週間少年ジャンプ 38号 感想
f0029827_3551393.jpg

今月のチャンピオンREDを購入したよ~。

f0029827_3552945.jpg

買った理由その1。
獅子座の購買意欲を刺激する見事な戦略です。
やるな、チャンピオンRED編集部!

f0029827_3554189.jpg

買った理由その2。
これの詳細なレビューは、後日にやります。
とりあえず、ナイスオッパイヽ( ゚∀゚)/
とだけいっておきましょう。
来月からは、「ジャイアントロボ ~地球の燃え尽きる日~」の連載も始まるようです。
プレ連載が掲載されてたんだけど、

f0029827_3555550.jpg

この絵を見てるだけで幸せな気分になりました。ジュワッチ!
それでは、今週もジャンプ感想と参りましょう。


ドラゴンクエストモンスターズジョーカー(広告)
画面写真の綺麗さに、ちょっと感動を覚えました。
いやはや、ニンテンドーDSは本当に良いハードへ成長したものです。
この写真を見る限り、よほどの高望みをしない限りグラフィック面でも表現したいものは表現できそうですし、開発費が安い上にユーザーも多いですからね。
なんか、その辺の次世代機よりよっぽど次世代機としての役割を果たしている気がします。
個人的には、ロードに時間がかからないのが嬉しいかな。
ちなみに、ドラクエのモンスターではスライムナイトが好きです。


ブリーチ
すごく、「誰だっけこいつ?」感の強い話でした。
バトル漫画の宿命ってやつですね。
どうしても、非戦闘員は物語に絡むことができなくなっていきますから。
教師の顔なんて、どれだけの読者が覚えてるんだろう? 僕は忘れてました。

「あたしは、あんたの何なんだよ!!!」
何なんだろう?
いきなり、そんな事を言われても……。
思えばこの子も、立ち位置がサッパリ分からないキャラですよね。
ちょっと幽霊が見えるだけで、まさか今後戦力になるとも思えませんし。
そのうち、恋次か日番谷隊長がボコられてるところに颯爽と現れて敵を倒したりしたら、ブリーチは神漫画になれるかも知れないけど、さすがにそれはないだろうし。

「外しあぐねて後手に回った、アタシのミスです」
それ以前の問題として、浦原さんは織姫の能力が狙われる可能性を予知していたなら皆に相談すべきだと思うんだ。
ちゃんと相談していれば、こんなにアッサリと敵側へ行っちゃう事はなかったでしょうに。
クソみたいな判断した総隊長といい、この人といい、やっぱり死神は無能だぜ!

チャド復活

f0029827_3562044.jpg

f0029827_3562617.jpg


ナルト
ヤマトさんのこれって、滝を生み出すのはもとより、維持にはチャクラ必要ないものなのでしょうか?
地下水か何かを無理矢理に噴き出させて、滝を形作っているのかな?
何か、環境に悪そうだな。

サクラちゃんの涙
きっと、岸本先生的には精一杯頑張ったオサレ演出なのでしょうが、微妙に外しているのもまた岸本先生らしいです。
アニメの絵コンテとかならアリかもしれせんが、これは漫画ですしね。

大瀑布を真っぷたつ!!

f0029827_3564442.jpg

いい加減、修行編も長引いてるしね。


ワンピース
ギア3が単なるパワーアップじゃなく、それなりに重いリスクを背負っているというのは、素直に賞賛できます。
単に強くなるだけだとインフレ起こりそうですし、その方がギア3の使い道を考えたりとかできて楽しいですしね。
でも、その後にチビッ子モードで指銃を喰らってもピンピンしてるのを見て、何をやってもワンピはワンピだという事を再認識しました。

CP9長官の隠された力
誰もつっこまないけど、この像剣を支えている長官の腕力は凄まじいと思います。
像って何トンくらいあるのか知らないけど、充分に超人だよなあ。

「ちゃんと、効いてるじゃねェか!!!」
理不尽だなあ。
納得いかないだろうなあ、ルッチさん。
こっちはどれだけ致命傷を負う(はずの)攻撃を当てても、相手はいっこうに弱らずこっちだけダメージを蓄積しているわけですから。
幕ノ内一歩だって、ストレートを喰らったらそれなりにダメージを受けるよなあ。

まさかの人魚オチ
これは純粋に笑いました。
「ジュゴン!!!?」
という、ツッコミもナイス。


リボーン
この漫画の不死身っぷりも、いい加減ひどいなあ。
山本君も、どうせ失明はしないんだろうし。
盛大に血を噴き出してましたし、まぶたを切っただけっていうのは無いはずなんですが。
治るなら治るで、何らかの変態治療法をこじつける方向でお願いしたいです。
……て、よく考えたらシャマルいるんだった。
なんだ何とかなりそうじゃないか。
そういえば、「巻き込まれたら絶命必死」という触れ込みだった、王子の人もピンピンしてるしね(獄寺君の決意台無しな罠)。
とりあえず、山本君は杖をついた盲人のような構えをとってみてはどうでしょうか?


ムヒョ
無能が無能を産む、負のデフレスパイラル。

山の精
なんか随分なピンチですが、よくよく考えてみたらヨイチはともかくペイジはこの展開を予想してしかるべきなんですよね。
何らかの対策くらい、立てときましょうよ。
まあ、それをやらないからこそ、ペイジなのですが。

アントニオ作丸
さっすがペイジの師匠! これまた無能そうだぜ!
西先生は、ある意味こちらの期待を裏切らないなあ。
緻密で周到な計画の割には、見取り図の上に人形を置いただけのチャチなものであるところも素晴らしいです。
一体、どんなヘボイ作戦を立てたんだろう?

「そして、良い魔法律家を育てるのじゃ…!!」
その後、ペイジが魔法律家を育てるどころか有望な新人のことごとくを人為的なミスで危険な目に合わせたりしていると知ったら、このアントニオ作丸さんはどう思うんだろう?

「元凶である奴を倒さねば何も終わらんのだよ…」
うん、いつの間にそんな話になったんでしょうか?
ある意味、魔法律協会の犠牲者であるリオ先生はともかく、エンチューに関してはティキとか関係なしに悪事を働きそうですしね。動機が逆恨みですし。
もしかして西先生は、ティキをスケープゴートにしてエンチューたちの悪事をスルーしようとしてるのかな? というか、してるんでしょうね。

そして基本的な問題
大体、この人達は教えを乞う立場なのに礼儀がなってない気がします。普通に攻撃してますし。
仮にも山の神様的な存在なんですから、ひたすら下手にでるくらいじゃないと。


とらぶる
合併号でできた休みの間、こんなもん作りました。 → 妄想編
最近、とらぶるを読むことそのものよりも、布教方法を考えてる方が楽しくなりつつあります。本末転倒ですね。

肝だめしで逃げ出してくれる純真無垢な子供たち
これはオバケ役の皆さん、本望だろうなあ。
どんなに凝ったメイクを(料理長の山本さんのはメイクを越えて着ぐるみ化してますが)しても、肝だめしである以上、人間が中に入ってるというのは予想されるわけで、スレてる子供ならここまでびびってくれないですよ。
それを、これだけ本気で怖がっているという事は、この子供たちはそれだけ本気で(純粋に)この肝だめしを楽しんでいる事につながります。
つまり、送り手と受け手の想いがガッチリと噛み合ってこの行事を一段高い次元へと昇華させているわけですね。
何というか、エンターテイメントというのは送り手にセンスが必要なのは勿論、受け手にも高いセンスがいるんだろうなあ、と感じました。

春菜をイジメ隊!

f0029827_3572830.jpg

……。

f0029827_3574076.jpg

f0029827_3574916.jpg

↑管理人の心境。

まったく、矢吹先生は狂ってるな!
これ、何も知らない人に見せても肝だめしのシーンには絶対思われませんよ。
具体的にどういうシーンに思えるかは、ちょっと品位を疑われかねないので書かないけど。
しかも、

f0029827_358683.jpg

は い て な い 疑 惑 発 生 !

すごいや矢吹先生! 一生アンタについていくぜ!

「私、怖くなるとわけわかんなくなっちゃって」
ここに来て、冒頭の猿山が逃げ出したのは幽霊に恐怖を覚えたのではなく、恐慌状態の春菜に恐れをなしたからという疑惑が生まれました。
きっと、誰かその辺を逃げてた手ごろな人が犠牲になったんだろうなあ。
え? どうして春菜がこんなに腕力あるのかですって?
答え:テニス部員だから。
無我無我だね!

ラスト
ペケがララとくっつけば、万事問題無しですね。
と、ここまで書いて思ったけど、ペケ人間体は普通にありそうです。
その場合、女なのか男なのか、はたまたロリ系なのかお姉さん系なのか(ry


エムゼロ
直前がとらぶるなせいか、どうでもよさが際立っている感じ。
興味の無い野朗同士の興味の無いバトルを見せ付けられ、テンションも一気に下がりました。
そして、真面目な話をすると、魔法の使えない九澄が腕力で無理矢理に事件を解決するというのは、ラブコメなら許される手法なので、今後ラブコメらないなら何か魔法への対抗手段を手に入れて欲しいです。
それをせず、また腕力で解決するようなら真の意味で見所の無い漫画になりそう。


ディーグレイマン
ここまではっきりとエウレカセブンをパクると、逆に爽やかささえ感じます。
具体的にいうと、箱舟内がエウレカ最終回付近で出てきた精神世界と酷似してるんですよ。
あいにく、DVDをレンタルしてくるの忘れたんで画像を貼れないんですけども。
これは、いくらなんでもあんまりなんじゃないかなあ?
そして、アクマはあれだけ数がいるなら分散したまま囲んでフクロにした方が効率的だと思います。
どうせ、そうすると味方側が防ぐことができないからでしょうけど。
本当に、過剰なまでに手を抜いてくれる敵たちです。
アクマは優しすぎる……。

[PR]
by ejison2005 | 2006-08-22 04:04 | ジャンプ感想