BLOOD+ 第44話「光の中に」
思わず笑ってしまった。
誰だってそう思うよなあ。僕だってそう思う。
今回、初めてどういう歌詞なのか知りましたよ。
それでは、今週も感想と参りましょう。


今回はシフ編です
シフ関連のエピソードで呆れかえるのは、スポットを当てる時だけ出番があってそれ以外は放置プレイという事なんですよね。いや、今回出番のないドギー兄さんとかもそうだけど。
もうね、本当に何を考えているのかと。
少なくとも、米軍基地で翼手(マウス)が暴れてた時とか、シフが出てこない理由が全く分かりませんよ。
だいたい、こいつらはどうやってアメリカまで渡ってきたんでしょうか?
どう考えても赤い盾の資金(というかジョエルのポケットマネー)で一緒に飛行機か何かで渡米したんでしょうし、だとすると隠れ家も一緒か付近になるのが自然の流れのはずですが。
ダラダラダラダラくっちゃべってるシーンをあれだけ入れてる暇があったら、ちょっとは彼らに時間を割いてやってください。
登場時は、「足踏みしている展開を動かしうるかも知れない第3勢力」だったのに、現在ではすっかり「存在意義が疑問のチョイ役」ですよ。


冒頭、みんなでグダグダ会議
何事もなかったかのように女医さんが混ざってるんだけど、それはいくらなんでもあんまりでしょう。
彼女、赤い盾本部襲撃時に思いっきり裏切ってますよ?
この面々が超お人好しで過去を洗い流してくれたとしても、許すまでの経緯を描写しようとしないのは何故なんだぜ?
人間を描きましょうよ。


急にスポットが当たってるし死にそうです 死にフラグです ヤバイです。
そういえば、種の名前がついたガンダムの第1話から出てきた設定上は親友で実際に親交が描かれた事は無かったキャラが首チョンパで死んで「キラ~!」「ア~スラン!」な感じだった時も、大体こんな感じだったなあ。
こいつが人間の文化に興味を持つシフという役割なら、もっと前から段々とその経緯を描写すれば、重みが違ったのになあ。
その際、小夜やカイが人間の文化を積極的に教えたりしていれば、2人の成長も描けるし自分たちの戦う動機である異種間の共存にも近づけたでしょうに。妹分もできたしね。
まあ、どうせ今回のエピソードも思いつきで挿入されたブツ切りエピソードなんでしょう。
あとちょっとで終わるというのに、このマッタリ進行はどうしたことなんだろうね?


カイとモーゼス
なんか美しい思い出に昇華されてますが、あれってシフたちが最初に思いつくべき話し合いという手段を全く思いつけない脳筋として描写されてたのが原因なので、何だかギャグシーンみたいに思えます。
君たち、もっと早く、平和的に赤い盾に接触すればそんなに数が減らなくて済んだんじゃないかな?


さりげなく見せるのがコツ……らしいぜ?
これもなあ、取り押さえたモーゼスが弾みで袖をまくってしまったりして発覚するならともかく、なんでこの眼鏡の人はもっと見えづらいようにしとかなかったんだろう?
実は、見せたがりとかなんですかね? 
同情して欲しかったのに、楽観的なことを言われたからキレたとか。


急に悟り始めました
死に対する恐怖から、とうとう幻覚まで見え始めましたか。
イレーヌとかむしろ、「頑張って生きろ~」とか言い出しそうな気がするんですけどね。
これ、死んでいったシフたちが(眼鏡の人の脳内では)仲間の死を大肯定してるって事なんですけど、眼鏡の人的にはそれでOKなんですかね?


再生怪人だけどパンチ一発では倒れません
何のために復活したのかと思ってましたが、シフ関連のエピソードを終わらせるためのようです。
でも、ただ勧誘するだけならアンシェルとかでも代役可能なんですよね。
ツギハギだらけの身体を見せて自分が生きてるのがソーンを治療可能な証拠だとか言われても、あんたまだ身体くっつけて日が浅いから(今後に発症する可能性があるので)何の根拠にもならないじゃん、という感じですし。
やっぱりこの人、あのまま大人しく死んでおくべきだったんじゃないかな?
どうせ、来週にはやられるんでしょうけど。


ベーコンレタス(BL)の匂いがするぞ
いや、そんなシーンでもないんだけど、モーゼスが女キャラなら綺麗にまとまる気がしたもんでつい。
なんか、来週には3人そろってあの世にいきそうな気配プンプンですよ。
そもそも、スポットを当ててもらったのだって久しぶりですし。

[PR]
by ejison2005 | 2006-08-19 21:30 | Comments(5)
Commented by 黒川 at 2006-08-19 23:00 x
いやぁ…凄い歌詞ですね(--;
歌と言うものは、多かれ少なかれ何かを伝える為に詩を書いていると思うのですが、何が言いたいのか全く理解する事ができないと言うのは逆に凄い(^_^A
いや、最後の「この世に永遠なんてない」と言う部分はかろうじて解るのですが、それがこの歌で使えたい事だとすると、それ以前の歌詞が意味不明すぎる(--;
最後の歌詞が永遠とよく対を成している「普遍」を否定する歌詞で、「普遍のものなどない、この世界は混沌だ」と言うのなら、大納得の歌詞なのですがw
まぁ、血+と言う作品自体が何を伝えたいのか解りかねるので、ある意味で主題歌として、今迄で一番相応しいかも(^_^A

> ベーコンレタス(BL)の匂いがするぞ
そうか…ベーコンレタスって隠語で表現するのか、初めて知ったw
そんなシーンでも無いどころか、次の話し見た私にとっては、思いっきり共感持てますよw
普段ならBLって書かれても、何の意味か気付かなかったでしょうが、それに気付くぐらい次回は腐な展開w
ベーコンレタスがいい感じで燃え上がってますよ(^_^A
Commented by 黒川 at 2006-08-19 23:01 x
370文字以上減らせと言われてしまった…orz

> 死んでいったシフたちが仲間の死を大肯定
そこは、シフにとって死は回避できないものですから、「死」そのものは(メガネ君の置かれている状況まで行ってしまったら)否定しても現実逃避でしかないかなと。
あとは、自分の死に(人生に)満足できるかどうかの世界ですが、そこは(この時点で)概ね満足なのかなと言う気がします。

シフと言えば、ルックス的に全然かわいくも何とも無いルルゥが「可愛い」と思えてしまう部分は、素直に血+と言う作品を評価したいと思えます。
Commented by ejison2005 at 2006-08-20 16:03
ああ、エキブロはコメントの字数制限が厳しいんですよ。

主題歌を歌ってる人は、きっとオンドゥル星人なんですよ。

来週はベーコンレタスが出てくるのですか。
なんか、それだけでどんなクソ展開になるのかが今から楽しみです。

シフに関しては、なるほどそういう見方もあるけど、何を考察しても本編の描写が少なすぎるせいで脳内保管にしかならないんですよねえ。
素材はいいのに、全く活かされてないなあ。
Commented by 長井 聖時 at 2006-09-17 06:16 x
大変ですね。 頑張って下さい。
(影からの応援の人:一名)
Commented by ejison2005 at 2006-09-17 15:35
ありがとうございます。頑張ります(OMO)b