仮面ライダーカブト 第38話
「お婆ちゃんが言っていた……子供の願い事は未来の現実。それを夢と笑う大人は、もはや人間ではない!」


今回は……ちょっと……ねえ?
いくらなんでも、酷すぎる気がします。
その辺、ちょっとつっこみながら書いていきますか。
それでは、今週もカブト感想と参りましょう。


アバン
まず最初のつっこみ所として、レプトーフィスワームが意味不明に強すぎるんですよ。
こいつ相手に今回パンチホッパーは変身解除まで追い込まれ(何故か止めは刺されず)、ガタック&サソードも窮地に追い込まれてましたし。
ラッキークローバーとか上級アンデットとか……まあ、あれは嫌いなんだけどスーパー童子とか、そういう特別な敵ならともかく、レプトーフィスワームは学校に住み着いてただけの標準的なワームですし。
ハイパーフォームを登場させるために無理矢理他のライダーを窮地に追い込まれても、見ている側は萎えるんですよ。
ちなみに、この演出が究極まで高まると頭に火をつけられてクチバシでつつかれます。
あと、ライダーカッティングは久しぶりすぎて存在を忘れてました。
そういやあったな、こんな技。


父ちゃん、俺はやるぜ!
何故か応援にやって来るガタックゼクターに笑いました(しかも、呆れて帰っちゃったし)。
それはそうとして、弟の偽者が出てきた時の会話から考えて、加賀美はピッチャーだったのでは……?
第2のつっこみ所として、どうしてこの野球部はピッチャーしか入れ替わってないんでしょう?
前回、野球部全員がコピーされて走り込み中にすれ違ってましたし、全員入れ替わってないとおかしいと思うんですけど。


影山テラヨワス
影山……。
というか、せっかく出したのにパンチホッパーの玩具を売る気が無いんですかね?
こいつが勝てたのは、天道のライダーキックを受けた後でフラフラなガタックと今回倒した幼体ワームだけなわけで、子供に人気が出るとは到底思えないですよ。
ストーリー的に考えても、今後カブト&ガタックの対立陣営となるであろうホッパーズがこの調子では、お話にならないと思います。
ところで、この人たちはこんな所へ何しに来たんでしょう?
天道たちの監視とかでも無さそうですし。


ZECTの訓練ではキャンプ張りとかもしてたらしい
蓮華は初登場時、白いゼクトルーパーの鎧を着てたから訓練=ゼクトルーパーの訓練だと思うんですけど、一体ZECTは何を教育してたんでしょうか。
山にキャンプを設営して魔化網退治を行う猛ならともかく、市街戦がメインのゼクトルーパーにこんな訓練させても、何の意味も無い気が……。


小林さんも入れ替わられてました
これが第3のつっこみ所にして、今回最大の問題点。
いうまでもありませんが、あの子を殺しちゃったのはマズすぎるだろうと。
ヒーロー番組として……というか、普通の作品として考えても明らかな大失敗です。
ちょっと神頼みをしただけで、別に樹花が勉強する邪魔をしたわけでも何でもない普通の子供が、犠牲になってしまったわけですからね。
しかも、(天道などは気にかけたりしてたくせに)登場人物がまるでその事を気にしない有様。
常識的に考えて、今回のお話はこの子がワームに入れ替わられる前にカブトが助けに入る以外の選択肢はありえないのですが……。


消えた合唱部の真相
ここが第4のつっこみ所ですね。
ワームはこれまでの描写から考えて明らかに地球人類との入れ替わりを狙ってるんで、7年間もこんな所でボサッとしてる事なんてありえないですよ。
しかも、生徒を生贄に捧げてた校長とか、かつてない程の巨悪です。
多分、平成ライダーの中でも屈指の極悪人。
この校長に比べたら、555で海堂の腕を駄目にしていた音楽講師オルフェノクなんて可愛いもんです。
てか、校長もワームにすればよかったじゃん。人間である必要なんて微塵も無いですよ。


女子バトミントン部加賀美先生
顧問がどこにもいない罠。
これは加賀美らしいイベントで良かったんですけど、ここで加賀美が消えちゃったらやっぱり生徒が不安になるんじゃ?
久しぶりの出番なんですし、加賀美は生徒の保護に努め、今回はサソードワンマンショーでも良かった気がします。
というか、今回からサソードメインだと思ってたのに全然そんな事はなかった……。
あ、坊ちゃんがここにいたのは、合宿に参加したくなって歩いてついて来たんだと思うよ。
それか、執事さんが林に入るまで送ったか。


カブトパワー! ザビーパワー! ドレイクパワー! サソードパワー!
なんか、ブレイドのロイヤルストレートフラッシュを思い出しました。
発動時の間といい、得物の長さといい、似たようなもんですしね。
それはそうと、この演出じゃサソードゼクターにとって、
天道との絆>>>>>現金で500万>>>>>坊ちゃんとの絆
になるんですけど、いいんでしょうか。
ドライな関係だなあ……。


皆既日食
意味も意図もさっぱり分かりません。
多分、本当に皆既日食が起きた時ならひよりを助け出せるという意味なんでしょうけど、この場でやらなくてもいいんじゃないかな。
ハイパーゼクターが無理矢理に天道を飛ばす理由も不明ですし。

とまあ、今回は色々アレな出来でしたけど、来週は風間が久しぶりの登場という事で期待してます。
しかも、麗奈とセットで物語の中心に関わるという美味しい役どころですし。
麗奈に関しては、悪役を単なる悪役で済まそうとしないのが好感度高いです。

[PR]
by ejison2005 | 2006-10-29 12:21 | Comments(5)
Commented by 黒川 at 2006-10-29 18:51 x
いやぁ、先週ウチのサイトのカブトレビューが画像なしの5行だった理由をご理解していただけたかと思います(^_^A
ちなみに、一番面白かったオマケは、ようつべで「kabuto vs zuban」で検索すると、先週までのが見れますねw
今週も凄かったです。天道は好きじゃ有りませんが水島ヒロは好きになりましたw

> 小林さん
「何の非も無い少女が犠牲になるから、ワームを許す事は出来ない」と言う作りで、このエピソードをピックアップするなら凄く好みの話なんですけどねぇ…
仮にも子供向け番組なのですから、だら~っと見てたらスルーしちゃう様な扱いで、こういったエピソードやっちゃ駄目ですね(--;
子供向けの番組なら、天道が小林さんの事を思い出しながらワームを殴りまくって「聖なる泉涸れ果てし凄まじき戦士」の幻影を見るぐらい怒りで我を忘れるとか、分かりやすい描写でやらないと(^_^A
あるいは、ジャイアントロボの様なモロに番組の顔が、大爆発ではなく「ポシュン…」って感じのあっけ無さで死ぬと、戦いの虚しさと言うものも引き立つのですが…龍騎のタイガとか(^_^A
Commented by 黒川 at 2006-10-29 18:51 x
> 理事長
私としては「悪い奴は全部ワーム」とか言う展開でなかった事を評価しますが、こういう関係が7年間と言う長期で続いてしまったのが、エジソンさん同様許せない部分(--;
こういった関係は、ごく短期で破綻しないと、ワームが何で理事長とすり替わらないのかが凄く不自然…(--;
半年前程度からすり替えが始まったとか、理事長はワームに対抗する為の不思議石を所有していて、その石が今後の話にかかわってくる…と言った展開だったらまだ納得できました。
Commented by ejison2005 at 2006-10-31 03:55
>カブトVSズバーン
天道はレムリア語(?)が話せたのか!
ズンズン。

>小林さん
というかこれ、監督や脚本の人が忘れちゃってるんじゃないですかね?
こうなっているという事は、小林さんが死んじゃってるという事だって。
本当に酷い話です。

>理事長
ものすごくありえない展開ですよね。
そりゃ、意外ではありましたけど、本当に意外なだけ。
Commented by わいみー at 2006-11-05 14:24 x
全くをもっておっしゃるとおりです。これならセイ@ーXの方が何倍もおもしろかった・・・
Commented by ejison2005 at 2006-11-05 17:30
セイザーは実はたまにしか観てないんですけど、基本的な構成はお約束に従ってきっちり作り、要所要所で笑いをとったりするスタイルですからね。
カブトの場合、いまだに基本的な軸が定まってない印象があります。