週間少年ジャンプ 52号 感想
実は、感想は書いてないものの地味~に毎週アニメ版のNANAを見ていたりするのですが(原作未読)、最近の展開は……どうなんだろうこれ?
一応、知らない人のためにかいつまんであらすじを述べると、登場人物のほぼ全員が何らかの人間と肉体関係を結んでおり、最近は主人公が孕んでしまい、それだけならまだしも、それが元カレの子か今カレの子かハッキリせず認知の問題で揺れているところです。

f0029827_2574661.jpg

ギャグならまだ良かったのですが、クソ真面目にこの展開をやっているため昼メロみたいなお話になってしまってたり……。
おかしいなあ……ちょっと前までは、普通に青春劇をやってたのに……。
というか、本当にこれどうなんでしょう?
だって、子供とかが普通に読む漫画誌の連載作品でコレなんですぜ?
To LOVEるとかで大騒ぎしてるのが、すごく馬鹿らしく思えてきます。
まあ、関係無いアニメは置いといて、今週もジャンプ感想と参りましょう。


ナルト
連載7周年突破!
……7年もやってきて、いまだに敵幹部が一人も減ってない(正確には減ったけど補充された)のは、本当にどうなんだろう?
こういう時に書くべき事じゃないんだけど、明らかに漫画としてのピークすぎてるしとっととまとめモードに入るべきだよなあ……。
と思ったら、終われない理由追加です。

アニメが第二部突入! タイトルも疾風伝になるよ!
終われない理由はこれか! あと新人不足。
確か原作に追いつきすぎちゃって、ず~~~っとオリジナル展開でお茶を濁してたんですよね。ある意味では凄い話です。
で、この間の土曜日にちょっと溜まってた課題を片付けてたら日曜日の明け方になってまして、静岡じゃ日曜早朝にアニメ版ナルトをやってるから試しに見てみたんですけど……とても驚きました。
何に対して驚いたかというと、ナルトがテンテンやネジと一緒にラーメン食いながらだべってたりしてた事に対してです。
いや、普通なら驚く事でも何でもないんですけど、この漫画って主人公チーム以外の交流がほとんど描かれてないんですよね。本当に、設定上存在してるだけという感じ。
で、調べてみたんですけど、どうもオリジナル展開ではそういった第三者的なチームとナルトが順繰りに小隊を組んで、細々とした任務を行ってたみたいです。
基本的に脇役チームは3人一組であり、ナルト世界は四人で小隊を組む事になっているので、上手い事設定を活用してるというか……うん……。
それって、本編でやるべき事なんじゃ……。

「あそこには、うずまきナルトって人柱力がいる。そいつに会ったら気をつけるこったな」
いやいやいや、アナタ別にナルトからは何もされてないじゃないですか!
せいぜい、不意打ちで殴られただけですし、あれは別にナルトじゃなくても食らってたと思う。
気をつけるべきは、暁の中でも一、二を争う程の使い手であるイタチと同系統の術を用い、自分の片腕を吹き飛ばしたカカシ先生でしょう。
これで飛段さん達が万華鏡車輪眼とか食らっちゃったら、何やってんだお前らという話ですよ。
それと、飛段さんは若輩者の用法を間違ってる気がします。

「別のルートを通って木の葉へ向かう」
全くもって当然の提案です。
このまま、本当に換金所まで戻ったらどうしようかと思った。
飛段さんも、
「んー…そりゃそうだな、ホント」
なんて言ってないで、そのくらいの事には頭を回してください。

(こいつ…かなりの切れ者)
アスマさんが死んだ戦いでもそうでしたけど、誰もが思いつく程度の事でそんな美辞麗句を用いられても、読んでる側はすげー萎えます。
影真似の術なんて覚えたら、普通は他の技と組み合わせて確実に当てる方法を考えるでしょうよ。
でもなあ……よくよく考えたら、この漫画は現在進行形で主人公が『出が遅いけど当てれば大抵の敵を即死させられる技』の使い勝手を向上させるのではなく、何故か威力アップの方向で改良しようとしてるんですよね。しかも、更に使い勝手が悪くなるという。
もしかしたら、シカマルの戦法はナルト世界においては超絶革新的なものなのかも知れません。


アイシールド
えええええ!?
いいんでしょうか、進VSセナをこんな風に流しちゃって……。
いや、猪狩のキャラ立てとしてはこの上ない程に効果的だったと思いますし、進が確実に止めるという保障が無い以上は手の空いた者が援護を行うのは当然であり、むしろナイスアシストなんですが、漫画としてちょっとどうかと……。

猪狩の突きを防いだ十文字

f0029827_2581454.jpg

何だろう、別にどうという事も無いシーンなのに何故か笑いがこみ上げてきました。
直立不動でアイーンしながら格好つけてるというのが、琴線に触れたのかも知れません。
というか、直後の、
「なんか許せんカッコ良さ!」
という他のハァハァ三兄弟が吐いた台詞が、全てを表してると思う。

まるで主役の様にスポットが当たる十文字
そして、とてつもなく存在感が薄くなっているセナ&進。
いや、これはこれで面白いんだけど、やはり肩透かし感が強いです。
この心境を例えると、セルゲームで初戦から悟空が戦おうとしてるのに何故かピッコロが先に試合を始めちゃった様な、そんな感じ。


ネウロ
展開はえー!
尾田先生や岸本先生なら、ここに至るまで何話を使うんだろう……?
下手すると、ヘリで進入する時に新しい敵が艦載機のヘリコプターで戦いを挑んできてそのバトルで一ヶ月使うとか、普通にありそうだもんなあ。
ちなみに、久保先生の場合は敵が手加減して通してくれます。
それか、弥子さんとネウロが二手に別れる。

イビルブラインドで潜入
ネウロの魔界道具は全部で777個も存在し、実質ドラえもん並みに何でもありなんですが、そこであえて以前に使った道具をチョイスしたのはナイス。
今までに使用した事のある道具を有効活用した事で、新しい道具をポンと出すよりも頭を使ってる感じがして、ネウロの賢さを上手い事表現しています。
そして、そのネウロですらもパスワードが解けなかったであろう事を後のシーンで確認する事で、ある意味ネウロをかませ犬にして弥子さんの凄さを強調しているのも憎い。
どうでもいいけど、このシーンを角都さんや役立たずな上忍コンビが見たら惜しみない賞賛を送ってくれると思いました。
こいつ……かなりの切れ者。
何という子だ……ここまでとは……。

あっさりスフィンクス破壊

f0029827_2583564.jpg

f0029827_2584052.jpg

メレオロンさんの凄さは、松井先生が証明してくれました。
どうでもいいけど、富樫先生……もしかして休載一年突破という前代未聞の記録を狙っておられるのですか……?
来年の12号で達成だから、普通に実現しそうなのがまた。


ブリーチ
これ、狙ってやってるなら素晴らしいギャグなんですが、生憎この漫画は大真面目にやってこれなんですよね……。

「くだらねえ」 → 「そうかね?」~「素晴らしい事だと思うがね」
今までの流れを全て主人公が否定した後、今度は敵が一生懸命にそれを擁護。
何なんだろう、これ? 一体何が狙いなんでしょうか??
お互いがお互いを称えあって、何かのスポーツみたいだ。

「手段は選ばんぞ、ぼうや」
ここで一護の首を掻っ切らず、何故か抱きかかえてる子供を攻撃。
きっと、何も知らない人が先週からの展開を見たら、ネルは何かとんでもない力を秘めたヒロインであり、一護はそれを守るのが使命の戦士か何かだと思うんじゃないかな?

「我輩の目的は全力のぼうやを倒すこと」
衝撃の告白。
僕はてっきり、侵入者の排除だと思ってました。
いやまあ、この人がそういう人ならそれはいいのですが、こんな統率の取れてない集団で愛染さんは何をするつもりでいるんだろう?

「一瞬だって、言った筈だぜ」
思わず爆笑してしまいました。
だってこれ、この人が登場してからの展開は一護が本気でさえいれば仮面を被ってからの5ページで終了するって意味ですよ。
一体全体、この戦いは何だったんだ。

「無念」
そして何故か斬リスペクト。
無念も何も、あなた一瞬たりとも反応できて無かったよ!!!!!


テニス
感想書きづれー!

「ぶはぁーっ、もう駄目だっ!!」
ふと思ったんですけど、これってもしかして小春達に、
「なら、初めっから被るなやっ!」
とツッコミを入れさせ、流れを取り戻す作戦だったのではないでしょうか?
しかし、相手はその程度でツッコミを入れてくれる程甘い相手では無かったと。
いや、流れって何の流れだよとか、書いてて自分でも分からないけど。

「被らんかい!」
くじけようとする新人漫才師に泣き言を言うなと一括するかのような、無駄な迫力に満ちた竜崎先生のひとコマ。
何が面白いのか僕の力じゃ表現できないけど、とにかく面白かった事だけ報告しておきます。
ところで、このマスクって笑ってるのを見せてないだけで実際には内部で笑いこけてるんですよね。
そう踏まえた上で読み直すと、また違った面白さがあるかも知れません。

このコマ

f0029827_2585847.jpg

先週、このマスクをニューヨークで影ながら悪党を成敗してそうな面構えと称しましたが、このコマの背景をアメリカの路地裏とかにすると、まさにヒーロー二人の前に現れた新たな戦士の構図ですよね。


ムヒョ
何の証拠も確信も無いのに唐突にティキの仕業だと断言して、ティキも急にファビョってアッサリ罪を認めちゃったりと、さすがは西先生といったところでしょうか。
まあ、それは置いといて ミ□
そもそも、ティキが裏から手を引いてたとしても魔法律協会が腐ってたから母が死んだという事実は変わりませんし(腐ってなければ、その後にティキと戦う事になったとしても、リオ先生が裏切る事は無かった……消されてたろうけど)、動機はどうあれ今井さんの同僚はリオ先生の手引きが原因で死んでるんですよね。
こういう所で、根本的な倫理観がズレてるというこの漫画の問題点が噴出するんだよなあ……。
とりあえず、リオ先生が原因で死んだ人達も奪られたもの全部(というか命)を返して欲しいんじゃないかな?


エム×ゼロ
僕はTo LOVEるのパンチラとかはゲラゲラ笑ってるけど、今回この漫画でやってるお色気描写とかは普通に受け付けなかったなあ。
To LOVEるの場合、媚びとかそういう次元を吹っ切ったテニプリ的境地に達してるけど(要するにギャグと化してるけど)、この漫画の場合はバッチリ媚びてるからでしょうか?
いやだって、

f0029827_259158.jpg

↑これを見て、アハハ股間に顔を埋めてるよアホだー! とか思えないんですよね。
というか、昔チャンピオンで似たような構図をやった漫画があったなあ。
スクライドでしたっけ?


ディーグレイマン
先週、冗談で全員が寄ってたかってボコにすればいいんじゃないかと書きましたが、本当にやっちゃってて笑いました。
無意味に一対一の決闘を挑んで、無駄に死にかけてる神田の立つ瀬が無いなあ。


To LOVEる
そうそう、こういう話が見たかったんですよ。
こうして見ると、普段の状況がいかに以上なのかが伺えますね。
個人的に注目したいのは、保険の御門先生。
エロコスに注目してしまいがちですが、行動そのものは何気に理性的な大人のそれです。
リト父とかそうなんだけど、この作品に出てくる大人はちゃんと頼りになる人物として描かれており(ザスティン様もある意味頼られてる)、安心感があります。
……あ、そういえば校長がいたんだった。


もて王
いちいち解説はしないけど、今週はカブトネタが多くて特オタとしては楽しかったです。
ライオン丸Gについても触れていたりと、亜門先生とは趣味が合いそうだなあ。
阿久津達が身につけてる服のズボンも、

f0029827_2593290.jpg

f0029827_2593988.jpg

カブトからのリスペクトが感じられてナイス。


オーバータイム
ありゃ、やっぱり打ち切りでしたか。
でも、これは仕方が無いよなあ……。
あの喧嘩野球とか、イベントも無しにいつの間にか改心してる先輩とか、根本的な部分が全くなってなかったですもん。
この打ち切りは必然だし、現状のままでもう一回連載しても確実に打ち切られると思う。
何というか、漫画とかは置いといて、もっと社会常識とかを身につけた方が良い気がしました。



そりゃあ、打ち切られるとも。
ネタ漫画としては果てしなく優秀でしたが、本当に編集部は何を考えて連載を開始したんでしょうね?
今、ジャンプが抱えている新人不足という闇は果てしなく大きく、そして深いなあ。

[PR]
by ejison2005 | 2006-11-28 03:00 | ジャンプ感想 | Comments(20)
Commented by 白玉堂 at 2006-11-28 15:48 x
もし、今週のネウロ(第87話)をコミックス一冊分以上の分量に膨らませるとしたら、どのような構成が考えられますか。私が思いついたのは、ヘリが飛び立つまでに2~3話、ヘリが落とされるのに1話、空母に潜入するのに1話、スフィンクスの所に辿り着くのに2~3話、スフィンクスを破壊するのに1話、弥子がパスワードを入力するのに1話、といったような構成です。
Commented by ぺんぼー at 2006-11-28 18:17 x
>今、ジャンプが抱えている新人不足という闇は果てしなく大きく、そして深いなあ。

時期新連載の内の一本、暁月あきら先生は新人離れした画力ぢゃないデスカ(棒読み)

イチロだって松井だって松坂だってみんなみんな一年目なんだ新人なんだ
Commented by MU at 2006-11-28 21:21 x
>今週のネウロ(第87話)をコミックス一冊分以上の分量に膨らませるとしたら

これがワンピースなら、「吾代、笹塚さん、アヤ・エイジア、早坂兄弟、篚口も交えて突撃→それぞれ、空母内に点在する新スフィンクスと戦闘&破壊」みたいな展開もあったでしょうね。
表紙連載は「至郎田シェフのわくわく美食紀行」です。

空母に潜入というと、個人的には『サイボーグクロちゃん(コミックボンボン)』を思い出しますね。
あれは確か、小学生が空母を乗っ取って原子力発電所にぶつけようとしたとか、そんな話でした。
Commented by ミートイズマーダー at 2006-11-29 00:13 x
初めましてエジソンさん。
今週のネウロは個人的にはヘルシングのように突っ込むかと思いましたよ!
しかしここは残りのエネルギーを示唆させて潜入には最小限のエネルギー(範囲制限や、時間制限を使ってしっかり読者に伝えてるのも好きな表現ですね。)
を・・・としながらミサイルに乗ってきて弥子さんに無理させるのも松井先生らしさがでててイイ!
ですが今週の一番の見せ場は僕的にネウロと弥子さんの会話でしたね。
ですが、二人の分担を明確にするのに松井先生は本当に最初から流れをもたせていて、この二人の役割を描ききった松井先生がこの後どんな展開をみせてくれるのか予想がつかなくなってしまいました。ですが松井先生的には、人間と魔人の物語はまだ終わってないことを願って・・・!

長文失礼しました!
Commented by とれたてコーン at 2006-11-29 00:33 x
え?とらぶるのエロが読者に媚びてないと言いたいのだろうか。
そっちのほうがとんだギャグだな・・・
Commented by とれたてコーン at 2006-11-29 00:42 x
それと
>これを見て、アハハ股間に顔を埋めてるよアホだー! とか言ってられないでしょ?
にしても、いちいち第三者に同意を求めずに、私はこう思うんです。と一言で済ませておけばいいでしょ。
とらぶる信者なのは構わんが、とらぶるの良さをアピールするために
エムゼロに邪推邪見の矛先を向けた挙句、他人にまで押し付けるのはやめんかい。
全く逆に思ってる人だって多数居ることを忘れるなっての。
ララの裸デコレーションなんてそれこそ全く笑えないを通り越して不快感を覚えたわ。
Commented by 黒川 at 2006-11-29 02:21 x
横槍失礼。

> え?とらぶるのエロが読者に媚びてないと言いたいのだろうか

とらぶるの場合は「萌え」と言うものを主題において、「媚び」自体を話しのネタにしているのに対し、エム×ゼロの主とするものは「媚び」ではなく、なのに読者に媚びるのであざとさが目に付いたと言う事ではないでしょうか?
最近、ジャンプを読んでいない為、両作品について殆ど知らないと言っても良いのですが。
あと、ご指摘のララのデコレーションについては、当時のエジソンさんも「ダメだ」とネタにしてますしw

> NANA
いやぁ、ジャンプの漫画とはある意味対極ですよね(^_^A
ジャンプから離れたのも、こういう漫画読んでてジャンプのカラーに不満を覚えたからですが…鉄鍋のジャンとか平気なのに何でだろう。やっぱり、突き抜けているからかw
Commented by ejison2005 at 2006-11-29 16:58
>>白玉堂さん
甘い甘い。
パスワードを入力した後、更なる強敵が横槍を入れてHALとドローし、結局決着がつかずに悪役も減らないまま話を終えて、引き伸ばし地獄へ引き入れてこそよい稼ぎ手というものです。漫画としては果てしなくアレですけど。
Commented by ejison2005 at 2006-11-29 16:59
>>べんぼーさん
あの人の読み切りは覚えてるんですけど、全然期待できない気が……(苦笑)
瞳のカトプレパスが格闘職人アウディを連載して欲しいなあ。
Commented by ejison2005 at 2006-11-29 17:00
>>MUさん
おお、それぞまさしくネウピース!
クロちゃんは僕も読んだ事ありますよ~。
とてつもなくクレイジーな内容だったのを覚えてます。
ボンボン、懐かしいなあ。
Commented by ejison2005 at 2006-11-29 17:02
>>ミートイズマーダーさん
初めまして、コメントありがとうございます。
終わって欲しくないですし、どうも終わらないみたいでホッと胸をなでおろしてます。
まだまだ、ネウロ読みたいよ~。
しかし、松井先生もプレッシャー高いだろうなあ。
今後のシリーズでも、更なるクオリティアップを求められるわけですから。
有能でありすぎるが故の苦悩に見舞われてそう。
Commented by ejison2005 at 2006-11-29 17:06
>>とれたてコーンさん
>私はこう思うんです。と一言で済ませておけばいいでしょ。
おお、確かにその方が良い表現! という事で手直ししましたよ~。
>エムゼロに邪推邪見の矛先を向けた挙句、他人にまで押し付けるのはやめんかい。
そう言われましても、今回のこれってTo LOVEると絡めずに感想書くほうがよっぽど不自然じゃないかなあ。
そして感想である以上、僕は思うさまに書くわけです。
>全く逆に思ってる人だって多数居ることを忘れるなっての。
そんな事いったら、何も書けなくなっちゃいますよ?
というか、むしろネウロ感想の方がよっぽど酷い事書いてますけどそっちはいいんですか??
Commented by ejison2005 at 2006-11-29 17:09
>>黒川さん
>横槍失礼。
黒川さんまで斬リスペクト!
今後、不意打ちという言葉を目にするたびに月島さんを思い出すんだろうなあ。
斬は永遠かどうか分からないけど、月島さんは永遠になった気がする。
>エムゼロ
むしろ、何が売りなのか現状でもサッパリ分からないのに、さらに屋台骨をグラグラにしちゃってどうするんだという感じです。
いちいち飛段さんに指図する角都さんみたいな心境。心配でたまらない。
>NANA
面白いっちゃ面白いんですけど……少女漫画はクレイジーだなあ。
Commented by 総帥 at 2006-11-30 01:06 x
>>ナルト
とりあえずイノとチョウジがいらない気がしてならない罠。
それと暁にはイタチクラスの奴が何人いるか分かりませんが(最低でも頭領はイタチクラスかな?
木の葉で一番強かった大蛇丸orエロ仙人が勝てないのが最低でも二人くらい敵の組織にいる時点で戦力バランスがめちゃくちゃな予感ががが。
しかも大蛇丸レベルの強さの忍びって他の里にはいないっぽいし。。。
てか主人公達より暁の方が格好いいから
暁に勝って欲しいんですがががw

>>ブリーチ
なんつーか実にアホ臭くて最近読んでいて凄くツマラナイですハイ。
なんでホロウ化すれば一瞬で倒せる敵を何週間もかけて倒すのか理解に苦しみますね。
ちょっと最近やる気の無い苺に気合い入れる為に
仲間1人くらい殺した方がいいんじゃないの?って気がします。

>>エム×ゼロ
今回はちょっと狙いすぎな感じがしますが
相変わらず勃起するような絵の上手さと微エロ具合に大興奮ですw
Commented by 総帥 at 2006-11-30 01:13 x
>とらぶる信者なのは構わんが、とらぶるの良さをアピールするために
>エムゼロに邪推邪見の矛先を向けた挙句、他人にまで押し付けるのはやめんかい。
>全く逆に思ってる人だって多数居ることを忘れるなっての。

そっくりそのまま返そうじゃないか。
あんたと全く逆に思っている人だって多数居ることを忘れるなっての。
Commented by やまとん at 2006-11-30 03:03 x
>ネウロ
今週はちょっと展開早すぎな気がしました。2話くらいに分けても良かったのに。

>ナルト
シカマルの言動を他のキャラがいちいち賞賛するからなんだか逆にシカマルが馬鹿みたいに感じてしまうところはありますね。作戦自体はそんなに悪いものだとは思いませんでしたけど。

>ナナ
ナナはアニメの1話しか見たこと無いんですけど若者の恋愛を爽やかに描いた物語だとばかり思ってました。随分どろどろしてるんですね。一度読んでみようかと思ってたけど僕は肌にあわなそうだなあ。
Commented by ejison2005 at 2006-11-30 17:23
>>総帥さん
まままあ、穏便に。
>ナルト
何もしてないですねえ、イノとチョウジw
シカマルが影縫いしてカカシ先生が攻撃すれば全てOKの気がします。
>ブリーチ
手を抜いて戦うのも、ここまで徹底すれば大したもんです。
>エム×ゼロ
あの新キャラは、今思うとこのイベントのためだけに新造されたんだなあw
Commented by ejison2005 at 2006-11-30 17:25
>>やまとんさん
>ネウロ
でも、急ぎまくってるのが逆にネウロの焦りを感じますし、これでOKな気がします。
何だかんだでパスワードの謎とかも残ってますしね。
>ナルト
皆で褒めすぎなんですよねw
大した奴だ……ここまでの子とは……こいつかなりの切れ(ry
>ナナ
いや、こないだまでは青春物だったのですが……少女マンガは理解し難いものがあるなあ。
Commented by やんばるくいーん at 2006-12-02 00:28 x
おそらく
エムゼロを引き合いに出しながらのとらぶる批判に不快感を覚えるとらぶる信者も
とらぶるを引き合いに出しながらのエムゼロ批判に不快感を覚えるエムゼロ信者も
共通して感じるであろう「人のこと言えないのになぁ」

まさにこの状態なわけですな。
それぞれ長所と短所を持ち合わせているのに、それを無視して自分の好きだけを押し付け合い貶しあう下らなさは、まさに外から見ればただの茶番劇。
好みの問題に客観的な優劣など付けられないんだから。
Commented by ejison2005 at 2006-12-02 01:16
ああ、なるほどなあ。
主観的に感想を書くもんじゃありませんねえ。矛盾した言い回しですけど。