仮面ライダーカブト 第41話
「俺がゆくべき道……それは……」


いやあ、とうとう新ライダーについて発表がありましたね。

f0029827_15303961.jpg

……。

すごく……目が大きいです……。

もっと決定的なスチールとかが無いと、判断は下せませんが……これは……どうなんだろう?
例年通りなら、動けば格好良く見えるのでしょうが……ドレイクの親戚みたいな顔つきだなあ……。
それでは、今週もカブト感想と参りましょう。


アバン
ワームの数、多っ!
そして、シャドウの皆さん強っ!
これ、無関係な一般市民の皆さんにとっては白昼のテロ行為だと思うのですが、その辺どうなってるんだろう?
そして、天道は何考えて山に登ってるんだ(笑)。
いや、彼らしいといえば凄く彼らしい無駄な自信を感じるシーンですが。


アンチミミック弾
え~と、もう各所でつっこまれてるとは思うのですが……。
これ……前に出てきたスコープがあれば不要な存在なんですよね……。
一般市民に迷惑をかけず正体を看破できる分、こんなテロ弾頭なんぞより数段使い勝手がいいですし。
これも、散々言われてる事ですが、この番組はちょっと使いこなせてない設定と、その場しのぎのいい加減な設定返しなどが多すぎます。個人的には、ハイパー以降急に他のライダーが弱体化してるのが凄く不愉快。
漫画みたいに、個人プレーで作劇してるならまだしも、大勢でひとつの作品を作ってるわけだから、本来そういった辻褄合わせには有利なはずなんですけどねえ。
響鬼の時もそうだったけど、ちゃんとした設定書とか作って矛盾は指摘しあいましょうよ。
もしかしたら、似たような事やってるのかも知れないけど、効果が出てないんじゃやってないのと同義ですし。


「ワーム掃討作戦に備えて、一般市民を~」
白昼のテロ行為に続いて、白昼の大量失踪事件まで発生しました。
中身がネイティブとはいえ、これ事件に発展するんじゃないかなあ。
もう、正体とか隠す気ゼロですね。
報道管制とか行うにしたって、これちょっと隠蔽は無理があるでしょ……。
新兵器があるから、一般人にバレてもいい! 一気に攻勢へ転ずるぞ!
とかなら、話は分かるのですが、あくまで秘密裏にやってるつもりみたいですし。


真実へ近づく加賀美
止まってる時は凄い勢いで足踏みしてるけど、動き出すと駆け足になる番組だなあ。
ワーム側にも、ようやく真っ当な強敵(つーか、新たなる変態)が登場してくれましたし、加賀美も自分の父親について知ったしで、ちょっとワクテカですよ。


「あれは……ただの芝居だったんだ」
ここで、芝居をされた事について怒るのではなく、ミサキーヌに恋人がいなかった事を素直に喜ぶのは、坊ちゃんの美点として素直に褒められる部分だと思います。
勿論、巨大な短所でもあるわけですが、子供番組のヒーローとしては分かりやすくいいと思う。


「俺は総監の息子だ!」
ここ、よくよく考えたらガタックに変身してクロック・アップを用いれば万事OKな気はしますが、まあ変に気のきく加賀美なんて加賀美じゃない気もしますしね。


「分かった? あなたと私は、所詮住む世界が違うの」
世界どころか、次元そのものも違いそうな気はしますがガガガ。
坊ちゃんは、同じ地球上の生命体ではない気がする……。
あ、そういえば同じ地球上の生命体ではないんだった。


ZECTはネイティブのものだった
前々からの伏線で、ZECTとワームが繋がってるとは思っていたのですが、そうかネイティブの方だったか。
言われてみれば、変身アイテムを使いこなしたりしてたのはネイティブの側でしたし、推理可能なネタではありましたね。
個人的に、加賀美パパの妙にしおらしい態度はブラフだと思うなあ。
今までが今までだったし、絶対この人は面従腹背の姿勢で何か企んでると思うよ。


天道にベルトを託したのはネイティブだった
父親としての情が、ネイティブに乗り移っていたが故だと思いたいもんです。
さて、前々から言われてた事ですが、今回のこれで劇場版とは違う世界である事が決定的になりましたね。
これで、同じ世界だと言われたら、何度も何度もハイパー・クロック・アップで巻き戻して歴史が変わっちゃった事になり、それは主人公としてどうよという話になりますし。


地獄の三兄弟結成
何なんだろう、これ?
この展開を受けて、僕はどういう感想を抱けばいいんだ??
いや、面白いんだけど、ここまで徹底的にこの三人を本筋から遠ざけるのは何故なんだぜ?


田所さんの正体
ここでポイントになるのは勿論、田所さんは番組開始当初からネイティブだったかどうかですね。
果たして、途中で本物の田所さんが始末されてネイティブが入れ替わったのか、田所さんはひよりや坊ちゃんと同じく自覚の無いネイティブだったのか。
後者だと、天道達の精神的支柱となって一気に本筋へ絡めるから嬉しいんですけど、中盤でZECTの暗部にかなり関わっていたので前者も十分に有り得るんですよね。
その辺は、今後の情報待ちかな。
あ、ガタックがボコボコにされてたのは装着者のテンションが下がってたからでしょう。
この番組におけるライダーって、モチベにかなり影響されますし。
追記:そういえば、前に田所さんはガタックゼクターにボコられてたわけですけど、もしあの時点で既にネイティブであり、それでもガタックゼクターがボコにしていたなら、創造者達であろうと自分が気に食わないなら反逆するガタックゼクターはかなり天の道を歩んでる気がします。


VSカッシスワーム
おお、敗れるのが前提とはいえ、ここでの殺陣は久しぶりにカブトらしさが出ていて良かったです。
どんな強敵が出てきても、一歩も退かずに渡り合う姿勢こそがカブトの本領ですから。


敗れる最強
つまり、今回のテーマはザ・ワールドVSマンダムだったんだよ!
ジョジョオタにしか分からないネタでしたね……。
しかも、よくよく考えたらまだ天道は時間移動の方は操れないんでした。
というか、ハイパーゼクターが元気に飛んできてる以上、未来でこいつを打ち破るのはほぼ確定してる事項だから、微妙に緊迫感が削がれてる気がします。

というわけで、一気にまとめモードに入ってきた仮面ライダーカブト。
そういやあと2ヶ月くらいで終わるんだという事実を思い出しつつ、また来週。
[PR]
by ejison2005 | 2006-11-26 15:30