週間少年ジャンプ 07年 20号 感想
f0029827_4482181.jpg

逆転裁判4甦る逆転を購入。
こんな事もあろうかと、クリアした第一作を売ったりせず大事にしまっといて良かったぜ!
今は、「甦る逆転」の裁判(その一)を終えたところです。それにしても、逆転裁判に出てくる女の子達はどうしてこんなに可愛いのでしょうか。萌えるぜ。
4のパッケージにいる赤いマフラーをつけた女の子は、やっぱりあの子なんだろうな。真宵と違って普通に年をとってます。
カプコンネタは程々にしといて、今週もジャンプ感想と参りましょう。


ナルト
岸本先生はアニメ的なコマ割りを意識しているとはよく耳にしてますけど、本当に何でこんな風になっちゃったんだろうね。
一向に改まる気配が無い事から考えると、岸本先生は本気でこれが有効な手法だと思っていると考えるしかないわけなんですが、その上で今回の表紙絵や扉絵を見ると複雑な感情が沸き起こってきます。
悲しみ5:哀れみ5といったところでしょうか。
担当の編集者さんとか、普通に描いた方が読みやすいと教えてあげればいいのにね。

「大蛇丸が死んだ。どうやら、うちはサスケがやったらしい」
休日に呼び出されて、おっとり刀で駆けつけたら「遅い!」と文句を言われるって、嫌すぎる職場です。
ここって、大蛇丸死亡関連のエピソードって主人公とヒロインがとことん蚊帳の外にいたんだと思い知らされるシーンですね。
今回のナルトとサクラって、修羅の門第三部における陣雷さんとか泉さんとかと同じポジションですから。バカボンドの又八でもいいかも。
少なくとも、主人公のポジションじゃないっす……。

101匹状態2軍団大行進

f0029827_4492039.jpg

f0029827_10451916.jpg

ちょっと狩りに出てくる。
よく見たら、クックの他にもショウグンギザミとかいるし、岸本先生……モンハンにはまってるんだね……。
いつの間にか首切り包丁が柄の変形するモンハン式の大剣になっているのも含めて、きっと受け狙いだとは思うんですけど、何だかなあ……。壮絶にダダ滑りしているような。
ちなみに僕は大剣が好きです。そして、ドスのオンは試験がかったるくて挫折した。
カプコンネタはいい加減に置いとくとして、この人達は大蛇丸に捕まって人体実験されてたっぽいですし実は、
「「「「「「俺達も共に行くぜ!!!!!」」」」」
とか言いたかったんじゃないかな。しかし、サスケ達は何も聞かずに容赦なくボコボコにしちゃったと。
そういえば、前回半殺しにした常態2の人も、
「お前は…確か」
と言いながらサスケの顔を思い出そうとしてる最中に、いきなり斬りかかられてましたね。
先に施設の人を殺してたわけですが、あれ大蛇丸の部下だから基本的にサスケの敵ですし。
煙さんも捕まっていた魔法使い達を救出して仲間にし、ファミリーの母体を築き上げたんですから、サスケももうちょっと同じ境遇の人達を大切に扱うべきなんじゃないかな。とりあえず、話だけでも聞こうよ。
そして、この人達が状態2になっただけで壊滅するのなら、この施設の警備体制って駄目駄目だったんじゃ……。
常識的に考えて、大蛇丸不在でも彼らをしっかり管理できる体制じゃないとおかしいと思いますよ。


アイシールド
う~ん、正直いってちょっとこの展開は迎合できないです。
王城ディフェンスの皆さんとか、今まで対戦してきた選手達が腕も使わなかったというのはありえないはずなんで、普通に対抗策を用意してあると思うんですよ。
それと、後からいうのはあれですがセナが進の腕を弾く件に関しては、あまり意義を感じられないマスク特訓に割いたページを使って、昔の漫画よろしく「飛来する丸太を片手で弾く特訓」とか「飛来する波動球を片手で弾く特訓」とかをやっとけば、随分と印象が変わったんじゃないかと思います。


ワンピース
冒頭の読者騙しはユーモアが感じられて、とても面白かったです。
ナルトで重吾がやってた「男か女か占い」とかは、きっとこういうのがやりたいんでしょうね。
岸本先生も、こういう風にサラッとやれれば面白いのでしょうが……。

ちょっと推理
サンジやゾロの能力が敵のゾンビ軍団にインストールされてるっぽい件に関してですが、やはりワクワク感よりもげんなりする気持ちの方が大きいですね。
これ、一ヶ月連続で敵キャラが登場し続けるよりも更に長くなりそうな展開ですもん。
でもまあ、これは多分必須の描写だし仕方ないんでしょうね。おぼろげながら、ホグバックのやろうとしてる事も推測できましたし。
おそらく、ホグバックの目的は自分でこしらえたビクトリア・シンドリーの肉体に、死んでしまった本物シンドリーの人格をインストールさせて生き返らせる事なのでしょう。
サンジやゾロは、そのテストケースと考えて良いのではないかと。この推理は、ちょっとばかり自信があるよ。お約束ですし。


リボーン
おお、組織戦をちゃんとやってる。
敵が主人公達だけではなくその親類縁者を狙ったりしてますし、味方もそれに対応して「仲間集め」「敵のボスを暗殺」など現状で取りうる全てのオプションを選択しているのがすごく熱いです。敵味方共に全力を尽くしてる。

「京子さんハルさん逃げて!! ここは私が!!」
さりげなくランボが数に入れられてません。さすがだ。
ランボといえば、彼の場合は前に十年バズーカの二重使用で少なくとも「このランボ」は生存が確定していると分かっちゃってるんで、彼がバトルに出る場合は微妙に緊張感が減じるかも知れません。
ガタック(というかゼクトルーパーさん達)にカブトが倒されても、普通に未来からハイパーゼクターを呼び出せてたんで生存が確定してしまい、盛り上がりもへったくれも無かったのと同じ。


テニスの王子様
色々と置いといて、今回のお話で一番可哀想なのは舞台となった焼肉屋さんだと思います。
何といっても、相手は地上最強の種族であるところのテニスプレイヤーですからね。どれだけ騒がれても、恐ろしくて逆らえないですよ。
普通のカウンター席を使用しているっぽいのに、店内に他のお客さんの姿が見えない事から考えて、一般のお客さんはテニスプレイヤー達がやって来たのを見て帰ってしまったみたいですし、この日の収入は激減間違いありません。ご愁傷さまです。
というか、店員の姿も見えない事から給仕を済ませたら脱兎の勢いで厨房に戻っているみたいです。おそらくはバイトの店員でしょうし、下手したらこれがきっかけで辞めてしまうかもしれませんね。
駐車場で流しソーメンをやっているのに誰も注意しないのも、テニスプレイヤー相手に恐れをなしているからでしょう。彼ら、虎眼流の門弟並に声をかけたくない相手ですから。

ちょっと思った事
それにしても、こうして一般人がテニスプレイヤーを恐れている(っぽい)描写を見ていると、ラジオで大会プログラムとは何の関係もない一球勝負を延々と流していたのも納得できますね。
おそらく、この世界においてはテニスプレイヤー=軍事力なのではないでしょうか。
すなわち、テニスの世界大会とはガンダムファイトであり、テニスプレイヤーとはガンダムファイターなのです。ギガンティックなフォーミュラ。
テニスの世界大会に優勝した国家=世界最強の軍事力を保有する国家なのですから、その育成に心血を注ぐのは必定。中学生の大会といえど、国民にとっては大きな感心を寄せるイベントなのでしょう。
そりゃ、ラジオの放送も延長しますとも。
そしてこの焼肉屋は、ガンダムファイター(見習い)の集団に占拠されているも同然なわけか。一般のお客さんが帰っちゃうのも当然ですね。

さらに思った事
以上の考えを踏まえた上でこの前までやっていた立海の試合を考察すると、あの一戦が実は非常に意義深いものだった事がうかがえます。
あの時、ただ相手を叩き潰すのではなくわざと試合に負けたりしていたのは、赤也の覚醒を促すだけではなく、より屈辱的な敗北を味わわせる事で苦手意識を持たせるのが狙いだったのでしょう。
相手は他国の若手テニスプレイヤーですから、今のうちに日本に対する恐怖を植えつけておくのは、将来の事を踏まえた布石として悪くない一手なのです。

比嘉中再登場
これはおそらく、比嘉中の中でも断トツの肺活量と忍耐力を備えていながら、肝心のテニスではサッパリ活躍できなかった不知火君がリベンジする展開なのではないでしょうか。
きっと早食い対決となり、不知火君がその肺活量と忍耐力を存分に発揮して、息もつかせぬ(というか呼吸しない)早食いで他校の生徒達を次々に下していくんだと思うよ。
はいでぇー! かってんぐわー!


ムヒョ
これはムヒョに関わらず、他の漫画とかでもいえる事なんですが、敵組織が戦力を逐次投入するのは避けた方がいいんだけどなあ……。
十本刀も、最初はあれだけ凄そうなイメージがあったのに、刀狩りの人がノコノコ一人でやって来て案の定返り討ちにあった辺りから、急激に威厳が薄れましたから。最終的にはお子様にボコられる人とかいたんで、実はそれ以前のお話だったわけですが。
というわけで、ブープさんは最初から巨大化状態のキッドと一緒に来るべきだと思うよ。


ブリーチ
刺さらなかったとはいえ、刀を胸に突き立てられた事実に関して、ウルキオラさんはもっと積極的に落ち込むべきだと思います。
あなた、ついさっきアーロニーロさんの間抜けな死に様を知っておいて、同じ徹を踏んでしまってどうするんですか。
ところで、先週に引き続いてウルキオラさんが一護の前に姿を現した理由について考えてみたんですけど、もっと単純に「顔がアーロニーロさん(の使ってたものと)同じ一護をボコボコにしてやり場の無い怒りを晴らしたかった」というのはどうでしょうか?
うん、この理由が一番しっくりくる気がする。


ネウロ
今週はとにかく、睦月ちゃんの萌え描写(頭上から仕事人アタック)が素晴らしかったです。
何でだか知らんけど、このシーンにものすごく萌えてしまった。
それにしても、宮迫さんといい犯人といい睦月ちゃんといい、この家系はナチュラルに狂ってますね。
一見するとまともそうだった睦月ちゃんの母も、きっと何らかの変態だよ。


サムライうさぎ

f0029827_449429.jpg

強くなりたくば喰らえ!!!
朝も昼も夜もなく喰らえッッッ! 食前食後にその肉を喰らえッッ! 飽くまで喰らえッ! 飽き果てるまで喰らえッ! 喰らって喰らって喰らい尽くせッッ!
勇次郎みたいにお義兄さんが乱入してくるのかと思っていたが、特にそういう事は無かったぜッ!
真面目に感想を書くと、お義兄さんのお説教が頭ごなしでなく、その上で反省もちゃんと促しているのが良かったです。普通に人格者だ。
あと、伍助はそこら辺の夜鳴きそばと変わらぬレベルの味に達したんなら、食わせてあげれば仲直りできたと思うよ。
と色々書いてみつつも、やっぱり最大の注目事項は添い寝ですよね。
子作りしましょ♪(音声注意)


To LOVEる
打ち切りかと思ってビクビクしましたが、単に一周年を控えて最終回ネタがやりたかっただけみたいです。もう一話くらい使ってじっくりと記憶を取り戻す話をやるんなら、この最終回も普通にありだね。
すっかり忘れていましたが、そういやこの作品はラブコメなわけで、恋愛的な側面で見るとララは地球に押しかけた経緯からリトが心を動かす対象としてちょっと精神的な垣根があったわけですが、このエピソードは一周年を控えてそれを取り除く役割を担っているわけです。
そこら辺、またデスノコラでも作って詳しく語りたいな。書きたいレビューとか他にもあるから、いつになるか分からんけど。

[PR]
by ejison2005 | 2007-04-17 04:50 | ジャンプ感想 | Comments(10)
Commented by ぺんぼー at 2007-04-17 06:59 x
今週のジャンプの表紙のナルトですが
螺旋丸の部分がジャンプのロゴと重なって非常に目立たないので
ただ単にナルトが
見たことも聞いた事もない奇妙な構えをしているだけに見えて
それはそれで笑えました。
……が、本編の表紙の無意味なパラパラ漫画を見て今度は少し不快になりました。
Commented by at 2007-04-17 13:45 x
はじめまして。いつも感想楽しみに拝読しています。
>刺さらなかったとはいえ、刀を胸に突き立てられた事実に関して、ウルキオラさんはもっと積極的に落ち込むべき
アーロニーロさんのことを考えると、確かにおっしゃる通りなのですが、ウルキオラさんには自動再生能力があるとのことでしたから、別に刺されてもすぐ再生するし…という油断があったのかもしれません。
ヤミーさんの台詞から憶測するに、●番以上のアランカルさん達には皆自動再生能力があるようですが、グリムジョーさんにはなかったので、少なくとも5番以上でしょうね。
久保先生が作った設定を忘れていなければ、ウルキオラさんはアーロニーロさんと同じ轍は踏まない自信があったのだと思います。
>ウルキオラさんが一護の前に姿を現した理由
エジソンさんの考えられる理由は、とても面白く、且つ納得できて、素晴らしいです!
Commented by ポルカ at 2007-04-18 18:56 x
>ブリーチ
次回でウルキオラが一護に会いに来た理由は分かるんでしょうか?
単に藍染様に「ちょっくら様子見て来い」とパシられただけだったりしたらヘコみます。

>アイシールド
展開はまあまあ許容範囲なのですが、この試合はどうしても泥門には勝ってほしくないですね。
王城は選手全員が自ら望んで試合しているのに対して、泥門は前半戦の重佐武のように、いまだにヒル魔に脅迫されて嫌々ながら試合に出ている選手がいるんですよね。
そんなチームが勝っても読者としてはあんまりうれしくありません。相手チームから見れば「やる気のないヤツは試合に出すな」って感じでしょうが、なぜ今までの話の中でそういうセリフを言われなかったのか不思議でなりません。
Commented by ひとのみち at 2007-04-18 23:29 x
どうも、お久しぶりです。高校受かりました!受かったのはいいんですが勉強勉強でネット見る余裕がありません。まぁジャンプは相変わらず買ってますが、、、、。

>ワンピ
ちょっと最近話に波が無くてどうもダメです。相手が無敵とか言ってもこいつらが負ける気が全くしません。ドキドキしないです。

>ナルト
そろそろ水月の剣の持つところをはずす理由が知りたいですねー。[カシュン]の意味ないですよね?

映画
映画で主人公殺しちゃっていいんですかね?去年の映画は思いっきり子供向けだったのに。いきなり暗すぎだろって話です。

>アイシールド
パスとみせかけラン、ランとみせかけパス。もう少し捻ってほしいです。そればっかのような、、、。
Commented by ejison2005 at 2007-04-19 03:30
>> ぺんぼーさん
本当に妙ちきりんなポーズですねえ。
右側が特に面白い。
無意味なパラパラ漫画にイラついたのは僕も同意ですね。何だか見ててむかつく。
Commented by ejison2005 at 2007-04-19 03:32
>>白さん
はじめまして。コメントありがとうございます。
>別に刺されてもすぐ再生するし…という油断があったのかもしれません。
まさにそれがこの漫画における最大の問題ですね。
皆、油断しすぎだぜ(苦笑)。
たとえ頑丈でも、食らわないことに越した事は無いですし。
Commented by ejison2005 at 2007-04-19 03:34
>>ポルカさん
>ブリーチ
愛染さんならそのくらいはやりかねませんね。

>アイシールド
おお、そういえばそんな奴らいましたね。存在すら忘れてた。
この漫画も探せばアラは一杯あるんだろうけど、ちゃんと隠してはいるのでそこまで気にはならないんですよね。個人的に。
ナルトとかブリーチとか、隠す気すらない漫画が同誌にあるので橘効果を生んでますし。
Commented by ejison2005 at 2007-04-19 03:39
>>ひとのみちさん
受験合格おめでとうございます! 新生活頑張ってください。

>ちょっと最近話に波が無くて
まあ、こっからはバトルが長々と続くだろうから、ひたすら急下降していきますよ。はっはっは(乾いた笑い)。

>ナルト映画
九尾パゥワァーがあれば楽勝で生き返るってばよ!

>アイシールド
そこはまあ、彼の十八番ですのでかめはめ波みたいなもんかと。
スポーツである以上、パターンは限られますしね。いっそオーラでもまといますか。
Commented by きを at 2007-04-19 07:56 x
エジソンさんはナルトとブリーチが結構辛口ですけど、
どっちがより酷いと思いますか?

あとやっぱり上2つの作品より酷い(というかネタにすらならない)
漫画ってのもあるんですか?Dグレがそう?
Commented by ejison2005 at 2007-04-21 01:39
>>きをさん
おお、はっきりとした事を聞かれてしまいました。
あえて個人的な意見を書くのなら、岸本先生のやる気と向上心を一切感じられない分ナルトの方が評価低いですね。久保先生は、別にやる気と向上心がないわけじゃないでしょうし。

>Dグレがそう?
負の関心を抱くというのもそれなりにエネルギーを使うものですし、「好きでも嫌いでもない」作品こそ最も評価の低い作品だとするならDグレはそうなりますね。