週間少年ジャンプ 07年 34号 感想
「単行本が売れれば連載復活する(かも)」という連載終了時の言葉を信じて、ドスペラードを買いました。ううむ、チャンピオンRED編集部に踊らされてる気がするぜい!
詳しいレビューとかはまた後日に書くので、今日のところはサラッと触れるに留めるけども、この漫画の凄いところは「真っ当にやろうと思えば十分王道的な作品に仕上げられる」という事だと思うんです。
ちょっと想像してみて欲しいんですけど、顔がついた列車とかのおちゃらけ要素を排除してギルドの面々をヤクザ屋さん風ではなく、普通の中世ファンタジーな外見にすれば、そのままTRPGのシナリオにできそうなくらいまともなシティ・アドベンチャーと化すんですね。
ストーリーラインも、刺客として送り込まれた敵雑魚を蹴散らして主人公の強さを強調した後、同系統の能力を持つライバルに敗れて修行し、新たな力に覚醒するというひどくありふれた展開ですし。
しかし、

f0029827_415020.jpg

それをあえて極限まで崩すからこそ、圧倒的なカタルシスが生まれるんじゃないかと。

主人公が新たに得た力を見せつけるエピソードの決めシーンがコレですからね。まったくひでえ漫画だぜ! (褒め言葉)
それでは、今週もジャンプ感想と参りましょう。


ワンピース
十周年おめでとうございまーす!
僕が十一歳の時から連載されてたのか……ほとんど休まない上、頻繁にカラーまで描いてますし、その生産力は間違いなく漫画界を牽引する人間のそれですね。

「ガキの頃に開いた悪魔の実大図鑑」
そういえば、サンジって客船でコック見習いとして働き始めるより前の経歴は北の海出身だという事くらいしか明かされてないんですけども、そんな大層な本が所蔵してあるという事はどっか名家の出身なのでしょうか。それとも、乗り込んでた客船に積まれてたのかな。
この本があれば、この世界での戦闘はかなり有利になるのでしょうね。事実、今回の戦いではサンジが本で読んだ知識からアプサロムさんの戦法を予想し、ことごとく封殺していってましたし。そして、これは能力バトル的にも極めて正しい展開です。
あと、今回のバトルでは逐一ツッコミを入れていく雑魚ゾンビが非常にいい仕事をしていました。彼がいなければ、面白さは大分減じていたと思う。DMC信者みたいな役回りだ。

どう考えても心臓を貫かれてるサンジ
ちょっ! それはいくら何でも不死身すぎるでしょう! リヘラナドールですかあんたは!
ハドラーはヒュンケル戦で心臓を貫かれてた際、「心臓が二つあるから大丈夫だ」と言って元気に動き回っていたわけですが、ワンピ世界の人間も重要な臓器を複数所持しているのかもしれません。ルフィはきっと、四つくらい胃を持っていてたまに反芻したりするんだよ。

「あいつさえ何とかなりゃ、他の海賊達になら勝てるってのに!!」
ペローナとウソップも薄々気付いているみたいなのですが、実はこれって実質上のスリラーバーグ編クライマックスバトルなんですよね。
超強いオーズとそれなりに強そうなモリアもまだ控えてはいますが、こちらはルフィが倒されたりしても他のメンバーで対応可能です(オーズは塩食わせりゃいいし)。
しかし、ペローナ相手だとそうはいかない。ウソップ以外では絶対に勝てません。麦わら海賊団はここでウソップがペローナを倒さない限り、他でどれだけ勝ち進もうとも必ず敗北する運命なのです。
つまり何がいいたいかというと、物語的な必然としてスリラーバーグ編は最終的に麦わら海賊団が勝つんだろうけど、モリア一味の敗因は空を飛んだペローナがウソップを放置して他の援軍に回らなかった事になるだろうという事です。


ナルト
何でだかよく分かりませんけど、

f0029827_421156.jpg

このコマでクスクス笑ってしまいました。
理由を分析してみたんだけど、水月の間抜けすぎる表情と「どうやって…」と言ってる割には幻術という一番ストレートな答えだったのが、原因でしょうか。
あと、チャクラ切れのサスケはマンダを呼び出してそれに瞳術をかけ、更には時空間忍術(何だいそりゃ)を使って別空間へ飛ぶ事ができるそうです。九尾でも取り付いているか、さもなければ相転移エンジンでも搭載しているのでしょうか。
火傷とか負ってるみたいだけど、これも何の問題もなく完治しちゃうんだろうな。幻魔剣みたいに「治らない火傷」だったりしたら、この戦闘にも意味は生まれたしデイダラさんもある程度面目を保てたのですが……。
結局、普通に挑んで普通に負けただけでしたね。


アイシールド
陸が新技の練習をしたり、キッドが、
「餓王力也を完全に封じる方法をね」
とか言い出したりしているせいで、逆に西部が負ける匂いがプンプン漂ってきます。
これで定番を覆し、苦戦の果てに西部が勝ったら(もしかしたら定石を破って泥門が負けるかもしれないと思えるから)決勝戦が大変楽しくなるので、できれば勝たせて欲しいな。
あと、少年誌で精液とか言っちゃって良いものなのでしょうか。「僕が白秋うぜえなあ、負けろよ」とか思っちゃうのは、そこら辺の台詞回しが下品だからかもしれない。「憎たらしい悪役」と「読んでて不快なキャラ」っていうのは、微妙にニュアンスが違いますし。後者は苦痛を生む。


To LOVEる
リオ&ミサは、まったくもって長谷見先生の走狗ですね。宇宙人やララの発明品といったおファンタジーな要素を持ち込まずとも、この二人さえいればエロスはいくらでも供給可能です。
いえ、ヤミちゃんがちょっと本気で動いただけでスカートが破けていた事を考えると、究極的にはこの二人さえ不要なのかもしれません。
適当な理由をこさえて、ヤミちゃんが平服で全力疾走する様なシーンを作れば、それだけで服をボロボロにできるんじゃないかな。
いやいや、もっと考えを進めていけば急にカマイタチが巻き起こって服が破けるくらいの展開でもいけるのではなかろうか。


ベルモンド
先週もそうなのですが、今週も「新キャラが行動するシーン以外は丸々第一話と同じ展開」でした。これは本気で、何とかしないといかんね。
ちなみに、この場合での「同じ展開」というのに、行った拷問の種類が違うのとかは一切関係ありません。「拷問の末、主人公は余裕綽々で悪党から情報を引き出す」というストーリーラインに、一切変化が無いのが問題なのです。ありていにいって飽きてきた。


リボーン
天野先生は雲雀の威厳を保つ事に関しては定評があるので心配はしてませんでしたが、予想通りの大変楽しいバトルとなりました。一週でスピーディに片付けているのも素晴らしい。
あと、今週はかなりハンターを連想させられました。左手だけに防御の炎を集中するあたりとか、特に。「攻撃の軌道を見切り、攻防力の配分を変えてダメージを激減させた」とか、そんな感じですね。
それだけではなく、強キャラをしっかり強キャラとして描いているのもハンターチックな匂いを感じた理由でしょう。

きっちり止めを刺す雲雀
γは何だかんだ言いつつ止めを刺さないマンモーニでしたが、雲雀はきっちりきっかりと仕留めてくれました。針が首の付け根辺りを根元まで刺さってますし、γがサンジ級のタフネスを有していない限り、これはさすがに死んだでしょう。
味方はともかくとして、敵の方はかなりの大組織という設定なんですからキャラが死んだらまた新しい役職の人間を出せばいい(ネタ切れする程続けるシリーズでもないでしょうし)わけですから、今後もこのくらいのペースで相手を倒していってくれる事を期待したいですね。寸止め戦闘連続は萎えますし。最低でも、再起不能にはして頂きたい。

大図解!! 現代のボンゴレファミリー&未来のボンゴレファミリー
どう控えめに見ても、京子ちゃん若返ってるよね。
ところで、何故か入江まで10年前の姿が入ってるんだけど、ひょっとして以前に出てたのかな?? 全然記憶に残ってないよ。


ブリーチ
既に斬魂刀解放形態になってるという事は、まだ破面になってなかったシャウロン達が「俺達、ビッグになろうぜ」とか言いながらグリムジョーさんを祭り上げているのではなく、すでに破面である彼らが「いい体してるね君。破面にならないか?」という感じで勧誘してるんですよね。
他にもギリアン(多分解放できずに瞬殺されたデイ・ロイさんorナキームさん)を一匹連れている事から考えて、彼らは破面志願者を集める外回りでも担当していたのかもしれません。
そうなると、何だか良さ気な思い出として回想しているグリムジョーさんの思惑に反して、この過去シーンにおけるシャウロンの言動は、単なるリップサービスだったのではないでしょうか。
「はあ~、愛染様もきっついノルマを言い渡すよなあ。敵が襲撃してきてるのに最高幹部を自宅待機させちゃうような組織なんて、誰も入りたがらないっつうの。お、あそこに強そうなアジューカスがいたぞ……」
「何だこいつwwwwwちょっと褒めただけでまんざらでもなさそうにしてやんのwwwwwおいwwwwwお前らおだて殺す戦法でいくぞwwwww……」
「『我らの王になってくれ』と言ってみたら嬉しそうに承諾してやがるwwwww田舎から上京して来たミュージシャン志望の若者かっつうのwwwwwアザースwwwww」
↑こんな感じで。
つーかwwwwwこのシャウロンうぜえwwwww


エム×ゼロ
じっくりとエロスを堪能できるという点では、非常に正しいサービス回だったと思います。いつの間にか僕の中では「サービスシーン=狂気を感じるシーン」という図式になってたけど、本来はお色気を感じるべき場面なんだよな。

「事務室に女子用の短パンがあったよ忘れものみたい」「それだ!!!」
今週の九澄は、いい感じに血迷っていると思いました。いやいや、「それだ!!!」じゃないでしょう「それだ!!!」じゃ。持ち主の女の子が知ったら、泣いちゃうんじゃなかろうか。
今回はやろうと思えば撤退できた状況で、煩悩に屈して水着観賞を続行したというのもありますし、ちょっと彼には同情できないかな。

わざわざ先生にバリヤーまで張らせた女子専用プール
僕は大学の講義でもその手のをひとつ選んでるんだけど、日本のジェンダーって歪んでますよね。これきっと、男子が同じ様に「女子が透視するから普段は指定水着しか着れないんだ……俺達は何が何でも、学校のプールで市販の水着を着用して騒ぎたいんだ!」と主張しても、受け入れられないんだろうな。
ちなみに、僕が先生ならかったるいから市営プールへ行ってくれと言うよ。そうすりゃ透視もできないし、そもそも普通の学校でも指定水着しか着れないし。


ディーグレイマン
チャオジーを主人公パーティに混ぜたのは今回の覚醒が目的だったとしたら、あらかじめ読者の好感度をどん底まで下げておいたのは普通に意味が分からないです。
あと、彼のアイデンティティは「一般人である」という一点に集約されているのですから、それを失わせるのもちょっと残念かな。
また、星野先生は今回のお話で「いつもは駄目なキャラが一念発起して大活躍する」という展開をやりたかったと思うんだけど、それをやるには彼のキャラクターはインスタントすぎるというのも問題だと思います。普段目立たない人が急に目立ったから死亡フラグだと思ってたんだけど、あれは頑張って彼をキャラ立てさせようとしていたんですね。


サムライうさぎ
とりあえず、志乃ちゃんが眼鏡を付けているシーンには「眼鏡のレンズで目が隠れてるシーン」だけではなく、「眼鏡のレンズを透過して下の目が見えるシーン」が欲しいと思いました。
「ちょっと眼鏡がずれてるシーン」があったりしたらベスト。
それだけじゃアレなんで本編にも触れておくと、やはり本格的なバトルシーンになると力不足に感じられますね。
特にマロの立ち回りとかは、ギャグとしてやっているにしても微妙な感じがしますし。
今後、どうしても剣術シーンは必要になってくるでしょうし、何とかして「魅せるバトル」を身につけないと厳しいかもしれません。


瞳のカトブレパス
ああ、てっきりヨーマと契約できるのは守護家頭首だけかと思ったんですけど、そんな事もなかったんですね。
というか、マイ推理だと「持っていかれた玄武に対抗するため時生はカトブレパスと契約した」事になってるんですから、これは予想しておくべきでした。

(何者だッ!? あの呪符は開明様と同じ――――)
何者だというか、おそらく白澤でしょうね。今更ですが。

すっごく嬉しそうなトウテツさん
何か凄くいい気になってるんですけども、時生は一撃必殺の技を持っているわけですから、ちょっとクールダウンした方がいいと思うな。ハンターのウボォーギンとか、まさにそのパターンで敗北を喫してましたし。


ネウロ
この程度の策ではお腹いっぱいなネウロには勝てないだろうな~と思っていたのですが、案の定、手も足も出ませんでした。そりゃ、ネウロが弱ってる事を前提に立てた計画ですもんね。やっぱり、今シリーズは純悪への繋ぎと考えて良さそうです。
あと、リドルっぽく言ってるけども、結局ネウロがやったのは単なるマーキングだよね。


ムヒョ
とりあえず、人質がいるからといって容赦しなかったのはクレバーな判断だったと思います。
ここで見逃したら新たな犠牲者が出るでしょうし、捕まってるのは自分の助手であり、こういった時には覚悟決めてもらわなきゃいけない人間ですしね。これが一般人の人質だと、また話は別ですが。
しかし、それならそれでティキはちゃんとロージーを道連れにすべきだったんじゃないかな。やらない理由もないですし、それが原因でムヒョの決断も(結果的に)リスクゼロとなってしまい、重みが減じていますし。
仮に死んだとしても、都合よくギンジ一向があの世とこの世の境目みたいなところにいますから、まだ(霊体として)活躍する事もできたでしょうしね。

[PR]
by ejison2005 | 2007-07-25 04:02 | ジャンプ感想 | Comments(52)
Commented by K at 2007-07-25 04:19 x
ネウロのマーキングはそれをしただけでは本物とヤコの見分けがつかないので「単なるマーキング」ではないと思います。チャオジーについては全面的に同意見で、スッパリ言ってくださってとてもすっきりしました!
Commented by ejison2005 at 2007-07-25 04:38
>>kさん
んー、あれは傷を傷をつけた側に変化があったかどうかで見分けをしてたんで、普通のマーキングだと思いますよ。魔力が通ってるような描写もありませんし。
Commented by ぺんぼー at 2007-07-25 07:55 x
世間では結構指摘されていますがワンピでの疑問点

・悪魔の実は食べてみるまでどんな能力かわからない
・図鑑に載っているということは誰かが既に食べているということ
・悪魔の実は一種類につき一つしか存在しない

のに、なぜ黒ひげはヤミヤミの実の能力者たりえるのか?

これをしたのが岸本先生なら、ああ、またよくある設定破綻ですね、で済むのですが
尾田先生の場合は何らかの伏線である可能性もある、というのが
両先生の作劇能力の差ですね。本当に設定破綻かもしれませんが
Commented by 漫画家志望 at 2007-07-25 10:48 x
悪魔の実が食べてみるまでわからないって言ってたのは単に言ってたキャラ(だれだっけ?スパンダ?)がその図鑑の存在を知らなかったからじゃないでしょうか。その図鑑には載っているけどみんなそれを見たことが無い=じゃあ食ってみるしかねーやねってことで。その図鑑をティーチが見ていたのならヤミヤミの実がどのようなものかもわかります。
Commented by キック at 2007-07-25 11:12 x
入江くんは確か近所の子供だったような気がします。
>>Dグレ
チャオジーがここにきてエクソシストとは。でも既にかなりピンチですからね。
てゆーかDグレって毎回びっくりする位ピンチですよね。その割に緊迫感が感じられないのは何故なんだろう…

>>ナルト
幻術で操られた上に、盾にされて逝ってしまったマンダが哀れでなりません。あと、トビは確実に生きてるとは思いますが、あれでホントに死んでたら逆にびっくりです。いや…岸本先生ならあり得るかも…
Commented by ぺんでゅらむ at 2007-07-25 11:14 x
ネウロの戦法は、

『片方』と『両方』のヤコを作った上で『両方』に攻撃宣言

ヤコを攻撃させたいサイは元がどちらでも『片方』になりすます

ネウロは『片方』を攻撃すればOK

ですので、実は傷なんかなくても良かったりします。
この「実は見分ける必要なし」という辺りが「天国の門」のリドルに似ている、ということなのではないでしょうか?

ちなみに、傷を付けた理由は多分、本物のサイが元々どちらで何をやったかをはっきりさせるため……ある意味、ネウロらしいといえばらしいのかも。
Commented by パポパポ at 2007-07-25 11:19 x
>ナルト
トビはホントに死んだんでしょうかね。もしあれでホントに死んでたら、いよいよ何のために出てきたんだか・・・地雷粘土は口寄せなりモグラ型にするなりできたはずですし・・・
あと、爆発の引っ張り具合が妙にツボに入りました。

>ブリーチ
主人公の関わりようのない過去話を生かせる程、久保先生に力はない気がするんですが。あの回想はやっぱりただのOSR成分補給なんですかね。


あと、こち亀は迷走の具合がいよいよギャグじゃなくなってきてると思います。今週はなんだか気持ち悪くてしょうがなかった。
Commented by 簿記 at 2007-07-25 12:17 x
なんかP2化けてきましたね。アゲハ蝶ネタはぱくっちゃってますけど
>カトブ
時を止めるっておもしろい頭脳戦に発展させやすい能力なのにこんなストイックに強いやつとやるのはちょっとはやくないかな。「相手の服の時間止めれば簡単に拘束できるじゃん」とかおもう僕はジャンプ読者むいてない。
なんか最近純粋に漫画読めなくなってきましたよ。
Commented by オートー at 2007-07-25 12:53 x
>ナルト
表面が焦げる程度ですむマンダの耐久力吹いた
鱗とか剥げたり体の一部が肉片になってるならまだしも
フライパンで焦がされた程度になるのはどうにも、怪我の描写が軽いですね

しかしそれにしても、都合次第で属性相性が出たり出なかったりするのはどうにかならんのでしょうか。
マンダ召喚して幻術掛けて変な空間に飛べるほどチャクラと時間に余裕があるなら、千鳥でデイダラ突き殺せば爆弾不発になるはずでは?

まあ一番の謎は1㌻目に書いてある「サスケの死」ですけど
編集との連携が取れてないんでしょうかね?
Commented by ミラ at 2007-07-25 14:56 x
NARUTO デイダラさん→勝手に戦って勝手に自爆
        マンダ→いきなり盾にされて死亡(チーム蛇なのに)
        トビくん→巻き添えをくった上仲間にボロクソ
こう考えるとマンダとトビが可哀想だ。トビは生きてるっぽいんだけど・・・あれで死んだことになったらある意味凄いけど、デスノのマットや高田ぐらい不憫だ。
リボーン
入江くんは日常ギャグ編の二巻ぐらいにツナの近所の普通の少年として描かれていたと思います。今週のヒバリさんの戦いは良かったですね。
個人的には、マフィアですし殺してほしいところですが、今までの戦いを見ると多分殺すっていうのはないのかもと思いました。再起不能になってくれたら十分かな。
来週、普通に話してたり、逃げたという展開にはなってほしくないですね。

ワンピース、十周年ですね~。すごいなぁ。袋とじのコメントや表紙や本編を見るとまだまだ尾田先生の作品における意欲や情熱が伝わってきて改めて感心されられました。
分けられるのであればその意欲を十分の・・・いえ千分の一でもいいから冨樫先生に!
Commented by goh at 2007-07-25 16:09 x
悪魔の実大図鑑
単行本の補足によると実の「外見」まで載せてあるものは少数とのこと。
尾田先生がこれについてはいづれ本編で扱うとおっしゃっているので大破綻はないと思う。
ぶっちゃけ後付け臭がしないでもないが。
Commented by humat at 2007-07-25 16:10
悪魔の実に関しては図鑑を見てるか見てないかの差だけだと思います。記憶が正くないかもしれませんが第一話でルフィがゴムゴムの実食べたとき普通にシャンクスの部下が「ゴムゴムの実が無い!」みたいなことを言ってたのでたぶん知ってる奴は知ってるのでは・・・・。なので、ただ単にスパンダムが悪魔の実に関して無知なのかまたは表に知られてないいわば「未確認」の実という説がいいかもしれませんね。

ちなみにブリーチはあれ良く見たら破面になる前っぽいです。なので、どんな布石なのか自分は理解しえません。
Commented by ニテンドー at 2007-07-25 16:55 x
>サンジの生まれ
実はオハラ。   まさかな…
>リボーン
10年後図鑑のコロネロって、実はコロネロファッションをした亮平さんだと思うんですが
>ネウロ
ところで最後のページの問題の答えって何?
>ブリーチ
この人が人間でなくほろうで本当によかったね。人間だったら詐欺師その他に瞬殺ですよ。てか、草はやしすぎwwwwwwwwwwww
>とらぶる
読者はとっくに分かっているのに、イヴ服を着せた先生に拍手。そうですよ。その子はやっぱりイヴなんですよ。
というか、イヴも特殊な仕様の服だったはずだから、あの服買っちゃえばよかったのに。
いや、違うか。
Commented by ひとのみち at 2007-07-25 17:21 x
>ワンピ
10周年おめでとうございます。まぁそんあ記念話がこんなふざけた感じで良いんでしょうか?ワンピっぽくていいですけど・・・
>ベルモンド
拷問てその事件のほんの一部ですよね。どうゆう経緯で事件を起こして、犯人を捕まえて、とかがわかんないですよね。ただ拷問すれば良いってもんじゃないと思いますよ。
もう一個の新連載SKETDANCEのほうが俺は好きですね。はい。
Commented by とこてん at 2007-07-25 23:54 x
ネウロ>
掲載順がこのシリーズはいってから不穏なのが心配だったりします。
アニメ化も一瞬これでは終わり時に終わらせてもらえない!?と心配になりましたが、ゴールデンじゃなきゃへいきか。

サイは今回はいろいろ考えて、ネウロが見破るのを見越したうえで行動してんじゃないかと思うのですが、どうかなー。
つまり内臓が花咲いてしまったほうがほんものヤコなんじゃないかなーと。
Commented by けっと at 2007-07-26 00:40 x
>ナルト
チャクラ切れがどーとか言うその前に、あの一瞬でそれをするというのも問題なんですね

例えば試験で残り時間5秒で問題が白紙に近い状態。さあどうする?って言われて、
「瞬間的にIQが百倍になったんです」とかいっても回答にはなりませんよね
Commented by C at 2007-07-26 01:21 x
>ワンピ
ほんとに、無駄な不死身描写をやめて緊迫感のある戦闘してくれたらもっと面白いのに。そういえば、透明バズーカも前にペンギンサンジが食らってたけど生きてますね。ダメージは負ったみたいだけど。普通ペンギンをバズーカで撃ったら木っ端微塵だと思うんだ。この世界、鉄砲は割と有効っぽいし、ダメージの基準が全く分からん。

>ネウロ
ネウロがノーリスクで相手を拘束可能な時点で本物が見分けられるかどうかに関係無くXに勝ち目は無かったですね。まあ苦戦するのも良く分からない話なので納得の展開。この後に期待。
Commented by トーリス狩り at 2007-07-26 04:52 x
>ナルト

ってか時空間忍術って何ですか?
マンダの体の中がどうとか言ってますけどそんな事ありましったっけ?本気で思い出せない。

>とこてんさん
刺された方は顔が変化してるので普通にサイだと思います。というか頭を使った戦いでサイがネウロを上回るとは到底思えません。
Commented by fu-i at 2007-07-26 07:41 x
ワンピ
ほんとネガティブゴーストをもっと徘徊させておけばいいのにね。
Commented by こう at 2007-07-26 08:31 x
>ワンピース
悪魔の実辞典についてサンジが「胡散臭い」と言ってました。
その上で「こんな実があったら食べたい」ですから、サンジは問題ないでしょう(ティーチは矛盾してるかと)。
悪魔の実の中に「あらゆる知恵を授ける実」があるなら矛盾も破綻もないんじゃないかとは思いますが・・・。

>リボーン
入江くんは1巻か2巻で出てきた近所の子供ですね。
そのとき、ランボのファミリーから「ランボが迷惑を掛けたお詫びです。後、ついでにこれをランボに届けてやってください」ってな感じで荷物が送りつけられてきて、リボーンたちに酷い目に合わされる・・・と言うお話でした。
そのときの荷物は結局返せずじまいで、しかも荷物がある間はずっとその日のことを夢に見てうなされ続け、その悪夢は「荷物を返すまで」続いたそうです。

>ネウロ
ただのマーキングですねぇ。
とはいえ「ネウロには人質が有効」で、「絶対に見破れない」と言ったのだから、サイが自信をもって行動できていれば勝てたわけで、ある意味「自分がわからない」サイの精神的な脆さをついたマーキングとハッタリによる心理戦の側面もあると思いますね。
Commented by 三月雪 at 2007-07-27 09:10 x
>ワンピース
悪魔の実辞典と言っているけれど実態は
悪魔の実伝説集って感じなのではないでしょうか
とある考察をした方なのですが、実の特徴・得た能力を当事者や
目撃者からの聞き取り調査したのではないかと考察していました
Commented by モーリ at 2007-07-27 18:16 x
確かにベルモンドはワンパターンですが、
地下室で拷問という設定上
しかたないのかもしれません。
Commented by トーリス狩り at 2007-07-27 21:30 x
>モーリさん
>しかたないのかもしれません。

じゃあ最初からそんな設定にしなければ良かったと思います。
Commented by ejison2005 at 2007-07-28 03:57
>>コメント返信について
例によって、明日辺りまとめてお返事を書きますね~。
Commented by 漫画家志望 at 2007-07-28 09:43 x
別に僕チャオジーの好感度下がんなかったですけどね。ていうかアレはアレンがアレだろう・・。
ああこういう理由があってこんだけきれてたんだ、って理由が大体わかって、ファンとしては満足な出来です。最近dグレの出来が一時期と比べてだいぶ良くなっているし。
Commented by ejison2005 at 2007-07-29 00:28
>>べんぼーさん
僕の推理では、「悪魔の木」みたいなのがあって、そこから悪魔の実が取れてるんじゃないでしょうか。
同じ実は二つとみのらないんだけど、能力者が死別するとまたその実をひとつだけみのらせるという。
Commented by ejison2005 at 2007-07-29 00:31
>>漫画家志望さん
ん、ああそれはそうなんですけども、多分皆が疑問に感じてるのは「同じ実は二つと存在しない」のになんでそんな図鑑があるのか? という事ではないかと。
Commented by ejison2005 at 2007-07-29 00:33
>>キックさん
そんなさりげない登場ですか! 覚えてられね~っすよ。

>その割に緊迫感が感じられないのは何故なんだろう…
ご都合的(今回とか今回とか今回とか)に何とかなっちゃって、今のところ犠牲者も出ていないからじゃないでしょうか。神田とかいかにも生きてそうですし。

>いや…岸本先生ならあり得るかも…
連載に疲れて可能な限りスピード展開でキャラを始末していくとか……? もはややっつけ仕事。
Commented by ejison2005 at 2007-07-29 00:34
>>ぺんでゅらむさん
ネウロは説明してなかったけど、その場合はサイに見抜かれて入れ替えなしだった場合、弥子さんを攻撃しちゃうのです。
気付かれないように傷をつけたのは、入れ替えていても入れ替えていなくても対処できるようにするためかと。
Commented by ejison2005 at 2007-07-29 00:37
>>パポパポさん
あの爆発は「太陽の塔」ネタだったみたいですね。くそう、気付けなかった!

>やっぱりただのOSR成分補給なんですかね。
ブりーチの九割はオサレで出来ています。

>こち亀
今回はちょっと実現性が低すぎましたからね。
前の「ドーナッツ状の水槽でマグロを養殖」はなかなか面白かったのですが、今回はまずかった。
Commented by ejison2005 at 2007-07-29 00:39
>>簿記さん
そうか、相手の服を止めちゃえばいいんだ。
これはそのうち、やや跡付け気味ですが「生物の触れてるモノは止められない(自分は例外)」とか言い出すかもしれませんね。
Commented by ejison2005 at 2007-07-29 00:42
>>オートーさん
岸本先生にとって、サスケは愛しくて愛しくてならないキャラなのです。
サスケのためならば、宇宙の法則だって捻じ曲げますとも。チャクラ切れでこんだけ色々やるくらいは無問題な勢いです。

>サスケの死
そういえば、昔るろ剣で京都へ行く道中の話(ししお偏)があったじゃないですか。
あれのジャンプ掲載時の次回予告が毎週、「次回いよいよ京都へ!」という意味合いだったのは笑ってしまいました。
凄い時とか、葵と恋愛するという予告になってたからね。
Commented by ejison2005 at 2007-07-29 00:48
>>ミラさん
マンダとトビはロクな目にあいませんね。特に、マンダはもう完璧に死んだっぽいですし。

>再起不能になってくれたら十分かな。
とにかく、何らかの手段で「退場」という形はとってほしいですね~。

>いえ千分の一でもいいから冨樫先生に!
そういや、連載開始時期近かったですね。巻数は倍くらい差がありますが(苦笑)。
Commented by ejison2005 at 2007-07-29 00:49
>>gohさん
後付なしなんて作品はそうそうないでしょうし、合点がいけばOKですかね。
岸本先生や久保先生は、そういった辻褄あわせが苦手なんですよね。
Commented by ejison2005 at 2007-07-29 00:50
>>風魔さん
え、あれって破面になる前なんですか?
前に愛染さんが「全員ギリアンだ」とか言ってたので、てっきり破面になってるのかと。
久保先生、またやっちゃったのかな~。
Commented by ejison2005 at 2007-07-29 00:52
>>ニテンドーさん
>コロネロファッションの亮平
本当だ、似てるw
>そうですよ。その子はやっぱりイヴなんですよ。
名づけてスターシステムだって、手塚治先生が言ってた!
Commented by ejison2005 at 2007-07-29 00:53
>>ひとのみちさん
「犯人から聞き出せない」可能性が、いまのところ全く見当たらないんですよね。
だから、緊迫感も生まれないという。
Commented by カスケ at 2007-07-29 00:54 x
雷遁が土遁より強いからといって術を無効化、というのは興醒めもいいとこでしたね。
これでは今後性質による対戦は無効化も考慮しなくてはならなくなりますな。
(性質バトルのオンパレードだった角都戦ではそんな描写は1ミリも無かったけど)

だったら無属性の術が一番オールマイティーじゃないのかしら?性質を付与する意味が無い。
Commented by ejison2005 at 2007-07-29 00:55
>>とこてんさん
それ弥子さんが死んじゃう!
でも確かに、微妙にサイがショボイ印象にはなってしまってますね。やっぱ真悪登場前の前座かな。
Commented by ejison2005 at 2007-07-29 00:57
>>けっとさん
本当だ。短時間もいいところです。
物理的に回答を書くのが不可能な状況ですもんね。
Commented by ejison2005 at 2007-07-29 00:59
>>Cさん
拳銃は有効じゃない気がします。
ロビンの回想で撃たれたおじいさんは、ピンピンしてたよ。

>納得の展開。
今週はリボーンもそうでしたが、勝つべき人が普通に勝っているってのは何かいいですね、しっかりとした屋台骨を感じる安堵感というか。
Commented by ejison2005 at 2007-07-29 01:00
>>トーリス狩りさん
マンダが前に出てきたのは自来也や綱手と戦ったときですけども、これといって時空間へ繋げられるような描写はなかったです。
本当に何なんだろうね。
Commented by ejison2005 at 2007-07-29 01:01
>>fu-iさん
ずっとペローナのターン!!!!!
Commented by ejison2005 at 2007-07-29 01:04
>>こうさん
>入江少年の話
今度、立ち読みで読んでみますね。情報ありがとうございます。

>ネウロ
というか、ネウロ元気一杯なんで小細工なしでも勝てますよね。これ。
Commented by ejison2005 at 2007-07-29 01:05
>>三月雪さん
ああ、それは世界観的にもマッチしていてなかなか良さ気ですね。
Commented by ejison2005 at 2007-07-29 01:06
>>モーリさん
「外に出て行くのは確定」してるのが第一話で分かりますから、今は今後へ向けての下積み期間的に考えてるのかな。
でも、そういった作品がジャンプで成功した例を思いつかないんですよね。
Commented by ejison2005 at 2007-07-29 01:08
>>もっかい漫画家志望さん
や、あれは演出的にチャオジーの好感度を下げる意図があったと思うんですけども、そうでもなかったのかな。
この漫画は主人公マンセー度が高いので、そう感じてしまったのかもしれません。死種のシン・アスカみたいな。
Commented by ejison2005 at 2007-07-29 01:11
>>カスケさん
一人が色んな術を使えるという設定なんで、あんまり意味が無いというのも問題かもしれません。
まあ、何故か戦闘では単一の属性しか使いませんけども。角都さんも何故か火炎で攻撃しませんでしたし。

>無属性最強説
素螺旋丸の時代がきた!!!!!
そういや、誰も仕留めてないですね。素螺旋丸。
Commented by ぺんでゅらむ at 2007-07-29 10:57 x
なんだか良く解らなくなってきたのですが、もしサイの方に傷を着けてたら失敗確定じゃないですか、それ。
・単体でサイとヤコの区別は絶対不可能
・サイはネウロの思考を読めない
が前提で、行動から区別しようという主旨だと思うんですが…
Commented by プラス at 2007-07-29 12:29 x
時空間忍術について
口寄せで忍犬や忍へび(?)を呼び出すときには異空間に待機してる動物もしくは異空間を通じて動物を呼ぶんじゃないでしょうか。
それならマンダを呼んで口の中に入り、また一緒に異空間に戻り、攻撃を回避、そして仲間に口寄せをしてもらう。んで、元の世界に戻ると。
これを時空間忍術と後付けで呼んでるのじゃないかと思いました。
かなり好意的に解釈しましたが。
ともあれ、伏線も張らずにこんな助け方は寒いですよね。
Commented by ejison2005 at 2007-07-29 23:00
>>ぺんでゅらむさん
サイがその作戦を見抜いていた場合、あえて入れ替わらないまま攻撃してくるじゃないですか。その状況で片方を攻撃すると弥子さんを攻撃しちゃうのです。
しかし、気付かれないように傷をつけていた場合、入れ替わっていてもネウロには一目瞭然という。
Commented by ejison2005 at 2007-07-29 23:01
>>プラスさん
あの召喚獣って、カプセル怪獣やモンスターボールみたいな素敵空間に待機してるのかな。その辺、今まで語られてませんでしたね。僕はてっきり、そこら辺で生活してるんだと思ってました。