ウルトラマン STORY 0 レビュー
ウルトラマンゾフィー。
ご存知、M78星雲光の国で宇宙警備隊の隊長を務め、ウルトラ兄弟の長兄としても知られているウルトラ戦士です。
外見上最大の特徴である、胸と肩のポッチは『スターマーク』『ウルトラブレスター』と呼ばれるもので、前者は数々の戦功をあげた勲章であり、後者は宇宙警備隊隊長の証です。決してニキビではありません。
自身が主役のテレビシリーズこそ存在しませんが、幾度となく地球の平和を守るために怪獣や宇宙人と戦っており、


戦績票(戦闘行為に加担した場合のみ。洩らしがあったらすいません)

ウルトラマンA
第5話 (タッグ戦) アリブンタ&ギロン人戦 勝利
第13・14話 (チーム戦) エースキラー戦 他の兄弟ともども磔にされる
第26話 (チーム戦) ヒッポリト星人戦 他の兄弟ともども石にされる
第35話 (タッグ戦) ドリームギラス戦 苦戦するエースを助けるが地味な役回り

ウルトラマンタロウ 
第18話 (シングル戦) バードン戦 敗北して死亡 ちなみに、撮影中の事故で頭に火がついていた
第33・34話 (チーム戦) テンペラー星人戦 他の兄弟ともども、体をとっかえひっかえして逃げ回ってばかりいた
第40話 (シングル戦) タイラント戦 敗北

ウルトラマンレオ
第38・39話 (チーム戦) 他の兄弟ともども、ババルウ星人の策略にまんまと踊らされる


このように、輝かしい戦せ……ありゃあ?
失礼しました。
このように、ウルトラ兄弟のネタ要素を一手に引き受けております。
ちなみに、シリーズ最新作ウルトラマンメビウスの劇場版『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』にも登場しましたが、その役回りはエネルギー不足で苦戦する他の兄弟のためにエネルギーを分け与えたり、敵怪獣の頭上からM87光線を放ったりするだけという、大変控えめなものでした。

そんな感じで実力が疑問視されまくりのゾフィー兄さんですが、本日ご紹介するウルトラマン STORY 0では別人のように大活躍します。
例をあげると、

f0029827_018758.jpg

他のウルトラ戦士が苦戦していた怪獣の軍団を、

f0029827_0181944.jpg

一撃で灰にしたり、

f0029827_0183029.jpg

おなじみ最強怪獣ゼットンと同タイプの怪獣を、

f0029827_0184210.jpg

3体まとめて消滅させたりです。
こんなの……こんなのゾフィーじゃない!
まあ、ゼットン戦ではやりすぎて街まで壊滅させちゃってたのがいかにもゾフィーらしい話ではありますが。
この漫画は、光の国の住人たちがウルトラマンとして覚醒したての頃の物語(よって、まだゾフィーにはスターマーク等がついてない)なのですが、どうやら昔のゾフィーは超強かったようです。お前はツェズゲラか!

f0029827_0185560.jpg

ハンター×ハンターのツェズゲラさん。
そういえば、ゾフィーもツェズゲラさん同様に勝算の高い勝負(タッグ・チーム戦)ばっかりです。

f0029827_019961.jpg

この分だと、基礎トレーニングとかもさぼってそうですね。

そんなこんなで、ゾフィー過去の栄光がギッシリと詰まった『ウルトラマン STORY 0』。
昔は強かったんだね~とか思いつつ、皆さんもお楽しみ下さい。
ちなみに、第3巻では惑星並みの大きさがある超巨大宇宙怪獣を倒したりしてました。

[PR]
by ejison2005 | 2006-10-26 00:30 | 漫画