週間少年ジャンプ 07年 16号 感想
f0029827_3472518.jpg

次週はヤミ&御門先生話に急遽変更。スケジュールの都合でイチから僕が作ることに。がんばるぞ~!! <健太郎>

f0029827_3474421.jpg

正直、何もかも終わったと思った……!

僕は普段、To LOVEる布教のデスノコラ作ったりしてますし、こないだも擁護編をUPしたからこう書くと意外に思われるかもしれないけど、矢吹先生の作劇能力に関しては伊良子清玄の忠誠心程度にしか信頼してないです。つーか、すでに来週のジャンプ感想用として「まるで成長してない……」とやってる安西先生の画像とか用意してるよ、僕。
だって、これまでの実績が黒猫なんだぜ……?
今まで長谷見先生が細心の注意をもって築き上げてきたものが、矢吹先生の手によって粉々に崩される可能性があるのかと思うと、気が気でないです。我ながら信頼しなさすぎだと思うけど。
「スケジュールの都合で、大亜門先生が代わりに脚本を書いてくれました!」
とかだったら、微塵も心配しないんですけどね。
「スケジュールの都合で、松井先生が代わりに脚本を書いてくれました!」
とかだったら、違うベクトルで心配するよ。
それでは、今週もジャンプ感想と参りましょう。


ナルト
えー!? なんかえらいあっさりと大蛇丸倒されちゃったよ??
まあ、よくよく考えたらカブトさんが見ているこれはサスケの生み出した幻覚であり、本当は死ぬほど苦戦した末にぎりぎりで倒したんだけど、格好つけたくて色々と脚色したのかもしれませんが。
ところで、これは木の葉としては、大きな懸案事項のひとつであった「大蛇丸をいかに処するか」という問題が何の犠牲も無く果たされた上に、代わって台頭したサスケは大蛇丸が残した手勢(遺産?)を駆使してイタチ(=暁)と敵対する気満々なので、丸儲けなのではないでしょうか。
ナルト達としても、サスケを追う理由はもう無いね。
サスケは別に大量虐殺大好き人間とかじゃないですし遠大な野望も抱いてませんから、抜け忍として野に放ったままでも無関係の人間に迷惑をかけたりはしないですし。

「身体の細胞全てを攻撃した…」
その割には、角都さんが原型を留めまくりなのが気になりますが。
そして、ナルトに新技禁止令が出てるんですけど、角都さんとの戦いで影分身が思いっきり風遁・螺旋手裏剣を使ってたから、ぶっちゃけ影分身に使わせれば何の問題も無いんですよね。
本体も安全な場所で身を守れますし、何のリスクもなく連発できます。
これは岸本先生、普通に大ポカだなあ。
ナルトに限らず、これは他の漫画でも内包しうる問題なのですが、キャラクターが特に制限無く新能力とかを学べる設定の場合、どうしてもこの手の問題は出てきちゃいますね(例:劇場版のドラえもんで有効活用されないテレビシリーズの秘密道具)。
それはもう、自分の作品を隅々まで研究して防ぐしかないのですが、それも週間連載だと限界がありますし、ある程度は仕方がない……のかな? 今回のこれは、そういったレベルのうっかりミスじゃない気もするけど。


ブリーチ
アーロニーロさんが何を言ってるのか、最初はよく分かりませんでした。
ルキアが「容赦さえしなければ私はあなたに勝てますよ」と言ってるのに、どうしてそれに対する返答が「舐めてもらっては困りますね。私は何度でも再変身できますよ」になるのでしょうか?
この文脈だと、最初に「いえいえ、これは化けてたのではなく海燕さんの一部なんですよ」と自分の力が変身ではなく吸収だと説明し、その上で影があれば何度でも使えると宣言した方が分かりやすかったです。
正直、バトル中に説明するだけでも萎えるので、せめて説明シーンは分かりやすくして欲しいのです。

自分の秘密を赤裸々に大告白しちゃったアーロニーロさん
今まで全く勝ち目が見えてこなかったルキアですが、今回のこれで急に勝てそうな気がしてきました。
理由はいわずもがな、「オレは十刃の中で唯一のギリアンだ」発言ですね。
同じくギリアン出身の破面であるデイ・ロイさんが、かつてルキア如きに瞬殺されるという大失態を犯してしまったために、どうしても「ギリアンはかませ」というイメージが湧いちゃいますから。
今回アーロニーロさんがした発言は、テニプリに例えると石田師範が「ワシの波動球は壱式で終わりだぞ」と宣言したようなもんだと思う。


To LOVEる
大方の予想通りというか、リトは最後まで春菜ちゃんの裸を拝みませんでしたし、思わず春菜ちゃんの全身を舐めまわす妄想をしてしまい己の理性によるリミッターが限界に達したとみるや、脱兎の勢いで逃げ出しました。さすがです。GJです。
その上で、バター犬マロンを駆使して読者サービスを欠かさないのもナイス。しかも、所詮は畜生なので嫌悪感なんぞ抱きようもありません。
そして、マロンが西連寺家の住人である限り、このネタは半永久的に使用可能です。あらゆる意味で抜かりがありません。

今回大事だった事
今回のお話で重要だったのは、妄想した後にリトが即座に離脱した点で、これが無いと僕は微妙に不快な気分になってたと思うんですよ。
「お前、口では嫌がりながらもやらしい妄想して身を委ねまくりじゃねーか」
という具合で。
しかし、ともかくリトはその場を離れたのです。
据え膳を目の前に用意され、後ろからマロンにはやしたてられても己の良識に従い、しかも心の中で妄想しただけだというのに、脳内ではひたすら春菜ちゃんに謝り続けたのです。
なんという好感度の高さでしょうか! すけべな妄想をしまくり、その妄想通りに身を委ねる気満々な某真中にも見習わせたい潔癖さです。


ムヒョ
先日、かがみさんから、
「これまでムヒョが培ってきた負の遺産を生かしたまま、ムヒョを楽しむ方法は無いだろうか?」
と聞かれたんですが……。

f0029827_348331.jpg

僕にどうしろと……(´・ω・`)
バイト中一生懸命に考えたけど、どうしても思い浮かばないです。これは難題だ。
今週もエビスが、
「禁じ手を平気で使う卑怯者が笑わせるぜ……!!」
とか言ってた時は、お前が言うなという感じで笑いがこみあげてきましたし。
そういう負から生じる楽しみではなく、純粋に楽しむにはどうするかってのがネックなんですよねえ。

「ここで我々がティキに見付かってごらん…今までの皆の努力が水の泡だ」
こういうのが、この漫画に対する感情移入をかたくなに阻むポイントで、正義の味方を標榜するなら「例えその結果苦境に立たされるとしても」ここで助けに行くべきなんです。
これは例えるなら、ゴンとキルアが選別されそうになってる東ゴルドー共和国の一般市民達を見殺しにするようなものであり、そこは主人公として是が非でも助けに向かって欲しいところ。
ペイジさんの台詞がなかなかに腐っているのも絶妙なアクセントを加えていて、何が悪いかと言うと、
「…今までの皆の努力が水の泡だ」
という言葉の中にある「皆」には、目の前で目下大量虐殺を受けてる方々は含まれてないんですよね。
事情を知らない彼らからすれば、わけも分からず敵の大ボス達にいきなり攻め込まれ、知らないうちにムヒョ達から囮にされているわけです。
これが、「ムヒョ達を敵の目から隠すために奮戦する魔法律家の皆さん」という構図だったらなかなか美しいのですが……。
そして、止めを刺しているのが助けに行こうと提案するのは、主人公であるムヒョでもロージーでもなく、あくまで脇役に過ぎない今井さんだという事実。
ムヒョはともかくとして、ロージーはポジション的にも救出を提案すべきだと思うのですよ。

冥府 海の王子「パケロ」登場
海の王子と言いつつ、従えているのはカエルの軍団。なかなかに深淵な謎かけです。
調べてみましたが、例外中の例外でも「汽水域」という淡水と海水が混ざった場所に生息している種類がいるくらいで、カエルが海で暮らすのは浸透圧の関係で体から水分が出て死ぬのは必至にして必死! しかし、彼らを従えるのは海の王子。
色々と考えた結果、このパケロ君は王子にも関わらずイジメられており、海の住人が滅多に寄り付かない汽水域で一人寂しく泣いているところをカエルになぐさめられ、唯一無二の友になったという美しい脳内ストーリーが完成しました。


サムライうさぎ
この作品が、真面目な時代考証を売りにしているわけではないのは第一話で分かっている事ですが、それを念頭に置いても今回出てきた悪役の行動はちょっと厳しいものがあります。
現代の常識で考えても当時の常識で考えても、取り潰されるでしょうこんな道場。
さらに、伍助が真剣を使って背後から斬りかかったにも関わらず、ボコボコにした程度で帰しちゃったのも納得がいかなかったです。
こんな危険思想を抱えている集団なら、それこそ嬉々として斬り捨てると思うのですが……。
例えば、
「うちの門下生を殺さずに見逃してくれたから、今回だけは斬るのを勘弁してやる」
とか、そういう台詞があれば良かったんですけどね。
そこら辺の詰めは、相変わらず甘いです。
しかし、今回は先々週の「のちょげ」や、先週の「立派な道場」みたいなずっこけたギャグはありませんでしたので、その点においては向上したと感じられます。今後も、そんな感じでひとつお願いします。

「うさぎの面をつけた武家の女が自ら買い物などしておってな…」
この男、すさまじいシックスセンスの持ち主です。
志乃ちゃんの姿を見て、ひと目で武家の娘と見抜くとは……。
只者じゃないぜ!

ところで
どうでもいい話ですが、志乃ちゃんがおかず代を求めたという事は、お金は伍助ががっちりと管理してるんですね。
何となくその辺は志乃ちゃんに丸投げしてる印象があったので、ちょっと意外です。


リボーン
今回出てきた新キャラなんですけど、デザインから察するにおそらくツナ父と一緒にザンザスのアジトへ潜入したりしてたアルコバレーノの一人が成長した姿なのではないでしょうか? バイザーの辺りが特に似てます。
リボーンも行方不明という事で、今回の敵はアルコバレーノなのかな?
だとしたら、今まで味方側の最大戦力にして保護者だった存在と戦わなければならないので、これはちょっと漫画的に熱いです。
過去へ帰れない以上、今後は十年成長した仲間達が続々と登場し、どうにもこうにも出番の少なかった少女イーピンも活躍できる可能性もあるから、何かと楽しそうですし。


ネウロ
亀仙人とか特に顕著なのですが、「常識的に考えて変態に分類されるタイプの人間」でも「何らかの技術を極めた達人である」とか「大会社の社長である」とか言われるだけで、急に真っ当な人間であるかの様に感じられますね。
実際のところ、その人物が変態である事に一切違いはないのですが、突出した何かを持ってるだけで随分と印象に違いがあるものです。
これは、「不良が普通の事をするとすごく良い人であるかの様に感じられる」類の現象かな。

(その翌日…的中してしまう事になるのだ)
うおっ、死んだ!
すげー! あれだけキャラを立てておいて、惜しげもなく殺しました。
これは僕、犯人を許せない気持ちでイッパイだよ! ネウロ頑張れって思ったよ!
おそらく感情移入を誘うのが目的だったのだろう松井先生の目論みは、大成功といって良いでしょう。
今までネウロは、春川みたいに死んだ後にキャラを深める事はあっても、死ぬ前にキャラを深めるという事は無かったので、これはなかなかに新鮮な切り口です。


もて王
ここ数週、とてもとてもとても真面目に恋愛をやってきたジャンプ唯一のラブコメ漫画もて王ですが、本当に告白しちゃった。びっくりした。
これは来週が気になるな~。ここまでやったのなら、二人には普通にくっついて幸せになってもらいたい。
阿久津と彼女になれば、大学生になっても矢射子(となし崩し的に木嶋先輩と吉下)の出番もありそうですし。
ちなみに、僕は木嶋先輩と吉下がくっつく事に関しては否定派です。
阿久津や矢射子は他にも色々な要素があるからそんな事はないけど、木島先輩の場合は「誰にでももてるけど、意中の人にだけは振り向いてもらえない」という一点でキャラクター性を保っていたので、吉下とくっついちゃうとキャラクターとして完成してしまい、イコールで登場人物としての死を迎えてしまうと思うのです。
でもまあ、大亜門先生なら上手くやってくれるだろうから、そんな力強く反対というわけでもないけど。


テニスの王子様
金太郎とリョーマがボールに向かって突撃するシーン。何かもう色々と超越しまくりな光景です。
真ん中にボールがあるから、辛うじてこれがテニスをやってるシーンに見えない事も無い気がしますが、ラケットのガット部分が全く見えてないため、ボールを消すと完全に格闘漫画のそれと化します。
テニスの事だから少し斜め上に予想しておくと、ボールが衝撃に耐え切れず粉々に砕け散ってドローとなるのではないでしょうか。

磔となった赤也
一瞬、車田漫画を読んでるかの様な錯覚に陥った。
その他にも今週は、敵も「日本のレベルを馬鹿にする外国人選手」という事で、すごく車田テイストを感じる一話です。
あとは、とんでも科学で解説してくれる女の子がいてくれれば完璧かな。

デビル赤也
無我の場合はオーラを一点に集中させる事でパワーアップに表現としていたのですが、赤也に関しては今まで眼球だけで起こっていた変異を全身で発生させる事で強化表現としていますね。
スーパーサイヤ人も、3ではものすごい長髪になり、4では半猿人と化していたわけですが、このままいくとテニスもそのくらいの変異は起こりそうです。指は増えた事があるし。
ここまで書いて気づいたけど、これはサムライスピリッツのダメージを受けて全身が赤くなるあの状態なのかもしれないと思った。

[PR]
by ejison2005 | 2007-03-21 03:48 | ジャンプ感想 | Comments(25)
Commented by nikaido at 2007-03-21 12:56 x
naruto
影分身は一定のダメージを受けると消滅してしまうので本体しか風遁螺旋手裏剣を使えないとゆうことでひとつ。
これに限らず強すぎる技ってのは扱いにくいものです。ジライヤが最初に螺旋丸を使った時、木がごりっとけずれてエグイ技だと思ったものですけどナルトって一回くらいしか敵に当ててないし、当てると殺すから当てるわけには行かないんだろうなあと思ったものです。
Commented by ぺんぼー at 2007-03-21 18:20 x
ジャンプ編集部に一言
申し上げたき儀がございまする

来たる三月の二十六日
17号にて掲載される「To LOVEる」原作を
矢吹先生をもってせしめるの儀

お取り止め下されい
Commented by とっと at 2007-03-21 19:21 x
>ブリーチ
先週のエジソンさんの感想も含めてのコメントします。
何で日光で敵がやられるとまで思ったのか読み返してみたら、敵はルキアの鬼道をかわし完全に無防備な所を叩く機会を捨ててまで必死に日光を避けたんですよ。
でも、その理由が正体ばれるから・・・?
でも、ばれたってもう一回変身できるから平気?(吸収と知る前)
ルキアを倒す<正体がばれる
ということで、意味が分からなかったです。

あとSS編から思っていたんですが、ルキアが海燕を殺したことに何故あれほど罪を感じているのかもわかりません。あれで救ったはずなのに・・・。そして今回も敵を斬ってこそ海燕のためだと思います。

海燕の残留思念で云々みたいなベタなのになりそうだなと思いつつ・・・。
卍解に期待。

>とらぶる
作者コメント見た時にこのサイトが頭に浮かんだので最初に書いてあって笑えました。
とらぶるはファンでもアンチでもないのですが来週が楽しみです。
矢吹先生が成長しててもいいけど、どっちかといったらエジソンさんの不安が的中したほうが笑えるかな・・・。
エジソンさんの感想も楽しみなので。
Commented by 常磐 at 2007-03-21 22:59 x
>海の王子パケロとカエルの友情物語
思わずそんな情景を想像したら笑ってしまいましたw
カエルの大量発生となると真っ先に思い浮かぶのはウェザーリポートの能力ですが
このカエルたちもパケロ王子の能力と関係あるんですかね。
カエルを一匹でも潰したらすべてのカエルが一斉に飛びかかるとか。
Commented by ポルカ at 2007-03-22 00:18 x
>To LOVEる
原作も矢吹先生が担当する件ですが、なかなか面白い余興ではないでしょうか。
いつものクオリティを崩さずに話ができていればよし。例え盛大に崩れてしまったとしても、長谷見先生の偉大さを痛感するいい機会だと思います。

>サムライうさぎ
ところで悪役の親玉はなぜあの冨○先生似のお面がうさぎだと分かったんでしょうか?
Commented by Kazana at 2007-03-22 01:12 x
男爵ディーノラジオを聞きながら書かれてたんですね。
集中力が出なさそうだ・・・

>ヤミ&御門先生話
矢吹先生はこの二人のお色気シーンが書きたくて書きたくて仕方なかったんでしょうか。
ヤミの扱い次第でどっちがスターシステムを言い出したのか判断できる気もしますね。

>ルキア
何となく、ストーカーと化した白哉が出てきてぬっころすシーンが頭に浮かびました。
マフラーがなんか怪しいです。
他人を食って無限に強くなれる能力って、強いはずなのに強いキャラっていないですし
アーロニーロさんがこのまま勝つ未来が見えません。

>ナルト
多分「螺旋丸のままでいいじゃん」ってツッコミに対して岸本先生が考えた付加価値なんでしょうけど
そこまでしてサスケを再起不能にしたいんでしょうか。
少なくともサスケがナルトを襲う理由はないですし
暁はいまいち(ナルト的に)積極的に戦うべき敵でもないですし
どうもこの3勢力がちぐはぐな関係に思えます。それぞれ一方通行の三角関係と言うか。
Commented by kyuoso at 2007-03-22 17:09 x
こんにちわ♪kyousoです(≧◇≦)ノ♪

■ナルト
>格好つけたくて色々と脚色したのかもしれませんが
ぎゃはは、サスケちいせぇ~~~!
ってそれを想像したら笑いが止まりません!!!

■テニスの王子様
>ボールが衝撃に耐え切れず粉々に砕け散ってドロー
格闘殺人漫画なので衝撃でなく火薬で爆発する可能性も(汗)
Commented by サンネンネタロス at 2007-03-22 17:35 x
なんか前回の感想のときにタイミングを逃しちゃったのでここで訂正させていただきます。
前回僕が郷田豪で良かったと思ったところはP53,54ではなく、P76,77でした。何故こんな間違いをしたかと申しますと、15号の巻頭で全56Pだと記されており、例のところが最後の一つ前だったので、56-2&3でP53,54だと、ろくに確認もせず、勝手に解釈してしまったからなのです。本当に申し訳ありませんでした。二度とこんな間違いが無い様重々反省したいと思います。
ところで、違ってたらスミマセンが、かがみさんのネットラジオお聞きになられてましたか?
Commented by 総帥 at 2007-03-23 00:13 x
とりあえず赤也の「ひゃっひゃっひゃ(ry」には吹いたw
Commented by fu-i at 2007-03-23 01:20 x
長谷見先生のその後のフォローに期待することにします。
>アーロニーロ
マーロニーロ・アルルエリのことですか?

>海の王子パケロとカエルの友情物語
ありがとう!
まさに期待に応えてくれたような書き込みでした!!
Commented by fu-i at 2007-03-23 03:10 x
先週号
アーロニーロ・アルルエリ
今週号
マーロニーロ・アルルエリ
となっていますね。
Commented by ejison2005 at 2007-03-24 04:45
>>nikaidoさん
スペランカー先生じゃないんですし、流石に術を当てただけで消滅というのは無い気がします。発動は影分身でもできたんですし、当てちゃえばタダではすまないんですし。
でもまあ、殺傷力なら普通の螺旋丸でもOKなのか。
螺旋丸が当たらないのは、岸本先生がキャラの消し惜しみをしてるからかな、と思ってます。
バンバン殺してバンバン新キャラを投入する感じでも、構わない気はしますけどね。
Commented by ejison2005 at 2007-03-24 04:46
>>ぺんぼーさん
集英社の完成形は、少数のサディストと多数のマゾヒストによって構成されるのだ。
Commented by ejison2005 at 2007-03-24 04:48
>>とっとさん
ぶっちゃた話、アーロニーロさんはわざわざ変身しなくても地力で勝ってるわけで、これはもう完全に愉快犯ですね。
何が彼を、そこまで駆り立てるのでしょうか。

>To LOVEる
僕としては、普通に出来が良いほうが嬉しいです~。
Commented by ejison2005 at 2007-03-24 04:49
>>常磐さん
ヤドクガエルが空から大量に降ってくるんですねw
明らかに海の王子でも魔法律でもないけど、それは強力そうだ。プッチ神父でも焦りそう。
Commented by ejison2005 at 2007-03-24 04:51
>>ポルカさん
アイシールドとかでは絶対にやらない事ですよね。
何か、編集部まで長谷見先生の存在を軽んじてる気がします。どこまで無能なんだ。

>サムライうさぎ
本当だ。やはりこの男のシックスセンス、只事ではない……!
Commented by ejison2005 at 2007-03-24 04:58
>>Kazanaさん
さすがに後半は、聴くのをストップして書くのに集中したりしましたが。
ジャンケン辺りの流れを把握してないのは、そのため。

>ヤミの扱い次第でどっちがスターシステムを言い出したのか判断できる気もしますね
そうか、考えもしなかったけど、長谷見先生の発案である可能性もあるんですね。
そういや、ヤミちゃんってどこに住んでるんだろう? 御門先生の家に間借りしてるのかな?

>他人を食って無限に強くなれる能力って、強いはずなのに強いキャラっていないですし
セルとかブウは強かったですよ。最終的には違う方法でパワーアップしてたけど。
元気玉とか、よく考えたらまさしくこの系統ですし。

>どうもこの3勢力がちぐはぐな関係に思えます。それぞれ一方通行の三角関係と言うか。
どちらかというと、暁が不利な流れへ傾いてますね。サスケと木の葉は争う必要無いですし。
Commented by ejison2005 at 2007-03-24 05:00
>>kyuosoさん
サスケ「はあ……はあ……苦戦したけど、カブトには脚色して見せれば大丈夫だろう」
みたいな。

>格闘殺人漫画なので衝撃でなく火薬で爆発する可能性も(汗)
よくよく考えたら、ラケットを捨てて殴りあいという線が濃厚な気がしてきました。
Commented by ejison2005 at 2007-03-24 05:03
>>サンネンネタロスさん
いえいえ、単なる打ち間違いだろうと検討はついてましたし、そこまで言われると恐縮です。
かがみさんのネラジは聴いてましたよ~。
他の人に分かりやすいよう、チャンピオンREDの狂った漫画の画像をうpしたりしてました。
Commented by ejison2005 at 2007-03-24 05:04
>>総帥さん
今週のテニスは、ちょっと感想がいまいちでした。頑張ろう。
安西先生も、若い頃は体が赤くなって白髪になったのかな?
Commented by ejison2005 at 2007-03-24 05:05
>>fu-iさん
本当だ。名前変わってる!
恋次と対戦してる人は、身近にこんなのがいたからあんな注意をしてたのか。
Commented by ぺんぼー at 2007-03-24 06:19 x
「一度しか言わないよ
君の頭で覚えられるといいけど
僕は第8の十刃――…
第8十刃 ザエルアポログランツだよ」

「あああ―――!!
あああ貴方様は!!おおお第8十刃
ザエルマポロ様!?」
Commented by サンネンネタロス at 2007-03-24 15:27 x
あ、やっぱりブルードロップの話のとき画像張ってたの(僕のパソコンでは何故か見れませんでしたが)ejisonさんだったんですね。カタカナになってたのでちょっと疑心暗鬼になってて確認してみました。教えていただきどうもありがとうございます。これで今夜もぐっすり眠れます。あと、文章が少し仰仰しくなるのは癖みたいなものなので気にしないでください(笑)。
Commented by ejison2005 at 2007-03-26 00:25
>>べんぼーさん
皆が名前を間違えるから、いちいち二度と言わないって前置きするようになったんですね。
でも、彼らの名前はマジで覚えづらいからなあ……。
Commented by ejison2005 at 2007-03-26 00:27
>>サンネンネタロスさん
fire-foxだと何故か見れなかったですね。IEだと問題なかったですけど。
基本的には、カタカナを使うようにしてます。ここでの返信がアルファベットなのは、IDの関係です。