仮面ライダーカブト 第44話
「俺達が力を合わせれば、誰にも負けない」


悪くはないんだけど、全般的にチグハグというか、ありえない行動をとる事が多かったですね。今回。
というか、前回も書いたけどカッシスさんはトドメ刺す事を覚えましょうぜ。


ガタック・援護防御
クナイガンがいつにない破壊力を発揮してて笑いました。
こんな強烈な爆発を出したのは、前にエリアXでガタックのキャノン砲と一緒に撃ってた時以来ですよ。
いつもは、パキュンパキュンって豆鉄砲くらいの破壊力しかないくせに。


いつになく物分かりが良くなってる天道
というか、ひよりに拒絶されちゃったショックで思考停止しちゃってます。
ひよりの言ってる事は強がりだって、後から加賀美に指摘されるわけですが、強がりっぷりでは天道も相当なもんだよなあ。さすがは兄妹。
そして、蓮華の弁によるとまた日食が確認できたみたいですが、こうぽんぽんと皆既日食なんか起こって世間では騒がれないもんなんでしょうか?
ワームの大行進と含めて、世界観の描写が甘すぎるとは思います。
今回は渋谷の廃墟だったからともかく、前回戦ってたのは街中なんですし。


正義の味方の燃えカス
いやあ、矢車さんはともかく、影山さんはザビーになってからは私利私欲で動きまくってたと思うんだけど。
ここら辺は、今回のトリプルライダーキックだけではなく、終盤へ向けてのホッパーズ仲間フラグでしょうか。
まあ、今更天道達と戦っても仕方がないですし、だとすると味方入りするしかないんだけど、現状だと共闘はしてくれそうにないですし。
その辺を加味して、ホッパーズの正義の味方度を上げる方向になってる気がします。


ひたすら攻撃に耐える坊ちゃん
展開としては割と熱い(積み重ねもあるしね)のですが、いかんせん演出がショボすぎるのが気になりました。
何も、本当に反撃を放棄してサンドバッグにされる事はないでしょうに。
そんな抱え込んでたら、いずれやられて岬さん共々あの世行きですし。
ここは岬さんを逃がし、自分自身はひたすらマスクドフォームで耐えてれば良かったんじゃないかな?
その際、カッシスワームにクロック・アップを行わせて、それでも尚キャストオフしないサソードを見て、後から岬さんが何故反撃しなかったのかを問い、そこで坊ちゃんが、
「俺は勝てないが、時間を稼いで岬を守る事なら出来る」
とか何とか言えば良かったんじゃないかな~と。
もちろん、本当に殺されないように途中で天道と加賀美が乱入する方向で。


そして何故かいなくなってるカッシスワーム
意味が分からんぜ!
本当に、トドメを刺そうとしない理由が何もないよ??


ひよりは強がってるだけ
ここで、チューリップに関する事とかの回想を入れたのは普通に上手かったですね。
ひよりの絵を描く趣味も、上手い事本編に絡めてくれましたし。
この調子で、機械と話せる能力に関してもひとつ。


カッシスワームを倒すには同時攻撃を当てればよい
いやあ、時間を止めれなくなったみたいですし、普通にハイパー・クロック・アップで攻撃すればいいんじゃないかな?
結局、ラストはパーフェクトゼクターで丸ごと吹き飛ばしてたわけですしね。
あれは別に、事前のトリプルライダーキックが無くても効いたと思う。
前みたいに倒し損ねるのが嫌なら、逃げられないようボコボコにすればいいんですし。
いや、前のはあれで死んでいて、前回と今回出てきたのは2体目の可能性もありますが。
時間を止めれなくなった理由も、それなら納得できますし(個体差)。


「天道、お前はひよりを迎えに行け」
うん、まあ誰もが思うことですけど、別に後でいいよね。
ここはもう、完全にお話としてアウトの部分です(今までも相当アレですけど)。
何の必然性も無い戦力分散ですよ。ブリーチみたいだ。
もっとこう、必然性のある展開で物語を紡いでいかないと。
そして、移動する時にカブトのハイパー化が解けてるのは何故なんだぜ?


復活の影ザビー……だけど、カッシスワームにかんたんにやられてしまったぞ!
まだザビーゼクターに見放されてなくて、普通にびっくり。
矢車さん相手にはあんだけ薄情だったのに、選定基準がさっぱり分からんぜ。
案の定、加賀美の提案を無視して不協和音ぶりを見せ付けてますし。
そして、ダブルカリバーをどっかやっちゃってたくせに、どこからともなく取り出してライダーカッティングを繰り出してる演出ミス。


生きるとは
ここでの天道の言葉って、さりげなくダーク天道にも適用できますよね。
今のところ、別に誰かを殺しちゃってるわけでもなさそうですし。
逆に、すごく危ういのが坊ちゃん。
前に出てきたお医者さんに化けてたワーム達も、人を殺したりしてなければOKだったのかな。


キックホッパー参戦
何気に、矢車さんが参戦したのも絆ゆえなんで、この状況に合致してはいます。
でも、ここは普通にカブトとガタックのダブルライダーキックにしといた方がまとまりは良いよね。
しかし、販促的にこのトリプルライダーキックを逃す事は出来なかったんでしょうなあ。クリスマスも近いですし。
それなら、普段のバトルで無意味に脇役ライダーを弱体化せず、ちゃんと魅力的に演出しろよという話ではありますが。
それにしても、ちゃんと技を食らってあげるカッシスワームは律儀だなあ。


トリプルライダーキック → マキシマム・ハイパー・サイクロン
まさに外道。いや天道。
ウカワームでさえ、ライダーシューティングでサンドイッチにすれば倒せた事から考えても、カッシスワームの耐久力は驚嘆のひと言。
いやまあ、ガタックも今回だけでスティングとスラッシュに耐えてたのを考えると、そんなにすごい事でもない気はしてきますが。
カブトに出てくるライダーの特徴として、必殺技の演出が割とあっさりしてるっていうのがありますからね。威力も相応。
それだけに、マキシマム・ハイパー・サイクロンの威力は抜けてるものがあるなあ。
エンド・オブ・ワールドもそうだったんですけど、この手の大量破壊兵器は二回目以降で急激に演出がしょぼくなったりする事があるのですが、そこら辺の問題が無かったのは良かったです。


暴走するダーク天道
ラスボスはダークカブトなのかなあ?
どうも、ワームと手を組むみたいですし。
僕はてっきり、天道こそが擬態したワームで、ダーク天道が本物の天道なんじゃないかと思ってたんですけど、この分だと普通にダーク天道は擬態したワームっぽいね。

というわけで、次回は満を持してのスコルピオまとめエピソード。
地味に風間も再登場するみたいですけど、そういえば風間と坊ちゃんってソバの出前をした時以外に全く接点が無いなあ。

[PR]
by ejison2005 | 2006-12-17 10:00