BLOOD+ 最終話「ナンクルナイサ」
うん、まあ……ナンクルあるよね?
というわけで、一年間続けてきた当コンテンツもこれが最後。
アクセス数アップが目的だったのに、視聴率が低すぎて何らアクセス数アップに貢献しなかったというしょうもない結末になりましたが、めげずに今日も頑張ろうと思います。
それでは、BLOOD+最終話感想と参りましょう。レッツダンス!


最終回のアルジャーノさん
このシーンは一見すると、超至近距離から銃弾を当てられないアルジャーノさんがどこまでもヘタレであるかのように思えてしまいます。
しかし、実際はもちろんそうではありません。
デビットさんが拳銃で撃っただけで翼手が窓の外まで吹っ飛んでいる事からも、この翼手がアルジャーノさんとの激闘で瀕死の状態にあったのは明らかです。
おそらく、これは最後通牒であり、あたら命を散らす事はないと考えたアルジャーノさんの慈悲を描写しているのでしょう。
デビットさんに向き直ったアルジャーノさんの腰が抜けているのは、無駄に命が散ったことに対する悲しみが原因に違いありません。
単なる悪役として負の面のみを強調するだけではなく、正の面すらも描くとは、巧みの技ですね。


三人で出した結論
ここはちょっと真面目に書きますけど、まあこれ以外の結論は無いでしょう。
赤ん坊に関しては、レイプで産まれた子供だし、そもそもディーバ(翼手の女王)の子供というだけで殺す理由は十分ですが、小夜がこれからも生きていくなら殺さない方がしっくりきますし。
が、あくまでもそれは今回のお話単体で見た場合。
ここまでずっと、ウジウジと悩んでる様を見せつけられてる身としては、最終回までそれかよという思いでイッパイです。
ぶっちゃけ、小夜が生きようが死のうが知ったことかという感じですね。すごくどうでもいい。
あと、赤ん坊を生かしておくことに関しては誰か一人くらい反対意見を出すべきだと思うよ。
ディーバと面識の無い面々にとっては、リクをレイプした末に誕生し、やがては世界を破滅に追い込むかも知れない赤子なんですから。


アンシェル復活……そして残像移動できたのかよ!
思い起こせば、小夜の戦闘シーンで記憶に残っているのはその圧倒的な弱さばかりです。
しかし、今日あっさりと! 何故か今まで使っていなかった残像移動を披露されてしまいました。
最終決戦で主人公がパワーアップするのはお約束ですが、この番組の場合はラスボスが勝手に弱体化しているというクソ展開だったので、それはありえません。
ならば、小夜はもともと残像移動を使えた……なのに、使わなかった?
だとすれば、考えられる可能性はただひとつ……。
そう、

小夜は今まで手を抜いていた……それだけではなく、全ての黒幕は小夜だった!

のです!
夜神月もビックリな仮説ですが、これ以外に考えられません。
おそらく、初代ジョエルに養われていた頃から、小夜は何とかして自由な暮らしを手に入れる事を望んでいたのでしょう。それは、ハジの回想からも合致します。
ですが、自分はいつまで経ってもお屋敷から出してもらえず、見れば周りの人間とは老い方も違う。
それどころか、自分は何故か血液を摂取させられている……。
これらの手がかりから、小夜が自分は人間以外の何者かであるという結論へ辿り着いたとしても不思議ではないどころか、むしろそれが自然です。
そこまで考えが至れば、自分がある種のモルモットである事にも気がつくでしょう。
小夜は考えたはずです……この生活を抜け出し、自由を手にするにはどうすればいいのか。
普通に脱走したのでは、必ず追っ手がやって来ます。それは、小夜の望む完全な自由ではありません。
そんな時に出会った、特殊な声音を持つ(おそらく自分と同等の力を持つだろう)幽閉された少女。
この時、小夜の計略が完成しました。
その後は、僕たちが見てきた通りです。
ディーバを下界へ解き放った小夜は、わざと崖に咲いた花を取りに行かせてハジを死に追いやり、シュバリエにしました。
初代ジョエルを初めとした、自分をモルモット扱いしていた連中はディーバの手によって始末されます。
その後は、ディーバを追って打倒の旅へ。
しかし、小夜はディーバを簡単に追い詰めたりはせず、あえて(ハジにはバレないよう適当に追いかけつつ)泳がせました。
アンシェルは初代ジョエルの屋敷に出入りしていたので、彼がディーバのシュバリエになったのは小夜の読み通りでしょう。
強大な権力を持つアンシェルがシュバリエとなった事で、一気にディーバは人間界の天敵へと成長していき、雑魚翼手を量産していきます。
やがて、人間たちの中に対翼手組織が生まれます。もちろん、これも小夜の読み通りです。
小夜は、その『赤い盾』と呼ばれる組織と協力関係を結びます。
その際に重要だったのは、翼手との戦いで決して全力を出さなかったことでしょう。
圧倒的な戦闘力でディーバたちを殲滅してしまえば、それを目にした赤い盾が小夜を脅威に感じることは間違いありません。
そのため、今日まで小夜は戦闘で徹底的に手を抜き、ひたすらウジウジ悩む様を人間たちに見せつけ、自分に対する脅威を減じさせていったのです。
その効果は僕が、
「ぶっちゃけ、小夜が生きようが死のうが知ったことかという感じですね」
と上の文で書いている事からも明らかでしょう。
そう思わせる事こそ、小夜の狙いだったのです!
もはや、(ヘタレすぎるから)小夜が人類の脅威だと思っている人間は一人もいません。
そして、ディーバたち邪魔者は全て始末された。
こうして小夜は……誰にも邪魔をされない、真の自由を手にしたのです!
今回、残像移動を披露したのは、おそらく米軍の証拠隠滅が予想より早かったので焦ったに違いありません。
この計算違いが無ければ、真相に至る事は不可能だったでしょう。
何たる智謀! 何たる策略!

我々はこの一年、ずっと小夜に釣られていたというのか……!

まあ、そんな事はないだろうけどね。


米軍の手によって証拠隠滅
小夜の思い通りですね。
こうして、全ての真相は闇に葬られました。


生きてたっぽいネイサン
よくよく考えたら、こいつは先代女王翼手のシュバリエなんで小夜の血が効かなくても全然不思議じゃないんでした。
そういえば、こいつが何故小夜ではなくディーバを選んだのかも謎に包まれています。
ここまでくると、もう明らかですね。
そう、

ネイサンと小夜は共犯関係にあったのです。

最初に姉である小夜に(おそらく、ディーバを解き放つ前にこっそり)接触したネイサンは、小夜と今回の計画を練ったのでしょう。
その後、ディーバ側に獅子身中の虫として送りこまれたネイサンは、色々とディーバを煽ります。
そして、最終的には小夜と一芝居うって自分が死んだと人間側に思わせる……。
完璧な計画ですね。


エピローグ
ここもちょっと真面目に書きますが、そんなに悪くはなかったです。
ここに至るまでの過程がアレすぎましたが、それでも一年つきあってきたんだからそれなりに思うところもありましたし。
とりあえず、形はどうあれアルジャーノさんが生き残れて良かった!


総括
色々と書こうかと思いましたが、全てが小夜の計画通りだったという真相でひっくり返ったんでやめておきます。

BLOOD+は単なる吸血鬼アニメではない……複雑な陰謀劇だったんだよ!

そんなわけねえだろ! という意見には、もちろんこう答えるのですよ。

ナンクルナイサ!


というわけで、一年間に渡って当コンテンツにお付き合い頂き、ありがとうございました。
来週からは、その週にホニャララな方法で視聴した新作アニメの感想をまとめてUPしようと思いますので、そちらも見て頂ければ幸いです。

[PR]
by ejison2005 | 2006-10-01 01:32