ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟メモリアルボックス レビュー
本編の感想は前にやったから、今回はウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟 メモリアルボックス (初回限定生産)に封入されている特典に絞ったレビューをするよ。


脚本
脚本は……まあ、普通に脚本なんですけど、

f0029827_0163325.jpg

↑こんな感じで、上部の空きスペースに鉛筆で立ち位置のイメージを描いたり、台詞を修正されたりしていて、
「ああ、こんな感じでイメージを煮詰めていったんだなあ」
という過程が見て取れます。
それにしても、脚本の文章って思いの他にスッキリとしているというか、台詞と最低限のト書きだけなんだよね。
登場人物達が台詞の合間に見せてる細かい挙動とかは、全部監督が(鉛筆で)修正を加えてます。
僕みたいな素人だと、ついつい脚本が物語の主導権を握ってると思いがちですが、やっぱり監督の裁量も重大な要素だよなあ。
もちろん、お話の流れを決めるのは脚本だから、そっちも無茶苦茶に重要ですけど。


絵コンテ集
個人的に、今回一番嬉しかったのがこれかな。
最初に、地球を映したワンカットで「ウルトラマンシリーズ誕生40周年記念作品」というテロップが出る部分から、ガンフェニックスで飛び去るシーンまでものすごい密度で描かれています。

f0029827_0164656.jpg

一例として、完全体となったUキラーザウルスと全員揃ったウルトラ兄弟&メビウスの死闘が開始されるシーンのコンテ。
ちなみに、このシーン。脚本では、
無数の触手で襲いかかるUキラーザウルス・ネオ、だが7人のウルトラマンは華麗に空を飛び、攻撃を掻い潜ると、それぞれの必殺技を放った!
新マンのウルトラブレスレッドが、
セブンのワイドショットが、
ゾフィーのM87光線が、
エースのメタリューム光線が、
タロウのストリューム光線が、
初代マンのスペシウム光線が、
次々とUキラーザウルス・ネオに炸裂!

というあっさりした記述にとどまっています。
ちなみに、上の文章は正確に脚本から写したよ。絵コンテではエースがスペースQを連射したりしてますし、CGウルトラマンたちが触手を次々と切断技でなぎ払っていく今作最大の名シーンは、割と後の方で生まれたアイディアっぽいです。


メイキング
メビウスのDVDシリーズって、何気に全巻なにかしらのメイキング映像が特典として入ってるんですけど、それの豪華バージョンと考えて良いかと。
それにしても、

f0029827_017046.jpg

05年11月24日にクランクインって、思ってたより全然早い時期から撮影開始してるんですね。
ちなみに、番組のスタートが06年4月8日で劇場版公開が同年9月16日。ほぼ、一年前から準備してます。
確か、平成ライダーの劇場版とかはもっと短い時間で作ってたんだけど、映画版平成ライダーが「それなりの出来」の作品しかない事を考えると、やはり良い映画を作るには豊富な準備時間が欠かせないというところでしょうか。

f0029827_017133.jpg

そして、変身シーンで置いてかれそうになっちゃう、ハヤタさんに萌え。
ちょっと閑話休題だけど、テレビでも初代マンが主役の話をやるんなら「本物の」ハヤタ隊員と初代マンが再び邂逅するシーンが見てみたいな。
ウルトラ兄弟役の皆さん最後の演技は、変身時の合成に使うカットの撮影。

f0029827_017255.jpg

上の画像は、セブンに花束を渡されたダンさんが二人一緒にガッツポーズ。
撮影現場にも、ウルトラ兄弟に対する敬意が満ち満ちていた事が伝わりますね。

そして、スーツアクターさん達が練習に励むシーン。

f0029827_0173895.jpg

皆さん、真剣な表情です。
月面における最初の戦闘で、初代マンとエースがUキラーザウルスに向けて駆け出すカットでは、勢いがつきすぎる関係でスタッフさんが走り込むエースを受け止めたりしてました(初代マンは前転してマットに受け身)。

f0029827_0175045.jpg

そして、思わず押し倒されちゃうUキラーザウルスに萌え。
うおお、ウルトラ兄弟がUキラーザウルスをレイプし始めたぞ! やはり、ウルトラ兄弟がUキラーザウルスをはらませて、ヤプールが生まれたってのは本当だったんだな……。
SATSUGAIせよ! SATSUGAIせよ!

f0029827_018688.jpg

f0029827_0181514.jpg

f0029827_0182116.jpg

Uキラーザウルスが地面を突き出して、Uキラーザウルス・ネオとしての全容を現すシーンでは、緑色の突起物をフォークリフトで下から持ち上げてセットを破壊。その後、映像と合成したりしてました。

他にも、犬のアルトが実はメス犬だったりとか、なかなか見所は多かったです。


キャストインタビュー
これもまあ、脚本と同様に特筆すべき点はありませんね。
とっても、普通なインタビューです。
あ、そうそう、ミライ君がイルカの水槽前でタカト少年と話すシーンは、ヒビノ・ミライ役のオーディションをする際からやってきたものだそうで、演じてる役者さんとしてもすごく印象に残ってるそうです。


ウルトラマン☆トレイン
これは、06年7月15日から同年8月31日までに間、東横線・みなとみらい線で運行されてた特別列車がスタートする際の様子を描いたドキュメントですね。
ウルトラ兄弟の皆さんが、列車内に貼られたウルトラマンに関するクイズに答えたりしてたよ。

f0029827_0183858.jpg

こんにちわ、タロウです。今日は電車に乗ってみました。
なんというか、カオスな光景だ……。そして、一人だけちゃっかり椅子に座ったりしてたゾフィー。


未公開映像集
様々な未公開映像が並べられてるんですけど、特筆すべきは格闘シーンのほとんどがカットされていた事。
尺も限られてるし、CGシーンを見所として用意した以上は仕方がないんですけどね。
これはもう、殺陣好きとしては本当に悲しい事で、できれば本編にも入れて欲しかったなあ。
以下、面白かったシーンを二つほど。

f0029827_0185476.jpg

「俺を踏み台にしたっ!?」
カットされた格闘シーンでは、エースが初代マンの踏み台になったりしてました。

f0029827_0194930.jpg

「お返しに、兄さんの職場を壊してやるっ!」
「ああ、私物もあったのにΣ(゚ロ゚) 」

ポートライナーが、

f0029827_0201656.jpg

ニセメビウスに激突しそうになったシーン。

f0029827_0204251.jpg

「何なんだ!?」
「メビウス……」
「え……早く止めなさい早くっ!」
「き、緊急停止ボタンッ!」
(しがみついて結果的に邪魔となりながら)「早くしなさい」
「キャアアアアアアアアアアッ!」
「うわあああああっ! もう間に合わないっ!」

この間、たっぷりと15秒。

ニセメビウス(ザラブ星人)「サーセンwwwww見逃しちゃいましたwwwww」

普通に考えると、絶対に激突してるからカットされたそうです。


フルサイズパーティーシーン
本編のエンドロールで使われていたパーティーシーンの、フルサイズバージョン。
一部、役者さん達の音声も入ってます。
ウルトラの父の、着物の似合いっぷりは異常。


そんなこんなで、メモリアルボックス特典のレビューでした。
いずれも、コアなファンにしか需要の無いものですが、メモリアルボックスっていうのはそういうもんだし、逆にいうとファンを自負するなら手に入れて損のない代物ですよ。
特に、お蔵入りとなった格闘シーンが見られるのは嬉しかったです。

[PR]
by ejison2005 | 2007-02-23 00:21 | アニメ