週間少年ジャンプ 07年 26号 感想
ジャンプ編集長の発言……というよりも、打ち切りシステムに関するお話の補足記事をうpしときました。
コメントの返信でも書いたけど、僕自身、自分の書いてる事が絶対に正しいとは思ってませんが(というか普通に博打)、将来を担っていけそうな漫画が数年間全く出ないという状況になっている今、従来通りのやり方でやっていくだけでは駄目なんじゃないかと思うのですよ。変革が必要な時期なんじゃないかと。
あと、記事中でジャガーのアニメ化について書いてるんだけど、映画化も決定してた上にアニメはOVAだったね。
言い訳すると僕もネタバレを踏みたくない人なんで、ちょっとどころではなく情報収集が甘かったのです。文意は大して変わらないし、見逃してくれい!
それでは、今週もジャンプ感想と参りましょう。


ワンピース
スニーキングミッション中の三人が、「驚いて悲鳴をあげる」という間抜け極まりない理由で敵に見つかるのが、何だかなあという感じです。
これは僕がワンピのメインターゲットから外れてるから、という理由ではちょっと片付けたくないかな。
せっかく、「ラスボスの至近距離に隠れ潜む」という美味しいシチュエーションだったというのに、緊迫感というものが皆無ですからね。
このシリーズ全般にいえる問題なのですが、コメディ調でいくのが真面目にやるのかハッキリして欲しい。

「え? 私まで……!!?」
アブサロムの能力は単なる透明人間化ではなく、神の共犯者も混ざっていました。
ペローナの能力もそうなんですけど、彼らの能力ってガチで凶悪ですよね。アブサロムの能力で二人同時に消え、ペローナの能力で戦意喪失させていけば大概の敵に勝てるんじゃないでしょうか。
そして全然関係ない話ですけど、結局、神の共犯者で王に攻撃するのは誰なんだろう。


ナルト
た……たったの八人でローラー作戦ですか……。
かのダース・ベイダー卿も、ルーク・スカイウォーカーを探し出すためにわずか何千機かの探査機を銀河中にばら撒いただけで、
「まだ見つからんのか!」
とか言ってたんですけど、あなた方はもうちょっと世界の広さを知った方がいいよ。
ちなみに、パッと調べたところ静岡県の面積が732915平方キロメートルなんですけども、5キロ四方ずつ捜索してくという方法では、合計すると約29316回の探索が必要となります。
十分一回という超ハイスピードでこなしたとしても、48860時間が必要となり、一日十六時間労働でもおよそ3053日の時が経過する計算となります。
「忍」ぶ「者」と書いて「忍者」という字になりますが、その意味ではまさしく彼らは一流の忍者だといえるでしょう。
とりあえず、長生きしようぜ!
後日追記
いかん、酒が入ってたからか計算を間違えた気がする。
29316(回)×10(一回辺りの探索時間)で必要な時間が293160分となり、それを60(一時間)で割るから4886時間で、十六時間労働での日数に換算するとおよそ305日だ。全然違うじゃねえか、俺よ(苦笑)。
しかも、これは「最長の場合」でした。もうグダグダだな。
いずれにせよ、「八人でローラー作戦」はやめといた方が無難なのは確かだけど。少なくとも、静岡県の面積よりは捜索範囲が広いだろうし。


「かすかだが、うちはサスケの匂いがする…」
と思っていたら、あっさり見つかってしまいました(´・ω・`)
狭っ! 世界超狭っ!
ドラクエ3とか5ってフィールドを歩いていると昼から夜へ時間が流れていって、主人公達の行動日数から真面目に換算すると「世界小っちゃ!」って事になるじゃないですか。
もちろん、あちらの場合は「ゲーム内時間とはいえ何十日も経過する広大なフィールドにするとクソゲー化するから」という、お約束的な面があるからそうなってるんですけども、ナルト世界はリアルにあのくらいの小ささなのかもしれません。
ちなみに、超広大なフィールドのRPGが遊びたいならFINAL FANTASY XIがオススメです。かつて遊んだ事があるんですけど、移動するだけでリアルに一日が潰れて笑った。


ブリーチ
「ダメージ」という言葉を、普通に会話で使ってる人なんて初めて見ました。
もしかしたら、ザエルアポロさんの視点では各キャラにヒットポイントが表示されているのかもしれません。スカウターみたいな感じで。

「傷付いた時にこいつらを喰えば僕の傷は回復する」
ダメージ発言に続き、これまたRPGライクなお言葉です。
関係ない話ですが、本当に立ち上がるだけでもやっとの様な傷を負った時に、食って回復するタイプのアイテムで回復しようとする場合、真面目に考えるとなかなかハードな事になりますね。
ドラゴンボールでも、仙豆を食べるのが困難な時には元気な人間が無理矢理に喉へ押し込んだりしてたんですけど、大好物を食う事で回復するスターオーシャンとかでも瀕死になってるクロードの口へ強引にステーキを飲み込ませたりしてたのかもしれません。

「その名はグリームジョー・ジャガージャック!!」(あおり)

f0029827_546456.jpg

前にアーロニーロさんも自分の名前を「マーロニーロ」と間違えて言ってましたが、今度はあおりにまで間違えられてしまいました。
ザエルアポロさんが最初に恋次へ自分の名前を強調したのは、「間違えるなよ! 頼むから間違えるなよ!」という彼の切なる願いだったりして。


To LOVEる
あれ、絶対に何か痛い目に遭うと思っていた立花ですが、特にそういう事は無いまま終わってしまいました。釈然としないぜ!
見ているだけでムカつくほど彼がウザいからというのもありますが、自分の他力本願な欲求で一方的に他人へ迷惑をかけたんですから、ペナルティは必要だと思うんだけどな。


ネウロ

f0029827_5462473.jpg

ここで手を叩いてる人の元ネタは知ってる人少なそうなんで解説しときますけど、寺沢大介先生の描いた漫画の登場人物だと思います。多分、喰いタンの主人公である高野さん。
個人的な感想として、弥子さんではまだ高野さんの領域には及んでいない気がします。ドラマ版ではダイヤモンドの真贋でさえ、食って見極めてましたからね。あの人。

「X」の隣にいる「i」
この過去エピソードは、普通に見事な出来ですね。
航空機を落とすトリックとかも、何か普通に実現性高いですし(少なくとも、漫画的な「嘘」としては十分)。
しかし、気になるのは現場に赴かないアイさんが、今回の事件へどうやって絡んでくるのかという点です。
ネウロが重大な危機に陥るのは弥子さんのモノローグから確定していますので、それによって自分の正体へと近づいたサイを見て、「限界が見えたから用済み」とばかりにアイさんが不意打ちしたりするのでしょうか。


ディーグレイマン
本編の感想は特に無いのですが、傷だらけで死者の冥福を祈るリナリーがすごく可愛かったです。萌えた。
「怪我をしてる美少女」というものは、どうしてここまで男心を昂ぶらせるものなのでしょう。もちろん、二次元限定の話だよ。
よくよく考えたら、「怪我した男の子」というのもカッコイイな。ちびまる子ちゃんにもそういうくだりがありますけど、小学生の頃とかは三角巾で腕を吊るしたりしてる生徒が妙に輝いて見えましたし(今になって思うと超不謹慎な話だ)。
まあ、とにかく怪我には浪漫があるんだよという事でひとつ。


瞳のカトブレパス
今回のお話は読み切り版の焼き直しみたいなもんですので、既に読み切り板を読んでいる身としてはあまり面白くなかったです。いや、よく出来てるんだけどさ。

屋敷へは主人に招かれるか結界を破るかしないと入れません
しかし、今回早くもこのエピソード限りであろう雑魚ヨーマに破られてしまっているわけで、意外とザルな警戒態勢です。
一応は警報機能も備えてるみたいですけど、気づくのが侵入して随分と経ってからだというのも何ともはや。
下手すると、普通に鳴子でも仕掛けといた方が役に立ったりして。
結局のところ、岸田さんが時生の存在へ気づかなかった事に対する理由付け的な設定なんだろうな。

「ちょうど2つあるんです。おいしいですよ、この店のラーメンは」
こういうちょっとした事で能力を有効に活用されてると、何だか心踊ってしまう自分がいます。
単なる戦闘用スキルとしてではなく、もっと総合的に能力を使っているということであり、これは突き詰めると、戦闘能力に特化していないキャラでも活躍していける世界観を構築しているという事ですからね。
せっかく異能者バトル路線でやっていくのですから、諜報活動タイプとか色々なバリエーションを出して欲しいと思ってたんですけど、これなら期待できそうです。

今回はヨーマ側から仕掛けてきたよ
「出奔した血縁者がいますよ」と言わんばかりの肖像画といい、明らかに志村家壊滅を狙っている敵ヨーマといい、ヨーマ側にも組織が存在するっぽいです。
きっと、肖像画に描かれている「出奔した血縁者」が敵の幹部だったりするんだよ。


サムライうさぎ
「伍助は連れ帰った猫をその後どうしたんだよ?」とか「お義兄さん動物虐待じゃね?」というツッコミを残している辺り、相変わらず詰めの甘い面はありますが、それでも大筋は良かったと思います。志乃ちゃんが惚れた理由としても、それなりに納得のいくものですしね。

マロは良い所のお坊ちゃんでした
あの借金はどうやって返済するんだろうと思ってたんですけども、どうやらマロに関係するエピソードで解決するつもりのようです。色々あった末に、マロの実家がパトロンになってくれるんじゃないかな。
ストーリー的にも、うさぎ道場は講武館へ全面的に喧嘩を売った形になってますので、何らかの後ろ盾がないと普通に闇討ちとかされて終わりますから。
あの宮元武蔵も、吉岡家っていうでかい道場に喧嘩を売った後、その門弟に命を狙われてエライ目に遭ったと聞きますし。


P2

f0029827_5464162.jpg

↑この人がヒカ碁の倉田六段にしか見えないんですけど、江尻先生は小畑先生のところでアシスタントとかをやってたのかな? 誰か詳しい人がいたら教えてください。


ムヒョ
「木偶化したアイビーとミックを見てキナ臭えとふんだんだ」
とは言いますが、ヨイチ視点だとアイビーに引導を渡したのがブープだとは知りえないわけで(普通は五嶺がやったと判断するはず)、先週に引き続いて何とも結果オーライな展開です。
ラストの札に書かれたメッセージとか、キッドが「いや、常識的に考えてお前らの罠じゃね?」と考えたらどうするつもりだったんでしょうか。
あと、アイビーはともかくミックはガチでムヒョ達の手にかかっているわけで、やっぱりヨイチ達は普通に復讐対象だと思うよ。


こち亀
微妙にオチてないのは気になりますが、ラーメン缶のアイデアはちょっと面白かったです。
まあ、最大の問題点は実在する事なんですが。
どちらかというと、何気なく登場していたギョーザの缶詰の方が大発明の気がする……。


ラルΩグラド
レッドフェニックスの情報について、ミオ先生が詳細に説明するシーンでちょっと笑ってしまいました。この人は、ラーダ神の神官技能でも持っているのでしょうか。
下手すると、オプスキュリアの能力とかも知ってそうですよ。

あっさりフェニックスの血液を提供
ここは、ちょっと意味の分からなかったシーンです。
常識的に考えて、「そのガキを助けたければ、私に勝ってフェニックスの血液を手に入れるしかないぞ! ぐわははははは!」な場面じゃないかな。ここは。
今回は普通に立ち向かってきたけど、ラル達が「ようし、スンスも治ったし一次退却して対策を練るぞ!」とか言ってたら、ヤヤちゃんちょっと寂しい事になってたのでは。

[PR]
by ejison2005 | 2007-05-29 05:47 | ジャンプ感想 | Comments(40)
Commented by Salt at 2007-05-29 11:14 x
>ここで手を叩いてる人の元ネタは知ってる人少なそうなんで解説しときますけど、寺沢大介先生の描いた漫画の登場人物だと思います。多分、喰いタンの主人公である高野さん。
顔は高野さんですが手を叩いてるのは同じ寺沢先生の作品『将太の寿司』に出てくる「拍手の安」こと溝口安二郎だと思います。
参考画像→http://blog22.fc2.com/u/utatasleep/file/syouta7.jpg
他者の連作をハイブリッドしてネタにするあたり松井優征先生の引き出しの多さが伺えます。
パァン(拍手)
Commented by ejison2005 at 2007-05-29 12:42
>>Saltさん
拍手がよく分からなかったんですが、そうかミックスしてたのか!
コアすぎるぜ! 松井先生!
パァン(拍手)
Commented by ニテンドー at 2007-05-29 17:46 x
>p2!
ワンピの尾田先生のアシさんじゃなかったでしたっけ?僕の記憶はそうだといってるんですが…

>ネウロ
この話を見て、アイ=純悪はなくなったと思ったのは僕だけかしら。アイさんは単に「人間なんて皆おんなじ様な能力とおんなじような力しかもってないたかが知れた生き物」と思っていたのが
サイによって覆されたから際の限界を知りたいだけなのであって純悪とは無関係な気がする。やっぱり今までの中で全然でて着ていない新キャラだと思う。

>ワンピース
あ、やっぱりスゲエ食費になりそうだ。
>ラルグラド
ややちゃんは天然てことで、どすか?
Commented by 7菜 at 2007-05-29 20:01 x
「ダース・ベイダー卿」の「ダース」はdark load of the Sithの略で「卿」の意味がすでに含まれているので書く必要はないです。
細かいことですが気になったので
Commented by パポパポ at 2007-05-29 20:52 x
初めて書き込ませていただきます。よろしくお願いします。

・ナルトは素直に多重影分身でローラー作戦やればいいと思います。みんなで分身してチーム組めば、弱点もなくなると思うんですけど。マンガ的にはどうかと思いますが。

・ブリーチは編集さんにも読んで貰ってない可哀想な漫画ですね。
天才さんは、着替えてる間に恋次があいつらとっつかまえて食って全回復しないのかとか考えないんですかね。でまた抱きついて自爆のエンドレス。
さらにちょっと切り取って持ち歩いたりされたら完全にアホですよね。まあ、さすがにそこまで恋次がするとは思えないけど・・・
Commented by やまとん at 2007-05-29 23:29 x
>カトブレパス
先週、コメントでこの名前を聞くとFF5を思い出すと書いたんですが、わかんないですか・・・。
興味ないかもしれないけど一応説明しておくと、FF5にカトブレパスという名前の召喚獣がいたんですよ。能力は敵一体の石化で、使えないことこの上ない奴だったんですけど。僕はカトブレパスにはそっちの方の印象が強いから、この漫画で大妖魔と呼ばれてるのにはちょっと違和感を感じますね。すぐ慣れるでしょうけど。

>ラーメン缶
すげえ!こんなもの出てたんですか。全然知らなかった。どんな味がするのかいっぺん食べてみたいなあ。
Commented by tzk48 at 2007-05-30 12:54 x
はじめまして。
ぱぁん!は「拍手」でなくて「柏手」ですねw
Commented by ミスター小結 at 2007-05-30 20:37 x
>スニーキングミッション中の三人が、「驚いて悲鳴をあげる」
わ け が わ か ら な い

>こういうちょっとした事で能力を有効に活用
この漫画の能力。2つあると思うのです。
・移動できる時止め(ラーメンやペットボトルの水)
・固定する時止め(羽織?や飛び散ったガラス)
ここらへんの意味がけっこうわからない自分がいるんですけどね?
時を止めたものはどんな物質をも超える固さになるみたいなんで、理屈はわかるんだけど、結構矛盾がありそうです・・・。
でも「見えないものは止めることはできない」(空気を止めれば剣にも盾にもできますよね)とか、
「固定したものは他からの干渉をうけない(羽織が切れてない)」とかそういう説明がつきそうですよね。
何でもアリバトルにならなきゃ絶対おもしろくなる漫画だとおもいます。
Commented by ニテンドー at 2007-05-31 20:14 x
あの、内容は下の「集英社はもっと収益に関する情報をオープンにすべきなのでは」って言うところに関する話なんですが
、最新の所に載せないと見られないかなと思ったのでちょっと失礼します。
ttp://www.nintendo.co.jp/jobs/work_at_nintendo/index.html
えっと、開いたら分かると思いますが、任天堂に勤めることがどういうものか=収益に関する情報をオープンにしてくれる
という話ですね。管理人さん、天和が言っていた「情報をオープンにする必要がある」「でもあまりおおっぴらにしても関わる気のない人にも無理矢理視野に入れてしまうのいはどうかと思う」という意見を両立するには、
つまり「興味のない奴に無理矢理見せることなく、知りたい人は知りたい事を知れる機会」を得るのはこういう風にホームページに後悔するのが一番効率的なのかもしれないですね。
このくらい会社側は考えてるといわれるかもしんないですけど、意見としていっておきたくて。
では長文失礼しましたハイ
Commented by ejison2005 at 2007-06-01 05:59
>>コメント返信について
例によって、また後でまとめて返信します。
パソコンの調子が悪くて、コラ作るのにえらい時間がかかってしまった(苦笑)。
Commented by helloworld at 2007-06-01 10:06 x
時を止めた物質が固くなるってのはスプリガンでもありましたね。
力は時間軸に乗って作用するため、時間が停止している物体に加えられた力は持ち越されるような感じでしたっけ。
・・・そうすると時間停止を解除した羽織はぼろぼろですね。
Commented by ポルカ at 2007-06-01 18:39 x
>ワンピース
「悲鳴で敵に気付かれる」なんて見つかり方としては最悪ですよね。
そもそも凍結された死体が動いたくらいで驚き過ぎです。何を今更。

>神の共犯者
どんなに存在を消したとしても、ネフェルピトーなら「ピクッ」って気付いてしまいそうです。この人が最強過ぎたのが連載再開の一番のネックになっているんでしょうね…。

>カトブレパス
私もラーメンのシーンでは笑いを堪えるのに必死でした。
しかもこれはジョジョの元ネタを知らない人にも分かるパロですから、そういう所では太蔵より一枚上手です。
Commented by ejison2005 at 2007-06-01 22:15
>>ニテンドーさん
>P2!
ううむ、性格的にも倉田六段は意識してると思うんだけど、接点が見出せないですね。何なんだろう、このコラボ。

>ネウロ
アイ=純悪は消えたっぽいですけど、全然違うアプローチでぐっとキャラを深めてくれましたね。さすがな漫画です。
僕も純悪は新キャラかな~と思い始めました。サイではないと思いたい。

>ワンピ
経済的な理由で壊滅しそうですね。スリラーバーグ。

>ラルΩグラド
天然を発揮して一人取り残されるヤヤちゃんを想像して萌えた。
Commented by ejison2005 at 2007-06-01 22:16
>>7菜さん
RPGに「くにおくん」と入力して、
「くにおくんさん、こちらへ……」
とか言われるようなもんでしたか。ご指摘ありがとうございます。直しときますね。
Commented by ejison2005 at 2007-06-01 22:19
>>パポパポさん
はじめまして、コメントありがとうございます。

>ナルト
いや、ローラー作戦からまず目を離すべきなんじゃないかな~と。
戦闘機とかあるなら別ですけど、地上にいる人間の策的範囲ってたかが知れてますし。

>着替えてる間に恋次があいつらとっつかまえて食って全回復
その発想はなかった!
切り取って持ち歩くというのを読んで、ガッシュのファウード編に出てきた不思議体液を思い出しました。
Commented by ejison2005 at 2007-06-01 22:23
>>やまとんさん
あう……わかんなかったです……。
FFはアドバンスでリメイクされてるんで遊びたいとは思ってるんですけど、今FE紋章の謎、FEファラの系譜、スパロボW、バイオ4wiiエディションが積まれてる状況でして……。

>ラーメン缶
僕も前々から食ってみたいな~と思ってたんですけど、近くでは売ってないんですよね。
わざわざ通販で仕入れる味とも思えませんし。
Commented by ejison2005 at 2007-06-01 22:29
>>tzk48さん
はじめまして、コメントありがとうございます。
パァン! (柏手)
辞書で調べて初めて意味を知りました。日本語ムズカシイヨ
Commented by ejison2005 at 2007-06-01 22:31
>> ミスター小結さん
カトブレに関しては、あんまり深く考えすぎないようにした方が楽しめるかな~と思ってます。ザ・ワールドとかも、よくよく考えたら声が聞こえるはずないのに会話してましたし(そして会話長すぎだし)
Commented by ejison2005 at 2007-06-01 22:35
>>ニテンドーさん
前にコメンtノで他の方に教えていただいたのですが、
http://www.manga-gai.net/index02.htm
こちらのサイトとかそれに近いですね。
もうちょっと、事務的な情報が詳しく記載されててHP自体がメジャーだとパーフェクトだったのですが。
Commented by ejison2005 at 2007-06-01 22:46
>> helloworldさん
ノアの箱舟編ですか、懐かしいなあ。
あの漫画は良い意味でハッタリが効いていて大好きです。ARMSもそのうち読もう。
Commented by ejison2005 at 2007-06-01 22:48
>>ポルカさん
>ワンピース
コメディ展開ならいいのですが、シリアスも微妙に混ざってるのが何ともはや。

>神の共犯者
いや、さすがにピトーでも気づけないと思いますよ。それが念というものですし。
僕としては、「展開は思いついてるんだけどゲームで忙しい」に一票w

>時を止めたラーメン
すげえ、このアイスまだ冷たいぜ!
Commented by 一新人 at 2007-06-02 01:34 x
お久しぶりです。

再び、前回の日記も含めて気になった点があったので書かせていただきます。

>前々から思ってたけど、漫画家の生活ってちょっと知られなさすぎですよ。
給料・福利厚生などの細かい労働条件を記すのは、求人をする上での基本です。

それは漫画家に限らず、作家ミュージシャンお笑い芸人プロスポーツ選手みんなそうだと思うんですが。
上澄み層が億単位をボロボロ稼いでいるってことや、下層の人達(漫画で言えば連載も持てない、連載しても人気取れない売れない人達)が、年収100~200万っていう超極貧生活をしているのは恐らく多くの人が知っているであろうこと、
時々、業界の人がテレビや雑誌などのインタビューで漏らすことから
全容を大まかに伺い知ることが出来る程度ってことなどでも特殊技能の世界は同じですね。
芸能系オーディションなどで、募集要項にプロ契約してからの待遇が提示されてるのなんて見たことありません。
Commented by 一新人 at 2007-06-02 01:36 x
まあどの世界にも共通する理由としては、正社員などと違って
提示した額を保障出来るかどうかも本人の人気次第、最低限の環境を示すだけだったら
ちょっとした憧れ程度で目指してくるような輩は
間違い無くみんななりたがらないだろうって世界だからでしょうね。

ある程度その世界でやっていけそうな実力と熱意があるだと判断された人なら
本格的にその道に入る前に、担当側からちゃんと待遇面などの説明はありますよ。
これこれこういった側面もあることを知った上で、君はこの世界に入る覚悟はあるか、と。
これは専属契約などの際にも同じように、担当からの詳細説明と意思確認は必ず行われているはずです。
Commented by 一新人 at 2007-06-02 02:16 x
エジソンさんの意見を見ていると「今のジャンプは新人が集まりにくい状況になっている」といった感じに見えるのですが
決してそんなことは無いんじゃないでしょうか。
現に、今もジャンプに集まる新人の数は業界でもダントツのようです。
マガジンに行った友人曰く、編集の人が「今はみんなまずジャンプに行ってしまう」とボヤいていたとか。

ですから改善するとすれば、これはもうジャンプだけの問題ではなく
業界全体で「漫画家」というもののイメージを上げるってことや
今、ジャンプに集まっている新人をいかに育てるかってことの方が重要ではないでしょうか。

ジャンプ新人の自分が言うのもなんですが。
俺はまた頑張って良い漫画描きます。ハイ。

それでは長々と失礼致しました。
Commented by 漫画家志望 at 2007-06-02 21:34 x
確かに今集まっている新人を育てるほうが才能を持った新人集めるより簡単だし合理的ですよね。村中孝先生とか篠原先生とか、良い素材があるんだから生かさないと損です。
ところで連載持ってない作家さんって生活できるだけの収入を持ってるんでしょうか?出来れば教えてください。
Commented by ぺんぼー at 2007-06-03 11:10 x
サムライうさぎの、あれだけたくさんいた猫が今まで出てきていない、というのは
詰めが甘いと言うレベルではなく
ストーリー構成力が非常に低いと言うレベルだと思いました。
Commented by ニテンドー at 2007-06-03 11:33 x
>べんぼーさん
あれは伍助が全ておいしくいただいたんですよきっと。
または、実は全員老猫だったため結婚後ほどなくして死んだ。
という説明がないと消化できないですねこの辺…確かに志乃ちゃんがこの時点で惚れてるんだからここから結婚まで何年もたってない筈だから
猫たちが一斉消滅してるのはどう考えても時間差的に問題があります。
まぁ、新人さんだしその辺はアレのこれでどうにか目をつぶりましょうよ(アレのこれて何w)
Commented by ejison2005 at 2007-06-03 21:30
>>一新人さん
>業界全体で「漫画家」というもののイメージを上げるってことや
>今、ジャンプに集まっている新人をいかに育てるかってことの方が重要ではないでしょうか。
僕としては、その一環として「漫画家の待遇はどの様なものかを提示する」という案を考えた次第です。別に、他のスポーツ選手や芸能人がそうだからといって、漫画家も同じ道を歩まなければいけないわけではありませんし。
こういったらちょっとアレなんですけども、一新人さんの意見だと漠然としすぎてて、「じゃあ、具体的にどうしたらいいと思うの?」となってしまうかも……。
Commented by ejison2005 at 2007-06-03 21:34
>>漫画家志望さん
>連載持ってない作家さんって生活できるだけの収入を持ってるんでしょうか?
僕も知りたいです(苦笑)。
一新人さんが前に書いたコメによると、ジャンプの場合は契約中はお給金もらえるっぽいですけども、ちょっと細かいところまでは分からないですし。
Commented by ejison2005 at 2007-06-03 21:36
>>ベンボーさん
冷静に考えれば取り潰されるはずの講武館もそうなんですけど、サムうさの特徴として、現実性が異常に低いんですよね。
担当さんとかが駄目出ししないもんなのでしょうか。
Commented by ejison2005 at 2007-06-03 21:38
>>ニテンドーさん
「どうだ志乃、あいつは前のダンナと違って猫を食べるぞ」
「うん、あの人となら仲良くやっていける気がする」
正に外道!
Commented by ニテンドー at 2007-06-05 21:11 x
きっと伍助君は、猫に食費を回したせいで自分の分がなくなっていたのかもしれないですな。
○ル○の伝説に登場する、あの緑色のかっこいいひともトワイライト○○○○○で大量の猫になつかれてたけど、もし伍助君と同じように拾ったとしてもお金の面もちゃんと考えていそうです。
むしろお姫様に猫の愛らしさアピールして金銭的援助をさせ…いやいや彼に限ってまさかそんな。あの世界は草むら歩けばすぐにお金稼げるしね。
Commented by 一新人 at 2007-06-05 21:22 x
>エジソンさん

イメージアップ目的なら尚更、これ以上の情報を公開する必要は無いかと思います。
良いイメージなら、億単位稼いでるヒット作家達で十分じゃないでしょうか。
というのも、確かにジャンプで連載してれば
どんなに人気無くても連載し続ける限りは20代のサラリーマンの平均年収なんかよりは断然稼げます。
しかしそれは連載が続く限りの話であり
連載持たなければ、契約続く限り生活は出来ても間違いなく一般サラリーマン以下の収入です。
前回の日記でエジソンさんが仰った社員採用ほどの保障なんて全く無いんです。
そんなことを求人のように表に出すべきなのか、疑問なのです。
Commented by 一新人 at 2007-06-05 21:30 x
俺は良い面見せてイメージアップを図るなら今のままで良いと思います。

賞ってのはあくまでも、入り口の段階であって
そこでは夢持たせたままで良いんですよ。
もっと現実的な面見せるのは賞取った後、作品を描き続けて
「例え99.99%の確率で平均以下の生活になると分かっていても夢に賭けたい」
っていう覚悟を持ってからで良いと思うのです。
(実際、編集もそういう段階になって初めて現実的なことは教えて、その上で漫画家になるかどうかを新人に確認します)

もし仮に今出している以上の情報を出そうとすれば
淡い希望だけ抱いてる段階の子供の多くは間違いなくビビって漫画家になる夢を捨てるでしょう。

厳しいこと言うかもしれませんが、エジソンさんの意見は逆に新人をジャンプから遠のかせるだけじゃないかと思います。
Commented by 一新人 at 2007-06-05 21:45 x
ちなみに俺は今のジャンプの人材集めや連載システムに関してはほとんど問題無いと思います。

よくネットで言われるような「新人がジャンプを避けて他誌に流出している」
なんてことは、ジャンプに集まる新人の数や他誌の新人見る限り恐らく無いのではないんじゃないでしょうか。
むしろ、他誌に持ち込んでる友人達の話を聞くと
どこの編集部も「新人はみんな最初にジャンプに行くから、良い人はそこでほとんど取られてしまう」って愚痴こぼしてるようです。

今のジャンプに問題があるとすれば、人材集めではなく
もっと別のところにあると思いますよ。
特に俺が感じるのは個々の新人の不甲斐無さです。
メディアミックスしているからと言って、あれだけ上のヒット作達をそのまま君臨させ続けてるのはどうなんだと。
そのヒット作達もまた、新人の頃に上に君臨していたヒット作達を押しのけて上に上がってきているというのに。
黄金期って呼ばれていた頃なんて、今以上に壁は厚かっただろうに、それでも既存のヒット作達からアンケを奪い取って、数々のヒット作が新たに生まれました。
Commented by 一新人 at 2007-06-05 21:56 x
今の新人が、現行のシステムでヒット出来ないとすれば
それってただ単に、その作品に人気取る力が無いだけですよ。

・・・まあこういう考え方するのも、俺自身が新人だからかもしれませんが。
漫画描く人間が、人気取れない理由を他に求めたら終わりですから。
常に自分戒めていかないと。


ちなみに連載持って無い作家さんが生活出来るのかと言えばYESです。
契約続く限り、ですけど。
新人ですら、契約金だけで生活出来てる人が大半ですし。
連載経験者となれば、契約金は新人の倍以上は貰ってるはずです。
ヒット経験者ならもっとかも。
契約金って、ヒット作家だと億単位行きますから。

無論、ジャンプで人気取れそうな作品を描き続けられなきゃ商品価値無しと判断されて
契約切られて無収入生活です。

当然と言えば当然、連載してないってことはその作家は出版社に何の利益ももたらして無いってことですから。むしろそれなのに最低限生活出来る程度でも金貰えるってのが凄い話です。
Commented by 一新人 at 2007-06-05 22:08 x
・・・・再び長々と偉そうに書き込んでしまって申し訳ありません・・・・・
しばらくは書き込み控えます・・・・

エジソンさんのジャンプをもっと面白くして欲しいって熱い思いはよく分かりますし
ここのジャンプ感想も毎回楽しみに読んでますよ。
「こういう視点で読んでて、こういう点を良い悪いと感じる人もいるのか」と新しい発見も毎回あって勉強になります。
というわけでこれからもビシバシ書いちゃって下さい。
Commented by ejison2005 at 2007-06-06 03:06
>>ニテンドーさん
狼に変身するとウザイくらいついてきましたね、猫w
Commented by ejison2005 at 2007-06-06 03:22
>>一新人さん
ちょっとだけ訂正させてもらうところがあるとすれば、僕としては「悪く感じられるような事でも何らかの方法で(HPの分かりづらいところとか)透明化しておくべきなんじゃないか」と考えている事でしょうか。
現状、そこら辺がハッキリしないので悪い話とか(打ち切り後の借金とか)も広まっているわけで、そういった噂も人を引き離す原因になる以上は何とかすべきであり、そのためには正しい情報の開示しかありませんし。それでめげるような人間なら、最初からジャンプには縁が無かったという事です。
Commented by ejison2005 at 2007-06-06 03:22
>>もっかい一新人さん
そして、一新人さんの意見は「漫画家としての立場から」ならまったくの正論であり、僕も賛同しますけども、実際問題として(悪気があって書くわけではありませんが)現在ジャンプに集まっている人材では、(少なくとも連載を始めた中には……カトブレとうさぎはメジャークラスにはならないだろうし)看板張っていける人間がいないわけで、選択肢としては、
1、今いる人材を育てる
2、即戦力の人材を何とか手に入れる
しかないのです。そのために、編集部も何か出来ることがあるんじゃないかな~と思っています。
まあ、最終的には「みんながんばれ」になるわけですね(苦笑)。
最後に、新しい情報をどうもありがとうございました。一新人さんの、ますますのご発展をお祈りしています。