週間少年ジャンプ 51号 感想
f0029827_3455097.jpg

今日も今日とて衝動買い。
いやあ、今月はリプレイが多くて嬉しいなあ。
といっても、読めてるのは皇国の守護者の2巻までだけですが(´・ω・`)
インプットする時間もアウトプットする時間も全然無いなあ。うたわれるものも、ようやく東方不敗が出てきたとこですよ。
で、この皇国の守護者なんですけど……いやあ、面白いらしいとは聞いてたけど本当にすげえ面白いですわ。
久しぶりに出会った上の上って感じです。
ちなみに、To LOVEるとかワンピで大体中の中くらい(あくまで僕基準……単なる個人的な好み)かな。
これはそのうち、レビュー記事を書きますね。
それでは、今週もジャンプ感想と参りましょう。


ブリーチ
今回の何がいけないかというと、結局卍解しちゃってるんで戦い始めてから卍解に至るまでのページは単なる回り道(時間稼ぎ)であり、無駄なんですよね。
ネルの能力だけは新情報だけど、それ以外の全ては漫画として考えた場合全くの無価値であり、白紙も同然です。
回り道せずに全力で戦っていれば、丁度今週の巻頭カラーで決着がつく頃だったのにね。
そもそも、ネルとの出会いにしたって偶然以外の何物でもなく、必然性の欠片も無かったからなあ。
伝説の勇者(の後継者)がちょっと街の武器屋で買い物してたら、偶然先代伝説の勇者が使ってた剣を捨て値で置いてあった様な、そんな感じ。

お嬢ちゃんが何者か知らんが…」
各所でつっこまれてますが、女の子だったんかい!
それが一番のサプライズですよ。
いやだって、男の子としか思えないでしょう? 今までの描写だと。
ところで、今回の展開って最初から卍解で戦ってる一護が苦境に陥り、そこへ乱入したネルがチャンスを生み出して一護が勝利し、
「お前……何者だ?」
とか、そういう展開の方がネルの特異性へスマートに焦点を合わせられて良かった気がします。


リボーン
色々と置いといて、誰か一人くらいは、
「いや、お前がゴーラ・モスカの中に九代目を入れていたのは何の問題も無いのか?」
と、つっこむべきだと思いますよ。
小難しい理屈を並べる展開だったんだから、その程度には作品的な自問自答が欲しい。

九代目死す
ここは後から、
「いや、息がある!」
とか日和った展開にせず、きっちりと冥府に送り届けて欲しいところ。
じゃないと、今回のお話そのものが無意味になっちゃいますからね。

ザンザス対ツナ
似たような能力の使い手だし、ここで普通にツナが勝っちゃうのも興ざめなんでザンザスが押しに押し、最後の最後に戦いの衝撃か何かで遺体からこぼれ落ちた九代目の専用武器が逆転のきっかけになるとか、そういう展開を希望。


ワンピース
一週読み飛ばしたかと思って焦りました。
ううん、あそこからエースの戦いをスルーしちゃう意味が分からないです……。
いや、面白かったんだけど、肩透かしを食らった感じ。

「えー!? もうできたのか!? 随分早え!!!」
本当に早い!!!!!
凄まじくインスタントな造船です。本当に大丈夫なのかなあ……。
何も、夜通しで作らんでもという気がしますし。

フランキーとウソップの顛末
なるほど、こうきましたか。
二人に賞金をかけた事で無理なくフランキーを子分達から巣立たせ、同時にウソップ(というかそげキング)を合流させる事に成功してます。
というわけで、本当の本当にさようならウソップ。
そしてこれからよろしく、そげキング。


To LOVEる
先週、他の感想サイトさまで知ったんですけど、そういやララは学校なんか無視してリトを連れたままとっとと家に帰ればいいんでした(´∀`)σ)∀`)・∵.
でも、学園物で『家に帰る』という選択肢は何気に盲点だと思うんですよね。
麻雀漫画の登場人物がどんな問題でも麻雀で解決しようとしたり、料理漫画の登場人物が意味も無く味勝負をしたがるのと同様に、学園物の登場人物は学園で起きた事件を何が何でも学園内で解決せねばならない法則があると思う。
これは、『バトル漫画なのに手を抜いたりトドメを刺さない』とかとは、別次元な問題の気がします。でも、お約束という安易な言葉では済ませたくない。
う~ん……ちょっと今日は結論が出そうに無い。てへ。

今週リトが受けたエロプレイの数々
オッパイで挟まれる → 「つ、つぶれる~!」
乳首にぶら下がる → ぶら下がってる本人はそれどころではない
パンツ目撃 → これは普通に……
股間の下敷き → 死ぬってマジで
「やったーっ、戻れたーっ!」 → そんな事を意識してる余裕は無い、あとビンタ
今週のポイントは、小さくなった事でリトが受けた恩恵はせいぜいパンツを下から眺めた事くらいであり、その程度のリターンを得るために受けるリスクの大きさが半端でなく、傍から見ていて全くうらやましくない事でしょうか?
パンツにしたって、リトの性格上一度目撃した後は見ないように努めていたはず。
天条院さんが落っこちて来た時とか、パンチラ狙いで上を眺めまくったりしていたら潰されなかったでしょうし(階段を登るのに忙しく、それどころでは無かったともいえるけど)。

「何かもう…ララさまのパワーはおなじみになってるようですね」
常識など、第一次世界大戦終了直後のドイツ紙幣並みに価値が薄い世界です。
今回みたいにペケがつっこんだり、リトとか背景のモブキャラ(弄光先輩の取り巻きとか)がたまにつっこんだりするのが、最終防衛ラインかも。
そういった自問自答が無くなっちゃうと、グダグダになっちゃうんで前にTo LOVEる布教コラで主張したけど、一旦常識を確認する様な展開が欲しいかな。



f0029827_3461373.jpg

f0029827_3461886.jpg

矢吹先生の新たなる資料……それはガドガードだった!
ネタでいってます。が……似てるなあ。
どうでもいいけど、ガドガードは結構好きです。GONZO特有の病気というべきか、粗が多いですけど。

「あのララという小娘につられて、あんな事やこんな事までしてしまって…」
いや、あれはどう考えてもララが原因じゃないですよ。
あなたが、勝手に暴走してただけですよ。
ララと天条院さんのお色気対決は、今テニスでやってるお笑い対決並みの不条理さがあると思う。
ところで、かがみさんの少女漫画レビュー(18禁注意)を見てると、沙姫ちゃんの求愛行動は極めて一般的なそれである気がしてきました。
ちょろいもんだぜ!

「そんな…沙姫様」「あの時の沙姫さまは、とても輝いておられました!」
そして元凶発見。
きっと、今回名前が判明したけどどっちがどっちなんだかサッパリ分からないこの綾ちゃんと凛ちゃんが、こぞって天条院さんを間違った方向へ誘導してきたんでしょうなあ。
もて王の悠みたいに、実は狙ってやってたらキャラが深まっていいかも知れない。
その場合、天条院さんが学園祭でSというよりもMの格好をしていた事にも説明がつきそうな感じ。
……いや、つかないよ! 何をナチュラルに書いてるんだ、僕は!


ナルト
とりあえず、カカシの同行が決定するまでの11ページはスカスカ感が半端じゃないぜ!
ありえないくらい、無駄の多いコマ割です。
いつもそうだけど、今週は特にひどかった。

「敵が戻ると言ったポイントには、ちゃんとした小隊を送る」
情報収集もせず、シカマル達はどこへ向かうのかと思ってましたが……。
僕はこれを受けて、どう反応すればいいんだろう……。
いやね、自分の中でどういう感想を抱いてるかは分かってるんですよ。
ただ、これをそのまま出力すると、とてつもなく棘と蔑みに満ちた言葉になっちゃいそうなのです。
えーとね、キミタチハホントウニモドッテクルトデモオモッテイルノカナ? (棒読み)

「これからアンタの罪状認否を取る」
ざいじょう-にんぴ ―じやう― 5 【罪状認否】
刑事裁判の冒頭に、被告人が起訴状に記載された公訴事実を認めるかどうかについて行う答弁。

だそうです……。
ところで、何で換金所のおじさんが取調べ(?)を受けてるんでしょう?
ああいうのって、忍者と相互不可侵条約的なものを結んでない限り、存在し得ないと思うのですが。
普通に捕まえたりしていいのなら、角都さんと飛段さんならこのおじさんを殺して換金所の金を全て持ってっても良さそうですし。

理想

f0029827_3463949.jpg

f0029827_3464438.jpg

f0029827_3465028.jpg

行くにしたって、最強戦力で向かえよという感じです。


ディーグレイマン
悲しむも何も、本来なら全く必要の無い戦いをわざわざ強行して死人を出しちゃったわけで、僕が千年公なら、
「貴様が一人で全員片付けてこいやあ!」
と叫んでティッキーを蹴り飛ばすと思います。

VSジャスデビ
ここで、神田に対する嫌みの様に全員でタコ殴りにしたら、かなり痛快なギャグになると思いました。


ネウロ

f0029827_347450.jpg

f0029827_3471260.jpg

f0029827_3471913.jpg

どうやら早坂兄弟も乗り込んでくれるようで、やはり熱い展開です。
どうでもいいけど、あれだけ食って26万9千円は安すぎると思いました。
絶対、100万円単位だと思うよ。


テニス
かがみさんにネトラジで言われたから、頑張って感想書くよ!

金色のキャラ付け
これは、普通に説得力あるんじゃないかな?
皆さんも実体験として理解できると思いますが、人間の感情を動かそうとすると一番難しいのは笑わせる事ですからね。
(問答無用の許斐先生パワーが主な要因とはいえ)実際、読んでて彼の行動は笑えるので、頭が良いという設定に説得力が増しているといえます。
お笑い芸人って、頭が良い人が多いと聞きますし。
それにしても、ボールを打ってるシーンが全然無いから、打球ではなくお笑いでポイントを取ってる様に見えますね。
実際、そんな感じか。

「ったく、ポーカーフェイスで試合出来んのか?」
この、
「そのくらい、出来て当然なんだよクソどもが!」
とでも言わんばかりな竜崎先生の言い草と表情ですが、よくよく考えたら、彼らが身を投じているのはテニス。
おそらく、プロの試合ともなれば試合を進行させながら漫才を成立させる選手とかも存在するに違いありません。
若い頃、そういった変態プレイヤー相手に死闘を繰り広げてきた竜崎先生から見れば、その程度の芸当は出来て当然なのでしょう。

「おおおーっ3連続スネイクだ!!」

f0029827_3473830.jpg

打球でもラケットでもなく、マスクを強調した3連続というのが今回のお話が持つ異常性を象徴している気がします。
それにしても、このマスクのデザインは絶妙ですね。
単に無機質なマスクをつけるのではなく、このマスクそのものがある程度の表情(雄雄しさ)を感じさせるデザインなのが、面白さを増していると思います。
ニューヨークで影ながら悪党を成敗してそうな面構えで、チョンマゲつけた変態とテニスをしているという構図が素晴らしい。


ムヒョ
崩壊する建物の最下層に放置され、安否を気づかわれていた今井さん達ですが、ミックの張っていた結界のおかげで助かった様です。
素晴らしい紳士ぶりだ。
まあ、リオ先生死んだら箱舟が困っちゃうしね。

ミックの過去
??
これは一体全体、何がやりたいんだろう?
もしかしたら、ミックへの同情を狙ってるのかもしれませんが、一生懸命悪い事するぞーと宣言して、実際に悪事を働きまくった上での死なわけですから、一切同情する余地は無く、死んで当然だという感想しか抱けませんよ。
ミック姉が回想シーンでセルフツッコミを入れてる以上、西先生もその事は自覚してるんだと思うのですが……。
まあ、自覚したからといって、西先生は西先生ですしね。


エム×ゼロ
この漫画は、魔法が使えない主人公というのが売りであり、今回の展開に面白みがあるとすれば、RIカードとM0カードのどちらを選ぶかなんですから、あまり魔法薬に便利な効果を持たせては欲しくないところ。
というか、試験も終わるような次期だというのに、九澄がいまだに校内の主要施設を回っていなかったというのが驚きですよ。
僕は、大学に入って一週間以内には主要な施設全てのお世話になったよ。

「少々のトラップくれー平気だろ」
この漫画の……というか、叶先生の致命的な悪癖として、常識人というのが登場しないんですよね。九澄も、基本的には不良キャラですし。
柊先生とか顕著な例なんですけど、大人の判断を下すべき人材にこぞって問題児が配置されている。
この部長も、トラップが仕掛けられていると分かっている場所に何の警告も無しに嫁入り前の娘さん×2と大して面識の無い人間を向かわせるとか、ありえねー根性の悪さですよ。
怪我させたら、どう責任を取るつもりでいるんだろう?
嗚呼、読み切りの時に出てきた先生はいい感じのキャラだったのに……。
[PR]
by ejison2005 | 2006-11-21 03:48 | ジャンプ感想