BLOOD+ 第15話「おいかけたいの!」
f0029827_23374366.jpg

f0029827_23375224.jpg

現在、オンラインRPGギルドウォーズをプレイ中。
モンク兼レンジャーという、フォーチュンクエストもビックリな混沌とした職業で冒険してます。
このゲーム、正式サービスが始まったばかりなのにちょいと過疎気味なのがアレですが、ゲームとしての出来はかなり優れていると思います。
僕も、ラグナロクオンライン を一ヶ月くらい遊んでみた事があるんで、MMOの問題点は大体理解していますけども、このゲームの場合、フィールドは他MMOなどと異なり、パーティー単位の独立したエリアですので、横殴りとかもないですし、PVPモードなら最初から最高レベルのキャラを作れるので、そんなにせっせこ経験値稼いだりして遊ぶ感じじゃないですね。
拠点から拠点へは一瞬で移動できたり、一般のMMOにありがちな作業じみた部分はあまりないんで、僕みたいにマッタリやっていきたい人にはオススメです。

以上、関係ないゲームの話題はこの辺にしてBLOOD+感想と参りましょう。

・アバン

f0029827_23425325.jpg

不法侵入だーーーーーー!!
ちょ、マオ姉さんってば大胆極まりすぎですよ。
というか、どうやって鍵を開けたんだろう?
考えられる可能性としては、
①サヤ達が戸締まりを怠った。
②マオ姉さんが、合鍵を持っていた。又は、鍵の隠し場所を知っていた。
③パワーフォージャスティス!!マオ姉さんは、力づくで鍵を破壊した。

f0029827_23432393.jpg

画像は冗談ですよ。本当だよ?
……もし、そうでも驚かないけど。

・(たぶん)新手のシュバリエ、ジェームズ登場
この人が以前、ドギー兄さんの言っていた兄貴なのでしょうか?
それにしては、こう、カリスマ的なモノがかけている気がするのですが。
ドギー兄さんにしても、普通に尊重はしているけど、それ以上という感じではないですし。
「姉さんか詳細を知らせろと、連絡があった」
という、台詞の意味がサッパリ分からないんですけど、今後の伏線かな。
小夜の正体は、シュバリエ達の長女というオチかもしれませんが。

f0029827_23435269.jpg

ドギー兄さんは、リフで帰ったと予想。
だって、ドギーだから。

・記者さん、帰る

f0029827_2345664.jpg

吸いすぎ、吸いすぎ。
キャラづくりとはいえ、ちょっとやりすぎってくらい吸ってます。
煙草代に、月いくら使ってるんだろう、この人は。

f0029827_2345214.jpg

そして、つながる過去と現在。
この番組、こういう情報収集の描写に関しては本当に丁寧なんで、安心できます。
「親父は答えなかったんじゃない。こいつがなんなのか、答えられなかったんだ」
頭の不自由な人扱いされて、オシマイですしね。

・琉球毎日新聞社にて
息を飲んで見守っちゃってますけど、暇だな~この人たち。
仕事しようよ。

f0029827_23454094.jpg

ナイス相関図。
分かりやすいようで、分かりづらいのがポイント。
しっかし、クビ寸前の状況でフランス行かせてくれとは、記者さんてばマジ大物だぜ!!

・那覇大学教授再び
懐かしい人が、出たなあ。
ヤンバルの話を、聞きに行った時の人ですね。
やり取りから察するに、何か調べて欲しい時に記者さんは、ちょくちょく訪れてる模様。
こういう、本来なら使い捨てみたいなキャラをキチンと使いこなすのは好きだな。

・後輩に、情報をタカリに行く男
他の新聞社に情報の無心に行くなんて、やっぱ大物だよこの人。

・高校へ行こう

f0029827_2346070.jpg

分かりやすい不審者の構図。
そりゃ、援交目的と思われても仕方がありません。
職員室で聞いても答えてくれないでしょうし、どうするつもりでいたんでしょうか、この男は?
ここで、マオ姉さん達に会えたのって、結構な偶然ですよ。

f0029827_23472943.jpg

やっぱ、パワーキャラ。

・喫茶店での2人
どう見ても、援交カップルです。本当にありがとうございました。
話の内容は、本当にタダの情報交換ですので、あまり感想はないですね。
で、教授の研究室からワイン奪取。

f0029827_23475268.jpg

ワインだけでいいのに、荒らしすぎ。
盗っていったのは、ルイスさんですが、この教授達がどこまで知っているのか、ルイスさんには分からないから、ついでに調べていったんでしょうね。

・現金5000万円強奪事件

f0029827_2348928.jpg

さすが、マオ姉さん。俺たちに出来ないことを、平然とやってのける。
そこに痺れる、憧れるーーー!!
ところで、表に出せないポケットマネーを娘のパクれる所に置いておいていいのでしょうか、マオ姉さんのお父さんは。
……娘を信頼しているんだろうなあ。このくらい気質の良い娘を持ったら、そうなるのも無理はないでしょうね。

・いざ、愛の逃避行へ(違)
さっそく、尻の下に敷かれる記者さん。
さすが、マオ姉さんは僕達私達の姉貴分だぜー。

f0029827_23482766.jpg

そして、2人は旅立つのであった。
フ ラ ン ス へ
彼らが、小夜達に合流する日は、永遠に来ないかもしれません。
多分、ドギー兄さんとか、アルジャーノさんと接触する事になるんでしょうけどね。

・総評
今回、主役格が出てこない事もあってかなり地味めな話なんですけど、視聴率とか大丈夫なんですかね?
僕は、こういうの大好きなんで別にいいんですけど。

[PR]
by ejison2005 | 2006-01-28 23:53 | Comments(0)