ナルニア国物語 第1章 ~ライオンと魔女~ レビュー
皆さんは、魔法使いと聞いて何を思い浮かべるでしょうか?
おそらく、多くの方がほうきに乗って空を飛ぶ魔女や、腰にまで達するほど豊かな髭を蓄えた老賢人を思い浮かべる事と思います。
まあ、

f0029827_2335243.jpg

中にはこういうのを連想される方もいるかも知れませんが、少数の例外という事でスルーさせて頂きましょう。

さて、我々が思い浮かべる魔法使いというのは、上の例で分かるとおり(例外は除く)一様に文系の人種ですね。
そんな、一般的魔法使い像に真っ向から立ち向かった意欲作が、今回ご紹介するナルニア国物語 第1章 ~ライオンと魔女~です。

真っ向から立ち向かったと評したのは、本作に登場するラスボスである魔女のアグレッシブなアクションシーンにあります。
本作の最大の見せ場は終盤における合戦シーンなのですが、

f0029827_234888.jpg

そこで魔女は、自身を討ち取らんと迫るケンタウロスの攻撃を、

f0029827_2343876.jpg

イナバウアーで華麗に回避し、

f0029827_2345131.jpg

逆に、持っている魔法の杖を接触させて石に変えてしまいます。

f0029827_2352752.jpg

さらに、グリフィンが2匹襲い掛かっていくと、

f0029827_2354083.jpg

剣と魔法の杖の二刀流で見事に叩き落します。

f0029827_2361686.jpg

さらにさらに、主人公の弟が命がけで魔法の触媒である杖を叩き折っても、

f0029827_2363383.jpg

f0029827_23639100.jpg

剣2本による文字通りの二刀流で、主人公を終始圧倒。

……。

つえー! 魔女つえー!

最終的には、作品世界内での神に近い存在であるライオンに倒されてしまいましたが、その物理的な意味での強さは、後の世に語り継がれる事でしょう。

この魔女こそは、万夫不当の豪傑よ!

そんなこんなで、魔女のアクションシーンが爆笑ものの「ナルニア国物語 第1章 ~ライオンと魔女~」。
皆さんも是非、お楽しみ下さい。


オマケ
この魔女って、

f0029827_2365671.jpg

こういう無闇にでかいお城の中で一人暮らしをしていて、部下はずる賢いドワーフとか犬とか化け物しかいないんですけど、そんな生活楽しかったのかなあ?

f0029827_237916.jpg

しかも、自分に逆らう者は片っ端から石にしているので、そのうち誰も領民がいなくなる気がします。
何というかこの人、独裁スイッチの話を読んだ方がいいんじゃないかと思いました。

[PR]
by ejison2005 | 2006-08-25 23:04 | 映画