仮面ライダーカブト 第46話
「ありがとう、爺や……」


う~ん……。
なんかこう、別に死ななくて良かったんじゃね? という感じが……。
ワームとしての人格が強めだったウカワームとは違って、坊ちゃんの方はほとんど自覚も無かったしなあ。
いや、自覚が無ければ何やってもOKってわけはもちろん無いんだけど、さりとて死を選ぶのも直球すぎる気がする。
つーか、坊ちゃんが特に悩まず即断即決で進めてそれを受けた天道も即断即決なもんで、苦悩してる印象とかが全然無いんですよね。
特に、神代剣というキャラにとって大事なのは、(それこそ555みたいに)自分の正体を自覚した後だと思ってたんで、この展開はちょっと残念です。
あと、もうひとつイチャモンをつけさせてもらうと、これ明らかに結論ありきで作劇してますよね。
斬鬼さんが散華しちゃった時もそうなんだけど、殺そうと決めたらそればっかりに頭がいっちゃってて、キャラの心情とかを完全に失念している。
尺も30分と短かったんで、坊ちゃんはひたすら死に急いで他のキャラもむしろそれをアシストする形になっちゃってるんですよ。己の心情を曲げても。
この辺はやっぱり、中盤でウダウダやっちゃったのが響いてるんだろうなあ。


本物坊ちゃん死の真相
まあ、予想通りといえば予想通りでした。
それだけに、一切救いも無い。
本物坊ちゃんが死の間際に抱いた感情とかが、ブラックキグナスの眼球みたいな感じで力強くスコルピオワームの脳裏に焼きついたという感じかな。
結局、執事さんが坊ちゃんの正体を始めて知った時の様子は、分からないままだったけどね。


ひたすら悩んでるだけで答えを見出せてない加賀美
ひょっとしたら、詰め込みスケジュールの被害者かもしれません。
本来なら、このスコルピオワーム編は数話かけて悩みぬいた加賀美が頑張って坊ちゃんを説得するなり、引導を渡すなりするのが筋なんだけど、短い尺の中で全キャラにアンサーを求められているので、悩む時間すら与えられてない。
それにしたって、今まで自分の弟とかガタックに初変身した時の少年ワームとか田所さんとか、色々な例と向き合ってきたんだから何らかの答えを見出しとけよという感じですけど。


天道の答え
直球ド真ん中の正論。
天道って、最初から視聴者の共感というものを度外視して造形されたキャラなんで、こういう客観的に見て正しい理屈をズバズバ言えますよね。
これで、『それでも心情的に死んで欲しくは無い』という視聴者の代表的立場である加賀美がもうちょっとしっかりして意見をぶつけていれば、面白みも生まれていたのですが……。
これだと、
「うん……まあ……その答えに行き着くよね」
で終わりだからなあ。
その先への、発展というものが無い。


海の中から坊ちゃん登場
入水自殺でもする気かと思いました。
……というか、雰囲気から察するに試みたけどワームとしての生命力が邪魔で失敗したな。これは。
そして、坊ちゃんだけならともかくカッシスまで加賀美に止めを刺さないのは本当にどうしてなんだろう?
何度も甦ってる割には、学習能力ゼロだよねこの人。


地味に強かったスコルピオワーム
何か変な液体を注入してるし~!?
それが体内に流れると、ワームは従わずにいられなくなるっぽいんで、頂点に立つ男という坊ちゃんのキャラクター性に合わせた能力なんだろうなあ。


思いっきり地雷を踏んでる加賀美
その軽い態度は、どうなんだ……。
これ、確実に坊ちゃんの背中を押しちゃったよなあ。
坊ちゃんはあれで妙に繊細だから、この接し方だとかえって孤独感を感じちゃって自暴自棄化が加速するのは目に見えてるわけで。
本当に、今回の加賀美は散々だ(ゼクター捕まってるし)。


「田所さん、ワームって何ですか? 人間って何なんですか?」
いや、ここで、
「俺にも分からない……」
は、立場的に駄目だと思うんですが……。というか、キバヤシじゃないんだから。
田所さんって、現在進行形で本物田所さんの殺害なりすまし疑惑に包まれっ放しなんで、そこはビシッと自分なりの答えを言ってくれないと。
立場的には導いてくタイプなんだから、一緒に答えを見つけようではちょっと困るかな。


何気にレーダーでワームの動向をキャッチしてるし
ZECT脅威の科学力ゥゥゥゥゥッ!
これ、アンチミミック弾もへったくれも無いよね(笑)。
散々振り回された挙句、一回死んじゃったカッシスワームの立つ瀬が無いなあ。


「ライダーの最期だ」
いや、いくらなんでもそんなんじゃ壊れないだろうと思ってたら、やっぱり壊れてなくて笑いました。
というか、これドレイクゼクターが一人で支えてるよね?
知らん間に連れてこられるわ、一人だけプレスに挟まれるわ、出番も無いわで散々だな。
まあ、ザビーゼクターに比べればナンボかマシではありますが。


「この建物は、ZECTにより包囲されている」(ゼクトルーパーさん達がワラワラ)
うわー、すごい包囲網だ(棒読み)。
これなら、どんなワームも一網打尽だね(棒読み)。
これ、素通しですと宣言してるも同然なんじゃないかと、過去エピソードを振り返って思ったり。


「もう一度求めてみるか、光を」
い、意味が全然分からん。
……いや、この二人に少しでも意味を求めるのが間違ってるのか。
つまり、地獄の底に辿り着いた結果、年末商戦に向けてホッパーズの玩具を売りさばくために戦闘へ参加するという結論に到達したのかな。


カッシスさんご退場
そのオーバーリアクションで、いちいち僕らを笑わせてくれたカッシスワームもついにご退場です。
これまでひたすら脇役ライダーはこいつにやられっ放しだったけど、坊ちゃん・加賀美・地獄ブラザーズと、それぞれ形は違えどきっちりリベンジを果たしたのはちゃんと評価したい。
え、風間?
いや、あいつカッシスワームとは出会ってすらいないし……。
殺陣としては、ホッパーズの、
組み伏せられたところをライダージャンプで打ち上げ → 落ちてきたところを仕留める
という流れが、ギミックを上手に応用してて面白かったです。
そういや、地味にパンチホッパーの成体ワーム初勝利だ。


仮面ライダーサソード
NGワード:最初からサソォドパゥワァ。
例え坊ちゃんの花舞台であろうとも、容赦なく最強ぶりを見せつける天道であった。まる。
ちょっとぐらい空気を読んで、互角の戦いをしてあげてもいいと思うんだけどなあ。
ハイパー化してなくても、普通に圧倒しちゃってるし。
結局、坊ちゃんの真意は残ったワームを全て一箇所に集めて殲滅させ、自分はせめて人間として送ってくれるだろう人達の手によって逝く事という事でいいかな?
多少強引ではあったけど、坊ちゃんが本懐を遂げる事が出来たのは良かったです。
そして、地獄の兄弟は数発いいのをもらっただけなのに、何で半死半生になってるんだか。


さらば、剣!!
結局、ワームである事を丸ごとひっくるめて坊ちゃんの事を想ってたのが執事さんなんで、最期にここへ行き着いたのは必然か。
執事さんとしては、最愛の孫が死んじゃったみたいな感覚でその穴埋め的な意味が大きいと思うんだけど、このままじゃこの人に対して救いが無いなあ。
何らかの形で、その辺をフォローしてくれると良いのですが。
何なら、俺は死の淵から生還する事でも頂点に立つ男だったりしても、全然OKですよ。
……お疲れ様でした。

というわけで、ワームもあとちょっとしかいないし、いよいよカブトもあとラストスパート。
予告を見るに、ラスボスは天道で決定かな。
いやね、別にダーク天道でもいいんだけど、最後に加賀美が天道と対峙してそれを乗り越え、真の友情を育んでこそ、カブトという物語は終わりを迎えられるんじゃないかと思うんですよ。

[PR]
by ejison2005 | 2007-01-07 10:30