量の罪を犯したから何たら冠bんたらの洗礼を受けない戸的なお話はあるだろうけど。)
2、黄泉送りにして何故かわりとすぐに帰ってくる(親が死んで精神が定かでない状態だったのが情状酌量で操られてたからおまけでみたいに)
Commented by ejison2005 at 2007-08-25 14:26
>>大したさん
シックスさんの正体は女だった! うわあ、すげえ嫌だそれ。
ナルトの分身は、今回に関してはいちおう車輪眼対策として擬似的なスリーマンセルを組んでたという意味で、それなりに意味があるんじゃないでしょうか。やらない理由もないですし。
盛り上がらないのは、演出力の問題かと。
Commented by ejison2005 at 2007-08-25 14:34
>>wanpaさん
いやいや、あの「兄弟みたいに」はきっと性的な意味なんですよ。アッー!
>ファミレスで大統領とCIA長官が極秘情報を話し合ってるのに等しいってのにさぁ
これも、演出力とかの問題なんでしょうね、
DTB黒の契約者というアニメで、「とある組織の工作員が居酒屋で結構重要な指令を言い渡されるシーン」があったんですけど、こちらは違和感を覚えさせませんでしたし。地味だけど。
Commented by ejison2005 at 2007-08-25 14:37
>>こうさん
ゾロの刀には人間の脂が塗られていたのか!

>リボーン
テーマが「家庭教師な殺し屋」ですし、そこら辺はさすがということですね。
今週のエム×ゼロとリボーンの修行はとても面白かった。
Commented by ejison2005 at 2007-08-25 14:39
>>八尾さん
カカシ「そういや、敵の狙いがあいつだって事を忘れてた☆ZE!」

>「人間(白昼)夢見ると(もろにタックル食らったりして)ロクな事がねえってよ……」
うまい! すげえ笑ってしまいました。本当そんな感じでしたねえ。
Commented by ejison2005 at 2007-08-25 14:43
>>漫画家志望さん
>Dグレ
スケジュール的には、お盆進行を乗り越えてちょっと楽になってるはずなんですけどね。
逆にお盆進行で完全に燃え尽きたのでしょうか。

>どうやってゾロは火を出したのやら・・・?
それを言ったら飛ぶ斬撃とかは……。サンジも何気なく炎を出したりしてましたし、そこら辺は積極的に目をつぶる方向で頑張ってみました。

>エンチューって悪いこと具体的に何してましたっけ?
とりあえず、五嶺家皆殺しには加担してましたよ。
エンチューに同情できないのは、本当にこの作品の癌だなあ。
Commented by ejison2005 at 2007-08-25 14:47
>>ニテンドーさん
いやいや、西先生はキャラ贔屓強いですし、何事も無く社会復帰するに100ペリカ。
>Dグレ
ティキ「へへ……燃え尽きたぜ……真っ白によ」
Commented by ejison2005 at 2007-08-25 14:49
>>黒川さん
ICEは作品としての出来も相当にアレですが、それすらもあの鼻声を前にしては霞む霞む。
あれは本当にヤバイ……ぜ。

>ワンピ
どうも、リョーマはゾロの原型となったキャラみたいですし、そういう意味ではまさしく「自分との戦い」ですね。
線にも常に無いパウワァを感じましたし、小田先生的にも渾身の一話でしょう。
Commented by ejison2005 at 2007-08-25 14:51
>>雀さん
ドラえもんとのび太くんみたいな関係でいいんじゃないかな。
成長するのは、あくまでのび太くんの役割と。どっちも主役。
あと、そういやリボーンって昔から山本贔屓の強い男でしたね。何故か妙に彼を買ってます。
Commented by ejison2005 at 2007-08-25 14:53
>>トーリス狩りさん
シンクスさんに関しては、他の方が書いてくださったことですが「第六の種族」でFAだと思います。全然思いつかなかったぜ!
>クロス「ほれほれ、そんなものは魔術でこの通り」
ぐえあ、本当にやりかねないから困ります。
Commented by ejison2005 at 2007-08-25 14:54
>>ミラさん
声優さんの存在意義を骨身にしみて理解しました~。

>ナルト
ムヒョのエンチュー母を殺したのがティキだったように、うちは一族を皆殺しにしたのはマダラだったとか本当にありそうですね。岸本先生、そういう展開が好きそうだし。」
Commented by ejison2005 at 2007-08-25 14:56
>>パポパポさん
キッド「峨王? だれそれ? 俺、いま妄想で忙しいんだけど」

>ナルトは情報が降って沸くから違和感が・・・
結局、情報収集で苦労してるシーンは一度も描かれませんでしたからね。台詞だけで済ましちゃってるという。

>松井先生は本当に上手いなあ。
うおお、気づかなかった! これは確かにすごい!

>金が絡んでるのに毒が無さ過ぎて不安にさせられました。
それでも、ハルにはきっちりムカついた僕がいるぜ!
Commented by ejison2005 at 2007-08-25 14:58
>>bakatukiさん
不意を打って分身を背後から襲わせたのは良かったんですけどね。
僕なら、けしかけるだけ分身をけしかけながら撤退するよ。
それにしても、今週はいつの間に幻術へかかっていたんだろう。
Commented by ejison2005 at 2007-08-25 15:02
>>ミントさん
「ドドドドドド! ドン!」
のかげにかくれて、なかなかいいコマ割とかも散見してますね。
今週で、ノイトラさんが忘れたとかいいながら武器を振り下ろしてるシーンから石田たちへの視点切り替えなど、そこらへんの演出はうまいと思います。
Commented by ejison2005 at 2007-08-25 15:03
>>ディセラークさん
うお、そう言われるとそんな気がしてきました。
というか、それ多分正解なのでは!?
ううむ、全然思いつかなかったぜ。
Commented by ejison2005 at 2007-08-25 15:04
>>もっかいこうさん
つまり、オルフェノクみたいなものなのですね!

>SIXだからイナミ+サイ(S.I)より一文字多くて、ネロだからネウロより一文字少ない。
ぐあ、でもこちらの気もしてきました。
みんなすごいなあ、僕全然気がつかないよ。
Commented by ejison2005 at 2007-08-25 15:10
>>風魔さん
一般的な漫画ならそれも(倫理的にどうかと思うけど)まあ、アリなんですが、ムヒョの場合は作品テーマがテーマなんで、ここは絶対に裁いて欲しいところなのです。僕は何もしてないのに地獄へ叩き落されたアイちゃんを忘れてないよ。
それに、ムヒョ世界だと「地獄行き=罰刑=つぐない」になりますし。

>ノイトラさん
最強どころか、せいぜい半分でしたね。でも、その割にナンバーを自慢げに振りかざしたりとか何なんだこの人。

あと、ブリーチやナルトが前にある事に関しては、世間受けする漫画と僕が面白いと思う漫画にはかなりの隔絶があるということです。
あー、ドロヘドロをハリウッドで映画化してくれないかな。
Commented by ejison2005 at 2007-08-25 15:13
>>ニテンドーさん
それをやるには、走馬灯へ突入する前に「迫り来る峨王」をいれとかないとまずいんですよね。読者を驚かせたかったんでしょうけど、なんだかなあ。

>シックスさん
あれ~、やっぱり名前なのかなあ。
う~ん、ご本人がこれからサイ辺りに解説してくれることを期待しよう。

>ムヒョ
③普通に裁かれる。現実は非情である。
ここはポルナレフ方式で、答え③を選んどくぜ!
Commented by 再三ニテンドー at 2007-08-25 21:59 x
>またムヒョ
あいちゃんて、お母さんが自縛霊になった団地のオバケでしたっけ?だとしたらそれは誤解ですよ。イヤ確かに何もしてないのに裁かれて流転では合ってるけど、
あれは「黄泉送り」とって地獄と違いますよ。地獄は転生不可で、永遠に罪を償い続ける罰です。
読みは罪を洗ったらちゃんと転生させてもらえます。だからって何もしてないアイちゃんがつれてかれるのはねぇ
・・・あれ、待てよ? 「現世無断滞在」とかいう誰に許可取ればいいのか、許可さえ取ればいていいのかと言う突っ込み満載の罪があった気が・・・
・・・なんであの子に関しては一応それでこじつけは可能ですね。こじつけは。
Commented by wanpa at 2007-08-26 04:46 x
>ejison2005さん

>これも、演出力とかの問題なんでしょうね、
>DTB黒の契約者というアニメで、「とある組織の工作員が居酒屋で結構重要な指令を言い渡されるシーン」があったんですけど、こちらは違和感を覚えさせませんでしたし。地味だけど。

……・ナルト世界では歴代火影の顔を岩に彫ってあるんです
一般人は普通知らない裏社会の会話ならまだしも、木の葉の里で知らぬ者は居ない程の有名人同士の会話なわけでして
かつて中忍試験の時に言ってた「情報は大事」って設定はどうなったんでしょうね
まあ、それ以外にも「忍びとは感情を表に出さず云々」とか「抜け忍は暗部に追い回されて始末される」とか
色々無かった事にされてますけど
Commented by ejison2005 at 2007-08-26 22:19
>>ニテンドーさん
まあ、母親だけ裁くのが常識的に考えてベストなんですけどね。
黄泉とか地獄とかに関しては、あんまり違いを知らなかったんですけど、地獄が転生不可で黄泉は転生可なんですね。
Commented by ejison2005 at 2007-08-26 22:20
>>wanpaさん
あ、本当だ。そういやこいつら、顔を知られまくりんぐでした。駄目じゃ~ん!

>「抜け忍は暗部に追い回されて始末される」
岸本先生「暗部? ああそういう話もあったね(藁)」
Commented by 通りすがり at 2007-08-29 10:10 x
既出かも知れませんですが、リボーンがモロに烈火の炎みたいでしたね。ボンゴレ歴代ボス=八竜って感じです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%83%88%E7%81%AB%E3%81%AE%E7%82%8E%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%BA%E7%89%A9#.E7.81.AB.E7.AB.9C
火竜の項参照
Commented by fu-i at 2007-09-11 01:17 x
ワンピース
リョーマじゃなくてリューマね