週間少年ジャンプ 50号 感想
さて、僕はジャンプ以外にも色んな漫画誌を立ち読みしたりなんかしてるわけですが、欠かさずに読んでる漫画のひとつにY十Mというのがあります。
で、このY十Mが(長くなるから、詳しくは後日別記事で書くけど)今週すごく楽しかったです。
何というか、バトル漫画だと思ってたらいきなりハーレム漫画に様変わりした感じ。
そりゃ、柳生十兵衛も、

f0029827_3174132.jpg

こんな面白い顔しちゃいますよ。
それにしても、恐るべきは原作の山田風太郎先生です。
Y十Mの原作である柳生忍法帖は、かな~り昔の小説なんですけど、まさかその当時にハーレム要素を盛り込んでいたとは。
同じく古い作品である甲賀忍法帖も昔の作品とは思えないくらいレベルの高い能力バトル小説ですし、すさまじい勢いで時代を先取りしていた御仁だったんですなあ。
それでは、今週もジャンプ感想と参りましょう。


ムヒョ
物理法則への挑戦かというくらい、ありえない壊れ方をしている屋根とか、T-1000でも成し遂げられなかった大砲への変身とか、色々とツッコミどころは多い今回ですが、このくらいなら頑張って騙されようという気になります。
うん、西先生今回は頑張ったよ~。

1ページ目の今井さん

f0029827_3175562.jpg

f0029827_318188.jpg

一難去ってまた一難というか、泣きっ面に蜂というか、とにかくまあ、今井さんの受難は終わらない予感。

「努力と勇気なら、誰にも負けねえってトコロをな…!!!」
勇気は現在進行形で頑張って見せようとしてるからともかくとして、努力はどうなんだろう……?
この漫画の主人公サイドは、基本的に才能だけでどうにかしてる人々なんで、努力とかいきなり言われてもすごく違和感があります。

「『竜車輪』の威力が、数百倍まで跳ね上がる!!!」
数百倍はちょっと誇張しすぎですが、これは少年漫画の騙しとして結構いい感じだと思いますよ。
パッと見で、何となく威力が上がりそうと思わせた時点で西先生の勝ちですわ。
ブリーチとかナルトも、こないだ敵組織の行動についてで似たような事やってたけど、あちらは一瞬たりとも騙されなかったからなあ……。


ナルト
1ページ目2コマ目の綱手様なんですが、

f0029827_3181597.jpg

何か、頭の形が変じゃないですか?
ぬらりひょんみたいだ……。

「やった! 何かコツがつかめてきたってばよ!」
すったもんだの末に、結局分身を増やして三人で術を構成するという結論に至ったみたいですが、これは……あの……使い勝手が、かなり悪くなってるような。
今まで二人で螺旋丸を作ってたのも、ちょっとどうよという感じだったのに、実戦で三人になってちんたらやってたら戦いにならないと思うけどなあ。
そもそもの問題というか、前からつっこもうと思ってつっこみ忘れてたんだけど、この新術って上手い事炸裂したとしてもサスケがミンチになって終了するような気がします。
別にこの世界の忍者は体が固いわけでもないので、極論すると隙をついてクナイで刺しちゃえばOKだしね。
ここはひとつ、新術とかそういうのは置いといて、一人で螺旋丸を出せるように修行し直すのはどうでしょうか?

何だかとてつもなくゴージャスなお葬式を出してもらってるアスマさん
いちいち忍者が死ぬたびにこんな事してたらやってらんないと思いますが、そこは三代目火影の親戚だったみたいだし、特別に扱われてるんだと脳内補完しておきましょう。
それにしても、アスマさんが猿飛一族の人間だったのってものすごく唐突な設定の上にこれといって展開に生かせてるわけでもないんだけど、何か意味があるのかな?
前に玉がどうとかシカマルに言い残してたから、その辺で関係してくるのでしょうか?
あと、唐突に出てきた共同墓地みたいなのは、序盤に出てきた戦死者の名前が刻まれてる石とは別物と解釈すればいいのかな?

ありえないくらい目つきの悪い人々

f0029827_3183039.jpg

見ての通りというか、すさまじく目つきが悪いです。
とてもじゃないけど、葬式に出席してる人間の顔つきには見えない。
というか、ナルト&サクラは何に対してそこまでむかついてるんでしょう?
このコマだけ見てると、いじめられっ子の木の葉丸が集団でかつあげされてる様に見える。


ワンピース
黒ひげとエースがエニエス・ロビーとそう遠くない場所にいるという事で、いよいよルフィ達が巻き込まれる事が確定しそうになりつつ、シャンクスと白ひげの会談も、歴戦の大海賊としての威厳を見せつけてくれた感じでグッド。
本当に、ここんとこ尾田先生はすごいです。
後は、今回のバトルを短くするだけだ……!
ちなみに、富樫先生とかが描いたら、来週の1コマ目ではエースが黒ひげ海賊団を殲滅し終わってると思います。
今の尾田先生なら、その程度には期待を裏切らず、予想を裏切る展開をしてくれると僕は信じてる。


エム×ゼロ
今週は魔法が使える学校が舞台というこの漫画のアイデンティティもそれなりに活用されてましたし、結構面白かったですよ。
あと、カードの進化系統図は出し惜しみしたからといって読者の驚きが得られる設定でもないですし、扉絵とかでバーンと一覧表にして見せてくれると分かりやすくて良いと思います。

カードのレベルアップ
ふと思ったんですけど、この漫画における魔法というのはカードのレベルアップの他にどんな条件が必要なんでしょうか?
伊勢弟とか、これといった改心イベントも修行しまくってる描写も無く新技を習得してるんで、ものすごく敷居が低そうなのは伝わってるんですけど、カードのレベルアップ以外に人間側が行う努力というのが丸々スポイルされたままお話が進んじゃってるんで、どんな魔法が難しくてどんな魔法が簡単なのかとか、その辺よく分からないんですよね。
先週の魔法試験はそれが原因で審査基準が曖昧になってたんですし、この期にそろそろ描写してくれると良い……というか、時期的にここら辺が最終チャンスの気がします。

今後の展望
さて、どうも叶先生はラブコメやる気があまり無いみたいですし、コメディ漫画としても広がりのある展開がなかなか思いつかないのも事実。
いやまあ、やろうと思えばいくらでもやれるんだけど、正直な話、叶先生のギャグは銀魂やもて王相手に張り合えるレベルじゃないですし、強烈な個性を持ったキャラクターを作るのも苦手、リアリティのある人間描写も今更不可能という八方塞がり状態。
一応、物語の縦糸には『九澄がポイントを貯めていく』というのがあるんですけど、実はこれ執行部として活躍すればする程に、校内で(九澄が活躍する土壌を作る必要から)DQNが大増殖しちゃうという魔のシステ……あれ、じゃあ学生相手に活躍しなければいいのか?
そうか、伊勢弟辺りが校内に封印されてる怪しげなアイテムの封印を解き、それを何とかするために九澄が執行部として奔走するとかそういう展開にすればいいのか。
どうせ、小さな事件をいくつ解決したってゴールドプレートは遠いでしょうしね。大きなのを解決させないと。
上に書いた様な展開なら、ついでに伊勢弟の改心イベント(こないだ改心した兄が執行部として弟のために頑張るとか)もやれますし。
なんだ、結構何とかなるじゃないか。叶先生頑張って!


ブリーチ
とっととトドメを刺せばいいのに、執拗に卍解を要求するドルドーニさんと、アホな理由でそれを拒否して大ダメージを受けてる一護。
何というか……とてもブリーチなバトルです。
変な日本語ですけど、このいい方が一番しっくりくる。
天鎖斬月は使ったらとてつもなく疲労して戦闘続行不可能になるとか、そういうリスクは無いんですしジャンジャン使うべきだと思うよ。本当に。


ディーグレイマン
雷使いのはずなのに何故か氷柱みたいなのが突き立ってたり、この展開だとわざわざ戦力分散して死にそうになってる神田がとても頭の弱い人に見えるとか問題点は相変わらずですが、それでも神田がちゃんと死んでくれたら星野先生の事をそれなりに見直すと思います。
でもなあ……Dグレはモブキャラや最初から殺す予定だったとしか思えないキャラはともかく、主人公チームは全然死なないもんなあ……。
ブックマンとか、レベル3に受けた傷は影も形も無さそうです。


もて王
色々と置いといて、矢射子のクレイジーさは素晴らしいですね。
それでいて、読者に不快感を催しませんし。
恋する乙女という免罪符は、これ程までに強烈な働きをするものなのか。

「ちょっとせめえな」「あんたが大きすぎなのよ」
らっせーーら!!!
そりゃあ、人力車をひっくり返したくもなるさ。ああ、なるさ!
自然体にイチャついてる様に、思わず萌えてしまいました。
こういった場面でさりげなく、あいすにとって阿久津は(少なくともこの面子では)心を許せる人間である事を見せるのは流石です。
すごく真面目な話をすると、これが人間を描写するという事ですよ。
過去のエピソードとか見ても、あいすは阿久津相手の場合比較的気楽に話をしてるしね。
亜門先生は、こういった人間同士の距離感を描くのが抜群に上手い漫画家。
それにしても、この台詞は字面だけだと卑猥な行為に及んでるみたいだぜ。

眼夢にかかった芝
真白木さんがケツを出すまでは単なる偶然でそうなっただけで、やはり小城の勘違いじゃないかと疑ってしかるべきだし、実際ツッコミからも半信半疑である事が伺えるのですが、まさかこうくるとは。
そりゃあ、こんなもん見たら納得もしますよ。ええ、しますよ。


P2
おお、今回の練習方法はクンフーが効いてる上に実際効果もありそうで、かなり良さげな感じ。
普段の練習方法も、真面目な走り込みに終始してますし、江尻先生はすごく一生懸命に卓球を描こうとしてるんだなあ……。
いかんせん、試合やってるシーンがあまり面白くないのが難点ですが。
今回はオチもいい感じに気抜けしてて良かったですし、大会とかそういうのはちょっと置いといて、わきあいあいと皆で部活を楽しんでく漫画に転向するわけにはいかないのでしょうか?
絵柄的にも、そっちの方が適正ある気がするんだけどなあ……。


To LOVEる
くじアンっていうアニメがあるんですよ。
どういう作品かというと、気楽な思考をする登場人物達がドタバタする様が、観ている側としては胃に重たくなく、ヘラヘラ楽しめるという要するにTo LOVEると似たような路線の作品なんですけど、それがこの前、主要キャラ同士がギャグ抜きの大真面目な対立をする話だったんですよ。
その際、アニメ感想でも書きましたがやはりラブコメでギスギスした雰囲気を出すもんじゃないですね。
つまるところ、

f0029827_3185340.jpg

こういう事。
PANTIRAせよ! PANTIRAせよ! PANTIRAせよ! PANTIRAせよ! PANTIRAせよ!
PANTIRAせよ! PANTIRAせよ! PANTIRAせよ! PANTIRAせよ! PANTIRAせよ!
真面目な話、パンツを見せて不快感が無ければ、この漫画は半分くらいそのお話での役割を終えるしなあ。

研究室完成
そういや、研究室なんて話もありましたね。すっかり、忘れてたよ。
今まで、ララの発明スキルがあんまりお話に関わってなかったのが地味に気になってはいたんですけど、研究室が出来上がる前に多用すると説得力が減じるから封印してたんでしょう。
作劇の幅を広げる事を重視した展開が多いことから考えて、長谷見先生は基本的に先を見据えながら展開を考えるタイプみたいですし。

そういえば、初かもしれない蜜柑のスカート姿
しかし、出番が少ないので大ゴマは無いのであった。まる。
別に僕、ロリ属性とか無いし萌えたくてこの漫画を読んでるわけでもないけど。

一発キャラではなかった巨大植物
やっぱり、長谷見先生は今後に活用する気満々のようです。
段々、この人の思考が読めるようになってきた。

保険医の先生
お約束すぎて笑いました。
この漫画のお色気描写とかは、見ていてリビドーを感じる事が無い世代にはギャグとして機能してるよね。
小中学生とかなら、普通に興奮してるかも分からんけど。

「まわりが大きく…いや、オレが小さくなってんのか!?」
この展開、リトをどっかに置いてけばいいんじゃないかと思う方は、

f0029827_319819.jpg

f0029827_3191482.jpg

いざという時、毒と共に『消化液』を注入され、体を内部からバニラシェイクみてーにドロドロに溶かされ、チューチュー吸われないよう注意してください。
真面目な話をすると、ここはリトに、
「いいから、下駄箱にでも置いてけよ」
とか言わせ、ララに小型化した人間を放置する危険性について説かせるなりしておいて欲しかったところですね。
それにしても、レン編はオチでずっこけ、学園祭では開始時からスピンアウトしていただけに、来週センターカラーでこの引きは否が応にも期待が高まります。
矢吹先生は着実に仕事をこなしてるんで、長谷見先生頑張って!
[PR]
by ejison2005 | 2006-11-14 03:19 | ジャンプ感想 | Comments(9)
Commented by デコイ at 2006-11-14 21:24 x
>ブリーチ
この十刃落ちの人、一護が本気を出したらグリムジョーさんみたいにすごく驚いてくれるんじゃないでしょうか。そのときの彼のリアクションに期待します。
>ナルト
上の画像の綱手さん、頭だけ見ると君麻呂みたいに見えました。
Commented by 総帥 at 2006-11-15 00:24 x
>ナルト
正直螺旋ガンに風を組み合わせても意味あるのかが不明だったり。。。
エジソンさんの言うとおり片手で螺旋ガン使えるようにした方がいい気ががが。
後は体術の訓練して影分身一体一体に螺旋ガン使えるようにさせた方がいい気ががが。

>ブリーチ
そもそも卍解してホロウ化しても片手のグリムジョーにすら勝てないのに
本当に藍染達を倒す気でいるのだろうか・・・。

>To LOVEる
正直これよりエム×ゼロの方が興奮した。

>ワンピース
なんか黒髭の方が勝ちそうな予感ががが。
Commented by ejison2005 at 2006-11-15 12:18
>>デコイさん
>ブリーチ
でも、いちごが、
「オレは、断じて手を抜かせてもらうぜ!」
と宣言しちゃってるんですよね。ショボーン。
>ナルト
一瞬、芸能人の方を想像してしまいました。
そういやいましたね、ナルトにも……。
いわれてみると、前髪をかぶせた君麻呂みたいだ……。
Commented by ejison2005 at 2006-11-15 12:24
>>総帥さん
>ナルト
螺旋丸には組み込まず、風で敵の動きを封じてから螺旋丸を当てたりとかも良さげですね。名づけて、ヘルアンドヘブン螺旋丸。
ゲム・ギル・ガン・ゴー・グフォ……ウィータアァァァァァ!
>ブリーチ
まあ、彼ら主人公ですから。
それにしたって、策を練ってけよという話ですが今更ですしねえ。
>To LOVEる
僕も別に性欲はもてあまさない。
エムゼロは嫌いじゃないけど、好きになるポイントも無いんですよね。
創作物としての背骨がないと言い換えてもいい。
とらぶるは、課せられた役割をキチンと果たしてるという一点で評価してます。
そういうのが苦手な人が多いというのも、もちろん理解してますよ~。
>ワンピース
そして、助けを求めてルフィのところへ……。
それはそれでありなんですけど、エースは強キャラであって欲しいなあ。
Commented by ひとのみち at 2006-11-16 16:56 x
>ワンピース
エースに勝ってほしいけど、黒ひげ達が弱いってのもなんかヘボい。複雑です。
まあ言っても5対1ですから。エースが死ななければそれで良いかなあ~。
>アイシールド
スパイダース戦と同じく天候が悪い中での試合。もうネタが無いのかと思ってしまう。
まあ猪狩君に期待しますとします。
Commented by ejison2005 at 2006-11-16 23:44
>>ひとのみちさん
>ワンピース
ああ、そういえば5対1なんでした。
でも、自信満々に待ち受けていたからにはそれなりの勝算があると思うんですね~。
まあ、どんな結果であれ、今の尾田先生なら上手くやってくれるでしょう。
問題は、戦闘が長くならないかだなあ(苦笑)。
>アイシ
そういや、書き忘れてましたけどセナのマスクは実写黒歴史版キャシャーンみたいですね。
Commented by 猫煎餅 at 2006-11-16 23:46 x
リトは掴まるところ、ちゃんとあると思うんだけどなあ。
Commented by ひとのみち at 2006-11-18 19:09 x
>>猫煎餅 さん
まあ少年誌ですから。そのへんは。
Commented by ejison2005 at 2006-11-19 00:49
>>猫煎餅さん
しかし、この漫画に課せられた使命はエッチなことをする事なのです。
麻雀漫画が何でもかんでも、麻雀で決めようとするようなもんだと説明すれば分かりやすいでしょうか。

>>ひとのみちさん
少女漫画だと、とっくにいくとこまでいってそうですね。
NANAのアニメを地味に観てるんですけど、主人公が妊娠しうてました(苦笑)。