仮面ライダーカブト 第34話
「俺はいつかハイパーゼクターを使いこなし、時を行き来できるようになる」


思わず笑った。
いやはや、気合の入った人たちもいるもんです。というか、普通にスーツの完成度がすげえ。
でもどうせタイでやるなら、ハヌマーンのコスプレしろよと思ったのは僕だけではないはずです。
それでは、今週も感想と参りましょう。


カブトVSキックホッパー
最後のキックがちょっと当たったので、キックホッパーは1ポイント先取かな。
あと、キックホッパーのライダーキックはジャンプなしでも発動できるみたいですね。


ザビーゼクター返せよ~
実はブレスレットは奪われてないんで、毅然としてればザビーゼクター呼び戻せるんですよね。いつもの瞬間移動で。
が、みっともなく取り乱したのが原因か、思いっきり資格を失ったみたいです。
その辺り、後でゴローちゃんと話すシーンで分かりやすく明言して欲しかった。


なんでこの忍者娘は天道家にいるんだろう?
いや、本当に何でなんだ?
樹花も、普通に許容してますし。
まあ、この子の場合はゼクターにも深く疑問は抱いてませんでしたし、後のシーンで(ショ・ミ~ンな格好の)坊ちゃんにも普通に接してたんで、そういうのをぶっち切った世界にいるのかも知れませんが。


ちょっと真面目な話
メイン軸ではない、坊ちゃんの成長物語をギャグ話にするのは別にいいんですよ。そういう作風ですし。
しかし、メイン軸である忍者娘の説得までギャグで押し切るというのはどうなんだろう?
個人的に、そこはハイパーゼクター入手にも関わってくる大事な部分なんですから、一切のオチャラケ要素を排除するべきだったと思います。
天道の副官には、もっと真っ当な思考をする人間を配置し、料理がどうとかではなく真面目にキメて欲しかった……。
例えば、野良ワーム(笑)との戦いでピンチに陥った副官を天道が助けるとか。
正直いって忍者娘の役者さんは大根でしたし、この寒いギャグと相まって見るのがキツかったです。
坊ちゃんは面白かったけど。


ゴローちゃんにも見捨てられる影山
うやむやのうちに終わらせるのかと思ってたら、矢車さんがキックホッパーを入手した経緯はちゃんと伏線のようです。
会話内容から察するに、ゴローちゃんが与えたわけではないみたいですからね。
この調子で、サソードゼクターとドレイクゼクターは何がどうなって外部へ流出したのかもキチンと説明して欲しいかな。かな。


ショ・ミ~ンの幸せ探し
ギャグ話として普通に笑えましたし、やるべきこと(ショ・ミ~ンの幸せ探索と神代の樹花フラグ)はちゃんとやってるんで、あんまり触れるべきことも無いという。
というか、真面目な話としてすごく感想が書きにくい(苦笑)。
ギャグ漫画の感想とかでもそうなんだけど、何がどう面白かったのとかいちいち解説するのもアレですしね。一応、カブト感想は考察メインですし。
まあ、あえていうなら風間にも出番をあげてくれと。


ひよりの行方
時空の彼方って……。
ひよりはヤプール人の世界にでも紛れ込んでるんでしょうか?
実際には、ひよりの役者さんがスケジュールの都合で出演できないのが原因らしいよ。
そういう場合、キャラを死別させたり月星人である事が判明して退場したりするのが慣わしですが、そういうわけにもいかない役どころだしね。
店長とか風間が出てこないのも、中の人の都合でしょうか?


ハイパーゼクターくれよ
そういえば、味覚ないんでした。
ひよりのメカと話せる能力並みに、忘却の彼方へと追いやってましたよ。
あと、カブトゼクターまで渡しちゃったらハイパーゼクター貰っても意味がないと思うよ。


お料理の力で洗脳完了
は、まさか伝説の白包丁を!?
なんだか、焼きたて!!ジャぱんを彷彿とさせますね。
あの漫画って確か、今はパンと人間の融合体と戦ってるんでしたっけ?
こう書くと、なんかすごい漫画だな。
実際にヒューパンなんていたら、ワームよりはるかに恐ろしい。


とうとうシャドウからも追い出された影山
でも装備はくれる。それがパーフェクトハーモニー。
いい加減、シャドウの皆さんも嫌になってるでしょうね。
隊長はころころ変わるし、一番長く隊長やってる奴はヘタレだし。


「無茶をしやがって」
ハイパーゼクターではなく忍者娘を助けたことで、天道は正道に戻ったのでしょう。
そうしないと、ウカワームみたいに間抜けな悲鳴をあげながら爆死(笑)するところでしたし。
あと、金庫とかではなくあんな所に隠してる辺り、ゴローちゃんもZECTの警備がザルなのは理解してるみたいです。
忍者娘を追い詰めてるシーンも、全然威圧感なかったですし。ゼクトルーパーなんか、何人いてもなあ……。
ガタックがマシンガンを食らってちょっと効いてる風だったのも、あまりにショボくて不憫に思ったから芝居でもしたんじゃないかな?


ウカワームが死んだ! ガタックも死んだ! (元ネタ分かるかな?)
爆死って、おいおい……。
一体全体、このシーンは何の意味があったんだ?
いや、雑魚ワーム相手にガタックが敗北(それも爆死)って本当に何を考えてるんでしょうか。
だいたい、上司のウカワームだって1対1じゃ勝てるかどうか微妙な感じになってきてるよ。
そして、これほどまでに燃えないパワーアップもありません。去年のアームド響鬼と同じくらい酷い。
特に強敵が出現してるわけでもないですからね。


仮面ライダーカブト ハイパーフォーム
というわけで、時空を操る能力を秘めた仮面ライダー。
でも、本当に自由自在に時空間を行き来したりできるならとっととひよりを助けにいくでしょうし、現在の天道では時間の巻き戻しはせいぜい数十秒が限界っぽい感じ。というか、何の制約もないと戦闘がつまらないですし。
天道が言ってたようにそう何でもかんでも都合よく事が運ぶなら未来天道がちょっかいをかけにくるはずもないんで、この先やっぱり色々とゴタゴタがあるみたいです。
あと、劇場版ラストで未来天道が消滅してた通り、あんまり派手に過去へ干渉すると消滅するみたいなんで、そんなに便利な能力でもないんじゃないかな。
ともかく、これに見合うだけの強敵プリーズ。
もしくは、555ブラスターフォームみたいに徹底的に封印するか。

というわけで、来週はワーム側に新しい動きがある模様。
強敵が出てきてくれると嬉しいんですが、幼体ばっかだなあ。

[PR]
by ejison2005 | 2006-10-01 12:07 | Comments(2)
Commented by 黒川 at 2006-10-02 18:48 x
いやぁ…蓮華の大根演技と、カブトが助けなかったらガタックは死んでたんだよという演出には、本当に頭を抱えましたね(--;
ガタックに関しては、ウチのブログで先週書いたので避けますが、蓮華はホント何とかしてほしい(--;
シシアスな場面では演技が浮くので、早期の正確変更>可愛いのが売りで、敵に捕まるちょっとドジなギャグキャラ路線になった可能性が高いと思います(--;
彼女を採用する事になったのは、大人の都合ですかね…orz

> ゼクター
ゼクターは、ブレスレットやベルトの正当な所有者の元へ、必ず行くとは限らないようで、正当な所有者よりも、ゼクターの好みの人の所へ行くみたいです(^_^A
だから、この時点で視聴者は知らなかっただけで、それを知ってから見直すと、ザビーゼクターは天道にメロメロ、ゴローちゃんに渡したゼクターも、天道が呼べば帰ってくる事を天道は知っていたので、ゴローちゃんを騙そうとしていただけかと…ゼクトにライダーが居たら、ひよりが危ない訳で、本末転倒でしたし。
だとすると、天道は何処までも天の道から外れてますね(--;

> 幼体ばっかだなあ
いつもと違う幼体が…
Commented by ejison2005 at 2006-10-02 23:25
この大根役者ぶりといい、意味不明な忍者設定といい、本当に不要な存在へと成り果てていますね。
実はハイテンションな演技を上手くやるのは相当な演技力が必要なんで、せめてそういう『上手な演技』が必要ない方向へシフトして欲しいものです。

なんと! ゼクターにはそんな設定が!
……てよく考えたら、カブトゼクターとかむっちゃ自立思考してますしね。
しかしそう考えると、ドレイクゼクターが超なついてたのは何ででしょうか?
やっぱり、出番が少なくて愛想をつかしちゃったのかな……。

>いつもと違うワーム
本当だ! ひより両親と同じ角つきがいた!
グラッツェです。