平成狸合戦ぽんぽこ 感想
眠くてたまりません(挨拶)。
デスノコラとかネタはあるんだけどちょっと作る体力が残ってないので、丁度金曜ロードショーでやってる事ですし、平成狸合戦ぽんぽこの感想でも書こうと思います。
といっても、昔の記憶を元に書いてるから放送終わる前にUPしちゃうんだけどね。


……さて、ぶっちゃけ管理人はこの作品の事をあまり良く思っていません。
コンセプトとかは、すごく好きなんですよ。
自然開発で虐げられる一方だった狸たちが一念発起して変化能力を身につけ、人間様に歯向かうなんて、管理人の眠れる反骨精神がビンビンですよ。血沸き肉踊る
それでも、この作品に僕が抱いた評価は低いです。
細かい点をついてたらキリが無いと思うんだけど、大まかに原因を考えるとこんな感じかな?


1.狸が本気で勝つつもりだとは思えない
この映画、前半部分の問題点ですね。
もう本当に、彼らに勝つ気があるとは見ていて到底思えないんですよ。
人間をちょろっと脅かしては宴会するばかりって、そりゃゴン太もキレて怒鳴り散らしたくもなります。
彼らは現在進行形で餌場と住処を失い続けてるわけで、割と生死がかかった事態のはずなんですが、見ていてそれが全然伝わらない。
それこそゴン太がやってたみたいに、次々と人間たちを闇に葬ってもおかしくないどころか、むしろそれが自然な展開というものです。
人間を何人殺そうが狸には関係ありませんし、連続であの世に送り続ければ確実に工事が中止される事くらい、ちゃんと人間について勉強してたんだから分かりそうなもんなのですが……。名づけて、ビン・ラディン作戦。
中盤の妖怪大作戦にしたって、ビルとか壊したりするわけでもなく、本当に驚かすだけじゃ……ねえ?
人間だって生活かけて引っ越して来てるわけで、自分たちの戦う相手を舐めているとしか思えないのです。


2.後半は、いくらなんでもカタルシスが無さ過ぎる
で、人間たちに居座り続けられるどころか、それを利用されて更なる窮地に追い込まれるわけですが、ここからはもう最悪というしかありません。
まず第一に、後半部分の時間が長すぎます。
20分やそこらならともかく、40分から50分くらいかけて長々とやりますからね。これ。
見てる側の体力と集中力は無尽蔵じゃないんだから、それまで1時間30分近く視聴し続けた上にそれでは、ダレもしますよ。
そして第二に、追い込まれに追い込まれ、負けるのかな~負けるのかな~と心配してたら、本当に負けちまいやがった事。
当たり前の話ですが、普通味方側が追い込まれる展開になったら、逆転劇を期待しますよね?
どっこい、この映画の場合は何のひねりも無く普通に敗北しちゃったわけで。
しかも、ただ負けるだけならまだしも、先にも述べた通り劣勢時の時間が長すぎるために二重苦と化しています。
もっとも、敗北に関してはエピローグでちょこっとフォローがあったわけだけど、あれじゃ一方的に狸が災難をこうむってる事に変わりが無いしなあ。
僕は別に自然愛護家でも何でもないですが、この映画は明らかに自然破壊への警鐘をテーマの一旦に加えているわけで、それでこれはちょっとどうよと。


というわけで、眠くてたまらんからとっとと結論にいっちゃうけど、要するにもっと狸に切羽詰まった感じを持たせて本気で人間を襲わせ、後半部分をもうちょっと短くしカタルシスのある展開にすれば、名作になり得たんじゃないかなあ?

[PR]
by ejison2005 | 2006-11-10 22:26 | 映画